KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 水島コンビナート
  • 水島広雄
  • 水島新司
  • 三菱石油水島製油所
  • 水島朝穂
  • 水島広子
  • 水島公一
  • 会長
  • 昭和
  • 日本年金機構

「水島」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1,014
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,014
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    冨嶽三十六景 相州江の島, Enoshima in Sagami Province (Sōshū Enoshima), from the series Thirty-six Views of Mount Fuji

    冨嶽三十六景 相州江の島, Enoshima in Sagami Province (Sōshū Enoshima), from the series Thirty-six Views of Mount Fuji (Fugaku sanjūrokkei), Edo period (1615–1868), ca. 1830–32, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, 10 1/8 x 14 7/8 in. (25.7 x 37.8 cm), Prints, Katsushika Hokusai (Japanese, Tokyo (Edo) 1760–1849 Tokyo (Edo)).、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021081010505

  • -
    Miyajima Island

    Miyajima is one of Japan‘s three most celebrated scenic sights. The main buildings of Itsukushima shrine rest directly in front of the island.、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100611584

  • -
    Estados Unidos. Estado de Pennsylvania. Pittsburgh. Inundaciones en Pennsylvania. Invasión de la Isla de Herrs (Herrs Island) po

    Estados Unidos. Estado de Pennsylvania. Pittsburgh. Inundaciones en Pennsylvania. Invasión de la Isla de Herrs (Herrs Island) por las agua y témpanos de hielo del río Alleghany. Grabado por Bernardo Rico (1825-1894). La Ilustración Española y Americana, 8 de marzo de 1883.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019081607593

  • -
    Triangular shaped Punta della Dogana

    Triangular shaped Punta della Dogana, (the former customs house of the city) separates the Grand Canal and the Giudecca Canal in Venice, Italy. Today it is a centre for contemporary art、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111418082

  • -
    Miyajima Island

    Miyajima is one of Japan‘s three most celebrated scenic sights. The main buildings of Itsukushima shrine rest directly in front of the island.、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100612233

  • 1929年08月02日
    Married couple on holiday swimming in the sea

    Married couple on holiday swimming in the sea, ca. 1920s, Rügen, Baltic Sea, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/our-planet.berlin/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111005327

  • 1953年11月22日
    水島灘で潮止め工事

    電灯に照らされた未明の水島灘。笛の合図で作業員約200人が一斉に海に入り、次々に石を投げ込む。高梁川河口左岸の水島灘で、国が手がけた高梁川干拓事業。潮止め工事は干潮に合わせて行われ48カ所をせき止める難工事だった。この干拓で420ヘクタールの農地が誕生したが、後の水島開発で工業用地に転用され、今は川鉄水島製鉄所の敷地に。まさに水島の「夜明け前」を伝える写真。=1953(昭和28)年11月22日、倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062700317

  • 1954年02月07日
    連島のノリ干し

    磯の香をただよわせ、碁盤目模様を描くのは、巻きずしなどに使われるノリ。高梁川河口に近い倉敷市連島地区は当時、ノリ産地として知られた。シーズンともなると日の当たる堤防の斜面で、木枠に入ったノリの天日干しが繰り広げられた。撮影場所は、現在の川崎製鉄水島製鉄所の北付近。前年には農業干拓として水島灘の埋め立てがスタート。後に計画の変更で同製鉄所が立地する。やがて、連島のノリ生産は終わりを迎える。=1954(昭和29)年2月7日、倉敷市連島町鶴新田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091220666

  • 1956年12月31日
    THE BURMESE HARP

    THE BURMESE HARP aka BIRUMA NO TATEGOTO SHOJI YASUI as Mizushima Date: 1956、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019032701931

  • 1956年12月31日
    THE BURMESE HARP

    THE BURMESE HARP aka BIRUMA NO TATEGOTO SHOJI YASUI as Mizushima Date: 1956、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019032702018

  • 1956年12月31日
    THE BURMESE HARP

    THE BURMESE HARP aka BIRUMA NO TATEGOTO SHOJI YASUI as Mizushima Date: 1956、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019032702065

  • 1956年12月31日
    THE BURMESE HARP

    THE BURMESE HARP aka BIRUMA NO TATEGOTO SHOJI YASUI as Mizushima centre Date: 1956、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019032702003

  • 1961年04月17日
    原油第一船

    国際石油資本に交じって、日本のアラビア石油が中東で採掘権を得たカフジ油田。この原油2万3千キロリットルを積んだ日本への第一船「鵜戸丸」が水島港に入港した。三木岡山県知事、高橋倉敷市長らに迎えられ、日本鉱業水島製油所のタンクに給油された。=1961(昭和36)年4月17日、岡山県倉敷市水島、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111304077

