KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 海上保安庁
  • ヘリ
  • 明洋
  • 天洋
  • 拓洋
  • 乗組員
  • 昭和
  • 発見
  • 解決策
  • 東京港

「海上保安庁の測量船」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
49
( 1 49 件を表示)
  • 1
49
( 1 49 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  被爆した拓洋、さつま帰る
    1958年08月07日
    被爆した拓洋、さつま帰る

    東京港に戻った海上保安庁の測量船「拓洋」。海洋調査中の赤道海域で強い放射能をあびたために帰国=1958(昭和33)年8月7日 (33年内地6815)(国際地球観測年 水爆実験 エニウェトク)

    商品コード: 2012031200118

  •  被爆した拓洋、さつま帰る
    1958年08月07日
    被爆した拓洋、さつま帰る

    東京港に戻った海上保安庁の測量船「拓洋」(手前)と巡視船「さつま」。海洋調査中の赤道海域で強い放射能をあびたために帰国=1958(昭和33)年8月7日 (33年内地6846)(国際地球観測年 水爆実験 エニウェトク)

    商品コード: 2012031200120

  •  被爆した拓洋、さつま帰る
    1958年08月07日
    被爆した拓洋、さつま帰る

    東京港に戻った海上保安庁の測量船「拓洋」で放射能調査をする学者グループ=1958(昭和33)年8月7日 (国際地球観測年 水爆実験 エニウェトク )

    商品コード: 2012031200152

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1989年07月13日
    「拓洋」撮影の海底噴火 伊豆東沖海底噴火

    伊東市沖の海底噴火=海上保安庁の測量船「拓洋」から撮影、撮影年月日不明

    商品コード: 2008100800185

  • 拓洋が撮影した噴火 伊豆東沖海底噴火
    1989年07月13日
    拓洋が撮影した噴火 伊豆東沖海底噴火

    伊東市沖の海底噴火=海上保安庁の測量船「拓洋」から撮影

    商品コード: 2002091200157

  • 拓洋の福田泰介船長 非常な危険感じた
    1989年07月14日
    拓洋の福田泰介船長 非常な危険感じた

    海底噴火の瞬間を生々しく語る海上保安庁の測量船「拓洋」の福田泰介船長(右)=1989(平成元)年7月14日、横浜港

    商品コード: 2018062600343

  • 出港する「明洋」 緊急調査へ測量船出港
    1993年10月20日
    出港する「明洋」 緊急調査へ測量船出港

    ロシアの放射性廃棄物海洋投棄の環境影響調査に向かう海上保安庁の測量船「明洋」=20日午後4時55分、北九州市門司区西海岸

    商品コード: 1993102000074

  • 音波探査の測量船 震源域の海底に3本の断層
    1995年01月24日
    音波探査の測量船 震源域の海底に3本の断層

    阪神大震災の震源域とされる海域を、音波探査する海上保安庁の測量船「海洋」。後方は建設中の明石海峡大橋=20日午前、明石海峡(第五管区海上保安本部提供)

