KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 保津川下り
  • 津川雅彦
  • 志津川湾
  • 中津川渓谷
  • 河津川
  • 平成
  • 屋外
  • ヘリ
  • 初夏
  • 紅葉

「津川」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2,071
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
2,071
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  保津川下り
    -
    保津川下り

    キーワード:1隻、ボート、屋外、渓谷、乗り物、乗る、人物、人間、川、船、漕ぐ、東洋人、日本、日本人、風景、複数、保津川下り、木立、風景メイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122302432

  •  嵐山保津川を下る筏
    -
    嵐山保津川を下る筏

    嵐山を保津川南岸より満開の桜の枝越しに東に遠望する。幾重にもつなげられ急流の保津川渓谷を下ってきた筏が、流れが穏やかとなる嵐山にて保津川南岸に集結し、貯木場となっている。左背後には小さく渡月橋が見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐119‐0]

    商品コード: 2017080903280

  •  保津峡を下る屋形船
    -
    保津峡を下る屋形船

    保津川を航行する屋形船を下流南岸から撮影する。手前の岩場には小舟が停泊している。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。玉村康三郎撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐120‐0]

    商品コード: 2017080903246

  •  保津川
    -
    保津川

    保津川=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号107‐42‐0]

    商品コード: 2017081501976

  •  Hiroshige - 53 Stations of the Tokaido - Print 18
    -
    Hiroshige - 53 Stations of the Tokaido - Print 18

    18 Okitsu - View near the mouth of the Okitsu River, looking out to sea, and two sumo wrestlers being carried upstream, one on a packhorse and the other in a kago. This flat area was noted for its beautiful view of the pine grove "Mihonomatsubara" highlighted by the pretty seascape backdrop. Utagawa Hiroshige (1797 - 1858). The Fifty-Three Stations of the Tokaido - Hoeido edition (1831-4) Date: 1831 - 1834、クレジット:Mary Evans Picture Library/ROBERT GILLMOR/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019080210966

  •  谷瀬の吊橋
    -
    谷瀬の吊橋

    キーワード:シルエット、ローアングル、雲、屋外、吉野郡、橋、空、建物、青空、谷瀬、吊り橋、日本、風景、無人、テーマメイン写真=撮影日不明、奈良県十津川村、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122901982

  •  桂川の渓谷
    -
    桂川の渓谷

    保津川渓谷上流を下流より望む。川の水量は比較的少なく、流れも緩やかなので、写真は河床に三脚を立て、カメラを固定して撮影されたと想像される。場所は特定できない。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐6‐0]

    商品コード: 2017081002433

  •  保津峡
    -
    保津峡

    保津川下り上流部の船内から下流を向いて撮影する。流れが急激に左に曲がっているので、撮影場所は請田神社附近と想像される。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐105‐0]

    商品コード: 2017080902965

  •  保津峡
    -
    保津峡

    保津川下りの船内から渓谷の奇岩を撮影する。岩には緑が茂り小さな花が咲いている。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐103‐0]

    商品コード: 2017080902923

  •  保津峡
    -
    保津峡

    保津川下りの船内から下流を撮影する。川の流れは急となり、両岸には大きな岩が目立つ。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐99‐0]

    商品コード: 2017080902956

  •  保津峡と京都鉄道保津川鉄橋
    -
    保津峡と京都鉄道保津川鉄橋

    保津川下りの船内から上流の京都鉄道保津川鉄橋を望む。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。写真は京都鉄道嵯峨・園部間が開通した1899年8月以後の撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐107‐0]

    商品コード: 2017080902921

  •  中津川に架かる見倉橋
    -
    中津川に架かる見倉橋

    キーワード:パース、屋外、橋、森林、川、中津川、吊り橋、道、日本、風景、無人、見倉橋、テーマメイン写真=撮影日不明、新潟県十日町市、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402851

  •  紅葉の中津川渓谷
    -
    紅葉の中津川渓谷

    キーワード:トレイル、屋外、渓谷、紅葉、自然、秋、森林、中津川渓谷、道、道路、日本、磐梯高原、風景、無人、木、遊歩道、葉、風景メイン写真=撮影日不明、福島県耶麻郡北塩原村、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062004087

