KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • しゅう
  • 洪水
  • 黄河
  • 市民
  • 景観
  • 風景
  • 分布
  • 景色

「汾河」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
83
( 1 83 件を表示)
  • 1
83
( 1 83 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年01月10日
    省エネライトが彩る夜山西省太原市

    10日、太原市汾河風景区でダンスに興じる市民。中国山西省太原市はここ数年、環境に配慮した省エネ光源によるイルミネーションで都市の景観を向上させる事業に取り組んできた。イルミネーションで市内の「水、緑、街、橋」などの風景を引き立たせ、現代都市の風景と古都の特色を融合することで、都市に内在する文化や活力を表現している。同市では毎晩繰り広げられる光の饗宴が見る人を魅了している。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011518445

  • 2019年01月10日
    省エネライトが彩る夜山西省太原市

    10日に撮影した太原市の汾河風景区。中国山西省太原市はここ数年、環境に配慮した省エネ光源によるイルミネーションで都市の景観を向上させる事業に取り組んできた。イルミネーションで市内の「水、緑、街、橋」などの風景を引き立たせ、現代都市の風景と古都の特色を融合することで、都市に内在する文化や活力を表現している。同市では毎晩繰り広げられる光の饗宴が見る人を魅了している。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517744

  • 2019年03月17日
    汾河に舞う水鳥山西省太原市

    17日、太原市汾河湿地公園で餌を探す水鳥。中国山西省太原市にある汾河(ふんが)湿地公園では、暖かい春の到来とともに、多くの水鳥が餌を探したり、戯れる様子が見られるようになった。(太原=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902081

  • 2019年03月17日
    汾河に舞う水鳥山西省太原市

    17日、太原市の汾河湿地公園の上空を飛ぶ水鳥。中国山西省太原市にある汾河(ふんが)湿地公園では、暖かい春の到来とともに、多くの水鳥が餌を探したり、戯れる様子が見られるようになった。(太原=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902069

  • 2019年03月17日
    汾河に舞う水鳥山西省太原市

    17日、太原市の汾河湿地公園で餌を探す水鳥。中国山西省太原市にある汾河(ふんが)湿地公園では、暖かい春の到来とともに、多くの水鳥が餌を探したり、戯れる様子が見られるようになった。(太原=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902154

  • 2019年03月17日
    汾河に舞う水鳥山西省太原市

    17日、太原市の汾河湿地公園の水面を舞う水鳥。中国山西省太原市にある汾河(ふんが)湿地公園では、暖かい春の到来とともに、多くの水鳥が餌を探したり、戯れる様子が見られるようになった。(太原=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902075

  • 2019年03月17日
    汾河に舞う水鳥山西省太原市

    17日、太原市の汾河湿地公園で餌をくわえようとする水鳥。中国山西省太原市にある汾河(ふんが)湿地公園では、暖かい春の到来とともに、多くの水鳥が餌を探したり、戯れる様子が見られるようになった。(太原=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902073

  • 2019年03月17日
    汾河に舞う水鳥山西省太原市

    17日、太原市の汾河湿地公園で餌をくわえて飛ぶ水鳥。中国山西省太原市にある汾河(ふんが)湿地公園では、暖かい春の到来とともに、多くの水鳥が餌を探したり、戯れる様子が見られるようになった。(太原=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902070

  • 2019年03月17日
    汾河に舞う水鳥山西省太原市

    17日、太原市の汾河湿地公園で餌を探す水鳥。中国山西省太原市にある汾河(ふんが)湿地公園では、暖かい春の到来とともに、多くの水鳥が餌を探したり、戯れる様子が見られるようになった。(太原=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902076

  • 2019年03月17日
    汾河に舞う水鳥山西省太原市

    17日、太原市の汾河湿地公園で餌をくわえて飛ぶ水鳥。中国山西省太原市にある汾河(ふんが)湿地公園では、暖かい春の到来とともに、多くの水鳥が餌を探したり、戯れる様子が見られるようになった。(太原=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902153

  • 2019年05月02日
    汾河のほとりで春の息吹を満喫山西省太原市

    2日、空から見た太原市を流れる汾河の両岸の風景。(小型無人機から)中国山西省太原市を流れる汾河(ふんが)の両岸は、緑色に覆われたすばらしい景色を楽しむことができることから、市民のレジャー・行楽にうってつけの憩いの場になっている。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600272