    商品コード: 1995012400109

  • 環境調査する測量船 劣化ウラン問題で環境調査
    1997年02月24日
    環境調査する測量船 劣化ウラン問題で環境調査

    米軍が劣化ウラン弾を誤射した沖縄県の鳥島射爆撃場(上)の周辺海域で環境調査をする海上保安庁の測量船「明洋」=24日午後3時、共同通信社ヘリから

    商品コード: 1997022400060

  • 陸揚げされる機体の一部 海保が回収物を引き渡す
    2000年07月03日
    陸揚げされる機体の一部 海保が回収物を引き渡す

    海上保安庁の測量船「海洋」から陸揚げされる、墜落した自衛隊の機体の一部=3日午後、鳥取県境港市

    商品コード: 2000070300111

  • 調査開始した測量船 不審船の探査開始
    2002年02月25日
    調査開始した測量船 不審船の探査開始

    沈没した不審船の位置確認の調査を開始した海上保安庁の測量船「海洋」=25日午前9時40分、鹿児島県・奄美大島沖の西方約390キロで共同通信社特別機から

    商品コード: 2002022500101

  • 調査する測量船 不審船の探査開始
    2002年02月25日
    調査する測量船 不審船の探査開始

    不審船が沈没した海域で、位置確認の調査をする海上保安庁の測量船「海洋」=25日午前9時43分、鹿児島県・奄美大島沖の西方約390キロで共同通信社特別機から

    商品コード: 2002022500105

  • 海上保安庁の測量船 不審船で複数の遺体確認
    2002年04月01日
    海上保安庁の測量船 不審船で複数の遺体確認

    東シナ海に沈んだ不審船を水中カメラを投じて調査する海上保安庁の測量船「海洋」=2月25日、鹿児島県奄美大島沖の西方約390キロで共同通信社特別機から

    商品コード: 2002040100058

  • 海底調査する測量船 海保が震源域海底を初調査
    2005年04月23日
    海底調査する測量船 海保が震源域海底を初調査

    福岡県西方沖地震の震源域で海底調査をする海上保安庁の測量船「明洋」=23日午前8時45分

    商品コード: 2005042300009

  • 境港を出る「明洋」 竹島周辺調査の測量船
    2006年04月19日
    境港を出る「明洋」 竹島周辺調査の測量船

    境港を出る海上保安庁の測量船「明洋」=19日午後3時33分、鳥取県で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006041900162

  • 作業する「明洋」の乗組員 竹島周辺調査の測量船
    2006年04月19日
    作業する「明洋」の乗組員 竹島周辺調査の測量船

    境港沖で停泊した海上保安庁の測量船「明洋」で作業をする乗組員=19日午後3時53分、鳥取県で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006041900193

  • 接岸した2隻の測量船 海保の測量船が境港到着
    2006年04月19日
    接岸した2隻の測量船 海保の測量船が境港到着

    竹島付近の海洋調査のため境港に入った海上保安庁の測量船=19日午前10時20分、鳥取県境港市

    商品コード: 2006041900039

  • 沖へ向かう「海洋」 竹島周辺調査の測量船
    2006年04月19日
    沖へ向かう「海洋」 竹島周辺調査の測量船

    夕暮れの境港を出て沖へ向かう海上保安庁の測量船「海洋」=19日午後5時27分、鳥取県で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006041900188

  • 停泊した明洋と海洋 竹島周辺調査の測量船
    2006年04月19日
    停泊した明洋と海洋 竹島周辺調査の測量船

    境港沖で停泊する海上保安庁の測量船「明洋」(手前)と「海洋」=19日午後5時44分、鳥取県で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006041900194

  • 取材する韓国のTVクルー 竹島周辺調査の測量船
    2006年04月19日
    取材する韓国のTVクルー 竹島周辺調査の測量船

    境港で海上保安庁の測量船の取材をする韓国のテレビ局クルー(手前)=19日午後3時30分、鳥取県

    商品コード: 2006041900146

  • 出港準備をする乗組員 竹島周辺調査の測量船
    2006年04月19日
    出港準備をする乗組員 竹島周辺調査の測量船

    海上保安庁の測量船「明洋」(右)の出港準備をする乗組員=19日午後3時20分、鳥取県の境港

    商品コード: 2006041900139

  • 船上で準備する乗組員 竹島周辺調査の測量船
    2006年04月19日
    船上で準備する乗組員 竹島周辺調査の測量船

    出港準備をする海上保安庁の測量船「明洋」の乗組員=19日午後3時10分、鳥取県の境港

    商品コード: 2006041900145

  • 岸壁を離れる「明洋」 竹島周辺調査の測量船
    2006年04月19日
    岸壁を離れる「明洋」 竹島周辺調査の測量船

    境港の岸壁を離れる海上保安庁の測量船「明洋」(左下)。右は「海洋」=19日午後3時23分、鳥取県で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006041900152

  • 停泊する2隻の測量船 竹島周辺調査の測量船
    2006年04月19日
    停泊する2隻の測量船 竹島周辺調査の測量船

    鳥取県の境港を出て沖合に停泊する海上保安庁の測量船「海洋」(手前)と「明洋」=19日午後5時53分、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006041900187

