KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 歴史
  • 発展
  • てい
  • 儒学者
  • 千年
  • 南宋
  • 周易
  • 哲学

「涪陵区」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
40
( 1 40 件を表示)
  • 1
40
( 1 40 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年04月29日
    労働節の連休を楽しむ

    29日、中国重慶市涪陵区の紅酒小鎮(ワイン村)で休暇を楽しむ観光客。労働節(メーデー)の連休初日、人々は思い思いにリラックスしてレジャーを楽しんだ。(重慶=新華社記者/劉潺)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100774

  • 2018年06月07日
    重慶藺市遺址で宋代の町と宿場の遺構見つかる

    重慶市涪陵区藺市遺跡の発掘チームの集合写真。(資料写真)中国重慶市文化遺産研究院はこのほど、2018年度学術報告会で、涪陵(ふりょう)区の藺市(りんし)遺跡の天坪丘(てんへいきゅう)で建築物の基礎遺構が新たに発見されたことを明らかにした。宋代の四川・重慶地区における町と宿場の研究で重要な意義を持つ。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年6月7日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020519291

  • 2018年09月19日
    重慶藺市遺址で宋代の町と宿場の遺構見つかる

    小型無人機で撮影した重慶市涪陵区の藺市遺跡。(資料写真)中国重慶市文化遺産研究院はこのほど、2018年度学術報告会で、涪陵(ふりょう)区の藺市(りんし)遺跡の天坪丘(てんへいきゅう)で建築物の基礎遺構が新たに発見されたことを明らかにした。宋代の四川・重慶地区における町と宿場の研究で重要な意義を持つ。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020519559

  • 2018年10月29日
    重慶藺市遺址で宋代の町と宿場の遺構見つかる

    重慶市涪陵区藺市遺跡から出土した漢代の倒向屋基(とうこうおくき)1号墓。(資料写真)中国重慶市文化遺産研究院はこのほど、2018年度学術報告会で、涪陵(ふりょう)区の藺市(りんし)遺跡の天坪丘(てんへいきゅう)で建築物の基礎遺構が新たに発見されたことを明らかにした。宋代の四川・重慶地区における町と宿場の研究で重要な意義を持つ。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020519557

  • 2019年01月08日
    重慶藺市遺址で宋代の町と宿場の遺構見つかる

    重慶市涪陵区藺市遺跡の葫芦丘3号墓から出土した晋代の陶俑。(資料写真)中国重慶市文化遺産研究院はこのほど、2018年度学術報告会で、涪陵(ふりょう)区の藺市(りんし)遺跡の天坪丘(てんへいきゅう)で建築物の基礎遺構が新たに発見されたことを明らかにした。宋代の四川・重慶地区における町と宿場の研究で重要な意義を持つ。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020519361

  • 01:34.80
    2019年03月13日
    「新華社」収穫した青菜頭を運ぶ「モノレール」重慶市涪陵区

    「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区でこのほど、ザーサイの原料である青菜頭(ちんさいとう)が収穫期に入った。交通が不便な山地ではこれまで、何千トンもの青菜頭の輸送問題が野菜農家の頭を悩ませていたが、このほど新型の作業用モノレールが導入され、青菜頭を「立派なモノレール」に乗せることで、農家を長年悩ませた問題を効果的に解決した。涪陵区は1月、新型の作業用モノレールの普及促進を開始した。このモノレールは動力車、台車、レールの3つで構成されている。野菜農家が袋に詰めた青菜頭をモノレールの台車に載せると、青菜頭は敷設されたレールに沿って難なく貯蔵所や道路まで運ばれた。農業機械部門は、作業用モノレールが現在、機械化に適した区画整理ができない場所で使われており、農業の機械化の強みを十分発揮していると述べた。(記者/劉恩黎、趙小帥)<映像内容>作業用モノレールが収穫した青菜頭を運ぶ様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400185

