KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 泰山基地
  • 令和
  • 記者
  • 平成
  • 位置
  • 石碑
  • 保存
  • 千年
  • 景観
  • 建設

「泰山」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
354
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
354
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Sword Guard, 1740-1829. Sekijoken Taizan Motozane (Japanese, 1740-1829). Iron;

    Sword Guard, 1740-1829. Sekijoken Taizan Motozane (Japanese, 1740-1829). Iron; overall: 6.8 x 7.4 cm (2 11/16 x 2 15/16 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101610396

  • -
    ? ??? ????? ? ??, The Strange Pines of Mount Tiantai, Qing dynasty (16441911), dated 1687, China,

    ? ??? ????? ? ??, The Strange Pines of Mount Tiantai, Qing dynasty (16441911), dated 1687, China, Hanging scroll; ink on paper, Image: 66 7/8 x 30 in. (169.9 x 76.2 cm), Paintings, Dai Benxiao (Chinese, 16211693), A refuge since its discovery in the fourth century, Mount Tiantai is a legendary dwelling place of Buddhist holy men; its natural stone bridge is a fabled point of connection between this world and the paradise of the immortals.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022042310114

  • -
    The Kangxi Emperor‘s Southern Inspection Tour, Scroll Three: Ji‘nan to Mount Tai, ?, ?? ?, ?????, (??: ?????), ?,

    The Kangxi Emperor‘s Southern Inspection Tour, Scroll Three: Ji‘nan to Mount Tai, ?, ?? ?, ?????, (??: ?????), ?, Qing dynasty (16441911), datable to 1698, China, Handscroll; ink and color on silk, Image: 26 3/4 in. x 45 ft. 8 3/4 in. (67.9 x 1393.8 cm), Paintings, Wang Hui (Chinese, 16321717) and assistants, In 1689 the Kangxi emperor (r. 1662??1722), a Manchu whose forebears had conquered China in 1644, made a grand tour to consolidate his authority over southern China. The renowned landscapist Wang Hui was commissioned to record the journey in a series of twelve oversize handscrolls.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022042106256

  • 1963年09月08日
    (ひろかわ・たいぞう) 広川泰三

    大相撲、小結、本名・山村泰三、所属部屋・高島→吉葉山→宮城野、四股名・山村→泰山→旺葉山→廣川、年寄名・押尾川→東関→宮城野=1963(昭和38)年9月8日撮影(廣川泰三)

    商品コード: 2007030800056

  • 1972年04月30日
    スケッチ企画6145B−37 九谷焼の初代武藤泰山の飾皿

    九谷焼の名工、初代武藤泰山の飾皿=1972(昭和47)年4月、石川県寺井町

    商品コード: 2018040700378

  • 1976年01月13日
    (ひろかわ・たいぞう) 廣川泰三

    大相撲、小結、本名・山村泰三、所属部屋・高島→吉葉山→宮城野、四股名・山村→泰山→旺葉山→廣川、年寄名・押尾川→東関→宮城野=1976(昭和51)年1月13日撮影(広川泰三)

    商品コード: 2008010800134

  • 1980年02月28日
    「石臼をひく姉妹」 中国・山東省の旅から −歴史と、貧しさと、近代化と−

    大きな石臼でトウモロコシをひく姉妹。泰山(1545メートル)の頂上を極めるには7421段の石段を一歩一歩登る。あちらこちらに新旧の石碑、中には毛沢東語録も(共同)

    商品コード: 2015111100182

  • 1980年02月28日
    石臼をひく姉妹 中国・山東省の旅から

    大きな石臼でトウモロコシをひく姉妹。泰山(1545メートル)の頂上を極めるには7421段の石段を一歩一歩登る。あちらこちらに新旧の石碑、中には毛沢東語録も=1980(昭和55)年2月28日出稿(共同)

    商品コード: 2015091100554

  • 1981年10月29日
    胡主席演説で泰山人気

    登れ登れ!泰山へ-泰山の頂上の旅館で使う食料や燃料を運び上げる青年労働者たち(共同)

    商品コード: 2016022400454

  • 1982年12月24日
    廣川泰三

    廣川泰三、大相撲、ひろかわ・たいぞう、広川泰三、死去・1989年6月19日、本名・山村泰三、高嶋部屋→吉葉山道場→宮城野部屋、四股名・山村泰三・泰山、旺葉山、廣川泰三、東小結、年寄名・押尾川泰三・東関泰三・宮城野泰孝=1982(昭和57)年12月24日

    商品コード: 1983012000065

  • 1983年01月14日
    (ひろかわ・たいぞう) 広川泰三

    大相撲、本名・山村泰三、高島、吉葉山、宮城野部屋、四股名・山村、泰山、旺葉山、廣川、年寄名・押尾川、東関、宮城野、1982年12月24日撮影

    商品コード: 2004033000135

  • 1986年09月02日
    廣川泰三

    廣川泰三、大相撲、ひろかわ・たいぞう、広川泰三、死去・1989年6月19日、本名・山村泰三、高嶋部屋、吉葉山道場、宮城野部屋、四股名・山村泰三・泰山・旺葉山・廣川泰三、東小結、年寄名・押尾川泰三・東関泰三・宮城野泰孝=1986(昭和61)年9月2日

    商品コード: 1986092000050

  • 1990年07月12日
    (きょくごうざん・かずやす) 旭豪山和泰

    大相撲、本名・木村泰山、大島部屋、四股名・木村川、旭泰山、旭豪山、1990(平成2)年4月29日撮影

    商品コード: 2003052300071

  • 1997年10月29日
    江上泰山さん

    金閣寺初の夜の特別拝観に踏み切った執事長、江上泰山(えがみ・たいざん)さん

    商品コード: 1997102900040

  • 1999年10月13日

    「カラー」◎藤井泰山(ふじい・たいざん)、プロゴルファー、ゴルフガーデンPAR72、1999年PGA資格認定プロテスト合格者、顔、991001

    商品コード: 1999101300030

  • 2001年10月25日
    講話をする和尚 金閣寺和尚が“出前講話”

    京都市内の旅館に出向き、修学旅行生を前に話す金閣寺の江上泰山執事長

    商品コード: 2001102500004

  • 2002年12月28日
    お遍路バスツアーの参加者 「お遍路」商品が人気

    四国霊場八十八カ所・五十六番札所の泰山寺を巡礼するお遍路バスツアーの参加者=10月、愛媛県今治市

    商品コード: 2002122800014

  • 2005年06月23日
    泰山氏の自筆原稿 原爆治療医師の原稿公開へ

    一般公開されることになった故泰山弘道・大村海軍病院長の自筆原稿=23日、長崎市の長崎大医学部

    商品コード: 2005062300214

  • 2005年07月19日
    泰山弘道医師の自筆原稿 被爆者の診療記録展示

    長崎大医学部の原爆展で展示された故泰山弘道医師の自筆原稿=19日午前、長崎市坂本

    商品コード: 2005071900048

  • 2006年02月26日
    台湾の張泰山 侮れない実力チーム

    オーストラリア代表候補との試合に出場した台湾の張泰山=12日、ジーロング(共同)

