KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • ドイツ
  • 令和
  • しゅん
  • ケア
  • ベテラン
  • 仕事
  • 会話術
  • 体温
  • 医療

「浄化センター」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
60
( 1 60 件を表示)
  • 1
60
( 1 60 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1999年03月17日
    メタンガス貯留施設 汚泥から都市ガス供給へ

    建設中のメタンガス貯留施設=新潟県長岡市寿の長岡中央浄化センター

    商品コード: 1999031700194

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年04月01日
    公開された下水処理施設 下水処理施設の復旧に2年

    下水処理施設「仙塩浄化センター」で、臨時に導入されたポンプから延びるホース=1日午後、宮城県多賀城市

    商品コード: 2011040100493

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年12月29日
    汚泥保管の大型テント 福島の汚泥、2万1千トン

    下水汚泥が保管されている大型テント=22日、福島県国見町の県北浄化センター

    商品コード: 2011122900194

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年12月29日
    下水汚泥を保管するテント 福島の汚泥、2万1千トン

    下水汚泥を保管する大型テント=22日、福島県国見町の県北浄化センター

    商品コード: 2011122900195

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年12月29日
    下水汚泥の袋 福島の汚泥、2万1千トン

    大型テントの中に保管されている下水汚泥の袋=22日、福島県国見町の県北浄化センター

    商品コード: 2011122900199

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年03月23日
    稼働したRE発電システム ロータリー発電が稼働

    太田川流域下水道東部浄化センターで稼働したロータリーエンジンの発電システム=23日、広島市

    商品コード: 2012032300466

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年01月26日
    たまり続ける汚泥袋 汚染恐れ増える一方

    福島県郡山市の「県中浄化センター」の保管場にたまり続ける汚泥を入れた袋=10日

    商品コード: 2013012600279

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年01月26日
    汚泥入れた袋と作業員 汚染恐れ増える一方

    福島県郡山市の「県中浄化センター」の保管場にたまり続ける汚泥を入れた袋=10日

    商品コード: 2013012600280

  • 2014年10月12日
    浄化センター視察する首相 首相、防災教育拡充を表明

    復旧途中の南蒲生浄化センターを視察する安倍首相(右から2人目)=12日午後、仙台市宮城野区(代表撮影)

    商品コード: 2014101200344

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年11月17日
    宮城地上054 定点素材・東日本大震災

    仙台市宮城野区の南蒲生浄化センター=2014年11月17日

    商品コード: 2014111900128

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年11月17日
    宮城地上055 定点素材・東日本大震災

    仙台市宮城野区の南蒲生浄化センター=2014年11月17日

    商品コード: 2014111900131

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年03月15日
    視察する国連事務総長 震災復興、世界の模範に

    津波の被害に遭った南蒲生浄化センターを視察する国連の潘基文事務総長(左)=15日、仙台市宮城野区

    商品コード: 2015031500446

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年03月15日
    視察する潘基文氏 震災復興、世界の模範に

    津波の被害に遭った南蒲生浄化センターを視察する国連の潘基文事務総長(左端)=15日、仙台市宮城野区

    商品コード: 2015031500447

  • 2015年12月04日
    指定廃棄物のコンテナ 「復興のため」も住民複雑

    指定廃棄物が入ったコンテナ=11月30日、福島県郡山市の県中浄化センター

    商品コード: 2015120400779

  • 2015年12月04日
    シートに覆われた廃棄物 「復興のため」も住民複雑

    ブルーシートに覆われた指定廃棄物=11月30日、福島県郡山市の県中浄化センター

    商品コード: 2015120400796

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月10日
    処理水をチェックする菅野さん 津波壊滅の下水施設で奮闘

    仙台市の南蒲生浄化センターで処理水をチェックする菅野清司さん

    商品コード: 2019071001744

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月10日
    チェックする菅野さん 津波壊滅の下水施設で奮闘

