KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 河村たかし
  • 河村市長
  • 名古屋市長
  • 名古屋市役所
  • 大村秀章
  • 名古屋市東区
  • 愛知県知事
  • 減税日本
  • 名古屋市中区
  • アジア大会

「河村たかし市長,河村たかし」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,399
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,399
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月16日
    取材に応じる河村市長 河村氏「真相解明を」

    大村秀章愛知県知事のリコール運動不正署名問題について、記者団の質問に答える河村たかし名古屋市長=15日午後、名古屋市役所

    撮影: 15日午後、名古屋市役所

  • 2021年02月07日
    参加した河村市長 名古屋「官民交流深める」

    オンラインのシンポジウムに参加した河村たかし名古屋市長=7日

    撮影: 7日

  • 2021年02月07日
    オンラインのシンポジウム 名古屋「官民交流深める」

    オンラインのシンポジウムに参加した河村たかし名古屋市長(左上)、岩手県陸前高田市の戸羽太市長(右上)ら=7日

  • 2021年02月07日
    高須院長と河村市長 疑われる組織的不正

    愛知県の大村秀章知事のリコールを求める署名を提出後、名古屋市の河村たかし市長(右)と取材に応じる「高須クリニック」の高須克弥院長=2020年11月、名古屋市千種区役所前

  • 2021年02月01日
    取材に応じる河村市長 リコール署名83%不正疑い

    愛知県選管の調査結果発表後、取材に応じる名古屋市の河村たかし市長=1日午後、名古屋市

    撮影: 1日午後、名古屋市

  • 2020年12月23日
    検体採取バスを2台追加
  • 2020年12月23日
    検体採取バスを2台追加
  • 2020年12月23日
    検体採取バスを2台追加
  • 2020年12月23日
    検体採取バスを2台追加
  • 2020年12月23日
    検体採取バスを2台追加
  • 2020年12月23日
    採取デモする名古屋市長 検体採取バスを2台追加

    検体採取バスの車内で採取のデモンストレーションをする河村たかし名古屋市長=23日午前、同市役所

    撮影: 23日午前、同市役所

  • 2020年12月23日
    市長が検体採取のデモ披露 検体採取バスを2台追加

    検体採取バスの車内で採取のデモンストレーションをする河村たかし名古屋市長=23日午前、同市役所

    撮影: 23日午前、同市役所

  • 2020年12月17日
    河村市長と佐藤会長 名古屋市、将棋連盟と協定

    連携協定を締結し、写真に納まる名古屋市の河村たかし市長(右)と日本将棋連盟の佐藤康光会長=17日午後、名古屋市役所

  • 2020年12月16日
    伊達さんと河村市長 「世界基準の試合会場を」

    名古屋市の河村たかし市長(左)に要望書を提出する伊達公子さん=16日午後、市役所

  • 2020年12月14日
    質問に答える河村市長 名古屋市長「非常に遺憾」

    記者の質問に答える名古屋市の河村たかし市長=14日夜、名古屋市役所

    撮影: 14日夜、名古屋市役所

  • 2020年12月10日
    中村文也会長と名古屋市長 営業時短要請、延長やめて

    河村たかし名古屋市長と面会する、愛知県飲食業経営審議会の中村文也会長(左)=10日午後、名古屋市役所

  • 2020年11月26日
    質問に答える河村市長 名古屋市長「賛同できず」

    記者の質問に答える名古屋市の河村たかし市長=26日夜、名古屋市役所

    撮影: 26日夜、名古屋市役所

  • 2020年11月07日
    高須院長と河村名古屋市長 愛知知事リコール断念

    記者会見で愛知県知事のリコール運動を終了すると表明した高須克弥院長。右は河村たかし名古屋市長=7日午後、名古屋市

    撮影: 7日午後、名古屋市

  • 2020年11月07日
    河村たかし名古屋市長 河村氏、続投か国政復帰か

    名古屋市の河村たかし市長

  • 2020年11月07日
    河村市長インタビュー 河村氏、続投か国政復帰か

    インタビューに答える名古屋市の河村たかし市長

  • 2020年11月07日
    インタビューの河村市長 河村氏、続投か国政復帰か

    インタビューに答える名古屋市の河村たかし市長

  • 2020年11月07日
    河村たかし氏の歩み

    名古屋市の河村たかし市長の歩み

  • 2020年11月07日
    河村たかし氏の歩み

    名古屋市の河村たかし市長の歩み

  • 2020年10月13日
    知事辞職請願を不採択
  • 2020年10月13日
    知事辞職請願を不採択
  • 2020年10月13日
    取材に応じる河村市長 知事辞職請願を不採択

