KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • オランダ
  • スペイン
  • トリアシルグリセロール
  • トン
  • ドイツ
  • バイオジェット燃料
  • バイオディーゼル燃料
  • フランス

「液体燃料」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
39
( 1 39 件を表示)
  • 1
39
( 1 39 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Robert Hutchings Goddard
    1945年12月31日
    Robert Hutchings Goddard

    Robert Hutchings Goddard (October 5, 1882 August 10, 1945) American Engineer, professor, physicist, and inventor who is credited with creating and building the world‘s first liquid-fueled rocket, who had been experimenting for a number of years with rockets, launched the world‘s first liquid-propelled rocket, which is shown here. It covered a distance of 184 ft. at an average speed of 64 m.p.h.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042203053

  •  The RL-10 liquid-fuel cryogenic rocket engine used on the Centaur
    1950年12月31日
    The RL-10 liquid-fuel cryogenic rocket engine used on the Centaur

    The RL-10 liquid-fuel cryogenic rocket engine used on the Centaur, S-IV and DCSS upper stages. Built in the United States of America by Pratt & Whitney Rocketdyne. The RL-10 was the first liquid hydrogen rocket engine to be built in the United States, and development of the engine by Marshall Space Flight Center and Pratt & Whitney began in the 1950s, with the first flight occurring in 1961、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019072404057

  •  The RL-10 liquid-fuel cryogenic rocket engine used on the Centaur
    1950年12月31日
    The RL-10 liquid-fuel cryogenic rocket engine used on the Centaur

    The RL-10 liquid-fuel cryogenic rocket engine used on the Centaur, S-IV and DCSS upper stages. Built in the United States of America by Pratt & Whitney Rocketdyne. The RL-10 was the first liquid hydrogen rocket engine to be built in the United States, and development of the engine by Marshall Space Flight Center and Pratt & Whitney began in the 1950s, with the first flight occurring in 1961、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019072404155

  •  国産液体燃料ロケット
    1958年06月02日
    国産液体燃料ロケット

    発射台に据えられた国産液体燃料ロケットTLRM-1型=1958(昭和33)年6月2日、富士山麓の実験場

    商品コード: 2007072400096

  • TLRM-1型 国産液体燃料ロケット
    1958年06月02日
    TLRM-1型 国産液体燃料ロケット

    国産液体燃料ロケットの発射実験=1958(昭和33)年6月2日、富士山麓の実験場(防衛庁の実験用地対空ミサイル)

    商品コード: 2007072400098

  • LSC型1号機 ロケット実験成功
    1969年02月06日
    LSC型1号機 ロケット実験成功

    打ち上げに成功したわが国初の本格的液体燃料ロケットLSC型1号機=1969(昭和44)年2月6日、鹿児島県種子島の種子島宇宙センター(44年内地799)

    商品コード: 2010120900277

  •  A. Blagonravov, M. Tikhonravov and S. Korolyov
    1969年10月01日
    A. Blagonravov, M. Tikhonravov and S. Korolyov

    01.10.1969 From left: Soviet mechanics scientist, academician of the USSR AS A. Blagonravov, founder of the first in the USSR liquid-fuelled rockets M. Tikhonravov, and spacecraft designer S. Korolyov at the celebration of the 90th birthday of K. Tsiolkovsky. A reproduction from the book “Spacecraft Designer“ by A. Romanov. Gospolitizdat publishing house, 1968. RIA Novosti / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024021302876

  •  RD-119 booster engine
    1971年05月01日
    RD-119 booster engine

    01.05.1971 Liquid-fuel RD-119 booster engine for the 2nd stage of Kosmos satellite rockets. Albert Pushkarev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082607297

  •  RD-119 booster engine
    1971年05月01日
    RD-119 booster engine

    01.05.1971 Liquid-fuel RD-119 booster engine for the 2nd stage of Kosmos satellite rockets. Pushkarev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072407433

  •  RD-119 booster engine
    1971年05月01日
    RD-119 booster engine

    01.05.1971 Liquid-fuel RD-119 booster engine for the 2nd stage of Kosmos satellite rockets. Pushkarev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072406684

  •  実用衛星用ロケット初公開
    1974年03月08日
    実用衛星用ロケット初公開

    公開された日本初の人工衛星打ち上げ用「Nロケット」。宇宙開発事業団と三菱重工業が、米国のデルタロケットを基に開発、三菱重工業が製造した液体燃料の二段式ロケットで、右が一段目、左が二段目=1974(昭和49)年3月8日、三菱重工業名古屋航空機製作所大江工場

