KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 研究
  • 可能性
  • 委託
  • 情報
  • 画像
  • 記載
  • 説明文
  • 建物
  • 神社
  • 境内

「水盤」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
28
( 1 28 件を表示)
  • 1
28
( 1 28 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    芝増上寺有章院霊廟中門

    七代将軍家継の霊廟。左端にあるのが拝殿中門である。中央やや右寄りに映っている建物は鐘楼。水盤舎のあたりからの撮影。=撮影年月日不明、東京、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐37‐0]

    商品コード: 2017080400643

  • -
    花で彩られた手水舎

    キーワード:おしゃれ、スティルライフ、ダリア、ヒナギク、ラグ、映える、栄福寺、屋外、かわいい、花、花びら、建物、彩る、寺、寺院、手水舎、日本、無人、竜、礼拝、建築、水盤舎、四国霊場、テーマメイン写真、御水屋=撮影日不明、愛媛県今治市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ ※

    商品コード: 2020060407728

  • -
    鎌倉の大仏

    鎌倉大仏の周囲は豊かな松林。像の正面には2基の大きな平石が据えられている。左下の石製手水盤(ちょうずばん)は寛延2年(1749)の寄進。像前には銅造蓮弁は置かれていない。撮影年代等は未詳である。=撮影年月日不明、鎌倉、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号61‐19‐0]

    商品コード: 2017082300868

  • -
    日光東照宮御水舎

    画面中央の白い建物は元和4(1618)年に鍋島藩が奉納した花崗岩の水盤がある御水舎(おみずや)。自然の川や湧き水ではなく、境内に水盤を置いた手水所(ちょうずどころ)は、この建物が最初と言われている。水盤は幅1.2メートル、長さ2.6メートル、高さ1メートルの花崗岩。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号93‐12‐0]

    商品コード: 2017081400979

  • -
    芝増上寺有章院霊廟勅額門

    増上寺は浄土宗六大本山のひとつで、徳川家の菩提寺。有章院は七代将軍徳川家継の法号。勅額門は銅板葺で軒唐破風、側面は千鳥破風の四脚唐門。右手前からの撮影(整理番号22-9 および整理番号42-44を見よ)。左隅、塀越しに見えるのは水盤舎の屋根。=撮影年月日不明、東京、撮影者:[スチルフリ-ド]、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号27‐2‐0]

    商品コード: 2017080902068

  • -
    花で彩られた手水舎

    キーワード:おしゃれ、スティルライフ、ダリア、ヒナギク、ラグ、映える、栄福寺、屋外、かわいい、花、花びら、建物、彩る、寺、寺院、手水舎、日本、無人、竜、礼拝、建築、水盤舎、四国霊場、テーマメイン写真、御水屋=撮影日不明、愛媛県今治市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ ※

    商品コード: 2020060407671

  • -
    鎌倉の大仏

    手前の石製手水盤(ちょうずばん)は寛延2年(1749)の寄進で、現在は上屋とともに境内入口側に移されている。また、像前には二つの平石が据えられているが像を中心にほぼ左右対称にあるので、旧大仏殿の礎石と推定してよいかも知れない。「玉村康三郎(1856~?)作品集」所収。撮影年代等未詳。=撮影年月日不明、鎌倉、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐105‐0]

    商品コード: 2017080903203

  • -
    日光東照宮御水舎

    左より御水舎、 輪蔵と銅鳥居がある。 御水舎の水盤と十二角柱は御影石で作られ、 唐破風造の屋根下に鯉と飛龍の彫刻がある。 輪蔵には一切経と傳大士父子の像が納められている。 唐銅の鳥居は徳川秀忠公の御手許金で作られた。 右端上段に鼓楼がある。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐15‐0]

    商品コード: 2017080201418

  • -
    日光東照宮御水舎

    左より御水舎、 輪蔵と銅鳥居がある。 御水舎の水盤と十二角柱は御影石で作られ、 唐破風造の屋根下に鯉と飛龍の彫刻がある。 輪蔵には一切経と傳大士父子の像が納められている。 唐銅の鳥居は徳川秀忠公の御手許金で作られた。 右端上段に鼓楼がある。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号8‐27‐0]

    商品コード: 2017080200998

  • -
    芝増上寺の水盤舎

    六代将軍家宣(文昭院)霊廟本殿の前面部分を北東方向から撮影したものである。勅額門を入った本殿前のこの区画には左手に水屋・井戸屋形、右手に鐘楼が配され、正面に左右廊を付けた向唐破風造の中門があった。中門は背面に伸びる前廊と一体となり拝殿に通じていた。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐15‐0]

    商品コード: 2017081400710

  • -
    日光東照宮御水舎

    画面中央の白い建物は元和4(1618)年に鍋島藩が奉納した花崗岩の水盤がある御水舎(おみずや)。自然の川や湧き水ではなく、境内に水盤を置いた手水所(ちょうずどころ)は、この建物が最初と言われている。御水舎の右隣は経典を納める輪蔵(経蔵)である。=撮影年月日不明、日光、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐38‐0]

    商品コード: 2017081401223

  • -
    日光東照宮御水舎

    画面中央の白い建物は元和4(1618)年に鍋島藩が奉納した花崗岩の水盤がある御水舎(おみずや)。その右隣は経典を納める輪蔵(経蔵)。右手前は三代将軍家光の建てた唐銅鳥居。日本で最初の青銅製鳥居である。唐銅鳥居をくぐり、石段を上ると陽明門の前に出る。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号88‐10‐0]