    請願を不採択とした愛知県議会本会議の閉会後、取材に応じる名古屋市の河村たかし市長=13日午前、名古屋市

    撮影: 13日午前、名古屋市

  • 2020年10月13日
    知事辞職請願を不採択
  • 2020年10月13日
    知事辞職請願を不採択
  • 2020年10月13日
    知事辞職請願を不採択
  • 2020年10月13日
    傍聴席に座る河村市長 知事辞職請願を不採択へ

    愛知県議会本会議を傍聴に訪れた名古屋市の河村たかし市長=13日午前

    撮影: 13日午前

  • 2020年10月13日
    河村市長と高須院長 知事辞職請願を不採択へ

    愛知県議会本会議を傍聴に訪れた名古屋市の河村たかし市長。左は「高須クリニック」の高須克弥院長=13日午前

    撮影: 13日午前

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.27
    2020年09月28日
    空撮 東洋紡工場で火災2人死亡 愛知・犬山

    27日午後9時5分ごろ、愛知県犬山市木津前畑344の東洋紡犬山工場で「白煙が上がっている」と守衛から119番があった。約11時間後に鎮火したが、犬山署によると、いずれも東洋紡社員の高橋清文(たかはし・きよふみ)さん(55)と、町方暁彦(まちかた・あきひこ)さん(37)の2人が死亡した。同署と消防が出火原因などを調べている。<映像内容>火災があった東洋紡犬山工場の空撮。※映像に映っている白い煙様のものは、火災が原因か不明です。ご注意ください、撮影日:2020(令和2)年9月28日、撮影場所:愛知県犬山市

    撮影: 2020(令和2)年9月28日

  • 2020年09月25日
    愛知知事「常軌逸してる」
  • 2020年09月25日
    愛知知事「常軌逸してる」
  • 2020年09月25日
    会見場へ入る河村市長ら 愛知知事「常軌逸してる」

    「高須クリニック」の高須克弥院長(右)らと記者会見場に入る河村たかし名古屋市長(左)=25日午後、名古屋市

  • 2020年09月25日
    愛知知事「常軌逸してる」
  • 2020年09月25日
    愛知知事「常軌逸してる」
  • 2020年09月25日
    愛知知事「常軌逸してる」
  • 2020年09月25日
    愛知知事「常軌逸してる」
  • 2020年09月25日
    愛知知事「常軌逸してる」
  • 2020年09月25日
    河村市長と高須院長 愛知知事「常軌逸してる」

    記者会見する河村たかし名古屋市長(右)と「高須クリニック」の高須克弥院長=25日午後、名古屋市

  • 2020年09月25日
    河村名古屋市長と高須院長 愛知知事「常軌逸してる」

    「高須クリニック」の高須克弥院長(左)と記者会見する河村たかし名古屋市長=25日午後、名古屋市

  • 2020年09月25日
    請願を提出する名古屋市長 愛知知事辞職請願を提出へ

    愛知県知事の辞職勧告決議を求める請願を提出した河村たかし名古屋市長=25日午前、愛知県議会

    撮影: 25日午前、愛知県議会

  • 2020年09月16日
    あいさつする大村知事 名古屋テレビ塔、一新

    「名古屋テレビ塔」の点灯式であいさつする愛知県の大村秀章知事。左は名古屋市の河村たかし市長=16日夜、名古屋市

    撮影: 16日夜、名古屋市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月16日
    贈呈式参加の3氏 熊本県に豪雨義援金1億円