  • 2019年05月02日
    汾河のほとりで春の息吹を満喫山西省太原市

    2日、空から見た太原市を流れる汾河の両岸の風景。(小型無人機から)中国山西省太原市を流れる汾河(ふんが)の両岸は、緑色に覆われたすばらしい景色を楽しむことができることから、市民のレジャー・行楽にうってつけの憩いの場になっている。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600285

  • 2019年05月02日
    汾河のほとりで春の息吹を満喫山西省太原市

    2日、空から見た太原市を流れる汾河の両岸の風景。(小型無人機から)中国山西省太原市を流れる汾河(ふんが)の両岸は、緑色に覆われたすばらしい景色を楽しむことができることから、市民のレジャー・行楽にうってつけの憩いの場になっている。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600306

  • 2019年05月02日
    汾河のほとりで春の息吹を満喫山西省太原市

    2日、空から見た太原市を流れる汾河の両岸の風景。(小型無人機から)中国山西省太原市を流れる汾河(ふんが)の両岸は、緑色に覆われたすばらしい景色を楽しむことができることから、市民のレジャー・行楽にうってつけの憩いの場になっている。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600349

  • 2019年05月02日
    汾河のほとりで春の息吹を満喫山西省太原市

    2日、空から見た山西省太原市の汾河風景区の景色。(小型無人機から)中国山西省太原市を流れる汾河(ふんが)の両岸は、緑色に覆われたすばらしい景色を楽しむことができることから、市民のレジャー・行楽にうってつけの憩いの場になっている。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600273

  • 2019年05月02日
    汾河のほとりで春の息吹を満喫山西省太原市

    2日、空から見た太原市を流れる汾河の両岸の風景。(小型無人機から)中国山西省太原市を流れる汾河(ふんが)の両岸は、緑色に覆われたすばらしい景色を楽しむことができることから、市民のレジャー・行楽にうってつけの憩いの場になっている。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600304

  • 2019年05月02日
    汾河のほとりで春の息吹を満喫山西省太原市

    2日、空から見た太原市を流れる汾河の両岸の風景。(小型無人機から)中国山西省太原市を流れる汾河(ふんが)の両岸は、緑色に覆われたすばらしい景色を楽しむことができることから、市民のレジャー・行楽にうってつけの憩いの場になっている。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600383

  • 2019年05月02日
    汾河のほとりで春の息吹を満喫山西省太原市

    2日、空から見た太原市を流れる汾河の両岸の風景。(小型無人機から)中国山西省太原市を流れる汾河(ふんが)の両岸は、緑色に覆われたすばらしい景色を楽しむことができることから、市民のレジャー・行楽にうってつけの憩いの場になっている。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600389

  • 2020年03月25日
    水鳥の群れが汾河に飛来山西省太原市

    25日、山西省太原市の汾河公園で餌を探す水鳥。中国山西省太原市にある汾河公園では春を迎え、飛来した水鳥の群れが餌を探したり、じゃれ合ったりする姿が見られる。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004501

  • 2020年03月25日
    水鳥の群れが汾河に飛来山西省太原市

    25日、山西省太原市の汾河公園で餌を探す水鳥。中国山西省太原市にある汾河公園では春を迎え、飛来した水鳥の群れが餌を探したり、じゃれ合ったりする姿が見られる。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004364

  • 2020年03月25日
    水鳥の群れが汾河に飛来山西省太原市

    25日、山西省太原市の汾河公園でじゃれ合う水鳥。中国山西省太原市にある汾河公園では春を迎え、飛来した水鳥の群れが餌を探したり、じゃれ合ったりする姿が見られる。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004499

  • 2020年03月25日
    水鳥の群れが汾河に飛来山西省太原市

    25日、山西省太原市の汾河公園で餌を探す水鳥。中国山西省太原市にある汾河公園では春を迎え、飛来した水鳥の群れが餌を探したり、じゃれ合ったりする姿が見られる。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004385

  • 2020年03月25日
    水鳥の群れが汾河に飛来山西省太原市

    25日、山西省太原市の汾河公園で餌を探す水鳥。中国山西省太原市にある汾河公園では春を迎え、飛来した水鳥の群れが餌を探したり、じゃれ合ったりする姿が見られる。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004502

