KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中山法華経寺
  • じゅうたん
  • ヒガンバナ
  • 仏教経典
  • 埼玉県日高市
  • 平成
  • 彼岸花
  • 意味
  • 景色
  • 景観

「法華経」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
22
( 1 22 件を表示)
  • 1
22
( 1 22 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    池上本門寺境内

    祖師堂の前から大黒堂を望む。池上本門寺は日蓮宗の宗祖日蓮が入滅した所。弘安5年(1282)、日蓮は湯治のため身延山を発し常陸に向かう徒次、池上宗仲邸で入滅した。宗仲が法華経の字数に合わせ約7万坪を寄進し池上本門寺となった。見えないが左にある祖師堂は享保8年(1723)年に再建された建物(戦災で焼失)。祖師像を本尊としている。天水桶の向こうに参詣の人が多い。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐92‐0]

    商品コード: 2017081002455

  • 1949年03月07日
    市川市

    中山法華経寺=整理1949(昭和24)年3月、千葉県市川市中山町(24年内地番号なし)

    商品コード: 2016051100272

  • 1976年07月20日
    最古の法華経の一部 胎内から日本最古の法華経

    新薬師寺の本尊・薬師如来座像の胎内から見つかった日本最古の法華経の一部。全体的にやや茶色に変色、一部に虫食いの跡があるが保存状態は良く、ほとんど原形のままだった=1976(昭和51)年7月20日(参照:51年内地 5087)

    商品コード: 2013112100135

  • 1976年07月20日
    新薬師寺の薬師如来座像 胎内から日本最古の法華経

    新薬師寺の本尊・薬師如来座像。胎内から日本最古の法華経8巻が見つかった。これまで一番古いとされていたのは京都国立博物館にある平安前期のもので、それよりさらに古い形態や特徴を残している=1976(昭和51)年7月20日、奈良市高畑町(参照:51年内地 5088)

    商品コード: 2013112100134

  • 1976年07月20日
    新薬師寺の薬師如来座像 胎内から日本最古の法華経

    奈良・新薬師寺の本尊・薬師如来座像。1975年の調査で胎内から日本最古の法華経8巻が見つかった=1976(昭和51)年7月20日、奈良市高畑町 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第7巻使用画像(P181)

    商品コード: 2015022600117

  • 1976年07月20日
    最古の法華経の一部 胎内から日本最古の法華経

    1975年の調査で奈良・新薬師寺の本尊・薬師如来座像の胎内から見つかった日本最古の法華経の一部。全体的にやや茶色に変色、一部に虫食いの跡があるが保存状態は良く、ほとんど原形のままだった=1976(昭和51)年7月20日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第7巻使用画像(P181)

    商品コード: 2015022600121

  • 1993年12月24日
    重文「法華経」 松平家所蔵の歴史資料公開

    重要文化財「法華経」全8巻(平安時代後期)(文化財)

    商品コード: 1993122400037

  • 1995年05月26日
    法華義疏 太子の義疏、題字は別人

    聖徳太子が書いたとされる「法華義疏」。筆跡鑑定の結果、右上1行のタイトル部分と右下2行の注記部分が、後に書き加えられたとみられることが分かった(現存する国内最古の書物、法華経の注釈書「法華義疏(ほっけぎしょ)」(宮内庁所蔵))

    商品コード: 1995052600129

  • 1995年11月21日
    出土した経筒と経巻 16世紀の金銅製経筒

    神戸市北区の経塚から出土した備前焼のつぼ(右奥)に納められていた金銅製経筒(左奥)と法華経の経巻(カラーネガ)

    商品コード: 1995112100068

  • 1995年11月21日
    出土した経筒と経巻 16世紀の金銅製経筒

    神戸市北区の経塚から出土した備前焼のつぼ(右奥)に納められていた金銅製経筒(左奥)と法華経の経巻(カラーネガ)