    贈呈式に参加した(左から)熊本日日新聞社の河村邦比児社長、熊本県の蒲島郁夫知事、RKKの上野淳社長=16日午前、熊本県庁

  • 2020年09月02日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    冷菊貞さんが撮影した小南河村の村民。(資料写真)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    冷菊貞さんが撮影した小南河村の村民。(資料写真)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(双鴨山=新華社記者/王建威)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.56
    2020年09月02日
    「新華社」村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。小南河村は2019年に第1次全国郷村観光重点村リストに登録された。辣椒醬は国家標準の要件を満たす生産ラインが完成し、年内にも稼働を始める予定。19年末の同村の観光収入と農産物の売上高は合わせて400万元(1元=約15円)に上る。(記者/王建威、姜賀軒)<映像内容>黒竜江省小南河村の空撮、村民の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    冷菊貞さんが撮影した小南河村の村民。(資料写真)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(双鴨山=新華社記者/王建威)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    冷菊貞さんが撮影した小南河村の村民。(資料写真)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(双鴨山=新華社記者/王建威)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    冷菊貞さんが撮影した小南河村の村民。(資料写真)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(双鴨山=新華社記者/王建威)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    リコールの署名をする人 愛知知事リコール署名開始

    名古屋市の繁華街・栄で愛知県知事リコールの署名をする人(奥)=25日夜

  • 2020年08月25日
    高須院長と河村市長が演説 愛知知事リコール署名開始

    名古屋市の繁華街・栄で演説する、愛知県知事のリコールを目指す「高須クリニック」の高須克弥院長(奥左)と河村たかし市長(同右)=25日夜

  • 2020年08月25日
    高須院長と河村市長 愛知知事リコール署名開始

    名古屋市の繁華街・栄で演説する、愛知県知事のリコールを目指す「高須クリニック」の高須克弥院長(手前)と河村たかし市長=25日夜

  • 2020年08月25日
    愛知県知事リコール
  • 2020年08月25日
    愛知県知事リコール
  • 2020年08月25日
    愛知県知事リコール
  • 2020年08月25日
    愛知県知事リコール

    愛知県庁前で握手する河村たかし名古屋市長(左)と「高須クリニック」の高須克弥院長。この日から大村秀章愛知県知事の解職請求(リコール)を目指し署名集めを開始した=2020年8月25日

  • 2020年08月25日
    愛知県知事リコール
  • 2020年08月25日
    愛知県知事リコール
  • 2020年08月25日
    河村名古屋市長と高須院長 愛知知事リコール署名開始

    愛知県庁前で河村たかし名古屋市長(左)と気勢を上げる「高須クリニック」の高須克弥院長=25日午後

  • 2020年08月19日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    小南河村の辣椒醤工場内で、商業融資の交渉に来た中国農業銀行の職員に状況を説明する冷菊貞さん(左)。(8月19日撮影)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    ドローンを操縦する冷菊貞さん。(8月18日撮影)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(双鴨山=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    村内の観光イベントに参加した村民の写真を撮影する冷菊貞さん(右端)。(8月18日撮影)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(双鴨山=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月17日
    任命式の斉藤真木子さんら SKE48がコロナ予防啓発

    「ナゴヤコロナ対策ハートフルメッセンジャー」の任命式に参加したSKE48の斉藤真木子さん(中央)とJ1名古屋の公式マスコット、グランパスくん、河村たかし名古屋市長=17日午後、名古屋市役所

  • 2020年08月17日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    大頂子山の麓にある小南河村。(8月17日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(双鴨山=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    要望書を受け取る大村知事 大村、河村氏は直接対話を

