KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • いばら
  • せん
  • アルノー
  • チュニック
  • フランス
  • 尖塔
  • 屋根
  • 平成
  • 文化財
  • 構造

「消防用設備」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
23
( 1 23 件を表示)
  • 1
23
( 1 23 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 消防設備の点検 名古屋市が雑居ビル査察
    2001年09月03日
    消防設備の点検 名古屋市が雑居ビル査察

    飲食店などの入る雑居ビルで消防用設備を点検する消防署員=3日午後、名古屋市中区錦

    商品コード: 2001090300112

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日にパリで撮影した火災後のノートルダム大聖堂。フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/高静)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809298

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日にパリで撮影した火災後のノートルダム大聖堂(奥)。フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/高静)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809274

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日、パリで撮影した火災後のノートルダム大聖堂。フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/高静)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809295

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日、ノートルダム大聖堂の前に設置された昇降機。フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/高静)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809243

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日にパリで撮影した火災後のノートルダム大聖堂。フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/鄭斌)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809297

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日、パリで撮影した火災後のノートルダム大聖堂。(中奥)フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/高静)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809221

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日、パリで撮影した火災後のノートルダム大聖堂。フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/高静)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809206

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日、仏パリで、火災後のノートルダム大聖堂付近を流れるセーヌ川を進む遊覧船。フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/高静)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809258

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日にパリで撮影した火災後のノートルダム大聖堂。フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/高静)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809293

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日にパリで撮影した火災後のノートルダム大聖堂。フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/鄭斌)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809203

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日にパリで撮影した火災後のノートルダム大聖堂。(奥)フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/高静)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809278

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日、パリで撮影した火災後のノートルダム大聖堂付近の規制エリアに立つ警察官。フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/鄭斌)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809209

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日、パリで撮影した火災後のノートルダム大聖堂。フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/高静)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809252

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日にパリで撮影した火災後のノートルダム大聖堂(奥)。フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/高静)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809292

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日にパリで撮影した火災後のノートルダム大聖堂。フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/鄭斌)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809296

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日にパリで撮影した火災後のノートルダム大聖堂。フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/高静)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809211

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月16日
    火災後のノートルダム大聖堂、原因調査と被害評価の段階に

    16日にパリで撮影した火災後のノートルダム大聖堂。フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で現地時間15日午後6時ごろ、大規模な火災が発生した。その数時間後、500人余りの消防隊員が消防車数十台と大量の消防用設備を用いて消火作業にあたり、火は16日午前10時ごろに消し止められた。屋根と尖塔(せんとう)が焼け落ちたが、大聖堂の主要な構造は焼失を免れ、聖遺物「いばらの冠」と「聖ルイのチュニック」などの重要な文化財は無事に運び出された。今後は、火災の原因調査と被害評価が始まるとみられている。(パリ=新華社記者/高静)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809306

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月01日
    香港の過激デモ参加者、空港に集結設備を破壊

    9月1日、香港空港の消防用設備を鉄の棒で破壊する暴力分子。中国香港特別行政区では、9月1日午後1時頃から過激デモ参加者が空港バスターミナルの周辺に集まってバリケードを破壊し、手荷物カートとフェンスで道路を塞いだ。また、警備員や空港職員に物を投げつけた。香港警察は午後3時頃から、暴徒化したデモ隊の排除に乗り出した。午後4時までに、多数の過激デモ参加者はその場から次々に退散し、警察によるデモ隊の排除がほぼ完了した。(香港=新華社配信)=2019(令和元)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402356

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月01日
    香港の過激デモ参加者、空港に集結設備を破壊

    9月1日、香港空港の消防用設備を破壊する暴力分子。中国香港特別行政区では、9月1日午後1時頃から過激デモ参加者が空港バスターミナルの周辺に集まってバリケードを破壊し、手荷物カートとフェンスで道路を塞いだ。また、警備員や空港職員に物を投げつけた。香港警察は午後3時頃から、暴徒化したデモ隊の排除に乗り出した。午後4時までに、多数の過激デモ参加者はその場から次々に退散し、警察によるデモ隊の排除がほぼ完了した。(香港=新華社配信)=2019(令和元)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402355

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月01日
    香港の過激デモ参加者、空港に集結設備を破壊

    9月1日、香港空港でバリケードを築き、消防用設備を作動させる暴力分子。中国香港特別行政区では、9月1日午後1時頃から過激デモ参加者が空港バスターミナルの周辺に集まってバリケードを破壊し、手荷物カートとフェンスで道路を塞いだ。また、警備員や空港職員に物を投げつけた。香港警察は午後3時頃から、暴徒化したデモ隊の排除に乗り出した。午後4時までに、多数の過激デモ参加者はその場から次々に退散し、警察によるデモ隊の排除がほぼ完了した。(香港=新華社配信)=2019(令和元)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402325

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月01日
    香港の過激デモ参加者、空港に集結設備を破壊

    9月1日、暴力分子が破壊した香港空港の消防用設備。中国香港特別行政区では、9月1日午後1時頃から過激デモ参加者が空港バスターミナルの周辺に集まってバリケードを破壊し、手荷物カートとフェンスで道路を塞いだ。また、警備員や空港職員に物を投げつけた。香港警察は午後3時頃から、暴徒化したデモ隊の排除に乗り出した。午後4時までに、多数の過激デモ参加者はその場から次々に退散し、警察によるデモ隊の排除がほぼ完了した。(香港=新華社配信)=2019(令和元)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402342

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月01日
    香港の過激デモ参加者、空港に集結設備を破壊

    9月1日、香港空港の消防用設備を破壊する暴力分子。中国香港特別行政区では、9月1日午後1時頃から過激デモ参加者が空港バスターミナルの周辺に集まってバリケードを破壊し、手荷物カートとフェンスで道路を塞いだ。また、警備員や空港職員に物を投げつけた。香港警察は午後3時頃から、暴徒化したデモ隊の排除に乗り出した。午後4時までに、多数の過激デモ参加者はその場から次々に退散し、警察によるデモ隊の排除がほぼ完了した。(香港=新華社配信)=2019(令和元)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402365

  • 1