KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • 湖北省武漢
  • 中国湖北省
  • 新型コロナ
  • ライブ配信
  • 営業再開
  • スタッフ
  • 感染拡大
  • 感染予防
  • カレー店

「流行期間中」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
123
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
123
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:51.58
    2021年01月27日
    「新華社」市民の「買い物かご」に全力で物資を供給黒竜江省

    中国黒竜江省は新型コロナウイルス感染症の流行期間中に、緊急の物資供給能力を強化し、肉や卵、乳製品の安定的な供給や野菜の十分な備蓄を確実に保証している。同省全体の豚肉日産量は現在2500トンで、自給率130%余りとなっている。鶏卵は3千トンで自給率120%余り、生乳は6千トンで自給率200%余りになっている。野菜の在庫は十分で、供給源も確保されており、全省12地級市と1地区の卸売市場の1日当たり在庫量は1万7千トン、入荷量は2130トン、販売量は2190トンとなっている。地元で生産され市場に出回る生鮮野菜は1日当たり20トン程度だが、他地域からの仕入れルートが安定しているため、十分な供給量が保たれているという。(記者/王松) =配信日: 2021(平成33)年01月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:15.00
    2021年01月24日
    「新華社」ペットは飼い主と一緒に上海市の感染症対策が話題

    中国上海市黄浦区昭通路の住民とペットの犬が感染症対策のため隔離先に向かうバスに乗り込む動画が、21日からインターネット上で話題となり、愛犬家から称賛の声が上がっている。小動物保護をテーマとした上海市内の微信(ウィーチャット)公式アカウント「TA上海」が22日朝、「上海人は隔離の際にペットを連れて行く」と題した文章を投稿すると、あっという間に10万件以上のアクセスがあった。動画には、マスク姿の住民が防護服を着た職員に誘導され、スーツケースを手にバスに乗り込む姿が映っており、女性に引かれた1匹の犬が一緒に乗り込む姿も見られる。この心温まる動画の背景には、同市の「人道的」な隔離措置がある。隔離措置が取られる住民は指定されたホテルにペットを連れて行くことができる。「TA上海」の責任者、劉金文(りゅう・きんぶん)氏は、昨年の感染症流行期間中、ペットと飼い主が別々に過ごさなければならなかったが、この措置によりその苦しさが適切に緩和されると述べた。(記者/王婧媛、夏康静、許暁青) =配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (9)稚魚の放流やライブ配信で長江を守る祖父と孫江蘇省江陰市

    江蘇省江陰市の長江希少魚類科学普及館で、ヨウスコウカワイルカの標本を見つめる鄭金良さんと孫娘の鄭氷清さん。(7月1日撮影)中国江蘇省江陰(こういん)市に暮らす鄭氷清(てい・ひょうせい)さんは現在、南京農業大学大学院漁業学専攻の2年生で、金良さんが設立した企業「江陰市申港三鮮養殖」を引き継ぐ準備を進めている。金良さんは1999年から、「長江三鮮」の繁殖・養殖について模索してきた。氷清さんは02年以降、金良さんとともに繁殖した長江刀魚や長江フグなどの希少な魚を毎年長江に放流しており、18年間で放流した数は累計1億6千万匹に上る。今年の新型コロナウイルスの流行期間中、氷清さんはライブ配信で「長江三鮮」の生活史や習性の特徴を紹介し、長江で絶滅の危機に瀕する魚の保護方法を解説。金良さんも、自身が以前繁殖に携わった長江刀魚や長江フグの話を紹介した。(江陰=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (3)稚魚の放流やライブ配信で長江を守る祖父と孫江蘇省江陰市

    江蘇省江陰市の「長江三鮮」繁殖・養殖研究開発基地の実験室で、魚の標本を観察する鄭氷清さんと祖父の鄭金良さん。(7月1日撮影)中国江蘇省江陰(こういん)市に暮らす鄭氷清(てい・ひょうせい)さんは現在、南京農業大学大学院漁業学専攻の2年生で、金良さんが設立した企業「江陰市申港三鮮養殖」を引き継ぐ準備を進めている。金良さんは1999年から、「長江三鮮」の繁殖・養殖について模索してきた。氷清さんは02年以降、金良さんとともに繁殖した長江刀魚や長江フグなどの希少な魚を毎年長江に放流しており、18年間で放流した数は累計1億6千万匹に上る。今年の新型コロナウイルスの流行期間中、氷清さんはライブ配信で「長江三鮮」の生活史や習性の特徴を紹介し、長江で絶滅の危機に瀕する魚の保護方法を解説。金良さんも、自身が以前繁殖に携わった長江刀魚や長江フグの話を紹介した。(江陰=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (5)稚魚の放流やライブ配信で長江を守る祖父と孫江蘇省江陰市

    江蘇省江陰市の自宅で、「長江フグ」の映像をライブ配信する鄭氷清さん。(7月1日撮影)中国江蘇省江陰(こういん)市に暮らす鄭氷清(てい・ひょうせい)さんは現在、南京農業大学大学院漁業学専攻の2年生で、金良さんが設立した企業「江陰市申港三鮮養殖」を引き継ぐ準備を進めている。金良さんは1999年から、「長江三鮮」の繁殖・養殖について模索してきた。氷清さんは02年以降、金良さんとともに繁殖した長江刀魚や長江フグなどの希少な魚を毎年長江に放流しており、18年間で放流した数は累計1億6千万匹に上る。今年の新型コロナウイルスの流行期間中、氷清さんはライブ配信で「長江三鮮」の生活史や習性の特徴を紹介し、長江で絶滅の危機に瀕する魚の保護方法を解説。金良さんも、自身が以前繁殖に携わった長江刀魚や長江フグの話を紹介した。(江陰=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (2)稚魚の放流やライブ配信で長江を守る祖父と孫江蘇省江陰市

    江蘇省江陰市の「長江三鮮」繁殖・養殖研究開発基地の実験室で、孫娘の鄭氷清さんが実験する様子を見守る同基地の創設者、鄭金良さん。(7月1日撮影)中国江蘇省江陰(こういん)市に暮らす鄭氷清(てい・ひょうせい)さんは現在、南京農業大学大学院漁業学専攻の2年生で、金良さんが設立した企業「江陰市申港三鮮養殖」を引き継ぐ準備を進めている。金良さんは1999年から、「長江三鮮」の繁殖・養殖について模索してきた。氷清さんは02年以降、金良さんとともに繁殖した長江刀魚や長江フグなどの希少な魚を毎年長江に放流しており、18年間で放流した数は累計1億6千万匹に上る。今年の新型コロナウイルスの流行期間中、氷清さんはライブ配信で「長江三鮮」の生活史や習性の特徴を紹介し、長江で絶滅の危機に瀕する魚の保護方法を解説。金良さんも、自身が以前繁殖に携わった長江刀魚や長江フグの話を紹介した。(江陰=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (8)稚魚の放流やライブ配信で長江を守る祖父と孫江蘇省江陰市

    江蘇省江陰市の自宅にある養殖池で作業をする鄭氷清さん。(7月1日撮影)中国江蘇省江陰(こういん)市に暮らす鄭氷清(てい・ひょうせい)さんは現在、南京農業大学大学院漁業学専攻の2年生で、金良さんが設立した企業「江陰市申港三鮮養殖」を引き継ぐ準備を進めている。金良さんは1999年から、「長江三鮮」の繁殖・養殖について模索してきた。氷清さんは02年以降、金良さんとともに繁殖した長江刀魚や長江フグなどの希少な魚を毎年長江に放流しており、18年間で放流した数は累計1億6千万匹に上る。今年の新型コロナウイルスの流行期間中、氷清さんはライブ配信で「長江三鮮」の生活史や習性の特徴を紹介し、長江で絶滅の危機に瀕する魚の保護方法を解説。金良さんも、自身が以前繁殖に携わった長江刀魚や長江フグの話を紹介した。(江陰=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (6)稚魚の放流やライブ配信で長江を守る祖父と孫江蘇省江陰市

    江蘇省江陰市の自宅で、「長江フグ」の映像をライブ配信する鄭氷清さん。(7月1日撮影)中国江蘇省江陰(こういん)市に暮らす鄭氷清(てい・ひょうせい)さんは現在、南京農業大学大学院漁業学専攻の2年生で、金良さんが設立した企業「江陰市申港三鮮養殖」を引き継ぐ準備を進めている。金良さんは1999年から、「長江三鮮」の繁殖・養殖について模索してきた。氷清さんは02年以降、金良さんとともに繁殖した長江刀魚や長江フグなどの希少な魚を毎年長江に放流しており、18年間で放流した数は累計1億6千万匹に上る。今年の新型コロナウイルスの流行期間中、氷清さんはライブ配信で「長江三鮮」の生活史や習性の特徴を紹介し、長江で絶滅の危機に瀕する魚の保護方法を解説。金良さんも、自身が以前繁殖に携わった長江刀魚や長江フグの話を紹介した。(江陰=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (1)稚魚の放流やライブ配信で長江を守る祖父と孫江蘇省江陰市

