KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 人々
  • ユネスコ
  • 世界無形文化遺産
  • 中国人
  • 女性
  • 女神
  • 媽祖信仰
  • 実在
  • 本名

「海難事故」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
62
( 1 62 件を表示)
  • 1
62
( 1 62 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1989年06月27日
    江田島の造船所にえい航された自動車運搬船 新車、無残な姿

    1989(平成元)年5月2日、瀬戸内海の来島海峡でタンカーと衝突、新車913台もろとも水没したパナマ船籍の自動車運搬船「オレンジ・コーラル」(7、627トン)は1989(平成元)年6月27日夕、解体のため広島県江田島の造船所にえい航された。船体の原型はとどめているもののめくれ上がった甲板から積み荷の中の無残な姿が見られ、海難事故の恐ろしさを示していた=1989(平成元)年6月27日午後4時40分(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2019120601013

  • 1989年06月27日
    江田島の造船所にえい航された自動車運搬船 新車、無残な姿

    1989(平成元)年5月2日、瀬戸内海の来島海峡でタンカーと衝突、新車913台もろとも水没したパナマ船籍の自動車運搬船「オレンジ・コーラル」(7、627トン)は1989(平成元)年6月27日夕、解体のため広島県江田島の造船所にえい航された。船体の原型はとどめているもののめくれ上がった甲板から積み荷の中の無残な姿が見られ、海難事故の恐ろしさを示していた=1989(平成元)年6月27日午後4時40分(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2019120601017

  • 1996年02月21日
    関空周辺海域で 不時着想定して救出訓練

    巡視船(左)を不時着機に見立てて行われた海難事故対策訓練。右後方は関西空港=21日午後3時10分(カラーネガ)

    商品コード: 1996022100081

  • 1996年02月21日
    関空周辺海域で 不時着想定して救出訓練

    巡視船(左)を不時着機に見立てて行われた海難事故対策訓練。右後方は関西空港=21日午後3時10分(カラーネガ)

    商品コード: 1996022100079

  • 1997年05月20日
    会議に臨む日韓ロの担当者 油防除などで日韓ロが会議

    日本海で発生する油流出事故や海難事故などで協力態勢を協議する日本、韓国、ロシアの担当者=20日午前、東京・霞が関の海上保安庁(日本側から海上保安庁警備救難部の課長三人のほか、韓国海洋警察庁、ロシア国境警備庁の幹部が参加。中国も日本などと捜索救助協定を締結する方向で協議しており、正規のメンバーとなることを前提に交通部幹部がオブザーバーとして出席した。)

    商品コード: 1997052000013

  • 1997年07月19日
    鳥居とダイバー 魚泳ぐ水深16メートルに海底神社

    海の安全を願い水深約16メートルの海底に設置された鳥居の前を泳ぐダイバー=19日午前、千葉県館山市波左間沖(千葉県館山市の波左間漁協(福原勤組合長)などが、東京湾の入り口に当たる同市波左間沖約600メートルの海底(水深約16メートル)に鳥居などを設置、19日にダイバーの安全や海難事故の防止を願っておはらいをした)

    商品コード: 1997071900039

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年05月09日
    関門海峡を通過する船舶 半年間に船舶衝突事故10件

    海難事故が多発する関門海峡で、マストを海面に突き出したまま沈没している中国の貨物船(右手前)のそばを通過する船=8日午後、北九州市門司区西海岸

    商品コード: 1998050900009

  • 1998年07月29日
    訓練準備のヘリ 初の日ロ共同訓練始まる

    海上自衛隊とロシア海軍合同の海難事故の捜索、救難訓練のため護衛艦くらまの艦上で飛行の準備をするヘリコプター=29日午前11時、ウラジオストク沖(共同)

    商品コード: 1998072900071

  • 1998年07月29日
    飛び立つ救難ヘリ 初の日ロ共同訓練始まる

    海上自衛隊とロシア海軍合同の海難事故の捜索、救難訓練のため離艦した救難用ヘリコプターと、護衛艦くらまの艦上で待機するヘリコプター=29日、ウラジオストク沖(共同)

