KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 発掘調査
  • 様子
  • 歴史
  • 上京
  • 中心
  • 城区
  • 復元
  • 正式名称

「沿革」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
49
( 1 49 件を表示)
  • 1
49
( 1 49 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2003年04月25日
    すさんだ孤児たちの表情

    石原ゼミの学生たちが全国の修学旅行生向けに作製したリーフレット。宜野湾市民の戦時体験や米軍普天間飛行場の沿革を紹介している

    商品コード: 2003042500200

  • 2011年09月02日
    再開発、資金繰りに課題

    御園座の沿革

    商品コード: 2011090200344

  • 2011年09月02日
    再開発、資金繰りに課題

    御園座の沿革

    商品コード: 2011090200345

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月28日
    赤れんが駅舎の沿革

    赤れんが駅舎の沿革

    商品コード: 2012092800378

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月28日
    赤れんが駅舎の沿革

    赤れんが駅舎の沿革

    商品コード: 2012092800379

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月06日
    スズキ、米自動車販売撤退

    スズキの米国事業の沿革

    商品コード: 2012110600101

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月06日
    スズキ、米自動車販売撤退

    スズキの米国事業の沿革

    商品コード: 2012110600100

  • 2013年07月12日
    大阪証券取引所の沿革

    大阪証券取引所の沿革

    商品コード: 2013071200405

  • 2013年07月12日
    大阪証券取引所の沿革

    大阪証券取引所の沿革

    商品コード: 2013071200406

  • 2014年02月19日
    V字回復の原田氏が退く

    日本マクドナルドの沿革

    商品コード: 2014021900822

  • 2014年02月19日
    V字回復の原田氏が退く

    日本マクドナルドの沿革

    商品コード: 2014021900823

  • 2014年07月30日
    違約金で経営揺らぐ恐れ

    スカイマークの沿革

    商品コード: 2014073000667

  • 2014年07月30日
    違約金で経営揺らぐ恐れ

    スカイマークの沿革

    商品コード: 2014073000668

  • 2015年02月20日
    マックの原田会長が退任へ

    日本マクドナルドの沿革

    商品コード: 2015022000697

  • 2015年02月20日
    マックの原田会長が退任へ

    日本マクドナルドの沿革

    商品コード: 2015022000698

  • 2016年05月12日
    富士重工業の沿革

    富士重工業の沿革

    商品コード: 2016051200834

  • 2016年05月12日
    富士重工業の沿革

    富士重工業の沿革

    商品コード: 2016051200835

  • 2016年06月29日
    「最後」に名残惜しむ株主

    ダイハツ工業の沿革

    商品コード: 2016062900677

  • 2016年06月29日
    「最後」に名残惜しむ株主

    ダイハツ工業の沿革

    商品コード: 2016062900679

  • 2017年11月24日
    揺らぐ「ものづくり日本」

    三菱マテリアルの沿革と部門別収益

    商品コード: 2017112401008

  • 2017年11月24日
    揺らぐ「ものづくり日本」

    三菱マテリアルの沿革と部門別収益

    商品コード: 2017112401009

  • 2017年11月24日
    揺らぐ「ものづくり日本」

    三菱マテリアルの沿革と部門別収益

    商品コード: 2017112401010

  • 2017年11月24日
    揺らぐ「ものづくり日本」

    三菱マテリアルの沿革と部門別収益

    商品コード: 2017112401011

  • 2019年07月15日
    習近平氏、内モンゴル自治区を視察

    15日、赤峰市博物館で地元の歴史文化の沿革について説明を聞く習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、内モンゴル自治区を視察した。(赤峰=新華社記者/謝環馳)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707004