    仙台市の南蒲生浄化センターで処理水をチェックする菅野清司さん

    商品コード: 2019071001755

  • 2020年02月06日
    ウイルスと闘う青年看護師湖南省長沙市

    6日、防疫研修に参加し熱心に講師の話を聞く易俊豊さん。患者の体温を測り、喉の粘膜から検体を採取し、病室の消毒を行い、患者を励ましながら自分も励ます。発熱外来に配属されて間もない看護師の易俊豊(い・しゅんほう)さんは、てきぱきと仕事をこなしベテランのようにも見える。1998年生まれの易さんは、中国湖南省長沙市の湖南省人民医院神経内科集中治療室(ICU)の看護師。2017年に永州職業技術学院を卒業した。血液浄化センターや感染科などで研さんを積んだ易さんは、新型コロナウイルス感染による肺炎の拡大を受け、治療の最前線で働くことを自ら志願した。理論や実習、心理カウンセリングなど専門的な研修を経て、正式に発熱外来に配属された。「専門技術に優れている以外に会話術も学ぶ必要がある」。易さんは、患者の看護は身体面だけでなく心理面でのケアがなおさら欠かせないと語る。患者が安心して検査を受け、回復する姿を見ると達成感が得られるという。職場での感染リスクについては、きちんと防護をしていれば恐くないと考えている。易さんは「みんなが一致協力すれば、ウイルスとの闘いに勝つ日も遠くない」と語った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302913

  • 2020年02月07日
    ウイルスと闘う青年看護師湖南省長沙市

    7日、易俊豊さんの防護服に書かれた応援メッセージ。患者の体温を測り、喉の粘膜から検体を採取し、病室の消毒を行い、患者を励ましながら自分も励ます。発熱外来に配属されて間もない看護師の易俊豊(い・しゅんほう)さんは、てきぱきと仕事をこなしベテランのようにも見える。1998年生まれの易さんは、中国湖南省長沙市の湖南省人民医院神経内科集中治療室(ICU)の看護師。2017年に永州職業技術学院を卒業した。血液浄化センターや感染科などで研さんを積んだ易さんは、新型コロナウイルス感染による肺炎の拡大を受け、治療の最前線で働くことを自ら志願した。理論や実習、心理カウンセリングなど専門的な研修を経て、正式に発熱外来に配属された。「専門技術に優れている以外に会話術も学ぶ必要がある」。易さんは、患者の看護は身体面だけでなく心理面でのケアがなおさら欠かせないと語る。患者が安心して検査を受け、回復する姿を見ると達成感が得られるという。職場での感染リスクについては、きちんと防護をしていれば恐くないと考えている。易さんは「みんなが一致協力すれば、ウイルスとの闘いに勝つ日も遠くない」と語った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302916

  • 2020年02月07日
    ウイルスと闘う青年看護師湖南省長沙市

    7日、湖南省人民医院の発熱外来で患者の脈拍と血中酸素飽和度を測る易俊豊さん(右)。患者の体温を測り、喉の粘膜から検体を採取し、病室の消毒を行い、患者を励ましながら自分も励ます。発熱外来に配属されて間もない看護師の易俊豊(い・しゅんほう)さんは、てきぱきと仕事をこなしベテランのようにも見える。1998年生まれの易さんは、中国湖南省長沙市の湖南省人民医院神経内科集中治療室(ICU)の看護師。2017年に永州職業技術学院を卒業した。血液浄化センターや感染科などで研さんを積んだ易さんは、新型コロナウイルス感染による肺炎の拡大を受け、治療の最前線で働くことを自ら志願した。理論や実習、心理カウンセリングなど専門的な研修を経て、正式に発熱外来に配属された。「専門技術に優れている以外に会話術も学ぶ必要がある」。易さんは、患者の看護は身体面だけでなく心理面でのケアがなおさら欠かせないと語る。患者が安心して検査を受け、回復する姿を見ると達成感が得られるという。職場での感染リスクについては、きちんと防護をしていれば恐くないと考えている。易さんは「みんなが一致協力すれば、ウイルスとの闘いに勝つ日も遠くない」と語った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302939