    商品コード: 2011101700093

  •  RD-119 liquid-fuel rocket engine
    1974年07月10日
    RD-119 liquid-fuel rocket engine

    10.07.1974 A Soviet RD-119 liquid-fuel rocket engine used on Kosmos carrier vehicles. Molchanov、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080103641

  •  RD-119 liquid-fuel rocket engine
    1974年07月10日
    RD-119 liquid-fuel rocket engine

    10.07.1974 A Soviet RD-119 liquid-fuel rocket engine used on Kosmos carrier vehicles. Molchanov、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080103721

  •  Oil base in Chechen-Ingushetia
    1975年07月08日
    Oil base in Chechen-Ingushetia

    08.07.1975 An oil base in Chechen-Ingush Autonomous Soviet Socialist Republic. Liquid fuel is supplied to users in tanks and by oil pipeline. V. Kozlov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023011310198

  •  初の技術試験衛星打ち上げ
    1975年07月16日
    初の技術試験衛星打ち上げ

    地上試験用Nロケット。9月9日同型1号機で技術試験衛星1型(ETS-1)を打ち上げる予定。Nロケットは、3段式で全重量90トン。1、2段は液体燃料、3段目には固体燃料を使用

    商品コード: 2013020400071

  •  「新華社」運搬ロケット「朱雀2号」の制御システムとエンジンの整合性試験成功
    01:35.31
    2020年05月14日
    「新華社」運搬ロケット「朱雀2号」の制御システムとエンジンの整合性試験成功

    中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天空間科技(ランドスペース)は14日、運搬ロケット「朱雀2号」の制御システムと推力80トン級のエンジン「天鵲」との整合性試験に成功したと明らかにした。同社によると、朱雀2号は液体酸素とメタンを推進剤とする低温液体燃料ロケットとなっている。今回の試験の成功は、ロケット飛行時のエンジンの状態が基本的に確認されたことと、朱雀2号がエンジンを単独で検証する段階から整合性を検証する段階に入ったことを意味する。(記者/朱涵、李濤)<映像内容>運搬ロケット「朱雀2号」の制御システムとエンジン「天鵲」との整合性試験に成功、撮影日:2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051801134

  •  小型ロケット打ち上げ成功 鹿児島大などが開発
    01:48.87
    2020年12月25日
    小型ロケット打ち上げ成功 鹿児島大などが開発

    鹿児島大などでつくる鹿児島ハイブリッドロケット研究会が25日、鹿児島県肝付町の辺塚(へつか)海岸で小型ロケットの打ち上げに成功した。目標高度の450メートルに達したとみられる。 午後2時半ごろ、「シュー」という燃焼音とともに「鹿児島ロケット2号機ユピテル号」がふわりと浮き上がり、一気に加速。晴天に吸い込まれていくと、見守った学生らは歓声を上げた。 研究会によると、ロケットは液体燃料を固体燃料で燃やす仕組みで、安全性が高いとされる。一方、推進力が小さく、実用化の例が少ない。鹿児島大と第一工業大(同県霧島市)、県内企業などが2016年から開発を開始。19年9月に打ち上げた1号機は酸素の供給不足で失速した。<映像内容> ロケット打ち上げの様子、改修されたロケット、プロジェクトリーダーの鹿児島大の片野田洋(かたのだ・ひろし)教授と学生リーダーの話など。ただし、教授と学生の話は風の音で聞きづらいところがあります。ご了承ください、撮影日:2020(令和2)年12月25日、撮影場所:鹿児島県肝付町

    商品コード: 2021010601215

  •  Price hikes of natural gas and electricity protest in Istanbul, Turkey - 20 Feb 2022
    2022年02月20日
    Price hikes of natural gas and electricity protest in Istanbul, Turkey - 20 Feb 2022

    February 20, 2022, Istanbul, Turkey: A protester with a funnel on his head written on ‘liquid fuel‘ takes part during the demonstration..The economic problems in Turkey were reflected to the hikes in the bills. protesters gathered to protest against rising of electricity and natural gas prices. (Credit Image: © Ibrahim Oner/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Ibrahim Oner/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022501868

