KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国河北省
  • 中国呉橋
  • 呉橋国際
  • 国際雑技
  • 呉橋雑技
  • 構造転換
  • 滄州市青
  • エチオピア
  • 一体化発展
  • 中国北京市

「河北省滄」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
177
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
177
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年12月31日
    (3)河北黄驊港の年間貨物取扱量、初めて3億トンを突破

    30日、黄驊港総合エリアのコンテナ埠頭(ふとう)で、コンテナを吊り上げて運ぶガントリークレーン。中国河北省滄州市にある黄驊(こうか)港の今年の貨物取扱量が29日、初めて年間3億トンを突破し、前年同期比5・2%増の3億78万トンに達した。(滄州=新華社配信/苑立偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (2)河北黄驊港の年間貨物取扱量、初めて3億トンを突破

    30日、黄驊港の石炭エリアに停泊する貨物船。中国河北省滄州市にある黄驊(こうか)港の今年の貨物取扱量が29日、初めて年間3億トンを突破し、前年同期比5・2%増の3億78万トンに達した。(滄州=新華社配信/苑立偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (1)河北黄驊港の年間貨物取扱量、初めて3億トンを突破

    30日、黄驊港総合エリアに停泊する貨物船。中国河北省滄州市にある黄驊(こうか)港の今年の貨物取扱量が29日、初めて年間3億トンを突破し、前年同期比5・2%増の3億78万トンに達した。(滄州=新華社配信/苑立偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (4)河北黄驊港の年間貨物取扱量、初めて3億トンを突破

    30日、黄驊港石炭エリアに停泊する貨物船。中国河北省滄州市にある黄驊(こうか)港の今年の貨物取扱量が29日、初めて年間3億トンを突破し、前年同期比5・2%増の3億78万トンに達した。(滄州=新華社配信/苑立偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:29.32
    2020年12月28日
    「新華社」環渤海交通網の重点事業、黄大鉄道が全線開通

    中国河北省黄驊(こうか)市と山東省濰坊(いほう)市の経済開発区、大家窪を結ぶ黄大鉄道環渤海エネルギー新輸送ルートが26日、全線開通した。黄大鉄道は、朔黄鉄道(山西省神池県神池南駅-河北省滄州市渤海新区黄驊港駅)の黄驊南駅を北の起点とし、渤海湾に沿って南下する。途中、河北省滄州市、山東省の浜州市、東営市、濰坊市を経由して益羊鉄道(山東省青州市益都-同省濰坊市大家洼)の大家窪駅に接続する。総延長は216・8キロ。黄大鉄道は中国の環渤海湾鉄道輸送ルートを構成する重要な一部分で、主に朔黄鉄道の輸送を緩和する任務を担っている。(記者/駱学峰) =配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (3)発電需要に応える石炭輸送港河北省滄州市

    22日、黄驊港の発電用石炭ヤード。中国河北省滄州市にある黄驊(こうか)港は、国内の重要な発電用石炭輸送港で、12月に入ってから、輸送回転率を高めることで発電用石炭の供給を増やしている。1日当たりの石炭出荷量は約50万トンで、南部にある火力発電所の石炭需要に全力で応えている。(滄州=新華社記者/王民)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (5)発電需要に応える石炭輸送港河北省滄州市

    22日、黄驊港の石炭ふ頭にある積み込み設備。中国河北省滄州市にある黄驊(こうか)港は、国内の重要な発電用石炭輸送港で、12月に入ってから、輸送回転率を高めることで発電用石炭の供給を増やしている。1日当たりの石炭出荷量は約50万トンで、南部にある火力発電所の石炭需要に全力で応えている。(滄州=新華社記者/王民)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (4)発電需要に応える石炭輸送港河北省滄州市

    22日、黄驊港の石炭ふ頭にある積み込み設備。中国河北省滄州市にある黄驊(こうか)港は、国内の重要な発電用石炭輸送港で、12月に入ってから、輸送回転率を高めることで発電用石炭の供給を増やしている。1日当たりの石炭出荷量は約50万トンで、南部にある火力発電所の石炭需要に全力で応えている。(滄州=新華社記者/王民)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (1)発電需要に応える石炭輸送港河北省滄州市

    22日、黄驊港の発電用石炭ヤード。中国河北省滄州市にある黄驊(こうか)港は、国内の重要な発電用石炭輸送港で、12月に入ってから、輸送回転率を高めることで発電用石炭の供給を増やしている。1日当たりの石炭出荷量は約50万トンで、南部にある火力発電所の石炭需要に全力で応えている。(滄州=新華社記者/王民)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (2)上海市崇明区に琵琶の巨匠、劉徳海の銅像完成

    19日、「聴茶」を演奏する劉徳海氏の姿を再現した銅像。中国上海市崇明区にある上海陽剛民間音楽館でこのほど、高名な琵琶奏者、劉徳海(りゅう・とくかい)氏を記念する銅像が完成した。劉氏は1937年、上海市で生まれた。本籍は河北省滄州市。若い頃、琵琶や二胡、笛、三弦などの民族楽器を習い、とりわけ琵琶の演奏に長けていた。長年にわたり音楽教育や作品の創作にも携わり、伝統音楽の世界では徳が高く人望が厚いことでも評判だった。中国音楽学院教授などを務め、民族音楽の「国宝」と称された。今年4月、北京で死去。同音楽館は劉氏を記念するため、関係各方面と協力し銅像制作を発起した。(上海=新華社記者/許暁青)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (3)上海市崇明区に琵琶の巨匠、劉徳海の銅像完成

    18日、銅像の完成を祝い江南地方の楽曲を合奏する、北京と崇明区の民族楽器演奏者。中国上海市崇明区にある上海陽剛民間音楽館でこのほど、高名な琵琶奏者、劉徳海(りゅう・とくかい)氏を記念する銅像が完成した。劉氏は1937年、上海市で生まれた。本籍は河北省滄州市。若い頃、琵琶や二胡、笛、三弦などの民族楽器を習い、とりわけ琵琶の演奏に長けていた。長年にわたり音楽教育や作品の創作にも携わり、伝統音楽の世界では徳が高く人望が厚いことでも評判だった。中国音楽学院教授などを務め、民族音楽の「国宝」と称された。今年4月、北京で死去。同音楽館は劉氏を記念するため、関係各方面と協力し銅像制作を発起した。(上海=新華社記者/許暁青)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    発電需要に応える石炭輸送港河北省滄州市

    22日、黄驊港の発電用石炭ヤード。中国河北省滄州市にある黄驊(こうか)港は、国内の重要な発電用石炭輸送港で、12月に入ってから、輸送回転率を高めることで発電用石炭の供給を増やしている。1日当たりの石炭出荷量は約50万トンで、南部にある火力発電所の石炭需要に全力で応えている。(滄州=新華社記者/王民)=配信日:2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (1)上海市崇明区に琵琶の巨匠、劉徳海の銅像完成

    18日、上海陽剛民間音楽館が所蔵する琵琶、笙、二胡などの民族楽器。中国上海市崇明区にある上海陽剛民間音楽館でこのほど、高名な琵琶奏者、劉徳海(りゅう・とくかい)氏を記念する銅像が完成した。劉氏は1937年、上海市で生まれた。本籍は河北省滄州市。若い頃、琵琶や二胡、笛、三弦などの民族楽器を習い、とりわけ琵琶の演奏に長けていた。長年にわたり音楽教育や作品の創作にも携わり、伝統音楽の世界では徳が高く人望が厚いことでも評判だった。中国音楽学院教授などを務め、民族音楽の「国宝」と称された。今年4月、北京で死去。同音楽館は劉氏を記念するため、関係各方面と協力し銅像制作を発起した。(上海=新華社記者/許暁青)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    包装機械企業の海外市場進出を後押し河北省滄州市

