KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 海洋学者
  • 昭和
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 令和
  • 調査
  • 水中
  • チーム
  • 主任
  • 位置

「海洋学」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
127
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
127
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Matthew Fontaine Maury (1806-1873)

    Matthew Fontaine Maury (1806-1873), American naval officer and hydrographer and oceanographer. Founder of the US Naval Oceanographic Office. Engraving. 1896.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2019071001883

  • -
    Circulation of water between sea and mountains.

    Circulation of water between sea and mountains. Blue-tinted flows are mountains to sea, black represents subterranean flows from sea to mountains. From Athanasius Kircher ‘Mundus Subterraneous‘, 1665. Jesuit scholar.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019080210839

  • -
    Alexandre Emmanuel Rodolphe Agassiz (1835-1910) Swiss-born American oceanographer

    Alexandre Emmanuel Rodolphe Agassiz (1835-1910) Swiss-born American oceanographer, marine zoologist and mining engineer; son of Louis Agassiz. Engraving published New York 1883.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2018122811080

  • -
    Legendary Kraken

    Legendary Kraken, monster of the deep, pictured as a giant squid. Engraving 1870.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2019091201087

  • -
    Sectional view of Earth

    Sectional view of Earth, showing central fire and underground canals linked to oceans. From Athanasius Kircher ‘Mundus Subterraneous‘, 1665.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019080210835

  • -
    Africa Ecuatorial, según el mapa trazado por Dapper en 1616. Africa Inexplorada, El Continente Misterioso, por Henry Morton Stan

    Africa Ecuatorial, según el mapa trazado por Dapper en 1616. Africa Inexplorada, El Continente Misterioso, por Henry Morton Stanley, h. 1887. Biblioteca Histórico Militar de Barcelona, Cataluña, España.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019081605217

  • -
    Matthew Fontaine Maury (1806-1873) American naval officer

    Matthew Fontaine Maury (1806-1873) American naval officer, hydrographer and oceanographer.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2019071202777

  • -
    The Pacific is ringed by many volcanoes and oceanic trenches

    The Pacific is ringed by many volcanoes and oceanic trenches、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122606536

  • -
    A maelstrom.

    A maelstrom. Woodcut from ‘Historia de gentibus septentrionalibus‘ by Olaus Magnus, 155.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2019091004541

  • -
    Otto Kruemmel, 8 July 1854 - 12 October 1912, was a German geographer influential in awakening public interest

    Otto Kruemmel, 8 July 1854 - 12 October 1912, was a German geographer influential in awakening public interest in oceanography, reproduction of a photo from the year 1895, digital improved.、クレジット:Bildagentur-online  /Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041513452

  • 1903年12月31日
    Artist‘s impression of deep sea scene with luminous fishes.

    Artist‘s impression of deep sea scene with luminous fishes. Some of the creatures shown here were brought up in the dredges during the French oceanographical expeditions of the ‘Travailleur‘ c1880, including Eurypharynx pelecanoides (top right). Henri Milne-Edwards (1800-1885). From ‘Die Naturkrafte‘, M Wilhelm Meyer (Leipzig, 1903). Chromolithograph.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019080210920

  • 1904年04月13日
    Stepan Osipovich Makarov

    Stepan Osipovich Makarov or Makharoff (1849-1904) In charge of Russian Pacific fleet at beginning of Russo-Japanese War (1904-1905). Drowned when his flagship ‘Petropavlosk‘ sank after hitting a mine .、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110222549

  • 1904年04月13日
    Stepan Osipovich Makarov

    Stepan Osipovich Makarov or Makharoff (1849-1904) Russian admiral in command of Pacific fleet at beginning of Russo-Japanese War (1904-1905). Killed when his flagship ‘Petropavlosk‘ struck a mine and sank in third month of the war.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110222554

  • 1910年12月31日
    Alexandre Emmanuel Rodolphe Agassiz (1835-1910)

    Alexandre Emmanuel Rodolphe Agassiz (1835-1910) Swiss-born American oceanographer, marine zoologist and mining engineer; son of Louis Agassiz. Engraving published New York 1883.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2019071708155

  • 1922年12月31日
    Albert I

    Albert I, Prince of Monaco (1848-1922), amateur oceanographer. Established Oceanographic Museum of Monaco and Oceanographic Institute in Paris. Cartoon by ‘Spy‘ (Leslie Ward - 1851-1922) for ‘Vanity Fair‘ London June 1900 showing him on deck of his yacht.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2019071708157

  • 1933年03月07日
    日本電報通信社資料

    海洋学及び深海植物学の世界的権威たるカリフォルニア大学‥‥海洋学研究会理事で同大学教授トーマス・ウェーランド・ボーン博士は世界一周の途次、夫人同伴来朝。7日午前10時夫人同伴、参内聖上に拝謁賜った(帝国ホテルにて)=1933(昭和8)年3月7日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015111100410

  • 1947年09月02日
    二水海洋学園

    熊本少年審判所の二水海洋学園がある無人島(熊本県水俣村沖)=1947(昭和22)年9月2日出稿(22年内地5901)

    商品コード: 2014082200248

  • 1965年06月24日
    クストー博士が来日

    日仏海洋学会の招きで来日したジャック・イブ・クストー博士(映画「沈黙の世界」の製作者)とシモーヌ夫人=1965(昭和40)年6月24日、羽田空港

    商品コード: 2011062900217

  • 1967年03月01日
    日ソ漁業交渉始まる

    交渉に臨むソ連側のビノグラードフ駐日ソ連大使(右から2人目)、モイセーエフ全ソ魚業海洋学研究所副所長(右から3人目)ら=1967(昭和42)年3月1日、外務省

    商品コード: 1967030100013

  • 1967年03月01日
    日ソ漁業交渉始まる

    あいさつを交わすビノグラードフ駐日ソ連大使(右の立っている人)と倉石忠雄農相(左の立っている人)。右側着席者、手前から3人目はモイセーエフ全ソ漁業海洋学研究所副所長、倉石農相の右は藤田大日本水産会副会長=1967(昭和42)3月1日、外務省(42年内地903)

