KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 建設
  • 太原
  • 建築
  • ソビエト
  • 博物館
  • 役割
  • 鉄道の歴史
  • 駅舎

「永済」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
26
( 1 26 件を表示)
  • 1
26
( 1 26 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年07月08日
    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県

    8日、永済橋の下で見つかった「鎮水石獣」。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706975

  • 2019年07月08日
    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県

    8日、永済橋の下で見つかった「鎮水石獣」。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706963

  • 2019年07月08日
    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県

    8日、「鎮水石獣」が見つかった永済橋。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707020

  • 2019年07月08日
    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県

    8日、永済橋の下で見つかった「鎮水石獣」。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706971

  • 2019年07月08日
    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県

    8日、「鎮水石獣」が見つかった永済橋。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706983

  • 2020年12月13日
    (29)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    山西省永済市蒲州古城にある普救寺の西側に立つ鶯鶯(おうおう)塔。現在の塔は明代の1563年に再建された。元代の戯曲「西廂記(せいそうき)」の張生(ちょう・せい、張?)と崔鶯鶯(さい・おうおう)の恋物語の舞台として名高い。北京市天壇公園の回音壁、四川潼南(どうなん)県大仏寺の石琴、河南省三門峡市の蛤蟆(がま)塔と並び、中国の四大回音建築(反響効果を持つ建築)として知られる。(2014年12月15日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506620

  • 2021年01月20日
    蒲州古城、西門甕城の修復進む山西省

    20日、蒲州古城西門甕城の古城壁と城壁に設けられた排水系統。中国山西省の文化財部門は昨年4月より、国の財政支援を受け、同省永済市にある蒲州(ほしゅう)古城の明代西門甕城(おうじょう、城郭の防御施設)の保護修復工事を実施している。11月の完成を見込む。(太原=新華社記者/王学濤)=配信日:2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012703770

  • 2021年01月20日
    蒲州古城、西門甕城の修復進む山西省

    20日、風化しまだら状になった蒲州古城の明代城壁。中国山西省の文化財部門は昨年4月より、国の財政支援を受け、同省永済市にある蒲州(ほしゅう)古城の明代西門甕城(おうじょう、城郭の防御施設)の保護修復工事を実施している。11月の完成を見込む。(太原=新華社記者/王学濤)=配信日:2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012703768

  • 2021年01月25日
    (3)蒲州古城、西門甕城の修復進む山西省

    20日、修復作業中の蒲州古城の西門甕城。中国山西省の文化財部門は昨年4月より、国の財政支援を受け、同省永済市にある蒲州(ほしゅう)古城の明代西門甕城(おうじょう、城郭の防御施設)の保護修復工事を実施している。11月の完成を見込む。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902884

  • 2021年01月25日
    (4)蒲州古城、西門甕城の修復進む山西省

    20日、蒲州古城西門甕城の門洞。中国山西省の文化財部門は昨年4月より、国の財政支援を受け、同省永済市にある蒲州(ほしゅう)古城の明代西門甕城(おうじょう、城郭の防御施設)の保護修復工事を実施している。11月の完成を見込む。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902891

  • 2021年05月29日
    (2)「土布」で紡ぎ出す美しい暮らし山西省永済市

    24日、恵暢棉花専業合作社の作業場で、伝統的な糸車で糸を紡ぐ女性。中国山西省永済市開張鎮東開張村はここ数年、綿花栽培の優位性と同省西南部に伝わる「土布」(地元産綿布)の生産技術を生かして、300人余りの農村女性からなる恵暢棉花専業合作社(協同組合)を設立し、土布ブランドの開発に取り組んでいる。「恵暢土布」の製作技法は2020年12月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(永済=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908720

  • 2021年05月29日
    (5)「土布」で紡ぎ出す美しい暮らし山西省永済市

    24日、恵暢棉花専業合作社の作業場で、伝統的な織機で布を織る女性。中国山西省永済市開張鎮東開張村はここ数年、綿花栽培の優位性と同省西南部に伝わる「土布」(地元産綿布)の生産技術を生かして、300人余りの農村女性からなる恵暢棉花専業合作社(協同組合)を設立し、土布ブランドの開発に取り組んでいる。「恵暢土布」の製作技法は2020年12月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(永済=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908721

  • 2021年05月29日
    (1)「土布」で紡ぎ出す美しい暮らし山西省永済市

    24日、恵暢棉花専業合作社の作業場で、伝統的な織機で布を織る女性。中国山西省永済市開張鎮東開張村はここ数年、綿花栽培の優位性と同省西南部に伝わる「土布」(地元産綿布)の生産技術を生かして、300人余りの農村女性からなる恵暢棉花専業合作社(協同組合)を設立し、土布ブランドの開発に取り組んでいる。「恵暢土布」の製作技法は2020年12月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(永済=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908719

  • 2021年05月29日
    (3)「土布」で紡ぎ出す美しい暮らし山西省永済市

    24日、恵暢棉花専業合作社の作業場で働く女性たち。中国山西省永済市開張鎮東開張村はここ数年、綿花栽培の優位性と同省西南部に伝わる「土布」(地元産綿布)の生産技術を生かして、300人余りの農村女性からなる恵暢棉花専業合作社(協同組合)を設立し、土布ブランドの開発に取り組んでいる。「恵暢土布」の製作技法は2020年12月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(永済=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908722

