KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 河北省邢
  • 中国河北省
  • 太行山脈
  • 貧困脱却
  • 協同組合
  • 市臨城県
  • 無形文化遺産
  • 焼成技巧
  • 邢窯陶磁
  • 陶磁焼成

「河北省臨城」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
101
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
101
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年10月04日
    野外公演で「三国志」の戦いを再現河北省臨城県

    4日、河北省邢台市臨城県で「長坂坡の戦い」を上演する役者。中国の国慶節と中秋節の大型連休(1~8日)中、河北省邢台(けいだい)市臨城県で三国志の名将、趙雲の「長坂坡(ちょうはんは)の戦い」を題材とした公演が、野外で上演された。河南省や内モンゴル自治区、青海省などから集まった役者130人以上と馬40頭以上が出演し、迫力あるシーンを再現した。(臨城=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月04日
    野外公演で「三国志」の戦いを再現河北省臨城県

    4日、河北省邢台市臨城県で「長坂坡の戦い」を上演する役者。中国の国慶節と中秋節の大型連休(1~8日)中、河北省邢台(けいだい)市臨城県で三国志の名将、趙雲の「長坂坡(ちょうはんは)の戦い」を題材とした公演が、野外で上演された。河南省や内モンゴル自治区、青海省などから集まった役者130人以上と馬40頭以上が出演し、迫力あるシーンを再現した。(臨城=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月04日
    野外公演で「三国志」の戦いを再現河北省臨城県

    4日、河北省邢台市臨城県で「長坂坡の戦い」を上演する役者。(小型無人機から)中国の国慶節と中秋節の大型連休(1~8日)中、河北省邢台(けいだい)市臨城県で三国志の名将、趙雲の「長坂坡(ちょうはんは)の戦い」を題材とした公演が、野外で上演された。河南省や内モンゴル自治区、青海省などから集まった役者130人以上と馬40頭以上が出演し、迫力あるシーンを再現した。(臨城=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月04日
    野外公演で「三国志」の戦いを再現河北省臨城県

    4日、河北省邢台市臨城県で「長坂坡の戦い」を上演する役者。中国の国慶節と中秋節の大型連休(1~8日)中、河北省邢台(けいだい)市臨城県で三国志の名将、趙雲の「長坂坡(ちょうはんは)の戦い」を題材とした公演が、野外で上演された。河南省や内モンゴル自治区、青海省などから集まった役者130人以上と馬40頭以上が出演し、迫力あるシーンを再現した。(臨城=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:29.73
    2020年08月01日
    「新華社」茶文化を学んで充実した夏休みに河北省臨城市

    中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県東鎮中学校は、夏休み中の行事に伝統的な茶文化を取り入れている。校内にある茶道芸術サークル用の部屋を一般開放し、生徒らが茶礼(茶道)を学び、中国の茶文化に対する理解を深めて充実した時間を過ごせるようにしている。(記者/馮維健)<映像内容>茶礼を学ぶ生徒の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県

    12日、邢窯歴史博物館で邢窯白磁を見学する臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県

    12日、邢窯歴史博物館で邢窯の歴史について説明を聞く臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県

    12日、邢窯歴史博物館で歴史・文化について学ぶ臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県

    12日、邢窯歴史博物館で邢窯磁器文化について説明を聞く臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:21.36
    2020年07月12日
    「新華社」博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県

    中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(記者/馮維健)<映像内容>邢窯磁器の文化を学ぶ研究学習活動、体験の様子など、撮影日:2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県

    12日、邢窯歴史博物館でろくろ体験をする臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県

    12日、邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠さん(右)の工房で、陶磁器作りについて学ぶ臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県

    12日、邢窯歴史博物館の職員の指導の下、陶磁器の成形を体験する臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県

    12日、邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠さん(右)の工房で説明を聞く臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県

    4日、テントの中で話し合う陳紹輝さんと合作社の組合員。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県

    4日、濃度計を使って蜂蜜の濃度を測る陳紹輝さん。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県

    4日、ミツバチの飼育状況を確認する陳紹輝さんと合作社の組合員。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県

    4日、採蜜する陳紹輝さん。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県

    4日、巣箱を作る陳紹輝さんと合作社の組合員。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県

    4日、インターネットのライブ配信サイトで蜂蜜を販売する陳紹輝さんと合作社の組合員。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県