  • 1961年11月03日
    昭和36年度文化勲章受賞者

    記念撮影に納まる(前列左から)堂本三之助(印象)、鈴木虎雄、富本憲吉、福田平八郎、(後列左から)水島三一郎、川端康成の各氏=1961(昭和36)年11月3日、皇居

    商品コード: 2008102800284

  • 1961年11月03日
    川端康成氏ら 昭和36年度文化勲章受賞者

    記念撮影に納まる(前列左から)堂本三之助(印象)、鈴木虎雄、富本憲吉、福田平八郎、(後列左から)水島三一郎、川端康成の各氏=1961(昭和36)年11月3日、皇居(36年内地5405)

    商品コード: 2008102800543

  • 1961年12月31日
    どう結ぶ西日本経済圏

    空から見た水島臨海工業地帯=出稿1961(昭和36)年12月21日、共同通信社特別機から(37年内地064)(1962年新年原稿)

    商品コード: 2011110100108

  • 1962年10月21日
    石油コンビナート

    通産省が1955年に「石油化学工業の育成対策」を省議決定し推進した。写真の岡山県倉敷市水島工業地帯など全国各地に巨大石油コンビナートの建設が進んだ=1962(昭和37)年10月21日出稿

    商品コード: 2003020500088

  • 1964年02月28日
    高梁川のシラウオ漁

    岡山県の高梁川、旭川、吉井川河口では、古くからシラウオ漁が盛んだった。船に取り付けた四つ手網で、産卵に来たところをつかまえる。透明で美しい魚体は食べてもおいしく、珍重されてきた。後方に見えるのは建設中の川崎製鉄水島製鉄所。水島コンビナートの造成でノリ養殖をシラウオ漁に切り替えた漁業者らの船が当時は日に20隻前後も出漁した。しかし、高度成長とともに水の汚れが進み、シラウオの姿は激減。今では過去の光景となった。=1964(昭和39)年2月28日、岡山県倉敷市の高梁川河口、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112108544

  • 1967年03月14日
    国道2号「霞橋」の架け替え工事

    水島臨海工業地帯を控え、高梁川に架かる国道2号(当時)の「霞橋」の架け替え工事が始まった。新しい橋は現在の100メートル下流の所。倉敷市倉敷地区と同市玉島地区を直線で結ぶほか、幅員も2メートル広い8メートルで、昭和43年に完成予定。奥が現在の霞橋で、完成後はいっそうの地域振興に期待がかかる。=1967(昭和42)年3月14日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112623577

  • 1967年04月18日
    川鉄水島の火入れ式

    川崎製鉄水島製鉄所は第一溶鉱炉に火入れをし、鉄鋼一貫生産のスタートを切った。火入れ式では神事の後、藤本川鉄社長、加藤県知事、大山倉敷市長ら5人がたいまつに点火、溶鉱炉の羽口から一斉に差し込んで〝鉄の火〞を燃え上がらせた。=1967(昭和42)年4月18日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120622423

  • 1967年05月18日
    船でアスファルトの舗装道路に出発

    岡山市内の中学校の修学旅行第1陣が出発した。中学生は列車と船のコースに分かれ、陸路は岡山駅から、航路は倉敷市水島港から北九州方面へ3泊4日の旅路に就いた。往復コースの片便を列車と船の利用で〝旅を一層楽しくしよう〞と行っており、今年で4回目。船旅は初めての生徒も多く、中学生は期待に胸膨らませながら修学旅行船「ふたば丸」に乗船していた。=1967(昭和42)年5月18日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112623610

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1967年06月22日
    水車と発動機

    「ドッ、ドッ」。水車のわきで発動機がうなる。ポンプが回り、田植えの済んだ水田に水が揚がる。昭和40年代の農村地帯ではまだこんな光景が見られた。この年、西日本一帯は6月に入って猛暑干天続き。深刻な水不足となり、岡山県下各地で田植えが大幅に遅れた。高梁川水系では、下流の水島コンビナートへの工業用水を送水規制するほど水量が減少。成羽町のほか写真のような棚田地帯では農家は水の確保に苦労した。=1967(昭和42)年6月22日、岡山県成羽町(現岡山県高梁市)、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120622405

  • 1969年01月01日
    活気のある鴨方駅

    山陽線鴨方駅は明治24年に営業開始した。昭和44年当時の駅舎は、大正13年に建てられ、その後一部改修された。倉敷市の水島工業地帯や笠岡市などの工場へ勤める人が増えたため、従来の貨物駅から乗客駅へ変わった。朝夕は大勢の通勤・通学客で活気を見せていた。=1969(昭和44)年ごろ=1969(昭和44)年1月1日、岡山県鴨方町(現岡山県浅口市)、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121801496

  • 1969年11月04日
    企画「70年代への鼓動」

    時代の花形石油化学で発展を続ける水島コンビナート=1969(昭和44)年11月4日、岡山県倉敷市水島(44年内地 5619)

