KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 建物
  • 大雄宝殿
  • 日本
  • 創建
  • 指定
  • 重要文化財
  • 山門
  • 改名
  • 一行

「法堂」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
91
( 1 91 件を表示)
  • 1
91
( 1 91 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1996年06月08日
    法堂と回廊 瑞竜寺で落慶大法要

    国の重要文化財に指定されている瑞竜寺の法堂(右)と回廊=7日、富山県高岡市関本町

    商品コード: 1996060800001

  • 1998年02月19日
    出土した破片 白鳳時代の仏像片出土

    法堂寺遺跡から出土した白鳳時代の「[7858]仏(せんぶつ)」の破片([]土ヘンに專)

    商品コード: 1998021900166

  • 1998年03月03日
    完成した天井画 天井に雲竜の眼光きらり

    天竜寺の法堂に完成した加山又造さんが描いた天井画「雲竜図」=3日午後、京都市右京区

    商品コード: 1998030300124

  • 1998年10月02日
    制作中の天井画 鎌倉・建長寺に巨大な竜

    わが国最初の禅寺で鎌倉五山の第一位、鎌倉市山ノ内の建長寺に巨大な竜が姿を現した。描いているのは同市在住の73歳の日本画家、小泉淳作さん。ことし初めから下絵に取り組み、完成は来年秋の予定。5年後に迎える創建750年を記念して法堂(はっとう)の天井を飾る。周囲の模様も完成させると、縦10メートル、横12メートルの勇壮な竜が誕生する

    商品コード: 1998100200065

  • 2000年03月10日
    雲竜図を見上げる参拝客 禅寺で「天井の竜」公開

    狩野探幽が描いた雲竜図を見上げる参拝客=1日、京都市右京区の妙心寺法堂

    商品コード: 2000031000004

  • 2000年04月17日
    公開された「雲竜図」 躍動する「巨大な竜」完成

    建長寺法堂(はっとう)の天井に飾られる「雲竜図」。麻紙を48枚の木のパネルに張り、墨で描かれている=17日午後、神奈川県鎌倉市

    商品コード: 2000041700091

  • 2002年04月13日
    建仁寺の双竜図 迫力の双竜図、天に舞う

    建仁寺法堂の天井に描かれた巨大な「双竜図」。中央は制作者の小泉淳作氏=13日、京都市東山区

    商品コード: 2002041300108

  • 2002年10月29日
    「雲竜図」 建長寺の天井画を公開

    来年、創建750年を迎える鎌倉の建長寺・法堂(はっとう)の天井画「雲竜図」が報道陣に公開された。日本画家の小泉淳作氏(下中央)が約3年間かけて描いた縦約10メートル、横約12メートルの水墨画。重厚で独特な風合いの大作で、一般公開は10月31日から11月10日まで=29日午後

    商品コード: 2002102900145

  • 2005年04月22日
    建長寺の法堂 武雄温泉楼門など9件答申

    重要文化財に指定される建長寺の法堂=神奈川県鎌倉市

    商品コード: 2005042200116

  • 2008年04月05日
    法堂に向う新貫首 永平寺で新貫首の就任儀式

    晋山式のため、曹洞宗大本山永平寺の法堂へ向かう第七十九世貫首の福山諦法氏=5日午後、福井県永平寺町

    商品コード: 2008040500204

  • 2013年07月25日
    護法堂弁財天の苔むすつくばい

    キーワード:鄙びた、屋外、夏、右京区、水、コケ、日本、覆う、無人、落ちる、流れる、つくばい、その他、護法堂弁財天、モノメイン写真=2013(平成25)年7月25日、京都府京都市、クレジット:HIRO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051206818

  • 2013年07月25日
    護法堂弁財天の苔むすつくばい

    キーワード:屋外、夏、右京区、水、コケ、日本、風景、覆う、無人、落ちる、流れる、つくばい、その他、護法堂弁財天、風景メイン写真=2013(平成25)年7月25日、京都府京都市、クレジット:HIRO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051206960