    商品コード: 2011040500334

  • 1968年04月10日
    (みやけ・やすお) 三宅泰雄

    東京教育大教授(理学部)、地球化学研究協会理事長(地球化学)、日本海洋学会会長、学術会議会員=1966(昭和41)年10月20日撮影

    商品コード: 1968041000007

  • 1969年10月23日
    (みやけ・やすお) 三宅泰雄

    東京教育大教授(理学部)、地球化学研究協会理事長(地球化学)、日本海洋学会会長、学術会議会員=1969(昭和44)年10月23日撮影

    商品コード: 2007071000124

  • 1970年07月16日
    うだ・みちたか 宇田道隆・海洋学

    宇田道隆(うだ・みちたか)、東京水産大教授、東海大学教授(海洋学)=1970(昭和45)年7月16日

    商品コード: 2013080600308

  • 1970年09月14日
    国際海洋学会開く

    国際海洋学協会第15回総会で開会のあいさつをする宇田道隆東海大教授=1970(昭和45)年9月14日、東京・大手町の経団連会館 (45年内地5357)

    商品コード: 2011011700399

  • 1972年02月25日
    (みやけ・やすお) 三宅泰雄

    東京教育大教授(理学部)、地球化学研究協会理事長(地球化学)、日本海洋学会会長、学術会議会員=1972(昭和47)年1月撮影

    商品コード: 1972022500009

  • 1972年04月20日
    三宅泰雄

    東京教育大教授(理学部)、地球化学研究協会理事長(地球化学)、日本海洋学会会長、学術会議会員=1972(昭和47)年3月3日撮影

    商品コード: 2005072600114

  • 1975年10月09日
    標本をご覧 サンディエゴご訪問

    サンディエゴのラホヤにあるスクリップス(スクリプス)海洋学研究所でサンゴの標本をご覧になる昭和天皇=1975(昭和50)年10月9日、米カリフォルニア州サンディエゴ市ラホヤ地区

    商品コード: 2016061300371

  • 1975年10月22日
    (みやけ・やすお) 三宅泰雄

    東京教育大教授(理学部)、地球化学研究協会理事長(地球化学)、日本海洋学会会長、学術会議会員、1975(昭和50)年10月22日撮影

    商品コード: 2008021900118

  • 1977年06月23日
    (みやけ・やすお) 三宅泰雄

    東京教育大教授(理学部)、地球化学研究協会理事長(地球化学)、日本海洋学会会長、学術会議会員=1977(昭和52)年4月8日撮影

    商品コード: 2005010700102

  • 1981年01月23日
    (みやけ・やすお) 三宅泰雄

    東京教育大教授(理学部)、地球化学研究協会理事長(地球化学)、日本海洋学会会長、学術会議会員=1980(昭和55)年10月25日撮影

    商品コード: 2004063000088

  • 1981年11月02日
    茂在寅男

    茂在寅男、学者・研究者、もざい・とらお、死去・2013年5月31日、工学博士、作家、水中考古学研究者、東海大海洋学部教授、東京商船大教授・名誉教授、長崎県北松浦郡鷹島町で海底遺跡(元寇の遺物)発見、勲三等旭日中綬章受章=1981(昭和56)年11月2日

    商品コード: 1982032000028

  • 1984年04月26日
    海の自然保護訴えるクストー氏

    世界の海の自然保護を訴えるフランスの海洋学者ジャック・イブ・クストー氏(右)と息子のミッシェル氏=1984(昭和59)年4月26日、東京・帝国ホテル

    商品コード: 2005120500102

  • 1986年04月08日
    茂在寅男氏

    茂在寅男氏(東海大学海洋学部教授、日本水中考古学会副会長)=1986(昭和61)年4月8日

    商品コード: 1986040800017

  • 1993年01月21日
    (ともだ・よしふみ) 友田好文

    東大名誉教授・地理物理学、東海大海洋学部教授、理学博士、1992(平成4)年12月15日撮影

    商品コード: 1998072300076

  • 2002年12月31日
    Eleuthera Island

    Eleuthera Island, Bahamas, 2002. Underwater formations to west of the island are made of calcium carbonate sand eroded from coral reefs and deposited in dunes by ocean currents. Credit NASA. Science Earth Geology、クレジット:NASA/World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2018111329520

  • 2003年11月02日
    解剖される「メガマウス」 珍種のサメを解剖調査

    解剖される珍種のサメ「メガマウス」=2日、静岡市の東海大学海洋学部

    商品コード: 2003110200042

  • 2004年07月13日
    サメの口をのぞく子供 メガマウスの標本が完成

    世界で21例しか発見の報告がないという珍しい巨大ザメ、メガマウスのはく製標本が千葉県市川市で完成した。このサメは昨夏、駿河湾の御前崎沖で捕獲された。全長4・2メートル、大きな口とびっしりと並ぶ小さな歯が特徴。主食はプランクトンで、漁網にかかることもまれなためその生態はまだよく分かっていない。静岡市清水の東海大学海洋学博物館で7月17日から8月31日まで公開される