    商品コード: 2011051700194

  • 1970年05月07日
    勲一等親授式

    記念写真に納まる前列左から市川忍、植木庚子郎、遠城寺宗徳、加藤勘十、足立正、石坂泰三、田中耕太郎、松田竹千代、灘尾弘吉、木内信胤、北沢敬二郎、古賀逸策、高橋明、後列左から小金義照、徳安実蔵、古畑種基、本田親男、三村起一、水島三一郎、松下幸之助、水野成夫、早稲田柳右衛門の各氏=1970(昭和45)年5月7日、皇居 (45年内地2408) カラーあり

    商品コード: 2010102700241

  • 1970年08月07日
    浜辺彩る白石踊

    源平水島合戦の死者の霊を供養したのが始まりといわれる笠岡市白石島に伝わる白石踊。今では島の貴重な観光資源になっている。この年、70年は「大阪万博」に出演した。踊の舞台・白砂青松の美しい海岸は、岡山県内三大海水浴場の一つだ。鮮やかな衣装と踊りが夕やみの浜辺を彩った。=1970(昭和45)年8月7日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121821496

  • 1970年10月19日
    修学旅行に人気

    秋の修学旅行シーズン本番。観光地に恵まれている岡山県南部は2年ほど前から、京阪神地方の小学校の間で、修学旅行の人気コースになっている。水島臨海工業地帯、児島湾干拓地、鷲羽山、後楽園など観光と社会見学の材料がうまくミックスされているところが魅力という。この日は、神戸市の4小学校から892人が来岡した。=1970(昭和45)年10月19日、岡山駅前=岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121821493

  • 1974年03月19日
    電照菊

    標高320メートルの御岳山の南側。水島灘に面した笠岡市大島中の長浜地区。段々畑に白いビニールハウスが並ぶ。その中で赤、黄、白、ピンクと色鮮やかに花が咲き競う。電灯の光と温度で開花時期を調整する電照菊はこの時期が出荷の最盛期。刈り込まれた花は貨車積みで北海道や京阪神などへ送り出されていく。=1974(昭和49)年3月19日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821720

  • 1974年12月19日
    三菱水島精油所で重油流出

    流出した重油で真っ黒になった水島港。18日夜、岡山県水島コンビナートにある三菱石油水島製油所の重油脱硫装置の5万キロリットル入り大型タンクに亀裂ができ、重油が流出した。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日午前11時30分ごろ、岡山県倉敷市水島海岸通で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2012062100088

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1974年12月19日
    水島湾にあふれ出した重油 三菱水島製油所で重油流出

    流出した重油が広がる水島港。18日夜、岡山県水島コンビナートにある三菱石油水島製油所の重油脱硫装置の大型タンクに亀裂ができ、重油が流出した。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日午前11時30分、岡山県倉敷市水島海岸通で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1974121950002

  • 1974年12月19日
    重油を回収する作業員 三菱水島製油所で重油流出

    水島港内に流れ出た重油をヒシャクを使ってドラム缶に回収する作業員。18日夜、岡山県水島コンビナートにある三菱石油水島製油所の重油脱硫装置の大型タンクに亀裂ができ、重油が流出した。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日、岡山県倉敷市

    商品コード: 1974121950003

  • 1974年12月19日
    三菱水島精油所で重油流出

    流出事故が起こった270番タンク(右)近くで行われる流出防止用の土のう運搬作業。18日夜、岡山県水島コンビナートにある三菱石油水島製油所の重油脱硫装置の5万キロリットル入り大型タンクに亀裂ができ、重油が流出した。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日、岡山県倉敷市水島海岸通

    商品コード: 2012062100087

  • 1974年12月19日
    三菱水島精油所で重油流出

    “人海戦術”を駆使して行われる流出防止用土のう手渡し搬送作業。後方が流出事故を起こした270番タンク。18日夜、岡山県水島コンビナートにある三菱石油水島製油所の重油脱硫装置の5万キロリットル入り大型タンクに亀裂ができ、重油が流出した。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日午前10時20分、岡山県倉敷市水島海岸通

    商品コード: 2012062100089

  • 1974年12月19日
    三菱水島精油所で重油流出

    一面油浸しになった三菱石油水島製油所構内。18日夜、水島コンビナートにある同製油所の重油脱硫装置の5万キロリットル入り大型タンクに亀裂ができ、重油が流出した。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日午前10時20分、岡山県倉敷市水島海岸通

    商品コード: 2012062100090

  • 1974年12月19日
    三菱水島精油所で重油流出

    亀裂ができ、重油が流出した三菱石油水島製油所の重油脱硫装置5万キロリットル入り270号タンク(手前左)。事故原因は、タンクの溶接が不完全だったためとみられる。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日午後4時20分、岡山県倉敷市水島海岸通で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2012062100091

