KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 河南省鞏
  • 中国北京市
  • 浙江省余姚市
  • 海西モンゴル族チベット族自治州
  • 陝西省西安市
  • 双槐樹遺跡
  • ガリ地区
  • サンダルンガ
  • チベット自治区
  • ツァンダ県

「河南省鞏義」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
128
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
128
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月16日
    (32)2020年度中国十大考古新発見が発表

    青海省都蘭県の熱水墓群2018血渭1号墓から出土した銀製の印章。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (5)2020年度中国十大考古新発見が発表

    浙江省余姚市の井頭山遺跡から出土した海産軟体動物の貝殻。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (3)2020年度中国十大考古新発見が発表

    貴州省貴陽市貴安新区にある招果洞遺跡から出土した打製石器。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (22)2020年度中国十大考古新発見が発表

    チベット自治区ガリ地区ツァンダ県のサンダルンガ墓地から出土した金の掛け飾り。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (13)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省周口市淮陽区にある時荘遺跡の全景。(資料写真、小型無人機から)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (28)2020年度中国十大考古新発見が発表

    陝西省西安市の少陵原十六国大墓から出土した陶製の鼓吹儀仗(ぎじょう)俑。2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (34)2020年度中国十大考古新発見が発表

    青海省都蘭県の熱水墓群2018血渭1号墓から出土したトルコ石を象眼した「鑲緑松石金覆面」。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (8)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡。(2019年8月27日撮影、小型無人機から)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (9)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡。(2020年4月28日撮影)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (17)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省周口市淮陽区の時荘遺跡で見つかった、穀倉跡の底部から検出されたアワやキビの成分。2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (16)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省周口市淮陽区の時荘遺跡で見つかった円形と角丸四角形の倉庫跡(上が北)。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (36)2020年度中国十大考古新発見が発表

    吉林省図們市の磨盤村山城遺跡の1号中庭。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (6)2020年度中国十大考古新発見が発表

    浙江省余姚市の井頭山遺跡から出土した木製の櫂(かい)。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (7)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡。(2019年8月27日撮影、小型無人機から)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (26)2020年度中国十大考古新発見が発表

    江蘇省徐州市の土山2号墓から出土した封泥(ふうでい)。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (11)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡から出土した骨針(こつばり)。(2020年4月28日撮影)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (19)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省洛陽市伊川県にある徐陽墓地の大型墓から出土した鎛鐘(はくしょう)。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (38)2020年度中国十大考古新発見が発表

    吉林省図們市にある磨盤村山城遺跡早期遺構から出土した遺物。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (23)2020年度中国十大考古新発見が発表

    チベット自治区ガリ地区ツァンダ県のサンダルンガ墓地から出土した、金メッキを施した銀の仮面。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (31)2020年度中国十大考古新発見が発表

    青海省都蘭県にある熱水墓群2018血渭1号墓の墓穴の全景。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (14)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省周口市淮陽区にある時荘遺跡の発掘現場で、サンプルを採取する考古学者。(2019年12月1日撮影)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (4)2020年度中国十大考古新発見が発表

    浙江省余姚市の井頭山遺跡で見つかった貝殻を主とする文化層の堆積物。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (33)2020年度中国十大考古新発見が発表

    青海省都蘭県の熱水墓群2018血渭1号墓から出土した金飾り。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (30)2020年度中国十大考古新発見が発表

    青海省都蘭県にある熱水墓群2018血渭1号墓の全景。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (37)2020年度中国十大考古新発見が発表

    吉林省図們市にある磨盤村山城遺跡の地理的位置を示した図と遠景図。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (10)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡から出土した、イノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (1)2020年度中国十大考古新発見が発表

    貴州省貴陽市貴安新区にある招果洞遺跡の外観。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (25)2020年度中国十大考古新発見が発表

    整理後の土山2号墓の全景。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (21)2020年度中国十大考古新発見が発表

    チベット自治区ガリ地区ツァンダ県のサンダルンガ墓地から出土した金の首飾りと瑪瑙(めのう)。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (24)2020年度中国十大考古新発見が発表

    江蘇省徐州市ある土山2号墓の後室から出土した玉衣の一部。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (20)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省洛陽市伊川県にある徐陽墓地の大型墓A区M2と副葬品。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (18)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省洛陽市伊川県にある徐陽墓地の大型墓葬A区17M15と副葬品の一部。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (29)2020年度中国十大考古新発見が発表

