KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 住宅
  • 堡塁
  • けん引
  • 保存状態
  • 南西部
  • 年数
  • 強化
  • 構築

「永泰県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
90
( 1 90 件を表示)
  • 1
90
( 1 90 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年11月11日
    福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に

    11日に撮影した愛荊荘の屋根。国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111616229

  • 2018年11月11日
    福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に

    11日、愛荊荘で記念撮影する観光客。国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111615900

  • 2018年11月11日
    福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に

    11日、空から見た愛荊荘。(小型無人機から)国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111616112

  • 2018年11月11日
    福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に

    11日、愛荊荘を見学する観光客。国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111615998

  • 2018年11月11日
    福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に

    11日、空から見た愛荊荘。(小型無人機から)国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111616104

  • 2018年11月11日
    福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に

    11日に撮影した愛荊荘の内部。国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111616110

  • 2018年11月11日
    福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に

    11日に撮影の愛荊荘の外壁。国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111616163

  • 2018年11月11日
    福建省の堡塁型住宅「愛荊荘」、ユネスコ「アジア太平洋文化遺産保全賞」功労賞に

    11日、愛荊荘を見学する観光客。国連教育科学文化機関(ユネスコ)はこのほど、2018年度アジア太平洋文化遺産保全賞を発表し、中国福建省福州市永泰県同安鎮の洋尾村にある古い堡塁型住宅「愛荊荘」(あいけいそう)を功労賞(AwardofMerit)に選出した。清時代の道光年間(1821年~1850年)に建てられた「愛荊荘」は、土や石、木で築かれた四角型の砦で、敷地面積は5200平方メートル余り。内部には361の部屋があり、同省の典型的な堡塁型建築物とされている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111615881

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:58.24
    2019年04月21日
    「新華社」台湾出身デザイナー、農村振興に助力福建省

    農村振興のために泊まり込みで研修する「同心杯」キャンプに参加している両岸(中国の大陸と台湾)の青年30人余りが21日、福建省福州市永泰県の長慶鎮で調査研究を行った。参加者はクリエーティブデザイナー、建築デザイナー、ブランドビルダーなどで、永泰県の農村で実地調査を行い、講座やセミナーを通じて農村振興の道を探る。台湾博森設計工程有限公司(BosonDesign)の李潘竜(り・はんりゅう)責任者らのグループが訪れたのは長慶鎮の中洋村。同地の気候は、落花生の栽培に適しており、村は200ムー(約13・3ヘクタール)以上の土地を投入し、農家78戸を落花生栽培拠点に引き入れた。地元の村民は、台湾のパイナップルケーキなど農産品の経験を参考にして生産高の増加を望んでいる。李さんは、大陸の農村は広々としていて、台湾の青年にとって理想的な実習、就職、起業の空間で、両岸の知恵と力を融合させ、青年同士の交流を確実に深めるのに役立つとの見方を示した。(記者/陳旺)<映像内容>農村振興のための実地調査などの様子、撮影日:2019(平成31)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042400999

  • 02:02.71
    2019年07月13日
    「新華社」両岸の若者が共同で落花生祭りを開催農村振興を促進

    中国福建省福州市永泰県長慶鎮中洋村で13日、両岸(中国の大陸と台湾)の団体が共同で企画した「両岸落花生祭り」が開催された。同祭りは農村振興の新たな形を模索することを目的としており、企画デザイン、運営、文化クリエーティブ産業などの分野で活動する団体や若者らのほか、福州市から訪れた観光客100人以上が参加した。長慶鎮では農家78戸が225ムー(15ヘクタール)の土地で落花生栽培を手掛け、純収入は1ムー当たり5千元(1元=約16円)を超える。今回初めて両岸落花生祭りが行われた同鎮では、台湾の文化クリエーティブ産業やさまざまな加工製品の導入が期待されている。会場の露店には、台湾の雲林県や宜蘭県の特産品「花生氷淇淋巻」(ピーナツとアイスクリームのクレープ)や「花生麦芽酥」(ピーナツと麦芽糖を使った菓子)、基隆廟口の「花生泡泡氷」(ピーナツのシャーベット)など、台湾のグルメが並んでいた。台湾の団体「見学館」が台北市からコールドチェーン(低温輸送網)で輸送してきたものだ。露店では台湾のデザイン会社の責任者8人が「一日店長」を務め、永泰県の若者と共に台湾の冷たいデザートを紹介した。(記者/陳旺)<映像内容>両岸落花生祭りの様子、撮影日:2019(令和元)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706408