  •  紅葉のブナ
    -
    紅葉のブナ

    キーワード:ブナ、屋外、紅葉、秋、植物、中津川渓谷、日本、無人、木、木の幹、葉、動植物メイン写真、耶麻郡北塩原村=撮影日不明、福島県福島市、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062004244

  •  Japan
    -
    Japan

    Ise shrines, the outer shrine geku and the inner shrine naiku, are the most important shintô shrines in Japan.、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100610843

  •  秋の中津川渓谷
    -
    秋の中津川渓谷

    キーワード:屋外、渓谷、渓流、紅葉、自然、秋、水、川、中津川渓谷、日本、磐梯高原、風景、無人、木、葉、落ち葉、風景メイン写真=撮影日不明、福島県猪苗代町、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061008826

  •  保津川
    -
    保津川

    険しい岩床が多く露出した保津峡である。川の両側に山並みがせまっている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐12‐0]

    商品コード: 2017080200734

  •  保津川・清滝川合流点
    -
    保津川・清滝川合流点

    保津川下りの船内から北に清滝川を望む。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号79‐15‐0]

    商品コード: 2017081401183

  •  保津川
    -
    保津川

    保津川=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号29‐8‐0]

    商品コード: 2017080902084

  •  秋の中津川渓谷
    -
    秋の中津川渓谷

    キーワード:モミジ、屋外、岩肌、渓谷、渓流、紅葉、国立公園、自然、秋、水、川、中津川渓谷、日本、磐梯朝日国立公園、風景、無人、木、葉、風景メイン写真=撮影日不明、福島県耶麻郡北塩原村、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061008487

  •  薫別川の鮭の群れ
    -
    薫別川の鮭の群れ

    キーワード:ハイアングル、屋外、魚、薫別川、群れ、鮭、生き物、日本、標津川、無人、野生、動植物メイン写真=撮影日不明、北海道、クレジット:ASO FUJITA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051303238

  •  紅葉の中津川渓谷
    -
    紅葉の中津川渓谷

    キーワード:屋外、渓谷、紅葉、自然、秋、森林、水、川、中津川渓谷、日本、風景、無人、木、木の幹、葉、植生、風景メイン写真=撮影日不明、福島県耶麻郡北塩原村、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062004298

  •  保津峡
    -
    保津峡

    保津川下り上流部の船内から下流を向いて撮影する。川の流れが真っ直ぐに伸びているので、撮影場所は請田神社のやや下流附近と想像される。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐104‐0]

    商品コード: 2017080902961

  •  保津峡
    -
    保津峡

    保津川下りの船内から護岸の奇岩群を望む。左端に岩の上で釣りをしている人の姿が見える。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐108‐0]

    商品コード: 2017080902963

  •  保津峡を下る屋形船
    -
    保津峡を下る屋形船

    保津川を航行する屋形船を上流南岸から撮影する。南岸の岩場ではシルクハットをかぶった紳士が椅子に向かい合って座り、行楽を楽しんでいる様子。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐29‐0]

    商品コード: 2017081002467

  •  保津峡を下る屋形船
    -
    保津峡を下る屋形船

    保津川の急流を下る屋形船を下流南岸の岩場の上から撮影する。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号59‐15‐0]

    商品コード: 2017081400601

  •  浅草観音境内ニ於イテ興行仕候 佛蘭西曲馬, French Equestrian Circus on the grounds of Asakusa Kannon temple,
    -
    浅草観音境内ニ於イテ興行仕候 佛蘭西曲馬, French Equestrian Circus on the grounds of Asakusa Kannon temple,

    浅草観音境内ニ於イテ興行仕候 佛蘭西曲馬, French Equestrian Circus on the grounds of Asakusa Kannon temple, (Asakusa kannon keidai ni oite kōgyō tsukawashi sōrō-Furansu kyokuba), 1871, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, 14 1/8 x 28 13/16 in. (35.9 x 73.2 cm), Prints, Utagawa Kuniteru (Japanese, 1830–1874).、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060408591