    4日、ミツバチの巣を巣箱に戻す陳紹輝さん。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県

    4日、蜂蜜の出来具合を確認する陳紹輝さん。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:25.32
    2020年06月11日
    「新華社」河北省臨城県で清代の石碑を発見村民自治や環境保護の記載

    中国河北省邢台(けいだい)市臨城県の文化財保護部門がこのほど、同県臨城鎮南盤石村で清代同治年間の石碑を発見した。その後の研究で、石碑には清代の河北省南部地域の村民自治や環境保護の状況が記されていることが分かった。当時の風俗・習慣を知る上での参考資料になるという。石碑は高さ128センチ、幅50センチ、厚さ20センチ。右上部分が欠けており、二つに割れていた。碑文の一部も損なわれていた。同治7(1868)年の建立で、碑文は400文字余り。村が独自で定めた自治規定が記されており、むやみな樹木の伐採、盗品売買、集団賭博を禁じている。違反者へ処罰に関する規定も書かれていた。文化財保護の専門家によると、地元の古碑は史実や墓誌銘が中心で、村民が自ら定めた約束事や環境保護意識を示すものは珍しい。これまで見つかった中で環境保護について書かれた最も古い石碑だという。(記者/斉雷傑)<映像内容>環境保護について書かれた清代の石碑を発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.39
    2020年06月09日
    「新華社」クワ栽培と養蚕で貧困脱却を後押し河北省臨城県

    中国河北省邢台市臨城県はこのところ、農民に対しクワ栽培と養蚕を指導、増収を後押ししている。クワは高い価値がある。クワの実(マルベリー)は食用に供され、保存が難しいクワの実は果実酒や麺、ドライフルーツなど加工用として利用される。また、葉は養蚕に使用される。クワ栽培と養蚕により農家は家業を維持することができ、専門家による指導と一括買い上げを行うことで、多くの貧困世帯が貧困脱却を実現している。現在、臨城県のクワの木の栽培面積は600ムー(約40ヘクタール)余りで、クワ栽培と養蚕に携わる農家は100世帯を超えており、195万匹の蚕が飼育され、年間100万元(1元=15円)以上の増収をもたらしている。(記者/馮維健)<映像内容>クワ栽培、クワの実の収穫、養蚕の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    河北省臨城県の幼稚園が再開

    8日、河北省邢台市臨城県の県級直属機関幼稚園でおやつを食べる園児。中国では新型コロナウイルスの感染抑制が進み、各地の学校が次々に再開されている。河北省邢台(けいだい)市臨城県では感染防止対策を整えた幼稚園が8日、正式に再開された。(臨城=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    河北省臨城県の幼稚園が再開

    8日、河北省邢台市臨城県の県級直属機関幼稚園の前で園児を迎える教員。中国では新型コロナウイルスの感染抑制が進み、各地の学校が次々に再開されている。河北省邢台(けいだい)市臨城県では感染防止対策を整えた幼稚園が8日、正式に再開された。(臨城=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    河北省臨城県の幼稚園が再開

    8日、河北省邢台市臨城県の県級直属機関幼稚園で園児に手洗いの仕方を教える医療スタッフ。中国では新型コロナウイルスの感染抑制が進み、各地の学校が次々に再開されている。河北省邢台(けいだい)市臨城県では感染防止対策を整えた幼稚園が8日、正式に再開された。(臨城=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    河北省臨城県の幼稚園が再開

    8日、河北省邢台市臨城県の県級直属機関幼稚園で手洗い場を消毒する教員。中国では新型コロナウイルスの感染抑制が進み、各地の学校が次々に再開されている。河北省邢台(けいだい)市臨城県では感染防止対策を整えた幼稚園が8日、正式に再開された。(臨城=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    「一帯一路」が中国の油井掘削機にもたらす新たなチャンス

    5月30日、英特莱福(INTLEF)油気技術河北の工場で、ロシアへ輸出する石油掘削機をトラックに積み込む作業員。中国河北省臨城県にある石油・天然ガス採掘機メーカー、英特莱福(INTLEF)油気技術河北の工場で5月30日、分解移動が可能な石油掘削機2台を積んだトラック12台が内モンゴル自治区の満洲里に向け出発した。満洲里からは鉄道輸送に切り替えロシアへ輸出される。(邢台=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    「一帯一路」が中国の油井掘削機にもたらす新たなチャンス