  • 02:05.04
    2019年07月17日
    「新華社」山の中にある水の楽園福建省福州市

    1年で最も暑い時期とされる「三伏」(今年は7月12日から)を迎え、中国福建省福州市永泰県にある欧楽堡水上楽園には、多くの福州市民が避暑やレジャーに訪れている。同園は福建省で初めて東南アジア・タイをモチーフにした大型水上娯楽施設で、総投資額は8億元(1元=約16円)、園内は10のテーマ別エリアに分かれている。(記者/林凱)<映像内容>欧楽堡水上楽園の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707084

  • 2020年01月02日
    まるで山々を覆う白い雪青梅の花が満開福州市永泰県

    2日、福建省福州市永泰県葛嶺鎮渓洋村の山の斜面一面に咲き誇る青梅の花。(小型無人機から)中国福建省福州市永泰県ではこのほど、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたって植えられた青梅の花が咲き、山が白い雪で覆われたような美しい光景が広がっている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602305

  • 2020年01月02日
    まるで山々を覆う白い雪青梅の花が満開福州市永泰県

    2日、福建省福州市永泰県城峰鎮洋門村の山の斜面一面に咲き誇る青梅の花。(小型無人機から)中国福建省福州市永泰県ではこのほど、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたって植えられた青梅の花が咲き、山が白い雪で覆われたような美しい光景が広がっている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602582

  • 2020年01月02日
    まるで山々を覆う白い雪青梅の花が満開福州市永泰県

    2日、福建省福州市永泰県葛嶺鎮渓洋村の山の斜面一面に咲き誇る青梅の花。(小型無人機から)中国福建省福州市永泰県ではこのほど、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたって植えられた青梅の花が咲き、山が白い雪で覆われたような美しい光景が広がっている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602578

  • 2020年01月02日
    まるで山々を覆う白い雪青梅の花が満開福州市永泰県

    2日、福建省福州市永泰県葛嶺鎮渓洋村の山の斜面一面に咲き誇る青梅の花。(小型無人機から)中国福建省福州市永泰県ではこのほど、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたって植えられた青梅の花が咲き、山が白い雪で覆われたような美しい光景が広がっている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602553

  • 2020年01月02日
    まるで山々を覆う白い雪青梅の花が満開福州市永泰県

    2日、福建省福州市永泰県葛嶺鎮渓洋村の山の斜面一面に咲き誇る青梅の花。(小型無人機から)中国福建省福州市永泰県ではこのほど、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたって植えられた青梅の花が咲き、山が白い雪で覆われたような美しい光景が広がっている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602605

  • 2020年01月02日
    まるで山々を覆う白い雪青梅の花が満開福州市永泰県

    2日、福建省福州市永泰県葛嶺鎮渓洋村で、青梅の花の写真を撮る男性。中国福建省福州市永泰県ではこのほど、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたって植えられた青梅の花が咲き、山が白い雪で覆われたような美しい光景が広がっている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901833

  • 2020年03月11日
    野生動物取引をくまなく調査、禁止徹底福建省

    11日、福州市の永泰県樟隆生態農業専業合作社(協同組合)で飼育されている梅花鹿(ハナジカ)。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国福建省の各レベルの関連部門は省内各市・県で野生動物防疫特別法執行を展開し、法に基づき「農家楽」(アグリツーリズム)施設や飼育場、自由市場、レストランなど野生動物およびその製品の販売・加工の重要な拠点を検査し、野生動物の外部への拡散を厳しく禁じ、転売を禁止した。また、林業関連部門は社会全体に対し、生態保護や公衆衛生に関する安全意識の積極的な向上を促した。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702549

