KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 米軍普天間飛行場
  • 名護市辺野古
  • 玉城デニー
  • 翁長雄志
  • 宜野湾市
  • 辺野古移設
  • 那覇市内
  • 埋め立て
  • 沖縄県民
  • 移設反対

「沖縄県那覇市」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
41
( 1 41 件を表示)
  • 1
41
( 1 41 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:05.50
    2020年12月18日
    「沖縄の不条理変わらず」 コザ暴動見た玉城知事

    米軍統治下の沖縄で、民衆が米軍車両を焼き払った1970年の「コザ暴動」から20日で50年。当時小学5年で現場近くに住んでいた沖縄県の玉城デニー知事は、多くの車がひっくり返された光景を目に焼き付けている。米軍人・軍属らの犯罪に対し、沖縄側に捜査、裁判権はなかった。「あの頃も今も不条理は変わっていない」と訴える。<映像内容>玉城知事のインタビュー、撮影日:2020(令和2)年12月18日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2020(令和2)年12月18日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:30.59
    2020年10月31日
    首里城で消火訓練 迅速放水へホース延長確認

    首里城(那覇市)の火災から1年となった31日、市消防局が首里城公園で消火訓練をした。昨年10月の火災では人力でホースを延ばすのに時間を要したことから、専用機材を使った迅速な放水の手順を確認した。 日の出前の午前5時半ごろに始まり、消防隊員や消防団員ら約70人が参加。城郭内の「広福門」から出火したとの想定で、公園の警備員が消火器などで初期消火にあたった。城郭内は消防車両が入れない構造のため、城郭入り口の防火水槽そばに停車。消防隊は、連結したホースを出火元へのばした。 <映像内容>自衛消防の「広福門」への出動、放水、消防隊員の放水、のぼり旗など現場指揮本部の様子、消防幹部の講評や囲みなど、撮影日:2020(令和2)年10月31日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2020(令和2)年10月31日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:03.26
    2020年10月31日
    琉球王朝の雰囲気包む 首里城祭で伝統芸能披露

    首里城(那覇市)の正殿などが焼失した火災から1年となった31日、現地で首里城祭が開幕し、訪れた人からは再建を心待ちにする声が聞かれた。11月3日までの期間中、首里城公園では伝統芸能などが披露され、琉球王朝時代の雰囲気を味わうことができる。毎年この時期に開催。昨年は火災を受け、期間途中で中止となった。 公募で選ばれた国王と王妃は、赤が基調の衣装で午前11時ごろ、焼失した正殿跡付近に登場。来場者らの前を練り歩き撮影に応じた。<映像内容>国王・王妃の入り、世誇殿前下の庭や、世誇殿前に立つ国王・王妃など、撮影日:2020(令和2)年10月31日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2020(令和2)年10月31日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:17.23
    2020年10月30日
    首里城、王朝絵巻を投影 31日で火災1年

    首里城(那覇市)の火災から31日で1年となるのを前に、琉球王朝時代をイメージした映像を門や城壁に投影するプロジェクションマッピングが30日、首里城公園で始まった。復興への機運を高めようと沖縄県が主催。11月1日までだが、事前予約制で既に定員に達した。  <映像内容>那覇市の首里城の火災の跡地の様子、新設したプレハブ小屋の「復興展示室」を玉城デニー知事が視察する様子、知事のコメント、プロジェクションマッピング、撮影日:2020(令和2)年10月30日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2020(令和2)年10月30日

  • 02:09.36
    2020年06月08日
    辺野古反対が過半数 沖縄県議選 民意、重ねて示す

    任期満了に伴う沖縄県議選(定数48)は7日投開票され、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する候補が過半数を獲得した。沖縄では昨年2月の県民投票で辺野古沿岸部の埋め立て反対が7割超を占め、その後の国政選挙でも辺野古反対派が相次ぎ当選し、民意が重ねて示された形だ。<映像内容>玉城(たまき)デニー沖縄県知事の総括会見。、撮影日:2020(令和2)年6月8日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2020(令和2)年6月8日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:27.68
    2020年02月04日
    首里城、全焼の正殿公開 「見せる再建」へ