  • 2020年02月07日
    ウイルスと闘う青年看護師湖南省長沙市

    7日、湖南省人民医院発熱外来の更衣室で防護服の検査を受ける易俊豊さん(中央)。患者の体温を測り、喉の粘膜から検体を採取し、病室の消毒を行い、患者を励ましながら自分も励ます。発熱外来に配属されて間もない看護師の易俊豊(い・しゅんほう)さんは、てきぱきと仕事をこなしベテランのようにも見える。1998年生まれの易さんは、中国湖南省長沙市の湖南省人民医院神経内科集中治療室(ICU)の看護師。2017年に永州職業技術学院を卒業した。血液浄化センターや感染科などで研さんを積んだ易さんは、新型コロナウイルス感染による肺炎の拡大を受け、治療の最前線で働くことを自ら志願した。理論や実習、心理カウンセリングなど専門的な研修を経て、正式に発熱外来に配属された。「専門技術に優れている以外に会話術も学ぶ必要がある」。易さんは、患者の看護は身体面だけでなく心理面でのケアがなおさら欠かせないと語る。患者が安心して検査を受け、回復する姿を見ると達成感が得られるという。職場での感染リスクについては、きちんと防護をしていれば恐くないと考えている。易さんは「みんなが一致協力すれば、ウイルスとの闘いに勝つ日も遠くない」と語った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302876

  • 2020年02月07日
    ウイルスと闘う青年看護師湖南省長沙市

    7日、湖南省人民医院の発熱外来でウイルス検査が陰性だった経過観察者を見送る易俊豊さん(右)。患者の体温を測り、喉の粘膜から検体を採取し、病室の消毒を行い、患者を励ましながら自分も励ます。発熱外来に配属されて間もない看護師の易俊豊(い・しゅんほう)さんは、てきぱきと仕事をこなしベテランのようにも見える。1998年生まれの易さんは、中国湖南省長沙市の湖南省人民医院神経内科集中治療室(ICU)の看護師。2017年に永州職業技術学院を卒業した。血液浄化センターや感染科などで研さんを積んだ易さんは、新型コロナウイルス感染による肺炎の拡大を受け、治療の最前線で働くことを自ら志願した。理論や実習、心理カウンセリングなど専門的な研修を経て、正式に発熱外来に配属された。「専門技術に優れている以外に会話術も学ぶ必要がある」。易さんは、患者の看護は身体面だけでなく心理面でのケアがなおさら欠かせないと語る。患者が安心して検査を受け、回復する姿を見ると達成感が得られるという。職場での感染リスクについては、きちんと防護をしていれば恐くないと考えている。易さんは「みんなが一致協力すれば、ウイルスとの闘いに勝つ日も遠くない」と語った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302908

  • 2020年02月07日
    ウイルスと闘う青年看護師湖南省長沙市

    7日、湖南省人民医院の発熱外来で患者の状況を聞き取る易俊豊さん(右)。患者の体温を測り、喉の粘膜から検体を採取し、病室の消毒を行い、患者を励ましながら自分も励ます。発熱外来に配属されて間もない看護師の易俊豊(い・しゅんほう)さんは、てきぱきと仕事をこなしベテランのようにも見える。1998年生まれの易さんは、中国湖南省長沙市の湖南省人民医院神経内科集中治療室(ICU)の看護師。2017年に永州職業技術学院を卒業した。血液浄化センターや感染科などで研さんを積んだ易さんは、新型コロナウイルス感染による肺炎の拡大を受け、治療の最前線で働くことを自ら志願した。理論や実習、心理カウンセリングなど専門的な研修を経て、正式に発熱外来に配属された。「専門技術に優れている以外に会話術も学ぶ必要がある」。易さんは、患者の看護は身体面だけでなく心理面でのケアがなおさら欠かせないと語る。患者が安心して検査を受け、回復する姿を見ると達成感が得られるという。職場での感染リスクについては、きちんと防護をしていれば恐くないと考えている。易さんは「みんなが一致協力すれば、ウイルスとの闘いに勝つ日も遠くない」と語った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302912

