KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 山陽新聞
  • 築城
  • くら
  • やぐら
  • 令和
  • 修理
  • 再建
  • 南西
  • 同意
  • 国史跡

「水野勝成」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月30日
    福山城天守閣 景観重要建造物指定へ

    景観重要建造物への指定が決まった福山城跡の天守閣=30日。福山市は30日、市役所であった市景観審議会で、2022年に築城400年を迎える国史跡・福山城跡の天守閣部分を景観法に基づく「景観重要建造物」として指定することを諮問し同意された。同建造物の指定は県内初。城を築いた初代福山藩主・水野勝成が徳川幕府にその完成を報告したとされる日(旧暦)に合わせ、来月28日に正式に指定する。=2018(平成30)年7月30日、広島県福山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800333

  • 2021年12月16日
    福山城伏見櫓

    赤外線カメラなどを使った国宝化調査が始まる福山城伏見櫓。福山城(広島県福山市丸之内)にある国重要文化財・伏見櫓(やぐら)の国宝昇格を目指す市は、来年1月から赤外線カメラを使い墨書の探索や石垣の3D測量に着手する。同櫓は天守の南西にあり、初代福山藩主・水野勝成が1622年の築城時に建てたとされる。1951~54年の修理時に、梁から「松ノ丸ノ東やくら」と彫られた箇所が見つかり、京都・伏見城の櫓名ではないかと注目された。同城は徳川家康が再建したもので、その櫓を福山城へ移築したと考えられるようになった。=2021(令和3)年12月16日、広島県福山市丸之内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011110211

  • 1