  • 2020年04月29日
    汾河の両岸に爽やかな景色山西省太原市

    4月29日、太原市を流れる汾河のほとりの景色。(小型無人機から)中国山西省太原市の汾河(ふんが)のほとりでは、緑あふれる爽やかな景色が広がり、市民がピクニックなどのレジャーを楽しんでいる。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102970

  • 2020年04月29日
    汾河の両岸に爽やかな景色山西省太原市

    4月29日、太原市を流れる汾河のほとりの景色。(小型無人機から)中国山西省太原市の汾河(ふんが)のほとりでは、緑あふれる爽やかな景色が広がり、市民がピクニックなどのレジャーを楽しんでいる。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102972

  • 2020年04月29日
    汾河の両岸に爽やかな景色山西省太原市

    4月29日、太原市を流れる汾河のほとりの景色。(小型無人機から)中国山西省太原市の汾河(ふんが)のほとりでは、緑あふれる爽やかな景色が広がり、市民がピクニックなどのレジャーを楽しんでいる。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103016

  • 2020年04月30日
    汾河の両岸に爽やかな景色山西省太原市

    4月30日、太原市を流れる汾河のほとりの景色。(小型無人機から)中国山西省太原市の汾河(ふんが)のほとりでは、緑あふれる爽やかな景色が広がり、市民がピクニックなどのレジャーを楽しんでいる。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102961

  • 2020年04月30日
    汾河の両岸に爽やかな景色山西省太原市

    4月30日、太原市を流れる汾河のほとりの景色。(小型無人機から)中国山西省太原市の汾河(ふんが)のほとりでは、緑あふれる爽やかな景色が広がり、市民がピクニックなどのレジャーを楽しんでいる。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102922

  • 2020年05月12日
    習近平氏、山西省太原市を視察

    12日、汾河(ふんが)太原城区晋陽橋区間で、市民に手を振ってあいさつする習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は12日、山西省太原市を視察した。(太原=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402582

  • 2020年05月12日
    習近平氏、山西省太原市を視察

    12日、汾河(ふんが)太原城区晋陽橋区間で生態環境保護と汚染防止などの状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は12日、山西省太原市を視察した。(太原=新華社記者/李学仁)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402546

  • 2020年05月12日
    習近平氏、山西省太原市を視察

    12日、汾河(ふんが)太原城区晋陽橋区間で生態環境保護と汚染防止などの状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は12日、山西省太原市を視察した。(太原=新華社記者/李学仁)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402545

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の秋風楼(部分)。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507564

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の並列戯台(東側部分)。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507573

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の香亭(手前)と正殿。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507620

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の山門。通路両側が舞台になっている。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507626

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の並列戯台。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507526

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の並列戯台(西側部分)。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507578

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟に残る元代の「秋風辞」石碑。表面は拓本で覆われている。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507551

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の並列戯台(手前)と山門。(資料写真)中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507577

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の秋風楼。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507615

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の秋風楼。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507511

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の献殿。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507517

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の献殿。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507568

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月14日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    汾河河畔から見た万栄后土廟の秋風楼。(資料写真)中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507623

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月14日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    雪化粧した万栄后土廟の秋風楼。(資料写真)中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507621

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月10日
    (2)汾河で過去57年最大の洪水、黄河河畔を遊水地に山西省

    9日、山西省河津市を流れる汾河。中国山西省河津市を流れる黄河の支流、汾河(ふんが)下流域では9日午前7時40分(日本時間同8時40分)ごろ、連日の降雨と上流から押し寄せた水の影響で、河川流量が最大毎秒985立方メートルに達し、汾河河津水文観測所で1964年に記録されて以降最大の洪水となった。同市党委員会宣伝部が明らかにした。地元政府は人々の生命と財産の安全を守るため、市内連伯村付近の黄河河畔を遊水地とすることを決定。当該地区の住民らは既に避難を終えており、死傷者は報告されていない。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101101956

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:13.69
    2021年10月10日
    「新華社」決壊した汾河堤防の復旧作業が完了山西省運城市

