KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • はく
  • 記者
  • 平成
  • 令和
  • 配信
  • 発展
  • 風景
  • 芸術
  • 農業
  • 収穫

「淄博市」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
85
( 1 85 件を表示)
  • 1
85
( 1 85 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年08月23日
    化学工場で大規模爆発

    中国・淄博市

    商品コード: 2015082300013

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年08月23日
    化学工場で大規模爆発

    中国・淄博市

    商品コード: 2015082300014

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年08月23日
    化学工場で大規模爆発

    中国・淄博市

    商品コード: 2015082300015

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年08月23日
    化学工場で大規模爆発

    中国・淄博市

    商品コード: 2015082300016

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年08月23日
    爆発で1人死亡、9人負傷

    中国・山東省淄博市

    商品コード: 2015082300335

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年08月23日
    爆発で1人死亡、9人負傷

    中国・山東省淄博市

    商品コード: 2015082300336

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年08月23日
    爆発で1人死亡、9人負傷

    中国・山東省淄博市

    商品コード: 2015082300337

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年08月23日
    爆発で1人死亡、9人負傷

    中国・山東省淄博市

    商品コード: 2015082300338

  • 2018年05月20日
    臨淄サッカー博物館で蹴鞠の親善試合山東省

    20日、試合で「ヘディングシュート」を打つ蹴鞠の選手。中国山東省淄博市にある中国体育博物館臨淄サッカー博物館分館で20日、蹴鞠の親善試合が行われた。小学生が蹴鞠の選手と親善試合を通して交流し、蹴鞠のテクニックを教わりながら、蹴鞠文化を堪能した。(臨淄=新華社記者/陳君清)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100709

  • 2018年05月20日
    臨淄サッカー博物館で蹴鞠の親善試合山東省

    20日、親善試合をする小学生と蹴鞠の選手。中国山東省淄博市にある中国体育博物館臨淄サッカー博物館分館で20日、蹴鞠の親善試合が行われた。小学生が蹴鞠の選手と親善試合を通して交流し、蹴鞠のテクニックを教わりながら、蹴鞠文化を堪能した。(臨淄=新華社記者/陳君清)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100730

  • 2018年05月20日
    臨淄サッカー博物館で蹴鞠の親善試合山東省

    20日、親善試合をする小学生と蹴鞠の選手。中国山東省淄博市にある中国体育博物館臨淄サッカー博物館分館で20日、蹴鞠の親善試合が行われた。小学生が蹴鞠の選手と親善試合を通して交流し、蹴鞠のテクニックを教わりながら、蹴鞠文化を堪能した。(臨淄=新華社記者/陳君清)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100674

  • 2018年05月20日
    臨淄サッカー博物館で蹴鞠の親善試合山東省

    20日、親善試合終了後に一礼する小学生と蹴鞠の選手。中国山東省淄博市にある中国体育博物館臨淄サッカー博物館分館で20日、蹴鞠の親善試合が行われた。小学生が蹴鞠の選手と親善試合を通して交流し、蹴鞠のテクニックを教わりながら、蹴鞠文化を堪能した。(臨淄=新華社記者/陳君清)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100697

  • 2018年05月20日
    臨淄サッカー博物館で蹴鞠の親善試合山東省

    20日、蹴鞠を披露する選手。中国山東省淄博市にある中国体育博物館臨淄サッカー博物館分館で20日、蹴鞠の親善試合が行われた。小学生が蹴鞠の選手と親善試合を通して交流し、蹴鞠のテクニックを教わりながら、蹴鞠文化を堪能した。(臨淄=新華社記者/陳君清)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100672

