KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国江西省
  • 吉安市泰和県
  • ドローン
  • 江西省万安県
  • 江西省泰和県
  • 菜の花畑
  • 吉安市万安県
  • 吉安市安福県
  • 吉安市永新県
  • 江西省峡江県

「江西省吉安市」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
21
( 1 21 件を表示)
  • 1
21
( 1 21 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:52.92
    2021年03月10日
    「新華社」観光客に人気の菜の花畑、地元経済を後押し江西省安福県

    中国江西省吉安市安福県洋渓鎮では、菜の花が見頃を迎えている。花畑は大勢の観光客が訪れる人気スポットとなり、地元の経済発展を後押ししている。(記者/黄浩然) =配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031004326

  • 00:54.40
    2021年02月22日
    「新華社」農村を鮮やかに彩る満開の菜の花江西省泰和県

    農作業の準備を始める目安とされる二十四節気の「雨水(うすい)」が過ぎ、中国江西省吉安市泰和県の農村では菜の花が満開となった。緑色の野山に鮮やかな黄色の菜の花が彩を添え、大勢の観光客を魅了している。(記者/余剛)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022400742

  • 00:39.85
    2020年09月01日
    「新華社」稲刈りの季節、黄金色の稲穂まぶしく江西省永新県

    稲刈りの季節を迎えた中国江西省吉安市永新県在中郷平分村では、コンバインが農地を行ったり来たりしながら、黄金色に輝く稲穂を収穫している。照り付ける太陽の下、農民らは落ち穂を拾い集めて籠に入れたり、もみを袋詰めにして運搬したりする作業に追われている。(記者/鄔慧穎)<映像内容>稲穂の収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090202776

  • 00:16.82
    2020年06月05日
    「新華社」中医薬のクチナシ、貧困脱却の道を切り開く江西省

    中国江西省吉安市の油洲村産業貧困支援基地でこのほど、2千ムー(約133ヘクタール)余りのクチナシの花が咲き乱れ、美しい風景を描き出した。クチナシの実は伝統的な中医薬で、肝機能保護や胆汁分泌促進、血圧低下、消炎などの作用があり、中医学では黄疸を伴う肝炎や高血圧、糖尿病などの治療によく用いられている。油洲村ではクチナシ栽培が始まってから十年以上経つ。栽培農家に毎年300万元(1元=約15円)以上の収入をもたらし、植樹や収穫に携わる100人余りの村民も毎年100万元以上の収入を得ている。(記者/黄和遜)<映像内容>クチナシの花が咲いている風景、水をあげる様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102851

  • 01:24.24
    2020年05月06日
    「新華社」武功山風景区、再開後の観光ピーク迎える江西省

    中国江西省吉安市安福県の武功山風景区は一般公開再開後、メーデー連休中(5月1~5日)に観光ピークを迎えた。多くの人が訪れたが、駐車場には秩序が保たれていた。風景区の職員らは観光客が美しい景色を安心して楽しめるよう、入場時の誘導などを行って安全確保に努めた。(記者/林浩)<映像内容>武功山風景区の空撮、観光客でにぎわう様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402589

  • 02:18.88
    2020年04月23日
    「新華社」野生ツツジ、武山で満開を迎える江西省泰和県

    ツツジが見頃を迎えるこの時期、中国江西省吉安市泰和県の武山でも野生のツツジが満開を迎え、太陽の下で咲き誇っている。武山は世界的に稀少な鳥類「泰和ウコッケイ」の原産地でもあり、青々とした木々が生い茂る植生豊かな山。見渡す限りに広がるツツジは、断崖絶壁に根を下ろして成長し、緑の茂みの中で満開となって、山の斜面を染め上げている。春の陽気に誘われるように、長く家で過ごしていた人たちが続々と武山を訪れ、高所から遠くを眺めたり、花をめでながら山道を散策している。(記者/黄和遜)<映像内容>満開のツツジ、見物する人たちの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042803217

  • 01:39.81
    2020年04月15日
    「新華社」コサギの群れが巣作り江西省泰和県

    中国江西省吉安市泰和県沿渓鎮源塘村にこのほど、千羽以上のコサギが飛来し、巣作りを開始した。同村のコサギ生息地には複数種の針葉樹や広葉樹があり、毎年数千羽が営巣する。泰和県はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山」(豊かな自然には金銀同様の価値がある)との確固たる理念の下、大規模な植樹や造林を実施することで森林被覆率を67%まで引き上げた。地元の林業部門の統計によると、2019年に同県内の山林で確認されたサギはコサギ、アオサギ、クロサギなど計30万羽以上に達した。(記者/黄和遜)<映像内容>コサギの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003570

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:49.69
    2020年04月09日
    「新華社」高セレン茶で貧困脱却を後押し江西省万安県