  •  紅葉の中津川渓谷
    -
    紅葉の中津川渓谷

    キーワード:モミジ、屋外、渓谷、紅葉、自然、秋、森林、中津川渓谷、日本、磐梯高原、風景、無人、木、木の幹、耶麻郡、風景メイン写真=撮影日不明、福島県北塩原村、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062003726

  •  Mimasu tokujirō no san
    -
    Mimasu tokujirō no san

    Mimasu tokujirō no san, Mimasu Tokujirō in the role of San., Katuskawa, Shunkō, 1743-1812, artist, [178-], 1 print : woodcut, color ; 31 x 14.4 cm., Ukiyo-e actor print, full-length portrait showing the actor Mimasu Tokujirō in an onnagata role as San fixing her hair and holding large wooden container in left hand.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020021705171

  •  保津峡に停泊する小舟
    -
    保津峡に停泊する小舟

    岩場に乗り付けた保津川下りの小舟を上流南岸から撮影する。山腹の森林の多くが刈り取られ、地肌があらわになっている。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号81‐25‐0]

    商品コード: 2017081401386

  •  保津川下り
    -
    保津川下り

    保津川下り=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号105‐40‐0]

    商品コード: 2017081501911

  •  保津川
    -
    保津川

    川幅が広く岩床の露出の無い、比較的ゆるやかな流れに、1艘の船が浮かんでいる。船頭は座って棹を操り、中央の人は傘をさし、船首の人は立って釣竿を持っている。川岸近くには杭が一列に並んで、岸に山がせまっている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号19‐11‐0]

    商品コード: 2017080201671

  •  嵐山
    -
    嵐山

    丹波高地の東端に位置し、北西に烏ヶ峰・山上ヶ峰、南東に松尾山がつづく標高380m前後の山。北麓を北から東に保津川が流れる。嵐山の山裾の保津川沿岸で、道に沿って手前に柴垣で囲われた竹林、その向こうに旅館らしき建物が並ぶ。道の端、竹林の前に女性客をのせた人力車があり、その近くに男性が立っている。道の左手は川の船着であろう。その近くに首に手ぬぐいをかけた人影が2人見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号19‐6‐0]

    商品コード: 2017080201672

  •  保津峡
    -
    保津峡

    保津川下りの船内から下流を撮影する。南岸には大きな岩がむき出しとなっている。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐98‐0]

    商品コード: 2017080902954

  •  保津峡で停泊する屋形船
    -
    保津峡で停泊する屋形船

    保津川渓谷の岩場に停泊する屋形船を撮影する。屋形船に乗った客は徳利と盃を手にして酒宴に興じている。船頭は船の舳先や岩の上に腰掛け、櫂を漕ぐのを止めて休憩している。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐3‐0]

    商品コード: 2017081002413

  •  秋の中津川渓谷
    -
    秋の中津川渓谷

    キーワード:ハイアングル、黄葉、屋外、渓谷、紅葉、自然、秋、川、中津川渓谷、日本、風景、無人、木立、テーマメイン写真=撮影日不明、福島県、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122901486

  •  新緑の付知渓谷
    -
    新緑の付知渓谷

    キーワード:ハイアングル、屋外、渓谷、自然、新緑、川、日本、付知町、風景、無人、緑、付知渓谷、テーマメイン写真=撮影日不明、岐阜県中津川市、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402849

  •  紅葉のブナ
    -
    紅葉のブナ

    キーワード:ブナ、屋外、紅葉、秋、植物、中津川渓谷、日本、無人、木、木の幹、葉、動植物メイン写真、耶麻郡北塩原村=撮影日不明、福島県福島市、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062004078

  •  紅葉のねじれ滝
    -
    紅葉のねじれ滝

    キーワード:黄葉、屋外、渓谷、紅葉、自然、秋、滝、日本、風景、無人、木立、落ちる、ネジレ滝、乙女渓谷、テーマメイン写真=撮影日不明、岐阜県中津川市、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402962

  •  紅葉のねじれ滝
    -
    紅葉のねじれ滝

    キーワード:黄葉、屋外、渓谷、紅葉、自然、秋、滝、日本、風景、無人、木立、落ちる、ネジレ滝、乙女渓谷、テーマメイン写真=撮影日不明、岐阜県中津川市、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402987