  • 02:28.50
    2018年08月18日
    「新華社」ジャカルタ·アジア大会初の金メダリストまもなく誕生中国選手が最有力か

    インドネシアで行われる第18回アジア競技大会最初の金メダリストが武術競技の男子長拳からまもなく誕生する。中国の孫培原が金メダルの有力候補となっている。29歳の孫培原は山東省淄博市で生まれ、6歳から武術を習い始めた。前回仁川アジア大会(2014年)の男子刀術・棍術総合で19・54点をたたき出し金メダリストとなった。2013年の中国第12回全国運動会の套路予選では、長拳、刀術、棍術で総合1位になった。中国の武術選手団は仁川アジア大会で金メダル10枚と銅メダル2枚を獲得し、競技別メダルランキングで圧倒的な成績を収め、中国の同競技における絶対的なアドバンテージが明らかになった。中国武術選手団の魏新換監督は、選手たちはすでに最良の競技レベルに達するよう調整を終えており、中国武術チームは使命に恥じぬよう、任務を全うすると語った。<映像内容>孫培原選手の練習風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801273

  • 2018年12月23日
    中国各地で収穫·加工作業に励む人々

    23日、山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県大張荘鎮窪子村で、桃の木を剪定する農民。冬至が過ぎ、中国各地の農村などでは、人々が忙しそうに収穫・加工作業に励んでいる。(淄博=新華社配信/趙東山)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122718365

  • 2018年12月29日
    黄河に流氷出現山東省高青県

    29日、山東省淄博市高青県で撮影した黄河の流氷。(小型無人機から)中国山東省淄博(しはく)市高青県では強い寒気の影響で、県内を流れる黄河に流氷が出現した。(淄博=新華社配信/張維堂)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400270

  • 2018年12月29日
    黄河に流氷出現山東省高青県

    29日、山東省淄博市高青県で撮影した黄河の流氷。(小型無人機から)中国山東省淄博(しはく)市高青県では強い寒気の影響で、県内を流れる黄河に流氷が出現した。(淄博=新華社配信/張維堂)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400461

  • 2018年12月29日
    黄河に流氷出現山東省高青県

    29日、山東省淄博市高青県で撮影した黄河の流氷。(小型無人機から)中国山東省淄博(しはく)市高青県では強い寒気の影響で、県内を流れる黄河に流氷が出現した。(淄博=新華社配信/張維堂)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400271

  • 2018年12月29日
    黄河に流氷出現山東省高青県

    29日、山東省淄博市高青県で撮影した黄河の流氷。(小型無人機から)中国山東省淄博(しはく)市高青県では強い寒気の影響で、県内を流れる黄河に流氷が出現した。(淄博=新華社配信/張維堂)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400325

  • 2019年01月03日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    3日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村の貧困扶助農場でイチゴの選別をする村民。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517799

  • 2019年01月07日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村の貧困扶助農場で、買い付けたイチゴの残留農薬検査をする江さん。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517287

  • 2019年01月07日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村の貧困扶助農場で従業員にイチゴの選別と包装を教える江さん(奥)。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517285

  • 2019年01月07日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村のビニールハウスでイチゴを収穫する江さん。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517724

  • 2019年01月07日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村のビニールハウスで農家にイチゴの栽培を教える江さん(右から2人目)。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517860

  • 2019年01月07日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村の貧困扶助農場で農家からイチゴを買い付ける江さん(右)。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517295

  • 2019年01月07日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村の貧困扶助農場で従業員と共にイチゴの選別と包装に取り組む江さん(中央)。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517250

  • 2019年01月07日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村の貧困扶助農場で、買い付けたイチゴを点検する江さん。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517293

  • 2019年01月08日
    千年の歴史ある陶磁器·琉璃が「新たな輝き」を放つ山東省

    8日、山東省淄博市の淄博陶琉国芸館に展示されている芸術作品「鶏油黄(磁器の色の名前の一種で、清代の磁器に対する骨董界の黄色釉薬の呼び方)琉璃」。中国山東省淄博(しはく)市は陶磁器と琉璃(るり、流璃、瑠璃とも言われる中国古代のガラスの呼び方)の主要生産地の一つで、伝統的な陶磁器と琉璃の制作技術が現在、イノベーションによって新たな発展を遂げつつある。そうした技術で作られた陶磁器や瑠璃は、使い手の目線に立った機能を持つだけでなく、極めて高い鑑賞性も備えている。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120625

