KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 計画
  • えい
  • インターネットラジオ番組
  • コンバージェンス
  • トレーニング
  • ドキュメンタリー番組
  • ナレーション
  • 仕事

「泰和県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
53
( 1 53 件を表示)
  • 1
53
( 1 53 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月26日
    アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    アナウンサー養成クラスで、楊虹さんにアナウンスのトレーニングをする王穎さん(左)。楊さんは王穎さんから、こうした専門トレーニングを2年間受けた。(2018年9月26日撮影)中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052811003

  •  「新華社」新春に無形文化財「泰和蝦蚣灯」を鑑賞江西省泰和県
    04:27.43
    2019年02月13日
    「新華社」新春に無形文化財「泰和蝦蚣灯」を鑑賞江西省泰和県

    泰和蝦蚣灯(たいわかこうとう)は中国江西省吉安(きつあん)市泰和県螺渓(らけい)鎮舎渓(しゃけい)村一帯に伝わる民間工芸の飾り灯籠で、蝦蚣(大きな蝦)がハス池を泳ぎ、跳ね、追いかけ、遊ぶ姿などを、しなやかで美しく、色鮮やかに生き生きと表現しており、優れた芸術性と観賞性を備えている。その制作技術は精巧かつ独特で、形が美しく、独自の特徴を持っており、切り紙細工や彫刻、絵画、表装など、さまざまな芸術的要素を含む総合的な作品となっている。蝦蚣灯は青と緑の2匹の大きな蝦の形をした灯籠で構成される。それぞれの蝦の灯籠は3人の若くて元気な男性演者が持ち上げて舞を踊る。演者は「胴体の中間が高い時は頭と尾を下げ、中間部が低い時は頭と尾を上げる。3人は歩調をそろえ、両手を合わせて揺らす」という芸のコツに習熟していなければならない。蝦蚣灯の舞踊が上演される時には、伝統楽器による伴奏が奏でられる。そのメロディーは起伏が大きく、リズムも変化に富んでおり、蝦蚣灯の舞踊の陽気で躍動的な雰囲気を盛り上げる。蝦蚣灯の制作技術は精巧かつ独特だ。蝦蚣灯は長くて太く、胴体は直径約40センチの竹の輪を100余り並べ、長さ3メートル余り、幅5センチの竹片に通し、縄でこれらの竹の輪を結んで、蝦の胴体が柔軟に曲がるように作られている。蝦の胴体の内部には灯りが付けられ、夜に上演される時には、2匹の大きな蝦が暗闇の中で幻想的な輝きを放つようになっている。(記者/黄和遜)<映像内容>無形文化財「泰和蝦蚣灯」の舞踊の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310220

  •  元宵節を前に竜舞を披露
    2019年02月16日
    元宵節を前に竜舞を披露

    16日、竜舞を披露する華蓋山村の村民。中国江西省吉安市泰和県の華蓋山村で元宵節(旧暦1月15日)を控えた16日、村民らが竜舞を披露した。(吉安=新華社配信/鄧和平)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800510

  •  元宵節を前に竜舞を披露
    2019年02月16日
    元宵節を前に竜舞を披露

    16日、小型無人機から撮影した竜舞。中国江西省吉安市泰和県の華蓋山村で元宵節(旧暦1月15日)を控えた16日、村民らが竜舞を披露した。(吉安=新華社配信/鄧和平)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800574

  •  元宵節を前に竜舞を披露
    2019年02月16日
    元宵節を前に竜舞を披露

    16日、竜舞を披露する華蓋山村の村民。中国江西省吉安市泰和県の華蓋山村で元宵節(旧暦1月15日)を控えた16日、村民らが竜舞を披露した。(吉安=新華社配信/鄧和平)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800487

  •  「新華社」数十万のシラサギが「定住」江西省泰和県
    02:00.66
    2019年07月04日
    「新華社」数十万のシラサギが「定住」江西省泰和県