    商品コード: 1998072900086

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年05月01日
    村上好郎さん 「橋さえあれば事故は」

    「橋さえあれば事故はなかった」と半世紀前の海難事故の記憶を話す村上好郎さん=4月30日、愛媛県・大島

    商品コード: 1999050100002

  • 1999年05月31日
    川崎正蔵 海難事故を機に造船業へ

    )、企画365S、6月2日付朝刊以降使用  川崎重工業の創業者の川崎正蔵

    商品コード: 1999053100090

  • 1999年10月21日
    訓練する“乗客” 関空で海上事故訓練

    海難事故を想定した訓練で、事故機に見立てた巡視船から救命ボートに脱出する“乗客”ら=21日午後、関西空港沖

    商品コード: 1999102100065

  • 2001年04月05日
    那珂湊海上保安部 海難事故など処理せず放置

    職員による事件隠しが発覚した海上保安庁の那珂湊海上保安部=5日午前、茨城県ひたちなか市

    商品コード: 2001040500041

  • 2001年04月05日
    頭を下げる海保の総務部長 海難事故など処理せず放置

    海難事故などを放置していた問題で、頭を下げる海上保安庁の須之内康幸総務部長=5日午前10時30分

    商品コード: 2001040500028

  • 2004年02月05日
    ダイビング事故に備え実施 流氷の海難事故に備え訓練

    流氷の迫る海で行われた潜水捜索訓練=5日、北海道斜里町

    商品コード: 2004020500105

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年03月15日
    過失重なり多重衝突

    今回の海難事故をめぐる法律と関連機関

    商品コード: 2008061800019

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年03月15日
    過失重なり多重衝突

    今回の海難事故をめぐる法律と関連機関

    商品コード: 2008061800018

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年11月28日
    横転したフェリー 「最も難解な海難事故」

    三重県沖の熊野灘で横転し、座礁したフェリーありあけ=13日

    商品コード: 2009112800208

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年09月16日
    死者、世界海難史上2番目 洞爺丸事故

    1954(昭和29)年9月26日、台風15号の強風下に函館港を出た青函連絡船「洞爺丸」など5隻が相次いで転覆し1400人以上の犠牲者を出した。20世紀の海難事故では、タイタニック号遭難(1912年)に次ぐ2番目の大惨事となった。写真は30日、現地で火葬した肉親の遺骨を手に引き揚げる遺族。

    商品コード: 2010091600148

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年08月04日
    フィリピンの乗客満載の船 天井まで乗せます

    大小7千以上の島からなるフィリピンでは、島から島への庶民の足は船。便数の少ない路線ではラッシュ時の満員電車並みに混雑することもあり、ルソン島南部の海で見かけた船も、天井まで人を乗せていた。同国では定員オーバーによる海難事故が多発。潮風に吹かれて心地よいはずの船旅が、恐怖の旅になりませんように…(撮影・村山幸親、共同)

    商品コード: 2011080400337

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年02月16日
    千葉港での合同訓練 海保と赤十字が合同訓練

    千葉港で、客船の海難事故を想定した救護訓練を行う千葉海保と赤十字の職員ら=16日午後、千葉市中央区

    商品コード: 2012021600416

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年07月06日
    過去の海難、風化の懸念

    行方不明者の出た1960~80年代の主な海難事故

    商品コード: 2013070600306

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年07月06日
    過去の海難、風化の懸念

    行方不明者の出た1960~80年代の主な海難事故

    商品コード: 2013070600307

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年09月19日
    死者、世界海難史上2番目 洞爺丸事故

    1954(昭和29)年9月26日、台風15号の強風下、函館港を出た青函連絡船「洞爺丸」など5隻が相次いで転覆し1400人以上の犠牲者を出した。20世紀の海難事故ではタイタニック号遭難(1912年)に次ぐ2番目の大惨事となった。写真は30日、現地で火葬した肉親の遺骨を手に引き揚げる遺族。

    商品コード: 2013091900215

  • 2016年05月28日
    Cargo ship accident on the coast of Taiwan.