  • 1974年12月19日
    三菱水島精油所で重油流出

    日没を前に海上に流出した重油の回収をする作業船。18日夜、岡山県水島コンビナートにある三菱石油水島製油所の重油脱硫装置の5万キロリットル入り大型タンクに亀裂ができ、重油が流出した。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日午後4時40分、岡山県倉敷市水島海岸通で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2012062100092

  • 1974年12月20日
    三菱水島精油所で重油流出

    帯状に瀬戸内海の四国沖まで広い範囲に広がった三菱石油水島製油所の流出重油。左上の島は、香川県丸亀市の本島。18日夜、岡山県水島コンビナートの水島製油所から流出した重油は、潮風に乗って20日朝には高松市屋島の沖から丸亀、坂出市沖の塩飽諸島一帯の広い範囲に拡散し養殖ノリにも被害が出始めた=1974(昭和49)年12月20日午前9時40分、香川県丸亀市の本島沖で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2012062100097

  • 1974年12月23日
    流出重油、鳴門海峡越える

    鳴門海峡を越え紀伊水道へと拡散する三菱石油水島製油所から流出した重油。流出重油の回収処理作業は、巡視船艇28隻、油回収船8隻、漁船など計500隻が出動して行われた。流出重油は、播磨灘を横断、小豆島南端から一部は鳴門海峡を越え、23日にも大阪湾に流入するとみられる=1974(昭和49)年12月23日午前11時、紀伊水道から鳴門海峡を共同通信社ヘリから撮影

    商品コード: 2012062100110

  • 1974年12月26日
    流出重油回収に人海作戦

    巡視船「はちじょう」の指揮の下に流出重油の回収をする漁船。白く反射している部分が三菱石油水島製油所から流出した重油。回収作業は、巡視船艇5隻、回収処理船3隻、漁船約80隻など計約100隻が出動して展開。鳴門海峡を境に、播磨灘と紀伊水道に分かれて、帯状になって浮流している重油塊をオイルフェンスで包んで吸い上げたり、ヒシャク、バケツですくい取ったりしたが、人海作戦ははかどらなかった=1974(昭和49)年12月26日午前9時30分、淡路島西方20キロで共同通信社特別機から

    商品コード: 2012062100127

  • 1974年12月29日
    自衛隊が流出重油回収作戦

    岩場にベットリとくっついた重油を布きれなどで取り除く自衛隊員。水島コンビナートの三菱石油水島製油所の重油流出事故で海岸に打ち上げられた重油回収のため、岡山県の要請で自衛隊員305人が出動、重油をのみ込んだ砂をスコップですくいドラム缶に回収、日没までに約700メートルの海岸を清掃した=1974(昭和49)年12月29日、岡山県倉敷市の児島大室海岸

    商品コード: 2012062100137

  • 1975年01月05日
    小沢環境庁長官が現地視察

    流出原油の回収作業状況などを聞き、厳しい表情の小沢辰男環境庁長官。右端は、王越漁協の三木高敏組合長。三菱石油水島製油所重油流出事故により“死の海”と化した瀬戸内海一帯の海洋被害状況を自衛隊ヘリから視察した後、香川県の海岸線を視察してハマチ養殖場で被害状況を聞いた=1975(昭和50)年1月5日、香川県坂出市王越地区

    商品コード: 2012071700082

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年01月07日
    水島事故原因調査委員会

    あいさつする佐々木消防庁長官(中央)。右端は木原博委員長=1975(昭和50)年1月7日、自治省

    商品コード: 2005101100056

  • 1975年01月07日
    漁業補償で農相と会談

    水島の原油流失事故の漁業補償問題で安倍農相(左)と会談する渡辺三菱石油社長=1975(昭和50)年1月7日、農林省

    商品コード: 2005100500226

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年01月08日
    水島事故で知事市長会議

    瀬戸内海環境保全知事市長会議であいさつする議長の坂井兵庫県知事。その右は小沢環境庁長官=1975(昭和50)年1月8日、東京・麹町会館(小沢辰男)

    商品コード: 2005101100063

  • 1975年01月23日
    衆院公害・環境特別委

    水島製油所の重油流失事故について説明する渡辺武夫三菱石油社長(中央)左から2人目は大島俊夫三菱石油水島製油所所長、右は小沢環境庁長官=1975(昭和50)年1月23日、院内

    商品コード: 2005121300098

  • 1975年01月26日
    岡山漁協38日ぶりに出漁

    38日ぶりの漁を終え次々と帰港する漁船を迎え、活気づく漁港。三菱石油水島製油所の流出油事故のため操業をやめていた岡山県漁連は、休業していた40漁協のうち26漁協の操業を開始した。一部地域では漁網に海底に沈んでいた吸着マットがかかるなどして漁民の顔に不安の表情が見られた=1975(昭和50)年1月26日、岡山県浅口郡寄島町