    中国山西省運城市新絳(しんこう)県橋東村付近で7日午後5時(日本時間同6時)ごろ、汾河北側の堤防が約20メートルにわたり決壊した。汾河の下流では連日の降雨と上流から押し寄せた水により、流量が通常の30倍近い毎秒1125立方メートルに急増していた。地元では応急措置チームが結成され、メンバー500人以上が機械や車両100台以上、救助物資5千立方メートル以上を調達。住民の生命と財産の安全を守るため、24時間態勢で修復に当たった。決壊箇所は8日午後4時半に無事ふさがった。同県は既に汾河の堤防を13・7キロにわたり補強・かさ上げし、1万7631人を避難させ、県内10カ所の避難所に1800人余りを誘導した。(記者/原勲) =配信日: 2021(令和3)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101102015

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月10日
    (1)汾河で過去57年最大の洪水、黄河河畔を遊水地に山西省

    9日、山西省河津市を流れる汾河。中国山西省河津市を流れる黄河の支流、汾河(ふんが)下流域では9日午前7時40分(日本時間同8時40分)ごろ、連日の降雨と上流から押し寄せた水の影響で、河川流量が最大毎秒985立方メートルに達し、汾河河津水文観測所で1964年に記録されて以降最大の洪水となった。同市党委員会宣伝部が明らかにした。地元政府は人々の生命と財産の安全を守るため、市内連伯村付近の黄河河畔を遊水地とすることを決定。当該地区の住民らは既に避難を終えており、死傷者は報告されていない。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101101840

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:07.28
    2021年10月10日
    「新華社」汾河で過去57年最大の洪水、黄河河畔を遊水地に山西省

    中国山西省河津市を流れる黄河の支流、汾河(ふんが)下流域では9日午前7時40分(日本時間同8時40分)ごろ、連日の降雨と上流から押し寄せた水の影響で、河川流量が最大毎秒985立方メートルに達し、汾河河津水文観測所で1964年に記録されて以降最大の洪水となった。同市党委員会宣伝部が明らかにした。地元政府は人々の生命と財産の安全を守るため、市内連伯村付近の黄河河畔を遊水地とすることを決定。当該地区の住民らは既に避難を終えており、死傷者は報告されていない。(記者/原勛) =配信日: 2021(令和3)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101101841

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月12日
    (1)水害で被災の子どもたち、避難先で勉強山西省稷山県

    11日、山西省運城市稷山県清河鎮の呉璧小学校に設けられた避難所で、授業を受ける荊平村の子どもたち。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県稷峰鎮荊平村では7日夜、大雨の影響で汾河(ふんが)の水があふれ、複数の家屋が浸水、400世帯1300人余りが被災した。同村に住む子ども約100人は全員、清河鎮の呉璧小学校に避難し、在校生らと共に授業を受けている。校内の避難所は寝具や日用品、1日3食の食事を提供し、専門の医療従事者を配置。子どもたちが新たな環境で安心して勉強できるよう配慮している。(稷山=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101209052

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月12日
    (5)水害で被災の子どもたち、避難先で勉強山西省稷山県

    11日、山西省運城市稷山県清河鎮の呉璧小学校に設けられた避難所で、荊平村の子どもたちの食事を盛り付ける職員。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県稷峰鎮荊平村では7日夜、大雨の影響で汾河(ふんが)の水があふれ、複数の家屋が浸水、400世帯1300人余りが被災した。同村に住む子ども約100人は全員、清河鎮の呉璧小学校に避難し、在校生らと共に授業を受けている。校内の避難所は寝具や日用品、1日3食の食事を提供し、専門の医療従事者を配置。子どもたちが新たな環境で安心して勉強できるよう配慮している。(稷山=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101209080

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月12日
    (4)水害で被災の子どもたち、避難先で勉強山西省稷山県

    11日、山西省運城市稷山県清河鎮の呉璧小学校に設けられた避難所で、子どもたちの昼食を準備する食堂スタッフ。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県稷峰鎮荊平村では7日夜、大雨の影響で汾河(ふんが)の水があふれ、複数の家屋が浸水、400世帯1300人余りが被災した。同村に住む子ども約100人は全員、清河鎮の呉璧小学校に避難し、在校生らと共に授業を受けている。校内の避難所は寝具や日用品、1日3食の食事を提供し、専門の医療従事者を配置。子どもたちが新たな環境で安心して勉強できるよう配慮している。(稷山=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101209082