  •  Cyprus Petrol Prices
    2022年05月17日
    Cyprus Petrol Prices

    A driver is talking on the phone as he passes a gas station at the Mediterranean port of Limassol. Cyprus, Tuesday, May 17, 2022. As the war in Ukraine spreads shocks through markets worldwide Cyprus’ Statistical Service is expected to announce in June a consumer price index increase of 10 per cent. The highest recorded increases, so far, are the following: 32.32% for liquid fuel, 33.13% for passenger air transport, 35.86% for fresh vegetables and 18.93% for electricity. (Photo by Danil Shamkin/NurPhoto)=クレジット:Danil Shamkin/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051808671

  •  Cyprus Petrol Prices
    2022年05月17日
    Cyprus Petrol Prices

    The price board is shown at a gas station in the Mediterranean port of Limassol. Cyprus, Tuesday, May 17, 2022. As the war in Ukraine spreads shocks through markets worldwide Cyprus’ Statistical Service is expected to announce in June a consumer price index increase of 10 per cent. The highest recorded increases, so far, are the following: 32.32% for liquid fuel, 33.13% for passenger air transport, 35.86% for fresh vegetables and 18.93% for electricity. (Photo by Danil Shamkin/NurPhoto)=クレジット:Danil Shamkin/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051808627

  • 草を食べる牛たち 牛ふん尿から液体燃料製造
    2022年09月02日
    草を食べる牛たち 牛ふん尿から液体燃料製造

    牧場で草を食べる牛たち=8月、北海道興部町

    商品コード: 2022090210000

  • メタノール製造プラント 牛ふん尿から液体燃料製造
    2022年09月02日
    メタノール製造プラント 牛ふん尿から液体燃料製造

    牛のふん尿からメタノールを製造するプラント=8月、北海道興部町

    商品コード: 2022090210003

  • バイオガスプラント 牛ふん尿から液体燃料製造
    2022年09月02日
    バイオガスプラント 牛ふん尿から液体燃料製造

    牛のふん尿を発酵させてバイオガスを製造、発電するプラント=8月、北海道興部町

    商品コード: 2022090209999

  • ふん尿を保管する貯留槽 牛ふん尿から液体燃料製造
    2022年09月02日
    ふん尿を保管する貯留槽 牛ふん尿から液体燃料製造

    良質な堆肥として利用するため、バイオガス発電の過程で発酵させた牛のふん尿を保管する貯留槽=8月、北海道興部町

    商品コード: 2022090210011

  •  (8)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ
    2023年03月03日
    (8)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ

    2月25日、廃食用油をトラックに運ぶ飲食店の従業員。中国四川省成都市の都市管理委員会の統計によると、市内の飲食店などが廃棄する食用油は1日当たり約400トン。うち、7~8割を四川金尚環保科技が処理しており、混合オイル(トリアシルグリセロール)やバイオディーゼル燃料(先進バイオ液体燃料)などを製造している。2022年は10万トン余りの混合オイルを製造。オランダやフランス、英国、ドイツ、スペイン、ポルトガルなどに輸出した。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2023(令和5)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023030306548

  •  (5)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ
    2023年03月03日
    (5)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ

    2月21日、四川金尚環保科技に展示された廃食用油と混合オイル、バイオディーゼル燃料、バイオジェット燃料のサンプル。中国四川省成都市の都市管理委員会の統計によると、市内の飲食店などが廃棄する食用油は1日当たり約400トン。うち、7~8割を四川金尚環保科技が処理しており、混合オイル(トリアシルグリセロール)やバイオディーゼル燃料(先進バイオ液体燃料)などを製造している。2022年は10万トン余りの混合オイルを製造。オランダやフランス、英国、ドイツ、スペイン、ポルトガルなどに輸出した。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2023(令和5)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023030306550

  •  (9)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ
    2023年03月03日
    (9)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ

    2月21日、四川金尚環保科技で、タンクローリーで運ばれてきた廃食用油を生産ラインに送る従業員。中国四川省成都市の都市管理委員会の統計によると、市内の飲食店などが廃棄する食用油は1日当たり約400トン。うち、7~8割を四川金尚環保科技が処理しており、混合オイル(トリアシルグリセロール)やバイオディーゼル燃料(先進バイオ液体燃料)などを製造している。2022年は10万トン余りの混合オイルを製造。オランダやフランス、英国、ドイツ、スペイン、ポルトガルなどに輸出した。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2023(令和5)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023030306554

  •  (1)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ
    2023年03月03日
    (1)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ

    2月21日、四川金尚環保科技の実験室で作業をする技術者。中国四川省成都市の都市管理委員会の統計によると、市内の飲食店などが廃棄する食用油は1日当たり約400トン。うち、7~8割を四川金尚環保科技が処理しており、混合オイル(トリアシルグリセロール)やバイオディーゼル燃料(先進バイオ液体燃料)などを製造している。2022年は10万トン余りの混合オイルを製造。オランダやフランス、英国、ドイツ、スペイン、ポルトガルなどに輸出した。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2023(令和5)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023030306551

  •  (3)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ
    2023年03月03日
    (3)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ

    2月21日、四川金尚環保科技の混合オイル貯蔵タンク。中国四川省成都市の都市管理委員会の統計によると、市内の飲食店などが廃棄する食用油は1日当たり約400トン。うち、7~8割を四川金尚環保科技が処理しており、混合オイル(トリアシルグリセロール)やバイオディーゼル燃料(先進バイオ液体燃料)などを製造している。2022年は10万トン余りの混合オイルを製造。オランダやフランス、英国、ドイツ、スペイン、ポルトガルなどに輸出した。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2023(令和5)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023030306547

  •  (4)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ
    2023年03月03日
    (4)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ

    2月21日、四川金尚環保科技の工場で機器を操作する従業員。中国四川省成都市の都市管理委員会の統計によると、市内の飲食店などが廃棄する食用油は1日当たり約400トン。うち、7~8割を四川金尚環保科技が処理しており、混合オイル(トリアシルグリセロール)やバイオディーゼル燃料(先進バイオ液体燃料)などを製造している。2022年は10万トン余りの混合オイルを製造。オランダやフランス、英国、ドイツ、スペイン、ポルトガルなどに輸出した。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2023(令和5)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023030306549

  •  (7)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ
    2023年03月03日
    (7)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ

    2月25日、廃食用油をトラックに運ぶ飲食店の従業員。中国四川省成都市の都市管理委員会の統計によると、市内の飲食店などが廃棄する食用油は1日当たり約400トン。うち、7~8割を四川金尚環保科技が処理しており、混合オイル(トリアシルグリセロール)やバイオディーゼル燃料(先進バイオ液体燃料)などを製造している。2022年は10万トン余りの混合オイルを製造。オランダやフランス、英国、ドイツ、スペイン、ポルトガルなどに輸出した。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2023(令和5)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023030306552

  •  (6)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ
    2023年03月03日
    (6)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ

    2月25日、火鍋の残りを油水分離機にかけ、廃食用油を集める飲食店の従業員。中国四川省成都市の都市管理委員会の統計によると、市内の飲食店などが廃棄する食用油は1日当たり約400トン。うち、7~8割を四川金尚環保科技が処理しており、混合オイル(トリアシルグリセロール)やバイオディーゼル燃料(先進バイオ液体燃料)などを製造している。2022年は10万トン余りの混合オイルを製造。オランダやフランス、英国、ドイツ、スペイン、ポルトガルなどに輸出した。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2023(令和5)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023030306553

  •  (2)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ
    2023年03月03日
    (2)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ

    2月21日、四川金尚環保科技の実験室で作業をする技術者。中国四川省成都市の都市管理委員会の統計によると、市内の飲食店などが廃棄する食用油は1日当たり約400トン。うち、7~8割を四川金尚環保科技が処理しており、混合オイル(トリアシルグリセロール)やバイオディーゼル燃料(先進バイオ液体燃料)などを製造している。2022年は10万トン余りの混合オイルを製造。オランダやフランス、英国、ドイツ、スペイン、ポルトガルなどに輸出した。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2023(令和5)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023030306546

  •  (10)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ
    2023年03月03日
    (10)成都で廃食用油の再利用進むバイオジェット燃料などへ

    2月21日、四川金尚環保科技で、タンクローリーで運ばれてきた廃食用油を生産ラインに送る従業員。中国四川省成都市の都市管理委員会の統計によると、市内の飲食店などが廃棄する食用油は1日当たり約400トン。うち、7~8割を四川金尚環保科技が処理しており、混合オイル(トリアシルグリセロール)やバイオディーゼル燃料(先進バイオ液体燃料)などを製造している。2022年は10万トン余りの混合オイルを製造。オランダやフランス、英国、ドイツ、スペイン、ポルトガルなどに輸出した。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2023(令和5)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023030306555