    商品コード: 2006022600086

  • 2007年04月09日
    世界最大級の拓本 仏教美術の名宝を一堂に

    九州国立博物館で展示される「山東省泰山石経峪摩崖刻経」の拓本と拓本家の井上拓歩さん=9日午後、福岡県太宰府市

    商品コード: 2007040900156

  • 2010年02月04日
    中米国交樹立40年困難乗り越え前進

    2010年2月4日、米ワシントン・ダレス国際空港でジャイアントパンダ「泰山(タイシャン)」を見送る女性。ワシントン国立動物園で生まれ、米国の人びとに親しまれた「泰山」は同日、4年半暮らしたこの地を離れ「フェデックス・パンダ・エクスプレス」で帰国の途に就いた。中華人民共和国とアメリカ合衆国は40年前の1月1日、互いに国家の承認を行い、外交関係を樹立した。世界の2大大国、10億人以上の人びとの間で30年近く続いた隔絶や敵視、衝突と対抗が終わりを告げ、世界の大勢と歴史の歩みは一変した。「小さなボールが大きいボールを動かし」中米関係の氷を溶かした「ピンポン外交」のように、中米国交樹立は、両国の先代政治家による時局を理解し状況を判断した果断な決断と先を見通す卓越した見識を再び世界に示した。両国の歴代指導者はこの40年、傑出した政治的な知恵により、二国間関係が障害や困難を乗り越え、全体として安定的に前進するよう導いてきた。(北京=新華社記者/蒋国鵬)=2010(平成22)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400450

  • 2011年11月25日
    2点二塁打浴びた大場 ソフトバンク―統一

    2回統一無死一、二塁、張泰山(右)に2点二塁打を浴びたソフトバンク・大場=台中(共同)

    商品コード: 2011112500593

  • 2012年03月09日
    中米国交樹立40年困難乗り越え前進

    2012年3月9日、米カリフォルニア州のスタンフォード大学でウォーミングアップする少林拳法クラスの学生。中華人民共和国とアメリカ合衆国は40年前の1月1日、互いに国家の承認を行い、外交関係を樹立した。世界の2大大国、10億人以上の人びとの間で30年近く続いた隔絶や敵視、衝突と対抗が終わりを告げ、世界の大勢と歴史の歩みは一変した。「小さなボールが大きいボールを動かし」中米関係の氷を溶かした「ピンポン外交」のように、中米国交樹立は、両国の先代政治家による時局を理解し状況を判断した果断な決断と先を見通す卓越した見識を再び世界に示した。両国の歴代指導者はこの40年、傑出した政治的な知恵により、二国間関係が障害や困難を乗り越え、全体として安定的に前進するよう導いてきた。(北京=新華社配信/劉芸霖)=2012(平成24)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400491

  • 2013年07月12日
    中国とブラジル、花開くサッカー交流

    魯能ブラジルスポーツセンターのグラウンド。(2013年7月12日撮影)中国山東省濰坊(いほう)市で昨年夏、年に1度の「魯能・濰坊杯国際ユースサッカー親善大会」が開催された。魯能ブラジルユース訓練基地の中国側責任者、孫立臣(そん・りつしん)氏がブラジルで1年間訓練を積んだ山東魯能U18(18才以下)と地元の魯能ブラジルスポーツのユース2チームを率いて大会に参加し、魯能ブラジルスポーツは3位に入った。元ブラジル選手のエウケソンが中国国籍を取得し、サッカー男子中国代表としてワールドカップ(W杯)予選に出場したのを皮切りに、魯能泰山サッカースクールの外国籍コーチの多くをブラジル出身者が占め、中国のクラブから南米へのサッカー留学がますます増えた。中国とブラジルの関係はサッカーを通じてより緊密になった。山東魯能泰山サッカークラブは2014年、ブラジルのスポーツクラブの買収を完了し、サンパウロ州北西部のポルト・フェリースに魯能ブラジルスポーツセンターを設立、海外ユース訓練基地を建設した。魯能クラブは過去5年間、サッカースクールの優秀な生徒をトレーニングのためブラジルに派遣しており、生徒らは現地の同年代の仲間と切磋琢磨し、技術を高め、友情を育んでいる。(済南=新華社配信)=2013(平成25)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322517

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年02月21日
    泰山木文庫 残した蔵書で文庫開設

    ニュージーランド地震で犠牲になった北川泰大さんの写真が置かれた「泰山木文庫」=石川県白山市

    商品コード: 2016022100264

  • 2016年05月20日
    中国とブラジル、花開くサッカー交流

    ブラジルで行われた親善試合の後、地元選手と記念撮影する山東魯能海外ユース訓練チーム。(2016年5月20日撮影)中国山東省濰坊(いほう)市で昨年夏、年に1度の「魯能・濰坊杯国際ユースサッカー親善大会」が開催された。魯能ブラジルユース訓練基地の中国側責任者、孫立臣(そん・りつしん)氏がブラジルで1年間訓練を積んだ山東魯能U18(18才以下)と地元の魯能ブラジルスポーツのユース2チームを率いて大会に参加し、魯能ブラジルスポーツは3位に入った。元ブラジル選手のエウケソンが中国国籍を取得し、サッカー男子中国代表としてワールドカップ(W杯)予選に出場したのを皮切りに、魯能泰山サッカースクールの外国籍コーチの多くをブラジル出身者が占め、中国のクラブから南米へのサッカー留学がますます増えた。中国とブラジルの関係はサッカーを通じてより緊密になった。山東魯能泰山サッカークラブは2014年、ブラジルのスポーツクラブの買収を完了し、サンパウロ州北西部のポルト・フェリースに魯能ブラジルスポーツセンターを設立、海外ユース訓練基地を建設した。魯能クラブは過去5年間、サッカースクールの優秀な生徒をトレーニングのためブラジルに派遣しており、生徒らは現地の同年代の仲間と切磋琢磨し、技術を高め、友情を育んでいる。(済南=新華社配信)=2016(平成28)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322491

  • 2016年05月20日
    中国とブラジル、花開くサッカー交流

    魯能ブラジルスポーツセンターで個別に没入型育成訓練を受ける劉超陽(りゅう・こうよう、右)。(2016年5月20日撮影)中国山東省濰坊(いほう)市で昨年夏、年に1度の「魯能・濰坊杯国際ユースサッカー親善大会」が開催された。魯能ブラジルユース訓練基地の中国側責任者、孫立臣(そん・りつしん)氏がブラジルで1年間訓練を積んだ山東魯能U18(18才以下)と地元の魯能ブラジルスポーツのユース2チームを率いて大会に参加し、魯能ブラジルスポーツは3位に入った。元ブラジル選手のエウケソンが中国国籍を取得し、サッカー男子中国代表としてワールドカップ(W杯)予選に出場したのを皮切りに、魯能泰山サッカースクールの外国籍コーチの多くをブラジル出身者が占め、中国のクラブから南米へのサッカー留学がますます増えた。中国とブラジルの関係はサッカーを通じてより緊密になった。山東魯能泰山サッカークラブは2014年、ブラジルのスポーツクラブの買収を完了し、サンパウロ州北西部のポルト・フェリースに魯能ブラジルスポーツセンターを設立、海外ユース訓練基地を建設した。魯能クラブは過去5年間、サッカースクールの優秀な生徒をトレーニングのためブラジルに派遣しており、生徒らは現地の同年代の仲間と切磋琢磨し、技術を高め、友情を育んでいる。(済南=新華社配信)=2016(平成28)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322518

  • 03:31.61
    2017年03月14日
    「世界一目指して頑張る」 ミスター・ジャパンは京都代表の松浦さん

    数多くのモデルを輩出している美の祭典「ミス・ユニバース・ジャパン」の男性版コンテスト「2017 ミスター・ジャパン コンテスト」の最終選考会が14日、東京都内で行われ、約1400人の応募の中から京都代表の自営業の松浦泰山(まつうら・たいざん)さん(27)が今年のミスター・ジャパンに輝いた。松浦さんは「この大会に関わってくださった方々と両親のおかげです。本当に感謝しています。この名に恥じないよう、この1年間頑張って、世界一を目指して頑張っていきます」と喜びを語った。 <映像内容>「2017 ミスター・ジャパン コンテスト」の雑観、審査結果発表、松浦さんの喜びのあいさつなど。

