KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 和田
  • タクラマカン砂漠
  • 協同組合
  • 位置
  • 南端
  • 畜産
  • 丁磊
  • 交通

「洛浦」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
52
( 1 52 件を表示)
  • 1
52
( 1 52 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月16日
    四川省興文県の地震、負傷者16人に

    16日、地震で崩れた興文県周家鎮洛浦村の山。中国四川省宜賓(ぎひん)市興文県で16日、マグニチュード(M)5・7の地震が起きた。応急管理部の関係責任者によると、16日午後5時半時点の負傷者は16人との情報が入っている。(興文=新華社配信/張可凡)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121811243

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月16日
    四川省興文県の地震、負傷者16人に

    16日、地震で壁にひび割れが生じた興文県周家鎮洛浦村の家屋。中国四川省宜賓(ぎひん)市興文県で16日、マグニチュード(M)5・7の地震が起きた。応急管理部の関係責任者によると、16日午後5時半時点の負傷者は16人との情報が入っている。(興文=新華社配信/張可凡)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121811261

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月18日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    18日、ロプ県にある乳業メーカーの乳牛繁殖基地の一角。(小型無人機から)タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505932

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月18日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    18日、ロプ県ハンギヤ(杭桂)鎮和佳新村にあるハトの繁殖基地で、ハトの成長具合をチェックする従業員。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505645

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月18日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    18日、ロプ県ハンギヤ(杭桂)鎮和佳新村にあるハトの繁殖基地。(小型無人機から)タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505688

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月18日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    18日、ロプ県ハンギヤ(杭桂)鎮和佳新村にあるハトの繁殖基地で、ハトに餌を与える従業員。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505908

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    19日、チラ県チラ郷托帕艾日克村にあるウシの飼育場で、ウシに餌を与える村民。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505862

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    19日、チラ県チラ郷鉄熱克艾日克村にある飼育場で働く従業員。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505769

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    19日、チラ県の飼育基地にある飼育場。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505933

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    19日、チラ県にある「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により開発された小康新区の家畜の飼育場。(小型無人機から)タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505636

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    19日、チラ県にあるウサギ飼育場で、ウサギに餌を与える従業員。タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505545

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区

    19日、チラ県にあるウサギの飼育基地。(小型無人機から)タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505825

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆南部走る和若鉄道、建設工事が着実に進む

    25日、新疆ウイグル自治区和若鉄道チラ河1号特大橋の工事現場で橋の架設作業をする作業員と機械。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事現場はこのところ、忙しさを増しており、レール敷設、路床ののり面保護、橋の架設などの作業が着実に進められている。和若鉄道は全長約825キロで、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分で、2020年5月からレールの敷設が始まった。工事が完了すると、これまで鉄道が通っていなかった同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などにも列車が走り、同地区から同自治区外に出る距離が千キロ余り短縮され、同自治区南部地域の経済・社会の発展が加速すると見込まれている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104527

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆南部走る和若鉄道、建設工事が着実に進む

    25日、新疆ウイグル自治区和若鉄道に沿ってヨシで作られた流砂防止用のフェンス。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事現場はこのところ、忙しさを増しており、レール敷設、路床ののり面保護、橋の架設などの作業が着実に進められている。和若鉄道は全長約825キロで、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分で、2020年5月からレールの敷設が始まった。工事が完了すると、これまで鉄道が通っていなかった同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などにも列車が走り、同地区から同自治区外に出る距離が千キロ余り短縮され、同自治区南部地域の経済・社会の発展が加速すると見込まれている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104564

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    タリム盆地環状鉄道線を構成、和若鉄道の工事が進む新疆ウイグル自治区

    9月25日、新疆ウイグル自治区の和若鉄道策勒河2号橋で、機械設備を使用して施工作業を行う作業員。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事は2020年5月、レール敷設工事が正式に始まった。同鉄道は全長約825キロ、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分になる。完成するとロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などが、これまでの鉄道のない歴史に終止符を打ち、同自治区南部地域の経済社会発展が加速することになる。(和田=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500817

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    タリム盆地環状鉄道線を構成、和若鉄道の工事が進む新疆ウイグル自治区