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月12日
    (3)水害で被災の子どもたち、避難先で勉強山西省稷山県

    11日、山西省運城市稷山県清河鎮の呉璧小学校に設けられた避難所で、授業を受ける荊平村の子ども。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県稷峰鎮荊平村では7日夜、大雨の影響で汾河(ふんが)の水があふれ、複数の家屋が浸水、400世帯1300人余りが被災した。同村に住む子ども約100人は全員、清河鎮の呉璧小学校に避難し、在校生らと共に授業を受けている。校内の避難所は寝具や日用品、1日3食の食事を提供し、専門の医療従事者を配置。子どもたちが新たな環境で安心して勉強できるよう配慮している。(稷山=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101209079

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月12日
    (6)水害で被災の子どもたち、避難先で勉強山西省稷山県

    11日、山西省運城市稷山県清河鎮の呉璧小学校に設けられた避難所で、昼食を取る荊平村の子どもたち。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県稷峰鎮荊平村では7日夜、大雨の影響で汾河(ふんが)の水があふれ、複数の家屋が浸水、400世帯1300人余りが被災した。同村に住む子ども約100人は全員、清河鎮の呉璧小学校に避難し、在校生らと共に授業を受けている。校内の避難所は寝具や日用品、1日3食の食事を提供し、専門の医療従事者を配置。子どもたちが新たな環境で安心して勉強できるよう配慮している。(稷山=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101209081

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月12日
    (9)水害で被災の子どもたち、避難先で勉強山西省稷山県

    11日、空から見た山西省運城市稷山県稷峰鎮荊平村の一角。(小型無人機から)中国山西省運城市稷山(しょくさん)県稷峰鎮荊平村では7日夜、大雨の影響で汾河(ふんが)の水があふれ、複数の家屋が浸水、400世帯1300人余りが被災した。同村に住む子ども約100人は全員、清河鎮の呉璧小学校に避難し、在校生らと共に授業を受けている。校内の避難所は寝具や日用品、1日3食の食事を提供し、専門の医療従事者を配置。子どもたちが新たな環境で安心して勉強できるよう配慮している。(稷山=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101209091

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月12日
    (2)水害で被災の子どもたち、避難先で勉強山西省稷山県

    11日、山西省運城市稷山県清河鎮の呉璧小学校に設けられた避難所で、教師の後について教科書を読む荊平村の子どもたち。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県稷峰鎮荊平村では7日夜、大雨の影響で汾河(ふんが)の水があふれ、複数の家屋が浸水、400世帯1300人余りが被災した。同村に住む子ども約100人は全員、清河鎮の呉璧小学校に避難し、在校生らと共に授業を受けている。校内の避難所は寝具や日用品、1日3食の食事を提供し、専門の医療従事者を配置。子どもたちが新たな環境で安心して勉強できるよう配慮している。(稷山=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101209055

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月12日
    (7)水害で被災の子どもたち、避難先で勉強山西省稷山県

    11日、山西省運城市稷山県清河鎮の呉璧小学校に設けられた避難所で、昼寝の準備をする荊平村の子どもたち。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県稷峰鎮荊平村では7日夜、大雨の影響で汾河(ふんが)の水があふれ、複数の家屋が浸水、400世帯1300人余りが被災した。同村に住む子ども約100人は全員、清河鎮の呉璧小学校に避難し、在校生らと共に授業を受けている。校内の避難所は寝具や日用品、1日3食の食事を提供し、専門の医療従事者を配置。子どもたちが新たな環境で安心して勉強できるよう配慮している。(稷山=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101209083

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月12日
    (8)水害で被災の子どもたち、避難先で勉強山西省稷山県

    11日、空から見た山西省運城市稷山県稷峰鎮荊平村の一角。(小型無人機から)中国山西省運城市稷山(しょくさん)県稷峰鎮荊平村では7日夜、大雨の影響で汾河(ふんが)の水があふれ、複数の家屋が浸水、400世帯1300人余りが被災した。同村に住む子ども約100人は全員、清河鎮の呉璧小学校に避難し、在校生らと共に授業を受けている。校内の避難所は寝具や日用品、1日3食の食事を提供し、専門の医療従事者を配置。子どもたちが新たな環境で安心して勉強できるよう配慮している。(稷山=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101209084