    5月30日、英特莱福(INTLEF)油気技術河北の工場で、ロシアへ輸出する石油掘削機を解体し、トラックに積み込む作業員。中国河北省臨城県にある石油・天然ガス採掘機メーカー、英特莱福(INTLEF)油気技術河北の工場で5月30日、分解移動が可能な石油掘削機2台を積んだトラック12台が内モンゴル自治区の満洲里に向け出発した。満洲里からは鉄道輸送に切り替えロシアへ輸出される。(邢台=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    「一帯一路」が中国の油井掘削機にもたらす新たなチャンス

    5月30日、英特莱福(INTLEF)油気技術河北の工場を出発するトラック。中国河北省臨城県にある石油・天然ガス採掘機メーカー、英特莱福(INTLEF)油気技術河北の工場で5月30日、分解移動が可能な石油掘削機2台を積んだトラック12台が内モンゴル自治区の満洲里に向け出発した。満洲里からは鉄道輸送に切り替えロシアへ輸出される。(邢台=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    邢窯磁器の魅力をネットでライブ配信河北省臨城県

    17日、スマートフォンでライブ配信をする邢窯博物館の陳華(ちん・か)解説員。中国河北省邢台市臨城県で17日、同地で生産される邢窯(けいよう)磁器を紹介するインターネットのライブ配信が行われた。邢窯陶磁焼成技巧の国家級無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんも登場し、手作業による制作技法を披露した。同県は「中国邢窯工芸伝承モデル県」に指定されており、2009年に一般公開された邢窯博物館には30種類余りの展示品約千点が収蔵されている。(邢台=新華社記者/白明山)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:08.10
    2020年05月17日
    「新華社」邢窯磁器の魅力をネットでライブ配信河北省臨城県

    中国河北省邢台市臨城県で17日、同地で生産される邢窯(けいよう)磁器を紹介するインターネットのライブ配信が行われた。邢窯陶磁焼成技巧の国家級無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんも登場し、手作業による制作技法を披露した。同県は「中国邢窯工芸伝承モデル県」に指定されており、2009年に一般公開された邢窯博物館には30種類余りの展示品約千点が収蔵されている。県内にある邢窯遺跡は1996年12月に全国文物保護単位に指定を受け、2014年12月には邢窯陶磁焼成技巧として国家級無形文化遺産の代表的項目リストにも登録された。邢窯は隋唐時代の名窯の一つで、中国白磁の誕生の地として知られている。唐代には南の浙江省の越州窯青磁と共に評価され、「南青北白」と呼ばれた。精巧で美しい邢窯白磁は、国内外の陶磁器産業にも影響を与えた。(記者/白明山)<映像内容>邢窯磁器を紹介するライブ配信の様子、磁器の制作の様子、撮影日:2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    邢窯磁器の魅力をネットでライブ配信河北省臨城県

    17日、スマートフォンでライブ配信をする邢窯博物館の陳華(ちん・か)解説員。中国河北省邢台市臨城県で17日、同地で生産される邢窯(けいよう)磁器を紹介するインターネットのライブ配信が行われた。邢窯陶磁焼成技巧の国家級無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんも登場し、手作業による制作技法を披露した。同県は「中国邢窯工芸伝承モデル県」に指定されており、2009年に一般公開された邢窯博物館には30種類余りの展示品約千点が収蔵されている。(邢台=新華社記者/白明山)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    邢窯磁器の魅力をネットでライブ配信河北省臨城県

    17日、スマートフォンでライブ配信をする邢窯博物館の陳華(ちん・か)解説員。中国河北省邢台市臨城県で17日、同地で生産される邢窯(けいよう)磁器を紹介するインターネットのライブ配信が行われた。邢窯陶磁焼成技巧の国家級無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんも登場し、手作業による制作技法を披露した。同県は「中国邢窯工芸伝承モデル県」に指定されており、2009年に一般公開された邢窯博物館には30種類余りの展示品約千点が収蔵されている。(邢台=新華社記者/白明山)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    南部の茶を北部に移植、貧困脱却を後押し河北省