    陝西省西安市にある少陵原十六国大墓の第2「土彫建築」の南側の様子。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (2)2020年度中国十大考古新発見が発表

    貴州省貴陽市貴安新区にある招果洞遺跡の発掘エリア。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (15)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省周口市淮陽区の時荘遺跡で見つかった穀倉跡の俯瞰図。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (12)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡から出土した陶罐(左)と陶鼎。(2019年8月27日撮影)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (27)2020年度中国十大考古新発見が発表

    陝西省西安市の少陵原十六国大墓の墓道の上に造られた「土彫建築」の全景。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (35)2020年度中国十大考古新発見が発表

    青海省都蘭県の熱水墓群2018血渭1号墓から出土した金箔を貼った人型の装飾品。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (16)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    克亜克庫都克唐代烽燧遺跡から出土した文書。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (11)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    姚河塬西周遺跡から出土した饕餮紋(とうてつもん)を施したくし。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (20)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    熱水墓群2018血渭1号墓から出土したトルコ石を象眼した「鑲緑松石金覆面」。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (15)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    姚河塬西周遺跡の車馬坑から出土した車馬器の青銅製装飾品。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (21)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    熱水墓群2018血渭1号墓から出土した金箔を貼った人型の装飾品。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (6)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    河南省鞏義市の双槐樹新石器時代遺跡から出土した石鋤(いしすき)。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (7)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    浙江省余姚市にある井頭山新石器時代遺跡の全景。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (4)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    河南省鞏義市の双槐樹新石器時代遺跡から出土した彩陶罐(さいとうかん)。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (8)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    26日、フォーラム会場で、認定プレートを持つ「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクトの代表ら。中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (1)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭1号墓から出土した金製の装飾品。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (2)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡から出土した海産軟体動物の貝殻。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (3)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡から出土した木器。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (5)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡から出土した骨器。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (18)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    克亜克庫都克唐代烽燧遺跡から出土した麻靴。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (13)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    姚河塬西周遺跡から出土した玉器。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (23)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    エジプト・ルクソールのモンチュ神殿とマアト神殿の接続部にある発掘エリア。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (24)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    エジプト・ルクソールのモンチュ神殿遺跡から出土した小型の青銅製オシリス像。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (14)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    郭元咀商周遺跡から出土した銅塊と陶範(陶製の鋳型)。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (10)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    郭元咀商周遺跡発掘エリアの全景。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (9)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    双槐樹新石器時代遺跡から出土した、イノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (12)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    郭元咀商周遺跡から出土した陶器。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (17)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    克亜克庫都克唐代烽燧遺跡から出土したよろいの一部。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    (19)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    エジプト・ルクソールのモンチュ神殿遺跡から出土した遺物。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    (22)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    上空から見た熱水墓群2018血渭1号墓の全景。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    秋色に染まる長寿山河南省鞏義市

    11日、河南省鞏義市竹林鎮にある長寿山。(小型無人機から撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市の竹林鎮にある長寿山は秋を迎え、紅葉などに彩られた美しい風景を描き出している。(鄭州=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    秋色に染まる長寿山河南省鞏義市

    11日、河南省鞏義市竹林鎮にある長寿山。(小型無人機から撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市の竹林鎮にある長寿山は秋を迎え、紅葉などに彩られた美しい風景を描き出している。(鄭州=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    秋色に染まる長寿山河南省鞏義市

    11日、河南省鞏義市竹林鎮にある長寿山。(小型無人機から撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市の竹林鎮にある長寿山は秋を迎え、紅葉などに彩られた美しい風景を描き出している。(鄭州=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    秋色に染まる長寿山河南省鞏義市

    11日、河南省鞏義市竹林鎮にある長寿山。(小型無人機から撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市の竹林鎮にある長寿山は秋を迎え、紅葉などに彩られた美しい風景を描き出している。(鄭州=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    秋色に染まる長寿山河南省鞏義市

    11日、河南省鞏義市竹林鎮にある長寿山。(小型無人機から撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市の竹林鎮にある長寿山は秋を迎え、紅葉などに彩られた美しい風景を描き出している。(鄭州=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月11日
    秋色に染まる長寿山河南省鞏義市