    中国の井岡山麓に位置する江西省泰和県は植生が茂り、農村の至る所に湖や池があり、数十万羽のシラサギが生息している。同県澄江鎮桂花村では、1本の川が蛇行しながら、美しい湾曲を作り出している。ここではさまざまな針葉樹や広葉樹が豊かな森林を形成しており、毎年数千羽のシラサギが住み着き、子育てを行っている。シラサギの群れは大空を旋回したり、静かに枝に止まって羽を休めたりしている。また、小さなシラサギたちは梢の上でじゃれ合いながら、まだ生えそろっていない羽をバタバタさせて飛びたがっている。カメラマンのレンズを通して、シラサギの一挙手一投足が、一枚一枚の優れた芸術写真となっている。泰和県は近年、「緑水青山こそが金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」という理念をしっかりと確立し、生態環境管理プロジェクトを全面的に実施。山林の管理や植樹造林など一連の生態環境の構築に注力し、森林率は67%に達している。美しい生態環境がシラサギの大群を呼び込み、繁殖のために生息するようになった。(記者/黄和遜)<映像内容>数十万羽のシラサギのいる風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405271

  •  「新華社」珍しい「双頭蓮」が開花江西省泰和県
    01:33.31
    2019年07月08日
    「新華社」珍しい「双頭蓮」が開花江西省泰和県

    中国江西省泰和県上田村にあるハス池でこのほど、一人の写真愛好家がハスの花を撮影した際に、1本の茎に二つの花がついたハス「双頭蓮(そうとうれん)」を発見し、開花期間中、10日余りにわたって、蕾(つぼみ)から花が散るまでの全過程を撮影した。「双頭蓮」はハスの中でも非常に珍しく、めったに見ることができないとされており、発生率は10万分の1だと言われる。古代文学作品では愛情のシンボルとされ、夫婦の仲の良さや円満な幸福を表している。(記者/余剛)<映像内容>1本の茎に二つの花がついたハス「双頭蓮」発見の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070900126

  •  「新華社」井岡山の山麓を舞う30万羽のシラサギ江西省
    00:49.51
    2019年07月09日
    「新華社」井岡山の山麓を舞う30万羽のシラサギ江西省

    井岡山(せいこうざん)の麓に位置する中国江西省泰和県は、森林率が67%に達し、その良好な生態環境から30万羽以上のシラサギが山中に定住している。同県郊外の桂花村では、湾曲した川の周りに広がる松林に数千羽のシラサギが巣を作り、子育てに精を出している。現地の大勢の写真愛好家は、白い「精霊」たちが枝の先でじゃれ合ったり、白い雲の間に飛んでいく様子をカメラに収めた。(記者/余剛)<映像内容>井岡山のシラサギの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※画質が良くありません。

    商品コード: 2019070903590

  •  「新華社」江西省泰和県で希少な「金のなる木」の群落を発見
    02:06.18
    2019年07月23日
    「新華社」江西省泰和県で希少な「金のなる木」の群落を発見

    青銭柳(セイセンリュウ、キクロカルヤ・パリウルス)は、中国固有の希少樹木の一種で、国家二級保護樹木に指定されている。「植物界のパンダ」とも言われ、花実がまるで木にぶら下がった古代の銅銭の束のように見えることから、人々は「金のなる木」と呼んでいる。江西省泰和県の林業関係者はこのほど、全国森林資源調査を行った際に同県の森林で珍しい青銭柳の群落を発見した。これらの青銭柳は、同県の水槎郷にある天湖山で発見された。樹高は高く真っ直ぐに伸び、そのうち10本余りが10メートル以内に集中していた。今はまさに開花期を迎え、萌黄色の小さな花が風に揺れる姿は、まさに銅銭の束が枝の上で揺れているかのようだ。林業局の職員によると、青銭柳の開花期は3カ月ほどで、10月になるとこれらの花は黄色の果実へと変わるため、よりいっそう古代の銅銭のように見えるという。これまでに発見された野生の青銭柳は、標高の高い山にまばらに分布していることが多く、このように密集した群落はかなり珍しい。同職員によると、発見された10本余りの木の樹齢を鑑定し、保護対象リストに登録した上で、看板を立てて保護を行っていくという。(記者/余剛)<映像内容>青銭柳の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072408492