  •  紅葉の中津川渓谷
    -
    紅葉の中津川渓谷

    キーワード:モミジ、屋外、渓谷、紅葉、自然、秋、森林、中津川渓谷、日本、磐梯高原、風景、無人、木、木の幹、耶麻郡、風景メイン写真=撮影日不明、福島県北塩原村、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062004156

  •  紅葉の中津川渓谷
    -
    紅葉の中津川渓谷

    キーワード:モミジ、屋外、渓谷、紅葉、自然、秋、森林、中津川渓谷、日本、磐梯高原、風景、無人、木、木の幹、耶麻郡、風景メイン写真=撮影日不明、福島県北塩原村、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062004291

  •  秋の中津川渓谷
    -
    秋の中津川渓谷

    キーワード:モミジ、屋外、岩肌、渓谷、渓流、紅葉、国立公園、自然、秋、水、川、中津川渓谷、日本、磐梯朝日国立公園、風景、無人、木、葉、風景メイン写真=撮影日不明、福島県耶麻郡北塩原村、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061008505

  •  中津川渓谷宮ヶ瀬
    -
    中津川渓谷宮ヶ瀬

    中津川渓谷宮ヶ瀬=1865年、神奈川、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号123‐66‐0]

    商品コード: 2017081601190

  •  中津川渓谷宮ヶ瀬
    -
    中津川渓谷宮ヶ瀬

    中津川渓谷宮ヶ瀬=1865年、神奈川、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号123‐60‐0]

    商品コード: 2017081601263

  •  秋の中津川渓谷
    -
    秋の中津川渓谷

    キーワード:モミジ、屋外、岩肌、渓谷、渓流、紅葉、国立公園、自然、秋、水、川、中津川渓谷、日本、磐梯朝日国立公園、風景、無人、木、葉、風景メイン写真=撮影日不明、福島県耶麻郡北塩原村、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061008917

  •  船内から見た保津峡
    -
    船内から見た保津峡

    保津川下りの船内から保津川渓谷を望む。川の流れは穏やかで、川幅も広いため、場所は亀岡盆地側の上流と想像される。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐97‐0]

    商品コード: 2017080902982

  •  嵐山での舟遊び
    -
    嵐山での舟遊び

    嵐山での舟遊びに興じる人々を撮影する。女性4名が乗船した手前の屋形船では、船頭が櫂を使って船を下流に向かって漕ぎ出している。9名の男性が乗船している奥の屋形船は木陰で停船し、嵐山の景観を鑑賞している様子である。背後の景観は保津川上流部であると想像される。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号88‐46‐0]

    商品コード: 2017081400873

  •  中津川渓谷宮ヶ瀬
    -
    中津川渓谷宮ヶ瀬

    F.ベアトアルバムの写真である。相模川(馬入川)の支流中津川の中津川渓谷の宮ヶ瀬の風景である。当時、横浜から馬に乗って一日で行ける景勝の地であった。=撮影年月日不明、神奈川、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号36‐3‐0]

    商品コード: 2017080902308

  •  保津峡
    -
    保津峡

    保津川下りの船内から保津川の上流を遠望する。眼下に広がる山並が低いので、亀岡盆地を望んだものか。保津川渓谷は保津峡・嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋付近から嵐山渡月橋附近までの長さ約13kmの峡谷である。愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷を形成して清滝川などの支流と合流し、急流奇岩が連続する景勝地である。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐110‐0]

    商品コード: 2017080902977

  •  保津川
    -
    保津川

    保津川=撮影年月日不明、京都、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号40‐24‐0]

    商品コード: 2017080902492

  •  保津川
    -
    保津川

    京都府中部を流れる川。丹波高原大悲山から亀岡盆地までを大堰川、亀岡盆地から保津峡までを保津川、保津峡から淀川に入るまでを桂川と呼ぶ。保津は、「安らかな津」の意味であるが、保津川は流れが急で、岩床が露頭している所も多い。写真は、川下り用と思われる屋根付きの船の船首で棹を操る人と、露出した岩の上を行く人が2人見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐39‐0]