    11日、河南省鞏義市竹林鎮にある長寿山。(小型無人機から撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市の竹林鎮にある長寿山は秋を迎え、紅葉などに彩られた美しい風景を描き出している。(鄭州=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    空から見た河南省内のさまざなな黄河大橋

    河南省鞏義(きょうぎ)市の南河渡黄河大橋。(9月16日撮影、小型無人機から)中国の黄河は河南省内を711キロにわたって流れており、省内に架けられた何本もの黄河大橋は、両岸の経済や物流、生活を支える重要な役割を果たしている。空からは、これらの橋の堂々として壮大な姿を見ることができる。(鄭州=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.08
    2020年05月07日
    「新華社」河南省鞏義市、「河洛古国」の重大な考古学研究の成果を発表

    国河南省鄭州市文物考古研究院は7日、同省鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡で見つかった古国時代の都邑遺跡における段階的かつ重大な考古学研究の成果を発表した。黄河南岸の高台に位置する双槐樹遺跡は、伊水と洛水(らくすい)が黄河に流れ込む同省鞏義市河洛鎮にある。近年、中国社会科学院考古研究所と合同で遺跡の考古学調査を続けている同研究院は、複数の著名な考古学者による実地視察と研究・検討、論証を経て、同遺跡が今から約5300年前の古国時代の都邑遺跡であるとの結論を下した。また、遺跡が河洛の中心エリアにあることから、「河洛古国」と命名することを提案した。(記者/袁月明)<映像内容>双槐樹遺跡の考古学研究の成果を発表、撮影日:2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月07日
    河南省鞏義市、「河洛古国」の重大な考古学研究の成果を発表

    7日、双槐樹遺跡から出土した、イノシシの牙に彫られた最古の家蚕の彫刻。中国河南省鄭州市文物考古研究院は7日、同省鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡で見つかった古国時代の都邑遺跡における段階的かつ重大な考古学研究の成果を発表した。中華文明がどこで起こり、どのように発展してきたかについては、かねてから関心が寄せられてきた。黄河南岸の高台に位置する双槐樹遺跡は、伊水と洛水(らくすい)が黄河に流れ込む同省鞏義市河洛鎮にある。近年、中国社会科学院考古研究所と合同で遺跡の考古学調査を続けている同研究院は、複数の著名な考古学者による実地視察と研究・検討、論証を経て、同遺跡が今から約5300年前の古国時代の都邑遺跡であるとの結論を下した。また、遺跡が河洛の中心エリアにあることから、「河洛古国」と命名することを提案した。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    河南省鞏義市、「河洛古国」の重大な考古学研究の成果を発表

    河南省鞏義市河洛鎮にある双槐樹遺跡。(4月28日撮影)中国河南省鄭州市文物考古研究院は7日、同省鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡で見つかった古国時代の都邑遺跡における段階的かつ重大な考古学研究の成果を発表した。中華文明がどこで起こり、どのように発展してきたかについては、かねてから関心が寄せられてきた。黄河南岸の高台に位置する双槐樹遺跡は、伊水と洛水(らくすい)が黄河に流れ込む同省鞏義市河洛鎮にある。近年、中国社会科学院考古研究所と合同で遺跡の考古学調査を続けている同研究院は、複数の著名な考古学者による実地視察と研究・検討、論証を経て、同遺跡が今から約5300年前の古国時代の都邑遺跡であるとの結論を下した。また、遺跡が河洛の中心エリアにあることから、「河洛古国」と命名することを提案した。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    河南省鞏義市、「河洛古国」の重大な考古学研究の成果を発表

    双槐樹遺跡から出土した骨針。(4月28日撮影)中国河南省鄭州市文物考古研究院は7日、同省鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡で見つかった古国時代の都邑遺跡における段階的かつ重大な考古学研究の成果を発表した。中華文明がどこで起こり、どのように発展してきたかについては、かねてから関心が寄せられてきた。黄河南岸の高台に位置する双槐樹遺跡は、伊水と洛水(らくすい)が黄河に流れ込む同省鞏義市河洛鎮にある。近年、中国社会科学院考古研究所と合同で遺跡の考古学調査を続けている同研究院は、複数の著名な考古学者による実地視察と研究・検討、論証を経て、同遺跡が今から約5300年前の古国時代の都邑遺跡であるとの結論を下した。また、遺跡が河洛の中心エリアにあることから、「河洛古国」と命名することを提案した。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    河南省鞏義市、「河洛古国」の重大な考古学研究の成果を発表