  •  「新華社」まるで五線譜電線で「夜を過ごす」1万羽のツバメ江西省泰和県
    01:29.23
    2019年07月29日
    「新華社」まるで五線譜電線で「夜を過ごす」1万羽のツバメ江西省泰和県

    中国江西省泰和(たいわ)県冠朝(かんちょう)鎮では、夜になるといつも1万羽に上るツバメが町の上空を旋回し、最終的には電線に止まって群れで夜を過ごす、独特な風景を生み出している。ツバメは主に、蚊やハエなどの昆虫を主食としている。人が集まる場所には比較的多くの蚊やハエが存在するため、これがツバメが街頭で「野宿」をする要因の一つとなっている。この「珍しい情景」はすでに2カ月間続いており、とりわけ晴天で蒸し暑い日の夕暮れには、ツバメは明け方まで電線に止まり続け羽を休めた後、飛び立っていく。(記者/余剛)<映像内容>電線に止まる1万羽のツバメ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072904591

  •  「新華社」春告げる菜の花江西省泰和県
    01:02.46
    2020年02月22日
    「新華社」春告げる菜の花江西省泰和県

    中国江西省吉安市泰和県で、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたり植えられた菜の花が緑から黄金色に変わった。見渡す限りの花畑は金色の海のようだ。(記者/余剛)<映像内容>菜の花畑の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022603068

  •  春の農作業に取り組む中国各地の農家
    2020年02月24日
    春の農作業に取り組む中国各地の農家

    24日、江西省吉安市泰和県澄江鎮南門村の畑で農作業に取り組む野菜農家。(小型無人機から)早春を迎えた中国各地では気温が上がり、各農家が忙しく農作業に励んでいる。(吉安=新華社配信/鄧和平)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022704985

  •  「新華社」絵の具を盛ったパレットのような春景色江西省
    00:45.55
    2020年03月16日
    「新華社」絵の具を盛ったパレットのような春景色江西省

    中国江西省吉安市泰和県の馬市鎮ではこのほど、菜の花が一面に満開となった。緑の畑に菜の花の黄色が入り混じり、空の青さを溶かし込んだような水面、民家の赤い屋根とともに、色彩豊かな田舎の風景を生み出している。(記者/姚子雲)<映像内容>馬市鎮の空撮、菜の花畑の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032303310

  •  「新華社」コサギの群れが巣作り江西省泰和県
    01:39.81
    2020年04月15日
    「新華社」コサギの群れが巣作り江西省泰和県

    中国江西省吉安市泰和県沿渓鎮源塘村にこのほど、千羽以上のコサギが飛来し、巣作りを開始した。同村のコサギ生息地には複数種の針葉樹や広葉樹があり、毎年数千羽が営巣する。泰和県はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山」(豊かな自然には金銀同様の価値がある)との確固たる理念の下、大規模な植樹や造林を実施することで森林被覆率を67%まで引き上げた。地元の林業部門の統計によると、2019年に同県内の山林で確認されたサギはコサギ、アオサギ、クロサギなど計30万羽以上に達した。(記者/黄和遜)<映像内容>コサギの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003570

  •  「新華社」野生ツツジ、武山で満開を迎える江西省泰和県
    02:18.88
    2020年04月23日
    「新華社」野生ツツジ、武山で満開を迎える江西省泰和県

    ツツジが見頃を迎えるこの時期、中国江西省吉安市泰和県の武山でも野生のツツジが満開を迎え、太陽の下で咲き誇っている。武山は世界的に稀少な鳥類「泰和ウコッケイ」の原産地でもあり、青々とした木々が生い茂る植生豊かな山。見渡す限りに広がるツツジは、断崖絶壁に根を下ろして成長し、緑の茂みの中で満開となって、山の斜面を染め上げている。春の陽気に誘われるように、長く家で過ごしていた人たちが続々と武山を訪れ、高所から遠くを眺めたり、花をめでながら山道を散策している。(記者/黄和遜)<映像内容>満開のツツジ、見物する人たちの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042803217

