KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 永楽帝
  • 令和
  • 記者
  • 指定
  • 創建
  • 重要文化財
  • 全国重点文物保護単位
  • 国宝
  • 壁画
  • 位置

「永楽」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
282
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
282
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    横浜遊郭

    キーワード:横浜遊郭大門、永楽町=撮影年月日不明、横浜、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019011011954

  • -
    永楽町神風楼

    永楽町神風楼=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号86‐4‐0]

    商品コード: 2017081400698

  • -
    Box with landscape design.

    Box with landscape design. Carved lacquer on wood. 1403-24, Ming dynasty, Yongle reign period.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041900129

  • -
    Ming dynasty

    Ming dynasty, Yongle reign period. Porcelain painted in under glaze cobalt blue,.Jingdezhen, Jiangxi province.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041900132

  • -
    Box with landscape design.

    Box with landscape design. Carved lacquer on wood. 1403-24, Ming dynasty, Yongle reign period.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041900100

  • -
    The Yongle Emperor (1360 1424)

    The Yongle Emperor (1360 1424), formerly Romanised as the Yung-lo or Yonglo Emperor, was the third emperor of the Ming Dynasty in China, reigning from 1402 to 1424、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019040302518

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    高島町神風楼

    明治5年(1872)以来高島町にあった神風楼は、同15年(1882)を限りに真金町・永楽町への移転が決定すると、神奈川七軒町にも進出、外国人専門の妓楼を開設した。規模の広大さと自家発電による照明で知られ、関東大震災まで存続した。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号55‐15‐0]

    商品コード: 2017081002739

  • 1951年02月04日
    日共機関紙「平和のこえ」手入れ

    スタンド「永楽」の捜索=1951(昭和26)年2月4日、大阪市北区曽根崎(26年内地378)

    商品コード: 2013041600337

  • 1951年02月10日
    社会民主党誕生

    委員長に平野力三氏(右)を選出した社会民主党結成大会=1951(昭和26)年2月10日、東京・丸の内の野村ビル内永楽クラブ

    商品コード: 2005071300216

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年02月14日
    家宅捜索に入る捜査員 ニシキ社長宅を捜索

    家宅捜索のためニシキファイナンスの泉秀男社長宅に入る大阪府警の捜査員=14日午前11時5分、大阪府豊中市永楽荘(カラーネガ)

    商品コード: 1996021400023

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年02月14日
    家宅捜索に入る捜査員 ニシキ社長宅を捜索

    家宅捜索のためニシキファイナンスの泉秀男社長宅に入る大阪府警の捜査員=14日午前11時5分、大阪府豊中市永楽荘(カラーネガ)

    商品コード: 1996021400033

  • 1999年02月03日
    自転車で登校する高校生 日本海側で大雪の恐れ

    大雪の中、自転車で登校する高校生=3日午前9時40分、鳥取市永楽温泉町のJR鳥取駅前

    商品コード: 1999020300015

  • 2000年09月19日
    給食を振る舞う女性校長 学校建設も民間支援頼み

    完成間近の永楽小学校新校舎の食堂で、子供とともに給食を振る舞う梁静如校長(右)=台湾南投県中寮郷(共同)

    商品コード: 2000091900146

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年05月27日
    全焼した民家 宮崎で民家全焼し2人不明

    隣家からの出火で全焼した河野日出男さん宅=27日午前、宮崎市永楽町

    商品コード: 2004052700002

  • 2006年12月27日
    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省

    繊細で精巧な美しさを持つ永楽宮無極殿(三清殿)の壁画「朝元図」に描かれた「霊芝玉女」。(資料写真)中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社配信)=2006(平成18)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604274

  • 2008年08月01日
    復活オープンの永楽館 「永楽館」44年ぶり復活

    44年ぶりに復活オープンした近畿最古の芝居小屋「永楽館」=1日午前、兵庫県豊岡市

    商品コード: 2008080100042

  • 2008年08月01日
    永楽館のこけら落とし公演 「永楽館」44年ぶり復活

    44年ぶりに復活した「永楽館」のこけら落とし公演=1日午前、兵庫県豊岡市

    商品コード: 2008080100127

  • 2012年06月03日
    丸の内永楽ビル

    丸の内永楽ビル=2012年6月3日、東京都千代田区丸の内1-4-2

    商品コード: 2012060300264

  • 2012年09月27日
    林永楽氏 台湾外交部長に林氏

    林永楽氏(共同)

    商品コード: 2012092700687

  • 2013年07月30日
    中山道太田宿の家並み

    キーワード:うだつ、屋外、夏、家並み、町並み、建物、午後、国指定重要文化財、中山道、道、日本、美濃加茂市、無人、脇本陣、町並み保存地区、永楽屋、林家住宅、太田宿、旧太田脇本陣林家住宅、風景メイン写真、有松町並み保存地区=2013(平成25)年7月30日、岐阜県宿場町、クレジット:SUSUMU AOYAMA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033103472

  • 2013年07月30日
    中山道太田宿永楽屋

    キーワード:屋外、夏、建物、午後、呉服屋、中山道、店頭、日本、美濃加茂市、無人、永楽屋、太田宿、テーマメイン写真=2013(平成25)年7月30日、岐阜県宿場町、クレジット:SUSUMU AOYAMA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033103600