    17日、河北省臨城県の東籬(とうり)茶園で、除草作業をする趙荘郷桐花村の貧困脱却農民、鞏根成(きょう・こんせい)さん。中国北部を走る太行山脈の山間に位置する河北省臨城県ではここ数年、中国南部で生産される竜井(ロンジン)茶の木を、温暖で湿度の高い浙江省杭州市から乾燥して雨の少ない趙荘郷桐花村に移植し、「南茶北移(南方地域の茶の木を北方地域に移植)」を実現、数百世帯の農民の貧困脱却を後押ししている。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    南部の茶を北部に移植、貧困脱却を後押し河北省

    17日、茶摘みが最盛期を迎えた河北省臨城県の東籬(とうり)茶園で、茶葉を天日干しする茶園の主人、曲保民(きょく・ほうみん)さん。中国北部を走る太行山脈の山間に位置する河北省臨城県ではここ数年、中国南部で生産される竜井(ロンジン)茶の木を、温暖で湿度の高い浙江省杭州市から乾燥して雨の少ない趙荘郷桐花村に移植し、「南茶北移(南方地域の茶の木を北方地域に移植)」を実現、数百世帯の農民の貧困脱却を後押ししている。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    邢窯磁器の魅力をネットでライブ配信河北省臨城県

    17日、スマートフォンでライブ配信をする邢窯博物館の陳華(ちん・か)解説員。中国河北省邢台市臨城県で17日、同地で生産される邢窯(けいよう)磁器を紹介するインターネットのライブ配信が行われた。邢窯陶磁焼成技巧の国家級無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんも登場し、手作業による制作技法を披露した。同県は「中国邢窯工芸伝承モデル県」に指定されており、2009年に一般公開された邢窯博物館には30種類余りの展示品約千点が収蔵されている。(邢台=新華社記者/白明山)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    邢窯磁器の魅力をネットでライブ配信河北省臨城県

    17日、学生に邢窯陶磁の施釉について説明する張志忠さん(右から2人目)を撮影する邢窯博物館の陳華(ちん・か)解説員(右)。中国河北省邢台市臨城県で17日、同地で生産される邢窯(けいよう)磁器を紹介するインターネットのライブ配信が行われた。邢窯陶磁焼成技巧の国家級無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんも登場し、手作業による制作技法を披露した。同県は「中国邢窯工芸伝承モデル県」に指定されており、2009年に一般公開された邢窯博物館には30種類余りの展示品約千点が収蔵されている。(邢台=新華社記者/白明山)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    邢窯磁器の魅力をネットでライブ配信河北省臨城県

    17日、ろくろを回す張志忠さん(左)の様子をライブ配信する邢窯博物館の陳華(ちん・か)解説員。中国河北省邢台市臨城県で17日、同地で生産される邢窯(けいよう)磁器を紹介するインターネットのライブ配信が行われた。邢窯陶磁焼成技巧の国家級無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんも登場し、手作業による制作技法を披露した。同県は「中国邢窯工芸伝承モデル県」に指定されており、2009年に一般公開された邢窯博物館には30種類余りの展示品約千点が収蔵されている。(邢台=新華社記者/白明山)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    南部の茶を北部に移植、貧困脱却を後押し河北省

    17日、茶摘みが最盛期を迎えた河北省臨城県の東籬(とうり)茶園で、茶葉を摘む農民。中国北部を走る太行山脈の山間に位置する河北省臨城県ではここ数年、中国南部で生産される竜井(ロンジン)茶の木を、温暖で湿度の高い浙江省杭州市から乾燥して雨の少ない趙荘郷桐花村に移植し、「南茶北移(南方地域の茶の木を北方地域に移植)」を実現、数百世帯の農民の貧困脱却を後押ししている。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月17日
    南部の茶を北部に移植、貧困脱却を後押し河北省