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:40.19
    2020年06月06日
    「新華社」連日の豪雨で贛江の水位上昇、事前放流を実施江西省

    中国江西省では連日の豪雨により、同省最大の河川、贛江(かんこう)と支流の多くで水位が上昇し、川沿いのいくつかの村で低地が冠水した。同省防汛抗旱指揮部(洪水干ばつ対策本部)の統一的な計画の下、贛江の泰和県区間にある石虎塘河川航路・発電ターミナルが事前放流を実施してダムの水位を下げ、貯水量を確保して決壊を防いだ。(記者/黄和遜)<映像内容>豪雨による決壊を防ぐため贛江のダムで事前放流を実施、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102858

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    豪雨災害の最前線で住民の命を守る救助隊員江西省

    10日未明、江西省吉安市泰和県澄江鎮黄岡村で、救命胴衣を着せた少女を背負う消防隊員の劉順(りゅう・じゅん)さん。少女は劉さんの背中で安心して眠っている。中国江西省の各地は7月に入って以来、長引く豪雨や河川の増水、洪水に相次いで見舞われた。時間との闘いの中、濁流にもまれながら懸命の救助を行った救助隊員は、数々の心温まるシーンを生み出した。(南昌=新華社配信/謝子洋)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071408959

  •  「新華社」農村を鮮やかに彩る満開の菜の花江西省泰和県
    00:54.40
    2021年02月22日
    「新華社」農村を鮮やかに彩る満開の菜の花江西省泰和県

    農作業の準備を始める目安とされる二十四節気の「雨水(うすい)」が過ぎ、中国江西省吉安市泰和県の農村では菜の花が満開となった。緑色の野山に鮮やかな黄色の菜の花が彩を添え、大勢の観光客を魅了している。(記者/余剛)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022400742

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月26日
    (12)アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    13日、自身の言語感覚を養うため、自宅で点字書籍を読む楊虹さん。中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052608749

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月26日
    (13)アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    13日、江西省の泰和県融媒体センターで、インターネットラジオ番組の司会を務める王穎さん(右)と楊虹さん。中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052608815

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月26日
    (15)アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    江西省の泰和県融媒体センターで、インターネットラジオ番組の司会を務める楊虹さん。(2018年9月26日撮影)中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052608820

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月26日
    (1)アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    朝、自宅のベランダで発声練習をする楊虹さん。(2018年9月26日撮影、小型無人機から)中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052608811

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月26日
    (10)アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    13日、吉安市泰和県の公園で楊虹さんの発声練習に付き添う王穎さん(右)。中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052608819

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月26日
    (16)アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    13日、楊虹さんと外出し自撮りをする王穎さん(右)。中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052608784

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月26日
    (6)アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    13日、吉安市泰和県の公園で楊虹さんの発声練習に付き添う王穎さん(左)。中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052608812

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月26日
    (5)アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    アナウンサー養成クラスで、クラスメートとアナウンスのトレーニングを受ける楊虹さん(中央)。楊さんは王穎さんから、こうした専門トレーニングを2年間受けた。(2018年9月26日撮影)中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052608813

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月26日
    (14)アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    13日、吉安市泰和県の公園で楊虹さんと散歩する王穎さん(左)。中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052608816

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月26日
    (4)アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    13日、江西省の泰和県融媒体センターで、王穎さん(右)から化粧を教わり、新たな楽しみを体験する楊虹さん。中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052608718

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月26日
    (9)アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    自宅で視覚障害者用の音声携帯電話を使い、アナウンス資料を聞く楊虹さん。(2018年9月25日撮影)中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052608818

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月26日
    (2)アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    13日、自宅でオーディオブックを収録する楊虹さん。中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052608683

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月26日
    (3)アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    13日、自宅でオーディオブックを収録する楊虹さん。点字音声変換装置で収録する小説の内容を素早く認識できる。中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052608686

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月26日
    (8)アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    13日、江西省の泰和県融媒体センターで、インターネットラジオ番組の司会を務める王穎さん(奥)と楊虹さん。中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052608814