    商品コード: 2017090201337

  • 2017年04月03日
    中国とブラジル、花開くサッカー交流

    ブラジルで朝、ポルトガル語学習に励む2人の山東魯能海外ユース訓練チームメンバー。(2017年4月3日撮影)中国山東省濰坊(いほう)市で昨年夏、年に1度の「魯能・濰坊杯国際ユースサッカー親善大会」が開催された。魯能ブラジルユース訓練基地の中国側責任者、孫立臣(そん・りつしん)氏がブラジルで1年間訓練を積んだ山東魯能U18(18才以下)と地元の魯能ブラジルスポーツのユース2チームを率いて大会に参加し、魯能ブラジルスポーツは3位に入った。元ブラジル選手のエウケソンが中国国籍を取得し、サッカー男子中国代表としてワールドカップ(W杯)予選に出場したのを皮切りに、魯能泰山サッカースクールの外国籍コーチの多くをブラジル出身者が占め、中国のクラブから南米へのサッカー留学がますます増えた。中国とブラジルの関係はサッカーを通じてより緊密になった。山東魯能泰山サッカークラブは2014年、ブラジルのスポーツクラブの買収を完了し、サンパウロ州北西部のポルト・フェリースに魯能ブラジルスポーツセンターを設立、海外ユース訓練基地を建設した。魯能クラブは過去5年間、サッカースクールの優秀な生徒をトレーニングのためブラジルに派遣しており、生徒らは現地の同年代の仲間と切磋琢磨し、技術を高め、友情を育んでいる。(済南=新華社配信)=2017(平成29)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322492

  • 2017年06月02日
    たいさんぼくの花(泰山木)

    キーワード:タイサンボク、屋外、花、初夏、植物、日本、無人、タイス、2日=2017(平成29)年6月2日、東京都調布市、クレジット:MASAHIRO MORIGAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051305285

  • 2017年10月12日
    中国とブラジル、花開くサッカー交流

    魯能ブラジルスポーツセンターの看板前で記念撮影する山東魯能泰山サッカークラブの海外ユース訓練チームのメンバー。(2017年10月12日撮影)中国山東省濰坊(いほう)市で昨年夏、年に1度の「魯能・濰坊杯国際ユースサッカー親善大会」が開催された。魯能ブラジルユース訓練基地の中国側責任者、孫立臣(そん・りつしん)氏がブラジルで1年間訓練を積んだ山東魯能U18(18才以下)と地元の魯能ブラジルスポーツのユース2チームを率いて大会に参加し、魯能ブラジルスポーツは3位に入った。元ブラジル選手のエウケソンが中国国籍を取得し、サッカー男子中国代表としてワールドカップ(W杯)予選に出場したのを皮切りに、魯能泰山サッカースクールの外国籍コーチの多くをブラジル出身者が占め、中国のクラブから南米へのサッカー留学がますます増えた。中国とブラジルの関係はサッカーを通じてより緊密になった。山東魯能泰山サッカークラブは2014年、ブラジルのスポーツクラブの買収を完了し、サンパウロ州北西部のポルト・フェリースに魯能ブラジルスポーツセンターを設立、海外ユース訓練基地を建設した。魯能クラブは過去5年間、サッカースクールの優秀な生徒をトレーニングのためブラジルに派遣しており、生徒らは現地の同年代の仲間と切磋琢磨し、技術を高め、友情を育んでいる。(済南=新華社配信)=2017(平成29)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322520

  • 2018年05月21日
    玻名城泰山氏 琉球新報社長に玻名城氏

    琉球新報社の社長に就任する玻名城泰山氏

    商品コード: 2018052101800

  • 2018年06月03日
    山東省で秋まき小麦の収穫始まる

    3日、泰山のふもとにある山東省泰安市道朗鎮魚中村で、秋まき小麦を収穫する農民。中国の穀倉地帯、山東省ではこのところ、地域をまたぎ大規模に機械化された秋まき小麦の収穫作業が行われている。(済南=新華社記者/馮傑)=2018(平成30)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060500277

  • 2018年06月08日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    泰山のふもとにある泰山石敢當の像。(2018年6月8日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社配信/王長民)=2018(平成30)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604995

  • 2018年06月17日
    「古き時代」をよみがえらせる泰山古建築の「守り人」

    泰山の頂上にある碧霞祠。(2018年6月17日撮影)中国山東省に位置する中国「五岳の雄」泰山。海抜1500メートルを超える山頂にある碧霞祠(へきかし)は、中国古代の高山建築群の傑作とされる。碧霞祠が千年にわたり壮大な姿を保つことができたのは、泰山の奥深くへと通い続けた歴代の修復職人の功績にほかならない。彼らは泰山の「古き時代」をよみがえらせ、歴史の記憶の「守り人」として泰山古建築を守り続けてきた。泰山賈氏古代建築造営技術の七代目伝承者、賈士傑(か・しけつ)氏(76)は、その「守り人」の1人だ。賈氏が受け継ぐ技術は清代に起源を持つ。賈氏は1966年に泰山の古代建築補修に初めて参加して以降、すでに半世紀以上にわたり泰山を守り続けている。(済南=新華社配信/劉小東)=2018(平成30)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800572

  • 2018年08月17日
    美しい山河を貧困層の宝の山に陝西省寧陝県

    17日、トウガラシ畑で除草作業を行う陝西省安康市寧陝県の四畝地鎮泰山壩村にある蘭花湖栽培・養殖合作社の職員。同県では「企業+産業パーク+合作社+農家」のモデルを取り入れ、環境保全型農業や特色ある農業、レジャー農業の発展を促進し、全県農民の増収と農家の貧困脱却をけん引している。中国陝西省安康市寧陝県は秦嶺山脈の山懐に位置し、国の貧困支援開発事業の重点県に指定されている。同県はここ数年、森林被覆率が90・2%となる生態資源の優位性に立脚し、生態建設と貧困脱却の堅塁攻略を高度に融合させ、「生態+産業」、「生態+雇用」、「生態+観光」など一連の「生態+」貧困脱却モデルを積極的に模索し、「緑水・青山」(美しい山河)を貧困層の「金山・銀山」(宝の山)にしている。同県では2017年、生態建設により361世帯1192人が貧困から脱却したが、これは全貧困脱却者の52・9%に当たる。(寧陝=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082207438

  • 2018年08月31日
    「古き時代」をよみがえらせる泰山古建築の「守り人」

    泰山の頂上にある碧霞祠。(2018年8月撮影)中国山東省に位置する中国「五岳の雄」泰山。海抜1500メートルを超える山頂にある碧霞祠(へきかし)は、中国古代の高山建築群の傑作とされる。碧霞祠が千年にわたり壮大な姿を保つことができたのは、泰山の奥深くへと通い続けた歴代の修復職人の功績にほかならない。彼らは泰山の「古き時代」をよみがえらせ、歴史の記憶の「守り人」として泰山古建築を守り続けてきた。泰山賈氏古代建築造営技術の七代目伝承者、賈士傑(か・しけつ)氏(76)は、その「守り人」の1人だ。賈氏が受け継ぐ技術は清代に起源を持つ。賈氏は1966年に泰山の古代建築補修に初めて参加して以降、すでに半世紀以上にわたり泰山を守り続けている。(済南=新華社配信/劉小東)=2018(平成30)年8月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019032800626