  • 2020年03月11日
    野生動物取引をくまなく調査、禁止徹底福建省

    11日、福州市の永泰県樟隆生態農業専業合作社(協同組合)の責任者(左端)に野生動物保護啓発パンフレットを手渡す同県林業局野生動物防疫特別チームの職員。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国福建省の各レベルの関連部門は省内各市・県で野生動物防疫特別法執行を展開し、法に基づき「農家楽」(アグリツーリズム)施設や飼育場、自由市場、レストランなど野生動物およびその製品の販売・加工の重要な拠点を検査し、野生動物の外部への拡散を厳しく禁じ、転売を禁止した。また、林業関連部門は社会全体に対し、生態保護や公衆衛生に関する安全意識の積極的な向上を促した。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702586

  • 2020年03月11日
    野生動物取引をくまなく調査、禁止徹底福建省

    11日、永泰県樟隆生態農業専業合作社(協同組合)の梅花鹿(ハナジカ)飼育場で、野生動物飼育記録を毎日実施している同県林業局野生動物防疫特別チーム。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国福建省の各レベルの関連部門は省内各市・県で野生動物防疫特別法執行を展開し、法に基づき「農家楽」(アグリツーリズム)施設や飼育場、自由市場、レストランなど野生動物およびその製品の販売・加工の重要な拠点を検査し、野生動物の外部への拡散を厳しく禁じ、転売を禁止した。また、林業関連部門は社会全体に対し、生態保護や公衆衛生に関する安全意識の積極的な向上を促した。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702540

  • 2020年03月11日
    野生動物取引をくまなく調査、禁止徹底福建省

    11日、福州市の永泰県樟隆生態農業専業合作社(協同組合)を訪れ、野生動物防疫特別法を執行する同県林業局野生動物防疫特別チームの職員ら。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国福建省の各レベルの関連部門は省内各市・県で野生動物防疫特別法執行を展開し、法に基づき「農家楽」(アグリツーリズム)施設や飼育場、自由市場、レストランなど野生動物およびその製品の販売・加工の重要な拠点を検査し、野生動物の外部への拡散を厳しく禁じ、転売を禁止した。また、林業関連部門は社会全体に対し、生態保護や公衆衛生に関する安全意識の積極的な向上を促した。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702575

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、寧遠荘を見学する観光客。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703333

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県嵩口鎮月洲村にある省級文物保護単位(省重要文化財)の寧遠荘。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703492

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県同安鎮の愛荊荘を見学する観光客。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703316

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県同安鎮の愛荊荘を見学する観光客。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703424

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県同安鎮の愛荊荘の全景。(小型無人機から)中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703428

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県同安鎮にある愛荊荘の門。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703445

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県嵩口鎮月洲村にある省級文物保護単位(省重要文化財)の寧遠荘。幾度もの修繕と改造を経て、現在は古兵器の博物館となっている。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703342

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県同安鎮の愛荊荘で荘寨民俗専門家の鮑道文(ほう・どうぶん)さん(中央)の解説を聞く観光客。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703367

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県同安鎮にある愛荊荘の一角。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703444

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県同安鎮にある愛荊荘の一角。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703479

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県同安鎮の愛荊荘を観光する観光客。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703481

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県嵩口鎮月洲村の寧遠荘。省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されており、現在は古兵器の博物館になっている。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703329

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県嵩口鎮月洲村の寧遠荘。省級文物保護単位(省重要文化財)に指定されており、現在は古兵器の博物館になっている。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703448

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県同安鎮にある愛荊荘の木彫りの窓枠。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703485

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県嵩口鎮月洲村の寧遠荘を見学する観光客。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703324

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県嵩口鎮月洲村にある省級文物保護単位(省重要文化財)の寧遠荘。幾度もの修繕と改造を経て、現在は古兵器の博物館となっている。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703406