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月26日
    (11)アナウンサーの夢をかなえた視覚障害の女性江西省泰和県

    13日、楊虹さんが録音しやすくなるよう、録音ボックスの位置調整を手伝う王穎さん(右)。中国江西省吉安市泰和県出身で生まれつき視覚障害がある楊虹(よう・こう)さん(23)は、同省南昌市の盲学校を卒業後、故郷に戻って視覚障害者のマッサージ治療院で働いていた。仕事の合間に休憩室で一人ラジオを聞くのが好きだった楊さんは、徐々にラジオアナウンサーに強い興味を抱くようになり、いつか夢を実現したいと発声練習や文章の朗読の練習を始めた。偶然の巡り合わせで、楊さんは泰和県融媒体(コンバージェンス・メディア)センターのアナウンサー、王穎(おう・えい)さんと知り合った。王さんは楊さんに、体系的で専門的なトレーニングを無償サポートすることを決めたほか、インターネットラジオ番組のゲストアナウンサーに招待した。こうして楊さんは夢への一歩を踏み出した。楊さんは昨年、治療院を退職し、インターネットでオーディオブック収録の仕事を始めた。王さんは楊さんの選択を応援し、一緒に役柄を分析したり役作りについて話し合ったりした。そのかいあって楊さんはすぐに収録の仕事に慣れ、現在はドキュメンタリー番組や広告のナレーションへの挑戦を計画している。(泰和=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052608817

  •  教師と児童が手作りの笛を演奏 山あいの学校に響く音色
    01:17.58
    2021年07月05日
    教師と児童が手作りの笛を演奏 山あいの学校に響く音色

    【新華社南昌7月5日】中国江西省吉安市泰和県の水槎郷中心小学校では、軽やかな笛の音が響き渡っている。同校は県内で最も山深い場所に位置しており、周囲には多くの竹がある。「90後」(1990年代生まれ)の音楽教師、肖恵文(しょう・けいぶん)さんは、児童らが音楽の知識を身に付けられるよう、授業で竹笛の作り方と演奏方法を教えている。(記者/余剛)= 配信日: 2021(令和3)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070613213

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.06
    2021年08月16日
    「新華社」希少な猛禽類カザノワシを保護江西省

    中国江西省吉安市泰和県上模郷の村民がこのほど、傷ついた鳥が渓流に落ちているのを見つけ救助し、地元の公安局森林派出所に届けた。鳥は林業従事者によりタカ科の猛禽類カザノワシの幼鳥と確認された。林業部門の職員は、繁殖環境に対する要求が比較的高いカザノワシが同県山間部で見つかったことで、地元針広混交林の生態環境が比較的良好だと証明されたと語った。野生動物保護ステーションは、専門家を招いてカザノワシを治療し、出来るだけ早く野生復帰させたいとしている。(記者/黄和遜) =配信日: 2021(令和3)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081607460

  •  (1)中国各地で秋の収穫真っ盛り
    2021年10月19日
    (1)中国各地で秋の収穫真っ盛り

    17日、江西省吉安市泰和県塘洲鎮河江村の田んぼで、農機を使って稲を刈り取る作業員。本格的な秋が到来し、中国各地では穀物の収穫が最盛期を迎えている。(泰和=新華社配信/鄧和平)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911421

  •  「新華社」村の決まりによって育まれた千年のクスノキの森江西省
    01:10.24
    2022年03月12日
    「新華社」村の決まりによって育まれた千年のクスノキの森江西省