    商品コード: 2012073100413

  • 1975年01月30日
    発言取り消し迫る江田氏

    衆院予算委で福田自治相(右答弁席)の水島石油流出事故に関する答弁の取り消しを求める江田三郎氏(左端)=1975(昭和50)年1月30日、院内(福田一)

    商品コード: 2006031000116

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年01月30日
    重油流出を空から特殊撮影

    水島重油流出事故から18日後の1月4日、日本国土海洋総合学術診断委員会がチャーターしたYS11機から特殊撮影装置でとらえた油の拡散状況。画面下が海面でその濃い部分が油や油膜、上方は小豆島の一部。1月4日午前10時すぎ高度約千メートル上空から撮影。(Aは小豆島黒崎、Bは戸形崎、Cは門ケ鼻)=1975(昭和50)年1月30日

    商品コード: 2006030300020

  • 1975年06月16日
    水島重油流出事故から半年

    半年たった今でも続けられている回収重油の処理作業。昨年の事故による瀬戸内海の汚染を総合的に調査していた環境庁は、水質、魚貝類などに関する基礎データをまとめ、最終報告する。重油の水質や魚貝類などに対する影響についてメスが入れられるのは世界でも初めて=1975(昭和50)年6月16日、岡山県倉敷市の三菱石油水島製油所

    商品コード: 2012121100124

  • 1975年06月16日
    水島の油流出を“告発”

    フィルムを整理、映画作りに余念がない今田守さん。水島の三菱石油重油流出事故から半年-。市民の目で汚染した瀬戸内海を“告発”した8ミリフィルム記録映画「褐色の海」が完成した。昨年の事故で香川県漁連から被害の証拠フィルム撮影を依頼され、各地を取材したが、「二度と起こしてはいけない事故、実態を多くの人に知ってもらおう」と決意、自前でドキュメンタリー映画の製作をした=1975(昭和50)年6月16日、高松市松島町

    商品コード: 2012121100123

  • 1975年07月18日
    水島コンビナートで事故

    12人の重軽傷者を出した爆発事故現場。中央部のワクの中に4基あった塩素脱水塔は1基を残して上半分が吹き飛んだ。三菱石油の重油流出事故以来、事故が続発している水島コンビナートの菱日株式会社水島第1工場で、塩素脱水塔が爆発して塔内の塩素ガスが噴出した=1975(昭和50)年7月18日午後5時30分、岡山県倉敷市水島

    商品コード: 2013020400084

  • 1975年12月12日
    補償にもツメ跡

    水島重油禍から1年、第2の重油流出事故に備え漁民が考案した円型の浮沈式移動いけす=1975(昭和50)年12月12日、香川県王越

    商品コード: 2006052300062

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年12月18日
    三菱石油重油流出事故調査委

    三菱石油水島製油所タンク原因調査委員会であいさつする木原委員長。右から2人目は佐々木消防庁長官=1975(昭和50)年12月18日、自治省

    商品コード: 2006042000296

  • 1978年02月22日
    地震、松島の小島を崩す

    宮城沖地震で北西側3分の1が崩れ、海中に没した松島の水島。大小260余の島からなる特別名勝・日本三景の一つ、宮城県・松島の南東部に位置している水島は、高さ約18メートル、東西約40メートル、南北約60メートルの無人島=1978(昭和53)年2月21日、宮城県・松島湾(*カラーネガも同封あり)

    商品コード: 2015051500291

  • 1978年05月14日
    ウオーター・カーテン装置 全国初の防災水幕装置完成

    勢いよく水を噴き上げ121号タンク周辺に出来たウオーター・カーテン(水幕)装置。左は宇頭間地区。150メートルの至近距離に民家が密集している同地域で、敷設されたパイプラインのノズルから毎時500トンの水が高さ27メートルまで噴き上げられて水幕をつくり、火災時のふく射熱を遮断する仕組み=1978(昭和53)年5月14日、岡山県倉敷市の日本鉱業水島製油所

    商品コード: 2015061900210

  • 1978年05月14日
    水幕装置の放水ノズル 全国初の防災水幕装置完成

    7メートル間隔で71個設けられているウオーター・カーテン(水幕)装置の放水ノズル。毎時500トンの水が高さ27メートルまで噴き上げられて水幕をつくる=1978(昭和53)年5月14日、岡山県倉敷市の日本鉱業水島製油所

    商品コード: 2015061900211

  • 1978年12月26日
    江川、水島氏に心境明かす 〝巨人で投げたい〟

    水島氏の主宰する雑誌の事務所を出る江川卓投手[下野新聞掲載日:1978(昭和53)年12月26日9面]=撮影日不明、東京都、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092121833

  • 1979年03月10日
    東京駅長が新旧交代

    旧駅長の石沢健吾さん(左)と握手を交わす水島昌一・新東京駅長=1979(昭和54)年3月10日、東京駅新幹線ホーム(54年内地2276)

