KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • しゅう
  • 張飛
  • 故郷
  • 英雄
  • ろう
  • 三国志演義
  • 乾寧
  • 八景
  • 再建
  • 創建

「涿州市」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
31
( 1 31 件を表示)
  • 1
31
( 1 31 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年03月06日
    70年前に中国共産党が進軍した「科挙上京の道」の現在

    6日、空から見た河北省石家荘市平山県西柏坡。(小型無人機から)毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。今や平山県は32年にわたって付けていた貧困県のレッテルをはがした。唐県では貧困者に対し基本医療保険、大病(高額医療)保険、医療救済の三重保障「ワンストップ式」サービスを実施している。保定市と涿州市(1986年に県から市に昇格)は京津冀(けいしんき)協同発展の恩恵を受けて、質の高い発展という新たな道のりに踏み出している。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800856

  • 2019年03月06日
    70年前に中国共産党が進軍した「科挙上京の道」の現在

    6日、西柏坡にある中国共産党中央旧跡の毛沢東旧居を見学する観光客。毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。今や平山県は32年にわたって付けていた貧困県のレッテルをはがした。唐県では貧困者に対し基本医療保険、大病(高額医療)保険、医療救済の三重保障「ワンストップ式」サービスを実施している。保定市と涿州市(1986年に県から市に昇格)は京津冀(けいしんき)協同発展の恩恵を受けて、質の高い発展という新たな道のりに踏み出している。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800816

  • 2019年03月06日
    70年前に中国共産党が進軍した「科挙上京の道」の現在

    6日、西柏坡紀念館の広場を見学する観光客。毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。今や平山県は32年にわたって付けていた貧困県のレッテルをはがした。唐県では貧困者に対し基本医療保険、大病(高額医療)保険、医療救済の三重保障「ワンストップ式」サービスを実施している。保定市と涿州市(1986年に県から市に昇格)は京津冀(けいしんき)協同発展の恩恵を受けて、質の高い発展という新たな道のりに踏み出している。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800817

  • 2019年03月06日
    70年前に中国共産党が進軍した「科挙上京の道」の現在

    6日、空から見た河北省石家荘市平山県西柏坡。(小型無人機から)毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。今や平山県は32年にわたって付けていた貧困県のレッテルをはがした。唐県では貧困者に対し基本医療保険、大病(高額医療)保険、医療救済の三重保障「ワンストップ式」サービスを実施している。保定市と涿州市(1986年に県から市に昇格)は京津冀(けいしんき)協同発展の恩恵を受けて、質の高い発展という新たな道のりに踏み出している。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800902

  • 2019年03月07日
    70年前に中国共産党が進軍した「科挙上京の道」の現在

    7日、70年前のことについて話す95歳になる河北省唐県淑呂(しゅくりょ)村の村民、葛貴多(かつ・きた)さん。毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。今や平山県は32年にわたって付けていた貧困県のレッテルをはがした。唐県では貧困者に対し基本医療保険、大病(高額医療)保険、医療救済の三重保障「ワンストップ式」サービスを実施している。保定市と涿州市(1986年に県から市に昇格)は京津冀(けいしんき)協同発展の恩恵を受けて、質の高い発展という新たな道のりに踏み出している。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800818

  • 2019年03月07日
    70年前に中国共産党が進軍した「科挙上京の道」の現在

    7日、空から見た河北省唐県淑呂(しゅくりょ)村。(小型無人機から)毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。今や平山県は32年にわたって付けていた貧困県のレッテルをはがした。唐県では貧困者に対し基本医療保険、大病(高額医療)保険、医療救済の三重保障「ワンストップ式」サービスを実施している。保定市と涿州市(1986年に県から市に昇格)は京津冀(けいしんき)協同発展の恩恵を受けて、質の高い発展という新たな道のりに踏み出している。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800803

  • 2019年03月13日
    70年前に中国共産党が進軍した「科挙上京の道」の現在

    13日、村民の体調を診察する家庭契約医師(ホームドクター)の李少達(り・しょうたつ)さん(右)。毛沢東が率いる中国共産党中央は1949年3月23日、河北省石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)から北京に向けて建国のために出発した。毛沢東は「今日は上京して『科挙』に臨む日だ」と言った。その後、隊列は太行山脈の東麓に沿って一路北上し、河北省唐県、保定市、涿州(たくしゅう)を経て3月25日に北平市(現在の北京市)に進駐した。それから70年後、記者がたどった「科挙上京の道」の沿道は、すでに面目を一新していた。今や平山県は32年にわたって付けていた貧困県のレッテルをはがした。唐県では貧困者に対し基本医療保険、大病(高額医療)保険、医療救済の三重保障「ワンストップ式」サービスを実施している。保定市と涿州市(1986年に県から市に昇格)は京津冀(けいしんき)協同発展の恩恵を受けて、質の高い発展という新たな道のりに踏み出している。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800916

  • 2019年06月15日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    15日に撮影した結義亭と近くの桃園。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625314

  • 2019年06月15日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    15日に撮影した三義宮の正門。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625444

  • 2019年06月15日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    15日に撮影した三義宮の正殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625409

  • 2019年06月20日
    「三国志」の英雄、張飛の故郷「涿州」をゆく

    20日、「涿州市文物保護単位」に指定されている張飛廟。中国河北省涿州(たくしゅう)市忠義店村は「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)の故郷として知られている。もともとは「桃荘」と呼ばれていたが、後に彼の名を取って「張飛店」と呼ばれるようになった。清朝末期には、英雄の名前を直接呼ぶのは失礼だとみなした涿州の知州(明清時代の州の長官)によって、「忠義店」と改名された。張飛は没後、「桓侯」と諡された。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601504

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の正殿に掛かる「三義初創」の扁額。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800128

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、劉備の息子の阿斗(劉禅の幼名)、関羽の息子の関興(かん・こう)、張飛の息子の張苞(ちょう・ほう)を祭る「少三義殿」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800133

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮「結義亭」にある「結拝(契りを結ぶ)石」(石碑の前に置かれた石)。劉備、関羽、張飛がこの石の上に跪いて義兄弟の契りを結んだと伝えられている。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800112

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の正門。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625361

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、明の正徳3年に武宗(正徳帝)が直筆し授けた「勅建三義宮」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625404

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の馬神殿に祭られている劉備の愛馬「的盧(てきろ)」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625503

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮に祭られている劉備、関羽、張飛の像。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625440

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮「結義亭」にある「結拝(契りを結ぶ)石」。劉備、関羽、張飛がこの石の上に跪いて義兄弟の契りを結んだと伝えられている。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800126

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、明代に三義宮が修築された際に建てられた九竜碑の台座に施された竜の文様。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625310

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、明代に三義宮が修築された際に建てられた九竜碑。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625416

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の正殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625386

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、劉備の息子の阿斗(劉禅の幼名)、関羽の息子の関興(かん・こう)、張飛の息子の張苞(ちょう・ほう)を祭る「少三義殿」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800135

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の馬神殿。三国志に登場する名馬、劉備の「的驢(てきろ)」と関羽の「赤兎(せきと)」が祭られている。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625334

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の本殿に掛かる「三義初創」の扁額。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625413

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した結義亭。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625412

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した関聖殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625348

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した三義宮にある関羽像。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625499

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した三義宮の香炉。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625458

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した結義亭と近くの桃園。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625498

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した三義宮にある九竜碑。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625501

  • 1