  • 待機する2隻の測量船 海保測量船は沖合待機
    2006年04月20日
    待機する2隻の測量船 海保測量船は沖合待機

    悪天候のなか境港沖で待機する海上保安庁の測量船「海洋」(手前)と「明洋」=20日午後4時42分、鳥取県で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006042000391

  • 白波のなか待機する測量船 海保測量船は沖合待機
    2006年04月20日
    白波のなか待機する測量船 海保測量船は沖合待機

    強風で白波が立つなか境港沖で待機する海上保安庁の測量船「海洋」(左)と「明洋」=20日午後1時12分、鳥取県

    商品コード: 2006042000386

  • 待機する測量船「海洋」 海保庁測量船は沖合待機
    2006年04月20日
    待機する測量船「海洋」 海保庁測量船は沖合待機

    鳥取県の境港沖で待機する海上保安庁の測量船「海洋」=20日午後1時20分

    商品コード: 2006042000427

  • 「海洋」が白波のなか待機 海保庁測量船は沖合待機
    2006年04月20日
    「海洋」が白波のなか待機 海保庁測量船は沖合待機

    白波のなか鳥取県の境港沖で待機する海上保安庁の測量船「海洋」=20日午後1時15分

    商品コード: 2006042000426

  • 周辺監視する明洋の乗組員 竹島問題で解決策探る
    2006年04月21日
    周辺監視する明洋の乗組員 竹島問題で解決策探る

    鳥取県境港沖で待機を続ける海上保安庁の測量船「明洋」の船内で周辺を監視する乗組員=21日午前9時59分、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006042100035

  • 待機が続く測量船 竹島問題で解決策探る
    2006年04月21日
    待機が続く測量船 竹島問題で解決策探る

    鳥取県境港沖で待機する海上保安庁の測量船「明洋」(手前)と「海洋」=21日午後3時48分、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006042100136

  • 待機測量船の夜景 竹島問題で解決策探る
    2006年04月21日
    待機測量船の夜景 竹島問題で解決策探る

    鳥取県境港沖に停泊したまま日暮れを迎えた海上保安庁の測量船「明洋」=21日午後6時57分

    商品コード: 2006042100212

  • 境港沖で待機する測量船 竹島問題で再協議
    2006年04月22日
    境港沖で待機する測量船 竹島問題で再協議

    鳥取県の境港沖で待機を続ける海上保安庁の測量船「明洋」(手前)と「海洋」=22日午前7時33分、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006042200008

  • 境港沖の2隻の測量船 日韓が解決策めぐり応酬
    2006年04月22日
    境港沖の2隻の測量船 日韓が解決策めぐり応酬

    竹島調査問題で日韓が協議を継続、待機を続ける海上保安庁の測量船「海洋」(手前)と「明洋」=22日午後4時7分、鳥取県境港沖で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006042200126

  • 静まり返る測量船の甲板 竹島周辺調査は中止
    2006年04月22日
    静まり返る測量船の甲板 竹島周辺調査は中止

    竹島周辺調査の中止が決まった後も鳥取県境港沖で停泊する海上保安庁の測量船「明洋」。船上で作業する乗組員の姿などは見られなかった=22日午後8時23分、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006042200207

  • 待機続ける測量船 日韓が解決策めぐり応酬
    2006年04月22日
    待機続ける測量船 日韓が解決策めぐり応酬

    鳥取県の境港沖で待機を続ける海上保安庁の測量船「明洋」(手前)と「海洋」=22日午後4時10分、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006042200127

  • 夜間停泊する測量船 竹島周辺調査は中止
    2006年04月22日
    夜間停泊する測量船 竹島周辺調査は中止

    竹島周辺の海洋調査中止が決まった後も鳥取県境港沖で停泊する海上保安庁の測量船「明洋」=22日午後8時24分、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006042200200

  • 出発する測量船 測量船は撤収、東京へ
    2006年04月23日
    出発する測量船 測量船は撤収、東京へ

    竹島周辺海域の海洋調査が中止となり東京へ向け出発する海上保安庁の測量船「海洋」(手前)と「明洋」=23日午前7時58分、鳥取県境港沖で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006042300006

