KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 技術
  • デジタルシネマ
  • バトン
  • 場所
  • 学校
  • 授業
  • 活動
  • 活躍

「洲泉鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
21
( 1 21 件を表示)
  • 1
21
( 1 21 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年06月30日
    4代目が今も活躍、農村の巡回映写技師浙江省桐郷市

    6月30日夜、映画の上映前に映写機のレンズの焦点を調整する朱強さん。中国浙江省桐郷市の洲泉鎮馬鳴村に住む王志華(おう・しか)さん、朱文炳(しゅ・ぶんへい)さん、朱生栄(しゅ・せいえい)さん、朱強(しゅ・きょう)さんは4代にわたってフィルム映画上映のバトンをつないできた映写技師。50年以上、村全体の文化生活を豊かにし続けている。4代目映写技師の朱強さんは30代前半の若さだが、小さい頃から映画に親しんで育った。デジタルシネマの普及によりフィルム映画は衰退したが、朱さんは今も馬鳴映画館や学校などの場所で、上映設備を展示したり授業で紹介するなど積極的に活動し映画文化を広めている。(嘉興=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705364

  • 2020年06月30日
    4代目が今も活躍、農村の巡回映写技師浙江省桐郷市

    6月30日、日暮れと共に広場に集まり上映を楽しむ村民。中国浙江省桐郷市の洲泉鎮馬鳴村に住む王志華(おう・しか)さん、朱文炳(しゅ・ぶんへい)さん、朱生栄(しゅ・せいえい)さん、朱強(しゅ・きょう)さんは4代にわたってフィルム映画上映のバトンをつないできた映写技師。50年以上、村全体の文化生活を豊かにし続けている。4代目映写技師の朱強さんは30代前半の若さだが、小さい頃から映画に親しんで育った。デジタルシネマの普及によりフィルム映画は衰退したが、朱さんは今も馬鳴映画館や学校などの場所で、上映設備を展示したり授業で紹介するなど積極的に活動し映画文化を広めている。(嘉興=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705324

  • 2020年06月30日
    4代目が今も活躍、農村の巡回映写技師浙江省桐郷市

    6月30日、映画の上映中にフィルムを交換する朱強さん。中国浙江省桐郷市の洲泉鎮馬鳴村に住む王志華(おう・しか)さん、朱文炳(しゅ・ぶんへい)さん、朱生栄(しゅ・せいえい)さん、朱強(しゅ・きょう)さんは4代にわたってフィルム映画上映のバトンをつないできた映写技師。50年以上、村全体の文化生活を豊かにし続けている。4代目映写技師の朱強さんは30代前半の若さだが、小さい頃から映画に親しんで育った。デジタルシネマの普及によりフィルム映画は衰退したが、朱さんは今も馬鳴映画館や学校などの場所で、上映設備を展示したり授業で紹介するなど積極的に活動し映画文化を広めている。(嘉興=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705297

  • 2020年06月30日
    4代目が今も活躍、農村の巡回映写技師浙江省桐郷市

    6月30日、映画の上映前にフィルムを開始フレームに合わせる朱生栄さん。中国浙江省桐郷市の洲泉鎮馬鳴村に住む王志華(おう・しか)さん、朱文炳(しゅ・ぶんへい)さん、朱生栄(しゅ・せいえい)さん、朱強(しゅ・きょう)さんは4代にわたってフィルム映画上映のバトンをつないできた映写技師。50年以上、村全体の文化生活を豊かにし続けている。4代目映写技師の朱強さんは30代前半の若さだが、小さい頃から映画に親しんで育った。デジタルシネマの普及によりフィルム映画は衰退したが、朱さんは今も馬鳴映画館や学校などの場所で、上映設備を展示したり授業で紹介するなど積極的に活動し映画文化を広めている。(嘉興=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705317