  • 02:10.53
    2019年07月17日
    「新華社」邢台市で唐代の古碑見つかる1200年の歴史河北省

    中国河北省邢台市南和県でこのほど、文化財保護担当者が閆里(えんり)郷宋台(そうだい)村で古碑を発見した。鑑定の結果、唐の貞元10年(794年)3月に建立されたものであることが分かった。1225年の歴史を持つという。石碑は碑首と碑身、台石の3部分からなり、青石製の碑身は縦216センチ、横80センチ、幅22センチ。二つに折れており、上半分は欠けた部分があったが、下半分はほぼ完全に残っていた。台石の保存状態は良く、四面に美しい模様が刻まれている。碑首は既に失われていた。両面に文字が刻まれており、字体は楷書体で刻字ははっきりしている。銘文は1300字余りあり、宋台村が唐の宰相、宋璟(そう・けい)の故郷であることや当時の行政区画、古い廟の再建過程などが詳細に記されていた。宋璟(663年‐737年)は、現在の邢台市南和県の生まれで、唐の開元17年(729年)に尚書右丞相となり、当時の玄宗皇帝が「開元の治」をもたらすのを補佐した。房玄齢(ぼう・げんれい)や杜如晦(と・じょかい)、姚崇(よう・すう)とともに唐の四大賢相と呼ばれている。同県文化財保護所の要雅潔(よう・がけつ)所長は、石碑が宋璟や行政区画の沿革、宗教の伝承を研究する上で高い史料価値を持つと語った。(記者/李継偉)<映像内容>唐代の古碑発見の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707075

  • 2019年08月06日
    「中国の特色ある社会主義建設成就写真展」平壌で開催

    6日、朝鮮(北朝鮮)・平壌で写真を鑑賞する同国の金英才(キム・ヨンジェ)対外経済相。在朝鮮中国大使館が主催する「中国の特色ある社会主義建設成就写真展」が6日、平壌市の人民文化宮で始まった。同展は序文、歴史の軌跡、発展の成果、協力・ウィンウィン、総括の五つの部分に分けて貴重な写真計126点を展示。中国の特色ある社会主義建設の歴史的沿革、発展の成果および未来の展望を体系的に示している。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080800887

  • 2019年08月06日
    「中国の特色ある社会主義建設成就写真展」平壌で開催

    6日、朝鮮(北朝鮮)・平壌の展覧会場で写真を鑑賞する来場者。在朝鮮中国大使館が主催する「中国の特色ある社会主義建設成就写真展」が6日、平壌市の人民文化宮で始まった。同展は序文、歴史の軌跡、発展の成果、協力・ウィンウィン、総括の五つの部分に分けて貴重な写真計126点を展示。中国の特色ある社会主義建設の歴史的沿革、発展の成果および未来の展望を体系的に示している。(平壌=新華社記者/劉艶霞)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080800852

  • 2019年08月21日
    習近平氏、甘粛省蘭州市で読者出版集団を視察

    21日、読者出版集団有限公司で、企業の歴史・沿革、出版・発行の状況、経営管理などについて調査する習近平氏(中央)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は21日午後、甘粛省蘭州市の読者出版集団有限公司を視察し、調査研究を行った。(蘭州=新華社記者/鞠鵬)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082300451

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:48.18
    2019年11月13日
    「新華社」河北省邢台市で唐代の墓誌銘見つかる1337年の歴史

    中国河北省邢台市臨西県搖鞍鎮の郷楊黄営村でこのほど、唐代永淳元年(紀元682年)の墓誌銘が農地を整備をしていた村民によって発見された。1337年前のものとみられる。同県の歴史・文化専門家は銘文から、三国志で有名な軍師、沮授(そ・じゅ)の子孫のものと判断した。文献資料によると、沮授は後漢末期の名武将、袁紹(えん・しょう)の幕下にいた軍師。袁紹の配下で青州、并州、幽州を奪取し、河北を統一した。「官渡の戦い」で大敗を喫した後、曹操軍の捕虜となった。その後、河北への脱走を図ったため処刑されたという。墓誌は青石製の正方形で蓋はなく、47センチ四方、厚さ12センチ。銘文は19行、405字から成る。「行楷」(行書と楷書の中間の書体)で刻まれた文字は滑らかさと流暢さ、および優雅さと力強さを備えている。また、唐代初期の官職「上柱国(じょうちゅうこく)」に就いていた子孫の沮義成(そ・ぎせい)の先祖や父親世代の境遇、功績、栄転といった家族史が記されており、主人の品性・教養などが称えられている。同県文物保護所の張霞(ちょう・か)所長によると、同地で見つかったこの墓誌銘は、冀南地区における唐代初期の歴史資料を充実させ、唐代の軍隊制度を裏付けるものとなったほか、当時の葬儀にまつわる風習や地域文化を理解し、歴史的な沿革を考証する上で、重要な意義があるという。(記者/李継偉、白明山)<映像内容>唐代の墓誌銘見つかる、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501275