  • 2019年01月08日
    千年の歴史ある陶磁器·琉璃が「新たな輝き」を放つ山東省

    8日、山東省淄博市の淄博陶琉国芸館に展示されているマツを原料としたイノベーション技法「マツ焼き」で作られた陶磁器製品。中国山東省淄博(しはく)市は陶磁器と琉璃(るり、流璃、瑠璃とも言われる中国古代のガラスの呼び方)の主要生産地の一つで、伝統的な陶磁器と琉璃の制作技術が現在、イノベーションによって新たな発展を遂げつつある。そうした技術で作られた陶磁器や瑠璃は、使い手の目線に立った機能を持つだけでなく、極めて高い鑑賞性も備えている。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120618

  • 2019年01月08日
    千年の歴史ある陶磁器·琉璃が「新たな輝き」を放つ山東省

    8日、山東省淄博市の淄博陶琉国芸館に展示されている琉璃作品を眺める来場者。中国山東省淄博(しはく)市は陶磁器と琉璃(るり、流璃、瑠璃とも言われる中国古代のガラスの呼び方)の主要生産地の一つで、伝統的な陶磁器と琉璃の制作技術が現在、イノベーションによって新たな発展を遂げつつある。そうした技術で作られた陶磁器や瑠璃は、使い手の目線に立った機能を持つだけでなく、極めて高い鑑賞性も備えている。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120682

  • 2019年01月08日
    千年の歴史ある陶磁器·琉璃が「新たな輝き」を放つ山東省

    8日、山東省淄博市の淄博陶琉国芸館に展示されている琉璃作品をカメラに収める観光客。中国山東省淄博(しはく)市は陶磁器と琉璃(るり、流璃、瑠璃とも言われる中国古代のガラスの呼び方)の主要生産地の一つで、伝統的な陶磁器と琉璃の制作技術が現在、イノベーションによって新たな発展を遂げつつある。そうした技術で作られた陶磁器や瑠璃は、使い手の目線に立った機能を持つだけでなく、極めて高い鑑賞性も備えている。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120656

  • 2019年01月08日
    千年の歴史ある陶磁器·琉璃が「新たな輝き」を放つ山東省

    8日、山東省淄博市の淄博陶琉国芸館に展示されている琉璃作品。中国山東省淄博(しはく)市は陶磁器と琉璃(るり、流璃、瑠璃とも言われる中国古代のガラスの呼び方)の主要生産地の一つで、伝統的な陶磁器と琉璃の制作技術が現在、イノベーションによって新たな発展を遂げつつある。そうした技術で作られた陶磁器や瑠璃は、使い手の目線に立った機能を持つだけでなく、極めて高い鑑賞性も備えている。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120666

  • 2019年01月08日
    千年の歴史ある陶磁器·琉璃が「新たな輝き」を放つ山東省

    8日、山東省淄博市の淄博陶琉国芸館に展示されている琉璃作品。中国山東省淄博(しはく)市は陶磁器と琉璃(るり、流璃、瑠璃とも言われる中国古代のガラスの呼び方)の主要生産地の一つで、伝統的な陶磁器と琉璃の制作技術が現在、イノベーションによって新たな発展を遂げつつある。そうした技術で作られた陶磁器や瑠璃は、使い手の目線に立った機能を持つだけでなく、極めて高い鑑賞性も備えている。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120659

  • 2019年01月08日
    千年の歴史ある陶磁器·琉璃が「新たな輝き」を放つ山東省

    8日、山東省淄博市の淄博陶琉国芸館に展示されている琉璃作品。中国山東省淄博(しはく)市は陶磁器と琉璃(るり、流璃、瑠璃とも言われる中国古代のガラスの呼び方)の主要生産地の一つで、伝統的な陶磁器と琉璃の制作技術が現在、イノベーションによって新たな発展を遂げつつある。そうした技術で作られた陶磁器や瑠璃は、使い手の目線に立った機能を持つだけでなく、極めて高い鑑賞性も備えている。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120713

