KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • 令和
  • 位置
  • 存在
  • 交差
  • 前漢
  • 後漢
  • 戦国
  • 政治
  • 文様
  • 斉家文化

「洛河」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
51
( 1 51 件を表示)
  • 1
51
( 1 51 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市
    2014年07月21日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨の一部分。(2014年7月21日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向が2・2キロ、南北が1・5キロで、赤色砂岩からなる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2014(平成26)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800850

  •  悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市
    2014年07月21日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨の一角。(2014年7月21日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向が2・2キロ、南北が1・5キロで、赤色砂岩からなる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2014(平成26)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800955

  •  悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市
    2014年07月21日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨の一部分。(2014年7月21日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向が2・2キロ、南北が1・5キロで、赤色砂岩からなる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2014(平成26)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051801013

  •  悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市
    2017年07月14日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨。(2017年7月14日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向が2・2キロ、南北が1・5キロで、赤色砂岩からなる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2017(平成29)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800992

  •  悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市
    2017年07月14日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨の上層部。(2017年7月14日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向が2・2キロ、南北が1・5キロで、赤色砂岩からなる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2017(平成29)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800940

  •  悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市
    2018年01月23日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨。(2018年1月23日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向の長さが2・2キロ、南北方向の幅が幅1・5キロ。赤色砂岩の山として知られる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2018(平成30)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800838

  •  悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市
    2018年12月14日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨の一角。(2018年12月14日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向が2・2キロ、南北が1・5キロで、赤色砂岩からなる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2018(平成30)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800949

  •  悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市
    2018年12月14日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨の石段。(2018年12月14日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向が2・2キロ、南北が1・5キロで、赤色砂岩からなる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2018(平成30)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051801072

  •  「新華社」雲南省粗卡通村でキンシコウの群れの撮影に成功
    00:29.91
    2019年05月24日
    「新華社」雲南省粗卡通村でキンシコウの群れの撮影に成功

    中国雲南省デチェン・チベット族自治州徳欽県霞若郷の粗卡通村羅馬通轄区でこのほど、雲南キンシコウの活動の形跡が初めて発見された。同自治州にある白馬雪山国家級自然保護区曲宗貢生態定点観測ステーションの職員が赤外線カメラを回収し、記録内容を確認した際に発見した。保護区内の粗卡通・雲南キンシコウの個体群が存在することが裏付けられ、これまで同保護区になかった粗卡通キンシコウの映像資料が得られた。今回の映像には、雲南キンシコウが水を飲む様子が22秒にわたって記録されていた。映像には、雲南キンシコウ3匹が水を飲む心温まる場面が収められており、1匹は雄、1匹が雌であることも分かった。白馬雪山保護区德欽分局は2018年、雲南キンシコウ個体群の数量動態観測野外調査を行い、粗卡通村に生息する群れのふんと活動の痕跡を見つけたが、群れそのものの発見には至らなかった。職員はふんをもとに、約50匹余りの群れだろうと推測していた。この群れが実在しているという確証をつかむため、職員は2018年11月28日から2019年4月24日にかけて、曲宗貢ステーションが管轄する仔木通牧場や珠巴洛河など、12キロの範囲内に赤外線カメラ13台を設置して観測を行った。観測開始から5カ月、ついにこの群れの撮影に成功した。この映像資料は群れの保護観測活動を展開する上で重要な意義を持っている。(記者/楊静)<映像内容>雲南キンシコウの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052402915

  •  黄蒲高速道路の洛河特大橋が接続陝西省
    2020年10月06日
    黄蒲高速道路の洛河特大橋が接続陝西省

    6日、橋桁の接続が完了した黄蒲高速道路の洛河特大橋。(小型無人機から)中国陝西省の延安市黄竜県と渭南市蒲城県の間で建設が進む黄蒲高速道路でこのほど、重要建設プロジェクト「洛河特大橋」の橋桁の接続が完了した。(西安=新華社配信/銭磊)=2020(令和2)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906362