  • 2021年12月29日
    (1)汾河湿地公園に多くのサギの姿山西省太原市

    28日、汾河湿地公園で餌を探すサギ(左)。中国山西省太原市の汾河(ふんが)湿地公園では冬に入り、サギの群れが餌を探したり、戯れたりする姿を見せている。同省はここ数年、汾河流域の生態修復に力を入れてきた。環境改善に伴い、汾河湿地に生息する鳥は増加傾向にある。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911853

  • 2021年12月29日
    (7)汾河湿地公園に多くのサギの姿山西省太原市

    28日、汾河湿地公園を舞うサギ。中国山西省太原市の汾河(ふんが)湿地公園では冬に入り、サギの群れが餌を探したり、戯れたりする姿を見せている。同省はここ数年、汾河流域の生態修復に力を入れてきた。環境改善に伴い、汾河湿地に生息する鳥は増加傾向にある。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911861

  • 2021年12月29日
    (4)汾河湿地公園に多くのサギの姿山西省太原市

    28日、汾河湿地公園を散策する市民。中国山西省太原市の汾河(ふんが)湿地公園では冬に入り、サギの群れが餌を探したり、戯れたりする姿を見せている。同省はここ数年、汾河流域の生態修復に力を入れてきた。環境改善に伴い、汾河湿地に生息する鳥は増加傾向にある。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911855

  • 2021年12月29日
    (2)汾河湿地公園に多くのサギの姿山西省太原市

    28日、汾河湿地公園で羽を休めるサギ。中国山西省太原市の汾河(ふんが)湿地公園では冬に入り、サギの群れが餌を探したり、戯れたりする姿を見せている。同省はここ数年、汾河流域の生態修復に力を入れてきた。環境改善に伴い、汾河湿地に生息する鳥は増加傾向にある。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911856

  • 2021年12月29日
    (3)汾河湿地公園に多くのサギの姿山西省太原市

    28日、汾河湿地公園で戯れるサギ。中国山西省太原市の汾河(ふんが)湿地公園では冬に入り、サギの群れが餌を探したり、戯れたりする姿を見せている。同省はここ数年、汾河流域の生態修復に力を入れてきた。環境改善に伴い、汾河湿地に生息する鳥は増加傾向にある。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911858

  • 2021年12月29日
    (5)汾河湿地公園に多くのサギの姿山西省太原市

    28日、汾河湿地公園で餌を探すサギ。中国山西省太原市の汾河(ふんが)湿地公園では冬に入り、サギの群れが餌を探したり、戯れたりする姿を見せている。同省はここ数年、汾河流域の生態修復に力を入れてきた。環境改善に伴い、汾河湿地に生息する鳥は増加傾向にある。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911859

  • 2021年12月29日
    (10)汾河湿地公園に多くのサギの姿山西省太原市

    28日、汾河湿地公園で餌をくわえて飛ぶサギ。中国山西省太原市の汾河(ふんが)湿地公園では冬に入り、サギの群れが餌を探したり、戯れたりする姿を見せている。同省はここ数年、汾河流域の生態修復に力を入れてきた。環境改善に伴い、汾河湿地に生息する鳥は増加傾向にある。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911864

  • 2021年12月29日
    (9)汾河湿地公園に多くのサギの姿山西省太原市

    28日、汾河湿地公園で羽ばたくサギ。中国山西省太原市の汾河(ふんが)湿地公園では冬に入り、サギの群れが餌を探したり、戯れたりする姿を見せている。同省はここ数年、汾河流域の生態修復に力を入れてきた。環境改善に伴い、汾河湿地に生息する鳥は増加傾向にある。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911865

  • 2021年12月29日
    (8)汾河湿地公園に多くのサギの姿山西省太原市

    28日、汾河湿地公園で羽ばたくサギ。中国山西省太原市の汾河(ふんが)湿地公園では冬に入り、サギの群れが餌を探したり、戯れたりする姿を見せている。同省はここ数年、汾河流域の生態修復に力を入れてきた。環境改善に伴い、汾河湿地に生息する鳥は増加傾向にある。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911866