  • 2015年05月23日
    新緑の護法堂弁財天

    キーワード:屋外、建物、午後、嵯峨野、春、初夏、新緑、石灯ろう、日本、風景、弁財天、無人、木立、落ち着いた、23日、護法堂、護法堂弁財天、風景メイン写真=2015(平成27)年5月23日、京都府京都市、クレジット:HIRO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051205815

  • 2015年05月23日
    護法堂弁財天の苔むすツクバイ

    キーワード:安らぎ、屋外、午前中、嵯峨野、春、初夏、水、コケ、日本、和風、無人、癒し、落ち着いた、つくばい、23日、護法堂弁財天、モノメイン写真=2015(平成27)年5月23日、京都府京都市、クレジット:HIRO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051205840

  • 2016年04月12日
    吉祥山 永平寺法堂

    キーワード:永平寺、屋内、階段、館内、建物、午後、寺、春、石段、内部、日本、無人、木造、法堂、吉祥山、吉田郡、風景メイン写真=2016(平成28)年4月12日、福井県永平寺町、クレジット:SHOHO IMAI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060911603

  • 2016年04月12日
    吉祥山 永平寺法堂

    キーワード:永平寺、屋内、階段、館内、建物、午後、寺、春、石段、内部、日本、無人、木造、法堂、吉祥山、吉田郡、風景メイン写真=2016(平成28)年4月12日、福井県永平寺町、クレジット:SHOHO IMAI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060911467

  • 2016年04月12日
    吉祥山 永平寺

    キーワード:永平寺、屋内、館内、建物、午後、寺、春、内部、日本、無人、木造、廊下、法堂、吉祥山、吉田郡、風景メイン写真=2016(平成28)年4月12日、福井県永平寺町、クレジット:SHOHO IMAI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060911734

  • 2016年04月12日
    吉祥山 永平寺

    キーワード:永平寺、屋内、館内、建物、午後、寺、春、畳、柱、道場、内部、日本、無人、木造、法堂、吉祥山、吉田郡、風景メイン写真=2016(平成28)年4月12日、福井県永平寺町、クレジット:SHOHO IMAI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060911485

  • 2016年11月23日
    苔のつくばいと紅葉の落ち葉

    キーワード:屋外、右京区、午後、紅葉、嵯峨野、秋、コケ、日本、風景、無人、落ち葉、落水、つくばい、護法堂弁財天、風景メイン写真=2016(平成28)年11月23日、京都府京都市、クレジット:HIRO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051207931

  • 2016年11月23日
    苔のつくばいと紅葉の落ち葉

    キーワード:屋外、右京区、午後、紅葉、嵯峨野、秋、コケ、日本、風景、無人、落ち葉、落水、つくばい、護法堂弁財天、風景メイン写真=2016(平成28)年11月23日、京都府京都市、クレジット:HIRO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051207961

  • 2019年01月22日
    (15)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて 浙江省台州市

    国清寺の大雄宝殿。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062500143

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の法堂。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100567

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の法堂内部。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100561

  • 2021年02月05日
    (24)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、鐘楼と鼓楼の間の庭に置かれた神亀の彫像と宋代の石で作られた貯水槽。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021800280

  • 2021年02月05日
    莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺山門前から見た定光塔。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021800282

  • 2021年02月05日
    莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の法堂。無了禅師の真身舎利(遺骨)と慧中、月中両祖師の像が安置されている。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021800281

  • 2021年02月17日
    (2)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の禅堂。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801554

  • 2021年02月17日
    (11)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の鼓楼。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801573

  • 2021年02月17日
    (6)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の大雄宝殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801647

  • 2021年02月17日
    (25)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、斎堂(食堂)前の雲板と木魚。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801562

  • 2021年02月17日
    (22)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、天王殿の背後から見た鐘楼と観音殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801565

  • 2021年02月17日
    (4)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、大雄宝殿に掲げられている趙樸初(ちょう・ぼくしょ)居士が揮毫(きごう)した「万徳荘厳」の扁額(へんがく)。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801541

  • 2021年02月17日
    (20)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の前に立つ七仏塔。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801502

  • 2021年02月17日
    (23)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の鐘楼と観音殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801510