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.95
    2019年10月15日
    「新華社」長江の水中深く、1200年の水文史を刻む博物館重慶市涪陵区

    三峡ダムの水位が175メートルまで上昇するのに伴って史跡の白鶴梁題刻が長江の底に水没してしまうのを防ぐため、中国は2003年から白鶴梁題刻保護事業をスタートさせた。そして2009年、水深40メートルの水中に白鶴梁水下博物館が建設された。この「世界初の潜水せずに行ける水中遺跡博物館」は今年開館10周年を迎えた。白鶴梁題刻は本来、重慶市涪陵区を流れる長江の中ほどにそびえ立つ、全長が約1・6キロ、幅は平均で約15メートルの天然の石梁だった。伝説によると、北魏時代(386~534年)この付近の長江の岸辺には一面の林が広がり、石の上に白い鶴が無数に群がっていたことから、「白鶴梁」の名がついたという。石梁には西暦763年~1963年の間に刻まれた165段にわたる文字が残る。それらは長江の涪陵区間を流れる1200年余りに及ぶ渇水水文の記録であり、その極めて高い水文科学的価値から、この石梁は「世界最古の水文観測所」と称えられている。石梁の表面には清代康熙年間に刻まれた一対の魚の彫刻もある。この魚の目が並ぶラインがちょうど長江涪陵区間の水位標の零点高(水位を測る基準面の標高)に当たることから、「長江標準眼」とも呼ばれる。また、ここの石梁には歴代の文人墨客が刻んだ3万字に上る碑文が残されていることから「水中の碑林」の異名も持つ。これらの際立った歴史的、科学的、芸術的価値に鑑み、1988年に白鶴梁題刻は中国の重点文物保護単位に指定された。白鶴梁題刻保護事業は、これまで世界で行われた河川の水中文化財保護事業の中でも、関連する工学技術分野が最も多岐にわたり、最も難易度の高いプロジェクトだった。10年にわたる事前検証と7年間の建設工事を経て、2009年に元々ある場所に「世界初の潜水せずに行ける水中遺跡博物館」が完成し、水中文化遺跡を本来の場所で科学的に保護する試みが成功した。現在、人々は長さ90メートルのエスカレーターに乗ってこの全長68メートル、外径約3・8メートルの見学通路へ下降し、23ある鑑賞用の窓から、保護カバーに覆われて水中で静かに横たわる白鶴梁をはっきりと見ることができる。(記者/黎華玲、楊仕彦)<映像内容>潜水せずに行ける水中遺跡博物館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703326

  • 2020年06月04日
    三峡ダムの水位低下で、広大な湿地が出現重慶市

    4日、水位変動域の湿地で草を食む牛。中国長江上流の沿岸地区は夏の到来とともに水害防止時期に入り、三峡ダムは次第に水位を低下させている。重慶市涪陵区の水位変動域にはこのところ、緑の草が茂り、まるで草原のような湿地が一面に広がっている。三峡ダムは、毎年春から夏に入る時期に水位低下作業を始め、それに伴い広大な水位変動域が水中から姿を現す。水位変動域は各地の特徴的な地形と融合し、独特の湿地の風景を見せている。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809365

  • 2020年06月04日
    三峡ダムの水位低下で、広大な湿地が出現重慶市

    4日、重慶市涪陵区の三峡ダム水位変動域に出現した新緑の湿地。中国長江上流の沿岸地区は夏の到来とともに水害防止時期に入り、三峡ダムは次第に水位を低下させている。重慶市涪陵区の水位変動域にはこのところ、緑の草が茂り、まるで草原のような湿地が一面に広がっている。三峡ダムは、毎年春から夏に入る時期に水位低下作業を始め、それに伴い広大な水位変動域が水中から姿を現す。水位変動域は各地の特徴的な地形と融合し、独特の湿地の風景を見せている。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809380

