KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 歴史
  • 物語
  • しん
  • じょうよう
  • 三国志演義
  • 三国時代
  • 保存
  • 劉備
  • 古代
  • 同地

「江陵県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
24
( 1 24 件を表示)
  • 1
24
( 1 24 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2009年10月17日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁の下で体を鍛える市民。(2009年10月17日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2009(平成21)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401747

  • 2011年03月26日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    濠に囲まれた荊州古城。(2011年3月26日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401857

  • 2011年03月26日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    濠に囲まれた荊州古城。(2011年3月26日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401760

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401820

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401826

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401859

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401753

  • 2013年04月13日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(2013年4月13日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2013(平成25)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401809

  • 2013年05月19日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(資料写真)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信)=2013(平成25)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401817

  • 2014年12月28日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(資料写真)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信)=2014(平成26)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100778

  • 2016年01月31日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    雪化粧した荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(2016年1月31日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2016(平成28)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401842

  • 2017年07月13日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の北門の一つ、大北門(拱極門)の朝宗楼。(2017年7月13日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2017(平成29)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401793

  • 2018年06月21日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州市の関公義園。関羽像は高さ58メートル、総重量約1200トン。世界で最も大きい関羽像として知られる。(2018年6月21日撮影、小型無人機から)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2018(平成30)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401863

  • 2019年05月21日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の関羽祠にある関羽の彫像。(5月21日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401839

  • 2019年06月06日
    「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市

    6日、浙江省博物館孤山館区の西湖美術館で展示された「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)。中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日から、同博物館孤山館区の西湖美術館で開催されている。同展最大の注目は、湖北省博物館からやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)だ。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。(杭州=新華社記者/王懌文)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001344

  • 2019年06月06日
    「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市

    6日、展示された「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)を撮影する来場者。中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日から、同博物館孤山館区の西湖美術館で開催されている。同展最大の注目は、湖北省博物館からやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)だ。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001308

  • 2019年06月06日
    「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市

    6日、展示された「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)を見学する来場者。中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日から、同博物館孤山館区の西湖美術館で開催されている。同展最大の注目は、湖北省博物館からやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)だ。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001311

  • 01:59.19
    2019年06月06日
    「新華社」「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日、同博物館孤山館区の西湖美術館で開幕した。同展最大の注目は、湖北省博物館からはるばる「西子湖」(西湖は越王句践の物語に登場する絶世の美女・西施に例えられ、「西子湖」とも呼ばれる)のほとりまでやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)に他ならない。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。「越王句践剣」は湖北省博物館の至宝であり、外部の展示に貸し出されることは非常にまれ。今回の西湖美術館での展示も15日間に限定されている。(記者/王懌文)<映像内容>「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展開幕、「天下第一剣」の展示、撮影日:2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108262

  • 2019年06月07日
    「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市

    7日、浙江省博物館孤山館区の西湖美術館で展示された「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)。中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日から、同博物館孤山館区の西湖美術館で開催されている。同展最大の注目は、湖北省博物館からやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)だ。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。(杭州=新華社記者/王懌文)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001318

  • 2019年06月07日
    「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市

    7日、浙江省博物館孤山館区の西湖美術館で展示された「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)。中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日から、同博物館孤山館区の西湖美術館で開催されている。同展最大の注目は、湖北省博物館からやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)だ。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。(杭州=新華社記者/王懌文)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001316

  • 2019年06月11日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    11日、荊州古城の洗馬池。関羽が愛馬の赤兎(せきと)を洗ったことから名が付いたという言い伝えがある。(小型無人機から)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401785

  • 2019年06月12日
    「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市

    「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)。(資料写真)中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日から、同博物館孤山館区の西湖美術館で開催されている。同展最大の注目は、湖北省博物館からやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)だ。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。(杭州=新華社配信/湖北省博物館提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403702

  • 2019年06月12日
    「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市

    「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)に鳥虫書の書体で刻まれた「越王句践自作用剣」という文字。(資料写真)中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日から、同博物館孤山館区の西湖美術館で開催されている。同展最大の注目は、湖北省博物館からやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)だ。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。(杭州=新華社配信/湖北省博物館提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403729

  • 2019年06月24日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城。(資料写真)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100780

  • 1