KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 分布
  • 屈氏
  • 発見
  • 研究員
  • 継続
  • 貢献
  • 鳴き声
  • 琴引浜
  • 観光客

「泣き砂」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
21
( 1 21 件を表示)
  • 1
21
( 1 21 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1992年04月03日
    吉村作治さん

    島根県の「全国鳴き砂シンポ」で講演した早稲田大学の吉村作治助教授

    商品コード: 1992040300041

  • 1993年09月11日
    石川県の琴ケ浜 鳴き砂の人工精製に挑戦

    歩くと「キュッキュッ」と音がする鳴き砂で知られている琴ケ浜=石川県・門前町「土曜夕刊」

    商品コード: 1993091100001

  • 1997年01月09日
    琴引浜で、取り除き作業 タンカー重油流出事故

    「鳴き砂」で知られる美しい琴引浜を取り戻そうと、砂浜に押し寄せた重油を取り除く人たち=9日午後1時20分、京都府網野町掛津で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1997010900080

  • 2000年06月10日
    山崎啓司さん 鳴き砂の音をもう一度

    鳴き砂の再現に成功した山崎啓司さん=5日、香川県観音寺市

    商品コード: 2000061000008

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年07月20日
    3年ぶりの浜開き 「泣き砂」3年ぶりに復活

    能登半島地震で立ち入り禁止となった琴ケ浜海水浴場で、3年ぶりに行われた浜開き=20日午前、石川県輪島市

    商品コード: 2009072000044

  • 2011年02月25日
    音色を楽しむ市民 全国の「鳴き砂」音比べ

    ワイングラスに入れた「鳴き砂」の音色を楽しむ市民=25日午後、福島県いわき市

    商品コード: 2011022500258

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年03月28日
    吉田浜海岸 鳴き砂海岸も“壊滅”

    津波によるごみが散乱する吉田浜海岸=24日、宮城県亘理町

    商品コード: 2011032800006

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年05月09日
    鳴き砂を確かめる調査官 被災の鳴き砂「問題なし」

    十八鳴浜で鳴き砂の音を確かめる文化庁の調査官=9日午後、宮城県気仙沼市の大島

    商品コード: 2011050900457

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月19日
    浜を清掃する参加者 鳴き砂保全でサミット

    九九鳴き浜を清掃する「全国鳴砂サミット」の参加者=19日午後、宮城県気仙沼市

    商品コード: 2011111900149

  • 2015年06月25日
    琴引浜を歩くケネディ氏ら ケネディ大使、鳴き砂視察

    京都府京丹後市を視察に訪れ、「鳴き砂」で有名な琴引浜をはだしで歩くケネディ駐日米大使。右は中山泰市長=25日午後

    商品コード: 2015062500763

  • 2015年06月25日
    琴引浜訪れたケネディ大使 ケネディ大使、鳴き砂視察

    京都府京丹後市の琴引浜を視察するケネディ駐日米大使(左から3人目)。左端は中山泰市長=25日午後

    商品コード: 2015062500766

  • 2021年08月10日
    (8)生態保護強化で敦煌鳴沙山の「鳴き砂」が復活甘粛省

    6日、敦煌市の鳴沙山月牙泉風景区に設けられた砂滑り専用エリア。中国の砂漠化対策の貢献者の1人、中国科学院西北生態環境資源研究院敦煌ゴビ砂漠研究ステーションの屈建軍(くつ・けんぐん)研究員は、甘粛省敦煌市鳴沙山の鳴き砂現象の継続的な調査を基に、鳴き砂群が鳴沙山全域に分布していることを発見し、砂の「鳴き声」を復活させた。屈氏は、中国が長年にわたり生態環境の保護を強化し続けてきた成果だと語った。(敦煌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081006037

  • 2021年08月10日
    (2)生態保護強化で敦煌鳴沙山の「鳴き砂」が復活甘粛省

    8月6日、敦煌市の鳴沙山月牙泉風景区。中国の砂漠化対策の貢献者の1人、中国科学院西北生態環境資源研究院敦煌ゴビ砂漠研究ステーションの屈建軍(くつ・けんぐん)研究員は、甘粛省敦煌市鳴沙山の鳴き砂現象の継続的な調査を基に、鳴き砂群が鳴沙山全域に分布していることを発見し、砂の「鳴き声」を復活させた。屈氏は、中国が長年にわたり生態環境の保護を強化し続けてきた成果だと語った。(敦煌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081005992

  • 2021年08月10日
    (3)生態保護強化で敦煌鳴沙山の「鳴き砂」が復活甘粛省

    6日、敦煌市鳴沙山の砂丘。中国の砂漠化対策の貢献者の1人、中国科学院西北生態環境資源研究院敦煌ゴビ砂漠研究ステーションの屈建軍(くつ・けんぐん)研究員は、甘粛省敦煌市鳴沙山の鳴き砂現象の継続的な調査を基に、鳴き砂群が鳴沙山全域に分布していることを発見し、砂の「鳴き声」を復活させた。屈氏は、中国が長年にわたり生態環境の保護を強化し続けてきた成果だと語った。(敦煌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081006011