  • 02:31.38
    2019年01月22日
    「新華社」陶磁琉璃国芸館が開業「国の御用達」の魅力を展示山東省淄博市

    陶磁器や琉璃(るり、ガラスの古称)器は、中国山東省淄博(しはく)市の優れた伝統産業で、同市の代名詞となっている。このほど開業した淄博陶磁琉璃国芸館には、陶磁器・琉璃器の技術や芸術面で最先端を歩む企業約50社や著名芸術家のアトリエが入居している。華光国磁や硅元磁器など有名ガラス器メーカーも続々と自社の全製品を一般公開し、国の記念行事や国賓招待などでも用いられる「国の御用達」の魅力をアピールしている。同館は陶磁器と琉璃器の2つのエリアに分かれており敷地面積は5万平方メートル。陶磁器や琉璃器の開発やデザイン、展示、売買の各機能が集まる。建設には2年以上を費やした。これまで分散していた陶磁・琉璃産業が1カ所に集まり成長するための場を提供。文化や観光、科学技術などの関連産業との融合発展を促進していく。琉璃器の製造は同市で数千年続く文化の結晶とされる。琉璃は「火に生まれ水に去る」(焼成後に冷却し加工や研磨を行う)といわれ、中国ではその製作過程を炎の中から再生する鳳凰になぞらえ「鳳凰涅槃」式と呼ぶ。製造工程は複雑で、10以上の厳密な工程を経て完成する。製作には通常十数日から二十日かかり、主に手仕事で進められる。(記者/趙小羽)<映像内容>淄博陶磁琉璃国芸館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202080

  • 2019年01月22日
    旧暦12月に漂う春雨と乾麺の香り

    22日、山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県東里鎮東村でゆでられた地元産の乾麺。春節(旧正月)が近づき、中国の河北省や山東省、浙江省などの地域では、正月用の需要に応えるため、人々が手作りの春雨や乾麺の加工に励んでいる。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500765

  • 2019年01月22日
    旧暦12月に漂う春雨と乾麺の香り

    22日、山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県東里鎮東村で作られた乾麺を確認する村民。春節(旧正月)が近づき、中国の河北省や山東省、浙江省などの地域では、正月用の需要に応えるため、人々が手作りの春雨や乾麺の加工に励んでいる。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500727

  • 2019年01月22日
    旧暦12月に漂う春雨と乾麺の香り

    22日、山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県東里鎮韓旺一村で手作りの乾麺を天日干しする村民。春節(旧正月)が近づき、中国の河北省や山東省、浙江省などの地域では、正月用の需要に応えるため、人々が手作りの春雨や乾麺の加工に励んでいる。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500714

  • 2019年01月22日
    旧暦12月に漂う春雨と乾麺の香り

    22日、山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県東里鎮韓旺一村で乾麺の湿度を確認する村民。春節(旧正月)が近づき、中国の河北省や山東省、浙江省などの地域では、正月用の需要に応えるため、人々が手作りの春雨や乾麺の加工に励んでいる。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500729

  • 2019年01月24日
    玉黛湖ランタンフェスティバル開幕山東省淄博市

    24日、玉黛湖ランタンフェスティバルで披露された大型ランタン。中国山東省淄博(しはく)市で24日夜、玉黛湖ランタンフェスティバルが開幕した。今回は大型のランタン70組と、特色のある各種ランタン2千個余りが披露された。会期は3月8日まで。(済南=新華社記者/袁軍宝)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821639

  • 2019年01月24日
    玉黛湖ランタンフェスティバル開幕山東省淄博市

    24日、玉黛湖ランタンフェスティバルで披露された大型ランタン。中国山東省淄博(しはく)市で24日夜、玉黛湖ランタンフェスティバルが開幕した。今回は大型のランタン70組と、特色のある各種ランタン2千個余りが披露された。会期は3月8日まで。(済南=新華社記者/袁軍宝)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821576

  • 2019年01月24日
    玉黛湖ランタンフェスティバル開幕山東省淄博市

    24日、玉黛湖ランタンフェスティバルで披露された大型ランタン「福猪賀歳」。中国山東省淄博(しはく)市で24日夜、玉黛湖ランタンフェスティバルが開幕した。今回は大型のランタン70組と、特色のある各種ランタン2千個余りが披露された。会期は3月8日まで。(済南=新華社記者/袁軍宝)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821657

