KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 沼津港深海水族館
  • 平成
  • 昭和
  • 屋外
  • 展望台
  • 建物
  • 日本
  • 海底
  • 海洋科学技術センター
  • 海岸

「沼津港」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
22
( 1 22 件を表示)
  • 1
22
( 1 22 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 2015年05月11日
    沼津港大型展望水門びゅうお

    キーワード:ローアングル、屋外、建物、午後、重厚な、春、水門、展望台、日本、無人、門、大型展望水門、びゅうお、沼津港、風景メイン写真=2015(平成27)年5月11日、静岡県沼津市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021701133

  • 2015年05月11日
    沼津港大型展望水門びゅうお

    キーワード:ローアングル、雲、屋外、空、建物、午後、重厚な、春、水門、晴れ、青空、展望台、日本、風景、無人、門、大型展望水門、びゅうお、沼津港、風景メイン写真=2015(平成27)年5月11日、静岡県沼津市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021701080

  • 2015年05月11日
    びゅうおから眺める沼津市街と沼津港

    キーワード:屋外、穏やか、海岸、町並み、建物、午後、港、山、春、初夏、水門、眺める、展望台、日本、風景、無人、びゅうお、沼津港、沼津市街、風景メイン写真=2015(平成27)年5月11日、静岡県沼津市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700916

  • 2015年05月11日
    びゅうおと沼津魚市場

    キーワード:屋外、穏やか、海、海岸、魚市場、建物、午後、港、市場、市場、春、駿河湾、沼津、水門、展望台、日本、風景、無人、びゅうお、沼津港、風景メイン写真=2015(平成27)年5月11日、静岡県沼津市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700765

  • 2004年11月17日
    沼津港 津波防災に初の情報図

    沼津港の「津波防災情報図」

    商品コード: 2004111700263

  • 2015年05月11日
    びゅうおから眺める沼津市街と富士山

    キーワード:雲、屋外、穏やか、海、海岸、海岸線、町並み、空、建物、午後、公園、山、市街地、春、初夏、水門、晴れ、青空、眺める、展望台、日本、富士山、風景、無人、木立、びゅうお、沼津港、沼津市街、風景メイン写真=2015(平成27)年5月11日、静岡県沼津市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700942

  • 2015年05月11日
    びゅうお展望回廊

    キーワード:テラス、屋外、穏やか、回廊、海、海岸、建物、午後、春、駿河湾、水門、窓、通路、展望台、日本、富士山、無人、びゅうお、沼津港、展望回廊、風景メイン写真=2015(平成27)年5月11日、静岡県沼津市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021701036

  • 2014年03月21日
    大型展望水門「びゅうお」

    沼津港大型展望水門「びゅうお」=2014年3月21日、沼津市本字千本

    商品コード: 2014040300791

  • 2018年02月03日
    利用を休止したすし店 飲食店で仮想通貨使えず

    仮想通貨での支払いを休止した「回転寿司酒場銀座沼津港」=1月30日、東京・銀座

    商品コード: 2018020300342

  • 2012年03月02日
    シーラカンスと石垣さん 海の手配師、水族館長に

    シーラカンスの〓(☆刈のメが緑の旧字体のツクリ)製と「沼津港深海水族館」の石垣幸二館長=2月、静岡県沼津市

    商品コード: 2012030200027

  • 2015年12月17日
    イロカエルアンコウ 魚つりをする魚

    黄色い体のイロカエルアンコウ。たまにエスカをひらひらさせていた=静岡県沼津市の沼津港深海水族館

    商品コード: 2015121700251

  • 2015年11月26日
    ヒメカンテンナマコ 発見! 突起の先が発光

    ヒメカンテンナマコは水槽の奥の方の石の上にいた。体が青白く光る=静岡県沼津市の沼津港深海水族館

    商品コード: 2015112600163

  • 2015年12月10日
    セミホウボウ 胸びれで海のそこを歩く

    セミホウボウは動きがゆったりしている。エビの仲間などを食べる=静岡県沼津市の沼津港深海水族館

    商品コード: 2015121000241

  • 2015年12月03日
    サケビクニン ゆらゆら泳ぎ、いやされる

    サケビクニンはふだんはゆったり泳ぎだけれど、えさのときはすばやいそうだ=静岡県沼津市の沼津港深海水族館

    商品コード: 2015120300229

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:11.77
    2006年09月02日
    元豪華客船えい航中に沈没 和歌山沖、第3の人生前に