    昨年10月に火災があった首里城(那覇市)を管理する一般財団法人「沖縄美ら島財団」などは4日、沖縄県警が火災の捜査を終結したことを受け、出火場所とみられる正殿周辺を含む火災現場を報道陣に公開した。県などは一般向けの立ち入りエリアを広げ、「見せる再建」を進める。奉神門から先にある焼失建物の公開は初めて。正殿跡にはがれきが散乱し、正面には竜をかたどった「大龍柱(だいりゅうちゅう)」一対がすすけた状態で立っていた。北殿や南殿・番所(ばんどころ)は骨組みが残ったが、赤瓦が落ちたり、窓ガラスが割れたりしていた。県や政府は、3月上旬から首里城公園内でプロジェクションマッピングをしたり、今春の大型連休をめどに一般公開したりして、観光客誘致に力を入れる方針だ。<映像内容>がれきが散乱する正殿跡、すすけた状態で立つ「大龍柱」一対、骨組みが残った北殿や南殿・番所など、撮影日:2020(令和2)年2月4日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2020(令和2)年2月4日

  • 01:05.96
    2020年01月11日
    海自哨戒機 中東へ出発 第1陣、20日から活動

    海上自衛隊のP3C哨戒機2機は11日、中東海域での情報収集活動に当たるため、那覇航空基地(那覇市)を出発した。河野太郎防衛相による派遣命令を受けた第1陣で、20日から現地で活動を始める。防衛省設置法の「調査・研究」に基づく初の海外への長期派遣。期間は約1年とし、延長も可能だ。<映像内容>出発式典、河野防衛大臣入り、あいさつ、家族と隊員の雑観、基地を出発するP3C哨戒機、見送りする様子、撮影日:2020(令和2)年1月11日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2020(令和2)年1月11日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:06.50
    2019年12月17日
    首里城、焼け跡を公開 崩れかかる建物、復興長く

    焼失した首里城(那覇市)を管理する一般財団法人「沖縄美ら島財団」などが17日、焼け跡を報道陣に公開した。火災から約1カ月半。全焼した正殿に向かい合う「奉神門」からは、崩れかかった北殿や南殿の様子が分かり、復興までの道のりの長さを確認できた。<映像内容>那覇市で公開された焼失した首里城。17日午後2時半ごろ~3時ごろまで撮影、撮影日:2019(令和元)年12月17日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2019(令和元)年12月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:26.04
    2019年11月26日
    埋め立て承認撤回求める 那覇地裁、口頭弁論開始

    米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を国土交通相が取り消す裁決をしたのは違法だとして、県が国に裁決取り消しを求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、那覇地裁であった。<映像内容>那覇地裁外観、支援集会冒頭や集会締めくくりのがんばろう三唱、玉城デニー知事あいさつ、知事が集会を終えて裁判所へ向かう様子、撮影日:2019(令和元)年11月26日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2019(令和元)年11月26日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:50.81
    2019年11月06日
    空撮 出火原因、電気系統が濃厚 首里城火災7日で1週間

    首里城(那覇市)の火災で市消防局は6日、出火原因は正殿の電気系統が濃厚との見解を発表した。正殿を含む主要施設7棟が焼けた惨事から7日で1週間。沖縄県警と消防は、出火前後に大きな光が点滅した正殿1階北東側を出火場所とほぼ断定し、原因特定に向け、実況見分を続ける。<映像内容>火災から7日で1週間を迎える首里城の空撮、撮影日:2019(令和元)年11月6日、撮影場所:沖縄県那覇市 首里城

    撮影: 2019(令和元)年11月6日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.54
    2019年11月01日
    空撮 首里城火災で実況見分 正殿中心に、依然煙も