    26日、中国河北省滄州市東光県の華宇紙箱機械で、海外の顧客から受注した段ボール包装機械の製造を進める作業員。段ボール包装機械の製造分野で40年の歴史を持つ中国河北省滄州(そうしゅう)市東光県はここ数年、産業の高度化プロジェクトを全力で推進、多くの研究機関と協力し、千社近くの企業の研究開発、技術革新、生産能力の増強を支援し、「製造」から「スマート製造」への構造転換を推進している。製品は世界の126の国・地域に輸出され、年間販売額は100億元(1元=約16円)に達している。今年下半期以降、重点企業の海外市場での販売は回復的成長の傾向を示している。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    包装機械企業の海外市場進出を後押し河北省滄州市

    26日、中国河北省滄州市東光県の河北冀星紙箱設備で、海外の顧客から受注したプリンター・スロッター・ダイカッターの製造作業を進める作業員。段ボール包装機械の製造分野で40年の歴史を持つ中国河北省滄州(そうしゅう)市東光県はここ数年、産業の高度化プロジェクトを全力で推進、多くの研究機関と協力し、千社近くの企業の研究開発、技術革新、生産能力の増強を支援し、「製造」から「スマート製造」への構造転換を推進している。製品は世界の126の国・地域に輸出され、年間販売額は100億元(1元=約16円)に達している。今年下半期以降、重点企業の海外市場での販売は回復的成長の傾向を示している。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    包装機械企業の海外市場進出を後押し河北省滄州市

    26日、中国河北省滄州市東光県の河北冀星紙箱設備で、海外の顧客から受注したプリンター・スロッター・ダイカッターの製造作業を進める作業員。段ボール包装機械の製造分野で40年の歴史を持つ中国河北省滄州(そうしゅう)市東光県はここ数年、産業の高度化プロジェクトを全力で推進、多くの研究機関と協力し、千社近くの企業の研究開発、技術革新、生産能力の増強を支援し、「製造」から「スマート製造」への構造転換を推進している。製品は世界の126の国・地域に輸出され、年間販売額は100億元(1元=約16円)に達している。今年下半期以降、重点企業の海外市場での販売は回復的成長の傾向を示している。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    包装機械企業の海外市場進出を後押し河北省滄州市

    26日、12の国や地域の貿易業者が参加した2020年中国東光段ボール包装機械輸出デジタル展覧会の開幕式会場。段ボール包装機械の製造分野で40年の歴史を持つ中国河北省滄州(そうしゅう)市東光県はここ数年、産業の高度化プロジェクトを全力で推進、多くの研究機関と協力し、千社近くの企業の研究開発、技術革新、生産能力の増強を支援し、「製造」から「スマート製造」への構造転換を推進している。製品は世界の126の国・地域に輸出され、年間販売額は100億元(1元=約16円)に達している。今年下半期以降、重点企業の海外市場での販売は回復的成長の傾向を示している。(東光=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    包装機械企業の海外市場進出を後押し河北省滄州市

    26日、中国河北省滄州市東光県の華宇紙箱機械で、海外の顧客から受注したした段ボール包装機械の製造を進める作業員。段ボール包装機械の製造分野で40年の歴史を持つ中国河北省滄州(そうしゅう)市東光県はここ数年、産業の高度化プロジェクトを全力で推進、多くの研究機関と協力し、千社近くの企業の研究開発、技術革新、生産能力の増強を支援し、「製造」から「スマート製造」への構造転換を推進している。製品は世界の126の国・地域に輸出され、年間販売額は100億元(1元=約16円)に達している。今年下半期以降、重点企業の海外市場での販売は回復的成長の傾向を示している。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    包装機械企業の海外市場進出を後押し河北省滄州市

    26日、中国河北省滄州市東光県の華宇紙箱機械で、スペインの顧客から受注したプリンター・スロッター・ダイカッターの製造を進める作業員。段ボール包装機械の製造分野で40年の歴史を持つ中国河北省滄州(そうしゅう)市東光県はここ数年、産業の高度化プロジェクトを全力で推進、多くの研究機関と協力し、千社近くの企業の研究開発、技術革新、生産能力の増強を支援し、「製造」から「スマート製造」への構造転換を推進している。製品は世界の126の国・地域に輸出され、年間販売額は100億元(1元=約16円)に達している。今年下半期以降、重点企業の海外市場での販売は回復的成長の傾向を示している。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    病気のハクチョウを保護河北省滄州市

    25日、河北省黄驊市常郭鎮柳林荘で保護されたハクチョウを治療する滄州市野生動物救護センターのスタッフ。中国河北省滄州(そうしゅう)市の野生動物救護センターがこのほど、黄驊(こうか)市常郭鎮と斉家務鎮で、病気で飛べなくなったハクチョウ2羽を保護した。同センターの専門家が調べた結果、ハクチョウは重い胃腸疾患を患っていることが判明した。現在、治療が行われており、回復を待って自然に返される。(滄州=新華社配信/傅新春)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    病気のハクチョウを保護河北省滄州市

    25日、黄驊市斉家務鎮隆児荘で保護されたハクチョウを調べるスタッフ。中国河北省滄州(そうしゅう)市の野生動物救護センターがこのほど、黄驊(こうか)市常郭鎮と斉家務鎮で、病気で飛べなくなったハクチョウ2羽を保護した。同センターの専門家が調べた結果、ハクチョウは重い胃腸疾患を患っていることが判明した。現在、治療が行われており、回復を待って自然に返される。(滄州=新華社配信/傅新春)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    世界最長の非対称石造アーチ橋「単橋」を訪ねて

    25日、河北省滄州市献県滹沱河(こだが)に架かる単橋。中国河北省滄州市献県を流れる滹沱河(こだが)に架かる古い石橋「単橋」は、明の崇禎2(1629)年に建造が始まった。長さ69メートル、幅9・6メートルの5連アーチ橋で、全て石灰石で造られている。盧溝橋や張家湾と並び北京南部の交通の要衝として、北京と南方各省の政治や経済、文化交流に重要な役割を果たしてきた。2012年には中国香港の世界記録認定団体、世界記録協会から世界最長の非対称石造アーチ橋として認定された。(滄州=新華社配信/杜一方)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    世界最長の非対称石造アーチ橋「単橋」を訪ねて

    25日、河北省滄州市献県滹沱河(こだが)に架かる単橋。中国河北省滄州市献県を流れる滹沱河(こだが)に架かる古い石橋「単橋」は、明の崇禎2(1629)年に建造が始まった。長さ69メートル、幅9・6メートルの5連アーチ橋で、全て石灰石で造られている。盧溝橋や張家湾と並び北京南部の交通の要衝として、北京と南方各省の政治や経済、文化交流に重要な役割を果たしてきた。2012年には中国香港の世界記録認定団体、世界記録協会から世界最長の非対称石造アーチ橋として認定された。(滄州=新華社配信/杜一方)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    世界最長の非対称石造アーチ橋「単橋」を訪ねて

    25日、河北省滄州市献県滹沱河(こだが)に架かる単橋。中国河北省滄州市献県を流れる滹沱河(こだが)に架かる古い石橋「単橋」は、明の崇禎2(1629)年に建造が始まった。長さ69メートル、幅9・6メートルの5連アーチ橋で、全て石灰石で造られている。盧溝橋や張家湾と並び北京南部の交通の要衝として、北京と南方各省の政治や経済、文化交流に重要な役割を果たしてきた。2012年には中国香港の世界記録認定団体、世界記録協会から世界最長の非対称石造アーチ橋として認定された。(滄州=新華社配信/杜一方)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    世界最長の非対称石造アーチ橋「単橋」を訪ねて