    17日、茶摘みが最盛期を迎えた河北省臨城県の東籬(とうり)茶園で、茶葉を摘む農民。中国北部を走る太行山脈の山間に位置する河北省臨城県ではここ数年、中国南部で生産される竜井(ロンジン)茶の木を、温暖で湿度の高い浙江省杭州市から乾燥して雨の少ない趙荘郷桐花村に移植し、「南茶北移(南方地域の茶の木を北方地域に移植)」を実現、数百世帯の農民の貧困脱却を後押ししている。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:52.19
    2020年04月28日
    「新華社」太行山脈に漂う茶の香り河北省臨城県

    中国の茶業界はこの数十年、南方地域の茶の北方地域での栽培を模索している。曲保民(きょく・ほうみん)さんは、2012年から太行山脈の河北省臨城県桐花(とうか)村で茶の栽培を始めた。毎年二十四節気の穀雨の頃になると、村は茶摘みの最盛期を迎える。村の土壌や気候は茶の栽培に適していて、地元の質の高い茶葉は売れ行きが良く、周辺農家の収入増加を後押ししている。(記者/岳文婷)<映像内容>茶の栽培、茶摘みの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    まるで水墨画の世界太行山脈に春の雪河北省臨城県

    10日、河北省邢台市臨城県に連なる太行山脈の雪景色。中国河北省邢台市臨城県の西側にある太行山脈でこのほど、雪が降り、辺りは一面の銀世界となった。降雪後には立ち込めた雲と霧が山々や段々畑、道、樹木などをスッポリと包み込み、水墨画のような風景が広がった。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    まるで水墨画の世界太行山脈に春の雪河北省臨城県

    10日、河北省邢台市臨城県に連なる太行山脈の雪景色。(小型無人機から)中国河北省邢台市臨城県の西側にある太行山脈でこのほど、雪が降り、辺りは一面の銀世界となった。降雪後には立ち込めた雲と霧が山々や段々畑、道、樹木などをスッポリと包み込み、水墨画のような風景が広がった。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    まるで水墨画の世界太行山脈に春の雪河北省臨城県

    10日、河北省邢台市臨城県に連なる太行山脈の雪景色。(小型無人機から)中国河北省邢台市臨城県の西側にある太行山脈でこのほど、雪が降り、辺りは一面の銀世界となった。降雪後には立ち込めた雲と霧が山々や段々畑、道、樹木などをスッポリと包み込み、水墨画のような風景が広がった。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    まるで水墨画の世界太行山脈に春の雪河北省臨城県

    10日、河北省邢台市臨城県に連なる太行山脈の雪景色。(小型無人機から)中国河北省邢台市臨城県の西側にある太行山脈でこのほど、雪が降り、辺りは一面の銀世界となった。降雪後には立ち込めた雲と霧が山々や段々畑、道、樹木などをスッポリと包み込み、水墨画のような風景が広がった。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    まるで水墨画の世界太行山脈に春の雪河北省臨城県

    10日、河北省邢台市臨城県に連なる太行山脈の雪景色。(小型無人機から)中国河北省邢台市臨城県の西側にある太行山脈でこのほど、雪が降り、辺りは一面の銀世界となった。降雪後には立ち込めた雲と霧が山々や段々畑、道、樹木などをスッポリと包み込み、水墨画のような風景が広がった。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    まるで水墨画の世界太行山脈に春の雪河北省臨城県

    10日、河北省邢台市臨城県に連なる太行山脈の雪景色。(小型無人機から)中国河北省邢台市臨城県の西側にある太行山脈でこのほど、雪が降り、辺りは一面の銀世界となった。降雪後には立ち込めた雲と霧が山々や段々畑、道、樹木などをスッポリと包み込み、水墨画のような風景が広がった。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、収穫したシイタケの選別作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、栽培ハウスで収穫したシイタケが入った容器を運ぶ河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県にある「南孟村股份経済合作社」のビニールハウスで、イチゴの手入れをする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県西竪鎮のアスパラガス栽培ハウスで農作業に励む「潤遠農作物栽培専業合作社」の職員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県にある「南孟村股份経済合作社」のビニールハウスで、サクランボの花の間引き作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、クルミの袋詰め作業をする河北省臨城県の「貧困支援企業」、河北緑嶺康維食品の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、クルミの袋詰め作業をする河北省臨城県の「貧困支援企業」、河北緑嶺康維食品の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県臨城鎮のパセリ栽培ハウスで農作業をする茁越農業開発の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された酒器。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代鞏義窯の白磁鷹首壷(ようしゅこ)。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代鞏義窯の白磁辟雍硯(へきようけん)。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場で茶器を鑑賞する来場者。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代鞏義窯の白磁三獣足蓋罐(さんじゅうそくがいかん)。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代邢窯の白磁蓋罐(がいかん)。「退」の字が墨書されている。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代邢窯の白磁蓋罐(がいかん)。「退」の字が墨書されている。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された仏具。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代邢窯の白磁蓋罐(がいかん)。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代鞏義芝田窯の白釉狩猟文鳳首壷(はくゆうしゅりょうもんほうしゅこ)。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代の白磁四系罐(しけいかん)。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場で仏具を鑑賞する来場者。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代の白陶蓮弁文蓋多足硯(はくとうれんべんもんがいたそくけん)。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場で茶器と酒器を鑑賞する来場者。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月15日
    河北省臨城県で唐代の墓誌銘見つかる1200年以上の歴史