  • 2013年07月30日
    中山道太田宿の家並み

    キーワード:屋外、夏、家並み、町並み、建物、午後、中山道、道、日本、美濃加茂市、無人、町並み保存地区、永楽屋、太田宿、風景メイン写真、有松町並み保存地区=2013(平成25)年7月30日、岐阜県宿場町、クレジット:SUSUMU AOYAMA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033103333

  • 2013年07月30日
    中山道太田宿の家並み

    キーワード:屋外、夏、家並み、町並み、建物、午後、中山道、道、日本、美濃加茂市、無人、町並み保存地区、永楽屋、太田宿、風景メイン写真、有松町並み保存地区=2013(平成25)年7月30日、岐阜県宿場町、クレジット:SUSUMU AOYAMA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033103493

  • 2013年07月30日
    中山道太田宿の家並み

    キーワード:うだつ、屋外、夏、家並み、町並み、建物、午後、国指定重要文化財、中山道、道、日本、美濃加茂市、無人、脇本陣、町並み保存地区、永楽屋、林家住宅、太田宿、旧太田脇本陣林家住宅、風景メイン写真、有松町並み保存地区=2013(平成25)年7月30日、岐阜県宿場町、クレジット:SUSUMU AOYAMA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033103402

  • 2014年04月28日
    鄭和の船の模型 アフリカ東岸に到達

    北京の博物館に展示された鄭和が航海に使った船の復元模型=2005年7月(共同)

    商品コード: 2014042800403

  • 2014年04月28日
    アフリカ東岸に到達

    永楽帝と鄭和の遠征

    商品コード: 2014042800413

  • 2014年04月28日
    アフリカ東岸に到達

    永楽帝と鄭和の遠征

    商品コード: 2014042800415

  • 2015年08月10日
    無農薬、全国に広げたい

    兵庫県豊岡市・コウノトリの郷公園、出石永楽館、城崎温泉

    商品コード: 2015081000328

  • 2015年08月10日
    無農薬、全国に広げたい

    兵庫県豊岡市・コウノトリの郷公園、出石永楽館、城崎温泉

    商品コード: 2015081000333

  • 2015年08月10日
    無農薬、全国に広げたい

    兵庫県豊岡市・コウノトリの郷公園、出石永楽館、城崎温泉

    商品コード: 2015081000334

  • 2015年08月10日
    無農薬、全国に広げたい

    兵庫県豊岡市・コウノトリの郷公園、出石永楽館、城崎温泉

    商品コード: 2015081000341

  • 2015年09月08日
    故宮の知られざる一面

    2015年9月8日、故宮で「石渠宝笈」(せっきょほうきゅう、清の宮廷所蔵の書画著録)展を見る観光客。明代永楽18年(1420年)、壮麗な紫禁城が完成した。600年近くが経ち、この世界最大の宮殿は現在、中国の若者たちが注目する「ネットインフルエンサー(網紅)」となり、世界に向けて中華文明を発信する重要な窓口となっている。近年、故宮の開放エリアは一層広がり、重要な展示や文化的なアイデア製品も続々と登場している。同館は、デジタルテクノロジーやIT技術革新により、「文化+テクノロジー」分野で様々な模索を行い、伝統文化におけるインタラクティブ体験を発展させてきた。これにより、故宮を理解し、中華文化を体感し、好む人が益々増えている。(北京=新華社記者/金良快)=2015(平成27)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521123

  • 2016年05月18日
    故宮の知られざる一面

    2016年5月18日、故宮で崑劇演目「牡丹亭」の上演準備をする出演者。明代永楽18年(1420年)、壮麗な紫禁城が完成した。600年近くが経ち、この世界最大の宮殿は現在、中国の若者たちが注目する「ネットインフルエンサー(網紅)」となり、世界に向けて中華文明を発信する重要な窓口となっている。近年、故宮の開放エリアは一層広がり、重要な展示や文化的なアイデア製品も続々と登場している。同館は、デジタルテクノロジーやIT技術革新により、「文化+テクノロジー」分野で様々な模索を行い、伝統文化におけるインタラクティブ体験を発展させてきた。これにより、故宮を理解し、中華文化を体感し、好む人が益々増えている。(北京=新華社記者/金良快)=2016(平成28)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521122

  • 2016年05月18日
    故宮の知られざる一面

    2016年5月18日、国際博物館の日、故宮は「歴史に明かりを灯す」と題し、中央線にある展示室の室内照明システム始動式典など一連のイベントを開催した。写真は、室内照明システムを作動した太和殿。明代永楽18年(1420年)、壮麗な紫禁城が完成した。600年近くが経ち、この世界最大の宮殿は現在、中国の若者たちが注目する「ネットインフルエンサー(網紅)」となり、世界に向けて中華文明を発信する重要な窓口となっている。近年、故宮の開放エリアは一層広がり、重要な展示や文化的なアイデア製品も続々と登場している。同館は、デジタルテクノロジーやIT技術革新により、「文化+テクノロジー」分野で様々な模索を行い、伝統文化におけるインタラクティブ体験を発展させてきた。これにより、故宮を理解し、中華文化を体感し、好む人が益々増えている。(北京=新華社記者/金良快)=2016(平成28)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521223