    河南省鞏義市河洛鎮にある双槐樹遺跡。(4月28日撮影)中国河南省鄭州市文物考古研究院は7日、同省鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡で見つかった古国時代の都邑遺跡における段階的かつ重大な考古学研究の成果を発表した。中華文明がどこで起こり、どのように発展してきたかについては、かねてから関心が寄せられてきた。黄河南岸の高台に位置する双槐樹遺跡は、伊水と洛水(らくすい)が黄河に流れ込む同省鞏義市河洛鎮にある。近年、中国社会科学院考古研究所と合同で遺跡の考古学調査を続けている同研究院は、複数の著名な考古学者による実地視察と研究・検討、論証を経て、同遺跡が今から約5300年前の古国時代の都邑遺跡であるとの結論を下した。また、遺跡が河洛の中心エリアにあることから、「河洛古国」と命名することを提案した。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    河南省鞏義市、「河洛古国」の重大な考古学研究の成果を発表

    双槐樹遺跡から出土した土器杯。(4月28日撮影)中国河南省鄭州市文物考古研究院は7日、同省鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡で見つかった古国時代の都邑遺跡における段階的かつ重大な考古学研究の成果を発表した。中華文明がどこで起こり、どのように発展してきたかについては、かねてから関心が寄せられてきた。黄河南岸の高台に位置する双槐樹遺跡は、伊水と洛水(らくすい)が黄河に流れ込む同省鞏義市河洛鎮にある。近年、中国社会科学院考古研究所と合同で遺跡の考古学調査を続けている同研究院は、複数の著名な考古学者による実地視察と研究・検討、論証を経て、同遺跡が今から約5300年前の古国時代の都邑遺跡であるとの結論を下した。また、遺跡が河洛の中心エリアにあることから、「河洛古国」と命名することを提案した。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    河南省鞏義市、「河洛古国」の重大な考古学研究の成果を発表

    双槐樹遺跡から出土した「曲腹鉢」。(4月28日撮影)中国河南省鄭州市文物考古研究院は7日、同省鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡で見つかった古国時代の都邑遺跡における段階的かつ重大な考古学研究の成果を発表した。中華文明がどこで起こり、どのように発展してきたかについては、かねてから関心が寄せられてきた。黄河南岸の高台に位置する双槐樹遺跡は、伊水と洛水(らくすい)が黄河に流れ込む同省鞏義市河洛鎮にある。近年、中国社会科学院考古研究所と合同で遺跡の考古学調査を続けている同研究院は、複数の著名な考古学者による実地視察と研究・検討、論証を経て、同遺跡が今から約5300年前の古国時代の都邑遺跡であるとの結論を下した。また、遺跡が河洛の中心エリアにあることから、「河洛古国」と命名することを提案した。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    河南省鞏義市、「河洛古国」の重大な考古学研究の成果を発表

    双槐樹遺跡にある土器罐で北斗九星を模した天文遺跡。(4月28日撮影)中国河南省鄭州市文物考古研究院は7日、同省鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡で見つかった古国時代の都邑遺跡における段階的かつ重大な考古学研究の成果を発表した。中華文明がどこで起こり、どのように発展してきたかについては、かねてから関心が寄せられてきた。黄河南岸の高台に位置する双槐樹遺跡は、伊水と洛水(らくすい)が黄河に流れ込む同省鞏義市河洛鎮にある。近年、中国社会科学院考古研究所と合同で遺跡の考古学調査を続けている同研究院は、複数の著名な考古学者による実地視察と研究・検討、論証を経て、同遺跡が今から約5300年前の古国時代の都邑遺跡であるとの結論を下した。また、遺跡が河洛の中心エリアにあることから、「河洛古国」と命名することを提案した。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された酒器。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代鞏義窯の白磁鷹首壷(ようしゅこ)。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代鞏義窯の白磁辟雍硯(へきようけん)。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場で茶器を鑑賞する来場者。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代鞏義窯の白磁三獣足蓋罐(さんじゅうそくがいかん)。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代邢窯の白磁蓋罐(がいかん)。「退」の字が墨書されている。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代邢窯の白磁蓋罐(がいかん)。「退」の字が墨書されている。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された仏具。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代邢窯の白磁蓋罐(がいかん)。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代鞏義芝田窯の白釉狩猟文鳳首壷(はくゆうしゅりょうもんほうしゅこ)。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代の白磁四系罐(しけいかん)。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場で仏具を鑑賞する来場者。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場に展示された唐代の白陶蓮弁文蓋多足硯(はくとうれんべんもんがいたそくけん)。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月04日
    古都に舞い落ちる雪西安で唐代白磁展