  • 2020年06月04日
    三峡ダムの水位低下で、広大な湿地が出現重慶市

    4日、長江の沿岸部に広がる草原のような湿地。中国長江上流の沿岸地区は夏の到来とともに水害防止時期に入り、三峡ダムは次第に水位を低下させている。重慶市涪陵区の水位変動域にはこのところ、緑の草が茂り、まるで草原のような湿地が一面に広がっている。三峡ダムは、毎年春から夏に入る時期に水位低下作業を始め、それに伴い広大な水位変動域が水中から姿を現す。水位変動域は各地の特徴的な地形と融合し、独特の湿地の風景を見せている。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809403

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区から長江を見下ろすようにそびえ立つ乾坤閣。(小型無人機から)中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800714

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区内の岩に彫られた文字を鑑賞する観光客。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800909

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、風光明媚な点易園風景区。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800905

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、文字などが彫られた点易園風景区内の岩。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800956

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区から長江を見下ろすようにそびえ立つ乾坤閣。(小型無人機から)中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800968

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区内を見学する観光客。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800708

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区内の岩に彫られた文字を鑑賞する観光客。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800916

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、風光明媚な点易園風景区。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800919

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区内を見学する観光客。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800709

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、風光明媚な点易園風景区。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800917

  • 2020年08月05日
    貧困脱却を果たした重慶市の三峡プロジェクト地域

    上:2002年に撮影した重慶市涪陵区(ふうりょう)区の風景。(重慶市三峡移民記念館提供)下:8月5日に撮影した重慶市涪陵区の風景。(重慶=新華社配信/黄偉)中国重慶市の三峡プロジェクト地域は、長江の上流に位置し、面積は約1万平方キロ。約3千万人の人口を抱え、プロジェクトが始動する前は貧困に悩まされていた。しかし、一連の支援策と地元政府の取り組みにより、今年5月には19の区・県が全て貧困脱却を果たした。(組み合わせ写真、重慶=新華社配信)=2002(平成14)年、2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701367

  • 2021年02月21日
    (3)白鶴梁水下博物館、改修工事終え営業再開重慶市

    新华社照片,重庆,2021年2月21日重庆白鹤梁水下博物馆重新开馆2月21日,游客在白鹤梁水下博物馆参观。经过4个月闭馆升级后,位于三峡库区重庆市涪陵区的白鹤梁水下博物馆近日重新开馆。据介绍,此次闭馆升级,重点对水下参观廊道扶梯进行了更换升级,进一步提升了乘坐的舒适感和安全性。白鹤梁题刻记录了1200多年来72个枯水年份的长江水位资料,是三峡库区的重要文物。白鹤梁水下博物馆采用“无压容器”原理对题刻进行原址原貌原环境保护,游客可以乘坐自动扶梯下行来到水下参观廊道,通过观景窗清晰观看保护罩内静卧水中的白鹤梁题刻。新华社记者刘潺摄= 配信日: 2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300738

  • 2021年02月26日
    (5)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵区馬武鎮にあるザーサイ工場の乾燥場に並べられた青菜頭。(小型無人機から)「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022600471

  • 2021年02月26日
    (3)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、空から見た重慶市涪陵区江北街道の青菜頭畑。(小型無人機から)「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022600458

  • 2021年02月26日
    (4)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵区馬武鎮にあるザーサイ工場の乾燥場に並べられた青菜頭。「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022600456

  • 2021年02月26日
    (1)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵区の江北街道で青菜頭を収穫する地元住民。(小型無人機から)「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022600450

  • 2021年02月26日
    (2)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵区の江北街道で青菜頭を収穫する地元住民。「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022600455