    臨城鎮澄底村で見つかった墓誌銘。(資料写真)中国河北省臨城県文化財保護部門はこのほど、文化財保護スタッフが臨城鎮澄底(ちょうてい)村で、唐代開元24年(西暦736年)の墓誌銘を見つけたことを明らかにした。1200年以上の歴史を持つ。(石家荘=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月15日
    河北省臨城県で唐代の墓誌銘見つかる1200年以上の歴史

    臨城鎮澄底村で見つかった墓誌銘。(資料写真)中国河北省臨城県文化財保護部門はこのほど、文化財保護スタッフが臨城鎮澄底(ちょうてい)村で、唐代開元24年(西暦736年)の墓誌銘を見つけたことを明らかにした。1200年以上の歴史を持つ。(石家荘=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月15日
    河北省臨城県で唐代の墓誌銘見つかる1200年以上の歴史

    臨城鎮澄底村で見つかった墓誌銘。(資料写真)中国河北省臨城県文化財保護部門はこのほど、文化財保護スタッフが臨城鎮澄底(ちょうてい)村で、唐代開元24年(西暦736年)の墓誌銘を見つけたことを明らかにした。1200年以上の歴史を持つ。(石家荘=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:43.31
    2019年05月15日
    「新華社」太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(記者/高博、牟宇)<映像内容>茶園の風景と茶摘みの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、臨城県の東籬茶園で茶摘みをする従業員。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、茶葉の品質を確認する東籬茶園の従業員。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、臨城県の東籬茶園で茶摘みをする従業者。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、天日干しする茶葉を整える曲保民さん。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、天日干しする茶葉を運ぶ曲保民さん。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、茶葉を包装する東籬茶園の従業員。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、臨城県の東籬茶園で茶摘みをする従業員。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、臨城県の東籬茶園で茶摘みをする従業員。(小型無人機から)中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、摘み取った茶葉を集め、天日干しの準備をする東籬茶園の従業員ら。(小型無人機から)中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、天日干しする茶葉を整える曲保民さん。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、天日干しする茶葉を運ぶ曲保民さん。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、臨城県の東籬茶園で茶摘みをする従業員。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日に撮影した臨城県の東籬茶園。(小型無人機から)中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月04日
    河北省臨城県で849年前の金代陀羅尼経幢見つかる

    4日、河北省邢台市臨城県で発見された陀羅尼経幢の基台。中国河北省邢台(けいたい)市臨城県の共産党委員会宣伝部は、同県鴨鴿営(おうこうえい)郷東趙(とうちょう)村で文化財保護職員が金代の陀羅尼経幢(だらにきょうどう)を発見したことを明らかにした。経幢とは表面に陀羅尼(だらに、仏教の呪文の一つ)を刻んだ石柱や金属柱を指す。落款には「大金大定十年」(1170年)とあり、849年の歴史を持つものであることを示している。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月04日
    河北省臨城県で849年前の金代陀羅尼経幢見つかる

    4日、河北省邢台市臨城県で発見された陀羅尼経幢の基台。中国河北省邢台(けいたい)市臨城県の共産党委員会宣伝部は、同県鴨鴿営(おうこうえい)郷東趙(とうちょう)村で文化財保護職員が金代の陀羅尼経幢(だらにきょうどう)を発見したことを明らかにした。経幢とは表面に陀羅尼(だらに、仏教の呪文の一つ)を刻んだ石柱や金属柱を指す。落款には「大金大定十年」(1170年)とあり、849年の歴史を持つものであることを示している。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月04日
    河北省臨城県で849年前の金代陀羅尼経幢見つかる