    3月のうららかな日差しの下、中国江西省吉安市泰和県塘洲鎮の贛江(かんこう)のほとりにある金灘村で、住民の康昭訓(こう・しょうくん)さん(78)がクスノキの苗木を植える作業を終え、約千年の時を刻んだクスノキの隣にもう1本若いクスノキが加わった。「植えるべし、切るべからず」は、この村の先祖が定めた一族の決まりであり、子孫は千年もの間これを守ってきた。村の康氏一族の歴史を記した族譜には、北宋(960~1127年)年間に康氏の祖先が金灘村を築き、土壌侵食を防ぐため、贛江の土手にクスノキを植えたと記載されている。村には現在、300ムー(20ヘクタール)近いクスノキの古木の森が広がる。毎年春になると、村の人々は誰に言われるでもなく森へ植樹にやって来る。村では1980年代には村民が交代で森林保護員を務め、木を1本切り倒したら10本植えるという仕組みが出来上がっていた。2002年、泰和県林業局は金灘村のクスノキ古木の森を県の保護対象に指定し、樹齢50年以上の木はプレートを付けて保護するようになった。今では、金灘の森は地元の人々の憩いの場となっており、休日には多くの観光客が訪れる。康さんは「私たちは子々孫々、このクスノキの森を守っていく」と語った。(記者/余剛) =配信日: 2022(令和4)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031408437

  •  (3)村の決まりによって育まれた千年のクスノキの森江西省
    2022年03月12日
    (3)村の決まりによって育まれた千年のクスノキの森江西省

    9日、金灘村のクスノキ古木の森。(小型無人機から)3月のうららかな日差しの下、中国江西省吉安市泰和県塘洲鎮の贛江(かんこう)のほとりにある金灘村で、住民の康昭訓(こう・しょうくん)さん(78)がクスノキの苗木を植える作業を終え、約千年の時を刻んだクスノキの隣にもう1本若いクスノキが加わった。「植えるべし、切るべからず」は、この村の先祖が定めた一族の決まりであり、子孫は千年もの間これを守ってきた。村の康氏一族の歴史を記した族譜には、北宋(960~1127年)年間に康氏の祖先が金灘村を築き、土壌侵食を防ぐため、贛江の土手にクスノキを植えたと記載されている。村には現在、300ムー(20ヘクタール)近いクスノキの古木の森が広がる。毎年春になると、村の人々は誰に言われるでもなく森へ植樹にやって来る。(南昌=新華社記者/余剛)= 配信日: 2022(令和4)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031408435

  •  (1)村の決まりによって育まれた千年のクスノキの森江西省
    2022年03月12日
    (1)村の決まりによって育まれた千年のクスノキの森江西省

    10日、金灘村のクスノキ古木の森で村民と一緒に植樹する康昭訓さん(中央)。3月のうららかな日差しの下、中国江西省吉安市泰和県塘洲鎮の贛江(かんこう)のほとりにある金灘村で、住民の康昭訓(こう・しょうくん)さん(78)がクスノキの苗木を植える作業を終え、約千年の時を刻んだクスノキの隣にもう1本若いクスノキが加わった。「植えるべし、切るべからず」は、この村の先祖が定めた一族の決まりであり、子孫は千年もの間これを守ってきた。村の康氏一族の歴史を記した族譜には、北宋(960~1127年)年間に康氏の祖先が金灘村を築き、土壌侵食を防ぐため、贛江の土手にクスノキを植えたと記載されている。村には現在、300ムー(20ヘクタール)近いクスノキの古木の森が広がる。毎年春になると、村の人々は誰に言われるでもなく森へ植樹にやって来る。(南昌=新華社記者/余剛)= 配信日: 2022(令和4)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031408445

  •  (5)村の決まりによって育まれた千年のクスノキの森江西省
    2022年03月12日
    (5)村の決まりによって育まれた千年のクスノキの森江西省

    クスノキの森で遊ぶ子どもたち。(資料写真)3月のうららかな日差しの下、中国江西省吉安市泰和県塘洲鎮の贛江(かんこう)のほとりにある金灘村で、住民の康昭訓(こう・しょうくん)さん(78)がクスノキの苗木を植える作業を終え、約千年の時を刻んだクスノキの隣にもう1本若いクスノキが加わった。「植えるべし、切るべからず」は、この村の先祖が定めた一族の決まりであり、子孫は千年もの間これを守ってきた。村の康氏一族の歴史を記した族譜には、北宋(960~1127年)年間に康氏の祖先が金灘村を築き、土壌侵食を防ぐため、贛江の土手にクスノキを植えたと記載されている。村には現在、300ムー(20ヘクタール)近いクスノキの古木の森が広がる。毎年春になると、村の人々は誰に言われるでもなく森へ植樹にやって来る。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031408449