  • 2018年09月30日
    「古き時代」をよみがえらせる泰山古建築の「守り人」

    泰山古建築修復職人の賈士傑氏。(2018年9月撮影)中国山東省に位置する中国「五岳の雄」泰山。海抜1500メートルを超える山頂にある碧霞祠(へきかし)は、中国古代の高山建築群の傑作とされる。碧霞祠が千年にわたり壮大な姿を保つことができたのは、泰山の奥深くへと通い続けた歴代の修復職人の功績にほかならない。彼らは泰山の「古き時代」をよみがえらせ、歴史の記憶の「守り人」として泰山古建築を守り続けてきた。泰山賈氏古代建築造営技術の七代目伝承者、賈士傑(か・しけつ)氏(76)は、その「守り人」の1人だ。賈氏が受け継ぐ技術は清代に起源を持つ。賈氏は1966年に泰山の古代建築補修に初めて参加して以降、すでに半世紀以上にわたり泰山を守り続けている。(済南=新華社配信/劉小東)=2018(平成30)年9月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800640

  • 02:03.67
    2018年11月06日
    「新華社」空から見る泰山の秋山東省

    秋は山登りにいい季節。中国で古来崇拝されてきた五岳(五大名山)のうち東岳と呼ばれる泰山(たいざん)の秋には、独特の味わいがある。山東省の泰山風景名勝区は主峰の玉皇頂(ぎょくこうちょう)を中心に放射状に広がっており、自然の景観と文化的景観が融合している。秋の泰山は素朴な中にも秀麗さをたたえ、たたずまいながら激しさも感じさせる。遠くの峰に近くの松。泰山の夕暮れの景色を、秋の日に空から楽しもう。(記者/呉飛座)<映像内容>秋の泰山の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110818778

  • 2018年11月30日
    「古き時代」をよみがえらせる泰山古建築の「守り人」

    泰山岱廟の修繕現場。(2018年11月撮影)中国山東省に位置する中国「五岳の雄」泰山。海抜1500メートルを超える山頂にある碧霞祠(へきかし)は、中国古代の高山建築群の傑作とされる。碧霞祠が千年にわたり壮大な姿を保つことができたのは、泰山の奥深くへと通い続けた歴代の修復職人の功績にほかならない。彼らは泰山の「古き時代」をよみがえらせ、歴史の記憶の「守り人」として泰山古建築を守り続けてきた。泰山賈氏古代建築造営技術の七代目伝承者、賈士傑(か・しけつ)氏(76)は、その「守り人」の1人だ。賈氏が受け継ぐ技術は清代に起源を持つ。賈氏は1966年に泰山の古代建築補修に初めて参加して以降、すでに半世紀以上にわたり泰山を守り続けている。(済南=新華社配信/劉小東)=2018(平成30)年11月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800625

  • 2018年12月18日
    中国科学観測隊の勇士37人、南極内陸部に向け出発

    18日、南極内陸部に向け前進する第35次南極科学観測隊の内陸調査隊。中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊2チームの隊員37人は18日、中山基地付近に設置された内陸調査隊基地から南極内陸部に向けて出発した。「壮行酒」を飲みほした37人の勇士は、雪上車11台に分乗し、南極内陸部の果てしない氷原にある泰山基地と崑崙(こんろん)基地へと向かった。(南極=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025435

  • 2018年12月18日
    中国科学観測隊の勇士37人、南極内陸部に向け出発

    18日、装備を整え出発を待つ第35次南極科学観測隊の内陸調査隊。中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊2チームの隊員37人は18日、中山基地付近に設置された内陸調査隊基地から南極内陸部に向けて出発した。「壮行酒」を飲みほした37人の勇士は、雪上車11台に分乗し、南極内陸部の果てしない氷原にある泰山基地と崑崙(こんろん)基地へと向かった。(南極=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025479

  • 2018年12月18日
    中国科学観測隊の勇士37人、南極内陸部に向け出発

    18日、南極内陸部に向け前進する第35次南極科学観測隊の内陸調査隊。中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊2チームの隊員37人は18日、中山基地付近に設置された内陸調査隊基地から南極内陸部に向けて出発した。「壮行酒」を飲みほした37人の勇士は、雪上車11台に分乗し、南極内陸部の果てしない氷原にある泰山基地と崑崙(こんろん)基地へと向かった。(南極=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025423

  • 2018年12月18日
    中国科学観測隊の勇士37人、南極内陸部に向け出発

    18日、南極内陸部に向け前進する第35次南極科学観測隊の内陸調査隊。中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊2チームの隊員37人は18日、中山基地付近に設置された内陸調査隊基地から南極内陸部に向けて出発した。「壮行酒」を飲みほした37人の勇士は、雪上車11台に分乗し、南極内陸部の果てしない氷原にある泰山基地と崑崙(こんろん)基地へと向かった。(南極=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025477

  • 2018年12月18日
    中国科学観測隊の勇士37人、南極内陸部に向け出発

    18日、出発に先立ち記念撮影する第35次南極科学観測隊・内陸調査隊の勇士37人。中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊2チームの隊員37人は18日、中山基地付近に設置された内陸調査隊基地から南極内陸部に向けて出発した。「壮行酒」を飲みほした37人の勇士は、雪上車11台に分乗し、南極内陸部の果てしない氷原にある泰山基地と崑崙(こんろん)基地へと向かった。(南極=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025475

  • 2018年12月18日
    中国科学観測隊の勇士37人、南極内陸部に向け出発

    18日、南極内陸部に向け前進する第35次南極科学観測隊の内陸調査隊。中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊2チームの隊員37人は18日、中山基地付近に設置された内陸調査隊基地から南極内陸部に向けて出発した。「壮行酒」を飲みほした37人の勇士は、雪上車11台に分乗し、南極内陸部の果てしない氷原にある泰山基地と崑崙(こんろん)基地へと向かった。(南極=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025455

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月21日
    中国南極科学観測隊内陸隊、猛烈な吹雪の試練乗り越える

    21日、吹雪の後、そりのナットを検査し交換する科学観測隊隊員。中国第35次南極科学観測隊の「泰山」「崑崙(こんろん)」2組の内陸観測隊が21日、南極の内陸奥地へ進行した際、猛烈な吹雪に遭遇した。隊員らは吹雪の中、物資をひもでしっかりと固定し、10台の新しいそりが吹雪の試練を乗り越えた。(「雪竜」号=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521067

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月21日
    中国南極科学観測隊内陸隊、猛烈な吹雪の試練乗り越える

    21日、猛烈な吹雪に遭遇した中国南極科学観測隊。中国第35次南極科学観測隊の「泰山」「崑崙(こんろん)」2組の内陸観測隊が21日、南極の内陸奥地へ進行した際、猛烈な吹雪に遭遇した。隊員らは吹雪の中、物資をひもでしっかりと固定し、10台の新しいそりが吹雪の試練を乗り越えた。(「雪竜」号=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521068

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月21日
    中国南極科学観測隊内陸隊、猛烈な吹雪の試練乗り越える

    21日、猛烈な吹雪に遭遇した中国南極科学観測隊。中国第35次南極科学観測隊の「泰山」「崑崙(こんろん)」2組の内陸観測隊が21日、南極の内陸奥地へ進行した際、猛烈な吹雪に遭遇した。隊員らは吹雪の中、物資をひもでしっかりと固定し、10台の新しいそりが吹雪の試練を乗り越えた。(「雪竜」号=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521133