    4日、会場で茶器と酒器を鑑賞する来場者。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺址博物館で「雪落長安-唐代白磁展」が開催されている。邢窯(けいよう、河北省臨城県)、定窯(同曲陽県)、鞏義窯(きょうぎよう、河南省鞏義市)の三つの系統を中心に精巧かつ貴重な白磁42点が展示され、作者が器に記した銘款(めいかん)付きのもの、類金銀器(金銀器に似せた磁器)、茶器、酒水器、文房具、宗教用具、日用品などのテーマごとに唐代白磁の持つ上品な華やかさと気品ある風格を伝えている。会期は4カ月で3月25日まで。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    中国で5千年以上前の養蚕の痕跡見つかる研究者が解明

    河南省鞏義市の双槐樹遺跡から出土したイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻。(資料写真)中国の研究者はこのほど、河南省滎陽(けいよう)市の汪溝遺跡から出土した甕棺(かめかん)の中にあった頭蓋骨付着物などから、5千年以上前のカイコの絹の残留物を検出した。これにより、当時亡くなった子どもが絹でくるまれて埋葬されていたことが裏付けられた。同省鄭州市で3日に開かれた5千年以上前の仰韶(ぎょうしょう)文化期の絹織物発見に関する記者発表会で、同市文物考古研究院の顧万発(こ・ばんはつ)院長は、汪溝遺跡で見つかった炭化した絹が、以前青台遺跡の甕棺から出土したものと同じ種類だったと発表。この発見と鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡から出土したイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻により、中国で5千年以上前から養蚕が行われ、絹を作っていたことが確実に証明されたと述べた。(鄭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    中国で5千年以上前の養蚕の痕跡見つかる研究者が解明

    河南省鞏義市の双槐樹遺跡から出土した、イノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻とカイコを比較した図。(資料写真)中国の研究者はこのほど、河南省滎陽(けいよう)市の汪溝遺跡から出土した甕棺(かめかん)の中にあった頭蓋骨付着物などから、5千年以上前のカイコの絹の残留物を検出した。これにより、当時亡くなった子どもが絹でくるまれて埋葬されていたことが裏付けられた。同省鄭州市で3日に開かれた5千年以上前の仰韶(ぎょうしょう)文化期の絹織物発見に関する記者発表会で、同市文物考古研究院の顧万発(こ・ばんはつ)院長は、汪溝遺跡で見つかった炭化した絹が、以前青台遺跡の甕棺から出土したものと同じ種類だったと発表。この発見と鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡から出土したイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻により、中国で5千年以上前から養蚕が行われ、絹を作っていたことが確実に証明されたと述べた。(鄭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月04日
    シンプルな造形美が魅力古都西安で唐代の白磁展開催

    4日、西安市の唐皇城城壁含光門遺跡博物館に展示された唐代・河南省鞏義窯(きょうぎよう)産の「白磁鷹首壺」。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺跡博物館でこのほど、唐代(618年~907年)に焼かれた白磁作品を展示する「雪落長安―唐代の白磁特別展」が始まった。白磁とは、白素地に無色の釉薬をかけた磁器の総称で、北朝時代(386年~581年)後期から焼かれ始め、隋、唐に発展・確立した。実用性と芸術性を兼ね備え、シンプルで優美な形をした唐代の白磁は、当時の人々の日常生活や美的感覚を示す重要な要素となっている。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月04日
    シンプルな造形美が魅力古都西安で唐代の白磁展開催

    4日、西安市の唐皇城城壁含光門遺跡博物館に展示された唐代・河南省鞏義窯(きょうぎよう)産の「白磁鷹首壺」。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺跡博物館でこのほど、唐代(618年~907年)に焼かれた白磁作品を展示する「雪落長安―唐代の白磁特別展」が始まった。白磁とは、白素地に無色の釉薬をかけた磁器の総称で、北朝時代(386年~581年)後期から焼かれ始め、隋、唐に発展・確立した。実用性と芸術性を兼ね備え、シンプルで優美な形をした唐代の白磁は、当時の人々の日常生活や美的感覚を示す重要な要素となっている。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月04日
    シンプルな造形美が魅力古都西安で唐代の白磁展開催

