KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 沖縄県立芸術大学
  • 記者
  • 国宝
  • 指定
  • 中国語
  • 学者
  • 愛好家
  • 磁器
  • 紹介

「沖縄県立藝術大学」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、「曜変之路」建盞展示館で日本所蔵の建盞を中国語で解説する森氏。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200330

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、「曜変之路」建盞展示館で日本の建盞を中国語で解説する森氏。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200282

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、「曜変之路」建盞展示館で中国の曜変天目茶碗がどのように日本へ伝わったかを中国語で解説する森氏。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200272

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、「曜変之路」建盞展示館で中国の曜変天目茶碗がどのように日本へ伝わったかを中国語で解説する森氏。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200273

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、「曜変之路」建盞展示館で中国の曜変天目茶碗がどのように日本へ伝わったかを中国語で解説する森氏。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200283

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、「曜変之路」建盞展示館で中国の曜変天目茶碗がどのように日本へ伝わったかを中国語で解説する森氏。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200333

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、福建省南平市建陽区の「曜変之路」建盞展示館。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200264

  • 2019年03月28日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    3月28日、福建省南平市建陽区にある建陽建窯建盞協会の李細妹(中央)副会長の工房で記念撮影する長江惣吉さん(前列右から二人目)と沖縄県立芸術大学の森達也教授(前列左から二人目)。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200347

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、「曜変之路」建盞展示館で中国の曜変天目茶碗がどのように日本へ伝わったかを中国語で解説する森氏。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200387

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、満席となった「曜変之路」建盞展示館での森氏の講座。森氏の話は多くの建盞愛好家を引きつけた。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200269

  • 2019年03月28日
    陶芸家·長江惣吉さん、建盞の故郷を訪ね歩く

    3月28日、福建省南平市建陽区にある建陽建窯建盞協会の李細妹(中央)副会長の工房で記念撮影する長江惣吉さん(前列右から二人目)と沖縄県立芸術大学の森達也教授(前列左から二人目)。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため同省南平市建陽区を訪れ、同地の陶芸家たちと交流した。長江さんは江戸時代から陶芸を営む家に生まれた。歴代当主は代々「惣吉」の名を受け継ぎ、長江さんで9代目となる。8代目の父が「曜変天目」に再現に取り組み始め、父なき後は長江さんが引き継いだ。親子2代で既に72年になる。長江さんはこれまで30回以上建陽を訪れている。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100463

  • 1