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県同安鎮にある愛荊荘の一角。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703286

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県嵩口鎮月洲村にあるの寧遠荘の遠見窓。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703317

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県嵩口鎮月洲村にある寧遠荘を見学する観光客。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703290

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県嵩口鎮月洲村にある省級文物保護単位(省重要文化財)の寧遠荘に立つ隅櫓(すみやぐら)。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703314

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県同安鎮の愛荊荘を見学する観光客。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703466

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県同安鎮にある愛荊荘の一角。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703463

  • 2020年07月19日
    堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    19日、永泰県同安鎮の愛荊荘を見学する観光客。中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703489

  • 01:19.72
    2020年07月23日
    「新華社」堡塁型住宅「荘寨」の保護と活用を推進福建省永泰県

    中国福建省福州市永泰県はここ数年、荘寨と呼ばれる堡塁型住宅の保護と活用に力を入れている。修繕や保護の取り組みを強化し、産業業態の絶え間ない革新を進めるとともに、荘寨と観光、研修旅行などを組み合わせた産業発展モデルを構築することで、農村振興をけん引している。永泰県は福州市の南西部にあり、県内には保存状態の良い荘寨152軒が残る。うち、面積が1千平方メートル以上で、築年数が100年を超すものは98軒ある。(記者/魏培全)<映像内容>堡塁型住宅「荘寨」の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072905515

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、2年生の劉芷鑫(りゅう・しきん)さんに国語の授業をする劉錫生(りゅう・せきせい)先生(58)。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801758

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の盤谷郷栄新小学校で、クラスメートとおしゃべりする3年生の劉若新(りゅう・じゃくしん)さん。劉さんは両親が出稼ぎ労働者で、幼い頃から祖父母と一緒に暮らしている。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801783

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、3人の児童を連れて、永泰県の紅星郷淡洋小学校の校門を出る劉錫生(りゅう・せきせい)先生(左端)と呉孟津(ご・もうしん)先生(右端)。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801799

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、下校する2年生の劉芷鑫(りゅう・しきん)さん。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801802

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、休み時間に一緒に遊ぶ2年生の劉芷鑫(りゅう・しきん)さん(右)と1年生の劉宏洪(りゅう・こうこう)さん姉弟。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801803

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、1年生の劉迎喜(りゅう・げいき)さんに字の書き方を教える呉孟津(ご・もうしん)先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801769

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷礼柄小学校で、同校唯一の児童、徐佳怡(じょ・かい)さんに国語の授業をする黄麗珠先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801782

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷礼柄小学校で、黄麗珠先生から字の書き方を教わる同校唯一の児童、徐佳怡(じょ・かい)さん。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801793

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、並んで下校する永泰県の盤谷郷栄新小学校の児童。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801795

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の盤谷郷栄新小学校で、一列に並んで下校する10人の小学生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801798

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、下校する2年生の劉芷鑫(りゅう・しきん)さん(中)と1年生の劉宏洪(りゅう・こうこう)さん(右)、劉迎喜(りゅう・げいき)さん。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801685

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷礼柄小学校で、同校唯一の児童、徐佳怡(じょ・かい)さんと撮影に応じる黄麗珠先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801787

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、全校児童3人に体育の授業をする劉錫生(りゅう・せきせい)先生(58)。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801800

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、下校する児童を送る永泰県の盤谷郷栄新小学校の先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801817

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、全校児童3人に体育の授業をする劉錫生(りゅう・せきせい)先生(58)。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801819

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、1年生の劉迎喜(りゅう・げいき)さんを迎えに来た保護者(奥)。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801691

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷礼柄小学校で、同校唯一の児童、徐佳怡(じょ・かい)さんに字の書き方を教えるの黄麗珠先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801763

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、授業中に朗読する1年生の劉宏洪(りゅう・こうこう)さん(左)と劉迎喜(りゅう・げいき)さん。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801776