    2日午前2時ごろ、和歌山県串本町の沖合約3キロで、改修のため中国の上海へ向かっていた元客船「スカンジナビア号」(約5100トン)が大きく傾き沈没した。引き船でえい航しており、船内は誰もいなかった。スカンジナビア号は1927年、豪華客船「ステラポラリス」として建造。第2次大戦中にナチス・ドイツに接収されたが、69年まで世界を巡り、豪華な内装と優美な船体から「7つの海の白い女王」と呼ばれた。70年に伊豆箱根鉄道(静岡県三島市)が買い取り、駿河湾で海上ホテル、レストランとして利用されたが昨年閉店。スウェーデンの企業が買収し改修、ストックホルムで海上ホテルにする予定で8月31日、静岡県の沼津港を出航したばかりだった<映像内容>静岡県の沼津港に停泊する元客船「スカンジナビア号」、えい航されながら沼津港を出航する様子、撮影日:2006(平成18)年9月2日、撮影場所:静岡県沼津市

    商品コード: 2019091003325

  • 1975年10月20日
    海底百メートルで作業実験

    最終点検に忙しい「シートピア計画」支援ブイ上の作業現場。アクアノート(潜水技術士)を海底ハウスに運ぶ水中エレベーター(奧中央)、同予備用(手前)。海洋科学技術センターが進めている同計画は、最終目標「100メートル海中実験」に挑む=1975(昭和50)年10月20日、静岡県沼津港

    商品コード: 2013040800271

  • 1975年10月28日
    海中百メートル実験本格化

    測定スタンド内で作業をする大掛俊二アクアノート(潜水技術士)。上部は同スタンドのライト。海底に沈設した実験機器の照明用投光器が点灯しないなどトラブルが続いた「100メートル海中作業実験」も4日目で本格的軌道に乗った=1975(昭和50)年10月28日午後3時30分、静岡県沼津港南南西約4キロ(海洋科学技術センター提供)

    商品コード: 2013040800330

  • 1975年10月25日
    シートピア計画潜水始まる

    支援ブイ(母船)から海中につり下ろされるPTC(水中エレベーター)。越智俊夫潜水隊長ら4人のアクアノート(潜水技術士)が、交代で支援ブイのDDC(加減圧タンク)からPTCを使って100メートルの海底に降り、1回1時間程度の各種水中作業を行う=1975(昭和50)年10月25日午前10時10分、静岡県沼津港南南西約4キロ

    商品コード: 2013040800311

  • 1975年10月21日
    アクアノート加圧室入り

    4人のアクアノート(潜水技術士)も支援ブイの加圧室に入り、「100メートル海中実験」がスタート。右から石倉秀次海洋科学技術センター理事長、伊原義徳科学技術庁研究調整局長、越智俊夫潜水技術士、松田源彦実験本部長=1975(昭和50)年10月21日、静岡県沼津港

    商品コード: 2013040800288

  • 1975年10月28日
    海中百メートル実験本格化

    水中視界の測定に向かう伊藤信夫アクアノート(潜水技術士)。海底に沈設した実験機器の照明用投光器が点灯しないなどトラブルが続いた「100メートル海中作業実験」も4日目で本格的軌道に乗った=1975(昭和50)年10月28日午後3時30分、静岡県沼津港南南西約4キロ(海洋科学技術センター提供)

    商品コード: 2013040800333

  • 1975年10月25日
    シートピア計画潜水始まる

    水中作業を終えて支援ブイ(母船)のDDC(加減圧タンク)に戻り、潜水服を脱ぐアクアノート(潜水技術士)。越智俊夫潜水隊長ら4人のアクアノート(潜水技術士)が、交代で支援ブイのDDC(加減圧タンク)からPTCを使って100メートルの海底に降り、1回1時間程度の各種水中作業を行う=1975(昭和50)年10月25日午後4時40分、静岡県沼津港南南西約4キロ(海洋科学技術センター提供)

    商品コード: 2013040800313

  • 1975年11月05日
    シートピア海中実験終わる

    関係者の拍手に迎えられて「100メートル海中実験」を終え加減圧タンクの中から地上に出てきた4人のアクアノート(潜水技術士)。海中100メートル、11気圧の高圧環境と“暗黒世界”におけるアクアノートの医学、心理学的研究や海中作業能力、潜水器具の研究などを主目的に10月21日から行われた=1975(昭和50)年11月5日、静岡県沼津港沖の支援ブイ内

    商品コード: 2013041500156

  • 1