    25日、河北省滄州市献県滹沱河(こだが)に架かる単橋。中国河北省滄州市献県を流れる滹沱河(こだが)に架かる古い石橋「単橋」は、明の崇禎2(1629)年に建造が始まった。長さ69メートル、幅9・6メートルの5連アーチ橋で、全て石灰石で造られている。盧溝橋や張家湾と並び北京南部の交通の要衝として、北京と南方各省の政治や経済、文化交流に重要な役割を果たしてきた。2012年には中国香港の世界記録認定団体、世界記録協会から世界最長の非対称石造アーチ橋として認定された。(滄州=新華社配信/杜一方)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    病気のハクチョウを保護河北省滄州市

    25日、保護されたハクチョウ2羽の回復状況を観察する滄州市野生動物救護センターの専門家。中国河北省滄州(そうしゅう)市の野生動物救護センターがこのほど、黄驊(こうか)市常郭鎮と斉家務鎮で、病気で飛べなくなったハクチョウ2羽を保護した。同センターの専門家が調べた結果、ハクチョウは重い胃腸疾患を患っていることが判明した。現在、治療が行われており、回復を待って自然に返される。(滄州=新華社配信/傅新春)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    世界最長の非対称石造アーチ橋「単橋」を訪ねて

    25日、世界記録協会から世界最長の非対称石造アーチ橋として認定されたことを記念する石碑。中国河北省滄州市献県を流れる滹沱河(こだが)に架かる古い石橋「単橋」は、明の崇禎2(1629)年に建造が始まった。長さ69メートル、幅9・6メートルの5連アーチ橋で、全て石灰石で造られている。盧溝橋や張家湾と並び北京南部の交通の要衝として、北京と南方各省の政治や経済、文化交流に重要な役割を果たしてきた。2012年には中国香港の世界記録認定団体、世界記録協会から世界最長の非対称石造アーチ橋として認定された。(滄州=新華社配信/杜一方)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月23日
    フロアカーリングに取り組む障害児河北省滄州市

    23日、子どもたちにフロアカーリングを指導する滄県特殊教育センターのコーチ。中国河北省滄州市の滄県特殊教育センターはここ3年、校内活動にフロアカーリングなどのウインタースポーツを積極的に取り入れている。現在は全校の50人余りの聴覚障害、知的障害の子どもたちがフロアカーリングの技術を習得し、ウインタースポーツの楽しさを体験している。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月23日
    フロアカーリングに取り組む障害児河北省滄州市

    23日、子どもたちにフロアカーリングを指導する滄県特殊教育センターのコーチ。中国河北省滄州市の滄県特殊教育センターはここ3年、校内活動にフロアカーリングなどのウインタースポーツを積極的に取り入れている。現在は全校の50人余りの聴覚障害、知的障害の子どもたちがフロアカーリングの技術を習得し、ウインタースポーツの楽しさを体験している。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月23日
    フロアカーリングに取り組む障害児河北省滄州市

    23日、子どもたちにフロアカーリングの手本を示す滄県特殊教育センターのコーチ。中国河北省滄州市の滄県特殊教育センターはここ3年、校内活動にフロアカーリングなどのウインタースポーツを積極的に取り入れている。現在は全校の50人余りの聴覚障害、知的障害の子どもたちがフロアカーリングの技術を習得し、ウインタースポーツの楽しさを体験している。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月23日
    フロアカーリングに取り組む障害児河北省滄州市

    23日、フロアカーリングを練習する滄県特殊教育センターの子どもたち。中国河北省滄州市の滄県特殊教育センターはここ3年、校内活動にフロアカーリングなどのウインタースポーツを積極的に取り入れている。現在は全校の50人余りの聴覚障害、知的障害の子どもたちがフロアカーリングの技術を習得し、ウインタースポーツの楽しさを体験している。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月23日
    フロアカーリングに取り組む障害児河北省滄州市

    23日、フロアカーリングの練習で習得したことを話し合う滄県特殊教育センターの子どもたち。中国河北省滄州市の滄県特殊教育センターはここ3年、校内活動にフロアカーリングなどのウインタースポーツを積極的に取り入れている。現在は全校の50人余りの聴覚障害、知的障害の子どもたちがフロアカーリングの技術を習得し、ウインタースポーツの楽しさを体験している。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月23日
    フロアカーリングに取り組む障害児河北省滄州市

    23日、子どもたちにフロアカーリングを指導する滄県特殊教育センターのコーチ。中国河北省滄州市の滄県特殊教育センターはここ3年、校内活動にフロアカーリングなどのウインタースポーツを積極的に取り入れている。現在は全校の50人余りの聴覚障害、知的障害の子どもたちがフロアカーリングの技術を習得し、ウインタースポーツの楽しさを体験している。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.84
    2020年11月16日
    「新華社」留学生が企業団地で経済発展の成果を見学河北省滄州市

    中国河北省滄州市で、さまざまな国から来た30人以上の留学生が、滄州職業技術学院が企画した中国・中東欧(滄州)中小企業団地のオープンデーに参加し、中国の経済発展の成果を見学した。案内スタッフの説明を聞いた留学生たちは、飛行機を見て歓声を上げ、体験飛行への期待に胸を高鳴らせた。2018年2月設立の中国・中東欧(滄州)中小企業団地は、河北省のハイテク産業発展を図る戦略的プロジェクトになっている。<映像内容>中国・中東欧(滄州)中小企業団地のオープンデー、参加する留学生の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    メイクブラシで市場開拓を後押し河北省青県

    10日、ライブ配信で製品を紹介するメイクブラシメーカーの販売スタッフ。中国河北省滄州市青(せい)県は近年、地元の伝統産業の発展強化に取り組み、メイクブラシ産業のレベルアップを通じて、市場を開拓。生産規模を拡大している。同県にあるメイクブラシメーカーは141社に上る。製造された製品は現在、韓国や日本、ドイツなどの国と地域で販売されており、年間売上高は15億元(1元=約16円)を上回るという。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    メイクブラシで市場開拓を後押し河北省青県

    10日、滄州市青県のブラシメーカー、青県興源製刷廠で、作業に励む従業員。中国河北省滄州市青(せい)県は近年、地元の伝統産業の発展強化に取り組み、メイクブラシ産業のレベルアップを通じて、市場を開拓。生産規模を拡大している。同県にあるメイクブラシメーカーは141社に上る。製造された製品は現在、韓国や日本、ドイツなどの国と地域で販売されており、年間売上高は15億元(1元=約16円)を上回るという。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    メイクブラシで市場開拓を後押し河北省青県

    10日、滄州市青県のブラシメーカー、青県興源製刷廠で、作業に励む従業員。中国河北省滄州市青(せい)県は近年、地元の伝統産業の発展強化に取り組み、メイクブラシ産業のレベルアップを通じて、市場を開拓。生産規模を拡大している。同県にあるメイクブラシメーカーは141社に上る。製造された製品は現在、韓国や日本、ドイツなどの国と地域で販売されており、年間売上高は15億元(1元=約16円)を上回るという。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    メイクブラシで市場開拓を後押し河北省青県