  • 2021年04月14日
    (2)オランダ・ラボバンク、重慶のトウガラシ産業を支援

    9日、重慶市涪陵区でトウガラシ栽培基地を視察するラボバンク・チャイナのPaulSchuilwerve最高経営責任者(CEO、中央)。中国重慶市の供銷合作社(農村部の流通協同組合)系企業、重慶市農業生産資料集団はこのほど、同市巫山県とトウガラシ産業の発展に向けた協力協定を締結した。オランダ農業金融大手のラボバンクと国連環境計画(UNEP)が共同で設立したAGRI3基金が支援する。重慶市の優良農業プロジェクトに投資、参画することで、地元トウガラシ産業を後押しする。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041407969

  • 00:30.51
    2021年10月11日
    「新華社」中国の涪陵シェールガス田、累積生産量400億立方メートル超える

    中国国有石油大手、中国石油化工(シノペック・グループ)傘下の中国石化江漢油田涪陵(ふりょう)頁岩気(シェールガス)は、重慶市涪陵区にある涪陵シェールガス田のシェールガス生産量が、8日時点で累計400億立方メートルに達したと明らかにした。同ガス田は国内6番目の規模を持つ天然ガス田で、中国で初めて商業開発された大型シェールガス田。四川省の天然ガスを東部に送る「川気東送」事業の重要なガス供給源の一つであり、シノペックが推進する「長江経済ベルトのガス化(長江航行船舶のガス燃料化)」活動の重要な資源基盤にもなっている。現在の生産量は日量2千万立方メートル近くで、4千万世帯分の需要を賄うことができる。(記者/楊仕彦) =配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101109402

  • 2021年11月22日
    (3)貴州省の烏江航路が全線再開「黄金水道」復活

    17日、構皮灘水力発電所の航行施設を通行する貨物船。(小型無人機から)中国貴州省烏江(うこう)沿いのカスケード式水力発電所の建設により20年近く区間航行を余儀なくされていた貴州烏江水運航路がこのほど、全線で大規模運航を再開した。リン鉱石を合計6800トン積載した貨物船14隻が同省貴陽市の開陽港区洛旺河ふ頭を出港し、烏江航路沿いに重慶市涪陵(ふうりょう)区に向かった。烏江は同省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県に源を発し、重慶市涪陵区で長江に注ぐ全長1037キロの河川で、長江水系の重要な航路の一つ。1990年代末、渝懐鉄道(重慶-湖南省懐化)の建設・開通や流域で水力発電所が多数開発されたことから、烏江主流は区間航行を余儀なくされた。ここ数年、水力発電所ハブの建設と航路修復工事が同時に進められ、烏江の航行能力は大幅に向上、貴州から北上して長江に入る「黄金水道」が復活した。(思南=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112213343

  • 2021年11月22日
    (4)貴州省の烏江航路が全線再開「黄金水道」復活

    16日、烏江航路沿いを航行する貨物船。中国貴州省烏江(うこう)沿いのカスケード式水力発電所の建設により20年近く区間航行を余儀なくされていた貴州烏江水運航路がこのほど、全線で大規模運航を再開した。リン鉱石を合計6800トン積載した貨物船14隻が同省貴陽市の開陽港区洛旺河ふ頭を出港し、烏江航路沿いに重慶市涪陵(ふうりょう)区に向かった。烏江は同省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県に源を発し、重慶市涪陵区で長江に注ぐ全長1037キロの河川で、長江水系の重要な航路の一つ。1990年代末、渝懐鉄道(重慶-湖南省懐化)の建設・開通や流域で水力発電所が多数開発されたことから、烏江主流は区間航行を余儀なくされた。ここ数年、水力発電所ハブの建設と航路修復工事が同時に進められ、烏江の航行能力は大幅に向上、貴州から北上して長江に入る「黄金水道」が復活した。(思南=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112213347