  • 2021年12月29日
    (6)汾河湿地公園に多くのサギの姿山西省太原市

    28日、汾河湿地公園で戯れるサギ。中国山西省太原市の汾河(ふんが)湿地公園では冬に入り、サギの群れが餌を探したり、戯れたりする姿を見せている。同省はここ数年、汾河流域の生態修復に力を入れてきた。環境改善に伴い、汾河湿地に生息する鳥は増加傾向にある。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911857

  • 2021年12月30日
    (7)土砂に埋もれた摩崖造像、再び姿を現す山西省霍州市

    28日、千仏崖摩崖造像の一仏二菩薩二弟子龕。中国山西省考古研究院はこのほど、最新の考古学成果として、一部が土砂に埋没していた霍州(かくしゅう)市の千仏崖摩崖(まがい)造像の発掘結果を公表した。同造像は霍州市の南西7キロにある汾河(ふんが)東岸の切り立った崖に彫られている。長さは約30メートルで、最高部は地上約11メートル。崖壁の中央部から北側に層をなして分布しており、密集部分は8層にもなる。山西省考古研究院が今年、北京大学と霍州市文化・観光局と合同で発掘した。同研究院文博館の研究員、白曙璋(はく・しょしょう)氏によると、千仏崖には龕(がん、仏像を納めるための壁面のくぼみ)70カ所余り、造像約300体が暫定的に確認されており、今回の発掘で約3分の1が再び姿を現したという。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004739

  • 2021年12月30日
    (6)土砂に埋もれた摩崖造像、再び姿を現す山西省霍州市

    28日、千仏崖摩崖造像の十一面観音像。中国山西省考古研究院はこのほど、最新の考古学成果として、一部が土砂に埋没していた霍州(かくしゅう)市の千仏崖摩崖(まがい)造像の発掘結果を公表した。同造像は霍州市の南西7キロにある汾河(ふんが)東岸の切り立った崖に彫られている。長さは約30メートルで、最高部は地上約11メートル。崖壁の中央部から北側に層をなして分布しており、密集部分は8層にもなる。山西省考古研究院が今年、北京大学と霍州市文化・観光局と合同で発掘した。同研究院文博館の研究員、白曙璋(はく・しょしょう)氏によると、千仏崖には龕(がん、仏像を納めるための壁面のくぼみ)70カ所余り、造像約300体が暫定的に確認されており、今回の発掘で約3分の1が再び姿を現したという。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004740

  • 2021年12月30日
    (1)土砂に埋もれた摩崖造像、再び姿を現す山西省霍州市

    28日、千仏崖の本尊大仏像。中国山西省考古研究院はこのほど、最新の考古学成果として、一部が土砂に埋没していた霍州(かくしゅう)市の千仏崖摩崖(まがい)造像の発掘結果を公表した。同造像は霍州市の南西7キロにある汾河(ふんが)東岸の切り立った崖に彫られている。長さは約30メートルで、最高部は地上約11メートル。崖壁の中央部から北側に層をなして分布しており、密集部分は8層にもなる。山西省考古研究院が今年、北京大学と霍州市文化・観光局と合同で発掘した。同研究院文博館の研究員、白曙璋(はく・しょしょう)氏によると、千仏崖には龕(がん、仏像を納めるための壁面のくぼみ)70カ所余り、造像約300体が暫定的に確認されており、今回の発掘で約3分の1が再び姿を現したという。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004708

  • 2021年12月30日
    (2)土砂に埋もれた摩崖造像、再び姿を現す山西省霍州市

    28日、千仏崖摩崖造像群の龕(部分)。中国山西省考古研究院はこのほど、最新の考古学成果として、一部が土砂に埋没していた霍州(かくしゅう)市の千仏崖摩崖(まがい)造像の発掘結果を公表した。同造像は霍州市の南西7キロにある汾河(ふんが)東岸の切り立った崖に彫られている。長さは約30メートルで、最高部は地上約11メートル。崖壁の中央部から北側に層をなして分布しており、密集部分は8層にもなる。山西省考古研究院が今年、北京大学と霍州市文化・観光局と合同で発掘した。同研究院文博館の研究員、白曙璋(はく・しょしょう)氏によると、千仏崖には龕(がん、仏像を納めるための壁面のくぼみ)70カ所余り、造像約300体が暫定的に確認されており、今回の発掘で約3分の1が再び姿を現したという。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004729