    Cargo freighter TS Taipei sank on the coast of Taiwan, May 28, 2016. (CTK Photo/Karel Picha)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112734782

  • 2016年05月28日
    Cargo ship accident on the coast of Taiwan.

    Cargo freighter TS Taipei sank on the coast of Taiwan, May 28, 2016. (CTK Photo/Karel Picha)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112734785

  • 2016年05月28日
    Cargo ship accident on the coast of Taiwan.

    Cargo freighter TS Taipei sank on the coast of Taiwan, May 28, 2016. (CTK Photo/Karel Picha)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112734784

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月10日
    波乗りする参加者 海難事故減らして町おこし

    ライフセービングの体験教室で、救助用のニッパーボードの使い方を体験する参加者(左)=10日午後、福島県いわき市

    商品コード: 2016071000277

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月10日
    競争する参加者 海難事故減らして町おこし

    ライフセービングの体験教室で、砂浜を走るビーチフラッグスを体験する参加者=10日、福島県いわき市

    商品コード: 2016071000276

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年03月15日
    握手する両担当者 海保とライフセーバー連携

    海難事故を防ぐための協定を結んだ海上保安庁(左)と日本ライフセービング協会の担当者=15日午後、海上保安庁

    商品コード: 2017031500550

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:20.86
    2018年06月22日
    奥尻島、津波犠牲者ら追悼 7月で被災25年、灯籠流し

    1993年7月の北海道南西沖地震から25年となるのを前に、津波に襲われ死者・行方不明者が198人に上った北海道・奥尻島で22日、犠牲者を悼む「賽の河原祭」が始まった。夜には島民が約400個の灯籠を海に流し、祈りをささげた。もともと海難事故の死者や水子を供養するため、島北端の霊場「賽の河原」周辺で催されてきた行事に、地震の犠牲者の霊を慰める意味合いが加わった。祭りは23日まで。地震は1993年7月23日夜に発生した。死者・行方不明者は北海道と青森県で計230人。発生後2~3分で、高さ最大約30メートルの津波が奥尻島を襲った。<映像内容>賽の河原慰霊碑、賽の河原公園の海岸線、灯籠に火を付ける様子、灯籠雑観、海岸へ出発前の読経・島民らの様子、灯籠を手に海岸に行列する様子、海岸で読経と灯籠流し、島民らの様子、流れていく灯籠など、撮影日:2018(平成30)年6月22日、撮影場所:北海道 奥尻島

    商品コード: 2018062600190

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月18日
    海底神社の荒川さん 潜水人生60年、いまだ現役

    海の守り神が祭られている海底神社で、手を合わせダイバーの安全を祈願する荒川寛幸さん。海難事故が続いた約20年前に地元の神社から正式に分社された=6月21日、千葉県館山市沖

    商品コード: 2018071800762

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:32.48
    2019年12月05日
    「新華社」台湾海峡南東海域の漁船沈没、13人救助依然4人不明

    中国福建省海上捜索救助センターは5日午前6時43分(日本時間同7時43分)、乗組員17人を乗せた漁船「閩獅漁07705」が台湾海峡南東海域で沈没したとの通報を受けた。同日午前9時まで13人が救助されたが、4人が行方不明となっている。捜索作業は続いており、救助船が漁船が沈没した附近の海域を監視、捜索し、救助ヘリと海事部門の海上警備船が引き続き空と海から捜索を進めているが、行方不明者はまだ見つかっていない。<映像内容>漁船が沈没、救助の様子、転覆した船の上に避難する人々、撮影日:2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121113323

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:06.48
    2019年12月21日
    「新華社」浙江省沖で漁船沈没11人が救助され、7人不明