    10日、滄州市青県のブラシメーカー、青県興源製刷廠で、作業に励む従業員。中国河北省滄州市青(せい)県は近年、地元の伝統産業の発展強化に取り組み、メイクブラシ産業のレベルアップを通じて、市場を開拓。生産規模を拡大している。同県にあるメイクブラシメーカーは141社に上る。製造された製品は現在、韓国や日本、ドイツなどの国と地域で販売されており、年間売上高は15億元(1元=約16円)を上回るという。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    メイクブラシで市場開拓を後押し河北省青県

    10日、ライブ配信で製品を紹介するメイクブラシメーカーの販売スタッフ。中国河北省滄州市青(せい)県は近年、地元の伝統産業の発展強化に取り組み、メイクブラシ産業のレベルアップを通じて、市場を開拓。生産規模を拡大している。同県にあるメイクブラシメーカーは141社に上る。製造された製品は現在、韓国や日本、ドイツなどの国と地域で販売されており、年間売上高は15億元(1元=約16円)を上回るという。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    メイクブラシで市場開拓を後押し河北省青県

    10日、滄州市青県のブラシメーカー、青県興源製刷廠で、作業に励む従業員。中国河北省滄州市青(せい)県は近年、地元の伝統産業の発展強化に取り組み、メイクブラシ産業のレベルアップを通じて、市場を開拓。生産規模を拡大している。同県にあるメイクブラシメーカーは141社に上る。製造された製品は現在、韓国や日本、ドイツなどの国と地域で販売されており、年間売上高は15億元(1元=約16円)を上回るという。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    高齢者向け医療サービス体系を確立河北省滄州市

    6日、高齢者と一緒に折り紙を折る省級医療・介護統合型モデル施設「滄州青県康泰養老介護センター」の職員。中国河北省滄州(そうしゅう)市ではここ数年、医療と介護を統合した発展モデルを積極的に模索し、高齢者向けサービス体系の確立に取り組んできた。今年10月時点で、市内の医療・介護統合型施設は16カ所、医療衛生機関と介護施設やデイケアセンターの提携は89件、訪問医療サービス提供機関は4039カ所に上っている。市内にある介護施設の95%以上が入居者に対し医療や衛生サービスを提供することができる。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    高齢者向け医療サービス体系を確立河北省滄州市

    6日、理学療法を行う省級医療・介護統合型モデル施設「滄州青県康泰養老介護センター」の職員。中国河北省滄州(そうしゅう)市ではここ数年、医療と介護を統合した発展モデルを積極的に模索し、高齢者向けサービス体系の確立に取り組んできた。今年10月時点で、市内の医療・介護統合型施設は16カ所、医療衛生機関と介護施設やデイケアセンターの提携は89件、訪問医療サービス提供機関は4039カ所に上っている。市内にある介護施設の95%以上が入居者に対し医療や衛生サービスを提供することができる。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    高齢者向け医療サービス体系を確立河北省滄州市

    6日、省級医療・介護統合型モデル施設「滄州青県康泰養老介護センター」内の図書室で本を読む高齢者。中国河北省滄州(そうしゅう)市ではここ数年、医療と介護を統合した発展モデルを積極的に模索し、高齢者向けサービス体系の確立に取り組んできた。今年10月時点で、市内の医療・介護統合型施設は16カ所、医療衛生機関と介護施設やデイケアセンターの提携は89件、訪問医療サービス提供機関は4039カ所に上っている。市内にある介護施設の95%以上が入居者に対し医療や衛生サービスを提供することができる。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    高齢者向け医療サービス体系を確立河北省滄州市

    6日、理学療法を行う省級医療・介護統合型モデル施設「滄州青県康泰養老介護センター」の職員。中国河北省滄州(そうしゅう)市ではここ数年、医療と介護を統合した発展モデルを積極的に模索し、高齢者向けサービス体系の確立に取り組んできた。今年10月時点で、市内の医療・介護統合型施設は16カ所、医療衛生機関と介護施設やデイケアセンターの提携は89件、訪問医療サービス提供機関は4039カ所に上っている。市内にある介護施設の95%以上が入居者に対し医療や衛生サービスを提供することができる。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:41.64
    2020年10月31日
    「新華社」京杭大運河に抱かれた「紅木家具の里」を訪ねて河北省青県

    中国河北省滄州(そうしゅう)市青県流河鎮を流れる京杭大運河の西岸に位置する「中古紅木(ローズウッド)文化小鎮」は、計画面積3・6平方キロ。鎮内にある家具市場にはさまざまな様式の紅木家具のほか、同県と大運河、紅木の歴史的なつながりを示す資料も展示されている。現在、同鎮の人口約3万4千人のうち、半数以上が紅木関連の産業に従事しており、業界の総資産は100億元(1元=約16円)近くに上る。製品は北京、天津、上海などでよく売れており、米国、日本、韓国などの国と地域で販売されている。中国北部地域の重要な紅木家具の製造・販売の集散地を擁す同県は、「中国の紅木家具の里」と呼ばれている。(記者/曹国廠)<映像内容>紅木家具の展示、製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    農村の漆芸家、独学で習得した犀皮塗り河北省滄州市

    9日、作品を棚に並べる李紹山さん。漆工技法の一つ「犀皮(さいひ)」は、顔料を加えて色をつけた「彩漆(いろうるし)」を塗り重ね、研ぎ出して斑紋を出す。中国では1700年以上の歴史を持つ。河北省滄州市青県の覚道荘村で農業を営む李紹山(り・しょうざん)さん(38)が犀皮漆工に触れたのは5年前、イベントで偶然見かけた犀皮塗りのヒョウタンに心を奪われた。福建省や山東省の職人に弟子入りを申し出たが断られたため、一念発起して独学の道を選んだ。犀皮漆工に関する書籍や資料、動画を何度も研究し、ついに複雑な作業工程を習得。緻密な犀皮塗りを生み出した。李さんは、無償で弟子を取り、伝統工芸を継承していきたいと語る。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    農村の漆芸家、独学で習得した犀皮塗り河北省滄州市

    9日、漆を調合する李紹山さん。漆工技法の一つ「犀皮(さいひ)」は、顔料を加えて色をつけた「彩漆(いろうるし)」を塗り重ね、研ぎ出して斑紋を出す。中国では1700年以上の歴史を持つ。河北省滄州市青県の覚道荘村で農業を営む李紹山(り・しょうざん)さん(38)が犀皮漆工に触れたのは5年前、イベントで偶然見かけた犀皮塗りのヒョウタンに心を奪われた。福建省や山東省の職人に弟子入りを申し出たが断られたため、一念発起して独学の道を選んだ。犀皮漆工に関する書籍や資料、動画を何度も研究し、ついに複雑な作業工程を習得。緻密な犀皮塗りを生み出した。李さんは、無償で弟子を取り、伝統工芸を継承していきたいと語る。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    農村の漆芸家、独学で習得した犀皮塗り河北省滄州市

    9日、見学者に作品を紹介する李紹山さん(左)。漆工技法の一つ「犀皮(さいひ)」は、顔料を加えて色をつけた「彩漆(いろうるし)」を塗り重ね、研ぎ出して斑紋を出す。中国では1700年以上の歴史を持つ。河北省滄州市青県の覚道荘村で農業を営む李紹山(り・しょうざん)さん(38)が犀皮漆工に触れたのは5年前、イベントで偶然見かけた犀皮塗りのヒョウタンに心を奪われた。福建省や山東省の職人に弟子入りを申し出たが断られたため、一念発起して独学の道を選んだ。犀皮漆工に関する書籍や資料、動画を何度も研究し、ついに複雑な作業工程を習得。緻密な犀皮塗りを生み出した。李さんは、無償で弟子を取り、伝統工芸を継承していきたいと語る。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    農村の漆芸家、独学で習得した犀皮塗り河北省滄州市