    9月25日、レールの固定作業を行う作業員。中国新疆ウイグル自治区のホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事は2020年5月、レール敷設工事が正式に始まった。同鉄道は全長約825キロ、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分になる。完成するとロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などが、これまでの鉄道のない歴史に終止符を打ち、同自治区南部地域の経済社会発展が加速することになる。(和田=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500837

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆南部走る和若鉄道、建設工事が着実に進む

    25日、新疆ウイグル自治区和若鉄道の工事現場に置かれた擦り切れた手袋。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事現場はこのところ、忙しさを増しており、レール敷設、路床ののり面保護、橋の架設などの作業が着実に進められている。和若鉄道は全長約825キロで、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分で、2020年5月からレールの敷設が始まった。工事が完了すると、これまで鉄道が通っていなかった同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などにも列車が走り、同地区から同自治区外に出る距離が千キロ余り短縮され、同自治区南部地域の経済・社会の発展が加速すると見込まれている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104488

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆南部走る和若鉄道、建設工事が着実に進む

    25日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ロプ県内でレールを敷設する作業員と機械。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事現場はこのところ、忙しさを増しており、レール敷設、路床ののり面保護、橋の架設などの作業が着実に進められている。和若鉄道は全長約825キロで、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分で、2020年5月からレールの敷設が始まった。工事が完了すると、これまで鉄道が通っていなかった同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などにも列車が走り、同地区から同自治区外に出る距離が千キロ余り短縮され、同自治区南部地域の経済・社会の発展が加速すると見込まれている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104562

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    タリム盆地環状鉄道線を構成、和若鉄道の工事が進む新疆ウイグル自治区

    9月25日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ロプ県の境界内で、機械設備を使用してレール敷設作業を行う作業員。中国新疆ウイグル自治区のホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事は2020年5月、レール敷設工事が正式に始まった。同鉄道は全長約825キロ、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分になる。完成するとロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などが、これまでの鉄道のない歴史に終止符を打ち、同自治区南部地域の経済社会発展が加速することになる。(和田=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500756

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆南部走る和若鉄道、建設工事が着実に進む

    25日、新疆ウイグル自治区和若鉄道の工事現場。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事現場はこのところ、忙しさを増しており、レール敷設、路床ののり面保護、橋の架設などの作業が着実に進められている。和若鉄道は全長約825キロで、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分で、2020年5月からレールの敷設が始まった。工事が完了すると、これまで鉄道が通っていなかった同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などにも列車が走り、同地区から同自治区外に出る距離が千キロ余り短縮され、同自治区南部地域の経済・社会の発展が加速すると見込まれている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104473

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    タリム盆地環状鉄道線を構成、和若鉄道の工事が進む新疆ウイグル自治区

    9月25日、新疆ウイグル自治区の和若鉄道策勒河2号橋で、機械設備を使用して施工作業を行う作業員。中国新疆ウイグル自治区のホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事は2020年5月、レール敷設工事が正式に始まった。同鉄道は全長約825キロ、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分になる。完成するとロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などが、これまでの鉄道のない歴史に終止符を打ち、同自治区南部地域の経済社会発展が加速することになる。(和田=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500694

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆南部走る和若鉄道、建設工事が着実に進む

    25日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ロプ県内でレールを敷設する作業員と機械。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事現場はこのところ、忙しさを増しており、レール敷設、路床ののり面保護、橋の架設などの作業が着実に進められている。和若鉄道は全長約825キロで、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分で、2020年5月からレールの敷設が始まった。工事が完了すると、これまで鉄道が通っていなかった同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などにも列車が走り、同地区から同自治区外に出る距離が千キロ余り短縮され、同自治区南部地域の経済・社会の発展が加速すると見込まれている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104519

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆南部走る和若鉄道、建設工事が着実に進む

    25日、新疆ウイグル自治区和若鉄道チラ河2号橋の上で作業する作業員と機械。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事現場はこのところ、忙しさを増しておりレール敷設、路床ののり面保護、橋の架設などの作業が着実に進められている。和若鉄道は全長約825キロで、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分で、2020年5月からレールの敷設が始まった。工事が完了すると、これまで鉄道が通っていなかった同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などにも列車が走り、同地区から同自治区外に出る距離が千キロ余り短縮され、同自治区南部地域の経済・社会の発展が加速すると見込まれている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104538

