KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • せん
  • 中原
  • 中国文明
  • 仏塔
  • 千年
  • 古塔
  • 少林寺
  • 嵩岳寺塔
  • 平成
  • 建設

「法王寺」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
22
( 1 22 件を表示)
  • 1
22
( 1 22 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年09月06日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    開封鉄塔の壁面に施された琉璃レンガの彫刻。開封鉄塔は開封市鉄塔公園内にある。1049年の建立で、かつてこの地に開宝寺があったことから開宝寺塔とも呼ばれる。褐色の瑠璃レンガが鉄に見えることから、元代になると鉄塔と呼ばれるようになった。地震や大風、水害にあっても倒れることなく900年以上も立ち続けている。(2014年9月6日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(開封=新華社記者/李安)=2014(平成26)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102323

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年09月06日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省開封市の鉄塔公園に立つ開封鉄塔。1049年の建立で、かつてこの地に開宝寺があったことから開宝寺塔とも呼ばれる。褐色の瑠璃レンガが鉄に見えることから、元代になると鉄塔と呼ばれるようになった。地震や大風、水害にあっても倒れることなく900年以上も立ち続けている。(2014年9月6日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(開封=新華社記者/李安)=2014(平成26)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102376

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年10月16日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    ライトアップされた開封鉄塔。開封市鉄塔公園内にある。1049年の建立で、かつてこの地に開宝寺があったことから開宝寺塔とも呼ばれる。褐色の瑠璃レンガが鉄に見えることから、元代になると鉄塔と呼ばれるようになった。地震や大風、水害にあっても倒れることなく900年以上も立ち続けている。(2015年10月16日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(開封=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102294

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年10月16日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    ライトアップされた開封鉄塔。開封市鉄塔公園内にある。1049年の建立で、かつてこの地に開宝寺があったことから開宝寺塔とも呼ばれる。褐色の瑠璃レンガが鉄に見えることから、元代になると鉄塔と呼ばれるようになった。地震や大風、水害にあっても倒れることなく900年以上も立ち続けている。(組み合わせ写真、2015年10月16日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(開封=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102377

  • 2015年10月17日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省開封市の繁塔に施されたレンガ彫刻。繁塔は北宋開宝7(974)年の建立。本来の名称を興慈塔といい、繁台と呼ばれる丘の上に建てられたことから繁塔の名が付いた。開封市で現存する最古の建築物の一つ。(2015年10月17日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(開封=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102380

  • 2015年10月17日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省開封市の繁塔。北宋開宝7(974)年の建立。本来の名称を興慈塔といい、繁台と呼ばれる丘の上に建てられたことから繁塔の名が付いた。開封市で現存する最古の建築物の一つ。(2015年10月17日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(開封=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102337

  • 2015年10月17日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省開封市の繁塔に施されたレンガ彫刻。繁塔は北宋開宝7(974)年の建立。本来の名称を興慈塔といい、繁台と呼ばれる丘の上に建てられたことから繁塔の名が付いた。開封市で現存する最古の建築物の一つ。(2015年10月17日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(開封=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102313

  • 2017年01月30日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省登封市の少林寺塔林。国内最大規模の塔林で、磚や石、磚石混合の墓塔230基余りが立つ。さまざまな様式があり造形も多岐にわたることから、中国古代磚石建築と彫刻芸術の宝庫と呼ばれる。(2017年1月30日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2017(平成29)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102381

  • 2017年01月30日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省登封市の少林寺塔林。国内最大規模の塔林で、磚や石、磚石混合の墓塔230基余りが立つ。さまざまな様式があり造形も多岐にわたることから、中国古代磚石建築と彫刻芸術の宝庫と呼ばれる。(2017年1月30日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2017(平成29)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102390

  • 2017年04月25日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    安陽文峰塔の入口階段を登る漢服(中国伝統衣装)を身にまとった女性。(2017年4月25日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(安陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102271

  • 2017年04月25日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省安陽市の安陽文峰塔。五代十国の後周時代の建立で天寧寺塔とも呼ばれる。5層の重檐(ちょうえん)式仏塔で、屋根は上層にいくほど大きくなり傘型の形状をしている。(2017年4月25日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(安陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102322

  • 2017年04月25日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    安陽文峰塔に施されたレンガ彫刻。五代十国の後周時代の建立。5層の重檐(ちょうえん)式仏塔で、屋根は上層にいくほど大きくなり傘型の形状をしている。(2017年4月25日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(安陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102295

  • 2017年04月25日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省安陽市の安陽文峰塔。五代十国の後周時代の建立で天寧寺塔とも呼ばれる。5層の重檐(ちょうえん)式仏塔で、屋根は上層にいくほど大きくなり傘型の形状をしている。(2017年4月25日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(安陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102307

  • 2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省登封市の法王寺塔。唐代に建てられた15層の密檐(みつえん)式磚塔。(2018年6月26日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102282

  • 2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省登封市の嵩岳寺境内に立つ嵩岳寺塔。青磚と黄泥で築いた密檐(みつえん)式磚塔。2010年に「『天地の中央』にある登封の史跡群」の一つとしてユネスコ世界遺産に登録されている。(2018年6月26日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102373

  • 2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省汝州市の風穴寺塔林。中国三大塔林の一つで、元代から清代にかけての高僧80人が眠る。(2018年6月26日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(汝州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102297

  • 2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省登封市の嵩岳寺に立つ嵩岳寺塔。青磚と黄泥で築いた密檐(みつえん)式磚塔。2010年に「『天地の中央』にある登封の史跡群」の一つとしてユネスコ世界遺産に登録されている。(2018年6月26日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102321

  • 2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省登封市の嵩岳寺境内に立つ嵩岳寺塔。青磚と黄泥で築いた密檐(みつえん)式磚塔。2010年に「『天地の中央』にある登封の史跡群」の一つとしてユネスコ世界遺産に登録されている。(2018年6月26日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102315

  • 2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省登封市の嵩岳寺に立つ嵩岳寺塔を回り祈りを捧げる市民。嵩岳寺塔は青磚と黄泥で築いた密檐(みつえん)式磚塔。2010年に「『天地の中央』にある登封の史跡群」の一つとしてユネスコ世界遺産に登録されている。(2018年6月26日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102331

  • 2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省汝州市の風穴寺境内に立つ汝州七祖塔。唐の開元26(738年)年の建立で、9層の方形密檐(みつえん)式磚塔。紡錘形の曲線をしており造形が美しい。(2018年6月26日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(汝州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102387

  • 2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省汝州市の風穴寺境内に立つ汝州七祖塔。唐の開元26(738年)年の建立で、9層の方形密檐(みつえん)式磚塔。紡錘形の曲線をしており造形が美しい。(2018年6月26日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(汝州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102335

  • 2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省汝州市の風穴寺塔林。中国三大塔林の一つで、元代から清代にかけての高僧80人が眠る。(2018年6月26日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(汝州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102336

  • 1