  • いかりを揚げる「海洋」 測量船は撤収、東京へ
    2006年04月23日
    いかりを揚げる「海洋」 測量船は撤収、東京へ

    撤収のため、いかりを揚げる海上保安庁の測量船「海洋」=23日午前7時55分、鳥取県境港沖で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006042300007

  • 震源域の海底調査始まる 新潟県中越沖地震
    2007年07月20日
    震源域の海底調査始まる 新潟県中越沖地震

    東電柏崎刈羽原発沖合で震源域の海底調査をする海上保安庁の測量船「天洋」=20日午前10時31分、共同通信社ヘリから(新潟県中越沖地震)

    商品コード: 2007072000044

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年09月10日
    「明神礁」と命名 海底火山が噴火

    1952(昭和27)年9月17日、伊豆諸島の青ケ島南方60キロで海底火山が噴火し新しい島ができた。発見した漁船名にちなみ「明神礁」と命名。24日に再度噴火し、31人を乗せた海上保安庁の測量船が行方不明に。島はその後消滅した。 写真:19日、巡視船「しきね」から噴煙を見る乗組員

    商品コード: 2009091000319

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年09月12日
    「明神礁」と命名 海底火山が噴火

    1952(昭和27)年9月17日、伊豆諸島の青ケ島南方60キロで海底火山が噴火し新しい島ができた。発見した漁船名にちなみ「明神礁」と命名。24日に再度噴火し、31人を乗せた海上保安庁の測量船が行方不明になった。島はその後消滅。写真は19日、巡視船「しきね」から見る噴煙。

    商品コード: 2013091200178

  • 放射能調査をする学者 被爆した「拓洋」帰港
    2014年12月03日
    放射能調査をする学者 被爆した「拓洋」帰港

    航海中に米国の水爆実験によって被爆した海上保安庁の測量船「拓洋」が東京に帰港。写真は「拓洋」の甲板で放射能調査をする学者グループ=1958(昭和33)年8月7日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第3巻使用画像(P153)

    商品コード: 2014120300170

  • 東京港に戻った測量船 海保船が西之島から帰港
    2016年11月08日
    東京港に戻った測量船 海保船が西之島から帰港

    小笠原諸島・西之島の調査を終え、東京港に戻った海上保安庁の測量船=8日午前

    商品コード: 2016110800064

  • 測量船「天洋」 捜索拡大、知床半島東側も
    2022年04月29日
    測量船「天洋」 捜索拡大、知床半島東側も

    北海道・知床半島沖を航行する海上保安庁の測量船「天洋」=29日午前9時41分(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2022080510475

  • 航行する「天洋」 捜索拡大、知床半島東側も
    2022年04月29日
    航行する「天洋」 捜索拡大、知床半島東側も

    北海道・知床半島沖を航行する海上保安庁の測量船「天洋」(下)=29日午前10時11分(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2022080510438

  • 航行する「天洋」 捜索拡大、知床半島東側も
    2022年04月29日
    航行する「天洋」 捜索拡大、知床半島東側も

    北海道・知床半島沖を航行する海上保安庁の測量船「天洋」(下)=29日午前10時28分(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2022080510498

  • 沖合調べる測量船「天洋」 沈没した観光船発見
    2022年04月29日
    沖合調べる測量船「天洋」 沈没した観光船発見

    海底で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が確認された、北海道知床半島の沖合を調べる海上保安庁の測量船「天洋」(下)。上はカシュニの滝=29日午後0時37分(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2022080810710

  • 沖合調べる天洋 知床観光船、海底で発見
    2022年04月29日
    沖合調べる天洋 知床観光船、海底で発見

    海底で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が確認された、北海道知床半島の沖合を調べる海上保安庁の測量船「天洋」(下)。上中央はカシュニの滝=29日午後0時39分(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2022080810717

  • カシュニの滝と海保の船 知床観光船、海底で発見
    2022年04月29日
    カシュニの滝と海保の船 知床観光船、海底で発見

    海底で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が確認された、北海道知床半島の沖合を調べる海上保安庁の測量船「天洋」(下)。上はカシュニの滝=29日午後0時47分(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2022080810750

  • 1