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆南部走る和若鉄道、建設工事が着実に進む

    25日、新疆ウイグル自治区和若鉄道チラ河2号橋の上で作業する作業員と機械。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事現場はこのところ、忙しさを増しており、レール敷設、路床ののり面保護、橋の架設などの作業が着実に進められている。和若鉄道は全長約825キロで、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分で、2020年5月からレールの敷設が始まった。工事が完了すると、これまで鉄道が通っていなかった同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などにも列車が走り、同地区から同自治区外に出る距離が千キロ余り短縮され、同自治区南部地域の経済・社会の発展が加速すると見込まれている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104619

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆南部走る和若鉄道、建設工事が着実に進む

    25日、新疆ウイグル自治区和若鉄道チラ河1号特大橋の工事現場で橋の架設作業をする作業員と機械。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事現場はこのところ、忙しさを増しており、レール敷設、路床ののり面保護、橋の架設などの作業が着実に進められている。和若鉄道は全長約825キロで、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分で、2020年5月からレールの敷設が始まった。工事が完了すると、これまで鉄道が通っていなかった同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などにも列車が走り、同地区から同自治区外に出る距離が千キロ余り短縮され、同自治区南部地域の経済・社会の発展が加速すると見込まれている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104423

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆南部走る和若鉄道、建設工事が着実に進む

    25日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ロプ県内でレール敷設作業を行う軌道敷設機。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事現場はこのところ、忙しさを増しており、レール敷設、路床ののり面保護、橋の架設などの作業が着実に進められている。和若鉄道は全長約825キロで、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分で、2020年5月からレールの敷設が始まった。工事が完了すると、これまで鉄道が通っていなかった同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などにも列車が走り、同地区から同自治区外に出る距離が千キロ余り短縮され、同自治区南部地域の経済・社会の発展が加速すると見込まれている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104588

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆南部走る和若鉄道、建設工事が着実に進む

    25日、レールを固定する作業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事現場はこのところ、忙しさを増しており、レール敷設、路床ののり面保護、橋の架設などの作業が着実に進められている。和若鉄道は全長約825キロで、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分で、2020年5月からレールの敷設が始まった。工事が完了すると、これまで鉄道が通っていなかった同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などにも列車が走り、同地区から同自治区外に出る距離が千キロ余り短縮され、同自治区南部地域の経済・社会の発展が加速すると見込まれている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104561

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆南部走る和若鉄道、建設工事が着実に進む

    25日、新疆ウイグル自治区和若鉄道チラ河2号橋の上で作業する作業員と機械。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事現場はこのところ、忙しさを増しており、レール敷設、路床ののり面保護、橋の架設などの作業が着実に進められている。和若鉄道は全長約825キロで、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分で、2020年5月からレールの敷設が始まった。工事が完了すると、これまで鉄道が通っていなかった同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などにも列車が走り、同地区から同自治区外に出る距離が千キロ余り短縮され、同自治区南部地域の経済・社会の発展が加速すると見込まれている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104617

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    タリム盆地環状鉄道線を構成、和若鉄道の工事が進む新疆ウイグル自治区

    9月25日、新疆ウイグル自治区の和若鉄道の線路に沿って伸びる、砂の流入・侵食を抑えるためのヨシの砂防フェンス。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のホータン(和田)地区とバインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県を結ぶ和若鉄道の工事は2020年5月、レール敷設工事が正式に始まった。同鉄道は全長約825キロ、タリム盆地鉄道環状線の重要な構成部分になる。完成するとロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などが、これまでの鉄道のない歴史に終止符を打ち、同自治区南部地域の経済社会発展が加速することになる。(和田=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500784

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    ロプ県に北京ダック用アヒルの飼育拠点新疆ウイグル自治区

    2日、ロプ(洛浦)県奮斗家禽養殖農民専業合作社(協同組合)で、アヒルが餌を食べる様子をチェックする飼育員。中国北京市の店で舌鼓を打った北京ダックは、実は4千キロ余り離れた新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区で飼育されたアヒルかもしれない。同地区のロプ(洛浦)県は崑崙山脈の北麓、タクラマカン砂漠の南端に位置し、オアシスの面積は県全体の6%にも満たない。地元の人々の多くがこれまでアヒルを見たこともなかったが、ここに北京ダック用のアヒルの品種「北京四系鴨」の中国で2番目に大きい飼育拠点が建設された。ホータン産のアヒル千トンほどが、ロプ県から北京や上海市、浙江省などへ輸送されている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309994