  •  (2)村の決まりによって育まれた千年のクスノキの森江西省
    2022年03月12日
    (2)村の決まりによって育まれた千年のクスノキの森江西省

    10日、一族の決まりを見せる康昭訓さん。3月のうららかな日差しの下、中国江西省吉安市泰和県塘洲鎮の贛江(かんこう)のほとりにある金灘村で、住民の康昭訓(こう・しょうくん)さん(78)がクスノキの苗木を植える作業を終え、約千年の時を刻んだクスノキの隣にもう1本若いクスノキが加わった。「植えるべし、切るべからず」は、この村の先祖が定めた一族の決まりであり、子孫は千年もの間これを守ってきた。村の康氏一族の歴史を記した族譜には、北宋(960~1127年)年間に康氏の祖先が金灘村を築き、土壌侵食を防ぐため、贛江の土手にクスノキを植えたと記載されている。村には現在、300ムー(20ヘクタール)近いクスノキの古木の森が広がる。毎年春になると、村の人々は誰に言われるでもなく森へ植樹にやって来る。(南昌=新華社記者/余剛)= 配信日: 2022(令和4)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031408436

  •  (4)村の決まりによって育まれた千年のクスノキの森江西省
    2022年03月12日
    (4)村の決まりによって育まれた千年のクスノキの森江西省

    春を迎えた金灘村のクスノキ古木の森。(資料写真)3月のうららかな日差しの下、中国江西省吉安市泰和県塘洲鎮の贛江(かんこう)のほとりにある金灘村で、住民の康昭訓(こう・しょうくん)さん(78)がクスノキの苗木を植える作業を終え、約千年の時を刻んだクスノキの隣にもう1本若いクスノキが加わった。「植えるべし、切るべからず」は、この村の先祖が定めた一族の決まりであり、子孫は千年もの間これを守ってきた。村の康氏一族の歴史を記した族譜には、北宋(960~1127年)年間に康氏の祖先が金灘村を築き、土壌侵食を防ぐため、贛江の土手にクスノキを植えたと記載されている。村には現在、300ムー(20ヘクタール)近いクスノキの古木の森が広がる。毎年春になると、村の人々は誰に言われるでもなく森へ植樹にやって来る。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031408434

  •  (4)春めく大地、中国各地で耕作に励む農家
    2022年03月22日
    (4)春めく大地、中国各地で耕作に励む農家

    20日、江西省吉安市泰和県澄江鎮南門村で、野菜の苗を管理する農家の人。(小型無人機から)二十四節気の「春分」を迎え、中国各地の畑では農家が耕作作業に精を出す姿が見られた。(吉安=新華社配信/鄧和平)= 配信日: 2022(令和4)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032203201

  •  (1)農業産業の発展で農村振興を後押し江西省吉安市
    2022年03月28日
    (1)農業産業の発展で農村振興を後押し江西省吉安市

    22日、江西省吉安市泰和県馬市鎮甘露村の高山黄金茶基地で、黄金茶を摘む農家の人たち。中国江西省吉安市泰和県はここ数年、貧困脱却と農村振興を効果的に結び付け、黄金茶、ユリなどの特色ある農業産業の発展と「一村一品」基地の形成に取り組むことで、農村振興を後押ししている。(吉安=新華社配信/鄧和平)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903776

  •  (6)農業産業の発展で農村振興を後押し江西省吉安市
    2022年03月28日
    (6)農業産業の発展で農村振興を後押し江西省吉安市

    22日、収穫した茶葉を平らにならして乾かす製茶工場の従業員。中国江西省吉安市泰和県はここ数年、貧困脱却と農村振興を効果的に結び付け、黄金茶、ユリなどの特色ある農業産業の発展と「一村一品」基地の形成に取り組むことで、農村振興を後押ししている。(吉安=新華社配信/鄧和平)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903767

