KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 可能性
  • 委託
  • 情報
  • 画像
  • 研究
  • 記載
  • 説明文
  • 藩主
  • 平成
  • 確認

「江戸初期」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
27
( 1 27 件を表示)
  • 1
27
( 1 27 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    彦根玄宮園

    玄宮園(げんきゅうえん)は、彦根城の北三の丸にある井伊家旧下屋敷の庭園。四代藩主・井伊直興(いいなおおき)が、延宝7年(1679)に完成させた、中国の瀟湘八景(しょうしょうはっけい)・近江八景を取れ入れた池泉回遊式庭園で、江戸初期の作庭を今日に伝えるもの。名前は、中国唐代の玄宗皇帝の離宮から取ったものである。=撮影年月日不明、滋賀、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号81‐26‐0]

    商品コード: 2017081401317

  • -
    日光輪王寺逍遥園

    輪王寺は古くは満願寺と呼ばれていた。現在の日光輪王寺にある逍遥園である。江戸初期に造られた池泉回遊式の庭園で、庭に接して御霊殿、聖蹟の間、紫雲閣などがある。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐59‐0]

    商品コード: 2017080902242

  • -
    鶴岡八幡宮の神輿

    上宮廻廊(かいろう)内側の景。廻廊は文政11年(1828)の再建で、現重要文化財。軒下には優美な文様が描かれるが、この建物は昭和初期に修理されており、江戸期以来の文様を知る上で貴重である。なお、神輿(みこし)は桃山期か江戸初期の作といい、県指定有形民俗文化財として7基が現存する。=撮影年月日不明、鎌倉、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号93‐41‐0]

    商品コード: 2017081401075

  • -
    日光輪王寺逍遥園

    日光輪王寺にある逍遥園である。 江戸初期に造られた池泉回遊式の庭園で、 庭に接して御霊殿、 聖蹟の間、 紫雲閣などがある。 遠景に日光連山の主峰男体山が見える。(右側木々の間)=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号7‐6‐0]

    商品コード: 2017080200953

  • -
    湯本温泉福住旅館

    江戸初期からの湯本の老舗福住旅館の全景。庭に電灯が見え、湯本に全国2番目の水力発電所の出来た明治25年以降と分かる。左手に岩崎の別荘がないので、明治40年以前である。現在も当時の姿をほぼ伝えている。=明治25年から明治39年、箱根、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号5‐1‐0]

    商品コード: 2017080200893

  • -
    彦根玄宮園

    玄宮園(げんきゅうえん)は、彦根城の北三の丸にある井伊家旧下屋敷の庭園。四代藩主・井伊直興(いいなおおき)が、延宝7年(1679)に完成させた、中国の瀟湘八景(しょうしょうはっけい)・近江八景を取れ入れた池泉回遊式庭園で、江戸初期の作庭を今日に伝えるもの。名前は、中国唐代の玄宗皇帝の離宮から取ったものである。=撮影年月日不明、滋賀、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号81‐27‐0]

    商品コード: 2017081401441

  • -
    鶴岡八幡宮

    東から若宮(わかみや)を望む。その上段は上宮楼門(ろうもん)と廻廊(かいろう)である。若宮はこけら葺か檜皮葺(ひわだぶき)で、寛永元年(1624)の再建。上宮は江戸初期の建物が文政4年(1821)の大火で焼失したのち、同11年に銅板葺で再建された。若宮と上宮廻廊は現重要文化財。撮影年代は未詳。=撮影年月日不明、鎌倉、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号93‐36‐0]

    商品コード: 2017081401051

  • 1996年12月07日
    江戸初期の石垣を確認

    )、企画26S、9日付朝刊以降使用  算木積みの技法が用いられた江戸時代初期築造の分水路「天狗(てんぐ)の鼻」の石垣=5日、佐賀県大和町

    商品コード: 1996120700027

  • 2000年08月25日
    出雲大社境内遺跡から出土 江戸初期の本殿柱跡を確認

    出雲大社境内遺跡から出土した、江戸初期に造営された本殿の柱跡=島根県大社町

    商品コード: 2000082500093

  • 2002年03月22日
    復元された鬼瓦 江戸初期の本丸御殿跡出土

    奈良県大宇陀町の宇陀松山城跡で出土、復元された雷神の鬼瓦

    商品コード: 2002032200183

  • 2002年04月27日
    復元された浴室 江戸初期のサウナ復元

    建仁寺で復元された江戸時代初期のサウナ様式の浴室=京都市東山区

    商品コード: 2002042700074

  • 2002年05月08日
    発掘された東海道の遺構 江戸初期の東海道を発掘

    国道1号に面した江戸初期の東海道の遺構(奥)。手前は木製水路で丸い穴は民家の柱跡=8日、神奈川県小田原市

    商品コード: 2002050800251

  • 2002年12月18日
    出土した瓦 一乗院、江戸初期に繁栄

    興福寺の子院・一乗院跡から出土した江戸時代初期の瓦=18日午後、奈良市登大路町

    商品コード: 2002121800139

  • 2002年12月20日
    「御供所」の跡 江戸初期の建物跡を確認

    出雲大社の境内で確認された江戸初期の「御供所(ごくうしょ)」跡=20日午後、島根県大社町

    商品コード: 2002122000139

  • 2003年09月09日
    発掘された船着き場の跡 江戸初期の船着き場発掘

    発掘された江戸時代初期に築かれた船着き場の跡。中央のくぼんだ部分が船だまり=9日午前、北九州市小倉北区室町

    商品コード: 2003090900089

  • 2003年10月02日
    江戸初期の宗教書背表紙 重文級2点を確認

    ローマ字で書かれたキリシタン宗教書の背表紙

    商品コード: 2003100200153

  • 2016年05月01日
    大砲の刻印 ウィーンに江戸初期の大砲

    ウィーンの軍事史博物館で見つかった江戸初期のフランキ砲。「慶長十五年筑前国」と刻印されている=2月(共同)