  • 2016年09月28日
    故宮の知られざる一面

    2016年9月28日、故宮の建福宮花園で行われた中英のデザイナーによる「中国風」メンズウェア・ファッションショー。明代永楽18年(1420年)、壮麗な紫禁城が完成した。600年近くが経ち、この世界最大の宮殿は現在、中国の若者たちが注目する「ネットインフルエンサー(網紅)」となり、世界に向けて中華文明を発信する重要な窓口となっている。近年、故宮の開放エリアは一層広がり、重要な展示や文化的なアイデア製品も続々と登場している。同館は、デジタルテクノロジーやIT技術革新により、「文化+テクノロジー」分野で様々な模索を行い、伝統文化におけるインタラクティブ体験を発展させてきた。これにより、故宮を理解し、中華文化を体感し、好む人が益々増えている。(北京=新華社記者/金良快)=2016(平成28)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521213

  • 2016年09月28日
    故宮の知られざる一面

    2016年9月28日、故宮で上演された現代舞踊「融」の一場面。明代永楽18年(1420年)、壮麗な紫禁城が完成した。600年近くが経ち、この世界最大の宮殿は現在、中国の若者たちが注目する「ネットインフルエンサー(網紅)」となり、世界に向けて中華文明を発信する重要な窓口となっている。近年、故宮の開放エリアは一層広がり、重要な展示や文化的なアイデア製品も続々と登場している。同館は、デジタルテクノロジーやIT技術革新により、「文化+テクノロジー」分野で様々な模索を行い、伝統文化におけるインタラクティブ体験を発展させてきた。これにより、故宮を理解し、中華文化を体感し、好む人が益々増えている。(北京=新華社記者/金良快)=2016(平成28)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521116

  • 2016年09月29日
    故宮の知られざる一面

    2016年9月29日、故宮の氷窖レストラン(氷を保存用の藏を改装したレストラン)の外で写真を撮る記者。明代永楽18年(1420年)、壮麗な紫禁城が完成した。600年近くが経ち、この世界最大の宮殿は現在、中国の若者たちが注目する「ネットインフルエンサー(網紅)」となり、世界に向けて中華文明を発信する重要な窓口となっている。近年、故宮の開放エリアは一層広がり、重要な展示や文化的なアイデア製品も続々と登場している。同館は、デジタルテクノロジーやIT技術革新により、「文化+テクノロジー」分野で様々な模索を行い、伝統文化におけるインタラクティブ体験を発展させてきた。これにより、故宮を理解し、中華文化を体感し、好む人が益々増えている。(北京=新華社記者/金良快)=2016(平成28)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521176

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年10月10日
    故宮の知られざる一面

    2016年10月10日、故宮の太和殿で行われた消防訓練。同館のスタッフ、現役の消防官・兵士、専門の隊員など約500人が参加した。明代永楽18年(1420年)、壮麗な紫禁城が完成した。600年近くが経ち、この世界最大の宮殿は現在、中国の若者たちが注目する「ネットインフルエンサー(網紅)」となり、世界に向けて中華文明を発信する重要な窓口となっている。近年、故宮の開放エリアは一層広がり、重要な展示や文化的なアイデア製品も続々と登場している。同館は、デジタルテクノロジーやIT技術革新により、「文化+テクノロジー」分野で様々な模索を行い、伝統文化におけるインタラクティブ体験を発展させてきた。これにより、故宮を理解し、中華文化を体感し、好む人が益々増えている。(北京=新華社記者/金良快)=2016(平成28)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521217

  • 2016年10月25日
    故宮の知られざる一面

    2016年10月25日、故宮でVRを使って展示を見る観光客。明代永楽18年(1420年)、壮麗な紫禁城が完成した。600年近くが経ち、この世界最大の宮殿は現在、中国の若者たちが注目する「ネットインフルエンサー(網紅)」となり、世界に向けて中華文明を発信する重要な窓口となっている。近年、故宮の開放エリアは一層広がり、重要な展示や文化的なアイデア製品も続々と登場している。同館は、デジタルテクノロジーやIT技術革新により、「文化+テクノロジー」分野で様々な模索を行い、伝統文化におけるインタラクティブ体験を発展させてきた。これにより、故宮を理解し、中華文化を体感し、好む人が益々増えている。(北京=新華社記者/金良快)=2016(平成28)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521081

  • 2018年01月23日
    出石永楽館

    キーワード:ローアングル、屋外、芸能、劇場、建物、午後、芝居小屋、出石、情緒、伝統芸能、冬、曇り空、日本、和風、風景、風情、豊岡市、無人、街、出石城、風景メイン写真、永楽館、出石永楽館=2018(平成30)年1月23日、兵庫県城下町、クレジット:Kenichi Okuda/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031706964

  • 2018年03月09日
    棚田状に広がる美しいスイカ畑広西永楽

    9日、空から撮影した広西チワン族自治区百色市右江区の永楽鎮西北楽村に棚田状に広がるスイカ畑。早春のこの時期、農業用マルチフイルムが縦横に走るスイカの段々畑とチワン族の村が美しい田園の風景を織り成している。永楽鎮は中国広西チワン族自治区で有名なスイカの産地で、2018年の全鎮のスイカ栽培面積は1・6万ムー(約1066ヘクタール)に達し、3万余トンの年間生産量が見込まれている。(百色=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018031900926