    商品コード: 2014122200292

  • 1979年10月15日
    芹洋子さんが一日東京駅長

    新幹線ひかり号の車掌と握手する一日東京駅長の芹洋子さん。左は水島昌一東京駅長=1979(昭和54)年10月15日

    商品コード: 2016091600256

  • 1980年08月28日
    父子で国鉄全線踏破

    水島昌一東京駅長(左端)から「チャレンジ2万キロ」国鉄全線踏破記念の花束を贈られる角馨さんと二男の雅明君=1980(昭和55)年8月28日、東京駅

    商品コード: 2019022200473

  • 1980年09月24日
    国鉄全線を一気完乗

    国鉄全線を75日間で完全乗車し、水島昌一東京駅長(左)から花束を贈られる佐々木二三男さん=1980(昭和55)年9月24日、東京駅新幹線ホーム(55年内地8649)

    商品コード: 2019032900701

  • 1981年01月30日
    寒さに負けず乾布摩擦

    寒さに負けない体をつくろうと、水島南亀島町の親和保育園では毎日昼食後、園児たちが乾布摩擦で体を鍛えている。午後0時20分、音楽に誘われるように子どもたちが保育室から飛び出してきた。男の子も、女の子も、パンツ一枚の裸だ。思い思いに体を動かし温まると、今度はみんな一緒にタオルで全身をゴシゴシ。〝はだか保育〞を始めたのは5年前。冬は多い時で半数近くが欠席したり、ぜんそくの子もいることから、医師などのアドバイスで始めた。=1981(昭和56)年1月30日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050801760

  • 1984年02月01日
    佐々木誠

    佐々木誠、野球、ささき・まこと、水島工高、プロ野球選手(外野手)、南海ホークス、福岡ダイエースホークス、西武ライオンズ、阪神タイガース、オリックスコーチ、野球解説者、鹿児島城西高野球部監督=1984(昭和59)年2月1日

    商品コード: 1984032000020

  • 1985年01月29日
    村田支えた妻淑子さん 役だった語学力

    村田投手のことしの年賀状、漫画家水島新司氏の描くおなじみの「マサカリ投法」=1985(昭和60)年1月29日撮影

    商品コード: 1985012900021

  • 1985年03月08日
    岩村英郎

    岩村英郎、経済、いわむら・えいろう、死去・1991年5月7日、川崎製鉄社長・会長、日本卓球協会会長、水島製鉄所建設に当たった、経団連評議会副議長、勲一等瑞宝章受章=1985(昭和60)年3月8日

    商品コード: 1985062000006

  • 1985年08月28日
    (みずしま・ひろお) 水島広雄

    そごう社長、会見、1985(昭和60)年8月28日撮影、横浜にて

    商品コード: 2014082100659

  • 1985年08月28日
    (みずしま・ひろお) 水島広雄

    そごう社長、会見、1985(昭和60)年8月28日撮影、横浜にて

    商品コード: 2014082100710

  • 1986年08月07日
    (みずしま・こういち) 水島宏一

    体操選手=1986(昭和61)年7月1日撮影

    商品コード: 2004010500055

  • 1987年01月26日
    八木裕

    八木裕、野球、やぎ・ひろし、岡山東商高、三菱自動車水島、プロ野球選手(内野手、外野手)、阪神タイガース、阪神二軍コーチ、野球解説者・評論家=1987(昭和62)年1月16日

    商品コード: 1987032000057

  • 1988年07月07日
    (みずしま・こういち) 水島宏一

    体操選手=1988(昭和63)年4月21日撮影

    商品コード: 2003100900040

  • 1988年09月20日
    花束を振る日本チーム ソウル五輪第4日 体操男子団体で銅メダル

    体操男子団体で銅メダルを獲得し声援にこたえる日本チーム。左から池谷幸雄、西川大輔、佐藤寿治、水島宏一、山田隆弘、小西裕之。左端2人は優勝したソ連チーム=1988(昭和63)年9月20日、五輪公園体操ホール(共同)

    商品コード: 2007061100120

  • 1988年09月20日
    水島、つり輪で9・80 ソウル五輪第4日

    体操男子団体自由のつり輪で9・80をマークした水島宏一=1988(昭和63)年9月20日、五輪公園体操ホール(共同)

    商品コード: 2020040203403

  • 1988年09月24日
    水島、あん馬で不運の4位 ソウル五輪第8日

    体操男子種目別決勝 あん馬で9・95を出した水島宏一だったが、3人が1位になり不運の4位に終わった=1988(昭和63)年9月24日、五輪公園体操ホール(共同)

    商品コード: 2020032415343

  • 1989年03月06日
    第2重油間接脱硫装置 水島の製油所で爆発、炎上

    炎上する日本鉱業水島製油所の第2重油間接脱硫装置=1989(平成元)年3月6日午前5時すぎ、岡山県倉敷市潮通

    商品コード: 2019100102479

  • 1989年03月06日
    炎上する第2重油間接脱硫装置 水島の製油所で爆発、炎上

    懸命な消火活動にもかかわらず炎上する日本鉱業水島製油所の第2重油間接脱硫装置=1989(平成元)年3月6日午前8時20分、岡山県倉敷市潮通(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2019100102480