  • 2019年11月29日
    労働環境整え、荷物拡大へ

    ヤマトホールディングスの沿革

    商品コード: 2019112902544

  • 2019年11月29日
    労働環境整え、荷物拡大へ

    ヤマトホールディングスの沿革

    商品コード: 2019112902545

  • 2019年11月29日
    労働環境整え、荷物拡大へ

    ヤマトホールディングスの沿革

    商品コード: 2019112902546

  • 2019年11月29日
    労働環境整え、荷物拡大へ

    ヤマトホールディングスの沿革

    商品コード: 2019112902547

  • 2021年01月16日
    (1)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800270

  • 2021年01月16日
    (8)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800023

  • 2021年01月16日
    (7)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で出土した城壁遺構(白線部分)。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800084

  • 2021年01月16日
    (3)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で確認された馬面の輪郭(白線部分)。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800078

  • 2021年01月16日
    (2)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で見つかった護城河の遺構。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800070

  • 2021年01月16日
    (5)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で見つかった護城河の遺構。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800081

  • 2021年01月16日
    (4)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で見つかった城壁建設時の地突き痕。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800068

  • 2021年01月16日
    (6)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で出土した城壁(左)と順城街(右側凹部分)の遺構。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800072

  • 2021年01月21日
    (4)隋唐洛陽城の玄武門、千年の時を経て全貌明らかに河南省

    洛陽市の隋唐代洛陽城遺跡で出土した玄武門の墩台遺構。(2020年12月31日撮影)中国河南省洛陽市にある隋唐洛陽城遺跡の発掘調査でこのほど、玄武門の遺構が初めて全貌を現した。同遺構の発見は、唐~宋代の宮城構造や配置を知る上で重要な意義を持ち、中国古代の都城の形状変化や沿革の研究にも役立つという。これまでの発掘で、唐代の門道や墩台(とんだい、基台)、馬道(傾斜道)、城壁の遺構が確認された。玄武門が一つの門道からなり、門道の天井を木の柱と梁で支える「単門道過梁式」構造だったことも分かった。門道の幅は6メートルで、墩台は東西の幅13・9メートル、奥行き16・5メートル。墩台の両端は城壁と接続しており、城壁の南側(内側)には、墩台に登るための馬道が設けられていた。馬道の長さは東側が約40メートル、西側が約50・5メートルだった。(洛陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902669

  • 2021年01月21日
    (1)隋唐洛陽城の玄武門、千年の時を経て全貌明らかに河南省

    洛陽市の隋唐代洛陽城遺跡で出土した玄武門遺構の見取り図。(資料写真、小型無人機から)中国河南省洛陽市にある隋唐洛陽城遺跡の発掘調査でこのほど、玄武門の遺構が初めて全貌を現した。同遺構の発見は、唐~宋代の宮城構造や配置を知る上で重要な意義を持ち、中国古代の都城の形状変化や沿革の研究にも役立つという。これまでの発掘で、唐代の門道や墩台(とんだい、基台)、馬道(傾斜道)、城壁の遺構が確認された。玄武門が一つの門道からなり、門道の天井を木の柱と梁で支える「単門道過梁式」構造だったことも分かった。門道の幅は6メートルで、墩台は東西の幅13・9メートル、奥行き16・5メートル。墩台の両端は城壁と接続しており、城壁の南側(内側)には、墩台に登るための馬道が設けられていた。馬道の長さは東側が約40メートル、西側が約50・5メートルだった。(洛陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902710