    中国江西省吉安市万安県では、1万ムー(約660ヘクタール)を超える茶畑で黄金茶が摘採の時期を迎えている。黄金茶の名称は新芽が黄色いことに由来し、中でも同県産の茶はセレンの含有量が多いことから「黄金富硒茶(ふさいちゃ、硒はセレンの意)」と呼ばれる。地元では黄金色の新鮮な茶葉が住民の貧困脱却を後押しする特色産業となっている。同県は茶栽培で「政府主導、企業けん引、農家主体、科学技術支援」という運用システムを導入。企業と生産拠点、農家、貧困世帯を連携させた運営モデルを通じて、村と農家が黄金茶や白茶などの富硒茶を栽培するよう指導している。県全体では4万ムー(約2660ヘクタール)を超える茶畑が摘採期を迎え、千人以上の雇用を創出している。人々は出稼ぎに出る必要がなくなり、世帯当たりの平均年収も8千元(1元=約15円)以上増えた。(記者/黄和遜)<映像内容>茶畑の風景、茶摘みの様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041300342

  • 00:48.08
    2020年04月06日
    「新華社」レンゲソウ満開に江西省新干県

    中国江西省吉安市新干県桃渓郷嶺背村では春を迎え、田んぼのレンゲソウが次々と花をつけた。赤紫色の小さな花が数キロにわたり一面花の海のような風景を見せている。レンゲソウは毎年3月中旬から4月上旬に満開となり、花期が約30~40日間続く。見た目が美しいだけでなく、有機肥料としても優れており、レンゲソウを田んぼの基肥(もとごえ)とすることで化学肥料や農薬の使用を抑えられ、増産増収にもつながっている。(記者/鄔慧穎)<映像内容>レンゲソウの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800614

  • 00:59.13
    2020年03月26日
    「新華社」この上なく美しい日の出の雲海江西省永新県

    中国江西省吉安市永新県の三湾国家森林公園で26日明け方、雨が上がり、山々に真っ白な霧が風に吹かれ、滝のように流れ落ちる情景が見られた。ほどなく日が昇り、太陽の光が雲海にさしこみ、金色に彩られた雲と流れる落ちる霧により、山々が薄衣をまとったような素晴らしい眺めが広がった。(記者/姚子雲)<映像内容>雨上がりの三湾国家森林公園の空撮、撮影日:2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104292

  • 00:45.55
    2020年03月16日
    「新華社」絵の具を盛ったパレットのような春景色江西省

    中国江西省吉安市泰和県の馬市鎮ではこのほど、菜の花が一面に満開となった。緑の畑に菜の花の黄色が入り混じり、空の青さを溶かし込んだような水面、民家の赤い屋根とともに、色彩豊かな田舎の風景を生み出している。(記者/姚子雲)<映像内容>馬市鎮の空撮、菜の花畑の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032303310

  • 00:33.60
    2020年03月11日
    「新華社」大自然の贈り物雲海が魅せる神秘の風景江西省吉安市

    中国江西省吉安市安福県の羊獅慕風景区にこのほど、一面の雲海が現れ、真っ白な雲が山々を包み込む神秘的な風景が広がった。(記者/熊家林)<映像内容>羊獅慕風景区の雲海の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031200566

  • 01:28.30
    2020年03月11日
    「新華社」生産再開で春の耕作が本格化江西省万安県

    新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制の取り組みが春の耕作に及ぼす影響を軽減するため、中国江西省吉安市万安県は100台以上の「農業用物資宅配車」を差し向け、農業用物資運搬と供給などに対する村民の需要に応えた。また、17のチームを派遣し、農業技術サービスを提供した。(記者/姚子雲)<映像内容>江西省万安県の農作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031200568

  • 01:18.91
    2020年02月28日
    「新華社」新型肺炎対策と同時に貧困対策、アブラツバキの栽培進む江西省万安県

    中国江西省吉安市の万安県はこのところ、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制に取り組むと同時に、生産再開に取り組んでいる。典型的な山間県の同県は、地元林業の潜在力を最大限に活用、林業技術の専門家を農家に派遣しアブラツバキの栽培を指導、地元の貧困脱却を支援して成果を上げている。同県韶口郷畔塘村では、村民がレンガ工場跡地や荒れ地を整地し100ムー(約6・7ヘクタール)余りのアブラツバキ高生産基地を造成するのを、村の幹部が支援。感染予防・抑制対策に万全を尽くした上で、村民が専門家の指導を受けながら地元の気候に即したアブラツバキの苗を植えている。同県は林業資源が豊富で、韶口郷だけで12万ムー(約8千ヘクタール)の林業用地を有する。同郷党委員会と郷政府は、荒れ地や空き地の利用を積極的に奨励、すでに井岡蜜柚(ハニーポメロ)やネーブル、アブラツバキが933ヘクタール余り作付けされている。そのうち、全国貧困対策情報ネットワークシステムに登録済みの農家730戸の作付面積は2800ムー(約186ヘクタール)余りで、1戸当たり2500元以上の増収につながっている。(記者/黄和遜)<映像内容>アブラツバキの苗を植える様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203332