  • 2020年02月07日
    ウイルスと闘う青年看護師湖南省長沙市

    7日、湖南省人民医院の発熱外来で同僚と診察状況を確認する易俊豊さん(右)。患者の体温を測り、喉の粘膜から検体を採取し、病室の消毒を行い、患者を励ましながら自分も励ます。発熱外来に配属されて間もない看護師の易俊豊(い・しゅんほう)さんは、てきぱきと仕事をこなしベテランのようにも見える。1998年生まれの易さんは、中国湖南省長沙市の湖南省人民医院神経内科集中治療室(ICU)の看護師。2017年に永州職業技術学院を卒業した。血液浄化センターや感染科などで研さんを積んだ易さんは、新型コロナウイルス感染による肺炎の拡大を受け、治療の最前線で働くことを自ら志願した。理論や実習、心理カウンセリングなど専門的な研修を経て、正式に発熱外来に配属された。「専門技術に優れている以外に会話術も学ぶ必要がある」。易さんは、患者の看護は身体面だけでなく心理面でのケアがなおさら欠かせないと語る。患者が安心して検査を受け、回復する姿を見ると達成感が得られるという。職場での感染リスクについては、きちんと防護をしていれば恐くないと考えている。易さんは「みんなが一致協力すれば、ウイルスとの闘いに勝つ日も遠くない」と語った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302914

  • 2020年02月07日
    ウイルスと闘う青年看護師湖南省長沙市

    7日、湖南省人民医院の発熱外来で経過観察者を励む易俊豊さん(左)。患者の体温を測り、喉の粘膜から検体を採取し、病室の消毒を行い、患者を励ましながら自分も励ます。発熱外来に配属されて間もない看護師の易俊豊(い・しゅんほう)さんは、てきぱきと仕事をこなしベテランのようにも見える。1998年生まれの易さんは、中国湖南省長沙市の湖南省人民医院神経内科集中治療室(ICU)の看護師。2017年に永州職業技術学院を卒業した。血液浄化センターや感染科などで研さんを積んだ易さんは、新型コロナウイルス感染による肺炎の拡大を受け、治療の最前線で働くことを自ら志願した。理論や実習、心理カウンセリングなど専門的な研修を経て、正式に発熱外来に配属された。「専門技術に優れている以外に会話術も学ぶ必要がある」。易さんは、患者の看護は身体面だけでなく心理面でのケアがなおさら欠かせないと語る。患者が安心して検査を受け、回復する姿を見ると達成感が得られるという。職場での感染リスクについては、きちんと防護をしていれば恐くないと考えている。易さんは「みんなが一致協力すれば、ウイルスとの闘いに勝つ日も遠くない」と語った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302921

  • 2020年02月07日
    ウイルスと闘う青年看護師湖南省長沙市

    7日、湖南省人民医院の発熱外来で患者の喉の粘膜から検体を採取する易俊豊さん(左)。患者の体温を測り、喉の粘膜から検体を採取し、病室の消毒を行い、患者を励ましながら自分も励ます。発熱外来に配属されて間もない看護師の易俊豊(い・しゅんほう)さんは、てきぱきと仕事をこなしベテランのようにも見える。1998年生まれの易さんは、中国湖南省長沙市の湖南省人民医院神経内科集中治療室(ICU)の看護師。2017年に永州職業技術学院を卒業した。血液浄化センターや感染科などで研さんを積んだ易さんは、新型コロナウイルス感染による肺炎の拡大を受け、治療の最前線で働くことを自ら志願した。理論や実習、心理カウンセリングなど専門的な研修を経て、正式に発熱外来に配属された。「専門技術に優れている以外に会話術も学ぶ必要がある」。易さんは、患者の看護は身体面だけでなく心理面でのケアがなおさら欠かせないと語る。患者が安心して検査を受け、回復する姿を見ると達成感が得られるという。職場での感染リスクについては、きちんと防護をしていれば恐くないと考えている。易さんは「みんなが一致協力すれば、ウイルスとの闘いに勝つ日も遠くない」と語った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302859

