KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • もち米
  • 令和
  • 伝統文化
  • 南方
  • 太鼓
  • 平安
  • 植物
  • 民間
  • 皇族
  • 祭り

「永暦帝」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年05月04日
    「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県

    4日、雲南省広南県で、民族衣装に身を包み、町を練り歩く地元の人々。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南(こうなん)県で4、5両日、盛装したチワン族の人々が、銅鑼や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。皇姑は、明朝滅亡後に南方に逃れた皇族により建てられた南明政権の永暦帝・朱由榔の妹、安化郡主を指す。「皇姑節」は同県蓮城(れんじょう)鎮で367年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭で、毎年旧暦4月に行われる。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(こうこびょう)に集まり、チワン族特有のお酒や花糯米飯(植物でもち米を様々な色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香を焚いて「皇姑」が富や幸福、平安をもたらし、この一年が平和な年になるようお祈りする。「皇姑節」は、今では地元の重要な民族的・文化的なイベントになっている。(広南=新華社配信/李建楠)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903678

  • 2019年05月04日
    「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県

    4日、雲南省広南県で、大勢の人出でにぎわう「皇姑節」の様子。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南(こうなん)県で4、5両日、盛装したチワン族の人々が、銅鑼や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。皇姑は、明朝滅亡後に南方に逃れた皇族により建てられた南明政権の永暦帝・朱由榔の妹、安化郡主を指す。「皇姑節」は同県蓮城(れんじょう)鎮で367年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭で、毎年旧暦4月に行われる。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(こうこびょう)に集まり、チワン族特有のお酒や花糯米飯(植物でもち米を様々な色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香を焚いて「皇姑」が富や幸福、平安をもたらし、この一年が平和な年になるようお祈りする。「皇姑節」は、今では地元の重要な民族的・文化的なイベントになっている。(広南=新華社配信/李建楠)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903687

  • 2019年05月04日
    「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県

    4日、雲南省広南県で、民族衣装に身を包み、町を練り歩く地元の人々。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南(こうなん)県で4、5両日、盛装したチワン族の人々が、銅鑼や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。皇姑は、明朝滅亡後に南方に逃れた皇族により建てられた南明政権の永暦帝・朱由榔の妹、安化郡主を指す。「皇姑節」は同県蓮城(れんじょう)鎮で367年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭で、毎年旧暦4月に行われる。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(こうこびょう)に集まり、チワン族特有のお酒や花糯米飯(植物でもち米を様々な色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香を焚いて「皇姑」が富や幸福、平安をもたらし、この一年が平和な年になるようお祈りする。「皇姑節」は、今では地元の重要な民族的・文化的なイベントになっている。(広南=新華社配信/李建楠)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903735

  • 2019年05月04日
    「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県

    4日、雲南省広南県で行われた民族情緒あふれる公演の様子。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南(こうなん)県で4、5両日、盛装したチワン族の人々が、銅鑼や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。皇姑は、明朝滅亡後に南方に逃れた皇族により建てられた南明政権の永暦帝・朱由榔の妹、安化郡主を指す。「皇姑節」は同県蓮城(れんじょう)鎮で367年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭で、毎年旧暦4月に行われる。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(こうこびょう)に集まり、チワン族特有のお酒や花糯米飯(植物でもち米を様々な色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香を焚いて「皇姑」が富や幸福、平安をもたらし、この一年が平和な年になるようお祈りする。「皇姑節」は、今では地元の重要な民族的・文化的なイベントになっている。(広南=新華社配信/李建楠)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903739

  • 2019年05月04日
    「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県

    4日、雲南省広南県で行われた盛大な「迎賓火塘会(キャンプファイヤー)」。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南(こうなん)県で4、5両日、盛装したチワン族の人々が、銅鑼や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。皇姑は、明朝滅亡後に南方に逃れた皇族により建てられた南明政権の永暦帝・朱由榔の妹、安化郡主を指す。「皇姑節」は同県蓮城(れんじょう)鎮で367年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭で、毎年旧暦4月に行われる。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(こうこびょう)に集まり、チワン族特有のお酒や花糯米飯(植物でもち米を様々な色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香を焚いて「皇姑」が富や幸福、平安をもたらし、この一年が平和な年になるようお祈りする。「皇姑節」は、今では地元の重要な民族的・文化的なイベントになっている。(広南=新華社配信/李建楠)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903743

  • 2019年05月04日
    「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県

    4日、雲南省広南県で、民族衣装に身を包み、町を練り歩く地元の人々。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南(こうなん)県で4、5両日、盛装したチワン族の人々が、銅鑼や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。皇姑は、明朝滅亡後に南方に逃れた皇族により建てられた南明政権の永暦帝・朱由榔の妹、安化郡主を指す。「皇姑節」は同県蓮城(れんじょう)鎮で367年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭で、毎年旧暦4月に行われる。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(こうこびょう)に集まり、チワン族特有のお酒や花糯米飯(植物でもち米を様々な色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香を焚いて「皇姑」が富や幸福、平安をもたらし、この一年が平和な年になるようお祈りする。「皇姑節」は、今では地元の重要な民族的・文化的なイベントになっている。(広南=新華社配信/李建楠)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903689

  • 1