  • 2021年02月17日
    (13)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、観音閣から見た大雄宝殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801579

  • 2021年02月17日
    (3)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、大雄宝殿脇の廊下から見える鼓楼。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801543

  • 2021年02月17日
    (17)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺山門前の小道。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801592

  • 2021年02月17日
    (7)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、定光塔山門の前に置かれた石亀。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801601

  • 2021年02月17日
    (15)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の傍らに作られた菜園。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801533

  • 2021年02月17日
    (5)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、大雄宝殿前から見た天王殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801542

  • 2021年02月17日
    (1)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の参道。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801632

  • 2021年02月17日
    (16)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の山門前に置かれた石亀。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801644

  • 2021年02月17日
    (14)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の亀泉井。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801514

  • 2021年02月17日
    (12)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の観音殿と鐘楼。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801493

  • 2021年02月17日
    (18)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺山門前の広場。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801652

  • 2021年02月17日
    (9)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺法堂の前庭と廊下。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801595

  • 2021年02月17日
    (10)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の放生池。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801572

  • 2021年02月17日
    (21)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、天王殿の背後に見える大雄宝殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801492

  • 2021年02月27日
    (8)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山慶雲寺の法堂。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100457

  • 2021年06月20日
    (9)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の外の碑廊に立つ「天台宗永永流伝」石碑。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008145

  • 2021年06月20日
    (6)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺三賢殿の壁に埋め込まれた寒山の詩句を刻んだ石碑。三賢殿は三賢堂とも呼ばれ、豊干、拾得、寒山の三賢人を祭っている。仏教では彼らを「三大士」と呼び、それぞれ阿弥陀仏、文殊菩薩、普賢菩薩の化身としている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008157

  • 2021年06月20日
    (23)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「法乳千秋」碑亭の石碑と題額。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008201

  • 2021年06月20日
    (20)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ董其昌(とう・きしょう、明代の文人)筆の「魚楽国」石碑。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008193

  • 2021年06月20日
    (16)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺大雄宝殿の後方から望む隋塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008181

  • 2021年06月20日
    (21)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ日蓮宗知恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008197

  • 2021年06月20日
    (2)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の雨花殿。天台宗の開祖、智顗(ちぎ)がかつてこの場所で「妙法蓮華経」を講義した際、天が真心に感動し、法雨(ほうう)や天花(てんげ)を降らせたことにちなむ。内部には四大天王像が安置されている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008062

  • 2021年06月20日
    (3)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ王羲之(おう・ぎし)筆の「鵝」石碑。発見時は文字が半分しか残っていなかったとされる。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008074

  • 2021年06月20日
    (14)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺妙法堂の内部。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008177

  • 2021年06月20日
    (22)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「法乳千秋」碑亭。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008202

  • 2021年06月20日
    (28)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔遠景。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008212

  • 2021年06月20日
    (7)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の妙法堂。2階は蔵経閣。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008155

  • 2021年06月20日
    (10)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の境内に咲く梅とロウバイ。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008164

  • 2021年06月20日
    (12)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ七仏塔(手前)と唐一行禅師塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008167

  • 2021年06月20日
    (11)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ七仏塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008165

  • 2021年06月20日
    (13)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ石碑。裏に「日本天台宗総本山比叡山延暦寺第253世天台宗座主恵諦敬白」と長文が刻まれている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008172

  • 2021年06月20日
    (4)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の山門。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008072

  • 2021年06月20日
    (26)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔。隋塔は、晋王楊広(よう・こう、後の隋煬帝)が開皇18(598)年、智顗(ちぎ)から受けた菩薩戒に報いるため建立した報恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008213

  • 2021年06月20日
    (1)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ一行禅師記念碑「一行到此水西流」。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008040

  • 2021年06月20日
    (8)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の弥勒殿。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008156

  • 2021年06月20日
    (25)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「隋代古刹」照壁。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智越(ちえつ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、済公(さいこう)や、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、山門弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも磨崖(まがい)、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008203

  • 2021年06月20日
    (24)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺にある豊干、寒山、拾得「三大士」を記念した豊干橋。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008204