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月21日
    中国南極科学観測隊内陸隊、猛烈な吹雪の試練乗り越える

    21日、吹雪の後、そりのナットを検査し交換する科学観測隊隊員。中国第35次南極科学観測隊の「泰山」「崑崙(こんろん)」2組の内陸観測隊が21日、南極の内陸奥地へ進行した際、猛烈な吹雪に遭遇した。隊員らは吹雪の中、物資をひもでしっかりと固定し、10台の新しいそりが吹雪の試練を乗り越えた。(「雪竜」号=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521173

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月21日
    中国南極科学観測隊内陸隊、猛烈な吹雪の試練乗り越える

    21日、吹雪の後、そりのナットを検査し交換する科学観測隊隊員。中国第35次南極科学観測隊の「泰山」「崑崙(こんろん)」2組の内陸観測隊が21日、南極の内陸奥地へ進行した際、猛烈な吹雪に遭遇した。隊員らは吹雪の中、物資をひもでしっかりと固定し、10台の新しいそりが吹雪の試練を乗り越えた。(「雪竜」号=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521138

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月21日
    中国南極科学観測隊内陸隊、猛烈な吹雪の試練乗り越える

    21日、猛烈な吹雪に遭遇した中国南極科学観測隊。中国第35次南極科学観測隊の「泰山」「崑崙(こんろん)」2組の内陸観測隊が21日、南極の内陸奥地へ進行した際、猛烈な吹雪に遭遇した。隊員らは吹雪の中、物資をひもでしっかりと固定し、10台の新しいそりが吹雪の試練を乗り越えた。(「雪竜」号=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521112

  • 2018年12月24日
    中国南極科学観測隊の内陸調査隊、泰山基地に到着

    24日、宿営地から泰山基地に向けて出発した中国南極科学観測隊の内陸調査隊。(小型無人機から)中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊である泰山隊、崑崙(こんろん)隊の隊員37人が25日、8日間にわたる厳しい風雪の中での移動を経て無事、泰山基地に到着した。(「雪竜号」=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624065

  • 2018年12月25日
    中国南極科学観測隊の内陸調査隊、泰山基地に到着

    25日、泰山基地に到着した中国南極科学観測隊の内陸調査隊。中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊である泰山隊、崑崙(こんろん)隊の隊員37人が25日、8日間にわたる厳しい風雪の中での移動を経て無事、泰山基地に到着した。(「雪竜号」=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624064

  • 2018年12月25日
    中国南極科学観測隊の内陸調査隊、泰山基地に到着

    25日、泰山基地に向けて進む中国南極科学観測隊の内陸調査隊。中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊である泰山隊、崑崙(こんろん)隊の隊員37人が25日、8日間にわたる厳しい風雪の中での移動を経て無事、泰山基地に到着した。(「雪竜号」=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624066

  • 2018年12月25日
    中国南極科学観測隊の内陸調査隊、泰山基地に到着

    25日、泰山基地に向けて進む中国南極科学観測隊の内陸調査隊。中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊である泰山隊、崑崙(こんろん)隊の隊員37人が25日、8日間にわたる厳しい風雪の中での移動を経て無事、泰山基地に到着した。(「雪竜号」=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624071

  • 2018年12月25日
    中国の科学観測隊南極氷床に自動気象観測所設置

    中国の南極科学観測基地の一つ、泰山基地に設置された自動気象観測所。(2018年12月25日撮影)中国第35次南極科学観測隊・内陸調査隊員が7日、中山基地から100キロ離れた氷床上に自動気象観測所を設置した。南極地域の温度や相対湿度、風向、風速などに関するデータを収集し、極地の気象サービスや極地大気の知識を高める狙いがある。(南極内陸=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217772

  • 2018年12月25日
    中国南極科学観測隊の内陸調査隊、泰山基地に到着

    25日、泰山基地に到着した中国南極科学観測隊の内陸調査隊。泰山基地の鉄骨構造の建物は、遠くから見ると提灯のようであり、氷雪の世界に降りてきたUFOのようでもある。中に入って、窓から外を眺めると、ドーム型の建築構造により、視野がとても広いことが分かる。中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊である泰山隊、崑崙(こんろん)隊の隊員37人が25日、8日間にわたる厳しい風雪の中での移動を経て無事、泰山基地に到着した。(「雪竜号」=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624045

  • 2018年12月25日
    中国南極科学観測隊の内陸調査隊、泰山基地に到着

    25日、泰山基地に到着した中国南極科学観測隊の内陸調査隊。泰山基地の鉄骨構造の建物は、遠くから見ると提灯のようであり、氷雪の世界に降りてきたUFOのようでもある。中に入って、窓から外を眺めると、ドーム型の建築構造により、視野がとても広いことが分かる。中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊である泰山隊、崑崙(こんろん)隊の隊員37人が25日、8日間にわたる厳しい風雪の中での移動を経て無事、泰山基地に到着した。(「雪竜号」=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624044

  • 2018年12月26日
    南極の泰山基地、第2期工事が着工

    26日、泰山基地で位置測定作業を行う泰山隊の隊員。中国の南極科学観測基地の一つ、泰山基地の第2期工事が26日、着工した。第2期工事では基地の関連施設の建設が行われる。(南極=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820540

  • 2018年12月26日
    南極の泰山基地、第2期工事が着工

    26日、南極内陸部の氷原に立つ泰山基地。中国の南極科学観測基地の一つ、泰山基地の第2期工事が26日、着工した。第2期工事では基地の関連施設の建設が行われる。(南極=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019010400144

  • 2018年12月26日
    南極の泰山基地、第2期工事が着工

    26日、南極内陸部の氷原に立つ泰山基地。中国の南極科学観測基地の一つ、泰山基地の第2期工事が26日、着工した。第2期工事では基地の関連施設の建設が行われる。(南極=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820556

  • 2018年12月26日
    南極の泰山基地、第2期工事が着工

    26日、泰山基地の建物の前で国旗を掲げて記念撮影する第35次南極科学観測隊内陸調査隊の泰山隊と崑崙隊の隊員。中国の南極科学観測基地の一つ、泰山基地の第2期工事が26日、着工した。第2期工事では基地の関連施設の建設が行われる。(南極=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019010400145

  • 2018年12月26日
    南極の泰山基地、第2期工事が着工

    26日、泰山基地で位置測定作業を行う泰山隊の隊員。中国の南極科学観測基地の一つ、泰山基地の第2期工事が26日、着工した。第2期工事では基地の関連施設の建設が行われる。(南極=新華社記者/劉詩平)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820476

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月02日
    中国南極科学観測隊の内陸隊、猛吹雪の中泰山基地を去る

    2日、泰山基地を去る前に雪に覆われた地面の上を片付ける科学観測隊の隊員。中国第35次南極科学観測隊・内陸調査隊の崑崙(こんろん)隊および泰山隊の隊員37人は3日、吹雪の中泰山基地を後にし、そこから520キロ離れた中山基地に戻り始めた。内陸隊の隊員は8日頃中山基地に到着する予定で、旧暦の大晦日(2月4日)と元旦(2月5日)は南極の氷床の上で過ごすことになる。(南極内陸=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621531

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月03日
    中国南極科学観測隊の内陸隊、猛吹雪の中泰山基地を去る