    那覇市の首里城で主要施設の正殿などが全焼した火災で、沖縄県警と消防は1日、実況見分を始めた。火災当時の状況などから、正殿内の北側付近から出火したとみており、正殿を中心に調べて原因の特定を急ぐ。<映像内容>首里城の実況見分する様子の空撮、撮影日:2019(令和元)年11月1日、撮影場所:沖縄県那覇市 首里城

    撮影: 2019(令和元)年11月1日

  • 00:06.30
    2019年10月31日
    「沖縄タイムス」那覇・首里城で火災

    炎上する首里城=2019(令和)年10月31日、沖縄県那覇市、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 00:56.05
    2019年10月31日
    「沖縄タイムス」空撮 那覇・首里城で火災

    完全に焼け落ちた首里城正殿=2019(令和)年10月31日、沖縄県那覇市、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 00:27.82
    2019年10月31日
    「沖縄タイムス」那覇・首里城で火災

    炎上する首里城=2019(令和)年10月31日、沖縄県那覇市、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 00:09.39
    2019年10月31日
    「沖縄タイムス」那覇・首里城で火災

    炎上する首里城=2019(令和)年10月31日、沖縄県那覇市、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 02:25.34
    2019年07月21日
    参院選 無所属の高良鉄美氏

    第25回参院選は21日、投票、即日開票された。〈映像内容〉沖縄県の辺野古移設に反対する野党や団体でつくる勢力「オール沖縄」が支援する無所属新人高良鉄美氏の万歳と記者会見、撮影日:2019(令和元)年7月21日、撮影場所:沖縄県 那覇市

    撮影: 2019(令和元)年7月21日

  • 02:29.61
    2019年03月16日
    投票踏まえ沖縄県民大会 主催者発表で1万人超

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「県民大会」が16日、那覇市で開かれた。主催者発表で1万人超が参加。有効票の7割超が辺野古沿岸部の埋め立てに反対した2月の県民投票を踏まえ、日米両政府に対し、辺野古の新基地建設を断念した上で普天間の運用を即時停止し、撤去を求める決議を採択した。〈映像内容〉那覇市で開かれた名護市辺野古移設に反対する「県民大会」、謝花喜一郎(じゃはな・きいちろう)副知事は、欠席した玉城(たまき)デニー知事のメッセージを披露、主催の辺野古移設反対の政党や市民団体でつくる「オール沖縄会議」共同代表の稲嶺進(いなみね・すすむ)・前名護市長は演説、撮影日:2019(平成31)年3月16日、撮影場所:沖縄県 那覇市

    撮影: 2019(平成31)年3月16日

  • 03:16.63
    2019年03月14日
    玉城沖縄県知事インタビュー 辺野古、国際社会に訴求へ

    沖縄県の玉城デニー知事は14日、県庁で共同通信のインタビューに応じ、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る問題について、国際社会への訴えを強化する考えを示した。〈映像内容〉玉城知事のインタビューの様子、撮影日:2019(平成31)年3月14日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2019(平成31)年3月14日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:34.79
    2018年12月13日
    反対派リーダー二審も有罪 辺野古移設巡り高裁那覇

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に問われた反対派リーダーで沖縄平和運動センター議長、山城博治(やましろ・ひろじ)被告(66)の控訴審判決で、福岡高裁那覇支部は13日、懲役2年、執行猶予3年とした一審那覇地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。 〈映像内容〉那覇市内の福岡高裁那覇支部の外観、山城被告らの入り、旗出し、判決後の山城被告のあいさつ、撮影日:2018(平成30)年12月13日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2018(平成30)年12月13日

  • 02:13.26
    2018年10月21日
    那覇市長に現職再選 辺野古反対派が政権側破る

    任期満了に伴う那覇市長選は21日投開票され、無所属の現職城間幹子氏(67)が、無所属新人の元沖縄県議翁長政俊氏(69)=自民、公明、維新、希望推薦=を破り、再選された。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する玉城デニー知事や野党が支援する城間氏が、安倍政権の推す翁長氏との「代理対決」を制した。〈映像内容〉城間氏の選挙事務所入り、喜ぶ城間氏、万歳、城間氏インタビュー、玉城知事インタビュー、撮影日:2018(平成30)年10月21日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2018(平成30)年10月21日