  •  (7)農業産業の発展で農村振興を後押し江西省吉安市
    2022年03月28日
    (7)農業産業の発展で農村振興を後押し江西省吉安市

    22日、収穫した茶葉を乾かす製茶工場の従業員。中国江西省吉安市泰和県はここ数年、貧困脱却と農村振興を効果的に結び付け、黄金茶、ユリなどの特色ある農業産業の発展と「一村一品」基地の形成に取り組むことで、農村振興を後押ししている。(吉安=新華社配信/鄧和平)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903775

  •  (4)農業産業の発展で農村振興を後押し江西省吉安市
    2022年03月28日
    (4)農業産業の発展で農村振興を後押し江西省吉安市

    22日、空から見ると大地の指紋のように見える茶畑。中国江西省吉安市泰和県はここ数年、貧困脱却と農村振興を効果的に結び付け、黄金茶、ユリなどの特色ある農業産業の発展と「一村一品」基地の形成に取り組むことで、農村振興を後押ししている。(吉安=新華社配信/鄧和平)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903770

  •  (2)農業産業の発展で農村振興を後押し江西省吉安市
    2022年03月28日
    (2)農業産業の発展で農村振興を後押し江西省吉安市

    22日、江西省吉安市泰和県馬市鎮甘露村の高山黄金茶基地で、黄金茶を摘む農家の人たち。中国江西省吉安市泰和県はここ数年、貧困脱却と農村振興を効果的に結び付け、黄金茶、ユリなどの特色ある農業産業の発展と「一村一品」基地の形成に取り組むことで、農村振興を後押ししている。(吉安=新華社配信/鄧和平)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903768

  •  (5)農業産業の発展で農村振興を後押し江西省吉安市
    2022年03月28日
    (5)農業産業の発展で農村振興を後押し江西省吉安市

    22日、空から見ると大地の指紋のように見える茶畑。中国江西省吉安市泰和県はここ数年、貧困脱却と農村振興を効果的に結び付け、黄金茶、ユリなどの特色ある農業産業の発展と「一村一品」基地の形成に取り組むことで、農村振興を後押ししている。(吉安=新華社配信/鄧和平)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903766

  •  (3)農業産業の発展で農村振興を後押し江西省吉安市
    2022年03月28日
    (3)農業産業の発展で農村振興を後押し江西省吉安市

    22日、空から見ると大地の指紋のように見える茶畑。中国江西省吉安市泰和県はここ数年、貧困脱却と農村振興を効果的に結び付け、黄金茶、ユリなどの特色ある農業産業の発展と「一村一品」基地の形成に取り組むことで、農村振興を後押ししている。(吉安=新華社配信/鄧和平)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903769

  •  (8)中国に春の耕作シーズン到来農作業にいそしむ人々
    2022年04月15日
    (8)中国に春の耕作シーズン到来農作業にいそしむ人々

    12日、江西省吉安市泰和県沿渓鎮倉岭村で、田植え機に苗を積み込む農家の人。中国では各地で気温が上がり、春の耕作シーズを迎えた。北から南に至る広大な大地に、農作業にいそしむ人々の姿がみられる。(吉安=新華社配信/鄧和平)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041510763

  •  「新華社」サギのひなを育む緑豊かな山河江西省泰和県
    00:50.66
    2022年06月06日
    「新華社」サギのひなを育む緑豊かな山河江西省泰和県

    中国江西省吉安市泰和県は森林率が67%に達しており、緑豊かな山林が広がり、農村の至る所に湖や池がある。県内では毎年30万羽以上のコサギが繁殖・生息しているほか、アオサギ、ゴイサギ、アマサギなども数多くすみ着いている。(記者/陳毓珊) =配信日: 2022(令和4)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060607192

  •  (12)春到来、中国各地で農作業に励む人々
    2023年03月02日
    (12)春到来、中国各地で農作業に励む人々

    2月27日、江西省吉安市泰和県沿渓鎮草坪村の畑を整地する大型トラクター。(小型無人機から)気温上昇に伴い、中国各地で春の農作業が始まった。畑では土づくりに励む人々の姿が見られる。(吉安=新華社配信/鄧和平)= 配信日: 2023(令和5)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023030212462

  • 1