    商品コード: 1995112100072

  • 1996年09月06日
    法華経寺祖師堂 重文の寺院建築の復元完了

    復元作業がほぼ完成し、屋根が二つ並んだ「比翼入母屋造り(ひよくいりもやづくり)」の大屋根が姿を現した法華経寺祖師堂=千葉県市川市

    商品コード: 1996090600015

  • 1996年11月08日
    出土した法華経の版木 16世紀末の法華経の版木

    万徳院跡から出土した法華経の版木=8日午後、広島県千代田町の芸北民俗芸能保存伝承館

    商品コード: 1996110800085

  • 2018年09月24日
    500万株のヒガンバナが満開観光客を魅了日高市

    24日、埼玉県日高市の巾着田曼珠沙華公園で満開を迎えたヒガンバナ。日本の埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくだ)曼珠沙華(まんじゅしゃげ)公園では、500万株を超えるヒガンバナ(曼珠沙華)が開花時期を迎えた。園内は一面真紅に染まり、赤いじゅうたんを敷き詰めたような光景は多くの観光客を魅了した。曼珠沙華の名は法華経などの仏教経典に由来し「天上の花」という意味がある。開花時期が9月中旬から10月上旬の彼岸の時期にあたることから「ヒガンバナ(彼岸花)」とも呼ばれる。同園では15日から30日まで巾着田曼珠沙華祭りが行われており、多くの観光客が訪れている。(埼玉=新華社記者/彭純)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517702

  • 2018年09月24日
    500万株のヒガンバナが満開観光客を魅了日高市

    24日、埼玉県日高市の巾着田曼珠沙華公園で満開を迎えたヒガンバナ。日本の埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくだ)曼珠沙華(まんじゅしゃげ)公園では、500万株を超えるヒガンバナ(曼珠沙華)が開花時期を迎えた。園内は一面真紅に染まり、赤いじゅうたんを敷き詰めたような光景は多くの観光客を魅了した。曼珠沙華の名は法華経などの仏教経典に由来し「天上の花」という意味がある。開花時期が9月中旬から10月上旬の彼岸の時期にあたることから「ヒガンバナ(彼岸花)」とも呼ばれる。同園では15日から30日まで巾着田曼珠沙華祭りが行われており、多くの観光客が訪れている。(埼玉=新華社記者/彭純)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517649

  • 2018年09月24日
    500万株のヒガンバナが満開観光客を魅了日高市

    24日、埼玉県日高市の巾着田曼珠沙華公園でヒガンバナを撮影する観光客。日本の埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくだ)曼珠沙華(まんじゅしゃげ)公園では、500万株を超えるヒガンバナ(曼珠沙華)が開花時期を迎えた。園内は一面真紅に染まり、赤いじゅうたんを敷き詰めたような光景は多くの観光客を魅了した。曼珠沙華の名は法華経などの仏教経典に由来し「天上の花」という意味がある。開花時期が9月中旬から10月上旬の彼岸の時期にあたることから「ヒガンバナ(彼岸花)」とも呼ばれる。同園では15日から30日まで巾着田曼珠沙華祭りが行われており、多くの観光客が訪れている。(埼玉=新華社記者/彭純)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517776

  • 2018年09月24日
    500万株のヒガンバナが満開観光客を魅了日高市

    24日、埼玉県日高市の巾着田曼珠沙華公園で満開を迎えたヒガンバナ。日本の埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくだ)曼珠沙華(まんじゅしゃげ)公園では、500万株を超えるヒガンバナ(曼珠沙華)が開花時期を迎えた。園内は一面真紅に染まり、赤いじゅうたんを敷き詰めたような光景は多くの観光客を魅了した。曼珠沙華の名は法華経などの仏教経典に由来し「天上の花」という意味がある。開花時期が9月中旬から10月上旬の彼岸の時期にあたることから「ヒガンバナ(彼岸花)」とも呼ばれる。同園では15日から30日まで巾着田曼珠沙華祭りが行われており、多くの観光客が訪れている。(埼玉=新華社記者/彭純)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517333

  • 2018年09月24日
    500万株のヒガンバナが満開観光客を魅了日高市

    24日、埼玉県日高市の巾着田曼珠沙華公園で満開を迎えたヒガンバナ。日本の埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくだ)曼珠沙華(まんじゅしゃげ)公園では、500万株を超えるヒガンバナ(曼珠沙華)が開花時期を迎えた。園内は一面真紅に染まり、赤いじゅうたんを敷き詰めたような光景は多くの観光客を魅了した。曼珠沙華の名は法華経などの仏教経典に由来し「天上の花」という意味がある。開花時期が9月中旬から10月上旬の彼岸の時期にあたることから「ヒガンバナ(彼岸花)」とも呼ばれる。同園では15日から30日まで巾着田曼珠沙華祭りが行われており、多くの観光客が訪れている。(埼玉=新華社記者/彭純)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517716