  • 2018年07月05日
    片岡愛之助さんら 上演演目をネットで公募

    「第11回永楽館歌舞伎」の記者会見に出席した片岡愛之助さん(左)と、兵庫県豊岡市の中貝宗治市長=5日午後、大阪市

    商品コード: 2018070501330

  • 02:45.22
    2018年10月29日
    「新華社」西沙諸島クルーズが大人気予約も好調

    中国海南省のクルーズ船運営会社、南海郵輪が運航するクルーズ船「南海の夢(THENANHAIDREAM)」が29日、同省三亜市の鳳凰島国際クルーズ船ターミナルに接岸した。全国各地から参加した500人余りの観光客は、西沙諸島の観光を終え、無事三亜に帰着した。今回の行程は3泊4日。海上を航行するだけでなく、うち2日間は小型ボートで西沙諸島の永楽諸島に属する全富島や鴨公島、銀嶼(ぎんしょ)島に上陸することができた。西沙諸島の美しい景色は観光客に大きな喜びと驚きをもたらした。(記者/王麗婧)<映像内容>西沙諸島クルーズの様子、撮影日:2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116967

  • 2018年11月27日
    92歳、今夜もカウンターに

    カウンターに立つ福島勇三さん。カクテルを見つめる笑顔が優しい=東京・赤坂の「永楽俱楽部」

    商品コード: 2018112733009

  • 2018年11月27日
    92歳、今夜もカウンターに

    福島勇三さん(左)と後輩バーテンダーの鈴木和行さん。一緒にカウンターに立って十数年。「カクテル作りの大事な部分は言葉では伝わりません」と福島さん=東京・赤坂の「永楽俱楽部」

    商品コード: 2018112733008

  • 2018年11月27日
    92歳、今夜もカウンターに

    白洲次郎も愛したドライマティーニ。福島勇三さんのニックネーム「スマイリー」のネームプレートもある=東京・赤坂の「永楽俱楽部」

    商品コード: 2018112733007

  • 2019年02月27日
    水指を制作する永楽さん 物作りの感性、親から子へ

    傍らの弟子に手本を見せながらイノシシをあしらった水指を制作する永楽善五郎さん

    商品コード: 2019022701030

  • 2019年02月27日
    永楽善五郎さん 物作りの感性、親から子へ

    「お茶とは常日頃の生活の中で向き合っていくのがええでしょう」と話す永楽善五郎さん

    商品コード: 2019022701033

  • 2019年03月01日
    中国とアラブの歴史·文化の往来を見つめてきた泉州

    1日、泉州イスラム文化陳列館に展示されている明代・永楽5年(1407年)に公布されたイスラム教徒と清浄寺の保護を命じる「勅令」の碑文の写真。福建省泉州市は中国で初めて「国家歴史文化名城」に指定された都市の一つで、かつては海のシルクロードの重要な起点とされ、アラブ諸国との活発な経済・文化交流が長年にわたり続いた。1009年に建てられたイスラム寺院「清浄寺」、宋・元代のイスラム寺院に使われた建築部材や墓の部材などの大量の文化財、および今もなおこの地で暮らすイスラム教徒はいずれも、中国とアラブの深い友情と歴史・文化の往来を見つめ続けてきた。(泉州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714879

  • 02:45.22
    2019年03月12日
    「新華社」サザビーズ香港の春季オークション、書画や磁器の逸品多数登場

    サザビーズ香港は12日、3月末開催予定の春季オークションについて、中国古代書画部門に明・清時代の作品100点以上を出品することを明らかにした。中国芸術品部門でも初めてオークションに出される明・清時代の磁器18点を出品する。出品される中国古代書画は銭維城(せん・いじょう)作「仿元四家山水巻」、余省(よ・せい)作「魚藻図」、朱耷(しゅ・とう)作「芙蓉芦雁図」など。これら3作品は記録が多く残されており、来歴がしっかりしているため、予想額はいずれも千万香港ドル(1香港ドル=約14円)を超える。この朱耷作「芙蓉芦雁図」は高い注目を集めている。高さ約2メートルの作品で、構図はシンプルで力強く、天然の趣が感じられる。中国芸術品部門では「天民楼所蔵御窯磁器コレクション」と題し、明の永楽帝時代の青花纏枝番蓮紋折沿盤、明の宣徳帝時代の青花番蓮紋大碗、明の宣徳帝時代の青花穿花衣竜紋盤など、厳選された明・清時代の磁器18点を出品する。サザビーズ香港の春季オークションは3月29日から4月2日にかけて行われ、出品分野は現代芸術、中国書画、中国磁器と芸術品、宝飾品などに及ぶ。(記者/万後徳、梁嘉駿)<映像内容>サザビーズ香港が春季オークション出品予定の作品公開、撮影日:2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031401137