  • 01:11.24
    2020年10月13日
    「新華社」職人が作る、本当に使える竹編み2次元バーコード福建省福州市

    中国福建省福州市永泰県の謝世仰(しゃ・せいぎょう)さん(65)は、同県にある竹細工会社で働く竹細工職人。謝さんは2018年から竹編み2次元バーコードの制作を開始。何度も試作、調整を重ね、1カ月かけて制作に成功し、多くの企業や団体からの注文を受けるようになった。2次元バーコードの模様は複雑で、竹の太さや厚さの調整も非常に難しい。13歳で竹編みを始めた謝さんは現在、この2次元バーコードを1時間で完成させることができる。永泰県の竹、トウ製品はここ数年、フランス、日本、イタリアなど海外で販売され、高級品を好む消費者の人気を集めている。(記者/林凱)<映像内容>竹細工で2次元バーコード制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408356

  • 2021年01月17日
    福建省永泰県で梅の花が見頃

    17日、永泰県で見頃を迎えた梅の花。中国福建省福州市永泰県ではこのところ、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたって植えられた梅が続々と開花している。「スモモと青梅の里」と称えられる同県は、梅の木の栽培で100年の歴史があるという。(福州=新華社記者/魏培全)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012102277

  • 2021年01月20日
    (5)福建省永泰県で梅の花が見頃

    17日、永泰県で見頃を迎えた梅の花。中国福建省福州市永泰県ではこのところ、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたって植えられた梅が続々と開花している。「スモモと青梅の里」と称えられる同県は、梅の木の栽培で100年の歴史があるという。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012007972

  • 2021年01月20日
    (8)福建省永泰県で梅の花が見頃

    17日、永泰県で見頃を迎えた梅の花を観賞する観光客。中国福建省福州市永泰県ではこのところ、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたって植えられた梅が続々と開花している。「スモモと青梅の里」と称えられる同県は、梅の木の栽培で100年の歴史があるという。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012007975

  • 2021年01月20日
    (7)福建省永泰県で梅の花が見頃

    17日、永泰県で見頃を迎えた梅の花。中国福建省福州市永泰県ではこのところ、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたって植えられた梅が続々と開花している。「スモモと青梅の里」と称えられる同県は、梅の木の栽培で100年の歴史があるという。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012007976

  • 2021年01月20日
    (1)福建省永泰県で梅の花が見頃

    17日、梅の木の枝に止まったコウラウン。中国福建省福州市永泰県ではこのところ、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたって植えられた梅が続々と開花している。「スモモと青梅の里」と称えられる同県は、梅の木の栽培で100年の歴史があるという。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012007965

  • 2021年01月20日
    (4)福建省永泰県で梅の花が見頃

    17日、永泰県で見頃を迎えた梅の花。中国福建省福州市永泰県ではこのところ、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたって植えられた梅が続々と開花している。「スモモと青梅の里」と称えられる同県は、梅の木の栽培で100年の歴史があるという。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012007970

  • 2021年01月20日
    (6)福建省永泰県で梅の花が見頃

    17日、永泰県で見頃を迎えた梅の花。中国福建省福州市永泰県ではこのところ、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたって植えられた梅が続々と開花している。「スモモと青梅の里」と称えられる同県は、梅の木の栽培で100年の歴史があるという。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012007973

  • 2021年01月20日
    (3)福建省永泰県で梅の花が見頃

    17日、梅の花を観賞する観光客。中国福建省福州市永泰県ではこのところ、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたって植えられた梅が続々と開花している。「スモモと青梅の里」と称えられる同県は、梅の木の栽培で100年の歴史があるという。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012007971

  • 2021年02月20日
    (6)早春の息吹伝える畑の花々福建省福州市

    19日、福州市永泰県長慶鎮の上際村にあるスモモの木の下で、除草剤をまく農家の人。中国福建省福州市の周辺地域にある畑ではこのところ、菜の花やスモモの花が続々と咲き出し、早春の息吹に満ちあふれている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200233