  • 04:10.38
    2018年10月09日
    「翁長氏遺志引き継ぐ」 沖縄県民葬で玉城知事

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設反対を訴え、8月に膵がんのため67歳で死去した翁長雄志前沖縄県知事の県民葬が9日、那覇市で営まれた。玉城デニー知事は式辞で「新基地の阻止に取り組み、沖縄の民意を訴え続け多くの共感を得た。県民は遺志を引き継ぐ」と功績をたたえた。安倍晋三首相は「基地負担の軽減に向けて、一つ一つ確実に結果を出す決意だ。県民の気持ちに寄り添い、振興、発展のために全力を尽くす」とする追悼のメッセージを寄せた。菅義偉官房長官が代読した。<映像内容>祭壇や遺影、会場へ遺族入場、黙とう、玉城デニー沖縄県知事式辞、首相代理の菅義偉官房長官が追悼の辞、雑観、撮影日:2018(平成30)年10月9日、撮影場所:沖縄県那覇市内

    撮影: 2018(平成30)年10月9日

  • 03:23.90
    2018年09月30日
    玉城氏、当選に喜び 沖縄県知事選

    沖縄県の翁長雄志知事の死去に伴う知事選が30日投開票され、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する前衆院議員玉城デニー氏(58)が、移設を推進する安倍政権が支援した前宜野湾市長佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=ら3人を破り、初当選した。翁長氏に続く反対派知事の誕生により、政府の移設スケジュールに影響が出るのは必至で、政権への大きな打撃となった。〈映像内容〉玉城デニー氏の入り、踊りなどの喜びの表情、お茶で乾杯、孫の笑茉(えま)ちゃんを抱っこした様子、撮影日:2018(平成30)年9月30日、撮影場所:沖縄県那覇市内

    撮影: 2018(平成30)年9月30日

  • 04:38.04
    2018年09月30日
    佐喜真氏の敗戦の弁 沖縄県知事選

    沖縄県の翁長雄志知事の死去に伴う知事選が30日投開票され、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する前衆院議員玉城デニー氏(58)が、移設を推進する安倍政権が支援した前宜野湾市長佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=ら3人を破り、初当選した。翁長氏に続く反対派知事の誕生により、政府の移設スケジュールに影響が出るのは必至で、政権への大きな打撃となった。〈映像内容〉佐喜真氏のホテル会場での敗戦の弁、入りや集まった支持者の様子、撮影日:2018(平成30)年9月30日、撮影場所:沖縄県那覇市内

    撮影: 2018(平成30)年9月30日

  • 04:12.08
    2018年08月11日
    県民大会で翁長氏悼む 沖縄、辺野古移設反対訴え

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「県民大会」が11日、那覇市の奥武山公園で開かれた。参加者は大会の冒頭、反対運動の象徴的存在で8日に死去した翁長雄志知事を悼んで全員で黙とうをささげ、移設反対を訴えた。〈映像内容〉参加者やのぼり、シュプレヒコールの様子などの会場雑観、翁長知事への黙とうの様子など。翁長知事の次男で那覇市議の雄治氏、沖縄平和運動センターの山城博治議長、謝花喜一郎副知事あいさつなど、撮影日:2018(平成30)年8月11日、撮影場所:沖縄県那覇市 奥武山公園

    撮影: 2018(平成30)年8月11日

  • 04:09.08
    2018年08月10日
    翁長氏通夜、急逝惜しむ 通夜会場祭壇や参列者囲み

    沖縄の過重な基地負担軽減を訴え続け、8日に67歳で急逝した翁長雄志沖縄県知事の通夜が10日、那覇市の大典寺で営まれた。「沖縄のために全力を尽くしてくれた」(読谷村の会社役員)として多くの県民が参列し、会場は悲しみに包まれた。元知事や菅義偉官房長官ら政界関係者も訪れ、突然の別れを惜しんだ。祭壇には色とりどりの花が添えられ、笑顔の翁長氏の遺影が飾られた。<映像内容>通夜の会場大典寺、祭壇・遺影雑観、寺に到着した翁長知事のひつぎ、菅官房長官が到着、弔問を終えた菅氏ぶら下がり、稲嶺恵一元知事、糸数慶子参院議員、弔問に訪れた人々、撮影日:2018(平成30)年8月10日、撮影場所:沖縄県那覇市 大典寺