  • 2020年02月07日
    ウイルスと闘う青年看護師湖南省長沙市

    7日、湖南省人民医院の発熱外来で患者の検体を医師に渡す易俊豊さん(左)。患者の体温を測り、喉の粘膜から検体を採取し、病室の消毒を行い、患者を励ましながら自分も励ます。発熱外来に配属されて間もない看護師の易俊豊(い・しゅんほう)さんは、てきぱきと仕事をこなしベテランのようにも見える。1998年生まれの易さんは、中国湖南省長沙市の湖南省人民医院神経内科集中治療室(ICU)の看護師。2017年に永州職業技術学院を卒業した。血液浄化センターや感染科などで研さんを積んだ易さんは、新型コロナウイルス感染による肺炎の拡大を受け、治療の最前線で働くことを自ら志願した。理論や実習、心理カウンセリングなど専門的な研修を経て、正式に発熱外来に配属された。「専門技術に優れている以外に会話術も学ぶ必要がある」。易さんは、患者の看護は身体面だけでなく心理面でのケアがなおさら欠かせないと語る。患者が安心して検査を受け、回復する姿を見ると達成感が得られるという。職場での感染リスクについては、きちんと防護をしていれば恐くないと考えている。易さんは「みんなが一致協力すれば、ウイルスとの闘いに勝つ日も遠くない」と語った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302895

  • 2020年02月27日
    YESのバイオガス発電所の発電開始式

    ヤンマーのグループ会社のヤンマーエネルギーシステム(YES、大阪市北区)は27日、思川浄化センター(栃木県野木町)で、バイオガス発電所の発電開始式を開いた(写真)。下水処理施設で発電設備設置から運営、売電まで一貫して手がける「民設民営」の事業はYES、県共に初。下水処理で生じる消化ガスを燃料として発電し、電力会社に売電する。4月までに県内の2カ所の下水処理場で発電所が稼働し、合計年間56万キロワット時の売電を計画する。県はYESへのガス売却や用地代など年間約300万円の事業収入を見込む。YESは2019年にエネルギー課題の解決を手がける新事業を立ち上げた。角谷康祐執行役員は「事業強化に向け、自治体などへの事業提案を強化したい」と語った。=2020(令和2)年2月27日、栃木県野木町の思川浄化センター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030503877

  • 2020年03月06日
    Coronavirus - clarification centre in Berlin

    06 March 2020, Berlin: View of the consultation area of the clarification centre for the new coronavirus at the Vivantes Klinikum Prenzlauer Berg, which is currently under construction. Guests talk to a doctor via intercom and scan their insurance card independently. In case of corresponding symptoms, a smear tube is passed through a tube. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901299

  • 2020年03月06日
    Coronavirus - clarification centre in Berlin

    06 March 2020, Berlin: A guide to the new coronavirus clarification centre under construction at the Vivantes Klinikum Prenzlauer Berg. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901247

  • 2020年03月06日
    Coronavirus - clarification centre in Berlin

    06 March 2020, Berlin: A signpost to the coronavirus clarification centre currently under construction at the Vivantes Klinikum Prenzlauer Berg. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901558

  • 2020年03月06日
    Coronavirus - clarification centre in Berlin

    06 March 2020, Berlin: A guide to the new coronavirus clarification centre under construction at the Vivantes Klinikum Prenzlauer Berg. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901371

  • 2020年03月06日
    Coronavirus - clarification centre in Berlin

    06 March 2020, Berlin: View of the workplaces for physicians and administrative staff of the consultation area of the clarification centre for the new coronavirus at the Vivantes Klinikum Prenzlauer Berg, which is currently under construction. Here, doctors talk to guests via intercom and, in case of corresponding symptoms, hand a smear tube over a tube. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901369

  • 2020年03月06日
    Coronavirus - clarification centre in Berlin

    06 March 2020, Berlin: View of the corona virus clarification centre at the Vivantes Klinikum Prenzlauer Berg, which is currently under construction. The building formerly served as a canteen. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901468