  • 2021年06月20日
    (17)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に展示されている中日両国の仏教交流に関する資料。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008179

  • 2021年06月20日
    (19)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺にある梅の古木「隋梅」。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008187

  • 2021年06月20日
    (27)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔。隋塔は、晋王楊広(よう・こう、後の隋煬帝)が開皇18(598)年、智顗(ちぎ)から受けた菩薩戒に報いるため建立した報恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008214

  • 2021年06月20日
    (18)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ唐一行禅師塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智越(ちえつ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、済公(さいこう)や、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、山門弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも磨崖(まがい)、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008180

  • 2021年08月23日
    (13)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の法堂。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大士」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410412

  • 2021年08月23日
    (12)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の法堂。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406657

  • 2021年08月23日
    (11)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺法堂前庭の梅。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406643

  • 2021年12月31日
    (13)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺法堂前の中庭。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104968

  • 2021年12月31日
    (14)雲門宗の祖庭、雲門寺を訪ねて広東省韶関市

    雲門寺の法堂。(6月8日撮影)中国広東省韶関(しょうかん)市乳源ヤオ族自治県の県城(中心市街地)の北東6キロ、雲門山慈悲峰の麓にある雲門寺は、「一花五葉(中国禅宗5流派の臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼を指す)」の一つ、雲門宗が開かれた寺院であり、六祖慧能(えのう)の南宗頓悟の流れをくむ古刹の一つ。五代十国時代、後唐の同光元年(923年)に文偃(ぶんえん)禅師が創建し、1100年近い歴史を持つ。元の名は「光泰禅院」で、のちに「証真禅寺」に改名。963年に南漢(十国の一つ)初代皇帝の劉龔(りゅう・きょう)が「大覚禅寺」に改め現在に至る。雲門山の麓にあることから「雲門寺」と通称される。同寺は、農業と禅の修行を合わせて重視(農禅併重)しており、仏学院も運営している。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104972

  • 2022年01月25日
    (8)深圳の弘法寺を訪ねて広東省

    弘法寺の法堂と蔵経楼。(2021年12月31日撮影)中国広東省深圳市の弘法寺は、1949年の新中国成立後に全国で初めて建立された寺院。同市の東郊外に位置する梧桐山の山麓、仙湖植物園内にある。1983年に建設が計画され85年に着工。92年に主体建築がほぼ完成して一般公開された。建築面積は3万平方メートル余り。寺は東南を背にして、西北に面しており、山門殿や天王殿、大雄宝殿、蔵経楼、祖師殿など40余りの建物がある。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512760

  • 2022年01月26日
    (3)普陀寺を訪ねて広東省珠海市

    普陀寺の法堂に掛かる題額。(2021年12月8日撮影)中国広東省珠海市の普陀(ふだ)寺は、市街地北部の鳳凰山の麓にある。山中には古道が3本あり、かつては広州とマカオを結ぶ官道だった。同寺は観音菩薩の応化道場(おうげどうじょう、菩薩の化身がしばしば現れ、衆生に教えを説く場)の一つで、前身は清代の禅宗寺院、懐庵古寺。ただ、その後は世の移り変わりを経て荒廃した。現在の寺院は2000年に開山、再建され、一般開放された。普光明殿や五時殿、天王殿、山門などのほか、多目的ホールや電子閲覧室、図書館なども併設し、壮大な規模を持つ。今では珠海最大の寺院となっている。今後は中国の大陸と香港、マカオ、台湾各地区(両岸四地)の交流の懸け橋、紐帯となり、世界各地との宗教文化交流を強化するプラットフォームを構築していく。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613446

  • 2022年01月26日
    (2)普陀寺を訪ねて広東省珠海市

    普陀寺の法堂。(2021年12月8日撮影)中国広東省珠海市の普陀(ふだ)寺は、市街地北部の鳳凰山の麓にある。山中には古道が3本あり、かつては広州とマカオを結ぶ官道だった。同寺は観音菩薩の応化道場(おうげどうじょう、菩薩の化身がしばしば現れ、衆生に教えを説く場)の一つで、前身は清代の禅宗寺院、懐庵古寺。ただ、その後は世の移り変わりを経て荒廃した。現在の寺院は2000年に開山、再建され、一般開放された。普光明殿や五時殿、天王殿、山門などのほか、多目的ホールや電子閲覧室、図書館なども併設し、壮大な規模を持つ。今では珠海最大の寺院となっている。今後は中国の大陸と香港、マカオ、台湾各地区(両岸四地)の交流の懸け橋、紐帯となり、世界各地との宗教文化交流を強化するプラットフォームを構築していく。(珠海=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613414