    江蘇省江陰市の「長江三鮮」繁殖・養殖研究開発基地の実験室で、瓶の中の魚の標本について話し合う同基地の創設者、鄭金良さんと孫娘の鄭氷清さん。(7月1日撮影)中国江蘇省江陰(こういん)市に暮らす鄭氷清(てい・ひょうせい)さんは現在、南京農業大学大学院漁業学専攻の2年生で、金良さんが設立した企業「江陰市申港三鮮養殖」を引き継ぐ準備を進めている。金良さんは1999年から、「長江三鮮」の繁殖・養殖について模索してきた。氷清さんは02年以降、金良さんとともに繁殖した長江刀魚や長江フグなどの希少な魚を毎年長江に放流しており、18年間で放流した数は累計1億6千万匹に上る。今年の新型コロナウイルスの流行期間中、氷清さんはライブ配信で「長江三鮮」の生活史や習性の特徴を紹介し、長江で絶滅の危機に瀕する魚の保護方法を解説。金良さんも、自身が以前繁殖に携わった長江刀魚や長江フグの話を紹介した。(江陰=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (4)稚魚の放流やライブ配信で長江を守る祖父と孫江蘇省江陰市

    江蘇省江陰市の長江希少魚類科学普及館で、館内を見学する鄭氷清さん。(7月1日撮影)中国江蘇省江陰(こういん)市に暮らす鄭氷清(てい・ひょうせい)さんは現在、南京農業大学大学院漁業学専攻の2年生で、金良さんが設立した企業「江陰市申港三鮮養殖」を引き継ぐ準備を進めている。金良さんは1999年から、「長江三鮮」の繁殖・養殖について模索してきた。氷清さんは02年以降、金良さんとともに繁殖した長江刀魚や長江フグなどの希少な魚を毎年長江に放流しており、18年間で放流した数は累計1億6千万匹に上る。今年の新型コロナウイルスの流行期間中、氷清さんはライブ配信で「長江三鮮」の生活史や習性の特徴を紹介し、長江で絶滅の危機に瀕する魚の保護方法を解説。金良さんも、自身が以前繁殖に携わった長江刀魚や長江フグの話を紹介した。(江陰=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (7)稚魚の放流やライブ配信で長江を守る祖父と孫江蘇省江陰市

    江蘇省江陰市の自宅にある養殖池で、フグの生育状況を確認する鄭氷清さん。(7月1日撮影)中国江蘇省江陰(こういん)市に暮らす鄭氷清(てい・ひょうせい)さんは現在、南京農業大学大学院漁業学専攻の2年生で、金良さんが設立した企業「江陰市申港三鮮養殖」を引き継ぐ準備を進めている。金良さんは1999年から、「長江三鮮」の繁殖・養殖について模索してきた。氷清さんは02年以降、金良さんとともに繁殖した長江刀魚や長江フグなどの希少な魚を毎年長江に放流しており、18年間で放流した数は累計1億6千万匹に上る。今年の新型コロナウイルスの流行期間中、氷清さんはライブ配信で「長江三鮮」の生活史や習性の特徴を紹介し、長江で絶滅の危機に瀕する魚の保護方法を解説。金良さんも、自身が以前繁殖に携わった長江刀魚や長江フグの話を紹介した。(江陰=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:40.48
    2020年10月17日
    「新華社」フィジーの中国系企業、生産・操業を積極的に再開

    南太平洋の島国フィジーでは今月に入り、新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せており、中国系企業が生産・操業を再開している。プロジェクト建設の最前線では、中国人技術者がフィジーの作業員と共に働いている。フィジー中国商会の王剛(おう・ごう)会長によると、フィジーには現在、約30社の中国系企業があり、その多くが建築工事関連企業となっている。新型コロナウイルス感染症の流行期間中、これら中国系企業は生産の進度が影響を受けないようにするため、人手不足などの数多くの困難を乗克服し、生産経営活動を合理的に配置した。フィジーでは現在、感染症の流行状況が全体的に落ち着いており、各中国系企業はこのチャンスを捉え、プロジェクト建設の再開に注力。操業再開率は100%に達した。(記者/張永興)<映像内容>フィジーで中国系企業が生産・操業を再開、建設現場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月04日
    武漢体育センターでバスケの慈善試合開催湖北省

    上:最後の患者を送り出し、正式に閉鎖した臨時医療施設「方艙医院」で、消毒作業を行うボランティアスタッフ。(3月8日撮影)下:4日、臨時医療施設「方艙医院」の撤去後初めて開催された大型イベント「2020年姚基金バスケットボール慈善試合」の様子。(組み合わせ写真)中国で新型コロナウイルスの流行期間中、臨時医療施設「方艙医院」として稼働していた湖北省武漢市の武漢体育センターで4日、撤去後初の公開イベントとして、中国バスケットボール協会(CBA)の会長、姚明(ヤオ・ミン)氏が創設した姚基金主催の慈善試合が行われた。同センターは全施設が予約で埋まっており、かつての日常が戻りつつある。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月04日
    武漢体育センターでバスケの慈善試合開催湖北省

    上:武漢体育センターを改造した臨時医療施設「方艙医院」で療養する患者。(2月17日撮影)下:4日、臨時医療施設「方艙医院」の撤去後初めて開催された大型イベント「2020年姚基金バスケットボール慈善試合」の様子。(組み合わせ写真)中国で新型コロナウイルスの流行期間中、臨時医療施設「方艙医院」として稼働していた湖北省武漢市の武漢体育センターで4日、撤去後初の公開イベントとして、中国バスケットボール協会(CBA)の会長、姚明(ヤオ・ミン)氏が創設した姚基金主催の慈善試合が行われた。同センターは全施設が予約で埋まっており、かつての日常が戻りつつある。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月04日
    武漢体育センターでバスケの慈善試合開催湖北省

    上:最後の患者を送り出し、正式に閉鎖した臨時医療施設「方艙医院」で、消毒作業を行うボランティアスタッフ。(3月8日撮影)下:4日、臨時医療施設「方艙医院」の撤去後初めて開催された大型イベント「2020年姚基金バスケットボール慈善試合」の様子。(組み合わせ写真)中国で新型コロナウイルスの流行期間中、臨時医療施設「方艙医院」として稼働していた湖北省武漢市の武漢体育センターで4日、撤去後初の公開イベントとして、中国バスケットボール協会(CBA)の会長、姚明(ヤオ・ミン)氏が創設した姚基金主催の慈善試合が行われた。同センターは全施設が予約で埋まっており、かつての日常が戻りつつある。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月04日
    武漢体育センターでバスケの慈善試合開催湖北省

    上:最後の患者を送り出し、正式に閉鎖した臨時医療施設「方艙医院」で、消毒作業を行うボランティアスタッフ。(3月8日撮影)下:4日、臨時医療施設「方艙医院」の撤去後初めて開催された大型イベント「2020年姚基金バスケットボール慈善試合」の様子。(組み合わせ写真)中国で新型コロナウイルスの流行期間中、臨時医療施設「方艙医院」として稼働していた湖北省武漢市の武漢体育センターで4日、撤去後初の公開イベントとして、中国バスケットボール協会(CBA)の会長、姚明(ヤオ・ミン)氏が創設した姚基金主催の慈善試合が行われた。同センターは全施設が予約で埋まっており、かつての日常が戻りつつある。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月04日
    武漢体育センターでバスケの慈善試合開催湖北省

    上:武漢体育センターを改造した臨時医療施設「方艙医院」で療養する患者。(2月17日撮影)下:4日、臨時医療施設「方艙医院」の撤去後初めて開催された大型イベント「2020年姚基金バスケットボール慈善試合」の様子。(組み合わせ写真)中国で新型コロナウイルスの流行期間中、臨時医療施設「方艙医院」として稼働していた湖北省武漢市の武漢体育センターで4日、撤去後初の公開イベントとして、中国バスケットボール協会(CBA)の会長、姚明(ヤオ・ミン)氏が創設した姚基金主催の慈善試合が行われた。同センターは全施設が予約で埋まっており、かつての日常が戻りつつある。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    武漢の日本人カレー店経営者、中国の永住権を取得

    15日、武漢市内で経営するカレー店「頂屋咖喱」で撮影に応じる嶋田さん。中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスの流行期間中も武漢にとどまったことで中日両国民から注目を集め話題となった嶋田孝治さんがこのほど、中国の永住権を取得した。(武漢=新華社配信/胡丹)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    武漢の日本人カレー店経営者、中国の永住権を取得

    15日、武漢市内で経営するカレー店「頂屋咖喱」で撮影に応じる嶋田さん。中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスの流行期間中も武漢にとどまったことで中日両国民から注目を集め話題となった嶋田孝治さんがこのほど、中国の永住権を取得した。(武漢=新華社配信/胡丹)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月04日
    元患者と医師が感動の再会湖北省武漢市

    4日、武漢大学人民病院東院で数カ月ぶりに再会し、手を取り合って夕日を眺める劉凱(右)さんと王欣さん。中国湖北省武漢市で4日、新型コロナウイルス感染症の元患者と上海から武漢に応援に来ていた医師が感動の再会を果たした。新型コロナウイルスの流行期間中、武漢大学人民医院東院区に87歳の高齢患者、王欣(おう・きん)さんが運ばれてきた。復旦大学付属中山医院の90年代生まれの医師、劉凱(りゅう・かい)さんは、王さんをコンピューター断層撮影装置(CT)検査室に連れて行くことになったが、移動の際、王さんが久しく夕日を見ていないと思い、足を止めてしばらく一緒に夕日を眺めた。この様子を捉えた一枚の写真が、大勢の人の心を打った。このほど数カ月ぶりに初めて顔を合わせた2人は、再会を喜び合い当時と同じように夕日を眺めた。その姿が再び静かな感動を呼び起こしている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月01日
    上海明珠美術館で「花」をテーマにした美術展