  • 2019年01月24日
    玉黛湖ランタンフェスティバル開幕山東省淄博市

    24日、玉黛湖ランタンフェスティバルで披露されたランタン。中国山東省淄博(しはく)市で24日夜、玉黛湖ランタンフェスティバルが開幕した。今回は大型のランタン70組と、特色のある各種ランタン2千個余りが披露された。会期は3月8日まで。(済南=新華社記者/袁軍宝)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821525

  • 2019年01月24日
    玉黛湖ランタンフェスティバル開幕山東省淄博市

    24日、玉黛湖ランタンフェスティバルで披露された大型ランタン「福猪賀歳」。中国山東省淄博(しはく)市で24日夜、玉黛湖ランタンフェスティバルが開幕した。今回は大型のランタン70組と、特色のある各種ランタン2千個余りが披露された。会期は3月8日まで。(済南=新華社記者/袁軍宝)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820917

  • 02:18.94
    2019年01月30日
    「新華社」千年の輝きを残す「中国瑠璃の故郷」山東省淄博市

    中国山東省淄博(しはく)市博山区原産の瑠璃(るり、ガラスの古称)は昔から「世界の瑠璃は中国にあり、中国の瑠璃は博山にある」と称されており、同区も「中国瑠璃の里」として知られている。博山は唐代から瑠璃の大量生産が始まり、明の時代に一定の規模に達し、清の時代には中国瑠璃制作の中心地となった。(淄博=新華社記者/王凱)<映像内容>中国瑠璃作品の展示風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010532

  • 2019年02月15日
    中国各地で元宵節を迎えるランタン祭り開催

    15日、山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県の文化広場で市民の目を楽しませるランタン。春節(旧正月)から15日目の元宵節を間近に控え、中国各地で多彩なランタン祭りが開催されている。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800559

  • 2019年02月15日
    中国各地で元宵節を迎えるランタン祭り開催

    15日、山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県の文化広場で市民の目を楽しませるランタン。春節(旧正月)から15日目の元宵節を間近に控え、中国各地で多彩なランタン祭りが開催されている。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800558

  • 2019年02月15日
    中国各地で元宵節を迎えるランタン祭り開催

    15日、山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県の文化広場で市民の目を楽しませるランタン。春節(旧正月)から15日目の元宵節を間近に控え、中国各地で多彩なランタン祭りが開催されている。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800561

  • 2019年03月14日
    各地で春の農作業が忙しい時期に

    14日、中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県歴山街道彩板峪村で、夕日の中で農作業を続ける農民。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000291

  • 2019年09月04日
    キウイが農村振興の「富を生む果物」に山東省淄博市

    4日、山東省淄博市源泉鎮でキウイを収穫するキウイ専業合作社(協同組合)の職員。中国山東省淄博(しはく)市博山区源泉鎮では、キウイの収穫が最盛期を迎えている。同鎮はここ数年、恵まれた自然環境を生かし、特色あるキウイ産業の発展に力を入れてきた。鎮内を流れる淄河の両岸では現在、キウイの栽培面積が1万2千ムー(800ヘクタール)に達し、収穫期には1ムー当たり2万元(1元=約15円)、計約2億元の生産額を実現する見通し。キウイは農村振興の「富を生む果物」となった。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900506

  • 2019年09月04日
    キウイが農村振興の「富を生む果物」に山東省淄博市

    4日、山東省淄博市源泉鎮で収穫されたキウイの箱詰めするキウイ専業合作社(協同組合)の職員。中国山東省淄博(しはく)市博山区源泉鎮では、キウイの収穫が最盛期を迎えている。同鎮はここ数年、恵まれた自然環境を生かし、特色あるキウイ産業の発展に力を入れてきた。鎮内を流れる淄河の両岸では現在、キウイの栽培面積が1万2千ムー(800ヘクタール)に達し、収穫期には1ムー当たり2万元(1元=約15円)、計約2億元の生産額を実現する見通し。キウイは農村振興の「富を生む果物」となった。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900477

