KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • しゅく
  • 令和
  • 作物
  • 収穫
  • 品種
  • 国連食糧農業機関
  • 土壌
  • 塩分
  • 天祝チベット族自治県
  • 推奨

「永昌県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、収穫期を迎え赤く色付いたキヌア。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社記者/王博)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101714

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、祁連山麓のキヌア畑。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101751

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、祁連山麓のキヌア畑。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101715

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、祁連山麓のキヌア畑。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101723

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、祁連山麓のキヌア畑。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101682

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、収穫期を迎え赤く色付いたキヌア。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信/何問)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101863

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、収穫期を迎え赤く色付いたキヌア。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社記者/王博)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101697

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、収穫期を迎え赤く色付いたキヌア。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信/張智敏)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101743

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、収穫期を迎え赤く色付いたキヌア。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信/張智敏)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101875

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、収穫期を迎え赤く色付いたキヌア。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信/何問)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101757

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、祁連山麓のキヌア畑。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101858

  • 1