  • 2022年05月25日
    (7)京都の黄檗宗万福寺で全国煎茶道大会隠元禅師の功績しのぶ

    21日、中国の福清黄檗文化促進会と日本の黄檗文化促進会の代表団に書道作品を贈る日本黄檗宗の近藤博道管長(右から2人目)。日本京都府宇治市にある日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山、万福寺で21日、第65回全国煎茶道大会と第36回日本煎茶工芸展が開催され、来場者が日本で黄檗宗を開いた中国の高僧、隠元禅師が残した中日両国の茶道文化交流における歴史的功績をしのんだ。中国福建省の福清黄檗文化促進会と日本の一般社団法人・黄檗文化促進会の会長を兼務する林文清(りん・ぶんせい)氏や黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏、日中福清工商会の渡辺竜治会長ら中日の友好活動に携わる関係者らが招かれてイベントに出席した。万福寺では同日、法堂の落慶式も行われた。全国煎茶道大会は2019年5月に開かれた第64回大会以降、新型コロナウイルス感染症の影響により開催が延期されてきたが、今回ようやく再開の日を迎えた。明末清初に同省福清市の黄檗山万福寺の住持を務めていた隠元禅師は、招請に応じて多くの弟子と共に日本へ渡り、黄檗宗の教えを広めたほか、中国の思想や建築、彫刻、医学、絵画、書、音楽、詩、料理などの文化を伝えた。これらは日本で黄檗文化として知られ、江戸時代の経済・社会の発展に大きな影響を与えた。(宇治=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052503531

  • 2022年05月25日
    (3)京都の黄檗宗万福寺で全国煎茶道大会隠元禅師の功績しのぶ

    21日、黄檗文化促進会の代表団と記念撮影する日本黄檗宗の近藤博道管長(前列中央)。日本京都府宇治市にある日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山、万福寺で21日、第65回全国煎茶道大会と第36回日本煎茶工芸展が開催され、来場者が日本で黄檗宗を開いた中国の高僧、隠元禅師が残した中日両国の茶道文化交流における歴史的功績をしのんだ。中国福建省の福清黄檗文化促進会と日本の一般社団法人・黄檗文化促進会の会長を兼務する林文清(りん・ぶんせい)氏や黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏、日中福清工商会の渡辺竜治会長ら中日の友好活動に携わる関係者らが招かれてイベントに出席した。万福寺では同日、法堂の落慶式も行われた。全国煎茶道大会は2019年5月に開かれた第64回大会以降、新型コロナウイルス感染症の影響により開催が延期されてきたが、今回ようやく再開の日を迎えた。明末清初に同省福清市の黄檗山万福寺の住持を務めていた隠元禅師は、招請に応じて多くの弟子と共に日本へ渡り、黄檗宗の教えを広めたほか、中国の思想や建築、彫刻、医学、絵画、書、音楽、詩、料理などの文化を伝えた。これらは日本で黄檗文化として知られ、江戸時代の経済・社会の発展に大きな影響を与えた。(宇治=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052503483

