KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 位置
  • 建設
  • 村民
  • えいこう
  • 予定
  • 大雨
  • 山地
  • 廃止

「浦城県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
27
( 1 27 件を表示)
  • 1
27
( 1 27 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1992年09月16日
    [あんやたん あの日・あの時]

    中国大陸3000キロ踏査行団が福建省浦城県仙陽郷に到着。住民たちは、初めて見る外国人を物珍しそうに取り囲み、大歓迎した=1992(平成4)年9月16日、場所不明、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020807979

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:39.62
    2019年02月06日
    「新華社」消えゆく渡し守

    32年前、中国福建省南平(なんへい)市浦城(ほじょう)県水北街鎮曹村の渡し場で、稼ぎも少なく生活が苦しいと渡し守が仕事を辞めてしまったため、一人の若者がさおを引き継いだ。渡し舟に乗っているうちに30年余りが過ぎた。1万日以上の間、雨の日も風の日も、彼は毎日渡し場で村民を待った。多い時には1日に100回以上も往復し、送り迎えた乗客は10万人を超えた。それでも事故ゼロの記録を保ち、身の危険も顧みずに川に飛び込んだことも5回あり、6人を救助した。彼の名は范先弟(はん・せんてい)。間もなく付近に大きな橋が完成し、范さんも渡し守人生を終えようとしている。中国の道路・橋梁網が整備されていくにつれ、渡し場は次々に姿を消し、人々の移動もますます便利になっている。南平市浦城県には、他にも13カ所の渡し場に12人の渡し守がいる。全国の道路交通網が整備されるにつれて、渡し守は歴史の中の存在になろうとしている。(記者/郭圻、呉剣鋒、姜克紅)<映像内容>渡し守の仕事風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621598

  • 2019年03月27日
    福建閩越王城博物館を訪ねて

    3月27日、浦城県から出土した新石器時代末期の灰陶罐(かいとうかん)。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101302

  • 2019年03月27日
    福建閩越王城博物館を訪ねて

    3月27日、浦城県から出土した商代の印紋硬陶罐。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101284

  • 2019年03月27日
    福建閩越王城博物館を訪ねて

    3月27日、浦城県から出土した閩越国時代の灰陶香薫(かいとうこうくん)。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101309

  • 2020年04月08日
    さまざまな磁器を生み出す大口窯福建省浦城県

    磁器を製作する大口窯青白磁制作技法の伝承者、章清(しょう・せい)さん。同技法は南平市無形文化遺産に認定されている。(ビデオ映像のキャプチャー画像、4月8日撮影)中国福建省南平市浦城県には陶磁器の原料が豊富にあり、地元の磁器生産に有利な条件をもたらしている。同県の大口窯は北宋時代の中・後期に生産が始まり、南宋時代に栄えた。同窯の磁器は青白磁が中心で、素地は白く、緻密で硬い。他にも青釉や醤釉、黒釉、褐色や緑の釉下彩を焼成している。型押し文様や彫文様などの装飾手法が用いられ、小さく精巧な作りに定評がある。種類も豊富で、日用食器から女性の化粧用具、文房具から動物の形をした玩具まで一通り揃っている。(南平=新華社記者/郭圻)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003047

  • 01:12.88
    2020年04月17日
    「新華社」さまざまな磁器を生み出す大口窯福建省浦城県

    中国福建省南平市浦城県には陶磁器の原料が豊富にあり、地元の磁器生産に有利な条件をもたらしている。同県の大口窯は北宋時代の中・後期に生産が始まり、南宋時代に栄えた。同窯の磁器は青白磁が中心で、素地は白く、緻密で硬い。他にも青釉や醤釉、黒釉、褐色や緑の釉下彩を焼成している。型押し文様や彫文様などの装飾手法が用いられ、小さく精巧な作りに定評がある。種類も豊富で、日用食器から女性の化粧用具、文房具から動物の形をした玩具まで一通り揃っている。(記者/郭圻)<映像内容>磁器の制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042803186

  • 2020年10月09日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    9日、福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲村の渡し場とその周辺。(小型無人機から)中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408333

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲村の渡し場で、渡し船の廃止前に乗りに来た地元民。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408222

  • 2020年10月10日
    田んぼの稲が収穫期迎える福建省浦城県

    10日、福建省南平市浦城県仙陽鎮の麒麟畈で、通常米「福香占」の生産テストをする同省農業科学院・同県農業農村局などのメンバーで構成された専門家チーム。中国福建省の最北端に位置する南平市浦城県ではこのところ、約48万ムー(約3万2千ヘクタール)の田んぼが収穫期を迎えている。「福建一の穀倉地帯」の美称を持つ同県は近年、エコ農業の推進を続け、同地産の米「浦城大米」のブランド化に尽力。武夷山脈の奥地で生産された高品質な米のPR活動に取り組んでいる。(浦城=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408332