    商品コード: 2004071300143

  • 2006年05月30日
    河井智康さん 都内で民家火災、3人死亡

    死亡した海洋学者の河井智康さん

    商品コード: 2006053000255

  • 2007年01月17日
    陸上の養殖実験 養殖技術進むクロマグロ

    陸上に設置した水槽で実施されているクロマグロの養殖実験=11日、静岡市の東海大学海洋学部清水キャンパス

    商品コード: 2007011700174

  • 2009年06月09日
    全日本選手権が開幕 大学野球の“聖地”神宮

    全日本大学選手権が開幕、あいさつする東海大海洋学部(右)と松山大=9日午前、神宮

    商品コード: 2009060900022

  • 2009年06月10日
    迎えられる中村一 全日本大学野球第2日

    東海大海洋学部―東海大 7回、逆転2ランを放ちナインに迎えられる東海大海洋学部・中村一(左から2人目)=神宮

    商品コード: 2009061000263

  • 2009年06月10日
    中村一が逆転本塁打 全日本大学野球第2日

    東海大海洋学部―東海大 7回裏東海大海洋学部2死二塁、中村一が右越えに逆転2ランを放つ=神宮

    商品コード: 2009061000264

  • 2009年06月10日
    逆転2ランの中村一 全日本大学野球第2日

    東海大海洋学部―東海大 7回裏、逆転2ランを放ち笑顔で生還する東海大海洋学部・中村一。捕手・鈴木=神宮

    商品コード: 2009061000386

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年07月07日
    成長したクロマグロ 低コストでマグロ陸上養殖

    陸上水槽で体長約77センチ、体重約11キロまで成長したクロマグロ=7日午後、静岡市清水区の東海大学海洋学部

    商品コード: 2010070700501

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年04月14日
    海洋学者の会合 人や環境、大規模調査へ

    原発事故の影響調査に向け開かれた海洋学者らの会合=14日夕、東京・本郷の東京大学

    商品コード: 2011041400818

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月15日
    授業中の海洋学者と生徒 海洋学者、被災中学で授業

    海外の海洋学者(右)の授業を受ける女川第一、第二中学校の生徒=15日午後、宮城県女川町

    商品コード: 2012111500593

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年10月02日
    謝尚平教授 地域的な気候評価が課題

    インタビューに答える謝尚平・米カリフォルニア大サンディエゴ校スクリプス海洋学研究所教授(共同)

    商品コード: 2013100200649

  • 2015年11月07日
    H.S.H. Prince Albert II of Monaco honored at Blue Monaco 2015, a Global Film Festival and Conservation Summit

    Monaco, Monte Carlo - November 07, 2015: H.S.H. Prince Albert II of Monaco honored at Blue Monaco 2015, a Global Film Festival and Conservation Summit. Prince, Fuerst, Royal, Royals, Musee Oceanographique, HSH, Highness, | usage worldwide、クレジット:Mandoga Media/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070701687

  • 2015年11月07日
    H.S.H. Prince Albert II of Monaco honored at Blue Monaco 2015, a Global Film Festival and Conservation Summit

    Monaco, Monte Carlo - November 07, 2015: H.S.H. Prince Albert II of Monaco honored at Blue Monaco 2015, a Global Film Festival and Conservation Summit. Prince, Fuerst, Royal, Royals, Musee Oceanographique, HSH, Highness, | usage worldwide、クレジット:Mandoga Media/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070702101

  • 2016年05月27日
    東海大の斉藤雅樹教授 〝温泉博士〟湯巡り研究

    日本中の温泉地を訪ねる東海大海洋学部の斉藤雅樹教授=静岡市

    商品コード: 2016052700018

  • 2018年06月16日
    Manifesta 12

    16 June 2018, Palermo, Italy: A visitor looks at a part of the exhibition of the collective “Forensic Oceanography“, who deal with civic sea rescue in the Mediterranean Sea shown at the Manifesta 12 at the Palazzo Forcella De Seta in Palermo. The European exhibition of contemporary art is taking place in Palermo this year for the 12th time until the 4th of November. Photo: Lena Klimkeit/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100909853

  • 2018年10月28日
    German Environmental Award

    28 October 2018, Thuringia, Erfurt: Federal President Frank-Walter Steinmeier speaks at the presentation of the Environmental Award of the Deutsche Bundesstiftung Umwelt (DBU). Europe‘s highest endowed independent environmental prize goes to the marine biologist Boetius from the Alfred Wegener Institute Helmholtz Centre for Polar and Marine Research in Bremerhaven and to an interdisciplinary team of wastewater researchers from Leipzig. Photo: Arifoto Ug/Michael Reichel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103010857

  • 2018年11月11日
    Matthew Fontaine Maury

    Matthew Fontaine Maury, 1806-1873, oceanographer and m騁駮rologist american engineer, 1868, France, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Collection Jaime Abecasis/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020111005436

  • 2019年03月12日
    Statements by scientists on climate protests

    12 March 2019, Berlin: Volker Quaschning (l-r), Professor of Renewable Energy Systems at the HTW in Berlin, Karen Helen Wiltshire, Deputy Director of the Alfred Wegener Institute Helmholtz Centre for Polar and Marine Research, Eckart von Hirschhausen, physician and science journalist, and Maja Göpel, Secretary General of the German Advisory Council on Global Change, will take part in a press conference on student protests for climate protection. Thousands of pupils in Germany want to take part in demonstrations for better climate protection next Friday as well. Photo: Monika Skolimowska/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031303314

  • 2019年03月20日
    Kentish plover (Charadrius alexandrinus)

    Kentish plover (Charadrius alexandrinus), flock of birds flying over water, Cayo Santa Maria, Cuba, Central America、クレジット:imageBROKER.com/Erhard Nerger/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112000245

  • 2019年04月10日
    クストー氏 監獄のイルカ、5月解放へ

    ロシア・ナホトカ近郊の「イルカ監獄」の調査に訪れたフランスの海洋学者クストー氏(中央)ら=6日(タス=共同)

    商品コード: 2019041000741

  • 2019年11月22日
    Grey seals reconquer coastal waters

    FILED - 22 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Linda Westphal, marine biologist from the German Oceanographic Museum, presents a brochure from the museum entitled “Return of the grey seals“ in the harbour. The Stralsund oceanographers are responsible for the scientific recording of marine mammals. The largest free-living mammal in Germany is the grey seal. It was considered extinct after the last specimen was shot in German waters in 1920. Now the seals are taking back the coast. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010801037