    撮影: 2018(平成30)年8月10日

  • 03:24.20
    2018年02月05日
    辺野古反対の現職敗れる 翁長氏、求心力低下も

    沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設が最大の争点となった名護市長選は4日投開票の結果、移設を進める安倍政権が支援した元名護市議の無所属新人渡具知武豊(とぐち・たけとよ)氏(56)(自民、公明、維新推薦)が、反対を訴えた無所属現職稲嶺進(いなみね・すすむ)氏(72)(民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民支持)を破り初当選した。〈映像内容〉翁長雄志(おなが・たけし)知事の記者会見、撮影日:2018(平成30)年2月5日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2018(平成30)年2月5日

  • 05:28.02
    2016年09月19日
    世界最古の釣り針出土 沖縄・サキタリ洞遺跡

    沖縄県立博物館・美術館(那覇市)は19日、同県南城市のサキタリ洞遺跡から、世界最古となる約2万3千年前(後期旧石器時代)の釣り針が出土したと発表した。巻き貝製で、旧石器時代の漁労具は国内でも初の発見。同館は「陸上での狩猟が中心と考えられていた旧石器時代の新たな一面がうかがえる貴重な資料だ」としている。 <映像内容>記者会見のもよう(右から1人目は沖縄県立博物館・美術館の山崎真治主任、2人目が藤田祐樹主任)と、釣り針などの出土物の物撮り、発掘現場とその場での説明、沖縄県立博物館・美術館の藤田祐樹主任のインタビュー、撮影日:2016(平成28)年9月19日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2016(平成28)年9月19日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:15.34
    2016年09月16日
    辺野古移設、沖縄県が敗訴 福岡高裁支部、初判断

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、沿岸部の埋め立て承認を取り消した処分を翁長雄志(おなが・たけし)知事が撤回しないのは違法だとして、国が知事を相手取り起こした訴訟で、福岡高裁那覇支部は16日、知事の対応を「違法」と判断し、県側敗訴の判決を言い渡した。<映像内容> 沖縄県那覇市の福岡高裁那覇支部外観、県側の入り、傍聴券を求める人、県側の集会、県側の竹下勇夫弁護士のあいさつなど、撮影日:2016(平成28)年9月16日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2016(平成28)年9月16日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:56.87
    2016年06月19日
    空撮と地上撮 沖縄、抗議の「県民大会」 6万5千人、被害女性追悼

    沖縄で米軍属が逮捕された女性暴行殺害事件に抗議し、被害女性を追悼する「県民大会」が19日、那覇市の奥武山(おうのやま)公園で開かれ、約6万5千人(主催者発表)が参加しました。大会には翁長雄志(おなが・たけし)知事ら出席。<映像内容>那覇市で行われた沖縄で米軍属が逮捕された女性暴行殺害事件に抗議し、被害女性を追悼する「県民大会」の様子、翁長雄志知事の話、大会雑観、「県民大会」が行われた那覇市の奥武山公園の空撮、撮影日:2016(平成28)年6月19日、撮影場所:沖縄県那覇市、東京都内

    撮影: 2016(平成28)年6月19日

  • 00:39.90
    2016年01月24日
    沖縄・那覇市で最低気温8・9度 西日本で大雪

    日本列島は24日、上空に今冬一番の強い寒気が入り、西日本(近畿、中四国、九州)を中心に大雪になった。長崎市や鹿児島市など九州の平野部でも積雪を観測した。沖縄も冷え込み、那覇市の24日朝の最低気温は8・9度だった。 〈映像内容〉那覇市内の様子、雑観、撮影日:2016(平成28)年1月24日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2016(平成28)年1月24日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    06:13.07
    2015年12月02日
    沖縄 戦後 米軍基地 高等裁判 辺野古代執行訴訟で知事が意見陳述