  •  黄蒲高速道路の洛河特大橋が接続陝西省
    2020年10月06日
    黄蒲高速道路の洛河特大橋が接続陝西省

    6日、橋桁の接続が完了した黄蒲高速道路の洛河特大橋。(小型無人機から)中国陝西省の延安市黄竜県と渭南市蒲城県の間で建設が進む黄蒲高速道路でこのほど、重要建設プロジェクト「洛河特大橋」の橋桁の接続が完了した。(西安=新華社配信/銭磊)=2020(令和2)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906423

  •  黄蒲高速道路の洛河特大橋が接続陝西省
    2020年10月06日
    黄蒲高速道路の洛河特大橋が接続陝西省

    6日、橋桁の接続が完了した黄蒲高速道路の洛河特大橋。(小型無人機から)中国陝西省の延安市黄竜県と渭南市蒲城県の間で建設が進む黄蒲高速道路でこのほど、重要建設プロジェクト「洛河特大橋」の橋桁の接続が完了した。(西安=新華社配信/銭磊)=2020(令和2)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906245

  •  「新華社」黄蒲高速道路の洛河特大橋が接続陝西省
    00:58.92
    2020年10月08日
    「新華社」黄蒲高速道路の洛河特大橋が接続陝西省

    中国陝西省の延安市黄竜県と渭南市蒲城県の間で建設が進む黄蒲高速道路でこのほど、重要建設プロジェクト「洛河特大橋」の橋桁の接続が完了した。同特大橋は全長1538メートル、主橋脚の高さは最高131メートル。同高速は今回の橋桁完成により、年内全線開通の目標に一歩近づいた。(記者/張博文)<映像内容>黄蒲高速道路の洛河特大橋、橋桁の接続工事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101301738

  •  「新華社」洛陽市で千年にわたる服飾の変遷たどるファッションショー
    01:02.96
    2020年10月13日
    「新華社」洛陽市で千年にわたる服飾の変遷たどるファッションショー

    中国河南省洛陽市にある洛陽博物館でこのほど、千年以上にわたる服飾の変遷をたどるファッションショーが開催され、多くの市民の注目を集めた。隋代の青釉(せいゆう)女性俑、唐代の「彩絵単刀髷女性俑(さいえたんとうまげじょせいよう)」から北魏の泥塑(でいそ)頭像まで、同館が収蔵する文化財から「復元」した衣装を身にまとったモデルたちが、ランウェイを歩いた。今回のショーで披露されたのは、戦国時代から宋代までの古代の衣装計25点(セット)。復元チームは、出土した大量の衣装や装身具の実物を参考に、壁画、彫塑、書画などの美術工芸品や文献資料を照らし合わせ、さまざまな時代の衣装の柄や髪型を忠実に「復元」した。また、草木染め、錦織り、刺しゅうなどの伝統工芸品を用いることで、千年ほど前に伊洛河(同市を流れる川)のほとりで栄えた文化の輝かしい繁栄を表現した。(記者/楊琳)<映像内容>千年以上にわたる服飾の変遷をたどるファッションショーの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408350

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:18.87
    2021年12月27日
    「新華社」河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見