  • 2022年05月25日
    (4)京都の黄檗宗万福寺で全国煎茶道大会隠元禅師の功績しのぶ

    21日、第65回全国煎茶道大会と第36回日本煎茶工芸展の会場。日本京都府宇治市にある日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山、万福寺で21日、第65回全国煎茶道大会と第36回日本煎茶工芸展が開催され、来場者が日本で黄檗宗を開いた中国の高僧、隠元禅師が残した中日両国の茶道文化交流における歴史的功績をしのんだ。中国福建省の福清黄檗文化促進会と日本の一般社団法人・黄檗文化促進会の会長を兼務する林文清(りん・ぶんせい)氏や黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏、日中福清工商会の渡辺竜治会長ら中日の友好活動に携わる関係者らが招かれてイベントに出席した。万福寺では同日、法堂の落慶式も行われた。全国煎茶道大会は2019年5月に開かれた第64回大会以降、新型コロナウイルス感染症の影響により開催が延期されてきたが、今回ようやく再開の日を迎えた。明末清初に同省福清市の黄檗山万福寺の住持を務めていた隠元禅師は、招請に応じて多くの弟子と共に日本へ渡り、黄檗宗の教えを広めたほか、中国の思想や建築、彫刻、医学、絵画、書、音楽、詩、料理などの文化を伝えた。これらは日本で黄檗文化として知られ、江戸時代の経済・社会の発展に大きな影響を与えた。(宇治=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052503497

  • 2022年05月25日
    (5)京都の黄檗宗万福寺で全国煎茶道大会隠元禅師の功績しのぶ

    21日、法堂の落慶式に出席する黄檗文化促進会の代表団。日本京都府宇治市にある日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山、万福寺で21日、第65回全国煎茶道大会と第36回日本煎茶工芸展が開催され、来場者が日本で黄檗宗を開いた中国の高僧、隠元禅師が残した中日両国の茶道文化交流における歴史的功績をしのんだ。中国福建省の福清黄檗文化促進会と日本の一般社団法人・黄檗文化促進会の会長を兼務する林文清(りん・ぶんせい)氏や黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏、日中福清工商会の渡辺竜治会長ら中日の友好活動に携わる関係者らが招かれてイベントに出席した。万福寺では同日、法堂の落慶式も行われた。全国煎茶道大会は2019年5月に開かれた第64回大会以降、新型コロナウイルス感染症の影響により開催が延期されてきたが、今回ようやく再開の日を迎えた。明末清初に同省福清市の黄檗山万福寺の住持を務めていた隠元禅師は、招請に応じて多くの弟子と共に日本へ渡り、黄檗宗の教えを広めたほか、中国の思想や建築、彫刻、医学、絵画、書、音楽、詩、料理などの文化を伝えた。これらは日本で黄檗文化として知られ、江戸時代の経済・社会の発展に大きな影響を与えた。(宇治=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052503499

  • 2022年05月25日
    (6)京都の黄檗宗万福寺で全国煎茶道大会隠元禅師の功績しのぶ

    21日、第65回全国煎茶道大会と第36回日本煎茶工芸展の会場。日本京都府宇治市にある日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山、万福寺で21日、第65回全国煎茶道大会と第36回日本煎茶工芸展が開催され、来場者が日本で黄檗宗を開いた中国の高僧、隠元禅師が残した中日両国の茶道文化交流における歴史的功績をしのんだ。中国福建省の福清黄檗文化促進会と日本の一般社団法人・黄檗文化促進会の会長を兼務する林文清(りん・ぶんせい)氏や黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏、日中福清工商会の渡辺竜治会長ら中日の友好活動に携わる関係者らが招かれてイベントに出席した。万福寺では同日、法堂の落慶式も行われた。全国煎茶道大会は2019年5月に開かれた第64回大会以降、新型コロナウイルス感染症の影響により開催が延期されてきたが、今回ようやく再開の日を迎えた。明末清初に同省福清市の黄檗山万福寺の住持を務めていた隠元禅師は、招請に応じて多くの弟子と共に日本へ渡り、黄檗宗の教えを広めたほか、中国の思想や建築、彫刻、医学、絵画、書、音楽、詩、料理などの文化を伝えた。これらは日本で黄檗文化として知られ、江戸時代の経済・社会の発展に大きな影響を与えた。(宇治=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052503500