  • 2020年06月30日
    4代目が今も活躍、農村の巡回映写技師浙江省桐郷市

    6月30日夜、映画の上映前にフィルムの位置をチェックする朱生栄さん。中国浙江省桐郷市の洲泉鎮馬鳴村に住む王志華(おう・しか)さん、朱文炳(しゅ・ぶんへい)さん、朱生栄(しゅ・せいえい)さん、朱強(しゅ・きょう)さんは4代にわたってフィルム映画上映のバトンをつないできた映写技師。50年以上、村全体の文化生活を豊かにし続けている。4代目映写技師の朱強さんは30代前半の若さだが、小さい頃から映画に親しんで育った。デジタルシネマの普及によりフィルム映画は衰退したが、朱さんは今も馬鳴映画館や学校などの場所で、上映設備を展示したり授業で紹介するなど積極的に活動し映画文化を広めている。(嘉興=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705319

  • 2020年06月30日
    4代目が今も活躍、農村の巡回映写技師浙江省桐郷市

    6月30日、馬鳴映画館で行われたモノクロ映画の上映。中国浙江省桐郷市の洲泉鎮馬鳴村に住む王志華(おう・しか)さん、朱文炳(しゅ・ぶんへい)さん、朱生栄(しゅ・せいえい)さん、朱強(しゅ・きょう)さんは4代にわたってフィルム映画上映のバトンをつないできた映写技師。50年以上、村全体の文化生活を豊かにし続けている。4代目映写技師の朱強さんは30代前半の若さだが、小さい頃から映画に親しんで育った。デジタルシネマの普及によりフィルム映画は衰退したが、朱さんは今も馬鳴映画館や学校などの場所で、上映設備を展示したり授業で紹介するなど積極的に活動し映画文化を広めている。(嘉興=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705329

  • 2020年06月30日
    4代目が今も活躍、農村の巡回映写技師浙江省桐郷市

    6月30日、馬鳴映画館で映写機を点検する朱生栄さんと朱強さん。中国浙江省桐郷市の洲泉鎮馬鳴村に住む王志華(おう・しか)さん、朱文炳(しゅ・ぶんへい)さん、朱生栄(しゅ・せいえい)さん、朱強(しゅ・きょう)さんは4代にわたってフィルム映画上映のバトンをつないできた映写技師。50年以上、村全体の文化生活を豊かにし続けている。4代目映写技師の朱強さんは30代前半の若さだが、小さい頃から映画に親しんで育った。デジタルシネマの普及によりフィルム映画は衰退したが、朱さんは今も馬鳴映画館や学校などの場所で、上映設備を展示したり授業で紹介するなど積極的に活動し映画文化を広めている。(嘉興=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705353

  • 2020年06月30日
    4代目が今も活躍、農村の巡回映写技師浙江省桐郷市

    6月30日夜、映画の上映前に映写機をテストする朱強さん。中国浙江省桐郷市の洲泉鎮馬鳴村に住む王志華(おう・しか)さん、朱文炳(しゅ・ぶんへい)さん、朱生栄(しゅ・せいえい)さん、朱強(しゅ・きょう)さんは4代にわたってフィルム映画上映のバトンをつないできた映写技師。50年以上、村全体の文化生活を豊かにし続けている。4代目映写技師の朱強さんは30代前半の若さだが、小さい頃から映画に親しんで育った。デジタルシネマの普及によりフィルム映画は衰退したが、朱さんは今も馬鳴映画館や学校などの場所で、上映設備を展示したり授業で紹介するなど積極的に活動し映画文化を広めている。(嘉興=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705298

  • 2020年06月30日
    4代目が今も活躍、農村の巡回映写技師浙江省桐郷市

    6月30日夜、映画の上映前にフィルムの位置をチェックする朱生栄さん(左)と息子の朱強さん(右)。中国浙江省桐郷市の洲泉鎮馬鳴村に住む王志華(おう・しか)さん、朱文炳(しゅ・ぶんへい)さん、朱生栄(しゅ・せいえい)さん、朱強(しゅ・きょう)さんは4代にわたってフィルム映画上映のバトンをつないできた映写技師。50年以上、村全体の文化生活を豊かにし続けている。4代目映写技師の朱強さんは30代前半の若さだが、小さい頃から映画に親しんで育った。デジタルシネマの普及によりフィルム映画は衰退したが、朱さんは今も馬鳴映画館や学校などの場所で、上映設備を展示したり授業で紹介するなど積極的に活動し映画文化を広めている。(嘉興=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705328