  • 2021年01月21日
    (3)隋唐洛陽城の玄武門、千年の時を経て全貌明らかに河南省

    洛陽市の隋唐代洛陽城遺跡で出土した玄武門の墩台遺構。(2020年12月31日撮影)中国河南省洛陽市にある隋唐洛陽城遺跡の発掘調査でこのほど、玄武門の遺構が初めて全貌を現した。同遺構の発見は、唐~宋代の宮城構造や配置を知る上で重要な意義を持ち、中国古代の都城の形状変化や沿革の研究にも役立つという。これまでの発掘で、唐代の門道や墩台(とんだい、基台)、馬道(傾斜道)、城壁の遺構が確認された。玄武門が一つの門道からなり、門道の天井を木の柱と梁で支える「単門道過梁式」構造だったことも分かった。門道の幅は6メートルで、墩台は東西の幅13・9メートル、奥行き16・5メートル。墩台の両端は城壁と接続しており、城壁の南側(内側)には、墩台に登るための馬道が設けられていた。馬道の長さは東側が約40メートル、西側が約50・5メートルだった。(洛陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902784

  • 2021年01月21日
    (2)隋唐洛陽城の玄武門、千年の時を経て全貌明らかに河南省

    洛陽市の隋唐代洛陽城遺跡で出土した玄武門の門道遺構。(2020年12月31日撮影)中国河南省洛陽市にある隋唐洛陽城遺跡の発掘調査でこのほど、玄武門の遺構が初めて全貌を現した。同遺構の発見は、唐~宋代の宮城構造や配置を知る上で重要な意義を持ち、中国古代の都城の形状変化や沿革の研究にも役立つという。これまでの発掘で、唐代の門道や墩台(とんだい、基台)、馬道(傾斜道)、城壁の遺構が確認された。玄武門が一つの門道からなり、門道の天井を木の柱と梁で支える「単門道過梁式」構造だったことも分かった。門道の幅は6メートルで、墩台は東西の幅13・9メートル、奥行き16・5メートル。墩台の両端は城壁と接続しており、城壁の南側(内側)には、墩台に登るための馬道が設けられていた。馬道の長さは東側が約40メートル、西側が約50・5メートルだった。(洛陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902839

  • 2021年01月30日
    (2)「心配から喜びに」在中日本人ビジネスマンが20年を振り返る

    29日、上海の三得利(中国)投資。壁一面に沿革を紹介する写真が飾られている。日本の飲料大手サントリーホールディングスの中国法人、三得利(中国)投資の菊池鉄穂董事総経理は春節(旧正月)を間近に控えた29日、新華通訊社(新華社)の独占取材に応じ、新型コロナウイルスの流行に見舞われながらも中国での業績が好調だった昨年について「驚きと喜びだった」と振り返った。今後5年の展望については「中国を世界で最も重要な市場と考えている。サントリーは成長を続ける中国経済に足並みをそろえていきたい」と語っている。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100472

  • 2021年09月26日
    (23)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺の歴史や沿革などが書かれた展示物。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701631

  • 2022年04月25日
    (2)習近平氏、中国人民大学を視察

    25日、中国人民大学を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は25日午前、青年節(5月4日)を前に北京市の中国人民大学を訪れ、思想政治科目のスマート教室、博物館、図書館を視察した。同大が進める思想政治科目教育の改革と革新、学校の歴史沿革、教育科学研究成果、文献・古書の保護と利用の強化、理論研究成果の実用化と応用の促進などの状況を把握し、教員・学生代表の座談会を主宰した。(北京=新華社記者/謝環馳)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042510551

  • 2022年04月25日
    (1)習近平氏、中国人民大学を視察

    25日、中国人民大学を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は25日午前、青年節(5月4日)を前に北京市の中国人民大学を訪れ、思想政治科目のスマート教室、博物館、図書館を視察した。同大が進める思想政治科目教育の改革と革新、学校の歴史沿革、教育科学研究成果、文献・古書の保護と利用の強化、理論研究成果の実用化と応用の促進などの状況を把握し、教員・学生代表の座談会を主宰した。(北京=新華社記者/燕雁)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042510562

  • 1