    中国河南省洛陽市宜陽県にある仰韶文化(ぎょうしょう、黄河中流域の新石器時代文化)を主体とした蘇羊遺跡で6カ月にわたり実施された調査と発掘で、長江流域の屈家嶺(くつかれい)文化の要素が濃厚な器物と、東北部の紅山文化の特徴を備えた獣頭石彫が見つかった。専門家は今回の発見について、屈家嶺文化の北への伝播が中原地域(黄河中・下流域)に及ぼした影響を知る貴重な新資料であり、約5千年前の河洛地域(洛陽を中心とした黄河と洛河が交わる平原)における黄河文明と長江文明の交流と融合を反映しているとの見方を示した。同遺跡は宜陽県の張塢(ちょうお)鎮にある。下村地区と蘇羊地区の南北2地区に分かれており、面積は60万平方メートルを超える。蘇羊地区では、比較的保存状態のよい仰韶文化中期の住居跡が多く出土した。うち、北西から南東へ部屋が並ぶ住居跡は、床が平坦でコンクリートのような硬さと滑らかさを持ち、倒壊した壁体も広範囲で見られた。北京大学考古文博学院の張海(ちょう・かい)副院長は「このような形式の住居は廟底溝遺跡(河南省陝県)で見つかっているが、洛陽地区では初めて」と説明。保存状態の比較的良い建築遺構は新石器時代中・後期の河洛地域の建築技術と建築文化を探る上で重要な資料になると述べた。同地区では、これまでに住居跡11カ所、灰坑と窯穴126個、溝1本を発掘し、土器や石器、骨器などが出土した。張氏は「蘇羊遺跡で最も驚かされたのは、異なる文明の要素が一つの遺跡に集まっていたことだ」と興奮気味に語った。灰坑の出土品は屈家嶺文化の要素を持つ土器が大半を占め、ある灰坑からは横装寛扁足盆形鼎や罐形鼎、双腹豆、圏足杯、花辺捉手器蓋、彩陶紡輪など復元可能な器物20点余りが見つかったという。仰韶文化後期の中原地域ですでに長江流域の屈家嶺文化と黄河中流の仰韶文化が深く交流し、衝突していたことを示唆している。このほか、同遺跡から出土した虎の頭に似た獣頭の石彫は、紅山文化の半拉山墓地で出土した獣頭の鉞(まさかり)の飾りと形状が極めて似ていた。張氏は「仰韶文化と紅山文化の間にも密接な交流があったことを基本的に証明している。しかも、それは上流階級で起こっていた可能性が高い」と語る。同遺跡は、洛陽と長安(現在の陝西省西安市)を結ぶ崤函(こうかん)古道の南ルートに位置しており、古くから文化交流の重要な結節点だった。張氏は、 =配信日: 2021(令和3)年12月27...

    商品コード: 2021122704903

  •  (2)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見
    2021年12月27日
    (2)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見

    15日、蘇羊遺跡蘇羊地区の中核生活エリアの発掘現場(部分)。(小型無人機から)中国河南省洛陽市宜陽県にある仰韶文化(ぎょうしょう、黄河中流域の新石器時代文化)を主体とした蘇羊遺跡で6カ月にわたり実施された調査と発掘で、長江流域の屈家嶺(くつかれい)文化の要素が濃厚な器物と、東北部の紅山文化の特徴を備えた獣頭石彫が見つかった。専門家は今回の発見について、屈家嶺文化の北への伝播が中原地域(黄河中・下流域)に及ぼした影響を知る貴重な新資料であり、約5千年前の河洛地域(洛陽を中心とした黄河と洛河が交わる平原)における黄河文明と長江文明の交流と融合を反映しているとの見方を示した。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122705956

  •  (10)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見
    2021年12月27日
    (10)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見

    15日、蘇羊遺跡から出土した玉鉞(ぎょくえつ)。中国河南省洛陽市宜陽県にある仰韶文化(ぎょうしょう、黄河中流域の新石器時代文化)を主体とした蘇羊遺跡で6カ月にわたり実施された調査と発掘で、長江流域の屈家嶺(くつかれい)文化の要素が濃厚な器物と、東北部の紅山文化の特徴を備えた獣頭石彫が見つかった。専門家は今回の発見について、屈家嶺文化の北への伝播が中原地域(黄河中・下流域)に及ぼした影響を知る貴重な新資料であり、約5千年前の河洛地域(洛陽を中心とした黄河と洛河が交わる平原)における黄河文明と長江文明の交流と融合を反映しているとの見方を示した。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122706026

  •  (3)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見
    2021年12月27日
    (3)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見

    15日、蘇羊遺跡蘇羊地区の中核生活エリアの発掘現場(部分)。(小型無人機から)中国河南省洛陽市宜陽県にある仰韶文化(ぎょうしょう、黄河中流域の新石器時代文化)を主体とした蘇羊遺跡で6カ月にわたり実施された調査と発掘で、長江流域の屈家嶺(くつかれい)文化の要素が濃厚な器物と、東北部の紅山文化の特徴を備えた獣頭石彫が見つかった。専門家は今回の発見について、屈家嶺文化の北への伝播が中原地域(黄河中・下流域)に及ぼした影響を知る貴重な新資料であり、約5千年前の河洛地域(洛陽を中心とした黄河と洛河が交わる平原)における黄河文明と長江文明の交流と融合を反映しているとの見方を示した。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122705953

  •  (4)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見
    2021年12月27日
    (4)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見