  • 2019年09月04日
    キウイが農村振興の「富を生む果物」に山東省淄博市

    4日、山東省淄博市源泉鎮にあるキウイ専業合作社(協同組合)を集荷のために訪れた物流会社の従業員(左)。中国山東省淄博(しはく)市博山区源泉鎮では、キウイの収穫が最盛期を迎えている。同鎮はここ数年、恵まれた自然環境を生かし、特色あるキウイ産業の発展に力を入れてきた。鎮内を流れる淄河の両岸では現在、キウイの栽培面積が1万2千ムー(800ヘクタール)に達し、収穫期には1ムー当たり2万元(1元=約15円)、計約2億元の生産額を実現する見通し。キウイは農村振興の「富を生む果物」となった。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900603

  • 2019年09月04日
    キウイが農村振興の「富を生む果物」に山東省淄博市

    4日、山東省淄博市源泉鎮で収穫作業に励むキウイ専業合作社(協同組合)の職員。中国山東省淄博(しはく)市博山区源泉鎮では、キウイの収穫が最盛期を迎えている。同鎮はここ数年、恵まれた自然環境を生かし、特色あるキウイ産業の発展に力を入れてきた。鎮内を流れる淄河の両岸では現在、キウイの栽培面積が1万2千ムー(800ヘクタール)に達し、収穫期には1ムー当たり2万元(1元=約15円)、計約2億元の生産額を実現する見通し。キウイは農村振興の「富を生む果物」となった。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900445

  • 2019年09月04日
    キウイが農村振興の「富を生む果物」に山東省淄博市

    4日、山東省淄博市源泉鎮のキウイ専業合作社(協同組合)が栽培し、収穫期を迎えたキウイ。中国山東省淄博(しはく)市博山区源泉鎮では、キウイの収穫が最盛期を迎えている。同鎮はここ数年、恵まれた自然環境を生かし、特色あるキウイ産業の発展に力を入れてきた。鎮内を流れる淄河の両岸では現在、キウイの栽培面積が1万2千ムー(800ヘクタール)に達し、収穫期には1ムー当たり2万元(1元=約15円)、計約2億元の生産額を実現する見通し。キウイは農村振興の「富を生む果物」となった。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900527

  • 2019年09月04日
    キウイが農村振興の「富を生む果物」に山東省淄博市

    4日、山東省淄博市源泉鎮にあるキウイ専業合作社(協同組合)の職員らが収穫したキウイ。中国山東省淄博(しはく)市博山区源泉鎮では、キウイの収穫が最盛期を迎えている。同鎮はここ数年、恵まれた自然環境を生かし、特色あるキウイ産業の発展に力を入れてきた。鎮内を流れる淄河の両岸では現在、キウイの栽培面積が1万2千ムー(800ヘクタール)に達し、収穫期には1ムー当たり2万元(1元=約15円)、計約2億元の生産額を実現する見通し。キウイは農村振興の「富を生む果物」となった。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900501

  • 2019年09月04日
    キウイが農村振興の「富を生む果物」に山東省淄博市

    4日、山東省淄博市源泉鎮を流れる淄河両岸のキウイ栽培地。(小型無人機から)中国山東省淄博(しはく)市博山区源泉鎮では、キウイの収穫が最盛期を迎えている。同鎮はここ数年、恵まれた自然環境を生かし、特色あるキウイ産業の発展に力を入れてきた。鎮内を流れる淄河の両岸では現在、キウイの栽培面積が1万2千ムー(800ヘクタール)に達し、収穫期には1ムー当たり2万元(1元=約15円)、計約2億元の生産額を実現する見通し。キウイは農村振興の「富を生む果物」となった。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900438

  • 2019年09月21日
    山東省淄博市の無形文化遺産、台湾で巡回展示

    21日、台北市で開催された巡回展を見学する来場者。中国山東省淄博(しはく)市の無形文化遺産を紹介する台湾巡回展が21日、台北市で開催された。淄博市などに伝わる演劇「五音戯」、切り紙細工、ひょうたんに絵を描く伝統工芸など、代表的な無形文化遺産が展示された。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092501145