    商品コード: 2017081400793

  • -
    芝増上寺有章院鐘楼

    有章院は徳川家継の法号。水盤舎の方から鐘楼を撮影したもの。右手前に映っているのは勅額門。龍の巻きついた柱や側面の透し彫が詳細に見て取れる。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号24‐14‐0]

    商品コード: 2017080400529

  • -
    日光東照宮御水舎

    画面中央の白い建物は元和4(1618)年に鍋島藩が奉納した花崗岩の水盤がある御水舎(おみずや)。自然の川や湧き水ではなく、境内に水盤を置いた手水所(ちょうずどころ)は、この建物が最初と言われている。水盤は幅1.2メートル、長さ2.6メートル、高さ1メートルの花崗岩。=撮影年月日不明、日光、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号82‐36‐0]

    商品コード: 2017081401326

  • -
    芝増上寺文昭院霊廟水盤舎

    参拝の前に手を浄める水盤が二つ。 水盤を雨露から守る建物は、 柱も屋根もぜいを尽くしている。 下に立つ男との比較から、 その巨大差がわかる。=撮影年月日不明、東京、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号4‐2‐0]

    商品コード: 2017080200795

  • -
    芝増上寺台徳院霊廟水盤舎

    手水所が二つ見える増上寺の境内。水をくむ場所に階段がついていることからわかる=撮影年月日不明、東京、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号28‐7‐0]

    商品コード: 2017080902078

  • -
    寺の境内

    未詳の寺の境内である。二層の立派な蔵の構えからみて東京芝の増上寺の寺の一部か。左隅には大灯篭の端がみえる。水盤社の構えも大きく、井戸の横の銅製と思われる飾り水盤も大きい。木の鳥はご愛敬である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号13‐26‐0]

    商品コード: 2017080201402

  • -
    日光東照宮御水舎

    画面中央の白い建物は元和4(1618)年に鍋島藩が奉納した花崗岩の水盤がある御水舎(おみずや)。自然の川や湧き水ではなく、境内に水盤を置いた手水所(ちょうずどころ)は、この建物が最初と言われている。水盤は幅1.2メートル、長さ2.6メートル、高さ1メートルの花崗岩。=撮影年月日不明、日光、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐37‐0]

    商品コード: 2017081401126

  • -
    芝増上寺水盤所

    有章院霊廟御霊殿拝殿前の水屋である。勅額門を入った左手に位置し、拝殿唐門前から撮影されたものである。この右手には井戸屋形がある。諸大名から寄進された数多くの銅灯篭が、将軍の権威を示している。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐26‐0]

    商品コード: 2017081401141

  • -
    日光東照宮唐銅鳥居付近

    画面左端は元和4(1618)年に鍋島藩が奉納した花崗岩の水盤がある御水舎(おみずや)。その右隣の建物は輪蔵(りんぞう)で、仏教の経典を納める経蔵である。中央手前に、三代将軍家光の建てた日本初の青銅製鳥居である唐銅鳥居。右上奥に鼓楼。その右下は釣灯籠。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐6‐2]

    商品コード: 2017081002665

  • 1921年12月31日
    明治宮殿

    明治宮殿・豊明殿前の水盤=撮影年月日不明

    商品コード: 2011011200276

  • 1921年12月31日
    明治宮殿

    明治宮殿・豊明殿外観と水盤=撮影年月日不明(資料14790)

    商品コード: 2011011200257

  • 1921年12月31日
    明治宮殿

    明治宮殿・豊明殿前庭の水盤=撮影年月日不明

    商品コード: 2011011200261

  • 1968年10月31日
    皇居新宮殿が完成

    中庭から見た正殿(左)と豊明殿。下方は水盤に写った両殿=1968(昭和43)年10月31日、皇居

    商品コード: 2003071600241

  • 2003年06月28日
    光が点灯された水盤 平和祈念館を事前公開

    原爆の犠牲者数に合わせて約7万個の光が点灯された水盤=28日夜、長崎市平野町の国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館

    商品コード: 2003062800109

  • 2005年01月07日
    冬空に木々を見て歩く

    手水舎(てみずや)の水盤に並ぶひしゃくが快いリズムを感じさせる=氷川神社境内

    商品コード: 2005010700142

  • 2014年09月06日
    手水舎

    キーワード:スティルライフ、屋外、夏、午後、手水、手水舎、神社、清涼感のある、静か、日本、複数、ひしゃく、無人、多度大社、水盤舎、風景メイン写真=2014(平成26)年9月6日、三重県桑名市、クレジット:SUSUMU AOYAMA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090200447

  • 2018年09月11日
    22カ国の専門家、武漢で音楽文化財保護を議論

    11日、湖北省博物館内で曾侯乙尊盤(そうこうおつそんばん、1978年、曾侯乙墓から発見された青銅の酒器と水盤のセット)を見学する専門家。中国湖北省武漢市の東湖のほとりにある湖北省博物館で11日、楽器の博物館・コレクション国際委員会(CIMCIM)学術シンポジウムが開幕した。米国、イギリス、日本など22カ国の博物館館長や専門家、研究者47人をが、博物館の音楽展覧や音楽考古学について高度な研究討論を展開した。(武漢=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423214

  • 1