  • 2019年11月22日
    Grey seals reconquer coastal waters

    FILED - 22 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Linda Westphal, marine biologist from the German Oceanographic Museum, photographed in the harbour of Stralsund. The Stralsund oceanographers are responsible for the scientific recording of marine mammals. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010801041

  • 2019年11月22日
    Grey seals reconquer coastal waters

    FILED - 22 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Linda Westphal, marine biologist from the German Oceanographic Museum, shows a skull of a grey seal in Stralsund. The Stralsund oceanographers are responsible for the scientific recording of marine mammals. The largest free-living mammal in Germany is the grey seal. It was considered extinct after the last specimen was shot in German waters in 1920. Now the seals are taking back the coast. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010801347

  • 2019年11月22日
    Grey seals reconquer coastal waters

    FILED - 22 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Linda Westphal, marine biologist from the German Oceanographic Museum, presents a brochure from the museum entitled “Return of the grey seals“ in the harbour. The Stralsund oceanographers are responsible for the scientific recording of marine mammals. The largest free-living mammal in Germany is the grey seal. It was considered extinct after the last specimen was shot in German waters in 1920. Now the seals are taking back the coast. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010801130

  • 2019年11月22日
    Grey seals reconquer coastal waters

    FILED - 22 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Linda Westphal, marine biologist from the German Oceanographic Museum, photographed in the harbour of Stralsund. The Stralsund oceanographers are responsible for the scientific recording of marine mammals. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010801284

  • 2019年11月22日
    Grey seals reconquer coastal waters

    FILED - 22 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Linda Westphal, marine biologist from the German Oceanographic Museum, shows a skull of a grey seal in Stralsund. The Stralsund oceanographers are responsible for the scientific recording of marine mammals. The largest free-living mammal in Germany is the grey seal. It was considered extinct after the last specimen was shot in German waters in 1920. Now the seals are taking back the coast. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010801309

  • 2019年11月22日
    Grey seals reconquer coastal waters

    FILED - 22 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Linda Westphal, marine biologist from the German Oceanographic Museum, shows a skull of a grey seal in Stralsund. The Stralsund oceanographers are responsible for the scientific recording of marine mammals. The largest free-living mammal in Germany is the grey seal. It was considered extinct after the last specimen was shot in German waters in 1920. Now the seals are taking back the coast. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010801139

  • 2020年05月18日
    Coronavirus - German Oceanographic Museum Ozeaneum

    18 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Alexander von den Driesch, director of the aquariums of the German Oceanographic Museum, uses a sponge to clean the panoramic acrylic pane of the shoal fish tank, which is around 80 square metres in size and 30 centimetres thick. The Ozeaneum in Stralsund is also opening its doors to visitors again - albeit with restrictions. From this week on, the museum will only be open Tuesdays to Sundays from 10 am to 5 pm. For the time being, only 391 visitors are allowed in the exhibition area at any one time - compared to up to 1000 visitors before. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052000777

  • 2020年05月18日
    Coronavirus - German Oceanographic Museum Ozeaneum

    18 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Henning May (above), head of diving operations at the German Oceanographic Museum, and Alexander von den Driesch, head of the aquariums at the German Oceanographic Museum, clean the panoramic acrylic pane of the shoal fish tank, which is around 80 square metres in size and 30 centimetres thick. The Ozeaneum in Stralsund is also opening its doors to visitors again - albeit with restrictions. From this week on, the museum will only be open Tuesdays to Sundays from 10 am to 5 pm. For the time being, only 391 visitors are allowed in the exhibition area at any one time - compared to up to 1000 visitors before. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052000974

  • 2020年05月18日
    Coronavirus - German Oceanographic Museum Ozeaneum

    18 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: View into a men‘s toilet with the closed urinals in the Ozeaneum. Also the Ozeaneum in Stralsund opens again for visitors - although with restrictions. From this week on, the museum will only be open Tuesdays to Sundays from 10 am to 5 pm. For the time being, only 391 visitors are allowed in the exhibition area at any one time - compared to up to 1000 visitors before. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052001076

  • 2020年05月18日
    Coronavirus - German Oceanographic Museum Ozeaneum

    18 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: The German Oceanographic Museum Ozeaneum in the harbour. The Ozeaneum in Stralsund also opens its doors to visitors again - albeit with restrictions. From this week on, the museum will only be open Tuesdays to Sundays from 10 a.m. to 5 p.m. For the time being, only 391 visitors are allowed in the exhibition area at any one time - compared to up to 1000 visitors before. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052001086

  • 2020年05月18日
    Coronavirus - German Oceanographic Museum Ozeaneum

    18 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: At the Ozeaneum, visitor service staff test the paths for visitors. The Ozeaneum in Stralsund is also opening its doors to visitors again - albeit with restrictions. From this week on, the museum will only be open Tuesdays to Sundays from 10 a.m. to 5 p.m. For the time being, only 391 visitors are allowed in the exhibition area at any one time - compared to up to 1000 visitors before. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052000795

  • 2020年05月18日
    Coronavirus - German Oceanographic Museum Ozeaneum

    18 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: View into a men‘s toilet with the closed urinals in the Ozeaneum. Also the Ozeaneum in Stralsund opens again for visitors - although with restrictions. From this week on, the museum will only be open Tuesdays to Sundays from 10 am to 5 pm. For the time being, only 391 visitors are allowed in the exhibition area at any one time - compared to up to 1000 visitors before. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052001031

  • 2020年05月18日
    Coronavirus - German Oceanographic Museum Ozeaneum

    18 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: At the Ozeaneum, visitor service staff test the paths for visitors and travel up an escalator. The Ozeaneum in Stralsund is also opening its doors to visitors again - albeit with restrictions. From this week on, the museum will only be open Tuesdays to Sundays from 10 a.m. to 5 p.m. For the time being, only 391 visitors are allowed in the exhibition area at any one time - compared to up to 1000 visitors before. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052001046