  • 2020年03月06日
    Coronavirus - clarification centre in Berlin

    06 March 2020, Berlin: The entrance sign of the clarification centre for the new coronavirus at the Vivantes Klinikum Prenzlauer Berg, which is currently under construction Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901382

  • 2020年03月06日
    Coronavirus - clarification centre in Berlin

    06 March 2020, Berlin: A signpost to the corona virus clarification centre currently under construction at the Vivantes Klinikum Prenzlauer Berg. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901495

  • 2020年03月06日
    Coronavirus - clarification centre in Berlin

    06 March 2020, Berlin: The entrance sign of the clarification centre for the new coronavirus at the Vivantes Klinikum Prenzlauer Berg, which is currently under construction Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901266

  • 2020年03月06日
    Coronavirus - clarification centre in Berlin

    06 March 2020, Berlin: Andrea Grebe, chairwoman of the Vivantes management board, is in the room for the smear tests in the clarification centre for the new coronavirus at the Vivantes Klinikum Prenzlauer Berg, which is currently under construction. In this room the guests meet employees in protective clothing. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901205

  • 2020年03月06日
    Coronavirus - clarification centre in Berlin

    06 March 2020, Berlin: A guide to the new coronavirus clarification centre under construction at the Vivantes Klinikum Prenzlauer Berg. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901368

  • 2020年03月06日
    Coronavirus - clarification centre in Berlin

    06 March 2020, Berlin: A cameraman turns a signpost to the clarification centre for the new corona virus at the Vivantes Klinikum Prenzlauer Berg, which is currently under construction. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901390

  • 2020年03月06日
    Coronavirus - clarification centre in Berlin

    06 March 2020, Berlin: The entrance sign of the clarification centre for the new coronavirus at the Vivantes Klinikum Prenzlauer Berg, which is currently under construction Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901391

  • 2020年03月06日
    Coronavirus - clarification centre in Berlin

    06 March 2020, Berlin: View of the waiting area in the clarification centre for the new coronavirus at the Vivantes Klinikum Prenzlauer Berg, which is currently under construction. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901398

  • 2020年03月09日
    Coronavirus - clarification point

    09 March 2020, Berlin: An employee of the Wenckebach Clinic in the Tempelhof district informs people about the procedure in the coronavirus clarification centre. Several newly established investigation centres for the novel coronavirus started work on 09.03.2020 in Berlin. Here citizens can be tested if they suspect an infection with the coronavirus. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004799

  • 2020年03月09日
    Coronavirus - clarification point

    09 March 2020, Berlin: An employee of the Wenckebach Clinic in the Tempelhof district goes to the coronavirus clarification centre. Several newly established investigation centres for the novel coronavirus started work on 09.03.2020 in Berlin. Here citizens can be tested if they suspect an infection with the coronavirus. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004835

  • 2020年03月09日
    Coronavirus - clarification point

    09 March 2020, Berlin: An employee of the Wenckebach Clinic in the Tempelhof district informs people about the procedure in the coronavirus clarification centre. Several newly established investigation centres for the novel coronavirus started work in Berlin on 09.03.2020. Here citizens can be tested if they suspect an infection with the coronavirus. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004856

  • 2020年03月09日
    Coronavirus - clarification point

    09 March 2020, Berlin: An employee of the Wenckebach-Klinikum in the Tempelhof district is standing at the entrance to the coronavirus clarification centre. Several newly established investigation centres for the novel coronavirus started work on 09.03.2020 in Berlin. Here citizens can be tested if they suspect an infection with the coronavirus. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004784

  • 2020年03月09日
    Coronavirus - clarification point

    09 March 2020, Berlin: An employee of the Wenckebach Clinic in the Tempelhof district informs people about the procedure in the coronavirus clarification centre. Several newly established investigation centres for the novel coronavirus started work in Berlin on 09.03.2020. Here citizens can be tested if they suspect an infection with the coronavirus. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004836