    1日、上海明珠美術館が新型コロナウイルス流行期間中に特別に企画した美術展「以花之名」。中国上海市の明珠美術館で、美術展「以花之名(INTHENAMEOFFLOWER)」が開催されている。会場には日本の荒木経惟氏や中国の徐氷(じょ・ひょう)氏ら、八つの国と地域の芸術家25人による花をテーマにした作品150点余りが展示され、絵画や写真、映像、彫刻、インスタレーション、パフォーマンスなどで表現された花の持つ温かみと生命力が、来場者の心を癒やした。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.25
    2020年08月24日
    「新華社」中国語のオンライン学習が南太平洋の島国で大好評

    中国語のオンライン学習が、南太平洋の島国で人気を集めている。フィジーの首都スバにある南太平洋大学孔子学院は、2012年に北京郵電大学と南太平洋大学が共同で創立した。南太平洋の国々が共同で設立し計14カ所にキャンパスを持つ南太平洋大学の優位性を頼りに、フィジー(ラウトカ地区)、クック諸島、バヌアツの3カ国のキャンパスに孔子学級を設置している。今年に入って猛威を振るった新型コロナウイルス感染症により、南太平洋大学孔子学院や孔子教室もかつてない試練に直面したが、同学院は一丸となってこの困難に立ち向かった。直ちに授業形態見直し、オンラインによる学習指導要綱を定め、短期間で対面からオンラインへの移行を達成、感染症の流行期間中も中国語学習が途切れることはなかった。面白さ、自主性、高効率を兼ね備えたオンライン学習は、学生から好評を得ている。(記者/張永興)<映像内容>フィジーの南太平洋大学孔子学院、授業の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.86
    2020年08月24日
    「新華社」武漢市の観光地無料開放、全国で注目続く湖北省

    中国湖北省武漢市は新型コロナウイルス流行期間中に寄せられた支援への感謝を示すため、今月8日から市内のA級風景区を無料開放し、インターネット上で注目を集めている。無料開放の開始から約半月がたち、5A級(最高ランク)風景区の黄鶴楼、黄陂木蘭文化生態観光区、東湖風景区を含む市内23カ所のA級風景区はいずれも観光客でにぎわっており、1日の観光客数が7月の2倍に増えた。(記者/馮国棟)<映像内容>武漢市のA級風景区を無料開放、観光の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月21日
    武漢市の観光地無料開放、全国で注目続く湖北省

    21日、黄鶴楼の入り口で観光客の身元情報を確認するスタッフ。中国湖北省武漢市は新型コロナウイルス流行期間中に寄せられた支援への感謝を示すため、今月8日から市内のA級風景区を無料開放し、インターネット上で注目を集めている。無料開放の開始から約半月がたち、5A級(最高ランク)風景区の黄鶴楼、黄陂木蘭文化生態観光区、東湖風景区を含む市内23カ所のA級風景区はいずれも観光客でにぎわっており、1日の観光客数が7月の2倍に増えた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月21日
    武漢市の観光地無料開放、全国で注目続く湖北省

    21日、黄鶴楼の入り口で保安検査と感染防止対策に協力する観光客。中国湖北省武漢市は新型コロナウイルス流行期間中に寄せられた支援への感謝を示すため、今月8日から市内のA級風景区を無料開放し、インターネット上で注目を集めている。無料開放の開始から約半月がたち、5A級(最高ランク)風景区の黄鶴楼、黄陂木蘭文化生態観光区、東湖風景区を含む市内23カ所のA級風景区はいずれも観光客でにぎわっており、1日の観光客数が7月の2倍に増えた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月21日
    武漢市の観光地無料開放、全国で注目続く湖北省

    21日、黄鶴楼で行われたイベントで絵を描く子どもたち。中国湖北省武漢市は新型コロナウイルス流行期間中に寄せられた支援への感謝を示すため、今月8日から市内のA級風景区を無料開放し、インターネット上で注目を集めている。無料開放の開始から約半月がたち、5A級(最高ランク)風景区の黄鶴楼、黄陂木蘭文化生態観光区、東湖風景区を含む市内23カ所のA級風景区はいずれも観光客でにぎわっており、1日の観光客数が7月の2倍に増えた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月21日
    武漢市の観光地無料開放、全国で注目続く湖北省

    21日、観光客でにぎわう黄鶴楼。中国湖北省武漢市は新型コロナウイルス流行期間中に寄せられた支援への感謝を示すため、今月8日から市内のA級風景区を無料開放し、インターネット上で注目を集めている。無料開放の開始から約半月がたち、5A級(最高ランク)風景区の黄鶴楼、黄陂木蘭文化生態観光区、東湖風景区を含む市内23カ所のA級風景区はいずれも観光客でにぎわっており、1日の観光客数が7月の2倍に増えた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月21日
    武漢市の観光地無料開放、全国で注目続く湖北省

    21日、電話で問い合わせを受ける黄鶴楼風景区観光サービスセンターのスタッフ。中国湖北省武漢市は新型コロナウイルス流行期間中に寄せられた支援への感謝を示すため、今月8日から市内のA級風景区を無料開放し、インターネット上で注目を集めている。無料開放の開始から約半月がたち、5A級(最高ランク)風景区の黄鶴楼、黄陂木蘭文化生態観光区、東湖風景区を含む市内23カ所のA級風景区はいずれも観光客でにぎわっており、1日の観光客数が7月の2倍に増えた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月21日
    武漢市の観光地無料開放、全国で注目続く湖北省

    21日、黄鶴楼を訪れた多くの観光客。中国湖北省武漢市は新型コロナウイルス流行期間中に寄せられた支援への感謝を示すため、今月8日から市内のA級風景区を無料開放し、インターネット上で注目を集めている。無料開放の開始から約半月がたち、5A級(最高ランク)風景区の黄鶴楼、黄陂木蘭文化生態観光区、東湖風景区を含む市内23カ所のA級風景区はいずれも観光客でにぎわっており、1日の観光客数が7月の2倍に増えた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    「新華社」自動車排ガス浄化部品製造の日系企業新型コロナ後の中国市場に自信

    14日、感染症の流行期間中に生産作業を指導するNGK(蘇州)環保陶瓷の長良直総経理(右)。中国江蘇省の蘇州ハイテク産業開発区(高新区)に拠点を置く日系企業NGK(蘇州)環保陶瓷は、同開発区に進出し19年になる自動車排ガス浄化用部品製造分野の企業で、製品の国際市場でのシェアは5割を上回っている。名古屋市に本社を置く親会社の日本ガイシは1919年に創業、百年の歴史を持つ企業で、エネルギーインフラ、セラミックス、エレクトロニクス、プロセステクノロジーを主要4事業部門としている。米国、メキシコ、ポーランド、ベルギーなど世界各地に子会社57社を有し、従業員総数は2万人を超える。NGK(蘇州)環保陶瓷はセラミックス事業部門に属し、グループ企業の中で資本金が最大の企業となっている。(蘇州=新華社配信)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月11日
    中国語のオンライン学習が南太平洋の島国で大好評

    11日、新築された南太平洋大学孔子学院の校舎の前で記念撮影する教師ら。中国語のオンライン学習が、南太平洋の島国で人気を集めている。フィジーの首都スバにある南太平洋大学孔子学院は、2012年に北京郵電大学と南太平洋大学が共同で創立した。南太平洋の国々が共同で設立し計14カ所にキャンパスを持つ南太平洋大学の優位性を頼りに、フィジー(ラウトカ地区)、クック諸島、バヌアツの3カ国のキャンパスに孔子学級を設置している。今年に入って猛威を振るった新型コロナウイルス感染症により、南太平洋大学孔子学院や孔子教室もかつてない試練に直面したが、同学院は一丸となってこの困難に立ち向かった。直ちに授業形態見直し、オンラインによる学習指導要綱を定め、短期間で対面からオンラインへの移行を達成、感染症の流行期間中も中国語学習が途切れることはなかった。面白さ、自主性、高効率を兼ね備えたオンライン学習は、学生から好評を得ている。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:47.45
    2020年08月01日
    「新華社」新型コロナウイルスとの闘いを見届けてきた日本人武漢市