  • 2018年09月24日
    500万株のヒガンバナが満開観光客を魅了日高市

    24日、埼玉県日高市の巾着田曼珠沙華公園で満開を迎えたヒガンバナ。日本の埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくだ)曼珠沙華(まんじゅしゃげ)公園では、500万株を超えるヒガンバナ(曼珠沙華)が開花時期を迎えた。園内は一面真紅に染まり、赤いじゅうたんを敷き詰めたような光景は多くの観光客を魅了した。曼珠沙華の名は法華経などの仏教経典に由来し「天上の花」という意味がある。開花時期が9月中旬から10月上旬の彼岸の時期にあたることから「ヒガンバナ(彼岸花)」とも呼ばれる。同園では15日から30日まで巾着田曼珠沙華祭りが行われており、多くの観光客が訪れている。(埼玉=新華社記者/彭純)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517728

  • 2018年09月24日
    500万株のヒガンバナが満開観光客を魅了日高市

    24日、埼玉県日高市の巾着田曼珠沙華公園で満開を迎えたヒガンバナ。日本の埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくだ)曼珠沙華(まんじゅしゃげ)公園では、500万株を超えるヒガンバナ(曼珠沙華)が開花時期を迎えた。園内は一面真紅に染まり、赤いじゅうたんを敷き詰めたような光景は多くの観光客を魅了した。曼珠沙華の名は法華経などの仏教経典に由来し「天上の花」という意味がある。開花時期が9月中旬から10月上旬の彼岸の時期にあたることから「ヒガンバナ(彼岸花)」とも呼ばれる。同園では15日から30日まで巾着田曼珠沙華祭りが行われており、多くの観光客が訪れている。(埼玉=新華社記者/彭純)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517342

  • 2018年09月24日
    500万株のヒガンバナが満開観光客を魅了日高市

    24日、埼玉県日高市の巾着田曼珠沙華公園で満開を迎えたヒガンバナ。日本の埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくだ)曼珠沙華(まんじゅしゃげ)公園では、500万株を超えるヒガンバナ(曼珠沙華)が開花時期を迎えた。園内は一面真紅に染まり、赤いじゅうたんを敷き詰めたような光景は多くの観光客を魅了した。曼珠沙華の名は法華経などの仏教経典に由来し「天上の花」という意味がある。開花時期が9月中旬から10月上旬の彼岸の時期にあたることから「ヒガンバナ(彼岸花)」とも呼ばれる。同園では15日から30日まで巾着田曼珠沙華祭りが行われており、多くの観光客が訪れている。(埼玉=新華社記者/彭純)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517673

  • 2018年09月24日
    500万株のヒガンバナが満開観光客を魅了日高市

    24日、埼玉県日高市の巾着田曼珠沙華公園で見かけた白いヒガンバナ。日本の埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくだ)曼珠沙華(まんじゅしゃげ)公園では、500万株を超えるヒガンバナ(曼珠沙華)が開花時期を迎えた。園内は一面真紅に染まり、赤いじゅうたんを敷き詰めたような光景は多くの観光客を魅了した。曼珠沙華の名は法華経などの仏教経典に由来し「天上の花」という意味がある。開花時期が9月中旬から10月上旬の彼岸の時期にあたることから「ヒガンバナ(彼岸花)」とも呼ばれる。同園では15日から30日まで巾着田曼珠沙華祭りが行われており、多くの観光客が訪れている。(埼玉=新華社記者/彭純)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517741

  • 2018年09月24日
    500万株のヒガンバナが満開観光客を魅了日高市

    24日、埼玉県日高市の巾着田曼珠沙華公園でヒガンバナを鑑賞する観光客。日本の埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくだ)曼珠沙華(まんじゅしゃげ)公園では、500万株を超えるヒガンバナ(曼珠沙華)が開花時期を迎えた。園内は一面真紅に染まり、赤いじゅうたんを敷き詰めたような光景は多くの観光客を魅了した。曼珠沙華の名は法華経などの仏教経典に由来し「天上の花」という意味がある。開花時期が9月中旬から10月上旬の彼岸の時期にあたることから「ヒガンバナ(彼岸花)」とも呼ばれる。同園では15日から30日まで巾着田曼珠沙華祭りが行われており、多くの観光客が訪れている。(埼玉=新華社記者/彭純)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517317

  • 1