    自民党の愛知県議団と名古屋市議団から要望書を受け取る大村秀章知事(中央右)=6日、愛知県公館

  • 2020年08月06日
    大村知事と河村市長 大村、河村氏は直接対話を

    4月、休業要請についての記者会見で並ぶ愛知県の大村秀章知事(左)と名古屋市の河村たかし市長=愛知県庁

  • 2020年08月06日
    要望書を受け取る河村市長 大村、河村氏は直接対話を

    自民党の愛知県議団と名古屋市議団から要望書を受け取る河村たかし市長(右から2人目)=6日、名古屋市役所

  • 2020年08月05日
    店舗を巡回する河村市長 短縮営業へ協力呼び掛け

    時短営業への協力を呼び掛けるため、名古屋市の繁華街「錦三」の店舗を巡回する河村たかし市長(左)=5日午後

  • 2020年08月05日
    「錦三」巡回する河村市長 短縮営業へ協力呼び掛け

    時短営業への協力を呼び掛けるため、名古屋市の繁華街「錦三」を巡回する河村たかし市長(中央)=5日午後

  • 2020年08月05日
    「錦三」を巡回の河村市長 短縮営業へ協力呼び掛け

    時短営業への協力を呼び掛けるため、名古屋市の繁華街「錦三」を巡回する河村たかし市長(中央)=5日午後

  • 2020年08月05日
    負担金、名古屋市争う姿勢
  • 2020年08月05日
    負担金、名古屋市争う姿勢
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月05日
    取材に応じる河村市長 負担金、名古屋市争う姿勢

    第1回口頭弁論を終え、取材に応じる河村たかし名古屋市長=5日午後、名古屋市

    撮影: 5日午後、名古屋市

  • 2020年08月05日
    負担金、名古屋市争う姿勢
  • 2020年08月05日
    負担金、名古屋市争う姿勢
  • 2020年08月05日
    負担金、名古屋市争う姿勢
  • 2020年08月05日
    負担金、名古屋市争う姿勢
  • 2020年08月05日
    負担金、名古屋市争う姿勢
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月05日
    取材受ける河村市長 負担金、名古屋市争う姿勢

    第1回口頭弁論を終え、記者団の取材に応じる河村たかし名古屋市長=5日午後、名古屋市

    撮影: 5日午後、名古屋市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月05日
    廷内の河村名古屋市長 芸術祭負担金巡り初弁論

    「あいちトリエンナーレ2019」実行委が名古屋市に未払いの負担金を支払うよう求めた訴訟の第1回口頭弁論のため、名古屋地裁に出廷した河村たかし市長(手前)=5日午前(代表撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月05日
    地裁に入る河村名古屋市長 芸術祭負担金巡り初弁論

    「あいちトリエンナーレ2019」実行委が名古屋市に未払いの負担金を支払うよう求めた訴訟の第1回口頭弁論のため名古屋地裁に入る河村たかし市長(左)=5日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月05日
    地裁に到着した河村市長 芸術祭負担金巡り初弁論

    「あいちトリエンナーレ2019」実行委が名古屋市に未払いの負担金を支払うよう求めた訴訟の第1回口頭弁論のため名古屋地裁に到着した河村たかし市長=5日午前

    撮影: 5日午前

  • 2020年08月01日
    コスプレーヤーと河村市長 コスプレ祭典、動画開催

    名古屋市で開かれた「世界コスプレサミット」のオープニングセレモニーに参加した河村たかし市長(左から4人目)とコスプレーヤー=1日午後

  • 2020年08月01日
    ポーズをとる河村市長ら コスプレ祭典、動画開催

    名古屋市で開かれた「世界コスプレサミット」のオープニングセレモニーで、ポーズをとる河村たかし市長(中央)とコスプレーヤー=1日午後

  • 2020年07月31日
    会場前で座り込む河村市長 「問題作」展示にハードル

    「表現の不自由展・その後」の展示再開に抗議し、会場前で座り込む名古屋市の河村たかし市長(中央)=2019年10月、名古屋市

  • 2020年07月29日
    記者会見する河村市長 国内感染者千人超

    「厳重警戒」のボードを使い記者会見する名古屋市の河村たかし市長=29日夕、名古屋市役所

    撮影: 29日夕、名古屋市役所

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、ビニールハウス内で野菜の生育状況を確認する梁家河村の村民。黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、梁家河村の土産品を選ぶ観光客。黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、梁家河村の衛生室で村民を診察する村医。黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、文安駅鎮梁家河の住宅地で遊ぶ子どもたち。黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、上空から見た梁家河村。(小型無人機から)黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、梁家河村を散策する観光客。黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、梁家河村の農家レストランに入る観光客。黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、梁家河村に並ぶ農業用ビニールハウス。(小型無人機から)黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、梁家河村を散策する観光客。黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、上空から見た梁家河村の山地でのリンゴ園。(小型無人機から)黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、上空から見た梁家河村。(小型無人機から)黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、梁家河村に通じる道路。(小型無人機から)黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...