    9日、作品に漆を塗る李紹山さん。漆工技法の一つ「犀皮(さいひ)」は、顔料を加えて色をつけた「彩漆(いろうるし)」を塗り重ね、研ぎ出して斑紋を出す。中国では1700年以上の歴史を持つ。河北省滄州市青県の覚道荘村で農業を営む李紹山(り・しょうざん)さん(38)が犀皮漆工に触れたのは5年前、イベントで偶然見かけた犀皮塗りのヒョウタンに心を奪われた。福建省や山東省の職人に弟子入りを申し出たが断られたため、一念発起して独学の道を選んだ。犀皮漆工に関する書籍や資料、動画を何度も研究し、ついに複雑な作業工程を習得。緻密な犀皮塗りを生み出した。李さんは、無償で弟子を取り、伝統工芸を継承していきたいと語る。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    農村の漆芸家、独学で習得した犀皮塗り河北省滄州市

    9日、犀皮塗りの作品を研磨する李紹山さん。漆工技法の一つ「犀皮(さいひ)」は、顔料を加えて色をつけた「彩漆(いろうるし)」を塗り重ね、研ぎ出して斑紋を出す。中国では1700年以上の歴史を持つ。河北省滄州市青県の覚道荘村で農業を営む李紹山(り・しょうざん)さん(38)が犀皮漆工に触れたのは5年前、イベントで偶然見かけた犀皮塗りのヒョウタンに心を奪われた。福建省や山東省の職人に弟子入りを申し出たが断られたため、一念発起して独学の道を選んだ。犀皮漆工に関する書籍や資料、動画を何度も研究し、ついに複雑な作業工程を習得。緻密な犀皮塗りを生み出した。李さんは、無償で弟子を取り、伝統工芸を継承していきたいと語る。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    農村の漆芸家、独学で習得した犀皮塗り河北省滄州市

    9日、見学者に作品を紹介する李紹山さん(左)。漆工技法の一つ「犀皮(さいひ)」は、顔料を加えて色をつけた「彩漆(いろうるし)」を塗り重ね、研ぎ出して斑紋を出す。中国では1700年以上の歴史を持つ。河北省滄州市青県の覚道荘村で農業を営む李紹山(り・しょうざん)さん(38)が犀皮漆工に触れたのは5年前、イベントで偶然見かけた犀皮塗りのヒョウタンに心を奪われた。福建省や山東省の職人に弟子入りを申し出たが断られたため、一念発起して独学の道を選んだ。犀皮漆工に関する書籍や資料、動画を何度も研究し、ついに複雑な作業工程を習得。緻密な犀皮塗りを生み出した。李さんは、無償で弟子を取り、伝統工芸を継承していきたいと語る。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    農村の漆芸家、独学で習得した犀皮塗り河北省滄州市

    9日、漆を調合する李紹山さん。漆工技法の一つ「犀皮(さいひ)」は、顔料を加えて色をつけた「彩漆(いろうるし)」を塗り重ね、研ぎ出して斑紋を出す。中国では1700年以上の歴史を持つ。河北省滄州市青県の覚道荘村で農業を営む李紹山(り・しょうざん)さん(38)が犀皮漆工に触れたのは5年前、イベントで偶然見かけた犀皮塗りのヒョウタンに心を奪われた。福建省や山東省の職人に弟子入りを申し出たが断られたため、一念発起して独学の道を選んだ。犀皮漆工に関する書籍や資料、動画を何度も研究し、ついに複雑な作業工程を習得。緻密な犀皮塗りを生み出した。李さんは、無償で弟子を取り、伝統工芸を継承していきたいと語る。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    農村の漆芸家、独学で習得した犀皮塗り河北省滄州市

    9日、李紹山さんが制作した犀皮塗りの漆器漆工技法の一つ「犀皮(さいひ)」は、顔料を加えて色をつけた「彩漆(いろうるし)」を塗り重ね、研ぎ出して斑紋を出す。中国では1700年以上の歴史を持つ。河北省滄州市青県の覚道荘村で農業を営む李紹山(り・しょうざん)さん(38)が犀皮漆工に触れたのは5年前、イベントで偶然見かけた犀皮塗りのヒョウタンに心を奪われた。福建省や山東省の職人に弟子入りを申し出たが断られたため、一念発起して独学の道を選んだ。犀皮漆工に関する書籍や資料、動画を何度も研究し、ついに複雑な作業工程を習得。緻密な犀皮塗りを生み出した。李さんは、無償で弟子を取り、伝統工芸を継承していきたいと語る。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    農村の漆芸家、独学で習得した犀皮塗り河北省滄州市

    9日、ガチョウ形に制作した犀皮塗りのヒョウタンを見学者に紹介する李紹山さん(右)。漆工技法の一つ「犀皮(さいひ)」は、顔料を加えて色をつけた「彩漆(いろうるし)」を塗り重ね、研ぎ出して斑紋を出す。中国では1700年以上の歴史を持つ。河北省滄州市青県の覚道荘村で農業を営む李紹山(り・しょうざん)さん(38)が犀皮漆工に触れたのは5年前、イベントで偶然見かけた犀皮塗りのヒョウタンに心を奪われた。福建省や山東省の職人に弟子入りを申し出たが断られたため、一念発起して独学の道を選んだ。犀皮漆工に関する書籍や資料、動画を何度も研究し、ついに複雑な作業工程を習得。緻密な犀皮塗りを生み出した。李さんは、無償で弟子を取り、伝統工芸を継承していきたいと語る。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    農村の漆芸家、独学で習得した犀皮塗り河北省滄州市

    9日、犀皮塗りの作品を研磨する李紹山さん。漆工技法の一つ「犀皮(さいひ)」は、顔料を加えて色をつけた「彩漆(いろうるし)」を塗り重ね、研ぎ出して斑紋を出す。中国では1700年以上の歴史を持つ。河北省滄州市青県の覚道荘村で農業を営む李紹山(り・しょうざん)さん(38)が犀皮漆工に触れたのは5年前、イベントで偶然見かけた犀皮塗りのヒョウタンに心を奪われた。福建省や山東省の職人に弟子入りを申し出たが断られたため、一念発起して独学の道を選んだ。犀皮漆工に関する書籍や資料、動画を何度も研究し、ついに複雑な作業工程を習得。緻密な犀皮塗りを生み出した。李さんは、無償で弟子を取り、伝統工芸を継承していきたいと語る。(滄州=新華社記者/王民)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.41
    2020年09月28日
    「新華社」孔子生誕2571周年の祭典、文廟で開催河北省滄州市

    中国河北省滄州市の文廟(孔子廟)で9月28日、古代の思想家で教育者、儒学の創始者として知られる孔子の生誕2571周年を記念する盛大な祭典が行われた。厳かな雰囲気に包まれた会場では午前9時28分、太鼓と鐘の音が一斉に鳴り響いた。市内から参加した研究者や教育関係者、孔氏一族の代表者ら各界の人々は定められた作法で孔子を供養し、古代の賢人をしのんだ。(記者/楊知潤)<映像内容>孔子の生誕2571周年を記念する祭典の様子、撮影日:2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    河北省初、常時運行される自動運転車観光コースが開通滄州市

    22日、河北省滄州経済開発区でインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)を体験する市民。中国河北省の滄州経済開発区管理委員会は22日、自動運転「新しい科学技術、新しい文化・観光」活動を開始したことを発表、同省で初めて常時運行される自動運転車観光コースが正式に開通した。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    河北省初、常時運行される自動運転車観光コースが開通滄州市