    中国浙江省農業農村庁によると、21日午後8時ごろに同省舟山市の東180カイリの海上で沈没した漁船「浙椒漁60038」がこれまでに乗組員11人が救助され、漁業監視船で無事上陸した。7人が行方不明となっており、現在も関係各方面が全力で捜索・救助活動を行っている。救出された乗組員11人は23日午前11時、漁業監視船「中国漁政33102」で舟山海警ふ頭に到着した。精神状態は落ち着いている。(記者/許舜達)<映像内容>浙江省沖で漁船沈没事故、救出された乗組員が舟山海警ふ頭に到着、撮影日:2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

    商品コード: 2019122401725

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月30日
    ガラニス博士 日本人の海難事故が最多

    米ハワイ州保健局のダニエル・ガラニス博士=20日、ホノルル(共同)

    商品コード: 2019123002178

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、海祭媽祖祭礼の祭壇に並べられた供え物。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809146

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、海祭媽祖祭礼に参加した人々。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809182

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、海祭媽祖祭礼の放生会で放されるウミガメ。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809192

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、海祭媽祖祭礼の会場に集まった人々。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809216

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、祭壇に安置された媽祖像。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809290

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、海祭媽祖祭礼の会場に集まった人々。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809310

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、海祭媽祖祭礼に参加した人々。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809324

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    福建省で海の女神「媽祖」の巡行行事

    25日、福建省莆田市の湄洲島で地域色豊かなパレードを披露する広東省の媽祖信徒。中国福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で25日、媽祖像の巡行行事が始まった。市内はもとより福建省泉州市、寧徳市、広東省汕頭市潮陽区、普寧市、米国やフィリピン、シンガポール、タイなどからも媽祖廟(宮)が参加し、媽祖昇天1033周年を記念する地域色豊かなパレードを披露した。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102903780

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    福建省で海の女神「媽祖」の巡行行事

    25日、福建省莆田市の湄洲島で伝統衣装に身を包み、巡行行事に参加する地元の女性たち。中国福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で25日、媽祖像の巡行行事が始まった。市内はもとより福建省泉州市、寧徳市、広東省汕頭市潮陽区、普寧市、米国やフィリピン、シンガポール、タイなどからも媽祖廟(宮)が参加し、媽祖昇天1033周年を記念する地域色豊かなパレードを披露した。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102903860

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    福建省で海の女神「媽祖」の巡行行事

    25日、福建省莆田市の湄洲島を巡行する媽祖像。中国福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で25日、媽祖像の巡行行事が始まった。市内はもとより福建省泉州市、寧徳市、広東省汕頭市潮陽区、普寧市、米国やフィリピン、シンガポール、タイなどからも媽祖廟(宮)が参加し、媽祖昇天1033周年を記念する地域色豊かなパレードを披露した。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102903864

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、海祭媽祖祭礼に参加した人々。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809151

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、海祭媽祖祭礼に参加した人々。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809201

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    福建省で海の女神「媽祖」の巡行行事

    25日、福建省莆田市の湄洲島を巡行する媽祖像。中国福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で25日、媽祖像の巡行行事が始まった。市内はもとより福建省泉州市、寧徳市、広東省汕頭市潮陽区、普寧市、米国やフィリピン、シンガポール、タイなどからも媽祖廟(宮)が参加し、媽祖昇天1033周年を記念する地域色豊かなパレードを披露した。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102903775

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    福建省で海の女神「媽祖」の巡行行事

    25日、福建省莆田市の湄洲島で輿に乗せられ巡行開始を待つ媽祖像。中国福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で25日、媽祖像の巡行行事が始まった。市内はもとより福建省泉州市、寧徳市、広東省汕頭市潮陽区、普寧市、米国やフィリピン、シンガポール、タイなどからも媽祖廟(宮)が参加し、媽祖昇天1033周年を記念する地域色豊かなパレードを披露した。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102903829

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、海祭媽祖祭礼に参加した人々。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809214

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、海祭媽祖祭礼に参加した人々。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809250

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、宝船をかたどった祭壇。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809312