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に向け、翁長雄志知事による埋め立て承認取り消しを撤回するよう国が求めた「代執行訴訟」の第1回口頭弁論が2日午後、福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)で開かれた。基地問題をめぐり双方が法廷で争うのは、1995年に米軍用地の強制使用に必要な代理署名を拒否した当時の大田昌秀知事に職務執行命令を求める訴訟を国が起こして以来、20年ぶり。2日の弁論には翁長氏が出廷し、意見陳述する予定だ。<映像内容>裁判所外観、看板、翁長知事の入り、裁判所前での集会で話す翁長知事など、撮影日:2015(平成27)年12月2日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2015(平成27)年12月2日

  • 07:39.32
    2015年08月11日
    菅氏、集中協議へ沖縄入り 翁長氏「気持ちに距離」

    菅義偉官房長官は11日夕、沖縄県入りした。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題をめぐり、翁長雄志(おなが・たけし)知事と集中協議の初会合を12日午後に県庁で開く。これに先立ち、両氏は11日夜に那覇市で食事を交え会談。翁長氏は普天間問題をめぐる溝を念頭に「沖縄と政府の気持ちに距離があると、個別の問題はすれ違う」と指摘し、政府側に対応を求めた。〈映像内容〉会食場所への翁長知事の入り、官房長官入り、官房長官の出、翁長知事の囲み会見など、撮影日:2015(平成27)年8月11日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2015(平成27)年8月11日

  • 10:40.40
    2015年05月17日
    那覇で沖縄県民大会 翁長知事が辺野古移設に反対表明

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「沖縄県民大会」が17日、那覇市の野球場で開かれ、県内外から約3万5千人(主催者発表)が集まった。翁長雄志知事は「辺野古に新基地は造らせないとの公約実現に全力で取り組む」と表明。スタンドからグラウンドまで埋め尽くした市民らは大きな拍手で賛同した。 〈映像内容〉県民集会の様子、辺野古反対を訴える翁長知事、撮影日:2015(平成27)年5月17日、撮影場所:沖縄県 那覇市

    撮影: 2015(平成27)年5月17日

  • 06:12.00
    2015年05月17日
    空撮 「辺野古に新基地は造らせない」 那覇で沖縄県民大会、翁長氏表明

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「沖縄県民大会」が17日、那覇市の野球場で開かれ、県内外から約3万5千人(主催者発表)が集まった。翁長雄志知事は「辺野古に新基地は造らせないとの公約実現に全力で取り組む」と表明。スタンドからグラウンドまで埋め尽くした市民らは大きな拍手で賛同した。〈映像内容〉上空から撮影した県民集会、辺野古空撮、撮影日:2015(平成27)年5月17日、撮影場所:沖縄県那覇市 野球場

    撮影: 2015(平成27)年5月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:48.71
    2014年10月11日
    台風19号北上 沖縄は暴風 那覇市内も人影まばら

    大型で非常に強い台風19号は11日、沖縄の南海上を北上した。12日未明から早朝にかけ、沖縄本島を通過する恐れがある。気象庁は暴風や高波、土砂災害などに警戒を呼び掛けた。13日は強い勢力のまま九州南部に接近し、その後は日本列島の太平洋側を沿うように進む見込み。<映像内容>台風に備える那覇市内のホテル従業員、人影もほとんどない那覇市中心部の国際通り、撮影日:2014(平成26)年10月11日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2014(平成26)年10月11日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:45.27
    2013年06月22日
    資料映像 那覇・首里城の全景

    31日午前2時40分ごろ、那覇市の首里城で「煙が上がっている」と警備会社から119番があった。正殿などが激しい炎を上げて燃え、消防車両が10台以上出動して消火に当たったが、首里城の正殿と北殿、南殿がいずれも全焼した。<映像内容>全焼した正殿と、首里城跡や世界遺産と表示された看板などの資料映像、撮影日:2013(平成25)年6月22日、撮影場所:沖縄県那覇市 首里城