    22日、河北省滄州経済開発区で出発を待つインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)。中国河北省の滄州経済開発区管理委員会は22日、自動運転「新しい科学技術、新しい文化・観光」活動を開始したことを発表、同省で初めて常時運行される自動運転車観光コースが正式に開通した。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    河北省初、常時運行される自動運転車観光コースが開通滄州市

    22日、河北省滄州経済開発区で運行中のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)に乗る保安員。中国河北省の滄州経済開発区管理委員会は22日、自動運転「新しい科学技術、新しい文化・観光」活動を開始したことを発表、同省で初めて常時運行される自動運転車観光コースが正式に開通した。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    河北省初、常時運行される自動運転車観光コースが開通滄州市

    22日、河北省滄州経済開発区で出発を待つインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)。中国河北省の滄州経済開発区管理委員会は22日、自動運転「新しい科学技術、新しい文化・観光」活動を開始したことを発表、同省で初めて常時運行される自動運転車観光コースが正式に開通した。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.73
    2020年09月05日
    「新華社」無形文化遺産をオンラインで身近に河北省滄県

    中国河北省滄州市の滄県文化館上演ホールでこのほど、1年に1度の伝統公演「古韻書場」が行われた。古韻書場は全て、国家級無形文化遺産の「木板大鼓」に合わせて歌われる。滄州木板大鼓は河北省に伝わる民間芸能で、起源は明代中後期。2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。滄県は木板大鼓の伝承と発展のため、02年から毎年「古韻書場」を開催し、数年前には「木板大鼓芸術伝習所」も設立して、若者が無料で受講できるようにした。19年目を迎えた今年は初めてオンライン形式で開催。80歳以上から10歳未満まで幅広い年代が出演した。同県は人々の精神文化を豊かにするため、演出の刷新やオンライン文化サービスの活性化、オンライン鑑賞シリーズの発表などを進め、インターネットを活用して国家級無形文化遺産に触れる機会を提供している。(記者/駱学峰)<映像内容>「古韻書場」のオンライン公演、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.16
    2020年09月04日
    「新華社」次世代が受け継ぐ地方劇「哈哈腔」河北省青県

    中国河北省滄州市青県木門店鎮にある「哈哈腔(ハーハーチャン)」伝承モデル基地でこのほど、小学生の子どもたちがベテラン俳優の指導を受けながら、「哈哈腔」の節回しや仕草、演技の稽古に励む姿が見られた。「哈哈腔」は地方劇の一種で、高齢者を敬い家族を大切することや、勇気を持って正しい行いをすること、喜んで慈善を施すことを伝える歴史物語が中心となっている。2006年に国家級無形文化遺産リストに登録され、地元劇団は2014年から毎年児童らを招いて無料で稽古を行っている。(記者/駱学峰)<映像内容>地方劇「哈哈腔」の稽古の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.53
    2020年08月25日
    「新華社」イベントでつなぐ七夕の伝統文化河北省

    河北省滄州市の文廟(孔子廟)でこのほど、中国の伝統的な節句、七夕(旧暦7月7日、今年は8月25日)にちなんだイベント「私たちの祭り-七夕乞巧(きっこう)節」が行われた。漢民族の伝統衣装、漢服を身にまとった少女らによる儀式の再現や、匂い袋やうちわ作り体験など多彩な催しで、七夕の持つ文化的な奥行きが表現された。混雑を避けつつ効果的に伝統文化を発信するため、今年のイベントはオンラインとオフラインを組み合わせて行われた。会場には一部市民を招待し、イベントの様子をライブ配信する形で、千年以上の歴史ある伝統行事の魅力を広く伝えた。(記者/楊知潤)<映像内容>中国の七夕のイベント、漢服を身にまとった少女らによる儀式の再現、匂い袋やうちわ作り体験など、撮影日:2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.68
    2020年08月22日
    「新華社」古希間近の武術家、ネット通じて海外の弟子を指導河北省滄県

    中国河北省滄州(そうしゅう)市滄県に暮らす王志海(おう・しかい)さんは、滄州を発祥とする中国武術、劈掛拳(ひかけん)の伝承者。まもなく古希を迎える王さんはこの夏休み期間中、インターネットを利用してロシア在住の弟子に技を指導している。ロシア人の弟子2人は、王さんから7、8年間武術を習っており、ロシアに中国武術館も開設している。毎年夏になると王さんのもとを訪れ直接指導を受けていたが、今年は新型コロナウイルスの影響からネット上で指導を受けている。(記者/駱学峰)<映像内容>中国武術「劈掛拳」の指導の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    運河沿いの荒れ地が公園に河北省青県

    1日、青県の運河灘地生態修復モデル地区を歩く市民。中国河北省滄州市青県の「運河灘地生態修復モデル地区」はかつて、市街地北部の大運河に沿った荒れ地だった。同県はここ数年、運河沿いの環境改善を目指し、しゅんせつ作業、建築物の移転や取り壊し、清掃などを実施。面積200ムー(約13ヘクタール)余りの土地に生態公園を建設するプロジェクトを全面的に推進した。公園には築山や湖、通路、広場など、訪れた人がくつろげる場所が巧みに配置され、2019年に利用を開始した。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    運河沿いの荒れ地が公園に河北省青県

    1日、青県の運河灘地生態修復モデル地区。(小型無人機から)中国河北省滄州市青県の「運河灘地生態修復モデル地区」はかつて、市街地北部の大運河に沿った荒れ地だった。同県はここ数年、運河沿いの環境改善を目指し、しゅんせつ作業、建築物の移転や取り壊し、清掃などを実施。面積200ムー(約13ヘクタール)余りの土地に生態公園を建設するプロジェクトを全面的に推進した。公園には築山や湖、通路、広場など、訪れた人がくつろげる場所が巧みに配置され、2019年に利用を開始した。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    運河沿いの荒れ地が公園に河北省青県

    1日、青県の運河灘地生態修復モデル地区。(小型無人機から)中国河北省滄州市青県の「運河灘地生態修復モデル地区」はかつて、市街地北部の大運河に沿った荒れ地だった。同県はここ数年、運河沿いの環境改善を目指し、しゅんせつ作業、建築物の移転や取り壊し、清掃などを実施。面積200ムー(約13ヘクタール)余りの土地に生態公園を建設するプロジェクトを全面的に推進した。公園には築山や湖、通路、広場など、訪れた人がくつろげる場所が巧みに配置され、2019年に利用を開始した。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    運河沿いの荒れ地が公園に河北省青県

    1日、青県の運河灘地生態修復モデル地区。(小型無人機から)中国河北省滄州市青県の「運河灘地生態修復モデル地区」はかつて、市街地北部の大運河に沿った荒れ地だった。同県はここ数年、運河沿いの環境改善を目指し、しゅんせつ作業、建築物の移転や取り壊し、清掃などを実施。面積200ムー(約13ヘクタール)余りの土地に生態公園を建設するプロジェクトを全面的に推進した。公園には築山や湖、通路、広場など、訪れた人がくつろげる場所が巧みに配置され、2019年に利用を開始した。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    運河沿いの荒れ地が公園に河北省青県

    1日、青県の運河灘地生態修復モデル地区。(小型無人機から)中国河北省滄州市青県の「運河灘地生態修復モデル地区」はかつて、市街地北部の大運河に沿った荒れ地だった。同県はここ数年、運河沿いの環境改善を目指し、しゅんせつ作業、建築物の移転や取り壊し、清掃などを実施。面積200ムー(約13ヘクタール)余りの土地に生態公園を建設するプロジェクトを全面的に推進した。公園には築山や湖、通路、広場など、訪れた人がくつろげる場所が巧みに配置され、2019年に利用を開始した。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    運河沿いの荒れ地が公園に河北省青県