    商品コード: 2016050100189

  • 2016年05月01日
    江戸初期の大砲 ウィーンに江戸初期の大砲

    ウィーンの軍事史博物館で見つかった江戸初期のフランキ砲=2月(共同)

    商品コード: 2016050100188

  • 2016年05月01日
    江戸初期のフランキ砲 ウィーンに江戸初期の大砲

    ウィーンの軍事史博物館で見つかった江戸初期のフランキ砲=2月(共同)

    商品コード: 2016050100187

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年04月11日
    熊本藩主の手紙 埋もれた災害記録、活用へ

    江戸初期の1633年に起きた地震についての記述がある、熊本藩の藩主細川忠利が家臣に宛てた手紙=7日、熊本市

    商品コード: 2017041100694

  • 2018年05月03日
    鞆の浦の「観光鯛網」

    観覧者が4年ぶりに減少した2018年度観光鯛網。福山観光コンベンション協会は、福山市の鞆の浦で5月3~27日に行った2018年度「観光鯛(たい)網」の観覧者数をまとめた。前年度比3・45%減の8338人で、4年ぶりに減少。1回当たりの平均は261人と記録の残る1971年度以降、2番目に少なかった。観光鯛網は江戸初期から地元に伝わる「しばり網漁法」(市無形民俗文化財)を再現するイベント。=2018(平成30)年5月3日、広島県福山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070300879

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月26日
    国重要文化財・岡山城月見櫓

    内部の一般公開の期間が拡大される岡山城月見櫓。岡山市は、秋の3日間限定としてきた国重要文化財・岡山城月見櫓(やぐら)(同市北区丸の内)の内部一般公開について、今年は10、11月の土日祝日と11月2日の計19日間に拡大する。西日本豪雨の影響で入場者が減少している岡山城天守閣への誘客が狙い。月見櫓は江戸初期の1620年代、岡山藩主池田忠雄(02~32年)が建て、岡山空襲の被災を逃れた本丸唯一の現存建築物。合戦に備えた「石落とし」と呼ばれる格子窓の空間や、銃を構えるための小窓「銃眼」を備える。=2018(平成30)年9月26日、岡山市北区丸の内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100203581

  • 05:37.53
    2018年10月07日
    色鮮やかに長崎くんち開幕 江戸初期からの伝統大祭

    長崎市で江戸初期から続く秋の大祭「長崎くんち」が7日、同市中心部近くの諏訪神社で開幕した。笛や太鼓の音が境内に響き渡るなか、色鮮やかな衣装に身を包んだ参加者らが、山車を豪快に回すなど各地区伝統の出し物を奉納した。祭りは市内の公園などでも行われる予定。9日まで。〈映像内容〉長崎市で開幕した秋の大祭「長崎くんち」の様子、撮影日:2018(平成30)年10月7日、撮影場所:長崎県長崎市

    商品コード: 2018100921113

  • 01:14.47
    2019年03月28日
    復元の「尼崎城」記念式典 兵庫、観光名所に期待

    1873(明治6)年の廃城令で取り壊され、兵庫県尼崎市の公園に復元された「尼崎城」で28日、一般公開に先立つ記念式典が開かれた。天守閣は鉄筋コンクリート造りで、高さ約24メートル。江戸初期には尼崎藩主戸田氏鉄(とだ・うじかね)の居城として築かれていた。当時の城跡から約300メートル離れた阪神電鉄尼崎駅そばの公園に再建し、昨年11月に完成した。建設費は約12億円で、家電量販店の旧「ミドリ電化」を尼崎市で創業した安保詮(あぼ・あきら)氏が私費を拠出し、完成後に市へ寄贈した。侍衣装の試着ブースなどが設けられ、関西の新たな観光名所となりそうだ。〈映像内容〉復元された尼崎城天守閣の外観、式典の様子、鉄砲隊による戦国時代の火縄銃の実演など、撮影日:2019(平成31)年3月28日、撮影場所:兵庫県尼崎市

    商品コード: 2019032802473

  • 2019年07月29日
    歴史港に架かる跳ね橋 『土佐鳥瞰紀行』(7) 手結港(香南市)

    江戸初期、野中兼山が手掛けた高知県香南市夜須町の手結港(内港)は、日本最初の掘り込み港湾といわれる。海岸の岩礁地帯の入り江を掘削し築かれた石垣。約370年の時を経ても当時の姿を残し、今も漁業者に利用されている。=2019(令和元)年7月29日、高知県香南市夜須町、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092900256

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月29日
    洪水防止や排水路の役割がある百間川

    「倉安川・百間川かんがい排水施設群」の一つで、洪水防止や排水路としての役割を果たしてきた百間川。「世界かんがい施設遺産」に4日、登録された岡山市の「倉安川・百間川かんがい排水施設群」。2200ヘクタールという江戸初期としては国内最大規模の干拓事業の実現に大きな役割を果たし、農業県・岡山の礎を築いた高い技術が世界的にも評価された。長年、顕彰・保存活動を続けてきた関係者に喜びが広がった。=2019(令和元)年8月29日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100302299

  • 01:13.07
    2021年04月13日
    江戸初期の江戸城石垣見つかる 皇居の工事現場

    皇居の工事現場から、約400年前の江戸初期の頃のものとみられる江戸城の石垣が新たに見つかり、14日、千代田区が公表した。<映像内容>見つかった石垣や、説明の様子など、撮影日:2021(令和3)年4月13日、撮影場所:東京都千代田区

    商品コード: 2021041409267

  • 1