    15日、蘇羊遺跡蘇羊地区の中核生活エリアで発掘作業を進めるスタッフ。中国河南省洛陽市宜陽県にある仰韶文化(ぎょうしょう、黄河中流域の新石器時代文化)を主体とした蘇羊遺跡で6カ月にわたり実施された調査と発掘で、長江流域の屈家嶺(くつかれい)文化の要素が濃厚な器物と、東北部の紅山文化の特徴を備えた獣頭石彫が見つかった。専門家は今回の発見について、屈家嶺文化の北への伝播が中原地域(黄河中・下流域)に及ぼした影響を知る貴重な新資料であり、約5千年前の河洛地域(洛陽を中心とした黄河と洛河が交わる平原)における黄河文明と長江文明の交流と融合を反映しているとの見方を示した。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122705970

  •  (8)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見
    2021年12月27日
    (8)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見

    15日、蘇羊遺跡から出土した虎の頭に似た獣頭の石彫。中国河南省洛陽市宜陽県にある仰韶文化(ぎょうしょう、黄河中流域の新石器時代文化)を主体とした蘇羊遺跡で6カ月にわたり実施された調査と発掘で、長江流域の屈家嶺(くつかれい)文化の要素が濃厚な器物と、東北部の紅山文化の特徴を備えた獣頭石彫が見つかった。専門家は今回の発見について、屈家嶺文化の北への伝播が中原地域(黄河中・下流域)に及ぼした影響を知る貴重な新資料であり、約5千年前の河洛地域(洛陽を中心とした黄河と洛河が交わる平原)における黄河文明と長江文明の交流と融合を反映しているとの見方を示した。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122705990

  •  (9)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見
    2021年12月27日
    (9)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見

    15日、蘇羊遺跡から出土した彩陶紡輪。中国河南省洛陽市宜陽県にある仰韶文化(ぎょうしょう、黄河中流域の新石器時代文化)を主体とした蘇羊遺跡で6カ月にわたり実施された調査と発掘で、長江流域の屈家嶺(くつかれい)文化の要素が濃厚な器物と、東北部の紅山文化の特徴を備えた獣頭石彫が見つかった。専門家は今回の発見について、屈家嶺文化の北への伝播が中原地域(黄河中・下流域)に及ぼした影響を知る貴重な新資料であり、約5千年前の河洛地域(洛陽を中心とした黄河と洛河が交わる平原)における黄河文明と長江文明の交流と融合を反映しているとの見方を示した。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122706024

  •  (11)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見
    2021年12月27日
    (11)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見

    15日、蘇羊遺跡から出土した玉器。中国河南省洛陽市宜陽県にある仰韶文化(ぎょうしょう、黄河中流域の新石器時代文化)を主体とした蘇羊遺跡で6カ月にわたり実施された調査と発掘で、長江流域の屈家嶺(くつかれい)文化の要素が濃厚な器物と、東北部の紅山文化の特徴を備えた獣頭石彫が見つかった。専門家は今回の発見について、屈家嶺文化の北への伝播が中原地域(黄河中・下流域)に及ぼした影響を知る貴重な新資料であり、約5千年前の河洛地域(洛陽を中心とした黄河と洛河が交わる平原)における黄河文明と長江文明の交流と融合を反映しているとの見方を示した。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122706028

  •  (1)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見
    2021年12月27日
    (1)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見

    15日、蘇羊遺跡蘇羊地区の中核生活エリアの発掘現場。(小型無人機から)中国河南省洛陽市宜陽県にある仰韶文化(ぎょうしょう、黄河中流域の新石器時代文化)を主体とした蘇羊遺跡で6カ月にわたり実施された調査と発掘で、長江流域の屈家嶺(くつかれい)文化の要素が濃厚な器物と、東北部の紅山文化の特徴を備えた獣頭石彫が見つかった。専門家は今回の発見について、屈家嶺文化の北への伝播が中原地域(黄河中・下流域)に及ぼした影響を知る貴重な新資料であり、約5千年前の河洛地域(洛陽を中心とした黄河と洛河が交わる平原)における黄河文明と長江文明の交流と融合を反映しているとの見方を示した。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122705955

  •  (6)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見
    2021年12月27日
    (6)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見