    4日、西安市の唐皇城城壁含光門遺跡博物館に展示された唐代・河南省鞏義窯(きょうぎよう)産の「白磁彩獅」と「兎形枕(うさぎがたまくら)」。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺跡博物館でこのほど、唐代(618年~907年)に焼かれた白磁作品を展示する「雪落長安―唐代の白磁特別展」が始まった。白磁とは、白素地に無色の釉薬をかけた磁器の総称で、北朝時代(386年~581年)後期から焼かれ始め、隋、唐に発展・確立した。実用性と芸術性を兼ね備え、シンプルで優美な形をした唐代の白磁は、当時の人々の日常生活や美的感覚を示す重要な要素となっている。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月04日
    シンプルな造形美が魅力古都西安で唐代の白磁展開催

    4日、西安市の唐皇城城壁含光門遺跡博物館に展示された唐代・河南省鞏義窯(きょうぎよう)産の「白磁辟雍硯」と「兎鎮(兎の文鎮)」。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺跡博物館でこのほど、唐代(618年~907年)に焼かれた白磁作品を展示する「雪落長安―唐代の白磁特別展」が始まった。白磁とは、白素地に無色の釉薬をかけた磁器の総称で、北朝時代(386年~581年)後期から焼かれ始め、隋、唐に発展・確立した。実用性と芸術性を兼ね備え、シンプルで優美な形をした唐代の白磁は、当時の人々の日常生活や美的感覚を示す重要な要素となっている。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月04日
    シンプルな造形美が魅力古都西安で唐代の白磁展開催

    4日、西安市の唐皇城城壁含光門遺跡博物館に展示された唐代・河南省鞏義芝田窯(きょうぎしてんよう)産の「白釉猟紋鳳首壺」。中国陝西省西安市の唐皇城壁含光門遺跡博物館でこのほど、唐代(618年~907年)に焼かれた白磁作品を展示する「雪落長安―唐代の白磁特別展」が始まった。白磁とは、白素地に無色の釉薬をかけた磁器の総称で、北朝時代(386年~581年)後期から焼かれ始め、隋、唐に発展・確立した。実用性と芸術性を兼ね備え、シンプルで優美な形をした唐代の白磁は、当時の人々の日常生活や美的感覚を示す重要な要素となっている。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月27日
    河南省鞏義市、「河洛古国」の重大な考古学研究の成果を発表

    双槐樹遺跡から出土した土器の罐(かん、左)と鼎(かなえ)。(2019年8月27日撮影)中国河南省鄭州市文物考古研究院は7日、同省鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡で見つかった古国時代の都邑遺跡における段階的かつ重大な考古学研究の成果を発表した。中華文明がどこで起こり、どのように発展してきたかについては、かねてから関心が寄せられてきた。黄河南岸の高台に位置する双槐樹遺跡は、伊水と洛水(らくすい)が黄河に流れ込む同省鞏義市河洛鎮にある。近年、中国社会科学院考古研究所と合同で遺跡の考古学調査を続けている同研究院は、複数の著名な考古学者による実地視察と研究・検討、論証を経て、同遺跡が今から約5300年前の古国時代の都邑遺跡であるとの結論を下した。また、遺跡が河洛の中心エリアにあることから、「河洛古国」と命名することを提案した。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月27日
    河南省鞏義市、「河洛古国」の重大な考古学研究の成果を発表

    空から見た双槐樹遺跡。(小型無人機から、2019年8月27日撮影)中国河南省鄭州市文物考古研究院は7日、同省鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡で見つかった古国時代の都邑遺跡における段階的かつ重大な考古学研究の成果を発表した。中華文明がどこで起こり、どのように発展してきたかについては、かねてから関心が寄せられてきた。黄河南岸の高台に位置する双槐樹遺跡は、伊水と洛水(らくすい)が黄河に流れ込む同省鞏義市河洛鎮にある。近年、中国社会科学院考古研究所と合同で遺跡の考古学調査を続けている同研究院は、複数の著名な考古学者による実地視察と研究・検討、論証を経て、同遺跡が今から約5300年前の古国時代の都邑遺跡であるとの結論を下した。また、遺跡が河洛の中心エリアにあることから、「河洛古国」と命名することを提案した。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2