  • 01:00.61
    2021年08月10日
    「新華社」生態保護強化で敦煌鳴沙山の「鳴き砂」が復活甘粛省

    中国の砂漠化対策の貢献者の1人、中国科学院西北生態環境資源研究院敦煌ゴビ砂漠研究ステーションの屈建軍(くつ・けんぐん)研究員は、甘粛省敦煌市鳴沙山の鳴き砂現象の継続的な調査を基に、鳴き砂群が鳴沙山全域に分布していることを発見し、砂の「鳴き声」を復活させた。屈氏は、中国が長年にわたり生態環境の保護を強化し続けてきた成果だと語った。(記者/張文静、郭剛) =配信日: 2021(令和3)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081006034

  • 2021年08月10日
    (6)生態保護強化で敦煌鳴沙山の「鳴き砂」が復活甘粛省

    敦煌市の鳴沙山月牙泉風景区の中心部分。(2019年9月6日撮影)中国の砂漠化対策の貢献者の1人、中国科学院西北生態環境資源研究院敦煌ゴビ砂漠研究ステーションの屈建軍(くつ・けんぐん)研究員は、甘粛省敦煌市鳴沙山の鳴き砂現象の継続的な調査を基に、鳴き砂群が鳴沙山全域に分布していることを発見し、砂の「鳴き声」を復活させた。屈氏は、中国が長年にわたり生態環境の保護を強化し続けてきた成果だと語った。(敦煌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081006012

  • 2021年08月10日
    (7)生態保護強化で敦煌鳴沙山の「鳴き砂」が復活甘粛省

    敦煌市の鳴沙山月牙泉風景区に広がる砂と泉が共生する風景。(2020年9月17日撮影)中国の砂漠化対策の貢献者の1人、中国科学院西北生態環境資源研究院敦煌ゴビ砂漠研究ステーションの屈建軍(くつ・けんぐん)研究員は、甘粛省敦煌市鳴沙山の鳴き砂現象の継続的な調査を基に、鳴き砂群が鳴沙山全域に分布していることを発見し、砂の「鳴き声」を復活させた。屈氏は、中国が長年にわたり生態環境の保護を強化し続けてきた成果だと語った。(敦煌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081006013

  • 2021年08月10日
    (1)生態保護強化で敦煌鳴沙山の「鳴き砂」が復活甘粛省

    8月6日、敦煌市鳴沙山の砂丘。中国の砂漠化対策の貢献者の1人、中国科学院西北生態環境資源研究院敦煌ゴビ砂漠研究ステーションの屈建軍(くつ・けんぐん)研究員は、甘粛省敦煌市鳴沙山の鳴き砂現象の継続的な調査を基に、鳴き砂群が鳴沙山全域に分布していることを発見し、砂の「鳴き声」を復活させた。屈氏は、中国が長年にわたり生態環境の保護を強化し続けてきた成果だと語った。(敦煌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081005985

  • 2021年08月10日
    (9)生態保護強化で敦煌鳴沙山の「鳴き砂」が復活甘粛省

    6日、敦煌市の鳴沙山月牙泉風景区で遊ぶ観光客。中国の砂漠化対策の貢献者の1人、中国科学院西北生態環境資源研究院敦煌ゴビ砂漠研究ステーションの屈建軍(くつ・けんぐん)研究員は、甘粛省敦煌市鳴沙山の鳴き砂現象の継続的な調査を基に、鳴き砂群が鳴沙山全域に分布していることを発見し、砂の「鳴き声」を復活させた。屈氏は、中国が長年にわたり生態環境の保護を強化し続けてきた成果だと語った。(敦煌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081005999

  • 2021年08月10日
    (4)生態保護強化で敦煌鳴沙山の「鳴き砂」が復活甘粛省

    敦煌市の鳴沙山月牙泉風景区の専用エリアで砂滑りを楽しむ観光客。(2019年8月8日撮影)中国の砂漠化対策の貢献者の1人、中国科学院西北生態環境資源研究院敦煌ゴビ砂漠研究ステーションの屈建軍(くつ・けんぐん)研究員は、甘粛省敦煌市鳴沙山の鳴き砂現象の継続的な調査を基に、鳴き砂群が鳴沙山全域に分布していることを発見し、砂の「鳴き声」を復活させた。屈氏は、中国が長年にわたり生態環境の保護を強化し続けてきた成果だと語った。(敦煌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081006025

  • 2021年08月10日
    (5)生態保護強化で敦煌鳴沙山の「鳴き砂」が復活甘粛省

    敦煌市の鳴沙山月牙泉風景区でラクダに乗る観光客。(2019年8月8日撮影)中国の砂漠化対策の貢献者の1人、中国科学院西北生態環境資源研究院敦煌ゴビ砂漠研究ステーションの屈建軍(くつ・けんぐん)研究員は、甘粛省敦煌市鳴沙山の鳴き砂現象の継続的な調査を基に、鳴き砂群が鳴沙山全域に分布していることを発見し、砂の「鳴き声」を復活させた。屈氏は、中国が長年にわたり生態環境の保護を強化し続けてきた成果だと語った。(敦煌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081006029

  • 1