  •  中科宇航、液体動力システム試験センターを着工
    2023年12月11日
    中科宇航、液体動力システム試験センターを着工

    2日、中科宇航液体動力システム試験センターの起工式。中国で商業宇宙ロケットの開発を手がける広州中科宇航探索技術(中科宇航、CASスペース)はこのほど、広東省広州市に液体動力システム試験センターを着工した。液体燃料ロケットの打ち上げを後押しする。同社の担当者によると、従化区で建設される同センターと最終組立試験産業化基地は広東省の今年の重点プロジェクトに指定されており、完成後は200トンの液体燃料ロケットエンジンの専門試験と400トンの液体ロケット動力システムの総合試験が行える施設として、商用ロケットの再使用に向けた中核技術の開発を促進する。同担当者は「液体動力システム試験センターは安全性、専門性、汎用性、経済性という設計理念に基づき、中型・大型液体燃料ロケットの開発に強固な基盤を提供する。将来的には全国の研究機関や企業、大学などにも開放する」と述べた。同社の設立は2018年12月。広州市南沙区に本社を置き、運搬ロケットの開発以外にも利用者の需要に合わせたロケットの打ち上げ、準軌道宇宙旅行などの事業を手がけている。(広州=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023121113361

  •  Transformation Of Plastic Into Energy - Indonesia
    2024年02月29日
    Transformation Of Plastic Into Energy - Indonesia

    The activities of a worker can be seen collecting diesel oil produced in the process of processing pure plastic into liquid fuel using pyrolysis machine technology created by Immanuel Saputra Purba, 27, at a production house in the Kwala Mencirim area, Sei Bingai subdistrict, Langkat district, North Sumatra province, Indonesia on February 29, 2024. Chemical decomposition machines using heat without The presence of oxygen function to recycle plastic waste into liquid alternative fuel. “Currently, I continue to hope that the Indonesian and global governments will play a big role in collaborating and taking part in supporting this program, especially for large-scale production houses which can be realized at all levels of society. Encouraging the formation of a public mindset not to think that plastic is waste, but that plastic is energy in the household economy...、クレジット:Aditya Sutanta/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024030100458

  •  Transformation Of Plastic Into Energy - Indonesia
    2024年02月29日
    Transformation Of Plastic Into Energy - Indonesia

    The activity of a worker is seen comparing impure plastic waste when it is burned in the process of processing pure plastic into liquid fuel using pyrolysis machine technology created by Immanuel Saputra Purba, 27, at a production house in the Kwala Mencirim area, Sei Bingai sub-district, Langkat district, North Sumatra Province, Indonesia on February 29, 2024. Chemical decomposition machines using heat without The presence of oxygen function to recycle plastic waste into liquid alternative fuel. “Currently, I continue to hope that the Indonesian and global governments will play a big role in collaborating and taking part in supporting this program, especially for large-scale production houses which can be realized at all levels of society. Encouraging the formation of a public mindset not to think that plastic is waste, but that plastic is energy in the household economy...、クレジット:Aditya Sutanta/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024030100455

  •  Transformation Of Plastic Into Energy - Indonesia
    2024年02月29日
    Transformation Of Plastic Into Energy - Indonesia

    The activity of a worker seen weighing plastic waste in the process of processing pure plastic into liquid fuel using pyrolysis machine technology created by Immanuel Saputra Purba, 27, at a production house in the Kwala Mencirim area, Sei Bingai District, Langkat Regency, North Sumatra Province, Indonesia on February 29, 2024. Chemical decomposition machines using heat without The presence of oxygen function to recycle plastic waste into liquid alternative fuel. “Currently, I continue to hope that the Indonesian and global governments will play a big role in collaborating and taking part in supporting this program, especially for large-scale production houses which can be realized at all levels of society. Encouraging the formation of a public mindset not to think that plastic is waste, but that plastic is energy in the household economy...、クレジット:Aditya Sutanta/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024030100459

  •  Southern Australia facing gas shortages from 2025: report
    00:50.57
    2024年03月22日
    Southern Australia facing gas shortages from 2025: report

    STORY: Southern Australia facing gas shortages from 2025: reportSHOOTING TIME: March 21, 2024DATELINE: March 22, 2024LENGTH: 00:00:51LOCATION: CanberraCATEGORY: ECONOMYSHOTLIST:1. various of using gas 2. various of a gas meter3. various of a gas bottle for sale4. various of a liquid fuel stationSTORYLINE:Urgent investment is needed to prevent Australia‘s southern states from facing major gas supply shortages from 2025, the market operator has warned. According to a report published by the Australian Energy Market Operator (AEMO) on Thursday, southern Australia is at risk of gas shortages during extreme winter conditions from 2025 as supply struggles to keep up with rising demand for gas-powered electricity generation...= 配信日: 2024(令和6)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032206075

  • 1