  • 2020年05月18日
    Coronavirus - German Oceanographic Museum Ozeaneum

    18 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: At the Ozeaneum, visitor service staff test the paths for visitors. The Ozeaneum in Stralsund is also opening its doors to visitors again - albeit with restrictions. From this week on, the museum will only be open Tuesdays to Sundays from 10 a.m. to 5 p.m. For the time being, only 391 visitors are allowed in the exhibition area at any one time - compared to up to 1000 visitors before. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052001058

  • 2020年05月18日
    Coronavirus - German Oceanographic Museum Ozeaneum

    18 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: A visitor service employee will put up a sign in front of the Ozeaneum for the museum visitors. The Ozeaneum in Stralsund also opens its doors to visitors again - albeit with restrictions. From this week on, the museum will only be open Tuesdays to Sundays from 10 a.m. to 5 p.m. For the time being, only 391 visitors are allowed in the exhibition area at any one time - compared to up to 1000 visitors before. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052001066

  • 2020年05月18日
    Coronavirus - German Oceanographic Museum Ozeaneum

    18 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Alexander von den Driesch, director of the aquariums of the German Oceanographic Museum, uses a sponge to clean the panoramic acrylic pane of the shoal fish tank, which is around 80 square metres in size and 30 centimetres thick. The Ozeaneum in Stralsund is also opening its doors to visitors again - albeit with restrictions. From this week on, the museum will only be open Tuesdays to Sundays from 10 am to 5 pm. For the time being, only 391 visitors are allowed in the exhibition area at any one time - compared to up to 1000 visitors before. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052001080

  • 2020年05月18日
    Coronavirus - German Oceanographic Museum Ozeaneum

    18 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: At the Ozeaneum, visitor service staff test the paths for visitors. The Ozeaneum in Stralsund is also opening its doors to visitors again - albeit with restrictions. From this week on, the museum will only be open Tuesdays to Sundays from 10 a.m. to 5 p.m. For the time being, only 391 visitors are allowed in the exhibition area at any one time - compared to up to 1000 visitors before. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052000890

  • 2020年05月18日
    Coronavirus - German Oceanographic Museum Ozeaneum

    18 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: A member of the visitor service staff will put up a sign in front of the Ozeaneum for the museum visitors. The Ozeaneum in Stralsund also opens its doors to visitors again - albeit with restrictions. From this week on, the museum will only be open Tuesdays to Sundays from 10 a.m. to 5 p.m. For the time being, only 391 visitors are allowed in the exhibition area at any one time - compared to up to 1000 visitors before. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052001067

  • 2020年05月18日
    Coronavirus - German Oceanographic Museum Ozeaneum

    18 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: A signboard with hygiene rules for museum visitors stands in front of the Ozeaneum. The Ozeaneum in Stralsund is also opening its doors to visitors again - albeit with restrictions. From this week on, the museum will only be open Tuesdays to Sundays from 10 a.m. to 5 p.m. For the time being, only 391 visitors are allowed in the exhibition area at any one time - compared to up to 1000 visitors before. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052001078

  • 2020年05月18日
    Coronavirus - German Oceanographic Museum Ozeaneum

    18 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: At the Ozeaneum, visitor service staff test the paths for visitors. The Ozeaneum in Stralsund is also opening its doors to visitors again - albeit with restrictions. From this week on, the museum will only be open Tuesdays to Sundays from 10 a.m. to 5 p.m. For the time being, only 391 visitors are allowed in the exhibition area at any one time - compared to up to 1000 visitors before. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052000768

  • 2020年06月03日
    Stralsund Maritime Museum before modernisation

    03 June 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Divers dive with turtles in an aquarium at the Meeresmuseum of Stralsund. Between 2021 and 2023, the Oceanographic Museum is to be extensively modernised. The exhibitions will be completely revised. The thematic focus - the world of warm seas - and popular exhibits such as the fin whale skeleton will remain. The budget for the construction project, which is being funded 50 percent by the federal government and 50 percent by the state of MV, is 40 million euros. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060503539

  • 2020年06月03日
    Stralsund Maritime Museum before modernisation

    03 June 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: A diver dives with a turtle in an aquarium at the Stralsund Marine Museum. Between 2021 and 2023, the Oceanographic Museum is to be extensively modernised. The exhibitions will be completely revised. The thematic focus - the world of warm seas - and popular exhibits such as the fin whale skeleton will remain. The budget for the construction project, which is being funded 50 percent by the federal government and 50 percent by the state of MV, is 40 million euros. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060503609

  • 2020年06月03日
    Stralsund Maritime Museum before modernisation

    03 June 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: A diver dives with a turtle in an aquarium at the Stralsund Marine Museum. Between 2021 and 2023, the Oceanographic Museum is to be extensively modernised. The exhibitions will be completely revised. The thematic focus - the world of warm seas - and popular exhibits such as the fin whale skeleton will remain. The budget for the construction project, which is being funded 50 percent by the federal government and 50 percent by the state of Mecklenburg-Vorpommern, is 40 million euros. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060503570

  • 2020年10月13日
    Oceanographic museum “Ozeaneum“ in Stralsund

    13 October 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: In a long queue, visitors wearing face masks wait in front of the entrance to the Oceanographic Museum “Ozeaneum“. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101605221

  • 2020年11月03日
    Sentinel-6 Michael Freilich Satellite Launch

    November 3, 2020 - California, USA - Inside SpaceX‘s Payload Processing Facility at Vandenberg Air Force Base in California, the U.S.-European Sentinel-6 Michael Freilich ocean-monitoring satellite is being encapsulated in the SpaceX Falcon 9 payload fairing on Nov. 3, 2020. Sentinel-6 is scheduled to launch on Nov. 21, 2020, at 12:17 p.m. EST (9:17 a.m. PST), atop the SpaceX Falcon 9 rocket from Space Launch Complex 4E at Vandenberg Air Force Base. The Launch Services Program at Kennedy is responsible for launch management. (Credit Image: © NASA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©NASA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112702435