  • 2021年11月22日
    (5)貴州省の烏江航路が全線再開「黄金水道」復活

    17日、構皮灘水力発電所の航行施設を通行する貨物船。(小型無人機から)中国貴州省烏江(うこう)沿いのカスケード式水力発電所の建設により20年近く区間航行を余儀なくされていた貴州烏江水運航路がこのほど、全線で大規模運航を再開した。リン鉱石を合計6800トン積載した貨物船14隻が同省貴陽市の開陽港区洛旺河ふ頭を出港し、烏江航路沿いに重慶市涪陵(ふうりょう)区に向かった。烏江は同省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県に源を発し、重慶市涪陵区で長江に注ぐ全長1037キロの河川で、長江水系の重要な航路の一つ。1990年代末、渝懐鉄道(重慶-湖南省懐化)の建設・開通や流域で水力発電所が多数開発されたことから、烏江主流は区間航行を余儀なくされた。ここ数年、水力発電所ハブの建設と航路修復工事が同時に進められ、烏江の航行能力は大幅に向上、貴州から北上して長江に入る「黄金水道」が復活した。(思南=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112213344

  • 2021年11月22日
    (1)貴州省の烏江航路が全線再開「黄金水道」復活

    16日、貴陽市の開陽港区洛旺河ふ頭から出港したリン鉱石を積んだ貨物船。(小型無人機から)中国貴州省烏江(うこう)沿いのカスケード式水力発電所の建設により20年近く区間航行を余儀なくされていた貴州烏江水運航路がこのほど、全線で大規模運航を再開した。リン鉱石を合計6800トン積載した貨物船14隻が同省貴陽市の開陽港区洛旺河ふ頭を出港し、烏江航路沿いに重慶市涪陵(ふうりょう)区に向かった。烏江は同省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県に源を発し、重慶市涪陵区で長江に注ぐ全長1037キロの河川で、長江水系の重要な航路の一つ。1990年代末、渝懐鉄道(重慶-湖南省懐化)の建設・開通や流域で水力発電所が多数開発されたことから、烏江主流は区間航行を余儀なくされた。ここ数年、水力発電所ハブの建設と航路修復工事が同時に進められ、烏江の航行能力は大幅に向上、貴州から北上して長江に入る「黄金水道」が復活した。(思南=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112213321

  • 2021年11月22日
    (2)貴州省の烏江航路が全線再開「黄金水道」復活

    17日、構皮灘水力発電所の航行施設を通行する貨物船。(小型無人機から)中国貴州省烏江(うこう)沿いのカスケード式水力発電所の建設により20年近く区間航行を余儀なくされていた貴州烏江水運航路がこのほど、全線で大規模運航を再開した。リン鉱石を合計6800トン積載した貨物船14隻が同省貴陽市の開陽港区洛旺河ふ頭を出港し、烏江航路沿いに重慶市涪陵(ふうりょう)区に向かった。烏江は同省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県に源を発し、重慶市涪陵区で長江に注ぐ全長1037キロの河川で、長江水系の重要な航路の一つ。1990年代末、渝懐鉄道(重慶-湖南省懐化)の建設・開通や流域で水力発電所が多数開発されたことから、烏江主流は区間航行を余儀なくされた。ここ数年、水力発電所ハブの建設と航路修復工事が同時に進められ、烏江の航行能力は大幅に向上、貴州から北上して長江に入る「黄金水道」が復活した。(思南=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112213345

  • 2021年11月22日
    (7)貴州省の烏江航路が全線再開「黄金水道」復活

    18日、石阡(せきせん)県河閃渡ふ頭脇を航行する貨物船。(小型無人機から)中国貴州省烏江(うこう)沿いのカスケード式水力発電所の建設により20年近く区間航行を余儀なくされていた貴州烏江水運航路がこのほど、全線で大規模運航を再開した。リン鉱石を合計6800トン積載した貨物船14隻が同省貴陽市の開陽港区洛旺河ふ頭を出港し、烏江航路沿いに重慶市涪陵(ふうりょう)区に向かった。烏江は同省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県に源を発し、重慶市涪陵区で長江に注ぐ全長1037キロの河川で、長江水系の重要な航路の一つ。1990年代末、渝懐鉄道(重慶-湖南省懐化)の建設・開通や流域で水力発電所が多数開発されたことから、烏江主流は区間航行を余儀なくされた。ここ数年、水力発電所ハブの建設と航路修復工事が同時に進められ、烏江の航行能力は大幅に向上、貴州から北上して長江に入る「黄金水道」が復活した。(思南=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112213359