    商品コード: 2017080200708

  •  保津峡を下る屋形船
    -
    保津峡を下る屋形船

    保津川を航行する屋形船を下流南岸から撮影する。手前の岩場には小舟が停泊している。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。玉村康三郎撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐5‐0]

    商品コード: 2017081002524

  •  桂川
    -
    桂川

    保津川渓谷上流を下流より望む。山腹の地形から旧京鶴鉄道朝日トンネル西口下の渓谷から北西を向いて撮影されたと推察される。谷間から牛松山が姿を見せる。右の南側山腹に鉄道の軌道が見えないので、写真は京鶴鉄道の嵯峨・園部間が開通する明治32年(1899)8月以前に撮影されたと想像される。玉村康三郎撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号68‐13‐0]

    商品コード: 2017082400260

  •  保津川
    -
    保津川

    保津川=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号107‐43‐0]

    商品コード: 2017081502045

  •  『浅草観音奉掛額之 図』 「扇屋内滝川 富川、粂川、玉川、津川、歌川、清川 め浪、お浪」, A Votive Picture to Be Donated to the Kannon of Asakusa
    -
    『浅草観音奉掛額之 図』 「扇屋内滝川 富川、粂川、玉川、津川、歌川、清川 め浪、お浪」, A Votive Picture to Be Donated to the Kannon of Asakusa

    『浅草観音奉掛額之 図』 「扇屋内滝川 富川、粂川、玉川、津川、歌川、清川 め浪、お浪」, A Votive Picture to Be Donated to the Kannon of Asakusa (Asakusa Kannon hō kakegaku no zu), by Takigawa of the Ōgiya, Kamuro Menami and Onami, with Tomikawa, Kumegawa, Tamagawa, Tsugawa, Utagawa, and Kiyokawa, Edo period (1615–1868), ca. 1800, Japan, Triptych of polychrome woodblock prints; ink and color on paper, Overall: H. 14 3/4 in. (37.5 cm); W. 23 3/4 in. (60. 3 cm), Prints, Kitagawa Kikumaro (Japanese, died 1830), Takigawa, the high-ranking courtesan (oiran) of the Ōgiya brothel, was not only a famous beauty but an accomplished painter and calligrapher. This print depicts Takigawa as she prepares a votive picture (ema) as a New Year’s offering for the Kannon of the Asakusa Temple.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060409181

  •  保津川
    -
    保津川

    整理番号2-12と同じ場所で、やや横に位置がずれている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号19‐10‐0]

    商品コード: 2017080201751

  •  紅葉の中津川渓谷
    -
    紅葉の中津川渓谷

    キーワード:モミジ、屋外、渓谷、紅葉、自然、秋、森林、中津川渓谷、日本、磐梯高原、風景、無人、木、木の幹、耶麻郡、風景メイン写真=撮影日不明、福島県北塩原村、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062003935

  •  紅葉の中津川渓谷
    -
    紅葉の中津川渓谷

    キーワード:モミジ、屋外、渓谷、紅葉、自然、秋、森林、中津川渓谷、日本、磐梯高原、風景、無人、木、木の幹、耶麻郡、風景メイン写真=撮影日不明、福島県北塩原村、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062004241

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    川辺の農村集落

    川辺に建つ農村集落を撮影する。川の水量は少なく緩やかで、砂利地の中洲が姿をあらわす。護岸には低い石垣が組まれ浸食を防いでいる。背後には、川の増水を避けるため比較的高地に藁葺や桟瓦葺の民家が建ち、各家間を行き来できるよう小道でつながれる。稲木が見えるので季節は秋で、場所は亀岡の保津川起点周辺と想像される。背後には竹林がせまる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐96‐0]

    商品コード: 2017080902958

  •  保津川鉱泉
    -
    保津川鉱泉

    保津川鉱泉=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号30‐19‐0]

    商品コード: 2017080902110

  •  嵐山保津川水面に浮かぶ遊覧船
    -
    嵐山保津川水面に浮かぶ遊覧船

    嵐山を保津川北岸より南に望む。川面には遊覧舟の小舟や屋形船が数艘浮かんでいる。川の長れは穏やかで、水量は比較的少ない。対岸には遊歩道が設けられ、植生されてまもない小さな並木が見える。右端には鳥居が姿をのぞかせる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐4‐0]