  • 2020年11月03日
    Sentinel-6 Michael Freilich Satellite Launch

    November 3, 2020 - California, USA - Inside SpaceX‘s Payload Processing Facility at Vandenberg Air Force Base in California, the U.S.-European Sentinel-6 Michael Freilich ocean-monitoring satellite is being encapsulated in the SpaceX Falcon 9 payload fairing on Nov. 3, 2020. Sentinel-6 is scheduled to launch on Nov. 21, 2020, at 12:17 p.m. EST (9:17 a.m. PST), atop the SpaceX Falcon 9 rocket from Space Launch Complex 4E at Vandenberg Air Force Base. The Launch Services Program at Kennedy is responsible for launch management. (Credit Image: © NASA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©NASA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112702482

  • 2020年11月11日
    Stralsund Maritime Museum before modernisation

    11 November 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: A documentary sculpture of an octopus can be found in the former St. Catherine‘s Monastery, which today houses the exhibitions of the Stralsund Marine Museum. The Oceanographic Museum in the old town of Stralsund will not open again before the planned modernization from January 2021 onwards, and between 2021 and 2023 the Oceanographic Museum will be comprehensively modernized. The exhibitions will be completely revised. The thematic focus - the world of the warm seas - and popular exhibits such as the fin whale skeleton will remain. The budget for the construction project, which is being funded 50 percent by the federal government and 50 percent by the state of MV, is 40 million euros. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa - ATTENTION: Only for editorial use in connection with a report on the Meeresmuseum Stralsund and only with complete mention of the above credit、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。

    商品コード: 2020111301481

  • 2020年11月11日
    Stralsund Maritime Museum before modernisation

    11 November 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: A documentary sculpture of a divine salmon is ready for transport to a depot in the exhibition People and Sea. The Oceanographic Museum in the old town of Stralsund will not open again before the planned modernization from January 2021 onwards, and between 2021 and 2023 the Oceanographic Museum will be comprehensively modernized. The exhibitions will be completely revised. The thematic focus - the world of the warm seas - and popular exhibits such as the fin whale skeleton will remain. The budget for the construction project, which is being funded 50 percent by the federal government and 50 percent by the state of MV, is 40 million euros. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111301245

  • 2020年11月11日
    Stralsund Maritime Museum before modernisation

    11 November 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Uwe Beese, taxidermist and museum designer at the Meeresmuseum Stralsund, removes a documentary sculpture of a divine salmon from an exhibition case in the Menschen und Meer exhibition. The Oceanographic Museum in the old town of Stralsund will not open again before the planned modernization from January 2021 onwards, and between 2021 and 2023 the Oceanographic Museum will be comprehensively modernized. The exhibitions will be completely revised. The thematic focus - the world of the warm seas - and popular exhibits such as the fin whale skeleton will remain. The budget for the construction project, which is being funded 50 percent by the federal government and 50 percent by the state of MV, is 40 million euros. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa - ATTENTION: Only for editorial use in connection with a report on the Meeresmuseum Stralsund and only with complete mention of the above credit、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。

    商品コード: 2020111301661

  • 2020年11月11日
    Stralsund Maritime Museum before modernisation

    11 November 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: A documentary sculpture of a divine salmon is ready for transport to a depot in the exhibition People and Sea. The Oceanographic Museum in the old town of Stralsund will not open again before the planned modernization from January 2021 onwards, and between 2021 and 2023 the Oceanographic Museum will be comprehensively modernized. The exhibitions will be completely revised. The thematic focus - the world of the warm seas - and popular exhibits such as the fin whale skeleton will remain. The budget for the construction project, which is being funded 50 percent by the federal government and 50 percent by the state of MV, is 40 million euros. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa - ATTENTION: Only for editorial use in connection with a report on the Meeresmuseum Stralsund and only with complete mention of the above credit、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。

    商品コード: 2020111301804

  • 2020年11月20日
    Sentinel-6 Michael Freilich Satellite Launch

    November 20, 2020 - California, USA - The SpaceX Falcon 9 rocket, topped with the Sentinel-6 Michael Freilich satellite secured inside its payload fairing, is lifted to vertical at Space Launch Complex 4 at Vandenberg Air Force Base in California. The Sentinel-6/Jason-CS (Continuity of Service) mission consists of the Sentinel-6 Michael Freilich satellite, which will be followed by its twin, the Sentinel-6B satellite, in 2025. Sentinel-6 Michael Freilich is scheduled to launch on Nov. 21, 2020, at 9:17 PST (12:17 EST). NASA‘s Launch Services Program at Kennedy Space Center is responsible for launch management. (Credit Image: © SpaceX/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©SpaceX/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112702442

  • 2020年11月20日
    Sentinel-6 Michael Freilich Satellite Launch

    November 20, 2020 - California, USA - The protective payload fairing containing the Sentinel-6 Michael Freilich satellite is seen atop the SpaceX Falcon 9 after the rocket was lifted to vertical at Space Launch Complex 4 at Vandenberg Air Force Base in California on Nov. 20, 2020. The Sentinel-6/Jason-CS (Continuity of Service) mission consists of the Sentinel-6 Michael Freilich satellite, which will be followed by its twin, the Sentinel-6B satellite, in 2025. Sentinel-6 Michael Freilich is scheduled to launch on Nov. 21, 2020, at 9:17 PST (12:17 EST). NASA‘s Launch Services Program at Kennedy Space Center is responsible for launch management. (Credit Image: © SpaceX/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©SpaceX/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112702314