  • 2020年06月30日
    4代目が今も活躍、農村の巡回映写技師浙江省桐郷市

    6月30日、上映設備を設置する朱生栄さん(右)と朱強さん(左)。中国浙江省桐郷市の洲泉鎮馬鳴村に住む王志華(おう・しか)さん、朱文炳(しゅ・ぶんへい)さん、朱生栄(しゅ・せいえい)さん、朱強(しゅ・きょう)さんは4代にわたってフィルム映画上映のバトンをつないできた映写技師。50年以上、村全体の文化生活を豊かにし続けている。4代目映写技師の朱強さんは30代前半の若さだが、小さい頃から映画に親しんで育った。デジタルシネマの普及によりフィルム映画は衰退したが、朱さんは今も馬鳴映画館や学校などの場所で、上映設備を展示したり授業で紹介するなど積極的に活動し映画文化を広めている。(嘉興=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705330

  • 01:18.80
    2020年07月08日
    「新華社」4代目が今も活躍、農村の巡回映写技師浙江省桐郷市

    中国浙江省桐郷市の洲泉鎮馬鳴村に住む王志華(おう・しか)さん、朱文炳(しゅ・ぶんへい)さん、朱生栄(しゅ・せいえい)さん、朱強(しゅ・きょう)さんは4代にわたってフィルム映画上映のバトンをつないできた映写技師。50年以上、村全体の文化生活を豊かにし続けている。4代目映写技師の朱強さんは30代前半の若さだが、小さい頃から映画に親しんで育った。デジタルシネマの普及によりフィルム映画は衰退したが、朱さんは今も馬鳴映画館や学校などの場所で、上映設備を展示したり授業で紹介するなど積極的に活動し映画文化を広めている。(記者/鄭夢雨、段菁菁、席玥)<映像内容>映写技師の活動の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300499

  • 01:16.51
    2020年07月16日
    「新華社」しなる竹の先に登って曲芸浙江省の無形遺産「高桿船技」

    水郷で知られる中国浙江省桐郷市洲泉鎮でこのほど、弓なりに曲がった竹の先端で曲芸を演じる無形文化遺産の「高桿船技(こうかんせんぎ)」が披露された。演者は船上からそびえる細長いモウソウチク(孟宗竹)に命綱なしで登り、しなりながら揺れる先端部分で逆立ちや回転などの軽業を披露。18種類の連続した高難度の技を次々と決め、観客を沸かせた。演技用の竹は太い竹3本を三角形に組んだ土台で支えられ、船が揺れないよう船上には重しとなる石臼が置かれている。地元の郷土誌によると、高桿船技は明末清初に始まったとされる。2011年5月に第3陣国家級無形文化遺産に登録された。(記者/鄭夢雨)<映像内容>弓なりに曲がった竹の先端で曲芸を演じる「高桿船技」、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802240

  • 2021年03月10日
    (6)養豚と観光を組み合わせた新方式で開発 浙江省桐郷市

    10日、浙江省桐郷市にある華騰猪舎里でイチゴ狩りをする観光客。中国浙江省桐郷市洲泉鎮は2017年から、嘉華牧業養豚拠点を基盤に、養豚と観光を組み合わせた新たな方式で開発を進めてきた。同鎮内の華騰猪舎里風景区は生産や加工、見学、レジャー、観光、文化を一体化した農場となっている。(桐郷=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031114547

  • 2021年03月10日
    (7)養豚と観光を組み合わせた新方式で開発 浙江省桐郷市

    10日、華騰猪舎里の花卉栽培園。豚のふん尿を処理した水と肥料が使われている。中国浙江省桐郷市洲泉鎮は2017年から、嘉華牧業養豚拠点を基盤に、養豚と観光を組み合わせた新たな方式で開発を進めてきた。同鎮内の華騰猪舎里風景区は生産や加工、見学、レジャー、観光、文化を一体化した農場となっている。(桐郷=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031114548