    撮影: 2013(平成25)年6月22日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:58.17
    2007年08月21日
    空撮 原形とどめない機体左側面 事故調委の実況見分を公開 (1/5)

    那覇空港の中華航空機炎上事故で、国土交通省那覇空港事務所は21日午前、報道陣の駐機場付近の立ち入りを許可し、航空・鉄道事故調査委員会の調査官らが事故機を実況見分する様子を公開した。事故機は左側面の損傷が激しく、左主翼や左エンジンはほとんど原形をとどめていない。胴体部分は骨組みが残るだけで側面に大きな穴が開き、焼け焦げた座席シートが並んでいた<映像内容>爆発、炎上した中華航空機の実況見分の様子、空撮、撮影日:2007(平成19)年8月21日、撮影場所:沖縄県の那覇空港

    撮影: 2007(平成19)年8月21日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:55.07
    2007年08月20日
    中華航空機が爆発、炎上 乗客乗員165人脱出 (2/2)

    20日午前10時半ごろ、那覇市の那覇空港で、台北発那覇行きの中華航空120便ボーイング737―800型(猷建国機長、乗客157人、乗員8人)が着陸した後、駐機場で爆発、炎上した。国土交通省によると、乗客は全員、非常脱出用のシューターを使って脱出、乗員も脱出し全員無事<映像内容>爆発、炎上した中華航空機、展望台から事故機を見る人たち、撮影日:2007(平成19)年8月20日、撮影場所:沖縄県の那覇空港

    撮影: 2007(平成19)年8月20日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:33.29
    2007年08月20日
    空撮 中華航空機が爆発、炎上 乗客乗員165人脱出 (1/2)

    20日午前10時半ごろ、那覇市の那覇空港で、台北発那覇行きの中華航空120便ボーイング737―800型(猷建国機長、乗客157人、乗員8人)が着陸した後、駐機場で爆発、炎上した。国土交通省によると、乗客は全員、非常脱出用のシューターを使って脱出、乗員も脱出し全員無事<映像内容>爆発、炎上した中華航空機、空撮、撮影日:2007(平成19)年8月20日、撮影場所:沖縄県の那覇空港

    撮影: 2007(平成19)年8月20日

  • 02:57.14
    2007年04月22日
    参院沖縄補選は与党系の島尻氏

    22日に行われた参院沖縄補選は、自公推薦の諸派新人、島尻安伊子氏(42)が当選。「精いっぱい沖縄のために尽くしたい」。島尻氏は、小学生の娘から花束をもらい、涙ぐみながら新たな決意を口にした<映像内容>事務所入りする島尻氏、万歳三唱する、インタビューに答える、だるまに目を入れる様子、敗戦の弁を述べる野党4党推薦の諸派新人、狩俣吉正氏、撮影日:2007(平成19)年4月22日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2007(平成19)年4月22日

  • 02:54.74
    2006年11月19日
    沖縄知事に仲井真氏初当選 普天間の移設前進へ

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を争点とする沖縄県知事選は19日投票、即日開票の結果、無所属新人で、自民、公明両党推薦の沖縄電力元会長仲井真弘多(なかいま・ひろかず)氏(67)が、新人で民主党など野党六党が推す前参院議員糸数慶子(いとかず・けいこ)氏(59)らを破り初当選した。投票率は64・54%で過去最低だった前回知事選を7・32ポイント上回った。仲井真氏は普天間移設をめぐり、条件次第で県内移設を容認する構え。暫定ヘリポート案の取り扱いなどで政府と地元が一致点を見いだせれば、普天間移設が前進する見通しだ<映像内容>当確の報を受け選挙事務所に入る仲井真氏、支援者とともに万歳をする様子、インタビューに応じて普天間移設問題について話す、落選した糸数慶子氏が敗戦の弁を述べる様子、撮影日:2006(平成18)年11月19日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2006(平成18)年11月19日

  • 1