  • 2020年11月20日
    Sentinel-6 Michael Freilich Satellite Launch

    November 20, 2020 - California, USA - The protective payload fairing containing the Sentinel-6 Michael Freilich satellite is seen atop the SpaceX Falcon 9 after the rocket was lifted to vertical at Space Launch Complex 4 at Vandenberg Air Force Base in California on Nov. 20, 2020. The Sentinel-6/Jason-CS (Continuity of Service) mission consists of the Sentinel-6 Michael Freilich satellite, which will be followed by its twin, the Sentinel-6B satellite, in 2025. Sentinel-6 Michael Freilich is scheduled to launch on Nov. 21, 2020, at 9:17 PST (12:17 EST). NASA‘s Launch Services Program at Kennedy Space Center is responsible for launch management. (Credit Image: © SpaceX/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©SpaceX/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112702455

  • 2020年11月20日
    Sentinel-6 Michael Freilich Satellite Launch

    November 20, 2020 - California, USA - The protective payload fairing containing the Sentinel-6 Michael Freilich satellite is seen atop the SpaceX Falcon 9 after the rocket was lifted to vertical at Space Launch Complex 4 at Vandenberg Air Force Base in California on Nov. 20, 2020. The Sentinel-6/Jason-CS (Continuity of Service) mission consists of the Sentinel-6 Michael Freilich satellite, which will be followed by its twin, the Sentinel-6B satellite, in 2025. Sentinel-6 Michael Freilich is scheduled to launch on Nov. 21, 2020, at 9:17 PST (12:17 EST). NASA‘s Launch Services Program at Kennedy Space Center is responsible for launch management. (Credit Image: © SpaceX/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©SpaceX/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112701947

  • 2021年04月12日
    (7)サンゴの育成に取り組む「保育士」広西潿州島

    7日、潿洲島のサンゴ礁修復実験エリア沖で、サンゴに絡まった漁網を切り離す黄雯さん。黄雯(こう・ぶん)さん(33)は、中国広西チワン族自治区南寧市にある広西大学海洋学院の修士指導教員であり、同大学サンゴ育成センターの主任も務めている。黄さんのチームは2015年から同自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)のサンゴ礁の調査と修復を行っており、関連部門と共同で同島にサンゴ礁修復エリアを設置し、実験室で育成したサンゴの「赤ちゃん」を同島海域に投下している。また海底に散らばっている折れたサンゴの枝を集め、廃棄されたカキ殻で作った苗トレーに固定し、再び海に潜って水中の苗床にサンゴを「植え付け」している。黄さんのチームは、同島のサンゴ礁修復エリアで5年余りにわたってサンゴ礁の修復実験を行っている。これまでに十数種1万株以上のサンゴを繁殖させており、大きな成果を上げている。(北海=新華社記者/劉嶺逸)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305835

  • 2021年04月12日
    (6)サンゴの育成に取り組む「保育士」広西潿州島

    8日夜、潿洲島サンゴ館で、同島のレジャーダイビング業の従事者にサンゴの保護について講義する黄雯さん(手前左から3人目)。黄雯(こう・ぶん)さん(33)は、中国広西チワン族自治区南寧市にある広西大学海洋学院の修士指導教員であり、同大学サンゴ育成センターの主任も務めている。黄さんのチームは2015年から同自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)のサンゴ礁の調査と修復を行っており、関連部門と共同で同島にサンゴ礁修復エリアを設置し、実験室で育成したサンゴの「赤ちゃん」を同島海域に投下している。また海底に散らばっている折れたサンゴの枝を集め、廃棄されたカキ殻で作った苗トレーに固定し、再び海に潜って水中の苗床にサンゴを「植え付け」している。黄さんのチームは、同島のサンゴ礁修復エリアで5年余りにわたってサンゴ礁の修復実験を行っている。これまでに十数種1万株以上のサンゴを繁殖させており、大きな成果を上げている。(北海=新華社記者/劉嶺逸)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305836

  • 2021年04月12日
    (4)サンゴの育成に取り組む「保育士」広西潿州島

    7日、広西チワン族自治区潿洲島のサンゴ礁修復実験エリア付近の様子。(小型無人機から)黄雯(こう・ぶん)さん(33)は、中国広西チワン族自治区南寧市にある広西大学海洋学院の修士指導教員であり、同大学サンゴ育成センターの主任も務めている。黄さんのチームは2015年から同自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)のサンゴ礁の調査と修復を行っており、関連部門と共同で同島にサンゴ礁修復エリアを設置し、実験室で育成したサンゴの「赤ちゃん」を同島海域に投下している。また海底に散らばっている折れたサンゴの枝を集め、廃棄されたカキ殻で作った苗トレーに固定し、再び海に潜って水中の苗床にサンゴを「植え付け」している。黄さんのチームは、同島のサンゴ礁修復エリアで5年余りにわたってサンゴ礁の修復実験を行っている。これまでに十数種1万株以上のサンゴを繁殖させており、大きな成果を上げている。(北海=新華社記者/劉嶺逸)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041304994

  • 2021年04月12日
    (2)サンゴの育成に取り組む「保育士」広西潿州島

    7日、潿洲島サンゴ館の事務室で、海へ出る前に事前に作っておいたサンゴの苗トレーの状態を確認する黄雯さん。黄雯(こう・ぶん)さん(33)は、中国広西チワン族自治区南寧市にある広西大学海洋学院の修士指導教員であり、同大学サンゴ育成センターの主任も務めている。黄さんのチームは2015年から同自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)のサンゴ礁の調査と修復を行っており、関連部門と共同で同島にサンゴ礁修復エリアを設置し、実験室で育成したサンゴの「赤ちゃん」を同島海域に投下している。また海底に散らばっている折れたサンゴの枝を集め、廃棄されたカキ殻で作った苗トレーに固定し、再び海に潜って水中の苗床にサンゴを「植え付け」している。黄さんのチームは、同島のサンゴ礁修復エリアで5年余りにわたってサンゴ礁の修復実験を行っている。これまでに十数種1万株以上のサンゴを繁殖させており、大きな成果を上げている。(北海=新華社記者/劉嶺逸)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305832