    3日、猛吹雪の中を進む雪上車。中国第35次南極科学観測隊・内陸調査隊の崑崙(こんろん)隊および泰山隊の隊員37人は3日、吹雪の中泰山基地を後にし、そこから520キロ離れた中山基地に戻り始めた。内陸隊の隊員は8日頃中山基地に到着する予定で、旧暦の大晦日(2月4日)と元旦(2月5日)は南極の氷床の上で過ごすことになる。(南極内陸=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621562

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月03日
    中国南極科学観測隊の内陸隊、猛吹雪の中泰山基地を去る

    3日、中山基地に向かう雪上車。中国第35次南極科学観測隊・内陸調査隊の崑崙(こんろん)隊および泰山隊の隊員37人は3日、吹雪の中泰山基地を後にし、そこから520キロ離れた中山基地に戻り始めた。内陸隊の隊員は8日頃中山基地に到着する予定で、旧暦の大晦日(2月4日)と元旦(2月5日)は南極の氷床の上で過ごすことになる。(南極内陸=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621584

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月03日
    中国南極科学観測隊の内陸隊、猛吹雪の中泰山基地を去る

    3日、猛吹雪の中を進む雪上車の列。中国第35次南極科学観測隊・内陸調査隊の崑崙(こんろん)隊および泰山隊の隊員37人は3日、吹雪の中泰山基地を後にし、そこから520キロ離れた中山基地に戻り始めた。内陸隊の隊員は8日頃中山基地に到着する予定で、旧暦の大晦日(2月4日)と元旦(2月5日)は南極の氷床の上で過ごすことになる。(南極内陸=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621566

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月03日
    中国南極科学観測隊の内陸隊、猛吹雪の中泰山基地を去る

    3日、中山基地に向かう途中で給油する雪上車。中国第35次南極科学観測隊・内陸調査隊の崑崙(こんろん)隊および泰山隊の隊員37人は3日、吹雪の中泰山基地を後にし、そこから520キロ離れた中山基地に戻り始めた。内陸隊の隊員は8日頃中山基地に到着する予定で、旧暦の大晦日(2月4日)と元旦(2月5日)は南極の氷床の上で過ごすことになる。(南極内陸=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621565

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月03日
    中国南極科学観測隊の内陸隊、猛吹雪の中泰山基地を去る

    3日、猛吹雪の中、泰山基地(写真右)を後にする雪上車の列。中国第35次南極科学観測隊・内陸調査隊の崑崙(こんろん)隊および泰山隊の隊員37人は3日、吹雪の中泰山基地を後にし、そこから520キロ離れた中山基地に戻り始めた。内陸隊の隊員は8日頃中山基地に到着する予定で、旧暦の大晦日(2月4日)と元旦(2月5日)は南極の氷床の上で過ごすことになる。(南極内陸=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621583

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月08日
    中国南極科学観測隊の内陸調査隊、中山基地に無事帰還

    8日、中山基地に向けて進む中国南極科学観測隊の内陸調査隊。中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊、崑崙(こんろん)隊と泰山隊の隊員37人は8日夜、吹雪の中、南極中山基地に無事帰還した。隊員は15日に極地科学調査船「雪竜号」に乗って中国に向かい、3月10日ごろ上海に到着する予定。(南極内陸=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217247

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月08日
    中国南極科学観測隊の内陸調査隊、中山基地に無事帰還

    8日、南極内陸の出発基地に帰還した中国南極科学観測隊の内陸調査隊。(小型無人機から)中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊、崑崙(こんろん)隊と泰山隊の隊員37人は8日夜、吹雪の中、南極中山基地に無事帰還した。隊員は15日に極地科学調査船「雪竜号」に乗って中国に向かい、3月10日ごろ上海に到着する予定。(南極内陸=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217096

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月08日
    中国南極科学観測隊の内陸調査隊、中山基地に無事帰還

    8日、中山基地に向けて進む中国南極科学観測隊の内陸調査隊。中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊、崑崙(こんろん)隊と泰山隊の隊員37人は8日夜、吹雪の中、南極中山基地に無事帰還した。隊員は15日に極地科学調査船「雪竜号」に乗って中国に向かい、3月10日ごろ上海に到着する予定。(南極内陸=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021216867

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月08日
    中国独自開発の掘削設備、南極の氷下岩盤採取に成功

    8日、雪上を進む中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊の車列。南極科学観測隊の内陸部調査隊、崑崙(こんろん)隊と泰山(たいさん)隊の隊員37人が同日夜、暴風雪の中で中山基地に帰還した。中国が独自に研究開発した極地掘削設備がこのほど、厚さ200メートル近くの南極氷冠の掘削に成功し、連続する氷床コアと氷下岩石コアを採取した。(南極中山基地=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107313

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月08日
    中国南極科学観測隊の内陸調査隊、中山基地に無事帰還

    8日、中山基地に向かう途中で給油する雪上車。中国第35次南極科学観測隊の内陸調査隊、崑崙(こんろん)隊と泰山隊の隊員37人は8日夜、吹雪の中、南極中山基地に無事帰還した。隊員は15日に極地科学調査船「雪竜号」に乗って中国に向かい、3月10日ごろ上海に到着する予定。(南極内陸=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217684

  • 2019年02月11日
    泰山が雪化粧山東省

    11日、雪化粧した泰山風景区。(小型無人機から)中国山東省の泰山風景区で降雪がこのほど、観測された。雪化粧した泰山の姿は一幅の絵のように美しい。(泰安=新華社記者/王南)=2019(平成31)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310284

  • 2019年02月11日
    泰山が雪化粧山東省

    11日、雪化粧した泰山風景区の一角。(小型無人機から)中国山東省の泰山風景区で降雪がこのほど、観測された。雪化粧した泰山の姿は一幅の絵のように美しい。(泰安=新華社記者/王南)=2019(平成31)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310290

  • 2019年02月11日
    泰山が雪化粧山東省

    11日、雪化粧した泰山風景区。(小型無人機から)中国山東省の泰山風景区でこのほど、降雪が観測された。雪化粧した泰山の姿は一幅の絵のように美しい。(泰安=新華社記者/王南)=2019(平成31)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310279

  • 2019年02月11日
    泰山が雪化粧山東省

    11日、雪化粧した泰山風景区の主峰、玉皇頂(ぎょくこうちょう)。(小型無人機から)中国山東省の泰山風景区でこのほど、降雪が観測された。雪化粧した泰山の姿は一幅の絵のように美しい。(泰安=新華社記者/王南)=2019(平成31)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310242

  • 2019年02月11日
    泰山が雪化粧山東省

    11日、雪化粧した泰山風景区。(小型無人機から)中国山東省の泰山風景区でこのほど、降雪が観測された。雪化粧した泰山の姿は一幅の絵のように美しい。(泰安=新華社記者/王南)=2019(平成31)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310308

  • 2019年02月11日
    泰山が雪化粧山東省

    11日、雪化粧した泰山風景区。(小型無人機から)中国山東省の泰山風景区でこのほど、降雪が観測された。雪化粧した泰山の姿は一幅の絵のように美しい。(泰安=新華社記者/王南)=2019(平成31)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310261

  • 2019年02月15日
    嫦娥4号の着陸地点、「天河基地」と命名

    クレーター「天津」の画像。中国国家航天局と中国科学院、国際天文学連合(IAU)は15日、記者会見を開き、先月初めに世界初となる月の裏側への着陸に成功した中国の月探査機「嫦娥4号」の着陸地点を「天河基地」と命名したと発表した。また着陸地点の周囲に三角形を作るように並ぶ三つのクレーターを「織女」「河鼓」「天津」、着陸したフォン・カルマン・クレーターの中央峰を「泰山」と命名した。記者会見によると、月探査プロジェクト「嫦娥2号」と「嫦娥4号」の高解像度月面映像データを利用して申請した「嫦娥4号」の着陸地点を含む五つの地点に対する名称は4日、IAUに承認された。これにより、中国の月探査プロジェクトはその科学的データが月面の地理実体の命名において活用され、新たな重要な成果を収めた。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021900931