  • 2021年05月29日
    (4)「土布」で紡ぎ出す美しい暮らし山西省永済市

    24日、恵暢棉花専業合作社の作業場で、伝統的な織機で布を織る女性たち。中国山西省永済市開張鎮東開張村はここ数年、綿花栽培の優位性と同省西南部に伝わる「土布」(地元産綿布)の生産技術を生かして、300人余りの農村女性からなる恵暢棉花専業合作社(協同組合)を設立し、土布ブランドの開発に取り組んでいる。「恵暢土布」の製作技法は2020年12月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(永済=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908723

  • 2021年07月16日
    (1)鉄道文化遺産の蒲州駅、70年代の姿に復元山西省永済市

    蒲州駅に展示されている、歴史を感じさせる鉄道関連品。(6月9日撮影)中国山西省永済市蒲州(ほしゅう)鎮にある蒲州駅には、1950年に建設されたソビエト式建築の駅舎が現存する。同駅は文化遺産としての役割のほか、鉄道の歴史と文化を伝える博物館としての役割も担っている。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705530

  • 2021年07月16日
    (6)鉄道文化遺産の蒲州駅、70年代の姿に復元山西省永済市

    蒲州駅に展示されている、レトロな鉄道バッジなどの品々。(6月9日撮影)中国山西省永済市蒲州(ほしゅう)鎮にある蒲州駅には、1950年に建設されたソビエト式建築の駅舎が現存する。同駅は文化遺産としての役割のほか、鉄道の歴史と文化を伝える博物館としての役割も担っている。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705497

  • 2021年07月16日
    (2)鉄道文化遺産の蒲州駅、70年代の姿に復元山西省永済市

    昔の面影を残す蒲州駅の駅舎の外観。(6月9日撮影)中国山西省永済市蒲州(ほしゅう)鎮にある蒲州駅には、1950年に建設されたソビエト式建築の駅舎が現存する。同駅は文化遺産としての役割のほか、鉄道の歴史と文化を伝える博物館としての役割も担っている。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705485

  • 2021年07月16日
    (4)鉄道文化遺産の蒲州駅、70年代の姿に復元山西省永済市

    蒲州駅で再現された鉄道荷物の運搬作業の様子。(6月9日撮影)中国山西省永済市蒲州(ほしゅう)鎮にある蒲州駅には、1950年に建設されたソビエト式建築の駅舎が現存する。同駅は文化遺産としての役割のほか、鉄道の歴史と文化を伝える博物館としての役割も担っている。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705539

  • 2021年07月16日
    (5)鉄道文化遺産の蒲州駅、70年代の姿に復元山西省永済市

    蒲州鉄道文化教育基地が復元した1970年代の駅の待合室。(6月9日撮影)中国山西省永済市蒲州(ほしゅう)鎮にある蒲州駅には、1950年に建設されたソビエト式建築の駅舎が現存する。同駅は文化遺産としての役割のほか、鉄道の歴史と文化を伝える博物館としての役割も担っている。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705552

  • 2021年07月16日
    (3)鉄道文化遺産の蒲州駅、70年代の姿に復元山西省永済市

    蒲州駅の当直室。(6月9日撮影)中国山西省永済市蒲州(ほしゅう)鎮にある蒲州駅には、1950年に建設されたソビエト式建築の駅舎が現存する。同駅は文化遺産としての役割のほか、鉄道の歴史と文化を伝える博物館としての役割も担っている。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705489

  • 2022年02月19日
    (3)水墨画のような五老峰山西省

    16日、山西省永済市の五老峰風景区。(小型無人機から)中国山西省永済市の五老峰風景区はこのところ、寒気の影響で雲と霧が立ち込めており、まるで水墨画のように美しい景色が広がっている。(永済=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021908611

  • 2022年02月19日
    (2)水墨画のような五老峰山西省

    16日、山西省永済市の五老峰風景区。(小型無人機から)中国山西省永済市の五老峰風景区はこのところ、寒気の影響で雲と霧が立ち込めており、まるで水墨画のように美しい景色が広がっている。(永済=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021908605

  • 2022年02月19日
    (4)水墨画のような五老峰山西省

    16日、山西省永済市の五老峰風景区。(小型無人機から)中国山西省永済市の五老峰風景区はこのところ、寒気の影響で雲と霧が立ち込めており、まるで水墨画のように美しい景色が広がっている。(永済=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021908612

  • 2022年02月19日
    (5)水墨画のような五老峰山西省

    16日、山西省永済市の五老峰風景区。(小型無人機から)中国山西省永済市の五老峰風景区はこのところ、寒気の影響で雲と霧が立ち込めており、まるで水墨画のように美しい景色が広がっている。(永済=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021908606

  • 2022年02月19日
    (1)水墨画のような五老峰山西省

    16日、山西省永済市の五老峰風景区。(小型無人機から)中国山西省永済市の五老峰風景区はこのところ、寒気の影響で雲と霧が立ち込めており、まるで水墨画のように美しい景色が広がっている。(永済=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021908607

  • 1