    商品コード: 2017081002369

  •  保津峡
    -
    保津峡

    保津川下りの船内から渓谷の奇岩を撮影する。岩には緑が茂り小さな花が咲いている。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐102‐0]

    商品コード: 2017080902966

  •  保津峡を下る小舟
    -
    保津峡を下る小舟

    保津川下りの小舟を上流北岸から撮影する。山腹の森林の多くが刈り取られ、地肌があらわになっている。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号42‐23‐0]

    商品コード: 2017080902675

  •  保津川下り
    -
    保津川下り

    川が曲がるところで、片側は砂礁、片側は険しい山がせまる。簡易の屋根を設けた船が下ってくる様子をやや下流の上方からとらえている。船首で船頭が棹を操っている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐10‐0]

    商品コード: 2017080200789

  •  保津川下り
    -
    保津川下り

    かなり川幅が広いところを、上流から何艘もの船が続いて下ってくるのを、やや下流からとらえている。左側の磧になっているところに、1艘のりあげている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐11‐0]

    商品コード: 2017080200722

  •  保津川
    -
    保津川

    保津川=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号107‐41‐0]

    商品コード: 2017081501962

  •  嵐山
    -
    嵐山

    丹波高地の東端に位置し、北西に烏ヶ峰・山上ヶ峰、南東に松尾山がつづく標高380m前後の山。北麓を北から東に保津川が流れる。嵐山の山裾の保津川沿岸で、道に沿って手前に柴垣で囲われた竹林、その向こうに旅館らしき建物が並ぶ。道の端、竹林の前に女性客をのせた人力車があり、その近くに男性が立っている。道の左手は川の船着であろう。その近くに首に手ぬぐいをかけた人影が2人見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐3‐0]

    商品コード: 2017080200984

  •  保津川嵐山
    -
    保津川嵐山

    中ノ島から対岸に櫟谷宗像神社を望む。神社の破風がはっきりと見える。川の手前には、茅葺きの四阿屋が設けられ、台に和服の女性がこしかけている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐32‐0]

    商品コード: 2017080201176

  •  宮ケ瀬ダムの放水路
    -
    宮ケ瀬ダムの放水路

    キーワード:ダム、屋外、宮ヶ瀬ダム、公園、水、川、中津川、日本、風景、放水路、無人、あいかわ公園、愛甲郡、風景メイン写真=撮影日不明、神奈川県愛川町、クレジット:MASAHIRO_TSURUGI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070312933

  •  秋の中津川渓谷
    -
    秋の中津川渓谷

    キーワード:屋外、渓谷、渓流、紅葉、自然、秋、水、川、中津川渓谷、日本、磐梯高原、風景、無人、木、葉、落ち葉、風景メイン写真=撮影日不明、福島県猪苗代町、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061008503

  •  保津川
    -
    保津川

    保津川=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号110‐25‐0]

    商品コード: 2017081502172

  •  保津峡
    -
    保津峡

    保津川下り上流部の船内から下流を向いて撮影する。右側が広い川原となっているので、撮影場所は請田神社のやや上流附近と想像される。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐106‐0]

    商品コード: 2017080902968

  •  保津川の蓮華岩
    -
    保津川の蓮華岩

    比較的ゆったりと流れる保津川。両岸は岩肌が露出している。特に手前から右手に続く岩の険しさが著しい。舟が右手に見える。船首に船頭が棹を操り、中央に座っていいる人がいる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号19‐17‐0]

    商品コード: 2017080201819

  •  付知峡の紅葉
    -
    付知峡の紅葉

    キーワード:黄葉、屋外、峡谷、紅葉、秋、川、日本、付知峡、付知町、風景、無人、木立、風景メイン写真=撮影日不明、岐阜県中津川市、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402883

  •  夫婦滝展望台より望む天狗岩
    -
    夫婦滝展望台より望む天狗岩

    キーワード:屋外、岩、岩山、自然、秋、天狗岩、展望、展望台、日本、夫婦滝、風景、無人、木立、テーマメイン写真=撮影日不明、岐阜県中津川市、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402790