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    2日、ロプ県の奮闘家禽養殖農民専業合作社のアヒル飼育場の一角。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。 同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104410

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    ロプ県に北京ダック用アヒルの飼育拠点新疆ウイグル自治区

    2日、ロプ(洛浦)県奮斗家禽養殖農民専業合作社(協同組合)で飼育されている食用アヒル。中国北京市の店で舌鼓を打った北京ダックは、実は4千キロ余り離れた新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区で飼育されたアヒルかもしれない。同地区のロプ(洛浦)県は崑崙山脈の北麓、タクラマカン砂漠の南端に位置し、オアシスの面積は県全体の6%にも満たない。地元の人々の多くがこれまでアヒルを見たこともなかったが、ここに北京ダック用のアヒルの品種「北京四系鴨」の中国で2番目に大きい飼育拠点が建設された。ホータン産のアヒル千トンほどが、ロプ県から北京や上海市、浙江省などへ輸送されている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309889

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    ロプ県に北京ダック用アヒルの飼育拠点新疆ウイグル自治区

    2日、ロプ(洛浦)県奮斗家禽養殖農民専業合作社(協同組合)で飼育されている食用アヒル。中国北京市の店で舌鼓を打った北京ダックは、実は4千キロ余り離れた新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区で飼育されたアヒルかもしれない。同地区のロプ(洛浦)県は崑崙山脈の北麓、タクラマカン砂漠の南端に位置し、オアシスの面積は県全体の6%にも満たない。地元の人々の多くがこれまでアヒルを見たこともなかったが、ここに北京ダック用のアヒルの品種「北京四系鴨」の中国で2番目に大きい飼育拠点が建設された。ホータン産のアヒル千トンほどが、ロプ県から北京や上海市、浙江省などへ輸送されている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111310011

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    ロプ県に北京ダック用アヒルの飼育拠点新疆ウイグル自治区

    2日、ロプ(洛浦)県奮斗家禽養殖農民専業合作社(協同組合)で飼育されている食用アヒル。中国北京市の店で舌鼓を打った北京ダックは、実は4千キロ余り離れた新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区で飼育されたアヒルかもしれない。同地区のロプ(洛浦)県は崑崙山脈の北麓、タクラマカン砂漠の南端に位置し、オアシスの面積は県全体の6%にも満たない。地元の人々の多くがこれまでアヒルを見たこともなかったが、ここに北京ダック用のアヒルの品種「北京四系鴨」の中国で2番目に大きい飼育拠点が建設された。ホータン産のアヒル千トンほどが、ロプ県から北京や上海市、浙江省などへ輸送されている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309909

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    2日、ロプ県の奮闘家禽養殖農民専業合作社で、アヒルの飼料を補充する飼育員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104539

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    2日、ロプ県の奮闘家禽養殖農民専業合作社で、アヒル飼育場を掃除する飼育員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104729

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    2日、ロプ県の奮闘家禽養殖農民専業合作社で撮影した食用アヒル。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104594

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    ロプ県に北京ダック用アヒルの飼育拠点新疆ウイグル自治区

    2日、ロプ(洛浦)県奮斗家禽養殖農民専業合作社(協同組合)で、柵から飛び出したアヒルを戻す飼育員。中国北京市の店で舌鼓を打った北京ダックは、実は4千キロ余り離れた新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区で飼育されたアヒルかもしれない。同地区のロプ(洛浦)県は崑崙山脈の北麓、タクラマカン砂漠の南端に位置し、オアシスの面積は県全体の6%にも満たない。地元の人々の多くがこれまでアヒルを見たこともなかったが、ここに北京ダック用のアヒルの品種「北京四系鴨」の中国で2番目に大きい飼育拠点が建設された。ホータン産のアヒル千トンほどが、ロプ県から北京や上海市、浙江省などへ輸送されている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309952

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    ロプ県に北京ダック用アヒルの飼育拠点新疆ウイグル自治区