  • 1989年03月06日
    爆発炎上する第2重油間接脱硫装置 水島の製油所で爆発、炎上

    爆発炎上する日本鉱業水島製油所の第2重油間接脱硫装置=1989(平成元)年3月6日午前8時20分、岡山県倉敷市潮通(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2019100102481

  • 1989年03月06日
    ガラスが散乱する計器室内 水島の製油所で爆発、炎上

    爆風で飛び散ったガラスが散乱する計器室内=1989(平成元)年3月6日午前8時20分、岡山県倉敷市潮通の日本鉱業水島製油所

    商品コード: 2019100102482

  • 1989年03月06日
    消火作業をする消防隊員 水島の製油所で爆発、炎上

    化学消化剤を使い、消火作業をする消防隊員=1989(平成元)年3月6日午前8時すぎ、岡山県倉敷市潮通

    商品コード: 2019100102483

  • 1989年03月06日
    爆発炎上した第2重油間接脱硫装置 水島の製油所で爆発、炎上

    爆発炎上した日本鉱業水島製油所の第2重油間接脱硫装置(手前)。対岸は昭和49年に重油流失事故を起こした三菱石油水島製油所=1989(平成元)年3月6日午前8時すぎ、岡山県倉敷市潮通(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2019100102485

  • 1989年03月06日
    記者会見する内山弘幸副所長 水島の製油所で爆発、炎上

    沈痛な表情で記者会見する日本鉱業水島製油所の内山弘幸副所長(手前)=1989(平成元)年3月6日、岡山県倉敷市潮通の日本鉱業水島製油所

    商品コード: 2019100102487

  • 1989年03月06日
    検証する岡山県警と倉敷消防局 高圧分離槽中心に検証

    爆発、炎上した第2重油脱硫装置周辺を検証する岡山県警と倉敷消防局の関係者=1989(平成元)年3月6日午後、岡山県倉敷市潮通の日本鉱業水島製油所

    商品コード: 2019100102490

  • 1989年03月09日
    岡山地裁33号法廷 原因不明と全被告に無罪

    三菱石油水島製油所の重油流出事故の判決公判が開かれた岡山地裁33号法廷=1989(平成元)年3月9日

    商品コード: 2019102500232

  • 1989年03月09日
    岡山地裁に入る谷主任検事ら 原因不明と全被告に無罪

    三菱石油水島製油所の重油流出事故の判決公判で、岡山地裁に入る谷主任検事(右)と高崎検事=1989(平成元)年3月9日午前9時47分

    商品コード: 2019102500269

  • 1989年03月09日
    記者会見する岡山地検の次席検事 裁判所と見解の違い

    三菱石油水島製油所の重油流出事故の判決後、記者会見する岡山地検の富村和光次席検事=1989(平成元)年3月9日、岡山地検

    商品コード: 2019102500272

  • 1990年12月31日
    Japan: Portrait of Taira-no-Tomomori (1152–1185). Muromachi Era (1337-1573)

    Taira no Tomomori was the son of Taira no Kiyomori, and one of the Taira Clan‘s chief commanders in the Genpei War at the end of the Heian period of Japanese history.He was the victor at the Battle of Uji in 1180, and also at the Battle of Yahagigawa in 1181, where, after forcing the enemy Minamoto forces to retreat, Tomomori fell ill, and so the pursuit was ended. Tomomori was again victorious over the Minamoto in a naval battle at Mizushima two years later. The Taira forces tied their ships together, to create a larger stable surface to fire arrows from, and to engage in hand-to-hand combat. At the Battle of Dan-no-ura, when the Taira were decisively beaten by their rivals, Tomomori joined many of his fellow clan members in committing suicide. He tied an anchor to his feet and leapt into the sea. (Newscom TagID: pfhphotos019342.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2021051011566

  • 1990年12月31日
    Japan: The mortally wounded Taira Tomomori with a huge anchor. Utagawa Kuniyoshi (797-1861)

    Taira no Tomomori (1152ー1185) was the son of Taira no Kiyomori, and one of the Taira Clan‘s chief commanders in the Genpei War at the end of the Heian period of Japanese history.He was the victor at the Battle of Uji in 1180, and also at the Battle of Yahagigawa in 1181, where, after forcing the enemy Minamoto forces to retreat, Tomomori fell ill, and so the pursuit was ended. Tomomori was again victorious over the Minamoto in a naval battle at Mizushima two years later. The Taira forces tied their ships together, to create a larger stable surface to fire arrows from, and to engage in hand-to-hand combat. At the Battle of Dan-no-ura, when the Taira were decisively beaten by their rivals, Tomomori joined many of his fellow clan members in committing suicide. He tied an anchor to his feet and leapt into the sea. (Newscom TagID: pfhphotos025142.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2021051011573