  •  中津川渓谷宮ヶ瀬
    -
    中津川渓谷宮ヶ瀬

    F.ベアトアルバムの写真である。相模川(馬入川)の支流中津川の中津川渓谷の宮ヶ瀬の風景である。宮の瀬は、大山(雨降山)の登山口でもある。=撮影年月日不明、神奈川、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号36‐8‐0]

    商品コード: 2017080902405

  •  Okitsu no zu, View of Okitsu.
    -
    Okitsu no zu, View of Okitsu.

    Okitsu no zu, View of Okitsu., Utagawa, Toyokuni, 1786-1865, artist, [between 1837 and 1844], 1 print : woodcut, color ; 25.5 x 18.3 cm., Print shows a woman carrying a child on her back and a tray with two cups appears to be walking on clouds; in the background, porters carrying a person in a sedan chair and a person on horseback are crossing the Okitsu River near the Okitsu station on the Tokaido Road.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091005418

  •  Yashima dannoura kassen, Battle at Yashima Dannoura.
    -
    Yashima dannoura kassen, Battle at Yashima Dannoura.

    Yashima dannoura kassen, Battle at Yashima Dannoura., Utagawa, Yoshitora, active 1850-1870, artist, 1855., 1 print (3 sheets) : woodcut, color ; 34 x 23.3 cm (left panel), 33.7 x 23.6 cm (center panel), 33.9 x 23.7 cm (right panel), Print shows Yoshitsune and a small group of Minamato troops in a surprise assault on the Taira forces at Yashima, causing them to retreat to their naval forces waiting offshore.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021111804372

  •  中津川の見倉橋上流
    -
    中津川の見倉橋上流

    キーワード:屋外、橋、渓谷、自然、森林、川、中津川、日本、風景、無人、見倉橋、テーマメイン写真=撮影日不明、新潟県十日町市、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402847

  •  嵐山温泉地近くの茶店
    -
    嵐山温泉地近くの茶店

    嵐山温泉北側の保津川北岸から上流を望む。萱葺の方形屋根の茶店には、壁がなく角材の柱がむき出しとなっている。中には長机と長椅子が置かれ、着物姿の女性が座り休憩している。辺りには植えられたばかりの立木が見える。対岸山腹に見える寺院は妙見堂か。=撮影年月日不明、京都、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号81‐28‐0]

    商品コード: 2017081401345

  •  紅葉の中津川渓谷
    -
    紅葉の中津川渓谷

    キーワード:モミジ、屋外、渓谷、紅葉、自然、秋、森林、中津川渓谷、日本、磐梯高原、風景、無人、木、木の幹、耶麻郡、動植物メイン写真=撮影日不明、福島県北塩原村、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062004227

  •  猿飛橋下から望む中津川
    -
    猿飛橋下から望む中津川

    キーワード:屋外、自然、川、中津川、日本、風景、無人、テーマメイン写真=撮影日不明、新潟県十日町市、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402867

  •  保津川下り
    -
    保津川下り

    岩床が露頭している白いたきつ瀬を船が3艘下ってくるのを、やや下流からとらえている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号5‐45‐0]

    商品コード: 2017080200929

  •  保津峡で停泊する屋形船
    -
    保津峡で停泊する屋形船

    保津川渓谷の岩場に停泊する屋形船を撮影する。屋形船に乗った客は徳利と盃を手にして酒宴に興じている。船頭は船の舳先や岩の上に腰掛け、櫂を漕ぐのを止めて休憩している。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐9‐0]

    商品コード: 2017081401247

  •  付知峡の紅葉
    -
    付知峡の紅葉

    キーワード:ハイアングル、屋外、峡谷、紅葉、自然、秋、日本、付知峡、付知町、風景、無人、木立、テーマメイン写真=撮影日不明、岐阜県中津川市、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402968

  •  新木津川大橋
    -
    新木津川大橋

    キーワード:1隻、ウォーターフロント、屋外、橋、建物、乗り物、船、日本、風景、無人、新木津川大橋、テーマメイン写真=撮影日不明、大阪府大阪市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000751