  • 2019年02月15日
    嫦娥4号の着陸地点、「天河基地」と命名

    クレーター「河鼓」の画像。中国国家航天局と中国科学院、国際天文学連合(IAU)は15日、記者会見を開き、先月初めに世界初となる月の裏側への着陸に成功した中国の月探査機「嫦娥4号」の着陸地点を「天河基地」と命名したと発表した。また着陸地点の周囲に三角形を作るように並ぶ三つのクレーターを「織女」「河鼓」「天津」、着陸したフォン・カルマン・クレーターの中央峰を「泰山」と命名した。記者会見によると、月探査プロジェクト「嫦娥2号」と「嫦娥4号」の高解像度月面映像データを利用して申請した「嫦娥4号」の着陸地点を含む五つの地点に対する名称は4日、IAUに承認された。これにより、中国の月探査プロジェクトはその科学的データが月面の地理実体の命名において活用され、新たな重要な成果を収めた。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021900957

  • 2019年02月15日
    嫦娥4号の着陸地点、「天河基地」と命名

    「嫦娥4号」の着陸地点と周辺の命名された地点の位置を示す画像。中国国家航天局と中国科学院、国際天文学連合(IAU)は15日、記者会見を開き、先月初めに世界初となる月の裏側への着陸に成功した中国の月探査機「嫦娥4号」の着陸地点を「天河基地」と命名したと発表した。また着陸地点の周囲に三角形を作るように並ぶ三つのクレーターを「織女」「河鼓」「天津」、着陸したフォン・カルマン・クレーターの中央峰を「泰山」と命名した。記者会見によると、月探査プロジェクト「嫦娥2号」と「嫦娥4号」の高解像度月面映像データを利用して申請した「嫦娥4号」の着陸地点を含む五つの地点に対する名称は4日、IAUに承認された。これにより、中国の月探査プロジェクトはその科学的データが月面の地理実体の命名において活用され、新たな重要な成果を収めた。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021900982

  • 2019年02月15日
    嫦娥4号の着陸地点、「天河基地」と命名

    15日、記者会見で説明する「嫦娥4号」地上応用システムの責任者で中国科学院国家天文台副台長の李春来(り・しゅんらい)氏。中国国家航天局と中国科学院、国際天文学連合(IAU)は15日、記者会見を開き、先月初めに世界初となる月の裏側への着陸に成功した中国の月探査機「嫦娥4号」の着陸地点を「天河基地」と命名したと発表した。また着陸地点の周囲に三角形を作るように並ぶ三つのクレーターを「織女」「河鼓」「天津」、着陸したフォン・カルマン・クレーターの中央峰を「泰山」と命名した。記者会見によると、月探査プロジェクト「嫦娥2号」と「嫦娥4号」の高解像度月面映像データを利用して申請した「嫦娥4号」の着陸地点を含む五つの地点に対する名称は4日、IAUに承認された。これにより、中国の月探査プロジェクトはその科学的データが月面の地理実体の命名において活用され、新たな重要な成果を収めた。(北京=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800433

  • 2019年02月15日
    嫦娥4号の着陸地点、「天河基地」と命名

    クレーター「織女」の画像。中国国家航天局と中国科学院、国際天文学連合(IAU)は15日、記者会見を開き、先月初めに世界初となる月の裏側への着陸に成功した中国の月探査機「嫦娥4号」の着陸地点を「天河基地」と命名したと発表した。また着陸地点の周囲に三角形を作るように並ぶ三つのクレーターを「織女」「河鼓」「天津」、着陸したフォン・カルマン・クレーターの中央峰を「泰山」と命名した。記者会見によると、月探査プロジェクト「嫦娥2号」と「嫦娥4号」の高解像度月面映像データを利用して申請した「嫦娥4号」の着陸地点を含む五つの地点に対する名称は4日、IAUに承認された。これにより、中国の月探査プロジェクトはその科学的データが月面の地理実体の命名において活用され、新たな重要な成果を収めた。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021900955

  • 2019年02月15日
    嫦娥4号の着陸地点、「天河基地」と命名

    15日、記者会見で説明する月探査プロジェクト副総指揮を務める国家航天局月探査・宇宙事業センターの主任、劉継忠(りゅう・けいちゅう)氏。中国国家航天局と中国科学院、国際天文学連合(IAU)は15日、記者会見を開き、先月初めに世界初となる月の裏側への着陸に成功した中国の月探査機「嫦娥4号」の着陸地点を「天河基地」と命名したと発表した。また着陸地点の周囲に三角形を作るように並ぶ三つのクレーターを「織女」「河鼓」「天津」、着陸したフォン・カルマン・クレーターの中央峰を「泰山」と命名した。記者会見によると、月探査プロジェクト「嫦娥2号」と「嫦娥4号」の高解像度月面映像データを利用して申請した「嫦娥4号」の着陸地点を含む五つの地点に対する名称は4日、IAUに承認された。これにより、中国の月探査プロジェクトはその科学的データが月面の地理実体の命名において活用され、新たな重要な成果を収めた。(北京=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800440

  • 2019年02月15日
    嫦娥4号の着陸地点、「天河基地」と命名

    フォン・カルマン・クレーターの中央峰「泰山」の画像。中国国家航天局と中国科学院、国際天文学連合(IAU)は15日、記者会見を開き、先月初めに世界初となる月の裏側への着陸に成功した中国の月探査機「嫦娥4号」の着陸地点を「天河基地」と命名したと発表した。また着陸地点の周囲に三角形を作るように並ぶ三つのクレーターを「織女」「河鼓」「天津」、着陸したフォン・カルマン・クレーターの中央峰を「泰山」と命名した。記者会見によると、月探査プロジェクト「嫦娥2号」と「嫦娥4号」の高解像度月面映像データを利用して申請した「嫦娥4号」の着陸地点を含む五つの地点に対する名称は4日、IAUに承認された。これにより、中国の月探査プロジェクトはその科学的データが月面の地理実体の命名において活用され、新たな重要な成果を収めた。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021900956

  • 2019年02月18日
    「古き時代」をよみがえらせる泰山古建築の「守り人」

    泰山の斗母宮の外観。(2月18日撮影)中国山東省に位置する中国「五岳の雄」泰山。海抜1500メートルを超える山頂にある碧霞祠(へきかし)は、中国古代の高山建築群の傑作とされる。碧霞祠が千年にわたり壮大な姿を保つことができたのは、泰山の奥深くへと通い続けた歴代の修復職人の功績にほかならない。彼らは泰山の「古き時代」をよみがえらせ、歴史の記憶の「守り人」として泰山古建築を守り続けてきた。泰山賈氏古代建築造営技術の七代目伝承者、賈士傑(か・しけつ)氏(76)は、その「守り人」の1人だ。賈氏が受け継ぐ技術は清代に起源を持つ。賈氏は1966年に泰山の古代建築補修に初めて参加して以降、すでに半世紀以上にわたり泰山を守り続けている。(済南=新華社記者/孫暁輝)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800630