    2日、ロプ(洛浦)県奮斗家禽養殖農民専業合作社(協同組合)で、アヒルの餌を補充する飼育員。中国北京市の店で舌鼓を打った北京ダックは、実は4千キロ余り離れた新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区で飼育されたアヒルかもしれない。同地区のロプ(洛浦)県は崑崙山脈の北麓、タクラマカン砂漠の南端に位置し、オアシスの面積は県全体の6%にも満たない。地元の人々の多くがこれまでアヒルを見たこともなかったが、ここに北京ダック用のアヒルの品種「北京四系鴨」の中国で2番目に大きい飼育拠点が建設された。ホータン産のアヒル千トンほどが、ロプ県から北京や上海市、浙江省などへ輸送されている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309983

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で忙しく働く従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104401

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、アヒルの砂嚢(さのう、胃の一部)を処理する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104412

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    ロプ県に北京ダック用アヒルの飼育拠点新疆ウイグル自治区

    7日、ロプ(洛浦)県の食品会社、利田香農食品で、袋詰めされたアヒル肉の重さを量る従業員。中国北京市の店で舌鼓を打った北京ダックは、実は4千キロ余り離れた新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区で飼育されたアヒルかもしれない。同地区のロプ(洛浦)県は崑崙山脈の北麓、タクラマカン砂漠の南端に位置し、オアシスの面積は県全体の6%にも満たない。地元の人々の多くがこれまでアヒルを見たこともなかったが、ここに北京ダック用のアヒルの品種「北京四系鴨」の中国で2番目に大きい飼育拠点が建設された。ホータン産のアヒル千トンほどが、ロプ県から北京や上海市、浙江省などへ輸送されている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309892

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    ロプ県に北京ダック用アヒルの飼育拠点新疆ウイグル自治区

    7日、ロプ(洛浦)県の食品会社、利田香農食品で、アヒルを運ぶ従業員。中国北京市の店で舌鼓を打った北京ダックは、実は4千キロ余り離れた新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区で飼育されたアヒルかもしれない。同地区のロプ(洛浦)県は崑崙山脈の北麓、タクラマカン砂漠の南端に位置し、オアシスの面積は県全体の6%にも満たない。地元の人々の多くがこれまでアヒルを見たこともなかったが、ここに北京ダック用のアヒルの品種「北京四系鴨」の中国で2番目に大きい飼育拠点が建設された。ホータン産のアヒル千トンほどが、ロプ県から北京や上海市、浙江省などへ輸送されている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309957

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    ロプ県に北京ダック用アヒルの飼育拠点新疆ウイグル自治区

    7日、ロプ(洛浦)県の食品会社、利田香農食品で、袋詰めされたアヒル肉を運ぶ従業員。中国北京市の店で舌鼓を打った北京ダックは、実は4千キロ余り離れた新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区で飼育されたアヒルかもしれない。同地区のロプ(洛浦)県は崑崙山脈の北麓、タクラマカン砂漠の南端に位置し、オアシスの面積は県全体の6%にも満たない。地元の人々の多くがこれまでアヒルを見たこともなかったが、ここに北京ダック用のアヒルの品種「北京四系鴨」の中国で2番目に大きい飼育拠点が建設された。ホータン産のアヒル千トンほどが、ロプ県から北京や上海市、浙江省などへ輸送されている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309926

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、袋詰めされたアヒルの肉を運ぶ従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104497

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、アヒルの肉を包装する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104502

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、アヒルの舌を処理する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104438

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:02.12
    2020年11月14日
    「新華社」新疆ウイグル自治区、貧困からの脱却を発表

    中国新疆ウイグル自治区人民政府は14日、自治区内で最後まで残っていた貧困県10県が貧困から脱却し、自治区の絶対的貧困問題が解決したと発表した。自治区内の一部地区、特にタクラマカン砂漠周辺の南部4地区・自治州は長年、交通が不便で就業技能が限られ、産業発展が弱いなどの条件が影響し、貧困に悩まされてきた。今回貧困から脱却したのはカシュガル地区のヤルカンド(莎車)県、カルギリク(葉城)県、ファイザバード(伽師)県、イェンギサール(英吉沙)県、ホータン地区のカラカシュ(墨玉)県、グマ(皮山)県、ロプ(洛浦)県、チラ(策勒)県、ケリヤ(于田)県、クズルス・キルギス自治州のアクト(阿克陶)県の10県で、全て新疆南部に位置している。(記者/白志強、関俏俏、趙戈)<映像内容>新疆ウイグル自治区の貧困県10県が貧困から脱却、畜産などの様子、撮影日:2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902636