    4日、河北省邢台市臨城県で発見された陀羅尼経幢の幢頂(どうちょう)。中国河北省邢台(けいたい)市臨城県の共産党委員会宣伝部は、同県鴨鴿営(おうこうえい)郷東趙(とうちょう)村で文化財保護職員が金代の陀羅尼経幢(だらにきょうどう)を発見したことを明らかにした。経幢とは表面に陀羅尼(だらに、仏教の呪文の一つ)を刻んだ石柱や金属柱を指す。落款には「大金大定十年」(1170年)とあり、849年の歴史を持つものであることを示している。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月04日
    河北省臨城県で849年前の金代陀羅尼経幢見つかる

    4日、河北省邢台市臨城県で発見された陀羅尼経幢の銘文。中国河北省邢台(けいたい)市臨城県の共産党委員会宣伝部は、同県鴨鴿営(おうこうえい)郷東趙(とうちょう)村で文化財保護職員が金代の陀羅尼経幢(だらにきょうどう)を発見したことを明らかにした。経幢とは表面に陀羅尼(だらに、仏教の呪文の一つ)を刻んだ石柱や金属柱を指す。落款には「大金大定十年」(1170年)とあり、849年の歴史を持つものであることを示している。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月04日
    河北省臨城県で849年前の金代陀羅尼経幢見つかる

    4日、河北省邢台市臨城県で発見された陀羅尼経幢の幢身(どうしん)。中国河北省邢台(けいたい)市臨城県の共産党委員会宣伝部は、同県鴨鴿営(おうこうえい)郷東趙(とうちょう)村で文化財保護職員が金代の陀羅尼経幢(だらにきょうどう)を発見したことを明らかにした。経幢とは表面に陀羅尼(だらに、仏教の呪文の一つ)を刻んだ石柱や金属柱を指す。落款には「大金大定十年」(1170年)とあり、849年の歴史を持つものであることを示している。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月04日
    河北省臨城県で849年前の金代陀羅尼経幢見つかる

    4日、河北省邢台市臨城県で発見された陀羅尼経幢の幢身(どうしん)。中国河北省邢台(けいたい)市臨城県の共産党委員会宣伝部は、同県鴨鴿営(おうこうえい)郷東趙(とうちょう)村で文化財保護職員が金代の陀羅尼経幢(だらにきょうどう)を発見したことを明らかにした。経幢とは表面に陀羅尼(だらに、仏教の呪文の一つ)を刻んだ石柱や金属柱を指す。落款には「大金大定十年」(1170年)とあり、849年の歴史を持つものであることを示している。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月04日
    河北省臨城県で849年前の金代陀羅尼経幢見つかる

    4日、河北省邢台市臨城県で発見された陀羅尼経幢の銘文。中国河北省邢台(けいたい)市臨城県の共産党委員会宣伝部は、同県鴨鴿営(おうこうえい)郷東趙(とうちょう)村で文化財保護職員が金代の陀羅尼経幢(だらにきょうどう)を発見したことを明らかにした。経幢とは表面に陀羅尼(だらに、仏教の呪文の一つ)を刻んだ石柱や金属柱を指す。落款には「大金大定十年」(1170年)とあり、849年の歴史を持つものであることを示している。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月31日
    河北省臨城県で849年前の金代陀羅尼経幢見つかる

    河北省邢台市臨城県で発見された陀羅尼経幢の幢頂(どうちょう)。(1月31日撮影)中国河北省邢台(けいたい)市臨城県の共産党委員会宣伝部は、同県鴨鴿営(おうこうえい)郷東趙(とうちょう)村で文化財保護職員が金代の陀羅尼経幢(だらにきょうどう)を発見したことを明らかにした。経幢とは表面に陀羅尼(だらに、仏教の呪文の一つ)を刻んだ石柱や金属柱を指す。落款には「大金大定十年」(1170年)とあり、849年の歴史を持つものであることを示している。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2