  • 2021年11月22日
    (6)貴州省の烏江航路が全線再開「黄金水道」復活

    18日、烏江航路沿いを航行する貨物船。(小型無人機から)中国貴州省烏江(うこう)沿いのカスケード式水力発電所の建設により20年近く区間航行を余儀なくされていた貴州烏江水運航路がこのほど、全線で大規模運航を再開した。リン鉱石を合計6800トン積載した貨物船14隻が同省貴陽市の開陽港区洛旺河ふ頭を出港し、烏江航路沿いに重慶市涪陵(ふうりょう)区に向かった。烏江は同省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県に源を発し、重慶市涪陵区で長江に注ぐ全長1037キロの河川で、長江水系の重要な航路の一つ。1990年代末、渝懐鉄道(重慶-湖南省懐化)の建設・開通や流域で水力発電所が多数開発されたことから、烏江主流は区間航行を余儀なくされた。ここ数年、水力発電所ハブの建設と航路修復工事が同時に進められ、烏江の航行能力は大幅に向上、貴州から北上して長江に入る「黄金水道」が復活した。(思南=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112213367

  • 2021年12月30日
    (2)涪陵シェールガス田、年間生産量が70億立方メートル超す

    新規ガス井の生産量の試算を行う涪陵シェールガス田の焦頁11東プラットフォーム。(資料写真)中国石油大手、中国石油化工集団(シノペックグループ)は28日、国内初の大規模シェールガス田、涪陵(ふりょう)シェールガス田(重慶市涪陵区)の今年の生産量が前年同期比7・1%増の70億8900万立方メートルになったと発表した。11月の暖房シーズン以降の供給量は11億1800万立方メートルで、1日当たり2千万立方メートルを超えている。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123005696

  • 2021年12月30日
    (3)涪陵シェールガス田、年間生産量が70億立方メートル超す

    涪陵シェールガス田で加速するガス井の建設。(資料写真)中国石油大手、中国石油化工集団(シノペックグループ)は28日、国内初の大規模シェールガス田、涪陵(ふりょう)シェールガス田(重慶市涪陵区)の今年の生産量が前年同期比7・1%増の70億8900万立方メートルになったと発表した。11月の暖房シーズン以降の供給量は11億1800万立方メートルで、1日当たり2千万立方メートルを超えている。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123005683

  • 2021年12月30日
    (4)涪陵シェールガス田、年間生産量が70億立方メートル超す

    ガス井を巡回パトロールする涪陵シェールガス田の職員。(資料写真)中国石油大手、中国石油化工集団(シノペックグループ)は28日、国内初の大規模シェールガス田、涪陵(ふりょう)シェールガス田(重慶市涪陵区)の今年の生産量が前年同期比7・1%増の70億8900万立方メートルになったと発表した。11月の暖房シーズン以降の供給量は11億1800万立方メートルで、1日当たり2千万立方メートルを超えている。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123005694

  • 2021年12月30日
    (1)涪陵シェールガス田、年間生産量が70億立方メートル超す

    コンプレッサーを点検する涪陵シェールガス田の職員。(資料写真)中国石油大手、中国石油化工集団(シノペックグループ)は28日、国内初の大規模シェールガス田、涪陵(ふりょう)シェールガス田(重慶市涪陵区)の今年の生産量が前年同期比7・1%増の70億8900万立方メートルになったと発表した。11月の暖房シーズン以降の供給量は11億1800万立方メートルで、1日当たり2千万立方メートルを超えている。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123005704

  • 1