  • 2022年05月25日
    (2)京都の黄檗宗万福寺で全国煎茶道大会隠元禅師の功績しのぶ

    21日、黄檗文化促進会の代表団一行と面会する日本黄檗宗の近藤博道管長(左から4人目)。日本京都府宇治市にある日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山、万福寺で21日、第65回全国煎茶道大会と第36回日本煎茶工芸展が開催され、来場者が日本で黄檗宗を開いた中国の高僧、隠元禅師が残した中日両国の茶道文化交流における歴史的功績をしのんだ。中国福建省の福清黄檗文化促進会と日本の一般社団法人・黄檗文化促進会の会長を兼務する林文清(りん・ぶんせい)氏や黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏、日中福清工商会の渡辺竜治会長ら中日の友好活動に携わる関係者らが招かれてイベントに出席した。万福寺では同日、法堂の落慶式も行われた。全国煎茶道大会は2019年5月に開かれた第64回大会以降、新型コロナウイルス感染症の影響により開催が延期されてきたが、今回ようやく再開の日を迎えた。明末清初に同省福清市の黄檗山万福寺の住持を務めていた隠元禅師は、招請に応じて多くの弟子と共に日本へ渡り、黄檗宗の教えを広めたほか、中国の思想や建築、彫刻、医学、絵画、書、音楽、詩、料理などの文化を伝えた。これらは日本で黄檗文化として知られ、江戸時代の経済・社会の発展に大きな影響を与えた。(宇治=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052503498

  • 2022年05月25日
    (1)京都の黄檗宗万福寺で全国煎茶道大会隠元禅師の功績しのぶ

    21日、黄檗文化促進会の関係者と交流する京都府宇治市の松村淳子市長(右から4人目)。日本京都府宇治市にある日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山、万福寺で21日、第65回全国煎茶道大会と第36回日本煎茶工芸展が開催され、来場者が日本で黄檗宗を開いた中国の高僧、隠元禅師が残した中日両国の茶道文化交流における歴史的功績をしのんだ。中国福建省の福清黄檗文化促進会と日本の一般社団法人・黄檗文化促進会の会長を兼務する林文清(りん・ぶんせい)氏や黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏、日中福清工商会の渡辺竜治会長ら中日の友好活動に携わる関係者らが招かれてイベントに出席した。万福寺では同日、法堂の落慶式も行われた。全国煎茶道大会は2019年5月に開かれた第64回大会以降、新型コロナウイルス感染症の影響により開催が延期されてきたが、今回ようやく再開の日を迎えた。明末清初に同省福清市の黄檗山万福寺の住持を務めていた隠元禅師は、招請に応じて多くの弟子と共に日本へ渡り、黄檗宗の教えを広めたほか、中国の思想や建築、彫刻、医学、絵画、書、音楽、詩、料理などの文化を伝えた。これらは日本で黄檗文化として知られ、江戸時代の経済・社会の発展に大きな影響を与えた。(宇治=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052503452

  • 2022年05月25日
    (8)京都の黄檗宗万福寺で全国煎茶道大会隠元禅師の功績しのぶ

    21日、イベントに出席した来賓らと記念撮影する日本黄檗宗の近藤博道管長(前列左から4人目)。日本京都府宇治市にある日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山、万福寺で21日、第65回全国煎茶道大会と第36回日本煎茶工芸展が開催され、来場者が日本で黄檗宗を開いた中国の高僧、隠元禅師が残した中日両国の茶道文化交流における歴史的功績をしのんだ。中国福建省の福清黄檗文化促進会と日本の一般社団法人・黄檗文化促進会の会長を兼務する林文清(りん・ぶんせい)氏や黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏、日中福清工商会の渡辺竜治会長ら中日の友好活動に携わる関係者らが招かれてイベントに出席した。万福寺では同日、法堂の落慶式も行われた。全国煎茶道大会は2019年5月に開かれた第64回大会以降、新型コロナウイルス感染症の影響により開催が延期されてきたが、今回ようやく再開の日を迎えた。明末清初に同省福清市の黄檗山万福寺の住持を務めていた隠元禅師は、招請に応じて多くの弟子と共に日本へ渡り、黄檗宗の教えを広めたほか、中国の思想や建築、彫刻、医学、絵画、書、音楽、詩、料理などの文化を伝えた。これらは日本で黄檗文化として知られ、江戸時代の経済・社会の発展に大きな影響を与えた。(宇治=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052503619

  • 1