  • 2021年12月30日
    (3)土砂に埋もれた摩崖造像、再び姿を現す山西省霍州市

    28日、千仏崖摩崖造像の一仏二菩薩龕。中国山西省考古研究院はこのほど、最新の考古学成果として、一部が土砂に埋没していた霍州(かくしゅう)市の千仏崖摩崖(まがい)造像の発掘結果を公表した。同造像は霍州市の南西7キロにある汾河(ふんが)東岸の切り立った崖に彫られている。長さは約30メートルで、最高部は地上約11メートル。崖壁の中央部から北側に層をなして分布しており、密集部分は8層にもなる。山西省考古研究院が今年、北京大学と霍州市文化・観光局と合同で発掘した。同研究院文博館の研究員、白曙璋(はく・しょしょう)氏によると、千仏崖には龕(がん、仏像を納めるための壁面のくぼみ)70カ所余り、造像約300体が暫定的に確認されており、今回の発掘で約3分の1が再び姿を現したという。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004730

  • 2021年12月30日
    (5)土砂に埋もれた摩崖造像、再び姿を現す山西省霍州市

    28日、千仏崖摩崖造像の十一面観音像。中国山西省考古研究院はこのほど、最新の考古学成果として、一部が土砂に埋没していた霍州(かくしゅう)市の千仏崖摩崖(まがい)造像の発掘結果を公表した。同造像は霍州市の南西7キロにある汾河(ふんが)東岸の切り立った崖に彫られている。長さは約30メートルで、最高部は地上約11メートル。崖壁の中央部から北側に層をなして分布しており、密集部分は8層にもなる。山西省考古研究院が今年、北京大学と霍州市文化・観光局と合同で発掘した。同研究院文博館の研究員、白曙璋(はく・しょしょう)氏によると、千仏崖には龕(がん、仏像を納めるための壁面のくぼみ)70カ所余り、造像約300体が暫定的に確認されており、今回の発掘で約3分の1が再び姿を現したという。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004734

  • 2022年01月01日
    (8)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    昔ながらの方法で澄泥硯を作る職人。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/呂夢琦)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103928

  • 2022年01月01日
    (3)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    昔ながらの方法で澄泥硯を作る職人。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/呂夢琦)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103891

  • 2022年01月01日
    (4)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    完成した澄泥硯。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/呂夢琦)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103892

  • 01:03.24
    2022年01月01日
    「新華社」文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。中でも「澄泥」は、澄泥硯を作る上で最も特徴的な工程の一つとされる。職人は、大きなかめ、きめの細かい絹の袋、異なる目の細かさのふるいで十数回も泥をろ過し、素材の純度を高める。ろ過された泥は、冷暗所で少なくとも1年間寝かされる。その後、泥をこねて中の気泡を抜く。この工程が極めて重要で、十分にこねなければ後の工程で素地にひび割れが生じる。職人は設計図に基づき、陰干しした硯の素地に細やかな彫刻を施す。続いて紙やすりで磨き、焼成し、水で磨いて艶出しすれば澄泥硯が完成する。(記者/呂夢琦、趙陽、王皓、高剣飛、陳志豪) =配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103637

  • 2022年01月01日
    (2)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    完成した澄泥硯。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/王皓)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103897

  • 2022年01月01日
    (6)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    澄泥硯を彫る工程を体験する英国人のマークさん。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/王皓)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103918

  • 2022年01月01日
    (1)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    昔ながらの方法で澄泥硯を作る職人。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/呂夢琦)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103898

  • 2022年01月01日
    (7)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    彫刻を終えた澄泥硯。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/王皓)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103920

  • 2022年01月01日
    (5)文房四宝に秘められた中国の記憶「澄泥硯」山西省新絳県

    澄泥硯に彫刻を施す職人。(2021年7月28日撮影)文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。澄泥硯(ちょうでいけん)は端硯(たんけん)、歙硯(きゅうけん)、洮河硯(とうがけん)と並び「中国四大名硯」と呼ばれる。四大名硯の中で、川や湖に堆積した沈泥を焼いて作る唯一の陶硯でもある。澄泥硯の産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)が最も知られている。絳州の澄泥硯は汾河(ふんが)の沈泥を使い、ろ過や素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経て完成する。(新絳=新華社記者/王皓)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103899

  • 1