    1日、青県の運河灘地生態修復モデル地区。(小型無人機から)中国河北省滄州市青県の「運河灘地生態修復モデル地区」はかつて、市街地北部の大運河に沿った荒れ地だった。同県はここ数年、運河沿いの環境改善を目指し、しゅんせつ作業、建築物の移転や取り壊し、清掃などを実施。面積200ムー(約13ヘクタール)余りの土地に生態公園を建設するプロジェクトを全面的に推進した。公園には築山や湖、通路、広場など、訪れた人がくつろげる場所が巧みに配置され、2019年に利用を開始した。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    明代創建の慶雲泰山行宮が修復完了、一般公開へ河北省塩山県

    28日、修復を終えた慶雲泰山行宮。中国河北省滄州(そうしゅう)市塩山県の文化部門は、同県慶雲鎮にある明代の建築物群「慶雲泰山行宮」と主要付属建築「鈴鐺(れいとう)閣」の修復作業が28日に完了したと明らかにした。8月から一般開放されるという。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    明代創建の慶雲泰山行宮が修復完了、一般公開へ河北省塩山県

    28日、修復を終えた慶雲泰山行宮(一部)。中国河北省滄州(そうしゅう)市塩山県の文化部門は、同県慶雲鎮にある明代の建築物群「慶雲泰山行宮」と主要付属建築「鈴鐺(れいとう)閣」の修復作業が28日に完了したと明らかにした。8月から一般開放されるという。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    明代創建の慶雲泰山行宮が修復完了、一般公開へ河北省塩山県

    28日、修復を終えた鈴鐺閣。中国河北省滄州(そうしゅう)市塩山県の文化部門は、同県慶雲鎮にある明代の建築物群「慶雲泰山行宮」と主要付属建築「鈴鐺(れいとう)閣」の修復作業が28日に完了したと明らかにした。8月から一般開放されるという。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    明代創建の慶雲泰山行宮が修復完了、一般公開へ河北省塩山県

    28日、修復を終えた鈴鐺閣(一部)。中国河北省滄州(そうしゅう)市塩山県の文化部門は、同県慶雲鎮にある明代の建築物群「慶雲泰山行宮」と主要付属建築「鈴鐺(れいとう)閣」の修復作業が28日に完了したと明らかにした。8月から一般開放されるという。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:49.32
    2020年07月10日
    「新華社」大運河が生態修復を経て景観帯に変身河北省滄州市

    中国河北省滄州市はここ数年、京杭大運河の滄州区間を「大運河文化の重要な集積地」にするという目標を掲げ、域内の運河沿いで緑化工事を進めている。一帯は豊かな自然と新鮮な空気に包まれた快適な景観帯に生まれ変わろうとしている。(記者/駱学峰)<映像内容>京杭大運河周辺の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:46.55
    2020年06月27日
    「新華社」端午節に楽しむ民俗雑技「クラウド旅行」も好評河北省

    中国河北省滄州(そうしゅう)市の観光スポット、呉橋雑技大世界風景区は、伝統的な節句、端午節の連休中(25~27日)、十分な新型コロナウイルスの感染予防・抑制対策を講じながら、「時差入場、予約制、人数制限」などの管理措置を実施するとともに、オンラインとオフラインのさまざまな優待キャンペーンを行っている。チケット予約や外出せずに同風景区の風景を楽しめる「クラウド旅行」など、創意工夫を凝らしたサービスが好評を得ている。同風景区は連休中、感染症対策と観光客の受け入れ業務を並行して行い、毎日風景区内の消毒に徹底的に取り組んでいる。また、予約制度や観光客を間隔を置いて入場させる時差入場を実施するほか、チケットの受け取りや購入枚数、入場者数を厳しく制限している。(記者/駱学峰)<映像内容>端午節の呉橋雑技大世界風景区、民俗雑技、観光客の様子、撮影日:2020(令和2)年6月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、スマートコネクテッドカーの車内で写真を撮る市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、スマートコネクテッドカーを体験した市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、河北省滄州市の経済開発区にある自動運転試行ステーション前で、出発を待つスマートコネクテッドカー。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、河北省滄州市の経済開発区で、スマートコネクテッドカーの横で写真を撮る市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、スマートコネクテッドカーの車内に設置された液晶ディスプレイ。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、河北省滄州市の経済開発区にある自動運転試行ステーション前で、出発を待つスマートコネクテッドカー。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、滄州市内の路上でスマートコネクテッドカーの走行テストを行うテスト担当者。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、河北省滄州市の経済開発区で、スマートコネクテッドカーの横で写真を撮る市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:37.44
    2020年01月17日
    「新華社」雑技の都でランタンフェスティバル開幕河北省呉橋県

    中国河北省滄州(そうしゅう)市呉橋県で17日、2020年呉橋雑技大世界新春観光廟会(びょうえ)およびランタンフェスティバルが開幕した。呉橋の廟会の歴史は長く、明朝に始まり清代に盛んになった。今年の干支のネズミなど、さまざまなテーマを持つ30組以上のランタンと、雑技や民俗芸能、名物料理など特色あるプログラムが用意され、観光客は呉橋ならではの民俗文化を満喫した。同フェスティバルは2月9日まで開催される。(記者/駱学峰)<映像内容>ランタンフェスティバルの様子、雑技の披露、撮影日:2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    春節の味覚、無形文化遺産の「面花」河北省黄驊市

    10日、河北省滄州市に建つ「鉄獅子」の形を模した面花。中国河北省黄驊(こうか)市には春節(旧正月)を迎えるに当たり、小麦粉から作るさまざまな形の蒸し饅頭「面花」を準備する風習がある。市内の面花専門工場では、春節市場向けの伝統的な黄驊面花作りが本格化している。黄驊面花は特製の型で魚や桃、馬蹄銀、十二支などの形に成型した後、蒸して作る。長い歴史を持ち、河北省第3次無形文化遺産保護リストに登録されている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月15日
    北京現代の河北省滄州工場、京津冀協同発展の代表的プロジェクトに

    15日、北京現代滄州工場の溶接ラインで作業をするロボット。中国北京市に本社を置く自動車メーカー北京現代汽車の河北省滄州(そうしゅう)市の工場は、同社が初めて北京市以外に建設した工場で、2016年10月に正式に竣工して操業を開始。同工場は投資規模が大きい、産業の牽引効果が著しい、スマート化レベルが高いなどにより、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展の代表的プロジェクトとして評価されている。北京現代滄州工場は、地域経済の一体化発展の加速や、産業の構造転換と高度化推進の面で著しい成果を収めている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月15日
    北京現代の河北省滄州工場、京津冀協同発展の代表的プロジェクトに

    15日、北京現代滄州工場内で自動車部品を運搬する従業員。中国北京市に本社を置く自動車メーカー北京現代汽車の河北省滄州(そうしゅう)市の工場は、同社が初めて北京市以外に建設した工場で、2016年10月に正式に竣工して操業を開始。同工場は投資規模が大きい、産業の牽引効果が著しい、スマート化レベルが高いなどにより、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展の代表的プロジェクトとして評価されている。北京現代滄州工場は、地域経済の一体化発展の加速や、産業の構造転換と高度化推進の面で著しい成果を収めている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月15日
    北京現代の河北省滄州工場、京津冀協同発展の代表的プロジェクトに