  • 2021年02月20日
    (7)早春の息吹伝える畑の花々福建省福州市

    19日、福州市永泰県長慶鎮の上際村で、一面に咲き誇るスモモの花。(小型無人機から)中国福建省福州市の周辺地域にある畑ではこのところ、菜の花やスモモの花が続々と咲き出し、早春の息吹に満ちあふれている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200255

  • 2022年03月22日
    (4)コウライアイサ、北帰行前のひととき福建省永泰県

    19日、福建省福州市の大樟渓で羽ばたくコウライアイサ。中国福建省福州市永泰県を流れる閩江(びんこう)の支流、大樟渓では春の陽気の中、北方への旅を控えたコウライアイサ約20羽が戯れ合ったり、餌をついばんだりしている。コウライアイサは国家1級保護動物に指定された希少種で「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2022(令和4)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032203131

  • 2022年03月22日
    (1)コウライアイサ、北帰行前のひととき福建省永泰県

    19日、福建省福州市で大樟渓の水面を飛ぶコウライアイサ。中国福建省福州市永泰県を流れる閩江(びんこう)の支流、大樟渓では春の陽気の中、北方への旅を控えたコウライアイサ約20羽が戯れ合ったり、餌をついばんだりしている。コウライアイサは国家1級保護動物に指定された希少種で「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2022(令和4)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032203127

  • 2022年03月22日
    (2)コウライアイサ、北帰行前のひととき福建省永泰県

    19日、福建省福州市で大樟渓の水面を飛ぶコウライアイサ。中国福建省福州市永泰県を流れる閩江(びんこう)の支流、大樟渓では春の陽気の中、北方への旅を控えたコウライアイサ約20羽が戯れ合ったり、餌をついばんだりしている。コウライアイサは国家1級保護動物に指定された希少種で「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2022(令和4)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032203146

  • 00:22.45
    2022年03月22日
    「新華社」コウライアイサ、北帰行前のひととき福建省永泰県

    中国福建省福州市永泰県を流れる閩江(びんこう)の支流、大樟渓では春の陽気の中、北方への旅を控えたコウライアイサ約20羽が戯れ合ったり、餌をついばんだりしている。コウライアイサは国家1級保護動物に指定された希少種で「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(記者/梅永存、彭張青、郭圻) =配信日: 2022(令和4)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032203130

  • 2022年03月22日
    (3)コウライアイサ、北帰行前のひととき福建省永泰県

    19日、福建省福州市の大樟渓でドジョウを奪い合うコウライアイサ。中国福建省福州市永泰県を流れる閩江(びんこう)の支流、大樟渓では春の陽気の中、北方への旅を控えたコウライアイサ約20羽が戯れ合ったり、餌をついばんだりしている。コウライアイサは国家1級保護動物に指定された希少種で「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2022(令和4)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032203126

  • 2022年05月19日
    CHINA-FUJIAN-TAIWANESE ARCHITECT (CN)

    (220519) -- FUZHOU, May 19, 2022 (Xinhua) -- Chan Chun-Chieh introduces the factory he designed in Changqing Town of Yongtai County, southeast China‘s Fujian Province, May 16, 2022. Chan Chun-Chien, a Taiwanese architect born in the 1990s, became attached to the countryside in Fujian in 2019. Inspired by China‘s rural revitalization efforts, he came to Changqing town and converted a local agricultural technology station into a comprehensive platform featuring agricultural products display and e-commerce training. Taking advantage of the platform, Chan took a step forward and established the “Changqing Select“ brand to promote the development of local characteristic industries related to peanuts, plums, honey, and bamboo. After the completion of the factory Chan designed, it will become a comprehensive platform for production, display, tourism and leisure of local plum industry...= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051912653

  • 2022年05月19日
    CHINA-FUJIAN-TAIWANESE ARCHITECT (CN)