  • 1990年12月31日
    Japan: The ghost of Taira-no-Tomomori (1152–1185), as he attacks Benkei during a storm at sea. Kogyo Tsukioka (1860-1927)

    Taira no Tomomori was the son of Taira no Kiyomori, and one of the Taira Clan‘s chief commanders in the Genpei War at the end of the Heian period of Japanese history. He was the victor at the Battle of Uji in 1180, and also at the Battle of Yahagigawa in 1181, where, after forcing the enemy Minamoto forces to retreat, Tomomori fell ill, and so the pursuit was ended. Tomomori was again victorious over the Minamoto in a naval battle at Mizushima two years later. The Taira forces tied their ships together, to create a larger stable surface to fire arrows from, and to engage in hand-to-hand combat. At the Battle of Dan-no-ura, when the Taira were decisively beaten by their rivals, Tomomori joined many of his fellow clan members in committing suicide. He tied an anchor to his feet and leapt into the sea. (Newscom TagID: pfhphotos019357.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2021051011563

  • 1991年08月08日
    水島新司さんとドカベン 高校野球第1日

    アルプス席で新潟明訓を応援する漫画家の水島新司さん(左)と、ドカベンと呼ばれた元プロ野球選手の香川伸行さん=甲子園(高校野球開会式で)

    商品コード: 1991080800003

  • 1992年06月24日
    引き渡された暴力団のちょうちんなど 暴対法厳しく、足洗う

    岡山県警水島署に引き渡された暴力団のちょうちんなど

    商品コード: 2019030400297

  • 1993年06月24日
    (みずしま・えみ) 水島恵美

    ソプラノ歌手

    商品コード: 1998080700057

  • 1993年11月15日
    博物館や著作権に取り組む 人気漫画家が新組織

    「マンガジャパン」設立の記者会見をするから水島新司、花村えい子、里中満智子、石ノ森章太郎の各氏=1993(平成5)年11月15日、東京、永田町のホテル

    商品コード: 2007022200046

  • 1993年11月15日
    会見する石ノ森さんら 人気漫画家が新組織

    親睦団体「マンガジャパン」設立の記者会見をする、左奥から水島新司、花村えい子、里中満智子、石ノ森章太郎の各氏。漫画文化を世界に発信し、博物館設立などを目指して活動すると発表=1993(平成5)年11月15日、東京・永田町のホテル 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第10巻使用画像(P185)

    商品コード: 2015062200070

  • 1994年03月16日
    水島コンビナート 企業責任どう判断

    岡山県倉敷市の水島コンビナート=6日、共同通信社ヘリから(空撮)

    商品コード: 1994031600044

  • 1994年03月23日
    将積裁判長 倉敷公害訴訟に判決

    将積良子裁判長(倉敷公害訴訟=岡山県倉敷市の水島コンビナート周辺に住む公害病認定患者と遺族計53人が、川崎製鉄などコンビナート企業8社に、大気汚染物質の一定基準以上の排出差し止め(排出規制)と総額約16億4千万円の損害賠償を求めた)

    商品コード: 1994032300002

  • 1994年03月23日
    原告の斉藤光正さん 倉敷公害訴訟に判決

    ベッドに横たわり「勝訴」のニュースを見る原告の斉藤光正さん=23日午前10時3分、岡山県倉敷市の水島協同病院

    商品コード: 1994032300017

  • 1994年04月18日
    記者会見する次期社長ら そごう、新布陣を発表

    次期社長就任が内定し記者会見する岩村栄一副社長(左)と水島広雄社長=18日午前、大阪証券取引所

    商品コード: 1994041800020

  • 1994年07月09日
    恩田怡彦氏、福島吉治氏 水島広雄氏、利光松男氏

    水島広雄そごう会長(H4年国内14856)利光松男日本航空社長(T26999)恩田怡彦三菱製紙社長(H6年国内6302)福島吉治野村証券投資信託委託会長

    商品コード: 1994070900061

  • 1994年08月24日
    ガス流出の工場 水島の工場でガス流出

    有毒ガスの流出事故があった「内田工業」の油水分離工場=24日午後0時40分、岡山県倉敷市松江で共同通信社ヘリから(SVM)(空撮)

    商品コード: 1994082400022

  • 1994年12月14日
    憎々しい顔もリアルに出す

    「休業中のつらさが、今の自分にとってはよかった」と話す水島かおり=東京都世田谷区の国際放映

    商品コード: 1994121400028

  • 1995年05月31日

    人物 80719 ◎水島裕(みずしま・ゆたか)、難病研究所長、新、新進党、平成7年(1995年)参院選比例区立候補、半・正・撮・カラーあり

    商品コード: 1998092500025

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...