KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • せん
  • にしん
  • ようえい
  • 一員
  • 中国仏教
  • 仏典翻訳
  • 仏殿
  • 仏法
  • 令和
  • 円通

「浄阿」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  (1)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市
    2022年09月01日
    (1)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市

    大福先寺の山門。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市瀍河(てんか)回族区唐寺門村にある大福先寺は、中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)が母の楊氏のために建立した太原寺が前身で、武周の天授2(691)年に福先寺と改名された。広大な規模を誇る名刹として名をはせたが、明代に洛水の氾濫で水没し、その後、古唐寺として再建された。1993年の改修で「大福先寺」の名称が復活し、天王殿(山門殿)や円覚殿、万仏殿、円通殿などが再建された。唐代には法蔵や善無畏(ぜんむい)、義浄、阿儞真那(あにしんな、宝思惟[ほうしゆい]とも)など国内外の高僧が仏典翻訳と布教活動を行い、後には律宗の中心地となった。日本の第9次遣唐使の一員として唐に入った栄叡(ようえい)、普照ら留学僧も開元21(733)年に同寺で授戒を受けている。同24(736)年には、栄叡と普照の要請を受けた同寺の高僧、道璿(どうせん)が日本に渡り、仏法を広め、戒を授けた。大福先寺は中国仏教が日本へ伝わった歴史を見届け、中日文化交流ゆかりの地となった。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090111442

  •  (10)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市
    2022年09月01日
    (10)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市

    大福先寺の境内。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市瀍河(てんか)回族区唐寺門村にある大福先寺は、中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)が母の楊氏のために建立した太原寺が前身で、武周の天授2(691)年に福先寺と改名された。広大な規模を誇る名刹として名をはせたが、明代に洛水の氾濫で水没し、その後、古唐寺として再建された。1993年の改修で「大福先寺」の名称が復活し、天王殿(山門殿)や円覚殿、万仏殿、円通殿などが再建された。唐代には法蔵や善無畏(ぜんむい)、義浄、阿儞真那(あにしんな、宝思惟[ほうしゆい]とも)など国内外の高僧が仏典翻訳と布教活動を行い、後には律宗の中心地となった。日本の第9次遣唐使の一員として唐に入った栄叡(ようえい)、普照ら留学僧も開元21(733)年に同寺で授戒を受けている。同24(736)年には、栄叡と普照の要請を受けた同寺の高僧、道璿(どうせん)が日本に渡り、仏法を広め、戒を授けた。大福先寺は中国仏教が日本へ伝わった歴史を見届け、中日文化交流ゆかりの地となった。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090111806

  •  (9)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市
    2022年09月01日
    (9)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市

    唐寺門遺跡碑。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市瀍河(てんか)回族区唐寺門村にある大福先寺は、中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)が母の楊氏のために建立した太原寺が前身で、武周の天授2(691)年に福先寺と改名された。広大な規模を誇る名刹として名をはせたが、明代に洛水の氾濫で水没し、その後、古唐寺として再建された。1993年の改修で「大福先寺」の名称が復活し、天王殿(山門殿)や円覚殿、万仏殿、円通殿などが再建された。唐代には法蔵や善無畏(ぜんむい)、義浄、阿儞真那(あにしんな、宝思惟[ほうしゆい]とも)など国内外の高僧が仏典翻訳と布教活動を行い、後には律宗の中心地となった。日本の第9次遣唐使の一員として唐に入った栄叡(ようえい)、普照ら留学僧も開元21(733)年に同寺で授戒を受けている。同24(736)年には、栄叡と普照の要請を受けた同寺の高僧、道璿(どうせん)が日本に渡り、仏法を広め、戒を授けた。大福先寺は中国仏教が日本へ伝わった歴史を見届け、中日文化交流ゆかりの地となった。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090111896

  •  (8)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市
    2022年09月01日
    (8)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市

    大福先寺がある唐寺門村。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市瀍河(てんか)回族区唐寺門村にある大福先寺は、中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)が母の楊氏のために建立した太原寺が前身で、武周の天授2(691)年に福先寺と改名された。広大な規模を誇る名刹として名をはせたが、明代に洛水の氾濫で水没し、その後、古唐寺として再建された。1993年の改修で「大福先寺」の名称が復活し、天王殿(山門殿)や円覚殿、万仏殿、円通殿などが再建された。唐代には法蔵や善無畏(ぜんむい)、義浄、阿儞真那(あにしんな、宝思惟[ほうしゆい]とも)など国内外の高僧が仏典翻訳と布教活動を行い、後には律宗の中心地となった。日本の第9次遣唐使の一員として唐に入った栄叡(ようえい)、普照ら留学僧も開元21(733)年に同寺で授戒を受けている。同24(736)年には、栄叡と普照の要請を受けた同寺の高僧、道璿(どうせん)が日本に渡り、仏法を広め、戒を授けた。大福先寺は中国仏教が日本へ伝わった歴史を見届け、中日文化交流ゆかりの地となった。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090111750

  •  (2)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市
    2022年09月01日
    (2)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市