  • 2021年04月12日
    (8)サンゴの育成に取り組む「保育士」広西潿州島

    7日、潿洲島のサンゴ礁修復実験エリア沖で、水中の苗床にサンゴを「植え付け」する黄雯さん。黄雯(こう・ぶん)さん(33)は、中国広西チワン族自治区南寧市にある広西大学海洋学院の修士指導教員であり、同大学サンゴ育成センターの主任も務めている。黄さんのチームは2015年から同自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)のサンゴ礁の調査と修復を行っており、関連部門と共同で同島にサンゴ礁修復エリアを設置し、実験室で育成したサンゴの「赤ちゃん」を同島海域に投下している。また海底に散らばっている折れたサンゴの枝を集め、廃棄されたカキ殻で作った苗トレーに固定し、再び海に潜って水中の苗床にサンゴを「植え付け」している。黄さんのチームは、同島のサンゴ礁修復エリアで5年余りにわたってサンゴ礁の修復実験を行っている。これまでに十数種1万株以上のサンゴを繁殖させており、大きな成果を上げている。(北海=新華社記者/劉嶺逸)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305833

  • 2021年04月12日
    (1)サンゴの育成に取り組む「保育士」広西潿州島

    7日、潿洲島のサンゴ礁修復実験エリア沖で、水中の苗床にサンゴを「植え付け」する黄雯さん。黄雯(こう・ぶん)さん(33)は、中国広西チワン族自治区南寧市にある広西大学海洋学院の修士指導教員であり、同大学サンゴ育成センターの主任も務めている。黄さんのチームは2015年から同自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)のサンゴ礁の調査と修復を行っており、関連部門と共同で同島にサンゴ礁修復エリアを設置し、実験室で育成したサンゴの「赤ちゃん」を同島海域に投下している。また海底に散らばっている折れたサンゴの枝を集め、廃棄されたカキ殻で作った苗トレーに固定し、再び海に潜って水中の苗床にサンゴを「植え付け」している。黄さんのチームは、同島のサンゴ礁修復エリアで5年余りにわたってサンゴ礁の修復実験を行っている。これまでに十数種1万株以上のサンゴを繁殖させており、大きな成果を上げている。(北海=新華社記者/劉嶺逸)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305831

  • 2021年04月12日
    (5)サンゴの育成に取り組む「保育士」広西潿州島

    7日、潿洲島のサンゴ礁修復実験エリア沖で、海底に散らばっている折れたサンゴを拾い集める黄雯さん(左)とダイビングのパートナー。黄雯(こう・ぶん)さん(33)は、中国広西チワン族自治区南寧市にある広西大学海洋学院の修士指導教員であり、同大学サンゴ育成センターの主任も務めている。黄さんのチームは2015年から同自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)のサンゴ礁の調査と修復を行っており、関連部門と共同で同島にサンゴ礁修復エリアを設置し、実験室で育成したサンゴの「赤ちゃん」を同島海域に投下している。また海底に散らばっている折れたサンゴの枝を集め、廃棄されたカキ殻で作った苗トレーに固定し、再び海に潜って水中の苗床にサンゴを「植え付け」している。黄さんのチームは、同島のサンゴ礁修復エリアで5年余りにわたってサンゴ礁の修復実験を行っている。これまでに十数種1万株以上のサンゴを繁殖させており、大きな成果を上げている。(北海=新華社記者/劉嶺逸)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305834

  • 2021年04月12日
    (3)サンゴの育成に取り組む「保育士」広西潿州島

    7日、潿洲島のサンゴ礁修復実験エリア沖で、海底に散らばっている折れたサンゴを苗トレーに固定する黄雯さん(手前右)。黄雯(こう・ぶん)さん(33)は、中国広西チワン族自治区南寧市にある広西大学海洋学院の修士指導教員であり、同大学サンゴ養育センターの主任も務めている。黄さんのチームは2015年から同自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)のサンゴ礁の調査と修復を行っており、関連部門と共同で同島にサンゴ礁修復エリアを設置し、実験室で育成したサンゴの「赤ちゃん」を同島海域に投下している。また海底に散らばっている折れたサンゴの枝を集め、廃棄されたカキ殻で作った苗トレーに固定し、再び海に潜って水中の苗床にサンゴを「植え付け」している。黄さんのチームは、同島のサンゴ礁修復エリアで5年余りにわたってサンゴ礁の修復実験を行っている。これまでに十数種1万株以上のサンゴを繁殖させており、大きな成果を上げている。(北海=新華社記者/劉嶺逸)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305830

  • 2021年06月16日
    Presentation of the implementation of Reciclos machines in Valencia

    June 16, 2021, Valencia (Valencian Community, Madrid, Spain: (L-R) The general manager of the Ciutat de les Arts i les Ciències, Enrique Vidal, the Regional Minister of Agriculture, Mireia Molla, the manager of Ecoembes in the Valencia Region, Xavier Balagué and the director of the Oceanografic of Valencia, Eduardo Nogués, pose during the presentation of the Reciclos machine, on 16 June 2021, in Valencia, Valencia Region (Spain). Presented by the City of Arts and Sciences of Valencia, the Valencia Regional Government and Ecoembes, the Return and Reward System (RDS) rewards citizens‘ commitment to recycling. By using the machines, incentives such as participation in raffles or benefits on public transport are offered in exchange for recycling cans and plastic containers...16 JUNE 2021;RECYCLING;ECOEMBES;RECYCLE;BOTTLES;PLASTICS;CONTAINER;SDR;RECYCLES..Jorge Gil / Europa Press..06/16/2021 (Credit Image: © Jorge Gil/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Jorge Gil/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, G...

    商品コード: 2021061711827

  • 1
  • 2