KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 仕事
  • 出稼ぎ
  • 周辺
  • 地域
  • 女性
  • 家庭
  • 家族
  • 平成
  • 彼女たち
  • 従業員

「沙坪鎮」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年03月21日
    手作り提灯「留守婦女」の増収を支援

    21日、銀豊伝統工芸品工場で、提灯を作る従業員。中国湖北省崇陽県沙坪鎮には古くから提灯工芸品を手作りする伝統があり、今ではこの技術が、農村の「留守婦女」(夫の出稼ぎ後、単独あるいは他の家族と本籍地に残る婦女を指す)に、家庭と仕事を両立させる手だてを作り出している。同鎮(鎮は日本の町や村に相当)の銀豊伝統工芸品工場の従業員200余人は、いずれも周辺の農村から来た女性たちだ。彼女たちが手作りする金粉が施された提灯は、長年にわたり欧州や東南アジアの20以上の国と地域に向けて販売されており、外国人ビジネスマンや顧客から好評を得ているという。(武漢=新華社記者/程敏)=2018(平成30)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032600998

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年03月21日
    手作り提灯「留守婦女」の増収を支援

    21日、銀豊伝統工芸品工場で、提灯作りに励む従業員。中国湖北省崇陽県沙坪鎮には古くから提灯工芸品を手作りする伝統があり、今ではこの技術が、農村の「留守婦女」(夫の出稼ぎ後、単独あるいは他の家族と本籍地に残る婦女を指す)に、家庭と仕事を両立させる手だてを作り出している。同鎮(鎮は日本の町や村に相当)の銀豊伝統工芸品工場の従業員200余人は、いずれも周辺の農村から来た女性たちだ。彼女たちが手作りする金粉が施された提灯は、長年にわたり欧州や東南アジアの20以上の国と地域に向けて販売されており、外国人ビジネスマンや顧客から好評を得ているという。(武漢=新華社記者/程敏)=2018(平成30)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032600929

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年03月21日
    手作り提灯「留守婦女」の増収を支援

    21日、銀豊伝統工芸品工場で、型を作った提灯を整理する従業員。中国湖北省崇陽県沙坪鎮には古くから提灯工芸品を手作りする伝統があり、今ではこの技術が、農村の「留守婦女」(夫の出稼ぎ後、単独あるいは他の家族と本籍地に残る婦女を指す)に、家庭と仕事を両立させる手だてを作り出している。同鎮(鎮は日本の町や村に相当)の銀豊伝統工芸品工場の従業員200余人は、いずれも周辺の農村から来た女性たちだ。彼女たちが手作りする金粉が施された提灯は、長年にわたり欧州や東南アジアの20以上の国と地域に向けて販売されており、外国人ビジネスマンや顧客から好評を得ているという。(武漢=新華社記者/程敏)=2018(平成30)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032600955

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年03月21日
    手作り提灯「留守婦女」の増収を支援

    21日、銀豊伝統工芸品工場で、型を作った提灯を整理する従業員。中国湖北省崇陽県沙坪鎮には古くから提灯工芸品を手作りする伝統があり、今ではこの技術が、農村の「留守婦女」(夫の出稼ぎ後、単独あるいは他の家族と本籍地に残る婦女を指す)に、家庭と仕事を両立させる手だてを作り出している。同鎮(鎮は日本の町や村に相当)の銀豊伝統工芸品工場の従業員200余人は、いずれも周辺の農村から来た女性たちだ。彼女たちが手作りする金粉が施された提灯は、長年にわたり欧州や東南アジアの20以上の国と地域に向けて販売されており、外国人ビジネスマンや顧客から好評を得ているという。(武漢=新華社記者/程敏)=2018(平成30)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032600980

  • 1