  • 2021年03月10日
    (5)養豚と観光を組み合わせた新方式で開発 浙江省桐郷市

    10日、浙江省桐郷市にある華騰猪舎里の読書スペースで本を読む観光客。中国浙江省桐郷市洲泉鎮は2017年から、嘉華牧業養豚拠点を基盤に、養豚と観光を組み合わせた新たな方式で開発を進めてきた。同鎮内の華騰猪舎里風景区は生産や加工、見学、レジャー、観光、文化を一体化した農場となっている。(桐郷=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031114546

  • 2021年03月10日
    (4)養豚と観光を組み合わせた新方式で開発 浙江省桐郷市

    10日、華騰猪舎里の花卉栽培園。豚のふん尿を処理した水と肥料が使われている。中国浙江省桐郷市洲泉鎮は2017年から、嘉華牧業養豚拠点を基盤に、養豚と観光を組み合わせた新たな方式で開発を進めてきた。同鎮内の華騰猪舎里風景区は生産や加工、見学、レジャー、観光、文化を一体化した農場となっている。(桐郷=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031114533

  • 2021年03月11日
    (2)養豚と観光を組み合わせた新方式で開発浙江省桐郷市

    10日、浙江省桐郷市の華騰猪舎里を彩る菜の花畑。中国浙江省桐郷市洲泉鎮は2017年から、嘉華牧業養豚拠点を基盤に、養豚と観光を組み合わせた新たな方式で開発を進めてきた。同鎮内の華騰猪舎里風景区は生産や加工、見学、レジャー、観光、文化を一体化した農場となっている。(桐郷=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031114529

  • 2021年03月11日
    (3)養豚と観光を組み合わせた新方式で開発浙江省桐郷市

    10日、華騰猪舎里の豚舎のリアルタイム監視設備。観光客も豚舎内の様子を見ることができる。中国浙江省桐郷市洲泉鎮は2017年から、嘉華牧業養豚拠点を基盤に、養豚と観光を組み合わせた新たな方式で開発を進めてきた。同鎮内の華騰猪舎里風景区は生産や加工、見学、レジャー、観光、文化を一体化した農場となっている。(桐郷=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031114527

  • 2021年03月11日
    (1)養豚と観光を組み合わせた新方式で開発浙江省桐郷市

    10日、空から見た浙江省桐郷市の華騰猪舎里。(小型無人機から)中国浙江省桐郷市洲泉鎮は2017年から、嘉華牧業養豚拠点を基盤に、養豚と観光を組み合わせた新たな方式で開発を進めてきた。同鎮内の華騰猪舎里風景区は生産や加工、見学、レジャー、観光、文化を一体化した農場となっている。(桐郷=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031114528

  • 2021年03月11日
    (9)養豚と観光を組み合わせた新方式で開発浙江省桐郷市

    10日、浙江省桐郷市にある華騰猪舎里の売店に並ぶ豚肉製品と豚ふん炭化の副産物。中国浙江省桐郷市洲泉鎮は2017年から、嘉華牧業養豚拠点を基盤に、養豚と観光を組み合わせた新たな方式で開発を進めてきた。同鎮内の華騰猪舎里風景区は生産や加工、見学、レジャー、観光、文化を一体化した農場となっている。(桐郷=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031200010

  • 2021年03月11日
    (8)養豚と観光を組み合わせた新方式で開発浙江省桐郷市

    10日、浙江省桐郷市にある華騰猪舎里の一角。中国浙江省桐郷市洲泉鎮は2017年から、嘉華牧業養豚拠点を基盤に、養豚と観光を組み合わせた新たな方式で開発を進めてきた。同鎮内の華騰猪舎里風景区は生産や加工、見学、レジャー、観光、文化を一体化した農場となっている。(桐郷=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031200011

  • 1