  • 03:27.83
    2019年05月15日
    「新華社」河北省で明代高級官吏の族譜見つかる580年間の家系記す

    中国河北省辛集(しんしゅう)市の旧城鎮寨子(さいし)村の民家で、明代の重臣、王文(おうぶん)の家系を記した「王氏族譜」が発見された。同市文物保護部門が明らかにした。族譜は王文の子孫が清代に編纂したもので、明代宣徳年間(1425年~1435年)からの一族の変遷や歴史が約580年にわたり詳細に記載されている。王文は北直隷束鹿(そくろく、現在の河北省辛集市)の出身。永楽19年(1421年)に進士に合格し監察御史となり、陝西按察使、左都御史を歴任した。その後昇進し吏部尚書、少保、謹身殿大学士兼東閣大学士を務めた。景泰8年(1457年)に上皇の英宗が弟の景泰帝から帝位を奪い重祚(ちょうそ)した「奪門の変」が起こると、当時の名臣于謙(うけん)とともに無実の罪で処刑された。成化5年(1469年)に名誉が回復され「太保」の称号が追贈された。今回発見された「王氏族譜」は糸で装丁された2冊の写本と彩色の肖像画からなる。肖像画は長さ2・5メートル、幅1・2メートルの絹布が用いられ、王文が早朝朝廷に出仕する際に紫禁城前の金水橋を渡る様子が描かれていた。郷土史研究家は、王氏一族の古くからの系譜が詳細に記録されている族譜は、明代の重臣、王文の一族の家系の相続や変遷を研究する上で信頼性の高い基礎資料となると説明。長期にわたり保存状態が良く、家系の筋道も明確に記されている族譜が現代まで伝わるのは容易ではなく、河北省中南部の風俗や人情、歴史の変遷、一族の相続関係などの研究で重要な価値を持つと述べた。(記者/李継偉)<映像内容>明代高級官吏の「王氏族譜」発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600504

  • 2019年05月18日
    【CDAC】「永楽大典」文献展開催中国国家図書館

    18日、「永楽大典」文献展を見学する来場者。北京市の中国国家図書館で「国家図書館所蔵『永楽大典(えいらくたいてん)』文献展」が開催されている。同展はアジア文明対話大会(CDAC)の関連イベント「アジア文明合同展」の一環。「永楽大典」は国家図書館の四大特別所蔵品の一つで、代表的な所蔵品でもある。同館所蔵の「永楽大典」は合計224冊(うち62冊は台北故宮博物院で一時保管)で、現存する「永楽大典」の半数以上を占める。今回の文献展は同館が所蔵する「永楽大典」12冊のほか、貴重な善本や古書、銅器や石彫から写し取られた拓本、名家の自筆原稿や地図、「永楽大典」が国家図書館に収蔵された各時期の公文書、異なる時期に出版されたり、海外で収蔵されたりした「永楽大典」、及び影印本などを展示している。(北京=新華社記者/潘旭)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400213

  • 2019年05月18日
    【CDAC】「永楽大典」文献展開催中国国家図書館

    18日、「永楽大典」文献展を見学する来場者。北京市の中国国家図書館で「国家図書館所蔵『永楽大典(えいらくたいてん)』文献展」が開催されている。同展はアジア文明対話大会(CDAC)の関連イベント「アジア文明合同展」の一環。「永楽大典」は国家図書館の四大特別所蔵品の一つで、代表的な所蔵品でもある。同館所蔵の「永楽大典」は合計224冊(うち62冊は台北故宮博物院で一時保管)で、現存する「永楽大典」の半数以上を占める。今回の文献展は同館が所蔵する「永楽大典」12冊のほか、貴重な善本や古書、銅器や石彫から写し取られた拓本、名家の自筆原稿や地図、「永楽大典」が国家図書館に収蔵された各時期の公文書、異なる時期に出版されたり、海外で収蔵されたりした「永楽大典」、及び影印本などを展示している。(北京=新華社記者/潘旭)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400144

  • 2019年05月18日
    【CDAC】「永楽大典」文献展開催中国国家図書館

    18日、スクリーンに投影された「永楽大典」の説明を眺める来場者。北京市の中国国家図書館で「国家図書館所蔵『永楽大典(えいらくたいてん)』文献展」が開催されている。同展はアジア文明対話大会(CDAC)の関連イベント「アジア文明合同展」の一環。「永楽大典」は国家図書館の四大特別所蔵品の一つで、代表的な所蔵品でもある。同館所蔵の「永楽大典」は合計224冊(うち62冊は台北故宮博物院で一時保管)で、現存する「永楽大典」の半数以上を占める。今回の文献展は同館が所蔵する「永楽大典」12冊のほか、貴重な善本や古書、銅器や石彫から写し取られた拓本、名家の自筆原稿や地図、「永楽大典」が国家図書館に収蔵された各時期の公文書、異なる時期に出版されたり、海外で収蔵されたりした「永楽大典」、及び影印本などを展示している。(北京=新華社記者/潘旭)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400124

  • 2019年05月18日
    【CDAC】「永楽大典」文献展開催中国国家図書館

    18日、ディスプレイに表示された「永楽大典」を指で模写する来場者。北京市の中国国家図書館で「国家図書館所蔵『永楽大典(えいらくたいてん)』文献展」が開催されている。同展はアジア文明対話大会(CDAC)の関連イベント「アジア文明合同展」の一環。「永楽大典」は国家図書館の四大特別所蔵品の一つで、代表的な所蔵品でもある。同館所蔵の「永楽大典」は合計224冊(うち62冊は台北故宮博物院で一時保管)で、現存する「永楽大典」の半数以上を占める。今回の文献展は同館が所蔵する「永楽大典」12冊のほか、貴重な善本や古書、銅器や石彫から写し取られた拓本、名家の自筆原稿や地図、「永楽大典」が国家図書館に収蔵された各時期の公文書、異なる時期に出版されたり、海外で収蔵されたりした「永楽大典」、及び影印本などを展示している。(北京=新華社記者/潘旭)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400158