    15日、北京現代滄州工場の作業場で働く従業員。中国北京市に本社を置く自動車メーカー北京現代汽車の河北省滄州(そうしゅう)市の工場は、同社が初めて北京市以外に建設した工場で、2016年10月に正式に竣工して操業を開始。同工場は投資規模が大きい、産業の牽引効果が著しい、スマート化レベルが高いなどにより、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展の代表的プロジェクトとして評価されている。北京現代滄州工場は、地域経済の一体化発展の加速や、産業の構造転換と高度化推進の面で著しい成果を収めている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月15日
    北京現代の河北省滄州工場、京津冀協同発展の代表的プロジェクトに

    15日、北京現代滄州工場の溶接ラインで作業をするロボット。中国北京市に本社を置く自動車メーカー北京現代汽車の河北省滄州(そうしゅう)市の工場は、同社が初めて北京市以外に建設した工場で、2016年10月に正式に竣工して操業を開始。同工場は投資規模が大きい、産業の牽引効果が著しい、スマート化レベルが高いなどにより、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展の代表的プロジェクトとして評価されている。北京現代滄州工場は、地域経済の一体化発展の加速や、産業の構造転換と高度化推進の面で著しい成果を収めている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月15日
    北京現代の河北省滄州工場、京津冀協同発展の代表的プロジェクトに

    15日、北京現代滄州工場の溶接ラインで作業をするロボット。中国北京市に本社を置く自動車メーカー北京現代汽車の河北省滄州(そうしゅう)市の工場は、同社が初めて北京市以外に建設した工場で、2016年10月に正式に竣工して操業を開始。同工場は投資規模が大きい、産業の牽引効果が著しい、スマート化レベルが高いなどにより、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展の代表的プロジェクトとして評価されている。北京現代滄州工場は、地域経済の一体化発展の加速や、産業の構造転換と高度化推進の面で著しい成果を収めている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月15日
    北京現代の河北省滄州工場、京津冀協同発展の代表的プロジェクトに

    15日、北京現代滄州工場の生産ライン。中国北京市に本社を置く自動車メーカー北京現代汽車の河北省滄州(そうしゅう)市の工場は、同社が初めて北京市以外に建設した工場で、2016年10月に正式に竣工して操業を開始。同工場は投資規模が大きい、産業の牽引効果が著しい、スマート化レベルが高いなどにより、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展の代表的プロジェクトとして評価されている。北京現代滄州工場は、地域経済の一体化発展の加速や、産業の構造転換と高度化推進の面で著しい成果を収めている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月15日
    北京現代の河北省滄州工場、京津冀協同発展の代表的プロジェクトに

    15日、北京現代滄州工場の溶接仕事場の生産ラインで作業をするロボット。中国北京市に本社を置く自動車メーカー北京現代汽車の河北省滄州(そうしゅう)市の工場は、同社が初めて北京市以外に建設した工場で、2016年10月に正式に竣工して操業を開始。同工場は投資規模が大きい、産業の牽引効果が著しい、スマート化レベルが高いなどにより、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展の代表的プロジェクトとして評価されている。北京現代滄州工場は、地域経済の一体化発展の加速や、産業の構造転換と高度化推進の面で著しい成果を収めている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月15日
    北京現代の河北省滄州工場、京津冀協同発展の代表的プロジェクトに

    15日、北京現代滄州工場の作業場で働く従業員。中国北京市に本社を置く自動車メーカー北京現代汽車の河北省滄州(そうしゅう)市の工場は、同社が初めて北京市以外に建設した工場で、2016年10月に正式に竣工して操業を開始。同工場は投資規模が大きい、産業の牽引効果が著しい、スマート化レベルが高いなどにより、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展の代表的プロジェクトとして評価されている。北京現代滄州工場は、地域経済の一体化発展の加速や、産業の構造転換と高度化推進の面で著しい成果を収めている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月15日
    北京現代の河北省滄州工場、京津冀協同発展の代表的プロジェクトに

    15日、北京現代滄州工場の作業場で働く従業員。中国北京市に本社を置く自動車メーカー北京現代汽車の河北省滄州(そうしゅう)市の工場は、同社が初めて北京市以外に建設した工場で、2016年10月に正式に竣工して操業を開始。同工場は投資規模が大きい、産業の牽引効果が著しい、スマート化レベルが高いなどにより、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展の代表的プロジェクトとして評価されている。北京現代滄州工場は、地域経済の一体化発展の加速や、産業の構造転換と高度化推進の面で著しい成果を収めている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月15日
    北京現代の河北省滄州工場、京津冀協同発展の代表的プロジェクトに

    15日、北京現代滄州工場の作業場で働く従業員。中国北京市に本社を置く自動車メーカー北京現代汽車の河北省滄州(そうしゅう)市の工場は、同社が初めて北京市以外に建設した工場で、2016年10月に正式に竣工して操業を開始。同工場は投資規模が大きい、産業の牽引効果が著しい、スマート化レベルが高いなどにより、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展の代表的プロジェクトとして評価されている。北京現代滄州工場は、地域経済の一体化発展の加速や、産業の構造転換と高度化推進の面で著しい成果を収めている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月15日
    北京現代の河北省滄州工場、京津冀協同発展の代表的プロジェクトに

    15日、北京現代滄州工場の作業場で働く従業員。中国北京市に本社を置く自動車メーカー北京現代汽車の河北省滄州(そうしゅう)市の工場は、同社が初めて北京市以外に建設した工場で、2016年10月に正式に竣工して操業を開始。同工場は投資規模が大きい、産業の牽引効果が著しい、スマート化レベルが高いなどにより、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展の代表的プロジェクトとして評価されている。北京現代滄州工場は、地域経済の一体化発展の加速や、産業の構造転換と高度化推進の面で著しい成果を収めている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月15日
    北京現代の河北省滄州工場、京津冀協同発展の代表的プロジェクトに

    15日、北京現代滄州工場の作業場で働く従業員。中国北京市に本社を置く自動車メーカー北京現代汽車の河北省滄州(そうしゅう)市の工場は、同社が初めて北京市以外に建設した工場で、2016年10月に正式に竣工して操業を開始。同工場は投資規模が大きい、産業の牽引効果が著しい、スマート化レベルが高いなどにより、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展の代表的プロジェクトとして評価されている。北京現代滄州工場は、地域経済の一体化発展の加速や、産業の構造転換と高度化推進の面で著しい成果を収めている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月15日
    北京現代の河北省滄州工場、京津冀協同発展の代表的プロジェクトに

    15日、北京現代滄州工場の生産ライン。中国北京市に本社を置く自動車メーカー北京現代汽車の河北省滄州(そうしゅう)市の工場は、同社が初めて北京市以外に建設した工場で、2016年10月に正式に竣工して操業を開始。同工場は投資規模が大きい、産業の牽引効果が著しい、スマート化レベルが高いなどにより、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展の代表的プロジェクトとして評価されている。北京現代滄州工場は、地域経済の一体化発展の加速や、産業の構造転換と高度化推進の面で著しい成果を収めている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月15日
    北京現代の河北省滄州工場、京津冀協同発展の代表的プロジェクトに

    15日、北京現代滄州工場の生産ライン。中国北京市に本社を置く自動車メーカー北京現代汽車の河北省滄州(そうしゅう)市の工場は、同社が初めて北京市以外に建設した工場で、2016年10月に正式に竣工して操業を開始。同工場は投資規模が大きい、産業の牽引効果が著しい、スマート化レベルが高いなどにより、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展の代表的プロジェクトとして評価されている。北京現代滄州工場は、地域経済の一体化発展の加速や、産業の構造転換と高度化推進の面で著しい成果を収めている。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2