  • 2019年09月21日
    山東省淄博市の無形文化遺産、台湾で巡回展示

    21日、台北市で開催された巡回展を見学する来場者。中国山東省淄博(しはく)市の無形文化遺産を紹介する台湾巡回展が21日、台北市で開催された。淄博市などに伝わる演劇「五音戯」、切り紙細工、ひょうたんに絵を描く伝統工芸など、代表的な無形文化遺産が展示された。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092501146

  • 2019年09月21日
    山東省淄博市の無形文化遺産、台湾で巡回展示

    21日、台北市で開催された巡回展を見学する来場者。中国山東省淄博(しはく)市の無形文化遺産を紹介する台湾巡回展が21日、台北市で開催された。淄博市などに伝わる演劇「五音戯」、切り紙細工、ひょうたんに絵を描く伝統工芸など、代表的な無形文化遺産が展示された。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092500995

  • 2019年09月21日
    山東省淄博市の無形文化遺産、台湾で巡回展示

    21日、五音戯を披露する国家級無形文化遺産の伝承者、呂鳳琴(ろ・ほうきん)氏。中国山東省淄博(しはく)市の無形文化遺産を紹介する台湾巡回展が21日、台北市で開催された。淄博市などに伝わる演劇「五音戯」、切り紙細工、ひょうたんに絵を描く伝統工芸など、代表的な無形文化遺産が展示された。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092500979

  • 2019年09月21日
    山東省淄博市の無形文化遺産、台湾で巡回展示

    21日、台北市で開催された巡回展で技を披露する淄博ひょうたん絵付け工芸の伝承者、王玉涛(おう・ぎょくとう)氏。中国山東省淄博(しはく)市の無形文化遺産を紹介する台湾巡回展が21日、台北市で開催された。淄博市などに伝わる演劇「五音戯」、切り紙細工、ひょうたんに絵を描く伝統工芸など、代表的な無形文化遺産が展示された。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092501073

  • 2020年02月15日
    黄河のほとりが雪化粧山東省淄博市

    15日、雪化粧した山東省淄博市高青県を流れる黄河。(小型無人機から)中国山東省淄博(しはく)市高青県で15日、雪が降り、同県を流れる黄河の両岸は一面の銀世界となった。(淄博=新華社配信/張維堂)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700726

  • 2020年02月15日
    黄河のほとりが雪化粧山東省淄博市

    15日、雪化粧した山東省淄博市高青県を流れる黄河。(小型無人機から)中国山東省淄博(しはく)市高青県で15日、雪が降り、同県を流れる黄河の両岸は一面の銀世界となった。(淄博=新華社配信/張維堂)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700736

  • 2020年02月15日
    黄河のほとりが雪化粧山東省淄博市

    15日、雪化粧した山東省淄博市高青県を流れる黄河。(小型無人機から)中国山東省淄博(しはく)市高青県で15日、雪が降り、同県を流れる黄河の両岸は一面の銀世界となった。(淄博=新華社配信/張維堂)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700724

  • 2020年02月15日
    黄河のほとりが雪化粧山東省淄博市

    15日、山東省淄博市高青県で、雪化粧した黄河のほとりに広がる農地。(小型無人機から)中国山東省淄博(しはく)市高青県で15日、雪が降り、同県を流れる黄河の両岸は一面の銀世界となった。(淄博=新華社配信/張維堂)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700739

  • 2020年02月15日
    黄河のほとりが雪化粧山東省淄博市

    15日、雪化粧した山東省淄博市高青県を流れる黄河。(小型無人機から)中国山東省淄博(しはく)市高青県で15日、雪が降り、同県を流れる黄河の両岸は一面の銀世界となった。(淄博=新華社配信/張維堂)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700717

  • 2020年02月15日
    黄河のほとりが雪化粧山東省淄博市

    15日、雪化粧した山東省淄博市高青県を流れる黄河。(小型無人機から)中国山東省淄博(しはく)市高青県で15日、雪が降り、同県を流れる黄河の両岸は一面の銀世界となった。(淄博=新華社配信/張維堂)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700722