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:07.94
    2020年11月18日
    「新華社」アヒル飼育産業が地域経済をけん引新疆ウイグル自治区ロプ県

    中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、狭い土地に人口が多く、産業構造が単一であることが、経済発展を妨げてきた。同県はここ数年、貧困脱却堅塁攻略の取り組みを進める中で、発達・成熟した市場と整った産業チェーンを持つ食用アヒルの飼育産業を積極的に導入。現在では六つの郷と鎮に八つの合作社(協同組合)と11カ所の飼育基地を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。同県の食品加工会社、利田香農食品は地場産業による貧困支援事業の担い手として、繁殖用アヒルの飼育、ふ化、食肉処理、コールドチェーン物流など各段階の拠点を県内に置いている。北京ダック用アヒル「北京四系鴨」の生産で、中国で2番目に大きい繁殖飼育拠点を建設、今年の処理能力は2千万羽に達している。県内には現在、アヒル飼育用の施設が250棟あり、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資している。アヒル肉加工企業は、地元の貧困世帯308人を含む計574人を雇用している。(記者/丁磊、張鍾凱)<映像内容>アヒル飼育産業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902626

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:40.29
    2020年12月29日
    「新華社」砂漠のスキー場で軽快な滑り新疆ウイグル自治区

    冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区ホータン地区のロプ(洛浦)県では、観光客が砂漠の中にあるスキー場を訪れ、軽快な滑りを楽しんでいる。同県はタクラマカン砂漠の南端に位置し、冬の最低気温が氷点下10℃前後まで下がるものの、降雪量は少ないため、人工雪を使ったスキー場を開設した。同様のスキー場は中国西北部の多くの地域で運営されており、新疆のほか、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区などでも多くの観光客を引き付けている。(記者/張嘯誠) =配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122902912

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.09
    2021年01月23日
    「新華社」地元女性のライブ販売が人気新疆ホータン地区

    中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県にある電子商取引(EC)産業パークでは、ECチームでキャスターを務めるブヘルチェム・トゥルスントフティさんが淘宝(タオバオ)や快手などのプラットフォームを通じてライブ配信を行い、視聴者に地元の特色ある農産品を紹介している。農民の家庭で育ち、今年で22歳になるブヘルチェムさんは、かつてショッピングセンターで販売員をしていたが、1年前に親戚に紹介してもらいホータン地区で開催されたライブ販売の研修に参加した。半年間の学習を経て、今ではライブ配信のノウハウをしっかりと身に付けた。ブヘルチェムさんによると、ライブ配信での販売件数は当初の「2日で1件のオーダー」から「毎日100件のオーダー」にまで増加し、彼女と同僚の収入はいずれも4千元(1元=約16円)を超えており、これは以前には考えもしなかったことだ。今では、ライブ販売が人気となっており、各地のキャスターたちも今後に大きな期待を寄せている。ブヘルチェムさんが今最も楽しみにしているのは、ライブ配信ルームで全国各地のネットユーザーとおしゃべりすることで、ふるさとの特産物を販売するだけでなく、視野を広めることができるという。(記者/張嘯誠) =配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500286

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:42.19
    2022年04月22日
    「新華社」タクラマカン砂漠を巡る18日間1850キロの旅から帰還

    中国新疆ウイグル自治区でこのほど、男性グループがタクラマカン砂漠を巡る18日間1850キロの旅から帰還した。一行は4月初旬にバインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県を出発し、同州チャルチャン(且末)県、ホータン地区のニヤ(民豊)県、ケリヤ(于田)県、チラ(策勒)県、ロプ(洛浦)県、アクス地区のアクス(阿克蘇)市、シャヤール(沙雅)県を経てロプノール県に帰還した。(記者/宿伝義) =配信日: 2022(令和4)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042209303

  • 1