    新型コロナウイルス感染症の予防・抑制状況が好転に向かうにつれて、中国湖北省武漢市には賑やかさが戻ってきた。同市洪山区の街道口にあるカレー店「頂屋咖喱」には、お客一人一人に日本語であいさつして回る男性の姿があった。嶋田孝治さん(72)は感染症の流行期間中も同市にとどまり、テレビを通じて「武漢加油」(武漢がんばれ)と声を上げ、人々を励ました日本人として知られる。嶋田さんが10年間営んできたカレー店は、今では営業を再開し、彼もいつも通りの生活を送っている。嶋田さんは今年の初め、カレー店の店長、胡丹(こ・たん)さんに誘われて、同市江夏区の農村で春節(旧正月)を過ごした。もともとは数日間の「田園生活」を楽しみ、休みが終わってから市内に戻るつもりだった。しかし、感染症の発生で、嶋田さんの予定は大幅に狂ってしまった。胡さん一家は相談の末、嶋田さんにもうしばらく残ってもらうことにした。嶋田さんはこの10年間、武漢の大学が集まる地域でカレー店を営みながら、余暇の時間を利用して無料で日本語を教えている。嶋田さんは3年にわたって貧しい学生への資金援助を続けているが、自身はガレージを改造した簡素な借家に住んでいる。最近、店で出している和風カレーの作り方の「秘訣」を同業者に伝授した。また、年末には野菜や肉を卸してくれる市場の業者に、ささやかながら、日頃の感謝の気持ちを込めて「お年玉」を贈った。同市について話が及ぶと、子どもがいない嶋田さんは「ここにはわが家のような安全さと温もりがある」、死後は「遺灰を中国の海に撒いてほしい」と語る。感染症流行のため、江夏区の農村に滞在していた当時、地元の人々から続々と支援の手が差し伸べられた。街道弁事処や村の幹部からは米などの生活物資が、村民からはカミソリなどの生活用品が届けられた。嶋田さんは感染症の流行期間中の出来事を振り返り、何度も涙をこぼしながら「武漢の人たちの精神に敬服している。みなさんの配慮に感動した」と述べた。同市から市外・省外に通じる交通ルートの規制が4月8日に解除され、嶋田さんはようやく市内に戻ることができた。<映像内容>武漢でカレー店を営む日本人のインタビュー、店の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    シカゴの中国料理レストラン、医療従事者に食事を無償提供

    26日、米国シカゴ中心部にある中国料理レストラン「老四川」で、注文した料理を持ち帰る客。レストランの格付け本「ミシュランガイド」に6度掲載されたことのあるシカゴの中国料理レストラン「老四川」は、感染症の流行期間中も地域社会にサービスを提供し続けている。また、第一線で働く医療従事者に無償で食事を提供し、高く評価されている。(シカゴ=新華社記者/徐静)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    シカゴの中国料理レストラン、医療従事者に食事を無償提供

    26日、米国シカゴ中心部にある中国料理レストラン「老四川」で、ドリンクの準備をする店員。レストランの格付け本「ミシュランガイド」に6度掲載されたことのあるシカゴの中国料理レストラン「老四川」は、感染症の流行期間中も地域社会にサービスを提供し続けている。また、第一線で働く医療従事者に無償で食事を提供し、高く評価されている。(シカゴ=新華社記者/徐静)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    シカゴの中国料理レストラン、医療従事者に食事を無償提供

    26日、米国シカゴ中心部にある中国料理レストラン「老四川」で、グラスを拭く店員。レストランの格付け本「ミシュランガイド」に6度掲載されたことのあるシカゴの中国料理レストラン「老四川」は、感染症の流行期間中も地域社会にサービスを提供し続けている。また、第一線で働く医療従事者に無償で食事を提供し、高く評価されている。(シカゴ=新華社記者/徐静)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    武漢の日本人カレー店経営者、中国の永住権を取得

    武漢市内で経営するカレー店「頂屋咖喱」でテーブルを消毒する嶋田さん。(7月22日撮影)中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスの流行期間中も武漢にとどまったことで中日両国民から注目を集め話題となった嶋田孝治さんがこのほど、中国の永住権を取得した。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    武漢の日本人カレー店経営者、中国の永住権を取得

    武漢市内で経営するカレー店「頂屋咖喱」で、店長の胡丹(こ・たん)さん(右)とスマートフォンでカレーの作り方を配信する嶋田さん。(7月22日撮影)中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスの流行期間中も武漢にとどまったことで中日両国民から注目を集め話題となった嶋田孝治さんがこのほど、中国の永住権を取得した。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    新型コロナウイルスとの闘いを見届けてきた日本人武漢市

    7月22日、自身が経営するカレー店で、店長の胡丹(こ・たん)さんと写真を撮る嶋田孝治さん(右)。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制状況が好転に向かうにつれて、中国湖北省武漢市には賑やかさが戻ってきた。同市洪山区の街道口にあるカレー店「頂屋咖喱」には、お客一人一人に日本語であいさつして回る男性の姿があった。嶋田孝治さん(72)は感染症の流行期間中も同市にとどまり、テレビを通じて「武漢加油」(武漢がんばれ)と声を上げ、人々を励ました日本人として知られる。嶋田さんが10年間営んできたカレー店は、今では営業を再開し、彼もいつも通りの生活を送っている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    新型コロナウイルスとの闘いを見届けてきた日本人武漢市

    7月22日、カレー店「頂屋咖喱」の店内の様子。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制状況が好転に向かうにつれて、中国湖北省武漢市には賑やかさが戻ってきた。同市洪山区の街道口にあるカレー店「頂屋咖喱」には、お客一人一人に日本語であいさつして回る男性の姿があった。嶋田孝治さん(72)は感染症の流行期間中も同市にとどまり、テレビを通じて「武漢加油」(武漢がんばれ)と声を上げ、人々を励ました日本人として知られる。嶋田さんが10年間営んできたカレー店は、今では営業を再開し、彼もいつも通りの生活を送っている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:22.26
    2020年07月18日
    「新華社」村民に就業の道を開くヒマワリの種加工産業黒竜江省

    中国黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県は、ヒマワリの種をいって味付けしスナックに加工する産業を発展させており、県内にはヒマワリの種やナッツを加工生産する現代的企業が創設されている。企業は現在、二つの商標を持ち全国で販売している。加工産業は市民の就業を牽引するとともに、新型コロナウイルス感染症流行期間中に出稼ぎに行けない農民に地元で就労する機会を提供し、貧困世帯を含めた村民の増収を促進している。(記者/鄒大鵬、劉赫垚、楊喆)<映像内容>ヒマワリの種の加工の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    村民に就業の道を開くヒマワリの種加工産業黒竜江省

    14日、黒竜江省綏化市望奎県の加工作業場で、ヒマワリの種を袋詰めする従業員。中国黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県は、ヒマワリの種をいって味付けしスナックに加工する産業を発展させており、県内にはヒマワリの種やナッツを加工生産する現代的企業が創設されている。企業は現在、二つの商標を持ち全国で販売している。加工産業は市民の就業を牽引するとともに、新型コロナウイルス感染症流行期間中に出稼ぎに行けない農民に地元で就労する機会を提供し、貧困世帯を含めた村民の増収を促進している。(ハルビン=新華社記者/楊喆)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    村民に就業の道を開くヒマワリの種加工産業黒竜江省

    14日、黒竜江省綏化市望奎県の加工作業場で生産されたヒマワリの種。中国黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県は、ヒマワリの種をいって味付けしスナックに加工する産業を発展させており、県内にはヒマワリの種やナッツを加工生産する現代的企業が創設されている。企業は現在、二つの商標を持ち全国で販売している。加工産業は市民の就業を牽引するとともに、新型コロナウイルス感染症流行期間中に出稼ぎに行けない農民に地元で就労する機会を提供し、貧困世帯を含めた村民の増収を促進している。(ハルビン=新華社記者/楊喆)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    村民に就業の道を開くヒマワリの種加工産業黒竜江省

    14日、黒竜江省綏化市望奎県の加工作業場で、ヒマワリの種を袋詰めする従業員。中国黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県は、ヒマワリの種をいって味付けしスナックに加工する産業を発展させており、県内にはヒマワリの種やナッツを加工生産する現代的企業が創設されている。企業は現在、二つの商標を持ち全国で販売している。加工産業は市民の就業を牽引するとともに、新型コロナウイルス感染症流行期間中に出稼ぎに行けない農民に地元で就労する機会を提供し、貧困世帯を含めた村民の増収を促進している。(ハルビン=新華社記者/楊喆)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    村民に就業の道を開くヒマワリの種加工産業黒竜江省

    14日、黒竜江省綏化市望奎県の加工作業場で、ヒマワリの種を運ぶ従業員。中国黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県は、ヒマワリの種をいって味付けしスナックに加工する産業を発展させており、県内にはヒマワリの種やナッツを加工生産する現代的企業が創設されている。企業は現在、二つの商標を持ち全国で販売している。加工産業は市民の就業を牽引するとともに、新型コロナウイルス感染症流行期間中に出稼ぎに行けない農民に地元で就労する機会を提供し、貧困世帯を含めた村民の増収を促進している。(ハルビン=新華社記者/楊喆)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:38.06
    2020年07月09日
    「新華社」中国企業が建設の鉄道、ケニアの新型コロナ対策を支援

    中国企業がアフリカで建設を請け負った重要プロジェクトの一つであるケニア標準軌鉄道(SGR)は、新型コロナウイルスの感染流行期間中、急を要する医療物資や生活必需品を輸送する貨物列車の運行を続け、同国の新型コロナ対策を支援している。SGR運営会社アフリカ・スター・レールウェイ・オペレーション(アフリスター)の広報アドバイザー、バージニア・ムニャオ氏がこのほど地元紙「スタンダード」に発表した論評によると、SGRの貨物輸送量はこの4カ月で急増し、6月30日までに食糧や医療物資など合計19万6千TEU(20フィートコンテナ換算)の貨物を輸送したという。SGRは東アフリカ鉄道網の重要な一部を構成している。このうちケニア東部の港湾都市モンバサと首都ナイロビを結ぶモンバサ・ナイロビ鉄道は2017年5月に開通。全長480キロの同鉄道は、東アフリカ鉄道網の最初の区間に当たる。同鉄道を延伸した路線となるナイロビ・マラバ鉄道第1期の旅客輸送サービスは昨年10月に開業し、12月に貨物輸送サービスを開始した。(記者/白林、馮燚偉)<映像内容>ケニア標準軌鉄道の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.53
    2020年06月25日
    「新華社」ライブコマースで家具市場を再活性化河北省廊坊市

