KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • きん
  • てい
  • ムー
  • 三国時代
  • 人々
  • 令和
  • 兵士
  • 史書
  • 周辺
  • 国民

「水陽鎮」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月12日
    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて

    金宝圩の現在の様子。宣城市水陽鎮雁翅(がんし)社区(コミュニティー)の水田と水路の上を高速道路が走る。(5月12日撮影、小型無人機から)三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/唐飛強)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202216

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月12日
    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて

    金宝圩の現在の様子。宣城市水陽鎮雁翅(がんし)社区(コミュニティー)では一面に水田と水路が広がる。(5月12日撮影、小型無人機から)三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/唐飛強)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202185

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月12日
    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて

    金宝圩の現在の様子。宣城市水陽鎮雁翅(がんし)社区(コミュニティー)では一面に水田と水路が広がる。(5月12日撮影、小型無人機から)三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/唐飛強)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202186

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月12日
    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて

    金宝圩の現在の様子。宣城市水陽鎮雁翅(がんし)社区(コミュニティー)では一面に水田と水路が広がる。(5月12日撮影、小型無人機から)三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/唐飛強)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202191

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月11日
    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて

    11日、丁奉を記念するため建設された宣城市水陽鎮の総管橋。三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/袁曉明氏提供)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:袁曉明氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600290

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月11日
    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて

    11日、宣城市水陽鎮朝陽大道北端の土手の上に立つ丁奉像。三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/袁暁明氏提供)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:袁曉明氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600235

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月11日
    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて

    11日、宣城市水陽鎮にある丁奉記念館。三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/袁曉明氏提供)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:袁曉明氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600267

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月11日
    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて

    11日、宣城市水陽鎮の丁奉記念館の正門に立つ記念碑。三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/袁暁明氏提供)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:袁曉明氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600276

  • 1