  • 2019年05月18日
    【CDAC】「永楽大典」文献展開催中国国家図書館

    18日、「永楽大典」文献展を見学する来場者。北京市の中国国家図書館で「国家図書館所蔵『永楽大典(えいらくたいてん)』文献展」が開催されている。同展はアジア文明対話大会(CDAC)の関連イベント「アジア文明合同展」の一環。「永楽大典」は国家図書館の四大特別所蔵品の一つで、代表的な所蔵品でもある。同館所蔵の「永楽大典」は合計224冊(うち62冊は台北故宮博物院で一時保管)で、現存する「永楽大典」の半数以上を占める。今回の文献展は同館が所蔵する「永楽大典」12冊のほか、貴重な善本や古書、銅器や石彫から写し取られた拓本、名家の自筆原稿や地図、「永楽大典」が国家図書館に収蔵された各時期の公文書、異なる時期に出版されたり、海外で収蔵されたりした「永楽大典」、及び影印本などを展示している。(北京=新華社記者/潘旭)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400141

  • 2019年05月18日
    【CDAC】「永楽大典」文献展開催中国国家図書館

    18日、「永楽大典」文献展を見学する来場者。北京市の中国国家図書館で「国家図書館所蔵『永楽大典(えいらくたいてん)』文献展」が開催されている。同展はアジア文明対話大会(CDAC)の関連イベント「アジア文明合同展」の一環。「永楽大典」は国家図書館の四大特別所蔵品の一つで、代表的な所蔵品でもある。同館所蔵の「永楽大典」は合計224冊(うち62冊は台北故宮博物院で一時保管)で、現存する「永楽大典」の半数以上を占める。今回の文献展は同館が所蔵する「永楽大典」12冊のほか、貴重な善本や古書、銅器や石彫から写し取られた拓本、名家の自筆原稿や地図、「永楽大典」が国家図書館に収蔵された各時期の公文書、異なる時期に出版されたり、海外で収蔵されたりした「永楽大典」、及び影印本などを展示している。(北京=新華社記者/潘旭)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400128

  • 2019年05月18日
    【CDAC】「永楽大典」文献展開催中国国家図書館

    18日、「永楽大典」文献展を見学する来場者。北京市の中国国家図書館で「国家図書館所蔵『永楽大典(えいらくたいてん)』文献展」が開催されている。同展はアジア文明対話大会(CDAC)の関連イベント「アジア文明合同展」の一環。「永楽大典」は国家図書館の四大特別所蔵品の一つで、代表的な所蔵品でもある。同館所蔵の「永楽大典」は合計224冊(うち62冊は台北故宮博物院で一時保管)で、現存する「永楽大典」の半数以上を占める。今回の文献展は同館が所蔵する「永楽大典」12冊のほか、貴重な善本や古書、銅器や石彫から写し取られた拓本、名家の自筆原稿や地図、「永楽大典」が国家図書館に収蔵された各時期の公文書、異なる時期に出版されたり、海外で収蔵されたりした「永楽大典」、及び影印本などを展示している。(北京=新華社記者/潘旭)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400125

  • 2019年07月06日
    蒋介石氏が渋沢氏訪問

    渋沢栄一子爵を麹町区永楽町の事務所に訪ねた蒋介石氏(右)=1927(昭和2)年10月25日

    商品コード: 2019070600421

  • 2019年07月11日
    千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市

    11日に撮影した復州城の有名な史跡、永豊塔。同塔は1044年の建立で、高さは28・45メートル。八角形で上部には13層の庇(ひさし)がかかる典型的な遼代の「密檐実芯塔」の造形となっている。2003年には大規模な修復が行われている。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706502

  • 2019年07月11日
    千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市

    11日に撮影した復州城で有名な史跡、永豊塔の角に掛けられた鈴。同塔は1044年の建立で、高さは28・45メートル。八角形で上部には13層の庇(ひさし)がかかる典型的な遼代の「密檐実芯塔」の造形となっている。2003年には大規模な修復が行われている。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706522

  • 2019年07月11日
    千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市

    11日に撮影した再建された復州城の南門「迎恩門」に立つ楼閣の屋根。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706520

  • 2019年07月11日
    千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市

    11日、復州城内の「明清一条街」にある古建築で革細工店を営む趙家豊(ちょう・かほう)さん(74歳)。同店は創業百年余りの老舗で、店舗の入る建物は300年以上の歴史を持つ。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706492

  • 2019年07月11日
    千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市

    11日に撮影した復州城内の「明清一条街」に立つ古建築。「明清一条街」には比較的保存状態の良い明・清代の建築36件が残されている。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706510

  • 2019年07月11日
    千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市

    11日に撮影した復州城の東側城壁の遺構。長さは約114メートル。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706524

  • 2019年07月11日
    千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市

    11日撮影した復州城内にある横山書院内の「碑廊」。復州城の各時代の古碑が並ぶ。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706497

  • 2019年07月11日
    千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市

    11日撮影した再建された復州城の南門「迎恩門」と城壁。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706443

  • 2019年07月11日
    千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市

    11日に撮影した復州城内の横山書院。清の道光24年(1844年)に建てられ、かつては地域の最高学府として多くの知識人を輩出した。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706476

  • 2019年07月11日
    千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市

    11日撮影した復州城にある再建された永豊寺の鼓楼。同寺は約845年前に建立され、幾度もの破壊と修築を繰り返してきた。1993年には全面的に再建されている。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706478