    中国北部最大の家具集積地、河北省廊坊市にある香河国際家具城は、新型コロナウイルス感染症の流行期間中に販売形式を刷新。テナントに対し、ライブ動画を通じて商品を販売する「ライブコマース」による商品の宣伝や顧客の確保を促した。テナントは商品販売だけでなく、新築住宅の内装や家具の配置についてオンラインで説明するなど、家具市場の回復に注力しており、すでに1500店余りがライブコマースを開始している。(記者/張碩)<映像内容>家具市場のライブコマースの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月12日
    中国企業、エチオピアの新型コロナ対策を支援

    エチオピア政府が重慶三聖実業に宛てた礼状。(6月12日撮影)中国重慶市で建材や医薬品の製造を手掛ける重慶三聖実業はこのほど、エチオピア政府から一通の礼状を受け取った。礼状には同社が新型コロナウイルス流行期間中に行った無私の援助に対する心からの感謝の意が記されていた。同社は2016年、「一帯一路」構想に呼応し、8500万ドル(1ドル=約107円)を投じてエチオピアに製薬会社を設立した。ビタミン剤や胃腸薬、抗結核薬、解熱鎮痛剤、抗ウイルス・抗感染薬などの基礎医薬品を主に生産している。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産継承者、中国結びの魅力をライブ配信

    21日、工房で中国結びの制作をライブ配信する呂敏さん。中国天津市河北区の中国結び無形文化遺産プロジェクト「巧妹紅粧縄芸」の代表的継承者である呂敏(ろ・びん)さん(49)は、新型コロナウイルスの流行期間中、ライブ配信で中国結びの技を披露した。新型コロナの感染拡大後、呂さんは湖北省武漢市への思いを込め、「武漢頑張れ」「中国に福あれ」などの文字をあしらった作品を制作し、高い評価を受けた。また、天津市から湖北省へ派遣された支援医療チームの一部メンバーに自身の作品を寄贈した。(天津=新華社記者/栗雅婷)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産継承者、中国結びの魅力をライブ配信

    21日、工房で中国結びの制作をライブ配信する呂敏さん。中国天津市河北区の中国結び無形文化遺産プロジェクト「巧妹紅粧縄芸」の代表的継承者である呂敏(ろ・びん)さん(49)は、新型コロナウイルスの流行期間中、ライブ配信で中国結びの技を披露した。新型コロナの感染拡大後、呂さんは湖北省武漢市への思いを込め、「武漢頑張れ」「中国に福あれ」などの文字をあしらった作品を制作し、高い評価を受けた。また、天津市から湖北省へ派遣された支援医療チームの一部メンバーに自身の作品を寄贈した。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産継承者、中国結びの魅力をライブ配信

    21日、工房で中国結びを制作する呂敏さん。中国天津市河北区の中国結び無形文化遺産プロジェクト「巧妹紅粧縄芸」の代表的継承者である呂敏(ろ・びん)さん(49)は、新型コロナウイルスの流行期間中、ライブ配信で中国結びの技を披露した。新型コロナの感染拡大後、呂さんは湖北省武漢市への思いを込め、「武漢頑張れ」「中国に福あれ」などの文字をあしらった作品を制作し、高い評価を受けた。また、天津市から湖北省へ派遣された支援医療チームの一部メンバーに自身の作品を寄贈した。(天津=新華社記者/栗雅婷)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産継承者、中国結びの魅力をライブ配信

    21日、工房で中国結びの制作をライブ配信する呂敏さん(右)。中国天津市河北区の中国結び無形文化遺産プロジェクト「巧妹紅粧縄芸」の代表的継承者である呂敏(ろ・びん)さん(49)は、新型コロナウイルスの流行期間中、ライブ配信で中国結びの技を披露した。新型コロナの感染拡大後、呂さんは湖北省武漢市への思いを込め、「武漢頑張れ」「中国に福あれ」などの文字をあしらった作品を制作し、高い評価を受けた。また、天津市から湖北省へ派遣された支援医療チームの一部メンバーに自身の作品を寄贈した。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産継承者、中国結びの魅力をライブ配信

    21日、工房で中国結びを制作する呂敏さん。中国天津市河北区の中国結び無形文化遺産プロジェクト「巧妹紅粧縄芸」の代表的継承者である呂敏(ろ・びん)さん(49)は、新型コロナウイルスの流行期間中、ライブ配信で中国結びの技を披露した。新型コロナの感染拡大後、呂さんは湖北省武漢市への思いを込め、「武漢頑張れ」「中国に福あれ」などの文字をあしらった作品を制作し、高い評価を受けた。また、天津市から湖北省へ派遣された支援医療チームの一部メンバーに自身の作品を寄贈した。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産継承者、中国結びの魅力をライブ配信

    21日、工房で中国結びの制作をライブ配信する呂敏さん。中国天津市河北区の中国結び無形文化遺産プロジェクト「巧妹紅粧縄芸」の代表的継承者である呂敏(ろ・びん)さん(49)は、新型コロナウイルスの流行期間中、ライブ配信で中国結びの技を披露した。新型コロナの感染拡大後、呂さんは湖北省武漢市への思いを込め、「武漢頑張れ」「中国に福あれ」などの文字をあしらった作品を制作し、高い評価を受けた。また、天津市から湖北省へ派遣された支援医療チームの一部メンバーに自身の作品を寄贈した。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産継承者、中国結びの魅力をライブ配信

    21日、新型コロナウイルスの感染拡大中に制作した作品を手にする呂敏さん。中国天津市河北区の中国結び無形文化遺産プロジェクト「巧妹紅粧縄芸」の代表的継承者である呂敏(ろ・びん)さん(49)は、新型コロナウイルスの流行期間中、ライブ配信で中国結びの技を披露した。新型コロナの感染拡大後、呂さんは湖北省武漢市への思いを込め、「武漢頑張れ」「中国に福あれ」などの文字をあしらった作品を制作し、高い評価を受けた。また、天津市から湖北省へ派遣された支援医療チームの一部メンバーに自身の作品を寄贈した。(天津=新華社記者/栗雅婷)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産継承者、中国結びの魅力をライブ配信

    21日、工房で中国結びを制作する呂敏さん。中国天津市河北区の中国結び無形文化遺産プロジェクト「巧妹紅粧縄芸」の代表的継承者である呂敏(ろ・びん)さん(49)は、新型コロナウイルスの流行期間中、ライブ配信で中国結びの技を披露した。新型コロナの感染拡大後、呂さんは湖北省武漢市への思いを込め、「武漢頑張れ」「中国に福あれ」などの文字をあしらった作品を制作し、高い評価を受けた。また、天津市から湖北省へ派遣された支援医療チームの一部メンバーに自身の作品を寄贈した。(天津=新華社記者/栗雅婷)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産継承者、中国結びの魅力をライブ配信

    21日、新型コロナウイルスの流行期間中に呂敏さんが制作した、ウイルスとの闘いを題材にした作品。中国天津市河北区の中国結び無形文化遺産プロジェクト「巧妹紅粧縄芸」の代表的継承者である呂敏(ろ・びん)さん(49)は、新型コロナウイルスの流行期間中、ライブ配信で中国結びの技を披露した。新型コロナの感染拡大後、呂さんは湖北省武漢市への思いを込め、「武漢頑張れ」「中国に福あれ」などの文字をあしらった作品を制作し、高い評価を受けた。また、天津市から湖北省へ派遣された支援医療チームの一部メンバーに自身の作品を寄贈した。(天津=新華社記者/栗雅婷)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月01日
    中国企業、エチオピアの新型コロナ対策を支援

    援助物資を受け取るエチオピアの関係者。(5月1日撮影)中国重慶市で建材や医薬品の製造を手掛ける重慶三聖実業はこのほど、エチオピア政府から一通の礼状を受け取った。礼状には同社が新型コロナウイルス流行期間中に行った無私の援助に対する心からの感謝の意が記されていた。同社は2016年、「一帯一路」構想に呼応し、8500万ドル(1ドル=約107円)を投じてエチオピアに製薬会社を設立した。ビタミン剤や胃腸薬、抗結核薬、解熱鎮痛剤、抗ウイルス・抗感染薬などの基礎医薬品を主に生産している。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月01日
    中国企業、エチオピアの新型コロナ対策を支援

    援助物資を受け取るエチオピアの人々。(5月1日撮影)中国重慶市で建材や医薬品の製造を手掛ける重慶三聖実業はこのほど、エチオピア政府から一通の礼状を受け取った。礼状には同社が新型コロナウイルス流行期間中に行った無私の援助に対する心からの感謝の意が記されていた。同社は2016年、「一帯一路」構想に呼応し、8500万ドル(1ドル=約107円)を投じてエチオピアに製薬会社を設立した。ビタミン剤や胃腸薬、抗結核薬、解熱鎮痛剤、抗ウイルス・抗感染薬などの基礎医薬品を主に生産している。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月01日
    中国企業、エチオピアの新型コロナ対策を支援