  •  嵐山の三軒茶屋
    -
    嵐山の三軒茶屋

    嵐山渡月橋北岸西側の三軒茶屋「旗亭」を保津川南岸から北に望む。三軒茶屋は中央部が3層、東部と西部が2層となり、東部と中央部は棟続きとなっている。三軒茶屋の東西両側の保津川岸には、長い屋根付きの床が設けられ、嵐山を鑑賞する構造となっている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号88‐9‐0]

    商品コード: 2017081400722

  •  保津川
    -
    保津川

    保津川の露出した岩床と、ごつごつした岩肌を見せる山の姿がとらえられている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐8‐0]

    商品コード: 2017080201433

  •  保津峡
    -
    保津峡

    保津川下りの船内から渓谷の奇岩を撮影する。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。彩色不良のため上部詳細不明。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐101‐0]

    商品コード: 2017080902949

  •  保津峡・朝日の瀬
    -
    保津峡・朝日の瀬

    保津川下りの船内から下流を撮影する。川底には石を入れ沈められた木工沈床堰が流れを堰き止め、船の通路を確保している。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐100‐0]

    商品コード: 2017080902991

  •  保津峡を下る小舟
    -
    保津峡を下る小舟

    保津川下りの小舟を上流の船内から撮影する。小舟には人力車が登載され、後継の舟を先導している。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐30‐0]

    商品コード: 2017081002385

  •  保津川・清滝川合流点
    -
    保津川・清滝川合流点

    保津川下りの船内から北に清滝川を望む。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐30‐2]

    商品コード: 2017081002382

  •  中津川渓谷宮ヶ瀬
    -
    中津川渓谷宮ヶ瀬

    丹沢山中の宮ヶ瀬は、外国人にとって、遊歩区域内の代表的な行楽地の一つであった。この写真のあたりは多くの外国人が水浴びやを楽しんだので「唐人河原」と呼ばれた。平成10年(1998)宮ヶ瀬ダムの完成により、この地域一帯は水没して姿を消した。現在湖畔では水の郷地区を中心に観光開発が行なわれている。=撮影年月日不明、神奈川、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号104‐1‐0]

    商品コード: 2017081501640

  •  保津峡を下る筏
    1904年12月31日
    保津峡を下る筏

    保津川の急流を下る筏を下流北岸から撮影する。対岸では岩場に腰掛けて船頭達がその様子を見つめている。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。1904年イギリス人写真家H・G・ポンティングの撮影か。=1904(明治37)年、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐26‐0]

    商品コード: 2017081501769

  •  保津峡を下る屋形船
    1904年12月31日
    保津峡を下る屋形船

    保津川を航行する屋形船を上流北岸から撮影する。右山腹に京都鉄道軌道とトンネル口が見える。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。写真は京都鉄道嵯峨・園部間が開通した1899年8月以後の撮影。=1904(明治37)年、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐11‐0]

    商品コード: 2017081501485

  •  保津峡で魚釣をする男性
    1904年12月31日
    保津峡で魚釣をする男性

    保津峡にて魚釣をする男性を撮影する。頭を手拭いでおおった釣り人は長い釣り竿を伸ばし、激しい急流に糸をたらして釣りに勤しんでいる。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=1904(明治37)年、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐10‐0]

    商品コード: 2017081501544

  •  日本電報通信社資料
    1930年07月22日
    日本電報通信社資料

    大阪木津川飛行場に着陸するイタリア機=1930(昭和5)年7月22日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930072200003

  •  日本電報通信社資料
    1930年08月29日
    日本電報通信社資料

    ベルリン-東京の欧亜大陸横断飛行のゴールを前に、大阪の木津川飛行場に着陸した報知新聞社の吉原清治飛行士=1930(昭和5)年8月29日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930082900007

  •  日本電報通信社資料
    1930年08月29日
    日本電報通信社資料

    ベルリン-東京の欧亜大陸横断飛行のゴールを前に、大阪の木津川飛行場に降り立った報知新聞社の吉原清治飛行士(右)=1930(昭和5)年8月29日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930082900008

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...