  • 2019年07月11日
    千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市

    11日に撮影した復州城内の横山書院。清の道光24年(1844年)に建てられ、かつては地域の最高学府として多くの知識人を輩出した。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706441

  • 2019年07月11日
    千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市

    11日撮影した復州城内の横山書院の内部。清の道光24年(1844年)に建てられ、かつては地域の最高学府として多くの知識人を輩出した。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706489

  • 2019年07月27日
    和菓子店の外壁剝がれる

    商品コード: 2019072700503-5

  • 2019年07月27日
    和菓子店の外壁剝がれる

    商品コード: 2019072700503-2

  • 2019年07月27日
    和菓子店の外壁剝がれる

    商品コード: 2019072700503-1

  • 2019年07月27日
    剝がれ落ちた外壁の破片 和菓子店の外壁剝がれる

    剝がれ落ちた和菓子店「永楽堂」の外壁の破片=27日午後0時33分、名古屋市千種区

    商品コード: 2019072700503

  • 2019年07月27日
    和菓子店の外壁剝がれる

    商品コード: 2019072700503-3

  • 2019年07月27日
    和菓子店の外壁剝がれる

    商品コード: 2019072700503-6

  • 2019年07月27日
    和菓子店の外壁剝がれる

    商品コード: 2019072700503-7

  • 2019年07月27日
    和菓子店の外壁剝がれる

    商品コード: 2019072700503-4

  • 2019年07月27日
    剝がれ落ちた破片 和菓子店の外壁剝がれる

    剝がれ落ちた和菓子店「永楽堂」の外壁の破片=27日午後0時36分、名古屋市千種区

    商品コード: 2019072700502

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月25日
    シルクロード「唐蕃古道」の逸品を展示する展覧会開催西安

    25日、「唐蕃古道ー七省区精選文物総合展」に展示されたチベット博物館所蔵の「明朝大明永楽銅鍍金(銅メッキ)聚蓮塔」。中国の陝西省、青海省、甘粛省、寧夏回族自治区、新疆ウイグル自治区、四川省、チベット自治区の7省区の、9館の博物館から貴重な文化財を集めた「唐蕃古道(とうばんこどう)ー七省区精選文物総合展」が25日、陝西省西安市の陝西歴史博物館で始まった。全長3千キロ余りの唐蕃古道は、唐代(618年~907年)以降、中原(黄河中下流域の平原)の奥地から青海省、チベット自治区、さらにはネパール、インドなどに向かう際、必ず通らなければならない重要な交易路だった。本展は「唐蕃古道の由来」、「唐と蕃(吐蕃、チベット青海高原で7~9世紀に栄えた王国)の政治的関係」、「唐と蕃の経済交流」、「唐と蕃の文化交流」、「唐蕃古道の影響」の5つの内容で構成され、出展文物の総数は175件(組)、2020年2月25日まで開催される。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800893

  • 2019年12月24日
    天津で著名収集家の寄贈文化財の展覧会「永楽大典」も展示

    24日、天津博物館で展示された、唐代の沙州胡薩坊口戸長、胡文達(こ・ぶんたつ)の公文書。中国の実業家で古美術収集家の故・周叔弢(しゅう・しゅくとう)氏から寄贈された文化財の展覧会が現在、天津博物館で開かれ「永楽大典」を含む貴重な古書などが展示されている。今回の展覧会は、周氏から寄贈された文化財を多く所蔵する天津博物館と国家図書館の共催で行われ、1級文物27点(組)を含む保存状態の良い優れた古書や各種文化財約280点(組)が展示されている。会期は来年2月9日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901700

  • 2019年12月24日
    天津で著名収集家の寄贈文化財の展覧会「永楽大典」も展示

    24日、天津博物館で展示された唐代の般若波羅蜜多心経。中国の実業家で古美術収集家の故・周叔弢(しゅう・しゅくとう)氏から寄贈された文化財の展覧会が現在、天津博物館で開かれ「永楽大典」を含む貴重な古書などが展示されている。今回の展覧会は、周氏から寄贈された文化財を多く所蔵する天津博物館と国家図書館の共催で行われ、1級文物27点(組)を含む保存状態の良い優れた古書や各種文化財約280点(組)が展示されている。会期は来年2月9日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901720

  • 2019年12月24日
    天津で著名収集家の寄贈文化財の展覧会「永楽大典」も展示

    24日、展示品を熱心に鑑賞する来場者。中国の実業家で古美術収集家の故・周叔弢(しゅう・しゅくとう)氏から寄贈された文化財の展覧会が現在、天津博物館で開かれ「永楽大典」を含む貴重な古書などが展示されている。今回の展覧会は、周氏から寄贈された文化財を多く所蔵する天津博物館と国家図書館の共催で行われ、1級文物27点(組)を含む保存状態の良い優れた古書や各種文化財約280点(組)が展示されている。会期は来年2月9日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901667

  • 2019年12月24日
    天津で著名収集家の寄贈文化財の展覧会「永楽大典」も展示

    24日、天津博物館で展示された「永楽大典」。中国の実業家で古美術収集家の故・周叔弢(しゅう・しゅくとう)氏から寄贈された文化財の展覧会が現在、天津博物館で開かれ「永楽大典」を含む貴重な古書などが展示されている。今回の展覧会は、周氏から寄贈された文化財を多く所蔵する同博物館と国家図書館の共催で行われ、1級文物27点(組)を含む保存状態の良い優れた古書や各種文化財約280点(組)が展示されている。会期は来年2月9日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901668