    (220519) -- FUZHOU, May 19, 2022 (Xinhua) -- Aerial photo shows Chan Chun-Chieh (2nd L) learning the growing situation of peanuts in Changqing Town of Yongtai County, southeast China‘s Fujian Province, May 16, 2022. Chan Chun-Chien, a Taiwanese architect born in the 1990s, became attached to the countryside in Fujian in 2019. Inspired by China‘s rural revitalization efforts, he came to Changqing town and converted a local agricultural technology station into a comprehensive platform featuring agricultural products display and e-commerce training. Taking advantage of the platform, Chan took a step forward and established the “Changqing Select“ brand to promote the development of local characteristic industries related to peanuts, plums, honey, and bamboo...= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051912664

  • 2022年05月19日
    CHINA-FUJIAN-TAIWANESE ARCHITECT (CN)

    (220519) -- FUZHOU, May 19, 2022 (Xinhua) -- Chan Chun-Chieh (R) checks the construction progress of the factory he designed in Changqing Town of Yongtai County, southeast China‘s Fujian Province, May 16, 2022. Chan Chun-Chien, a Taiwanese architect born in the 1990s, became attached to the countryside in Fujian in 2019. Inspired by China‘s rural revitalization efforts, he came to Changqing town and converted a local agricultural technology station into a comprehensive platform featuring agricultural products display and e-commerce training. Taking advantage of the platform, Chan took a step forward and established the “Changqing Select“ brand to promote the development of local characteristic industries related to peanuts, plums, honey, and bamboo...= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051912675

  • 2022年05月19日
    CHINA-FUJIAN-TAIWANESE ARCHITECT (CN)

    (220519) -- FUZHOU, May 19, 2022 (Xinhua) -- Chan Chun-Chieh (L) learns the growing situation of peanuts in Changqing Town of Yongtai County, southeast China‘s Fujian Province, May 16, 2022. Chan Chun-Chien, a Taiwanese architect born in the 1990s, became attached to the countryside in Fujian in 2019. Inspired by China‘s rural revitalization efforts, he came to Changqing town and converted a local agricultural technology station into a comprehensive platform featuring agricultural products display and e-commerce training. Taking advantage of the platform, Chan took a step forward and established the “Changqing Select“ brand to promote the development of local characteristic industries related to peanuts, plums, honey, and bamboo...= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051912683

  • 2022年05月19日
    CHINA-FUJIAN-TAIWANESE ARCHITECT (CN)

    (220519) -- FUZHOU, May 19, 2022 (Xinhua) -- Chan Chun-Chieh checks the construction progress of the factory he designed in Changqing Town of Yongtai County, southeast China‘s Fujian Province, May 16, 2022. Chan Chun-Chien, a Taiwanese architect born in the 1990s, became attached to the countryside in Fujian in 2019. Inspired by China‘s rural revitalization efforts, he came to Changqing town and converted a local agricultural technology station into a comprehensive platform featuring agricultural products display and e-commerce training. Taking advantage of the platform, Chan took a step forward and established the “Changqing Select“ brand to promote the development of local characteristic industries related to peanuts, plums, honey, and bamboo...= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051912693

  • 2022年05月19日
    CHINA-FUJIAN-TAIWANESE ARCHITECT (CN)

    (220519) -- FUZHOU, May 19, 2022 (Xinhua) -- Chan Chun-Chieh (L) makes food in Changqing Town of Yongtai County, southeast China‘s Fujian Province, May 16, 2022. Chan Chun-Chien, a Taiwanese architect born in the 1990s, became attached to the countryside in Fujian in 2019. Inspired by China‘s rural revitalization efforts, he came to Changqing town and converted a local agricultural technology station into a comprehensive platform featuring agricultural products display and e-commerce training. Taking advantage of the platform, Chan took a step forward and established the “Changqing Select“ brand to promote the development of local characteristic industries related to peanuts, plums, honey, and bamboo. After the completion of the factory Chan designed, it will become a comprehensive platform for production, display, tourism and leisure of local plum industry...= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051912670

  • 2022年05月19日
    CHINA-FUJIAN-TAIWANESE ARCHITECT (CN)