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    福建省で海の女神「媽祖」の巡行行事

    25日、福建省莆田市の湄洲島で媽祖像と共に歩く泉州市の女性腰鼓隊。中国福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で25日、媽祖像の巡行行事が始まった。市内はもとより福建省泉州市、寧徳市、広東省汕頭市潮陽区、普寧市、米国やフィリピン、シンガポール、タイなどからも媽祖廟(宮)が参加し、媽祖昇天1033周年を記念する地域色豊かなパレードを披露した。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102903771

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    福建省で海の女神「媽祖」の巡行行事

    25日、福建省莆田市の湄洲島で巡行する媽祖像と共に歩く信徒ら。中国福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で25日、媽祖像の巡行行事が始まった。市内はもとより福建省泉州市、寧徳市、広東省汕頭市潮陽区、普寧市、米国やフィリピン、シンガポール、タイなどからも媽祖廟(宮)が参加し、媽祖昇天1033周年を記念する地域色豊かなパレードを披露した。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102903784

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    福建省で海の女神「媽祖」の巡行行事

    25日、福建省莆田市の湄洲島にある媽祖廟で巡行開始を待つ人々。中国福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で25日、媽祖像の巡行行事が始まった。市内はもとより福建省泉州市、寧徳市、広東省汕頭市潮陽区、普寧市、米国やフィリピン、シンガポール、タイなどからも媽祖廟(宮)が参加し、媽祖昇天1033周年を記念する地域色豊かなパレードを披露した。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102903795

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    福建省で海の女神「媽祖」の巡行行事

    25日、福建省莆田市の湄洲島で行われた媽祖像の巡行行事。中国福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で25日、媽祖像の巡行行事が始まった。市内はもとより福建省泉州市、寧徳市、広東省汕頭市潮陽区、普寧市、米国やフィリピン、シンガポール、タイなどからも媽祖廟(宮)が参加し、媽祖昇天1033周年を記念する地域色豊かなパレードを披露した。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102903838

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    福建省で海の女神「媽祖」の巡行行事

    25日、福建省莆田市の湄洲島で媽祖像の巡行を見物する人々。中国福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で25日、媽祖像の巡行行事が始まった。市内はもとより福建省泉州市、寧徳市、広東省汕頭市潮陽区、普寧市、米国やフィリピン、シンガポール、タイなどからも媽祖廟(宮)が参加し、媽祖昇天1033周年を記念する地域色豊かなパレードを披露した。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102903872

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、海祭媽祖祭礼に参加した人々。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809119

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    福建省で海の女神「媽祖」の巡行行事

    25日、福建省莆田市の湄洲島を巡行する媽祖像。中国福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で25日、媽祖像の巡行行事が始まった。市内はもとより福建省泉州市、寧徳市、広東省汕頭市潮陽区、普寧市、米国やフィリピン、シンガポール、タイなどからも媽祖廟(宮)が参加し、媽祖昇天1033周年を記念する地域色豊かなパレードを披露した。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102903778

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    福建省で海の女神「媽祖」の巡行行事

    25日、福建省莆田市の湄洲島で披露された「電音三太子」。電子音楽と伝統芸能を融合している。中国福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で25日、媽祖像の巡行行事が始まった。市内はもとより福建省泉州市、寧徳市、広東省汕頭市潮陽区、普寧市、米国やフィリピン、シンガポール、タイなどからも媽祖廟(宮)が参加し、媽祖昇天1033周年を記念する地域色豊かなパレードを披露した。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102903755

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、海祭媽祖祭礼の放生会で放されるカブトガニ。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809217

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    福建省で海の女神「媽祖」の巡行行事

    25日、福建省莆田市の湄洲島にある媽祖祖廟広場で男女の組演武を披露する莆田南少林パフォーマンスチーム。中国福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で25日、媽祖像の巡行行事が始まった。市内はもとより福建省泉州市、寧徳市、広東省汕頭市潮陽区、普寧市、米国やフィリピン、シンガポール、タイなどからも媽祖廟(宮)が参加し、媽祖昇天1033周年を記念する地域色豊かなパレードを披露した。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201554

  • 1