KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • てい
  • 令和
  • 儒学者
  • 千年
  • 南宋
  • 周易
  • 哲学
  • 学派
  • 学説
  • 岩山

「涪州」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区から長江を見下ろすようにそびえ立つ乾坤閣。(小型無人機から)中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800714

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区内の岩に彫られた文字を鑑賞する観光客。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800909

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、風光明媚な点易園風景区。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800905

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、文字などが彫られた点易園風景区内の岩。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800956

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区から長江を見下ろすようにそびえ立つ乾坤閣。(小型無人機から)中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800968

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区内を見学する観光客。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800708

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区内の岩に彫られた文字を鑑賞する観光客。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800916

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、風光明媚な点易園風景区。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800919

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区内を見学する観光客。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800709

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、風光明媚な点易園風景区。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800917

  • 1