    大福先寺の山門近くに残存する石刻。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市瀍河(てんか)回族区唐寺門村にある大福先寺は、中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)が母の楊氏のために建立した太原寺が前身で、武周の天授2(691)年に福先寺と改名された。広大な規模を誇る名刹として名をはせたが、明代に洛水の氾濫で水没し、その後、古唐寺として再建された。1993年の改修で「大福先寺」の名称が復活し、天王殿(山門殿)や円覚殿、万仏殿、円通殿などが再建された。唐代には法蔵や善無畏(ぜんむい)、義浄、阿儞真那(あにしんな、宝思惟[ほうしゆい]とも)など国内外の高僧が仏典翻訳と布教活動を行い、後には律宗の中心地となった。日本の第9次遣唐使の一員として唐に入った栄叡(ようえい)、普照ら留学僧も開元21(733)年に同寺で授戒を受けている。同24(736)年には、栄叡と普照の要請を受けた同寺の高僧、道璿(どうせん)が日本に渡り、仏法を広め、戒を授けた。大福先寺は中国仏教が日本へ伝わった歴史を見届け、中日文化交流ゆかりの地となった。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090111382

  •  (5)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市
    2022年09月01日
    (5)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市

    大福先寺の山門近くに残存する石碑。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市瀍河(てんか)回族区唐寺門村にある大福先寺は、中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)が母の楊氏のために建立した太原寺が前身で、武周の天授2(691)年に福先寺と改名された。広大な規模を誇る名刹として名をはせたが、明代に洛水の氾濫で水没し、その後、古唐寺として再建された。1993年の改修で「大福先寺」の名称が復活し、天王殿(山門殿)や円覚殿、万仏殿、円通殿などが再建された。唐代には法蔵や善無畏(ぜんむい)、義浄、阿儞真那(あにしんな、宝思惟[ほうしゆい]とも)など国内外の高僧が仏典翻訳と布教活動を行い、後には律宗の中心地となった。日本の第9次遣唐使の一員として唐に入った栄叡(ようえい)、普照ら留学僧も開元21(733)年に同寺で授戒を受けている。同24(736)年には、栄叡と普照の要請を受けた同寺の高僧、道璿(どうせん)が日本に渡り、仏法を広め、戒を授けた。大福先寺は中国仏教が日本へ伝わった歴史を見届け、中日文化交流ゆかりの地となった。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090111579

  •  (3)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市
    2022年09月01日
    (3)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市

    大福先寺の山門近くに残存する石刻。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市瀍河(てんか)回族区唐寺門村にある大福先寺は、中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)が母の楊氏のために建立した太原寺が前身で、武周の天授2(691)年に福先寺と改名された。広大な規模を誇る名刹として名をはせたが、明代に洛水の氾濫で水没し、その後、古唐寺として再建された。1993年の改修で「大福先寺」の名称が復活し、天王殿(山門殿)や円覚殿、万仏殿、円通殿などが再建された。唐代には法蔵や善無畏(ぜんむい)、義浄、阿儞真那(あにしんな、宝思惟[ほうしゆい]とも)など国内外の高僧が仏典翻訳と布教活動を行い、後には律宗の中心地となった。日本の第9次遣唐使の一員として唐に入った栄叡(ようえい)、普照ら留学僧も開元21(733)年に同寺で授戒を受けている。同24(736)年には、栄叡と普照の要請を受けた同寺の高僧、道璿(どうせん)が日本に渡り、仏法を広め、戒を授けた。大福先寺は中国仏教が日本へ伝わった歴史を見届け、中日文化交流ゆかりの地となった。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090111557

  •  (7)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市
    2022年09月01日
    (7)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市

    大福先寺の山門。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市瀍河(てんか)回族区唐寺門村にある大福先寺は、中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)が母の楊氏のために建立した太原寺が前身で、武周の天授2(691)年に福先寺と改名された。広大な規模を誇る名刹として名をはせたが、明代に洛水の氾濫で水没し、その後、古唐寺として再建された。1993年の改修で「大福先寺」の名称が復活し、天王殿(山門殿)や円覚殿、万仏殿、円通殿などが再建された。唐代には法蔵や善無畏(ぜんむい)、義浄、阿儞真那(あにしんな、宝思惟[ほうしゆい]とも)など国内外の高僧が仏典翻訳と布教活動を行い、後には律宗の中心地となった。日本の第9次遣唐使の一員として唐に入った栄叡(ようえい)、普照ら留学僧も開元21(733)年に同寺で授戒を受けている。同24(736)年には、栄叡と普照の要請を受けた同寺の高僧、道璿(どうせん)が日本に渡り、仏法を広め、戒を授けた。大福先寺は中国仏教が日本へ伝わった歴史を見届け、中日文化交流ゆかりの地となった。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090111618

  •  (4)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市
    2022年09月01日
    (4)日本の遣唐留学僧ゆかりの地、大福先寺を訪ねて河南省洛陽市

    大福先寺の山門近くに残存する石碑。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市瀍河(てんか)回族区唐寺門村にある大福先寺は、中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)が母の楊氏のために建立した太原寺が前身で、武周の天授2(691)年に福先寺と改名された。広大な規模を誇る名刹として名をはせたが、明代に洛水の氾濫で水没し、その後、古唐寺として再建された。1993年の改修で「大福先寺」の名称が復活し、天王殿(山門殿)や円覚殿、万仏殿、円通殿などが再建された。唐代には法蔵や善無畏(ぜんむい)、義浄、阿儞真那(あにしんな、宝思惟[ほうしゆい]とも)など国内外の高僧が仏典翻訳と布教活動を行い、後には律宗の中心地となった。日本の第9次遣唐使の一員として唐に入った栄叡(ようえい)、普照ら留学僧も開元21(733)年に同寺で授戒を受けている。同24(736)年には、栄叡と普照の要請を受けた同寺の高僧、道璿(どうせん)が日本に渡り、仏法を広め、戒を授けた。大福先寺は中国仏教が日本へ伝わった歴史を見届け、中日文化交流ゆかりの地となった。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090111672

  • 1