    中国の民間企業がエチオピアに贈った感染防止物資。(5月1日撮影)中国重慶市で建材や医薬品の製造を手掛ける重慶三聖実業はこのほど、エチオピア政府から一通の礼状を受け取った。礼状には同社が新型コロナウイルス流行期間中に行った無私の援助に対する心からの感謝の意が記されていた。同社は2016年、「一帯一路」構想に呼応し、8500万ドル(1ドル=約107円)を投じてエチオピアに製薬会社を設立した。ビタミン剤や胃腸薬、抗結核薬、解熱鎮痛剤、抗ウイルス・抗感染薬などの基礎医薬品を主に生産している。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月16日
    感染症の流行がオンライン経済の「インキュベーション」を加速

    河北省任県にあるスーパーマーケットでオンライン注文を受け取る店員。(4月16日撮影)中国に突如として現れた新型コロナウイルス感染症の流行により、人々は外出規制という不便な状況を経験したものの、ショッピングセンターやスーパーマーケットでは「ピンチ」が「チャンス」を生み出し、オンラインで購入して配送するという新業態が存在感を増している。感染症の流行が、中国のオンライン経済の「インキュベーション」を加速させている。河北省任県のあるスーパーマーケットでは、感染症の流行期間中、生鮮食品のインターネット注文が大幅に増え、顧客が激増した。店には現在6人の配達員がおり、毎朝8時に配送ステーションに出勤すると、顧客がオンラインで注文した商品のピッキングと包装を行い、午前9時頃から当日の配送を開始する。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月16日
    感染症の流行がオンライン経済の「インキュベーション」を加速

    顧客がオンラインで購入した商品を届けるスーパーマーケットの配達員。(4月16日撮影)中国に突如として現れた新型コロナウイルス感染症の流行により、人々は外出規制という不便な状況を経験したものの、ショッピングセンターやスーパーマーケットでは「ピンチ」が「チャンス」を生み出し、オンラインで購入して配送するという新業態が存在感を増している。感染症の流行が、中国のオンライン経済の「インキュベーション」を加速させている。河北省任県のあるスーパーマーケットでは、感染症の流行期間中、生鮮食品のインターネット注文が大幅に増え、顧客が激増した。店には現在6人の配達員がおり、毎朝8時に配送ステーションに出勤すると、顧客がオンラインで注文した商品のピッキングと包装を行い、午前9時頃から当日の配送を開始する。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月16日
    感染症の流行がオンライン経済の「インキュベーション」を加速

    顧客に商品を届けるスーパーマーケットの配達員。(4月16日撮影)中国に突如として現れた新型コロナウイルス感染症の流行により、人々は外出規制という不便な状況を経験したものの、ショッピングセンターやスーパーマーケットでは「ピンチ」が「チャンス」を生み出し、オンラインで購入して配送するという新業態が存在感を増している。感染症の流行が、中国のオンライン経済の「インキュベーション」を加速させている。河北省任県のあるスーパーマーケットでは、感染症の流行期間中、生鮮食品のインターネット注文が大幅に増え、顧客が激増した。店には現在6人の配達員がおり、毎朝8時に配送ステーションに出勤すると、顧客がオンラインで注文した商品のピッキングと包装を行い、午前9時頃から当日の配送を開始する。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月16日
    感染症の流行がオンライン経済の「インキュベーション」を加速

    河北省任県にあるスーパーマーケットでオンライン注文を受け取る店員。(4月16日撮影)中国に突如として現れた新型コロナウイルス感染症の流行により、人々は外出規制という不便な状況を経験したものの、ショッピングセンターやスーパーマーケットでは「ピンチ」が「チャンス」を生み出し、オンラインで購入して配送するという新業態が存在感を増している。感染症の流行が、中国のオンライン経済の「インキュベーション」を加速させている。河北省任県のあるスーパーマーケットでは、感染症の流行期間中、生鮮食品のインターネット注文が大幅に増え、顧客が激増した。店には現在6人の配達員がおり、毎朝8時に配送ステーションに出勤すると、顧客がオンラインで注文した商品のピッキングと包装を行い、午前9時頃から当日の配送を開始する。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.92
    2020年04月10日
    「新華社」武当カンフーの修行に励む湖北省の70代男性新型コロナ流行中も欠かさず

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市の武当山で修行する曾友福(そ・ゆうふく)さん(78)は新型コロナウイルスの流行期間中も武当功夫(カンフー)の練習を欠かさない。道服を身にまとい、足には道靴を履き、マスクをしっかりと装着しながら、玄岳門や遇真宮で技を磨いている。曾さんは昨年、中国の中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)中央テレビ(CCTV)が元宵節(旧暦1月15日)に合わせて放送する特別番組「元宵晩会」に出演。唯一の武術演目となる「中国気派」で見事な技を披露した。新型コロナウイルスの流行は完全に終息していないが、曾さんは連日、マスク姿で武当カンフーの練習に励み、再びステージに上がる日を楽しみにしている。武当功夫は中国武術の一つで、トレーニングをすることで心肺機能が大いに改善されるといわれている。(記者/李偉)<映像内容>武当功夫の練習の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月06日
    物流ルート円滑化で貿易企業の再開を後押し江西省向塘鉄道口岸

    6日、向塘鉄道口岸で、車両への積み込みを待つ貨物。(小型無人機から)貿易企業が業務を再開し、貿易貨物の輸送需要が高まるのに伴い、中国江西省南昌県の向塘鉄道口岸(通関地)はこのところ、多忙な状態が続いている。新型コロナウイルス感染症の流行期間中に、同県は鉄道、物流会社、交通部門などと積極的に調整を図り、貿易企業が業務を再開するためのサービスを提供し、物流ルートを円滑にして、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」やシーアンドレール輸送の正常な運行を確保している。統計によると、2020年1~3月のシーアンドレール輸送による向塘鉄道口岸発着コンテナは5934個となっており、県内貿易企業の生産能力が80%以上回復している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月06日
    物流ルート円滑化で貿易企業の再開を後押し江西省向塘鉄道口岸

    6日、向塘鉄道口岸でコンテナを降ろすトラック。貿易企業が業務を再開し、貿易貨物の輸送需要が高まるのに伴い、中国江西省南昌県の向塘鉄道口岸(通関地)はこのところ、多忙な状態が続いている。新型コロナウイルス感染症の流行期間中に、同県は鉄道、物流会社、交通部門などと積極的に調整を図り、貿易企業が業務を再開するためのサービスを提供し、物流ルートを円滑にして、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」やシーアンドレール輸送の正常な運行を確保している。統計によると、2020年1~3月のシーアンドレール輸送による向塘鉄道口岸発着コンテナは5934個となっており、県内貿易企業の生産能力が80%以上回復している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月06日
    物流ルート円滑化で貿易企業の再開を後押し江西省向塘鉄道口岸

    6日、向塘鉄道口岸で、列車への積み込みを待つ自動車。(小型無人機から)貿易企業が業務を再開し、貿易貨物の輸送需要が高まるのに伴い、中国江西省南昌県の向塘鉄道口岸(通関地)はこのところ、多忙な状態が続いている。新型コロナウイルス感染症の流行期間中に、同県は鉄道、物流会社、交通部門などと積極的に調整を図り、貿易企業が業務を再開するためのサービスを提供し、物流ルートを円滑にして、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」やシーアンドレール輸送の正常な運行を確保している。統計によると、2020年1~3月のシーアンドレール輸送による向塘鉄道口岸発着コンテナは5934個となっており、県内貿易企業の生産能力が80%以上回復している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.79
    2020年04月06日
    「新華社」小興安嶺の生徒を見守る鈍行列車黒竜江省

    中国黒竜江省伊春市湯旺県で6日、地元の高校3年生と保護者100人余りが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で遅れていた新学期を迎えるため、列車で同市南岔(なんた)県などに向け出発した。この鈍行列車は、同省北部の小興安嶺(しょうこうあんれい)地区の一部の生徒が安全に学校に戻る手助けをしている。中国鉄路ハルビン局集団によると、烏伊嶺(ういれい)からジャムスに向かう同列車は、森林地区の生徒が実家と寄宿舎のある学校との間を往来する重要な交通機関となっている。同集団が運行する23路線の公益事業列車の一つで、営業距離は410キロ、運賃は25・5元(1元=約15円)。区間の最低運賃はわずか1元だという。40年以上運行されており、勉学に励む生徒を見守ってきた。同集団は、新型コロナの流行期間中に生徒が速やかに学校へ戻れるよう、駅や列車内での旅客の体温測定を強化し、駅と列車の消毒や通風、清掃に努めた。同列車の運行を担う牡丹江車掌区では、緊急時に備え使い捨て医療用マスクも準備したという。(記者/馬知遥)<映像内容>列車に乗り移動する学生、マスク姿、検温の様子など、撮影日:2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月06日
    物流ルート円滑化で貿易企業の再開を後押し江西省向塘鉄道口岸

    6日、向塘鉄道口岸で、コンテナの吊り上げ作業を指揮する作業スタッフ。貿易企業が業務を再開し、貿易貨物の輸送需要が高まるのに伴い、中国江西省南昌県の向塘鉄道口岸(通関地)はこのところ、多忙な状態が続いている。新型コロナウイルス感染症の流行期間中に、同県は鉄道、物流会社、交通部門などと積極的に調整を図り、貿易企業が業務を再開するためのサービスを提供し、物流ルートを円滑にして、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」やシーアンドレール輸送の正常な運行を確保している。統計によると、2020年1~3月のシーアンドレール輸送による向塘鉄道口岸発着コンテナは5934個となっており、県内貿易企業の生産能力が80%以上回復している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月06日
    物流ルート円滑化で貿易企業の再開を後押し江西省向塘鉄道口岸