  • 2020年05月11日
    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土

    11日、胥家村南遺跡(墓地)の発掘現場。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601942

  • 2020年05月11日
    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土

    11日、胥家村南遺跡(墓地)で見つかった唐代の馬蹄形墓室。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601813

  • 2020年05月11日
    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土

    11日、胥家村南遺跡(墓地)から出土した副葬品の一部。唐代後期の磁器鉢(左から2番目)との戦国時代の矢尻(手前)以外はいずれも竜山文化期の器物。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601825

  • 2020年05月11日
    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土

    11日、胥家村南遺跡(墓地)の発掘現場で文化層の区分を説明する山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601926

  • 2020年05月11日
    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土

    11日、胥家村南遺跡(墓地)の発掘現場。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文涛(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601946

  • 2020年05月11日
    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土

    11日、小清河北岸にある胥家村南遺跡(墓地)の発掘現場。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601823

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮に今も残る窯場。(小型無人機から)中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104642

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮の工房で、作品を見つめる若手職人、任東夏(にん・とうか)さん。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104727

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮の工房で、瑠璃製品の制作に励む職人。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104576

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮の工房で、瑠璃製品の制作に励む職人。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104724

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮の工房で、瑠璃製品の制作に励む職人。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104725

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮の工房で、作品作りに励む若手職人、任東夏(にん・とうか)さん。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104733

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮で、自身が制作したひょうたん型の陶芸作品を並べる若手職人、周虹(しゅう・こう)さん。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104585

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市の顔神古鎮で、自身が制作した陶磁器作品を祖母に見せる若手職人、任東夏(にん・とうか)さん。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104614

  • 2020年11月04日
    伝統とモダンの融合、新スタイルの開拓目指す職人山東省

    4日、山東省淄博市顔神古鎮で、自身が制作した作品を見つめる若手職人、周虹(しゅう・こう)さん。中国山東省淄博(しはく)市の顔神古鎮は、陶磁器と瑠璃製品の有名な産地として知られる。地元政府は近年、さまざまな措置を打ち出し、故郷を離れ、他の土地で腕を磨いてきた若い職人が帰郷し、起業することを奨励している。彼らは伝統とモダンの両要素を取り入れた作品を生み出すことで、陶磁器産業と瑠璃産業に新たな活力を吹き込んでいる。(淄博=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104766

  • 00:16.48
    2021年04月30日
    「新華社」2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。斉の長城は済南、臨沂(りんぎ)、泰安、淄博(しはく)各市などを600キロ余りにわたり蛇行しており、万里の長城の中でも「千里の長城」と呼ばれる(中国の里は500メートルなので600キロは1200里)。中でも淄博市淄川区の劈山(へきざん)区間は保存状態が最も良い部分とされる。一帯には雄大な「独山寨」や高く険しい「一線天」のほか、斉の時代の兵営や石門、のろし台、劈山関、古城壁などの遺跡が残る。斉の長城は春秋時代に建設が始まり、170年余り後の戦国時代に完成したとされる。当時の山東半島では斉と魯の2国が強い影響力を持ち、両国の間で紛争が絶えなかったが、国力に勝る斉は国境線に防御壁を築いた。それが現在も斉の長城として残り、2600年以上の歴史を持つことから「長城の父」とも呼ばれている。(記者/孫暁輝、朱崢) =配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050101494

  • 2022年03月29日
    #CHINA-SPRING-FARMING (CN)

    (220329) -- ZIBO, March 29, 2022 (Xinhua) -- A farmer works in the field in Liaojunbu Village, Yuezhuang Township, Yiyuan County of Zibo City, east China‘s Shandong Province, March 28, 2022. (Photo by Zhao Dongshan/Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306676

  • 2022年03月29日
    #CHINA-SPRING-FARMING (CN)

    (220329) -- ZIBO, March 29, 2022 (Xinhua) -- Farmers work in the field in Taohuayu Village, Yuezhuang Township, Yiyuan County of Zibo City, east China‘s Shandong Province, March 28, 2022. (Photo by Zhao Dongshan/Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306678

  • 1