  • 2019年12月24日
    天津で著名収集家の寄贈文化財の展覧会「永楽大典」も展示

    24日、天津博物館で展示された元代の梅花字字香2巻。中国の実業家で古美術収集家の故・周叔弢(しゅう・しゅくとう)氏から寄贈された文化財の展覧会が現在、天津博物館で開かれ「永楽大典」を含む貴重な古書などが展示されている。今回の展覧会は、周氏から寄贈された文化財を多く所蔵する天津博物館と国家図書館の共催で行われ、1級文物27点(組)を含む保存状態の良い優れた古書や各種文化財約280点(組)が展示されている。会期は来年2月9日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901689

  • 2020年03月16日
    中原地域に代々続くウイグル族の村河南省三門峡市

    魚池村にある明代永楽年間に劉氏一族から出た官吏の墓碑。(3月16日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の陳村郷魚池村の人口は2413人。うち608人の戸籍の民族欄にはウイグル族と記載されている。戸籍の記載が異なるだけで、彼らの生活は漢族と変わるところがない。同村は澠池県の県政府所在地から北西2キロの場所にあり、新石器時代の仰韶(ぎょうしょう)文化発祥の地として名高い仰韶村とは11キロ離れている。村には中国北部の典型的な農村風景が広がる。591世帯のうち168世帯がウイグル族で、全員が「劉」姓だという。同村のウイグル族は宋末元初の13世紀から現在まで、700~800年にわたり中原地域(黄河の中下流域)で生活してきたため、漢族とも親密に溶け合い、分け隔てのない関係を築いている。(鄭州=新華社記者/李麗静)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003080

  • 00:08.40
    2020年04月14日
    「新華社」杭州市の道路脇で体長2メートルの白蛇発見浙江省

    中国浙江省杭州市にある複合施設、西渓永楽城の西側道路脇の芝生で14日午前、体長約2メートルの白いヘビが見つかった。緑地保全スタッフはヘビが人を傷つけないよう、革袋の中に閉じ込めた。野生動物専門家の鑑定によると、ヘビはボアコンストリクターのアルビノ。現在は杭州野生動物世界で保護されている。(記者/許舜達)<映像内容>道路脇で体長約2メートルの白蛇を発見、撮影日:2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

    商品コード: 2020042803199

  • 2020年06月21日
    カンゼ・チベット族自治州博物館を訪ねて四川省

    21日、博物館に展示されている国家一級文物(文化財)2点。上は明の永楽帝(1402~1424年)、下は宣徳帝(1425~1435年)がチベット仏教カルマ・カギュ派の活仏「カルマパ」に送った詔書。中国四川省西部、青海チベット高原の南東端に位置する甘孜(カンゼ)チベット族自治州は、悠久の歴史と輝かしい文化を持つ、「康巴(カンパ)文化」発祥の地の一つ。カンゼ・チベット族自治州博物館は同自治州康定市にあり、敷地面積は1万8500平方メートルで、建築面積は1万2043平方メートル、宗教などに関する多数の文化財を収蔵している。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508057

  • 2020年06月21日
    カンゼ・チベット族自治州博物館を訪ねて四川省

    21日、博物館に展示されている国家一級文物(文化財)2点。上は明の永楽帝(1402~1424年)、下は宣徳帝(1425~1435年)がチベット仏教カルマ・カギュ派の活仏「カルマパ」に送った詔書。中国四川省西部、青海チベット高原の南東端に位置する甘孜(カンゼ)チベット族自治州は、悠久の歴史と輝かしい文化を持つ、「康巴(カンパ)文化」発祥の地の一つ。カンゼ・チベット族自治州博物館は同自治州康定市にあり、敷地面積は1万8500平方メートルで、建築面積は1万2043平方メートル、宗教などに関する多数の文化財を収蔵している。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508285

  • 2020年07月09日
    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」

    9日、天津市の食品会社、万全堂楊村糕干で伝統菓子「糕干」を製造する従業員。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304065

  • 2020年07月09日
    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」

    9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で伝統菓子「糕干」を製造する従業員。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304100

  • 2020年07月09日
    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」

    9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で伝統菓子「糕干」を製造する従業員。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304153

  • 2020年07月09日
    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」

    9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で、伝統菓子「糕干」を販売する第15代継承者の姜学剛(きょう・がくごう)さん。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304201

  • 2020年07月09日
    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」

    9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で、伝統菓子「糕干」の品質検査を行う第15代継承者の姜学剛(きょう・がくごう)さん。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071303915

  • 2020年07月09日
    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」

    9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で伝統菓子「糕干」を製造する従業員。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304159

  • 2020年07月09日
    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」

    9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で伝統菓子「糕干」を製造する従業員。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071303916

  • 2020年07月09日
    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」

    9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で、石臼でひいた米の粉をチェックする第15代継承者の姜学剛(きょう・がくごう)さん。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304219

  • 2020年07月09日
    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」

    9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で、伝統菓子「糕干」を販売する第15代継承者の姜学剛(きょう・がくごう)さん。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304264

  • 2020年07月09日
    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」

    9日、天津市の食品会社、万全堂楊村糕干で、米の品質を確認する従業員。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304046

  • 1
  • 2
  • 3