    15日、蘇羊遺跡蘇羊地区の中核生活エリアで発掘作業を進めるスタッフ。中国河南省洛陽市宜陽県にある仰韶文化(ぎょうしょう、黄河中流域の新石器時代文化)を主体とした蘇羊遺跡で6カ月にわたり実施された調査と発掘で、長江流域の屈家嶺(くつかれい)文化の要素が濃厚な器物と、東北部の紅山文化の特徴を備えた獣頭石彫が見つかった。専門家は今回の発見について、屈家嶺文化の北への伝播が中原地域(黄河中・下流域)に及ぼした影響を知る貴重な新資料であり、約5千年前の河洛地域(洛陽を中心とした黄河と洛河が交わる平原)における黄河文明と長江文明の交流と融合を反映しているとの見方を示した。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122705969

  •  (5)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見
    2021年12月27日
    (5)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見

    15日、蘇羊遺跡蘇羊地区の中核生活エリアで発掘作業を進めるスタッフ。中国河南省洛陽市宜陽県にある仰韶文化(ぎょうしょう、黄河中流域の新石器時代文化)を主体とした蘇羊遺跡で6カ月にわたり実施された調査と発掘で、長江流域の屈家嶺(くつかれい)文化の要素が濃厚な器物と、東北部の紅山文化の特徴を備えた獣頭石彫が見つかった。専門家は今回の発見について、屈家嶺文化の北への伝播が中原地域(黄河中・下流域)に及ぼした影響を知る貴重な新資料であり、約5千年前の河洛地域(洛陽を中心とした黄河と洛河が交わる平原)における黄河文明と長江文明の交流と融合を反映しているとの見方を示した。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122705971

  •  (7)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見
    2021年12月27日
    (7)河南省の蘇羊遺跡、5千年前の多元的文化交流の証拠を発見

    15日、蘇羊遺跡蘇羊地区の中核生活エリアで発掘作業を進めるスタッフ。中国河南省洛陽市宜陽県にある仰韶文化(ぎょうしょう、黄河中流域の新石器時代文化)を主体とした蘇羊遺跡で6カ月にわたり実施された調査と発掘で、長江流域の屈家嶺(くつかれい)文化の要素が濃厚な器物と、東北部の紅山文化の特徴を備えた獣頭石彫が見つかった。専門家は今回の発見について、屈家嶺文化の北への伝播が中原地域(黄河中・下流域)に及ぼした影響を知る貴重な新資料であり、約5千年前の河洛地域(洛陽を中心とした黄河と洛河が交わる平原)における黄河文明と長江文明の交流と融合を反映しているとの見方を示した。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122705988

  •  (5)西延高速鉄道の建設、着実に進展陝西省
    2022年04月29日
    (5)西延高速鉄道の建設、着実に進展陝西省

    25日、延安市洛川県にある西延高速鉄道交口鎮北洛河の特大橋の建設現場。(小型無人機から)中国陝西省の黄土高原地域はこのところ気温が上昇し、西延(西安-延安)高速鉄道の建設部門は、施工に有利な時期を逃さず、プロジェクトを着実に進めている。同鉄道は中国の高速鉄道網の一つ、包(銀)海(包頭-銀川-海口)高速鉄道の重要部分を構成する。開通後は西安から延安までの所要時間が、現在の2時間半から1時間程度に短縮される。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908138

  •  (6)西延高速鉄道の建設、着実に進展陝西省
    2022年04月29日
    (6)西延高速鉄道の建設、着実に進展陝西省

    25日、延安市洛川県にある西延高速鉄道交口鎮北洛河の特大橋の建設現場。(小型無人機から)中国陝西省の黄土高原地域はこのところ気温が上昇し、西延(西安-延安)高速鉄道の建設部門は、施工に有利な時期を逃さず、プロジェクトを着実に進めている。同鉄道は中国の高速鉄道網の一つ、包(銀)海(包頭-銀川-海口)高速鉄道の重要部分を構成する。開通後は西安から延安までの所要時間が、現在の2時間半から1時間程度に短縮される。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908139

