KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • 人間国宝
  • 宇都宮市
  • 益子焼
  • 英国
  • 陶器
  • 入院
  • 内地
  • 収集
  • 完成

「浜田庄司」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月22日
    石蔵前の再建記念式典 浜田庄司の美術館復旧

    修復された益子参考館の石蔵の展示棟前で開かれた再建記念式典=22日午後、栃木県益子町

    商品コード: 2013032200392

  • 2014年08月02日
    浜田庄司が使った登り窯 浜田庄司の登り窯復活

    来年2月に約40年ぶりに火が入る浜田庄司が使った登り窯=7月27日、栃木県益子町

    商品コード: 2014080200027

  • 2015年02月07日
    登り窯 浜田庄司の登り窯が復活

    登り窯に火をつける浜田庄司記念益子参考館の浜田友緒館長=7日、栃木県益子町

    商品コード: 2015020700263

  • 1967年11月17日
    皇太子さま県内産業をご視察

    益子の窯業指導所で陶器の製作をご覧になる皇太子殿下(中央)と左へ浜田氏、横川知事、右が安藤県会議長[下野新聞掲載日:1967(昭和42年)11月17日1面 ]=撮影日不明、栃木県芳賀郡益子町、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ ※画像内に作画した箇所があります

    商品コード: 2018080200464

  • 1968年12月31日
    43年(1968)/下/スポーツに沸き、文化に沸き 「昭和」の記憶 レンズが見た栃木の世相

    昭和の匠 濱田庄司、文化勲章を受章/益子焼の大家、濱田庄司が文化勲章を受章した。本県での受章は「路傍の石」の山本有三に次いで2人目だった[下野新聞掲載日:2020(令和2)年6月21日]=1968(昭和43)年、栃木県、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ ※画像の一部にヨゴレ有り ※ファイルサイズの小さい画像です

    商品コード: 2020081901918

  • 1955年11月06日
    梅原画伯ら一堂に

    昭和5年に開館した大原美術館ではこの日、25周年の記念式典が開かれた。式典参加者はそうそうたる顔ぶれ。20世紀の日本洋画壇を代表する巨匠、梅原龍三郎氏をはじめ、安井曾太郎、石井鶴三、柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司、富永惣一、黛敏郎の各氏ら多彩な分野の芸術家、文化人が一堂に集った。写真手前中央に座るのが梅原氏で当時67歳。氏は同館で開かれた公開座談会で聴衆席から発言し、座を盛り上げた。=1955(昭和30)年11月6日、大原美術館=岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100119826

  • 2020年08月19日
    開催中の企画展 海越えつながる陶芸の系譜

    企画展「英国で始まり」で展示されている浜田庄司氏の作品=4日、栃木県益子町の益子陶芸美術館

    商品コード: 2020081900874

  • 2021年06月11日
    浜田を見舞うリーチ 日英の絆育んだ開催地

    病床の浜田庄司(左)を見舞うバーナード・リーチ=1974年10月、宇都宮市の済生会病院

    商品コード: 2021061101692

  • 1974年10月05日
    リーチ氏、浜田氏を見舞う

    両脇を支えられ、浜田氏を見舞うため宇都宮を訪れた英国の陶芸家バーナード・リーチ氏。国際交流基金賞受賞のため来日中の同氏は、入院中の旧友“人間国宝”の陶芸家浜田庄司氏を見舞った=1974(昭和49)年10月5日、宇都宮市の済生会病院

    商品コード: 2012050700179

  • 1952年05月31日
    志賀、梅原氏ら渡欧

    羽田を出発する(左側下から)益田義信、浜田庄司、柳宗悦、(右側下から)宮本三郎(後ろ向き)、志賀直哉、梅原龍三郎の各氏=1952(昭和27)年5月31日(27年内地1469)

    商品コード: 2012103100445

  • 1977年04月07日
    陶芸家浜田庄司さん 陶器の里に「益子参考館」

    陶器の里に完成した「益子参考館」と人間国宝の陶芸家浜田庄司さん。自らが収集した陶磁器、漆器、木工、家具その他の工芸品を展示・公開するために自邸を活用。一般愛好家や工芸を志す人たちの“参考”にと建設した=1977(昭和52)年4月、栃木県芳賀郡益子町

    商品コード: 2014072200116

  • 1974年10月05日
    リーチ氏、浜田氏を見舞う

    病床の“人間国宝”の陶芸家浜田庄司氏と語り合う英国の陶芸家バーナード・リーチ氏。国際交流基金賞受賞のため来日中の同氏は、入院中の旧友を見舞った。リーチ氏は、明治42年に初来日、六世尾形乾山に弟子入り、大正初めに浜田氏と知り合い、二人で「益子焼」を国内外に広めた=1974(昭和49)年10月5日、宇都宮市の済生会病院

    商品コード: 2012050700181

  • 1977年04月10日
    陶器の里で開館式 浜田氏の益子参考館が開館

    陶器の里に完成した「益子参考館」の開館式。右手前に座っているのが人間国宝の陶芸家浜田庄司氏。同館は、自らが収集した陶磁器、漆器、木工、家具その他の工芸品を展示・公開するために自邸を活用。一般愛好家や工芸を志す人たちの“参考”にと建設した=1977(昭和52)年3月10日、栃木県芳賀郡益子町(参考:52年内地 2640 ◎陶器の里に「益子参考館」)

    商品コード: 2014072200143

  • 1