    6日、向塘鉄道口岸で、車両への積み込みを待つ貨物。(小型無人機から)貿易企業が業務を再開し、貿易貨物の輸送需要が高まるのに伴い、中国江西省南昌県の向塘鉄道口岸(通関地)はこのところ、多忙な状態が続いている。新型コロナウイルス感染症の流行期間中に、同県は鉄道、物流会社、交通部門などと積極的に調整を図り、貿易企業が業務を再開するためのサービスを提供し、物流ルートを円滑にして、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」やシーアンドレール輸送の正常な運行を確保している。統計によると、2020年1~3月のシーアンドレール輸送による向塘鉄道口岸発着コンテナは5934個となっており、県内貿易企業の生産能力が80%以上回復している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月06日
    物流ルート円滑化で貿易企業の再開を後押し江西省向塘鉄道口岸

    6日、向塘鉄道口岸で、車両への積み込みを待つ貨物。(小型無人機から)貿易企業が業務を再開し、貿易貨物の輸送需要が高まるのに伴い、中国江西省南昌県の向塘鉄道口岸(通関地)はこのところ、多忙な状態が続いている。新型コロナウイルス感染症の流行期間中に、同県は鉄道、物流会社、交通部門などと積極的に調整を図り、貿易企業が業務を再開するためのサービスを提供し、物流ルートを円滑にして、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」やシーアンドレール輸送の正常な運行を確保している。統計によると、2020年1~3月のシーアンドレール輸送による向塘鉄道口岸発着コンテナは5934個となっており、県内貿易企業の生産能力が80%以上回復している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月05日
    武当カンフーの修行に励む湖北省の70代男性新型コロナ流行中も欠かさず

    5日、湖北省十堰市で、マスクを着けて武当カンフーの練習に励む曾友福さん。中国湖北省十堰(じゅうえん)市の武当山で修行する曾友福(そ・ゆうふく)さん(78)は新型コロナウイルスの流行期間中も武当功夫(カンフー)の練習を欠かさない。道服を身にまとい、足には道靴を履き、マスクをしっかりと装着しながら、玄岳門や遇真宮で技を磨いている。(十堰=新華社配信)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月05日
    武当カンフーの修行に励む湖北省の70代男性新型コロナ流行中も欠かさず

    5日、湖北省十堰市で、マスクを着けて武当カンフーの練習に励む曾友福さん。中国湖北省十堰(じゅうえん)市の武当山で修行する曾友福(そ・ゆうふく)さん(78)は新型コロナウイルスの流行期間中も武当功夫(カンフー)の練習を欠かさない。道服を身にまとい、足には道靴を履き、マスクをしっかりと装着しながら、玄岳門や遇真宮で技を磨いている。(十堰=新華社配信)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月05日
    武当カンフーの修行に励む湖北省の70代男性新型コロナ流行中も欠かさず

    5日、湖北省十堰市で、マスクを着けて武当カンフーの練習に励む曾友福さん。中国湖北省十堰(じゅうえん)市の武当山で修行する曾友福(そ・ゆうふく)さん(78)は新型コロナウイルスの流行期間中も武当功夫(カンフー)の練習を欠かさない。道服を身にまとい、足には道靴を履き、マスクをしっかりと装着しながら、玄岳門や遇真宮で技を磨いている。(十堰=新華社配信)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月05日
    武当カンフーの修行に励む湖北省の70代男性新型コロナ流行中も欠かさず

    5日、湖北省十堰市で、マスクを着けて武当カンフーの練習に励む曾友福さん。中国湖北省十堰(じゅうえん)市の武当山で修行する曾友福(そ・ゆうふく)さん(78)は新型コロナウイルスの流行期間中も武当功夫(カンフー)の練習を欠かさない。道服を身にまとい、足には道靴を履き、マスクをしっかりと装着しながら、玄岳門や遇真宮で技を磨いている。(十堰=新華社配信)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:59.30
    2020年04月03日
    「新華社」ハルビン極地館、動物たちのライブ動画が人気

    中国黒竜江省のハルビン極地館は新型コロナウイルスの流行期間中、外出することなく極地動物の暮らしを間近で見られるよう、ライブ動画の配信を続けてきた。ライブ動画は今では珍しくなくなったが、かわいい動物たちが主役を務めることはめったにない。動画には動物のほか、調教師も出演し、動物の雄と雌の見分け方や食べ物、極地動物の年齢判断の方法など、豆知識を教える。極地動物のライブ動画はすぐに視聴者数千人の注目を集めた。同館によると、動物の状態を見ながら、今後も異なるテーマで配信を行う予定だという。ハルビン極地館はすでに営業を再開しており、開館時間は毎日午前9時半から午後4時まで。入場券の購入には実名登録と時間指定が必要で、入館時には検温、マスク着用とスマートフォンでの「竜江健康コード」提示と身分証が求められる。現在、極地館の入館者数は1日400人まで、また場内の人数が80人を超えないようにしている。(記者/田野)<映像内容>ハルビン極地館の動物たちのライブ動画、ペンギンの様子、セイウチの腹筋など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:05.76
    2020年03月30日
    「新華社」太陽電池製造工場で無人搬送ロボットが活躍浙江省義烏市

    中国浙江省義烏市にある太陽電池メーカー、浙江愛旭太陽能科技の大型生産拠点では、少数の作業員のほかに、無人搬送ロボット(AGV)が作業場を自在に動き回っている。工場では2年以上前から、合計256台のロボットが導入され、主に工場内の資材運搬を担っている。責任者によると、これらのロボットは理論上、作業員600人分相当の仕事をこなすことができ、新型コロナウイルスの流行期間中も同工場は生産を続け、労働力不足の問題は見られなかったという。(記者/馬剣、孔令杭)<映像内容>浙江愛旭太陽能科技の工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:28.25
    2020年03月27日
    「新華社」甕開高速の開州湖特大橋、主塔本体が完成貴州省

    中国貴州省で建設中の甕開(ようかい)高速道路(甕安県~開陽県)で27日、開州湖特大橋の主塔構造体の頂上部をふさぐ工事が完了し、主塔本体が完成した。橋の全長は1257メートル。主塔の高さは139メートル、主径間は1100メートルに達し、総投資額は10億元(1元=約15円)を超える。中国中鉄(中国国有鉄道建設大手)傘下の中鉄広州工程局集団が建設を担った。開州湖特大橋は同高速の建設で最難関とされる重要プロジェクトであり、高いレベルの施工技術が求められる。同社のプロジェクト部門は新型コロナウイルの流行期間中、感染防止に万全を期しながら工事を進め、今回の主塔完成を勝ち取った。(記者/劉続、劉勤兵)<映像内容>工事中の甕開高速道路の様子、撮影日:2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    墓参代行サービスで感染予防・抑制を支援山西省太原市

    26日、太原市の共同墓地、仙居園で生花を包装するスタッフ。中国で墓参の習慣のある清明節(4月4日)を控え、山西省太原市内の共同墓地では、新型コロナウイルスの流行期間中に墓参者が密集することを避けるため、墓参代行サービスや無料の供花提供を行い、市民の需要に対応している。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    墓参代行サービスで感染予防・抑制を支援山西省太原市

    26日、太原市の共同墓地、仙居園で花を供える墓参代行スタッフ。中国で墓参の習慣のある清明節(4月4日)を控え、山西省太原市内の共同墓地では、新型コロナウイルスの流行期間中に墓参者が密集することを避けるため、墓参代行サービスや無料の供花提供を行い、市民の需要に対応している。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    墓参代行サービスで感染予防・抑制を支援山西省太原市

    26日、太原市の共同墓地、仙居園で市民に代わって墓参りをするスタッフ。中国で墓参の習慣のある清明節(4月4日)を控え、山西省太原市内の共同墓地では、新型コロナウイルスの流行期間中に墓参者が密集することを避けるため、墓参代行サービスや無料の供花提供を行い、市民の需要に対応している。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    墓参代行サービスで感染予防・抑制を支援山西省太原市

    26日、太原市の共同墓地、仙居園で墓に向かって頭を下げる墓参代行スタッフ。中国で墓参の習慣のある清明節(4月4日)を控え、山西省太原市内の共同墓地では、新型コロナウイルスの流行期間中に墓参者が密集することを避けるため、墓参代行サービスや無料の供花提供を行い、市民の需要に対応している。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    墓参代行サービスで感染予防・抑制を支援山西省太原市

    26日、清明節墓参代行サービスの申し込み手続きを紹介する太原市の共同墓地、仙居園のスタッフ。中国で墓参の習慣のある清明節(4月4日)を控え、山西省太原市内の共同墓地では、新型コロナウイルスの流行期間中に墓参者が密集することを避けるため、墓参代行サービスや無料の供花提供を行い、市民の需要に対応している。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    墓参代行サービスで感染予防・抑制を支援山西省太原市

    26日、太原市の共同墓地、仙居園で花を供える墓参代行スタッフ。中国で墓参の習慣のある清明節(4月4日)を控え、山西省太原市内の共同墓地では、新型コロナウイルスの流行期間中に墓参者が密集することを避けるため、墓参代行サービスや無料の供花提供を行い、市民の需要に対応している。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    中国の新型コロナ予防・抑制ボランティアに励む日本人少女遼寧省大連市