  • 02:33.70
    2020年02月26日
    「新華社」春の訪れ告げる一面の菜の花江西省万安県

    初春を迎えた中国江西省吉安市万安県の田北農民画村では、菜の花が咲き誇り、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような風景が一面に広がっている。(記者/黄和遜)<映像内容>菜の花畑の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022704857

  • 01:02.46
    2020年02月22日
    「新華社」春告げる菜の花江西省泰和県

    中国江西省吉安市泰和県で、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたり植えられた菜の花が緑から黄金色に変わった。見渡す限りの花畑は金色の海のようだ。(記者/余剛)<映像内容>菜の花畑の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022603068

  • 01:42.51
    2020年01月17日
    「新華社」街に漂う「絲糖」の香り江西省峡江県

    中国江西省吉安市峡江県では、600年以上の歴史を持つ特産の砂糖菓子「絲糖(スータン)」がよく知られており、現在は市級無形文化財に登録されている。絲糖は主に麦芽糖と大豆粉から作られる。よく煮立てた麦芽糖を鍋からすくい、引っ張ってひねり、さらにこねて丸める。大豆粉をふりかけ、糸引きを始める。数人で砂糖餅を取り囲み、中心に穴を開けてドーナツ状にし、力を合わせて外側に引っ張る。再度大豆粉をかけ、糸状にした麦芽糖を髪の毛の細さになるまで繰り返し引っ張り、ちぎって丸めれば出来上がり。髪のように細い絲糖はほろっとして口どけが良く、地元の人々にこよなく愛されている。(記者/彭昭之、姚子雲)<映像内容>砂糖菓子「絲糖」の製作、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322556

  • 00:38.82
    2019年12月20日
    「新華社」野生動物のメンフクロウを保護江西省峡江県

    中国江西省吉安市峡江県の住民が20日、中国の国家2級重点保護野生動物のメンフクロウの幼鳥6羽を保護した。現在、幼鳥は野生動植物保護ステーションの専門スタッフが保護しており、成鳥になってから自然に返すという。(記者/姚子雲、彭昭之)<映像内容>保護されたメンフクロウの幼鳥の様子、撮影日:2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010701478

  • 01:15.52
    2019年09月28日
    「新華社」空から見た中国エネルギー輸送の新ルート浩吉鉄道

    中国内モンゴル自治区オルドス市の浩勒報吉と江西省吉安市を結ぶ浩吉鉄道が28日、開通し運営を開始した。1回の工事で敷設された鉄道としては、営業距離が世界最長の重輸送鉄道になる。今回の開通で中国の鉄道地図には南北を貫く新たなエネルギー輸送幹線がまた一つ追加された。同鉄道の総延長は1813・5キロ。内モンゴルと陝西省、甘粛省、寧夏回族自治区からなるエネルギーの「黄金の三角地帯」と湖北省や湖南省、江西省など華中地域を結ぶ中国の第12次5カ年計画と「中長期鉄道網計画」における重要プロジェクトであり、北部の石炭を南部に輸送する「北煤南運」国家戦略輸送ルートと中国の総合交通運輸体系の重要な構成要素でもある。(記者/許雄、徐偉)<映像内容>浩吉鉄道の風景、撮影日:2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206562

  • 03:00.00
    2019年07月12日
    「新華社」スマホ時代でも人気、農村の星空映画館江西省峡江県

    映画の屋外上映は、人々にとってすでに遠い過去の歴史になっている。しかし、中国江西省吉安市峡江(きょうこう)県では屋外上映の専門映写技師が現役で活躍している。彼の名前は謝萍果(しゃ・へいか)さん。59歳になる謝さんは今でも毎年200回余り屋外上映を行っている。彼は、41年前にこの職に就いた頃、農村の映写技師がとても歓迎される仕事だったのを覚えている。当時は娯楽施設が少なく、1本の映画を見るだけで村の人たちは何日も楽しく過ごすことができたものだ。今では多くの人々がスマートフォンを使っており、画面にタッチすればいつでも映画を見ることができるが、それでも皆で集まるとさらに映画鑑賞の雰囲気が出るため、人々は依然として屋外で映画を見るのを好んでいる。夜空の下で、屋外上映のスクリーンが農村を明るく照らし、人々の夢を映し出す。この古い伝統は、今も農村にしっかりと根づいている。(記者/姚子雲)<映像内容>映写機をつかって映画の屋外上映をする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707092

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:26.82
    2019年06月07日
    「新華社」江西省の洪水で村が孤立懸命な救援活動続く

    中国江西省吉安市永新県では7日から広範囲に強い雨が降り、降水量は一部の地域で300ミリを超えた。多くの郷・鎮で山崩れが発生し、中でも高橋楼(こうきょうろう)鎮杉渓(さんけい)村で最も大きな被害がでている。同村では電気や通信が寸断されただけでなく、村に通じる道や橋も山崩れにより流出した。陸の孤島と化した村には300人余りの村民が取り残されており、救助隊員による懸命な救援作業が続いている。(記者/余剛)<映像内容>洪水で孤立した村から避難する様子、撮影日:2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

    商品コード: 2019061205502

  • 1