    (220519) -- FUZHOU, May 19, 2022 (Xinhua) -- Aerial photo shows Chan Chun-Chieh (2nd R) learning the growing situation of peanuts in Changqing Town of Yongtai County, southeast China‘s Fujian Province, May 16, 2022. Chan Chun-Chien, a Taiwanese architect born in the 1990s, became attached to the countryside in Fujian in 2019. Inspired by China‘s rural revitalization efforts, he came to Changqing town and converted a local agricultural technology station into a comprehensive platform featuring agricultural products display and e-commerce training. Taking advantage of the platform, Chan took a step forward and established the “Changqing Select“ brand to promote the development of local characteristic industries related to peanuts, plums, honey, and bamboo...= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051912655

  • 2022年05月19日
    CHINA-FUJIAN-TAIWANESE ARCHITECT (CN)

    (220519) -- FUZHOU, May 19, 2022 (Xinhua) -- Chan Chun-Chieh (R) learns the growing situation of plums in Changqing Town of Yongtai County, southeast China‘s Fujian Province, May 16, 2022. Chan Chun-Chien, a Taiwanese architect born in the 1990s, became attached to the countryside in Fujian in 2019. Inspired by China‘s rural revitalization efforts, he came to Changqing town and converted a local agricultural technology station into a comprehensive platform featuring agricultural products display and e-commerce training. Taking advantage of the platform, Chan took a step forward and established the “Changqing Select“ brand to promote the development of local characteristic industries related to peanuts, plums, honey, and bamboo...= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051912697

  • 2022年05月19日
    CHINA-FUJIAN-TAIWANESE ARCHITECT (CN)

    (220519) -- FUZHOU, May 19, 2022 (Xinhua) -- Chan Chun-Chieh (2nd L) demonstrates how to sell products via livestreaming in Changqing Town of Yongtai County, southeast China‘s Fujian Province, May 16, 2022. Chan Chun-Chien, a Taiwanese architect born in the 1990s, became attached to the countryside in Fujian in 2019. Inspired by China‘s rural revitalization efforts, he came to Changqing town and converted a local agricultural technology station into a comprehensive platform featuring agricultural products display and e-commerce training. Taking advantage of the platform, Chan took a step forward and established the “Changqing Select“ brand to promote the development of local characteristic industries related to peanuts, plums, honey, and bamboo...= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051912690

  • 2022年05月19日
    CHINA-FUJIAN-TAIWANESE ARCHITECT (CN)

    (220519) -- FUZHOU, May 19, 2022 (Xinhua) -- Chan Chun-Chieh (L) demonstrates how to sell products via livestreaming in Changqing Town of Yongtai County, southeast China‘s Fujian Province, May 16, 2022. Chan Chun-Chien, a Taiwanese architect born in the 1990s, became attached to the countryside in Fujian in 2019. Inspired by China‘s rural revitalization efforts, he came to Changqing town and converted a local agricultural technology station into a comprehensive platform featuring agricultural products display and e-commerce training. Taking advantage of the platform, Chan took a step forward and established the “Changqing Select“ brand to promote the development of local characteristic industries related to peanuts, plums, honey, and bamboo...= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051912694

  • 2022年05月19日
    CHINA-FUJIAN-TAIWANESE ARCHITECT (CN)

    (220519) -- FUZHOU, May 19, 2022 (Xinhua) -- Aerial photo shows the Changqing Town of Yongtai County, southeast China‘s Fujian Province, May 16, 2022. Chan Chun-Chien, a Taiwanese architect born in the 1990s, became attached to the countryside in Fujian in 2019. Inspired by China‘s rural revitalization efforts, he came to Changqing town and converted a local agricultural technology station into a comprehensive platform featuring agricultural products display and e-commerce training. Taking advantage of the platform, Chan took a step forward and established the “Changqing Select“ brand to promote the development of local characteristic industries related to peanuts, plums, honey, and bamboo. After the completion of the factory Chan designed, it will become a comprehensive platform for production, display, tourism and leisure of local plum industry...= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051912677

  • 1