    3月26日、若狭谷理紗さんが感染の流行期間中に創作した漫画。中国遼寧省大連市の高新園区(ハイテク産業開発区)凌水街道燕南社区(コミュニティー)の集合住宅団地、東方聖克拉小区で暮らす日本人の少女、若狭谷理紗さんは、2月16日に18歳の誕生日を迎えた。理紗さんは翌17日から、自発的に団地入り口に立ち、中国各地の社区で実施されている新型コロナウイルス感染予防・抑制活動に携わるボランティアの一員として、団地を出入りする人の確認や登録、検温などを行っている。ボランティア活動への参加は、理紗さんにとって特別な「大人の証」となった。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    墓参代行サービスで感染予防・抑制を支援山西省太原市

    26日、太原市の共同墓地、仙居園で墓碑を清掃する墓参代行スタッフ。中国で墓参の習慣のある清明節(4月4日)を控え、山西省太原市内の共同墓地では、新型コロナウイルスの流行期間中に墓参者が密集することを避けるため、墓参代行サービスや無料の供花提供を行い、市民の需要に対応している。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    墓参代行サービスで感染予防・抑制を支援山西省太原市

    26日、生花を包装する太原市の共同墓地仙居園のスタッフ。中国で墓参の習慣のある清明節(4月4日)を控え、山西省太原市内の共同墓地では、新型コロナウイルスの流行期間中に墓参者が密集することを避けるため、墓参代行サービスや無料の供花提供を行い、市民の需要に対応している。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    墓参代行サービスで感染予防・抑制を支援山西省太原市

    26日、太原市の共同墓地、仙居園で、依頼者に送信するため墓参りの様子を撮影するスタッフ。中国で墓参の習慣のある清明節(4月4日)を控え、山西省太原市内の共同墓地では、新型コロナウイルスの流行期間中に墓参者が密集することを避けるため、墓参代行サービスや無料の供花提供を行い、市民の需要に対応している。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.30
    2020年03月17日
    「新華社」瀋陽故宮など博物館8カ所、一般公開を再開遼寧省瀋陽市

    中国遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物館や張氏帥府博物館など博物館8カ所は17日、新型コロナウイルスの感染拡大で中止していた一般公開を再開した。同日訪れた瀋陽故宮博物館では、正門に当たる大清門にパーテーションで仕切られた区画が設けられ、保安スタッフが来場者の体温測定や実名登録を実施。来場者は1・5メートル以上間隔を空けて列を作っていた。公開を再開した各博物館は、コロナウイルスの感染防止に万全を期すため、実名による事前予約制を実施している。来場者は入場の際に身分証明書原本の提示が必要で、入口では体温測定、館内ではマスクの着用が求められる。ウイルス流行期間中は入館制限も実施される。瀋陽故宮博物館は1日の来場者の数を午前と午後各2千人に制限。見学時間も2時間以内とするよう呼び掛けている。また、場内の人数が800人を超えないようにし、人の密度が高い時には状況に応じて入場制限などの措置を講じている。(記者/馮雷、趙洪南、姜兆臣)<映像内容>遼寧省瀋陽市の博物館が営業再開、撮影日:2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月16日
    中原地域に代々続くウイグル族の村河南省三門峡市

    新型コロナウイルス流行期間中に自宅でオンライン授業を受ける魚池村のウイグル族高校生。(3月16日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の陳村郷魚池村の人口は2413人。うち608人の戸籍の民族欄にはウイグル族と記載されている。戸籍の記載が異なるだけで、彼らの生活は漢族と変わるところがない。同村は澠池県の県政府所在地から北西2キロの場所にあり、新石器時代の仰韶(ぎょうしょう)文化発祥の地として名高い仰韶村とは11キロ離れている。村には中国北部の典型的な農村風景が広がる。591世帯のうち168世帯がウイグル族で、全員が「劉」姓だという。同村のウイグル族は宋末元初の13世紀から現在まで、700~800年にわたり中原地域(黄河の中下流域)で生活してきたため、漢族とも親密に溶け合い、分け隔てのない関係を築いている。(鄭州=新華社記者/李麗静)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:23.28
    2020年03月10日
    「新華社」内モンゴルの飲食業、続々と営業再開ただし出前のみ

    中国内モンゴル自治区河套(かとう)地区では、飲食店が新型コロナウイルスの感染防止に万全を期しつつ、続々と営業を再開している。ただ、人々の密集を防ぐため店内で飲食はできず、持ち帰りのみが許されている。同自治区磴口県では、地元の市場監督管理局が新型肺炎流行期間中の飲食業営業規則を発表。飲食店は申請をしたうえで承諾書にサインし、さらに営業再開通知書が交付されてから営業ができるとしている。同県などの飲食店は、最新規則に基づき出前形式を取っており、配送員も非接触型の配送を厳しく実施している。客が来店し商品を受け取る場合は、体温測定や氏名と連絡先の登録が必要で、感染拡大防止策の徹底に努めている。(記者/李雲平)<映像内容>営業再開した内モンゴルの飲食店、料理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月07日
    雲南省でネット病院が開業、非接触型の受診と処方が可能に

    7日、遠隔診療で患者を診察した後、システム上で薬を処方する昆明医科大学第一付属医院皮膚科の医師。中国雲南省の昆明医科大学第一付属医院と通信大手の中国移動通信集団(チャイナモバイル)が共同で設立したインターネット病院が7日、正式に開業した。新型コロナウイルスによる肺炎の流行期間中に、一般患者に対する遠隔診療を提供する。(昆明=新華社配信/龐峰偉)=2020(令和2)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月07日
    雲南省でネット病院が開業、非接触型の受診と処方が可能に

    7日、昆明医科大学第一付属医院でスマートフォンに表示されたインターネット病院の画面を見せる同院職員。中国雲南省の昆明医科大学第一付属医院と通信大手の中国移動通信集団(チャイナモバイル)が共同で設立したインターネット病院が7日、正式に開業した。新型コロナウイルスによる肺炎の流行期間中に、一般患者に対する遠隔診療を提供する。(昆明=新華社配信/龐峰偉)=2020(令和2)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月07日
    雲南省でネット病院が開業、非接触型の受診と処方が可能に

    7日、昆明医科大学第一付属医院でスマートフォンに表示されたインターネット病院の画面を見せる同院職員。中国雲南省の昆明医科大学第一付属医院と通信大手の中国移動通信集団(チャイナモバイル)が共同で設立したインターネット病院が7日、正式に開業した。新型コロナウイルスによる肺炎の流行期間中に、一般患者に対する遠隔診療を提供する。(昆明=新華社配信/龐峰偉)=2020(令和2)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月07日
    雲南省でネット病院が開業、非接触型の受診と処方が可能に

    7日、遠隔診療で患者を問診する昆明医科大学第一付属医院皮膚科の医師。中国雲南省の昆明医科大学第一付属医院と通信大手の中国移動通信集団(チャイナモバイル)が共同で設立したインターネット病院が7日、正式に開業した。新型コロナウイルスによる肺炎の流行期間中に、一般患者に対する遠隔診療を提供する。(昆明=新華社配信/龐峰偉)=2020(令和2)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    春の花の季節到来、植物園も営業再開湖南省

    6日、湖南省森林植物園で花を観賞する来園者。中国湖南省長沙市雨花区の湖南省森林植物園は6日、新型コロナウイルスの感染対策措置を厳格に実施した上で営業を再開した。新型肺炎の流行期間中は入園者を1日5千人以内に制限するという。来園者は事前のオンライン予約で取得した2次元バーコードの提示により無料で入園できる。園内では終始マスクの着用が求められる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    春の花の季節到来、植物園も営業再開湖南省

    6日、湖南省森林植物園の入場口で体温チェックを受ける来園者。中国湖南省長沙市雨花区の湖南省森林植物園は6日、新型コロナウイルスの感染対策を厳格に実施した上で営業を再開した。新型肺炎の流行期間中は入園者を1日5千人以内に制限するという。来園者は事前のオンライン予約で取得した2次元バーコードの提示により無料で入園できる。園内では終始マスクの着用が求められる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    春の花の季節到来、植物園も営業再開湖南省

    6日、湖南省森林植物園で写真を撮る来園者。中国湖南省長沙市雨花区の湖南省森林植物園は6日、新型コロナウイルスの感染対策を厳格に実施した上で営業を再開した。新型肺炎の流行期間中は入園者を1日5千人以内に制限するという。来園者は事前のオンライン予約で取得した2次元バーコードの提示により無料で入園できる。園内では終始マスクの着用が求められる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    春の花の季節到来、植物園も営業再開湖南省

    6日、湖南省森林植物園で花を観賞する来園者。中国湖南省長沙市雨花区の湖南省森林植物園は6日、新型コロナウイルスの感染対策を厳格に実施した上で営業を再開した。新型肺炎の流行期間中は入園者を1日5千人以内に制限するという。来園者は事前のオンライン予約で取得した2次元バーコードの提示により無料で入園できる。園内では終始マスクの着用が求められる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    春の花の季節到来、植物園も営業再開湖南省

    6日、湖南省森林植物園で開花直前のチューリップ。中国湖南省長沙市雨花区の湖南省森林植物園は6日、新型コロナウイルスの感染対策を厳格に実施した上で営業を再開した。新型肺炎の流行期間中は入園者を1日5千人以内に制限するという。来園者は事前のオンライン予約で取得した2次元バーコードの提示により無料で入園できる。園内では終始マスクの着用が求められる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2