  • 2020年03月09日
    Coronavirus - clarification point

    09 March 2020, Berlin: Employees of the Wenckebach-Klinikum in the Tempelhof district inform people about the procedure in the coronavirus clarification centre. Several newly established investigation centres for the novel coronavirus started work on 09.03.2020 in Berlin. Here citizens can be tested if they suspect an infection with the coronavirus. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004849

  • 2020年03月09日
    Coronavirus - clarification point

    09 March 2020, Berlin: An employee of the Wenckebach Clinic in the Tempelhof district informs people about the procedure in the coronavirus clarification centre. Several newly established investigation centres for the novel coronavirus started work in Berlin on 09.03.2020. Here citizens can be tested if they suspect an infection with the coronavirus. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004760

  • 2020年03月09日
    Coronavirus - clarification point

    09 March 2020, Berlin: An employee of the Wenckebach Clinic in the Tempelhof district goes to the coronavirus clarification centre. Several newly established investigation centres for the novel coronavirus started work on 09.03.2020 in Berlin. Here citizens can be tested if they suspect an infection with the coronavirus. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004766

  • 2020年03月09日
    Coronavirus - clarification point

    09 March 2020, Berlin: People stand in the Wenckebach-Klinikum in the Tempelhof district in front of the entrance to the coronavirus clarification centre. Several newly established investigation centres for the novel coronavirus started work on 09.03.2020 in Berlin. Here citizens can be tested if they suspect an infection with the coronavirus. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004776

  • 2020年03月10日
    Coronavirus in Berlin

    10 March 2020, Berlin: A sign at the entrance of the Vivantes Clinic corona virus clarification centre. Photo: Christophe Gateau/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031103614

  • 2020年03月10日
    Coronavirus clarification centre

    10 March 2020, Berlin: A young woman comes with a protective mask from the coronavirus screening centre at the Vivantes Wenckebach Clinic in the Tempelhof district. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031103664

  • 2020年03月10日
    Coronavirus clarification centre

    10 March 2020, Berlin: A young woman wearing a protective mask walks past a sign pointing to the Coronavirus clarification centre at the Vivantes Wenckebach Clinic in the Tempelhof district. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031103724

  • 2020年03月10日
    Coronavirus infections in Berlin

    10 March 2020, Berlin: A person comes from the clarification centre of the Vivantes Clinic for the corona virus with a respiratory mask. Photo: Christophe Gateau/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031103709

  • 2020年03月18日
    Coronavirus - Berlin

    18 March 2020, Berlin: A man stands at 11 a.m. in the entrance of the clarification centre for the corona virus of the Vivantes Clinic in Prenzlauer Berg and waits to be tested for the virus. In order to slow down the spread of the corona virus, the federal government has considerably restricted public life. Photo: Christophe Gateau/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032001447

  • 2020年03月20日
    Coronavirus - Berlin

    20 March 2020, Berlin: Mother and daughter pass a sign in front of a Berlin clinic with a mouthguard, which indicates the coronavirus clarification centre. In order to slow down the spread of the coronavirus, the German government has considerably restricted public life. Photo: Kay Nietfeld/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032400009

  • 2020年03月23日
    Coronavirus - Corona test Clarification point

    23 March 2020, Berlin: At the Köpenick hospital, a sign with the inscription “Ambulantes Diagnostikzentrum (Coronavirus)“ shows the way to the coronavirus clarification centre. Photo: Britta Pedersen/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032413207

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月29日
    山形県村山市の農地 山形、最上川流域で浸水

    最上川が氾濫し、冠水した山形県村山市の農地など=29日午前10時4分(共同通信社機から)

    商品コード: 2020072905621

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月13日
    米軍機など負傷者搬送 高知市や四万十町 南海地震備え日米訓練

    防衛省と在日米軍が12、13日、高知県や徳島県などで南海トラフ地震を想定した日米共同統合防災訓練を実施した。本県では米軍ヘリによる輸送艦への負傷者搬送訓練などが行われた。負傷者の搬送訓練を行う米軍の中型ヘリUH60=2021(令和3)年2月13日、高知市高須の高須浄化センターグラウンド、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030300165

  • 1