  •  (7)西延高速鉄道の建設、着実に進展陝西省
    2022年04月29日
    (7)西延高速鉄道の建設、着実に進展陝西省

    25日、延安市洛川県にある西延高速鉄道交口鎮北洛河の特大橋の建設現場で働く中鉄二十局集団の作業員。中国陝西省の黄土高原地域はこのところ気温が上昇し、西延(西安-延安)高速鉄道の建設部門は、施工に有利な時期を逃さず、プロジェクトを着実に進めている。同鉄道は中国の高速鉄道網の一つ、包(銀)海(包頭-銀川-海口)高速鉄道の重要部分を構成する。開通後は西安から延安までの所要時間が、現在の2時間半から1時間程度に短縮される。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908141

  •  Remote village in C China turned into popular destination for artists
    02:23.26
    2022年10月05日
    Remote village in C China turned into popular destination for artists

    STORY: Remote village in C China turned into popular destination for artistsDATELINE: Oct. 5, 2022LENGTH: 00:02:23LOCATION: ZHENGZHOU, ChinaCATEGORY: SOCIETYSHOTLIST:1. various of Shibanyan Town2. SOUNDBITE 1 (Chinese): HU ZHENGHAO, Student3. SOUNDBITE 2 (Chinese): XING RAN, Student4. SOUNDBITE 3 (Chinese): WU YUHAN, Student5. SOUNDBITE 4 (Chinese): WU GUIQIN, Vice Principal, Luohe No. 2 High School6. SOUNDBITE 5 (Chinese): GU CUIPING, VillagerSTORYLINE:Shibanyan, a beautiful township in Central China‘s Henan province has become a popular destination for art practitioners.Every summer, art students from all over the country would come here and practice sketching or painting.SOUNDBITE 1 (Chinese): HU ZHENGHAO, Student“The scenery here is very beautiful...= 配信日: 2022(令和4)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100612326

  •  (12)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (12)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている十二生肖博局文銅鏡(晋代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103104151

  •  (11)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (11)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている位至三公変形四葉文鏡(漢代、左)、生如山石変形四葉文鏡(晋代、右)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103104152

  •  (10)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (10)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている漢代の銅鏡。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103104153

  •  (7)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (7)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている位至三公変形四葉文鏡(漢代、左)、生如山石変形四葉文鏡(晋代、右)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103104128

  •  (4)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (4)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている鳥獣葡萄文鏡(唐代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103104121

  •  (20)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (20)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている菱形団花文銅鏡(中央、唐代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103105107

  •  (1)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (1)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている円形牡丹団花鏡(唐代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103104122

  •  (15)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (15)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている双魚銅鏡(金代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103104155

  •  (21)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (21)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている葵花形銘文鏡(宋代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103105120

  •  (5)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (5)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている雲竜文銅鏡(隋代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103104124

  •  (8)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (8)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている漢代の銅鏡。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103104130

  •  (18)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (18)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている双竜禽鳥葡萄文銅鏡(唐代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103105116

  •  (19)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (19)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている銘文神獣文銅鏡(中央、唐代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103105110

  •  (2)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (2)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている唐、宋、清各時代の銅鏡。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103104131

  •  (3)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (3)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている方形瑞獣葡萄鏡(唐代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103104123

  •  (6)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (6)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている亜形牡丹文銅鏡(宋代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103104127

  •  (13)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (13)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている君宜高官夔鳳(きほう)文銅鏡(晋代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103104154

  •  (14)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (14)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている長宜高官連弧文鏡(漢代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103104157

  •  (9)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (9)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている神獣銘文鏡(漢代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103104150

  •  (14)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (14)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている保宜子孫連弧文銅鏡(晋代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103105106

  •  (17)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市
    2022年10月31日
    (17)鞏義博物館蔵の銅鏡河南省鞏義市

    鞏義博物館で展示されている徐氏造神獣鏡(漢代)。(8月26日撮影)中国で最古の銅鏡は、甘粛省の黄河上流域で4千年前に存在した斉家文化の遺跡から出土した。華夏文明の中心地帯に位置する河南省鞏義(きょうぎ)市は、黄河と洛河が交差する地域で栄えた河洛文化の発祥地であり、戦国、両漢(前漢・後漢)、晋、隋、唐、宋、明、清各時代の銅鏡が出土している。文様や銘文、紀年は、当時の政治、経済、文化の発展と、鞏義の地域的特性を反映している。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022103105108

  • 1