  • 2019年03月13日
    「古き時代」をよみがえらせる泰山古建築の「守り人」

    泰山岱廟の天貺殿。(3月13日撮影)中国山東省に位置する中国「五岳の雄」泰山。海抜1500メートルを超える山頂にある碧霞祠(へきかし)は、中国古代の高山建築群の傑作とされる。碧霞祠が千年にわたり壮大な姿を保つことができたのは、泰山の奥深くへと通い続けた歴代の修復職人の功績にほかならない。彼らは泰山の「古き時代」をよみがえらせ、歴史の記憶の「守り人」として泰山古建築を守り続けてきた。泰山賈氏古代建築造営技術の七代目伝承者、賈士傑(か・しけつ)氏(76)は、その「守り人」の1人だ。賈氏が受け継ぐ技術は清代に起源を持つ。賈氏は1966年に泰山の古代建築補修に初めて参加して以降、すでに半世紀以上にわたり泰山を守り続けている。(済南=新華社記者/孫暁輝)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800655

  • 2019年05月08日
    深圳市梧桐山でメダカハネカクシの新種発見

    深圳市梧桐山で発見されたメダカハネカクシの新種。(資料写真)中国広東省の深圳市生態監測自然学校はこのほど、同校の専門家チームが市内の梧桐山(ごとうさん)泰山澗で行った科学調査で、メダカハネカクシの新種を発見したことを明らかにした。成虫の解剖の結果、この新種は後翅(こうし)が退化して飛べないことが判明しており、同地特有の種とされる。(深圳=新華社配信/深圳市生態監測自然学校提供)=撮影日不明、クレジット:深圳市生態監測自然学校/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600346

  • 2019年05月08日
    中国とブラジル、花開くサッカー交流

    ブラジルで試合に参加し、ボールを追う山東魯能海外ユース訓練チームの周子昂(しゅう・しこう、右)。(2019年5月8日撮影)中国山東省濰坊(いほう)市で昨年夏、年に1度の「魯能・濰坊杯国際ユースサッカー親善大会」が開催された。魯能ブラジルユース訓練基地の中国側責任者、孫立臣(そん・りつしん)氏がブラジルで1年間訓練を積んだ山東魯能U18(18才以下)と地元の魯能ブラジルスポーツのユース2チームを率いて大会に参加し、魯能ブラジルスポーツは3位に入った。元ブラジル選手のエウケソンが中国国籍を取得し、サッカー男子中国代表としてワールドカップ(W杯)予選に出場したのを皮切りに、魯能泰山サッカースクールの外国籍コーチの多くをブラジル出身者が占め、中国のクラブから南米へのサッカー留学がますます増えた。中国とブラジルの関係はサッカーを通じてより緊密になった。山東魯能泰山サッカークラブは2014年、ブラジルのスポーツクラブの買収を完了し、サンパウロ州北西部のポルト・フェリースに魯能ブラジルスポーツセンターを設立、海外ユース訓練基地を建設した。魯能クラブは過去5年間、サッカースクールの優秀な生徒をトレーニングのためブラジルに派遣しており、生徒らは現地の同年代の仲間と切磋琢磨し、技術を高め、友情を育んでいる。(済南=新華社配信)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322531

  • 2019年05月08日
    中国とブラジル、花開くサッカー交流

    ブラジルで試合に参加し、ポジション争いをする山東魯能海外ユース訓練チームの閆恒曄(えん・こうよう、右)。(2019年5月8日撮影)中国山東省濰坊(いほう)市で昨年夏、年に1度の「魯能・濰坊杯国際ユースサッカー親善大会」が開催された。魯能ブラジルユース訓練基地の中国側責任者、孫立臣(そん・りつしん)氏がブラジルで1年間訓練を積んだ山東魯能U18(18才以下)と地元の魯能ブラジルスポーツのユース2チームを率いて大会に参加し、魯能ブラジルスポーツは3位に入った。元ブラジル選手のエウケソンが中国国籍を取得し、サッカー男子中国代表としてワールドカップ(W杯)予選に出場したのを皮切りに、魯能泰山サッカースクールの外国籍コーチの多くをブラジル出身者が占め、中国のクラブから南米へのサッカー留学がますます増えた。中国とブラジルの関係はサッカーを通じてより緊密になった。山東魯能泰山サッカークラブは2014年、ブラジルのスポーツクラブの買収を完了し、サンパウロ州北西部のポルト・フェリースに魯能ブラジルスポーツセンターを設立、海外ユース訓練基地を建設した。魯能クラブは過去5年間、サッカースクールの優秀な生徒をトレーニングのためブラジルに派遣しており、生徒らは現地の同年代の仲間と切磋琢磨し、技術を高め、友情を育んでいる。(済南=新華社配信)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322483

  • 2019年05月08日
    中国とブラジル、花開くサッカー交流

    ブラジルで試合に参加し、守りを突破する山東魯能海外ユース訓練チームの張梓峻(ちょう・ししゅん、左)。(2019年5月8日撮影)中国山東省濰坊(いほう)市で昨年夏、年に1度の「魯能・濰坊杯国際ユースサッカー親善大会」が開催された。魯能ブラジルユース訓練基地の中国側責任者、孫立臣(そん・りつしん)氏がブラジルで1年間訓練を積んだ山東魯能U18(18才以下)と地元の魯能ブラジルスポーツのユース2チームを率いて大会に参加し、魯能ブラジルスポーツは3位に入った。元ブラジル選手のエウケソンが中国国籍を取得し、サッカー男子中国代表としてワールドカップ(W杯)予選に出場したのを皮切りに、魯能泰山サッカースクールの外国籍コーチの多くをブラジル出身者が占め、中国のクラブから南米へのサッカー留学がますます増えた。中国とブラジルの関係はサッカーを通じてより緊密になった。山東魯能泰山サッカークラブは2014年、ブラジルのスポーツクラブの買収を完了し、サンパウロ州北西部のポルト・フェリースに魯能ブラジルスポーツセンターを設立、海外ユース訓練基地を建設した。魯能クラブは過去5年間、サッカースクールの優秀な生徒をトレーニングのためブラジルに派遣しており、生徒らは現地の同年代の仲間と切磋琢磨し、技術を高め、友情を育んでいる。(済南=新華社配信)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322528

  • 2019年05月08日
    深圳市梧桐山でメダカハネカクシの新種発見

    深圳市梧桐山で発見されたメダカハネカクシの新種。(資料写真)中国広東省の深圳市生態監測自然学校はこのほど、同校の専門家チームが市内の梧桐山(ごとうさん)泰山澗で行った科学調査で、メダカハネカクシの新種を発見したことを明らかにした。成虫の解剖の結果、この新種は後翅(こうし)が退化して飛べないことが判明しており、同地特有の種とされる。(深圳=新華社配信/深圳市生態監測自然学校提供)=撮影日不明、クレジット:深圳市生態監測自然学校/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600255

  • 2019年05月09日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    泰安市で5月に発見された金朝の泰山石敢當の石碑。(5月9日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社配信/劉小東)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604786

  • 2019年05月09日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    泰安市で5月に発見された金朝の泰山石敢當の拓本。(5月9日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社配信/劉小東)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604989

  • 2019年05月09日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    泰安市で5月に発見された金朝の泰山石敢當の石碑。「敢當」の2文字が見える。(5月9日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社配信/劉小東)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605003

  • 2019年05月20日
    初夏を迎えた泰山山東省

    20日に撮影した泰山の風景。(小型無人機から)中国山東省中部に位置する泰山は、標高1545メートルの玉皇頂を主峰とする。多くの観光客が初夏の風景を目当てに同山を訪れている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400197

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4