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、地元民に船との記念写真を依頼する渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408213

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、地元民を乗せ船をこぐ渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408225

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲村の渡し場で救命設備を運ぶ何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408249

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、船を出す前にロープをほどく渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408335

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、最後の運航後、オールを肩に担ぎ岸に上がった渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408208

  • 2020年10月10日
    田んぼの稲が収穫期迎える福建省浦城県

    10日、福建省南平市浦城県仙陽鎮の麒麟畈で、通常米「福香占」を収穫をするコンバイン。(小型無人機から)中国福建省の最北端に位置する南平市浦城県ではこのところ、約48万ムー(約3万2千ヘクタール)の田んぼが収穫期を迎えている。「福建一の穀倉地帯」の美称を持つ同県は近年、エコ農業の推進を続け、同地産の米「浦城大米」のブランド化に尽力。武夷山脈の奥地で生産された高品質な米のPR活動に取り組んでいる。(浦城=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408284

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、最後の渡し船を出す前に、まもなく開通する大橋を見つめる渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408303

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、船を引き揚げるトラクターを待つ渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408313

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、地元民のために最後の船を出す渡し守の何栄興さん。(小型無人機から)中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408339

  • 2020年10月10日
    田んぼの稲が収穫期迎える福建省浦城県

    10日、浦城県仙陽鎮の周辺に広がる水田の風景。(小型無人機から)中国福建省の最北端に位置する南平市浦城県ではこのところ、約48万ムー(約3万2千ヘクタール)の田んぼが収穫期を迎えている。「福建一の穀倉地帯」の美称を持つ同県は近年、エコ農業の推進を続け、同地産の米「浦城大米」のブランド化に尽力。武夷山脈の奥地で生産された高品質な米のPR活動に取り組んでいる。(浦城=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102302590

  • 2020年10月10日
    田んぼの稲が収穫期迎える福建省浦城県

    10日、福建省南平市浦城県仙陽鎮の麒麟畈で、通常米「福香占」を収穫をするコンバイン。中国福建省の最北端に位置する南平市浦城県ではこのところ、約48万ムー(約3万2千ヘクタール)の田んぼが収穫期を迎えている。「福建一の穀倉地帯」の美称を持つ同県は近年、エコ農業の推進を続け、同地産の米「浦城大米」のブランド化に尽力。武夷山脈の奥地で生産された高品質な米のPR活動に取り組んでいる。(浦城=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408263

  • 2020年10月10日
    田んぼの稲が収穫期迎える福建省浦城県

    10日、福建省南平市浦城県仙陽鎮の麒麟畈で、収穫した通常米「福香占」を袋に入れる農家の人たち。中国福建省の最北端に位置する南平市浦城県ではこのところ、約48万ムー(約3万2千ヘクタール)の田んぼが収穫期を迎えている。「福建一の穀倉地帯」の美称を持つ同県は近年、エコ農業の推進を続け、同地産の米「浦城大米」のブランド化に尽力。武夷山脈の奥地で生産された高品質な米のPR活動に取り組んでいる。(浦城=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408269

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、着岸後、船を固定する準備をする渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408271

  • 2020年10月10日
    田んぼの稲が収穫期迎える福建省浦城県

    10日、浦城県仙陽鎮の周辺に広がる水田の風景。(小型無人機から)中国福建省の最北端に位置する南平市浦城県ではこのところ、約48万ムー(約3万2千ヘクタール)の田んぼが収穫期を迎えている。「福建一の穀倉地帯」の美称を持つ同県は近年、エコ農業の推進を続け、同地産の米「浦城大米」のブランド化に尽力。武夷山脈の奥地で生産された高品質な米のPR活動に取り組んでいる。(浦城=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408281

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、トラクターが渡し船を引き揚げる様子を携帯電話で撮影する村民。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408285

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、地元民のために最後の船を出す渡し守の何栄興さん。近くに新しく建設された茅洲大橋が見える。(小型無人機から)中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408229

  • 2020年10月10日
    田んぼの稲が収穫期迎える福建省浦城県

    10日、福建省南平市浦城県仙陽鎮の麒麟畈で、通常米「福香占」を収穫をするコンバイン。(小型無人機から)中国福建省の最北端に位置する南平市浦城県ではこのところ、約48万ムー(約3万2千ヘクタール)の田んぼが収穫期を迎えている。「福建一の穀倉地帯」の美称を持つ同県は近年、エコ農業の推進を続け、同地産の米「浦城大米」のブランド化に尽力。武夷山脈の奥地で生産された高品質な米のPR活動に取り組んでいる。(浦城=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408311

  • 1