KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 実施
  • 海山
  • 海洋生物
  • 生物群集
  • 資料
  • けいと
  • 上海
  • 地理的特徴
  • 学際

「深海生物」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
53
( 1 53 件を表示)
  • 1
53
( 1 53 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • ハナガサナマコ 珍しい深海生物を撮影
    1989年07月13日
    ハナガサナマコ 珍しい深海生物を撮影

    しんかい6500の試験潜航で撮影されたハナガサナマコ。体長は10センチ前後で背面は隆起し、腹面は平ら=1989(平成元)年7月5日

    商品コード: 2008100800188

  • シロウリガイの群集 しんかい発見の熱水鉱床
    1989年08月31日
    シロウリガイの群集 しんかい発見の熱水鉱床

    水深1400メートルの沖縄トラフで見つかったシロウリガイの深海生物群集(撮影年月日不明)

    商品コード: 2008122000128

  • 深海調査に当たる潜水艇 潜水艇で深海生物を調査
    2006年12月22日
    深海調査に当たる潜水艇 潜水艇で深海生物を調査

    2007年後半からオーストラリア周辺海域で深海の調査に当たる潜水艇(ロイター=共同)

    商品コード: 2006122200169

  • 三田圭一さん 深海生物、未知の味は…
    2013年02月16日
    三田圭一さん 深海生物、未知の味は…

    竹島水族館で開催中の企画展で、試食した深海生物を紹介する飼育員の三田圭一さん=7日、愛知県蒲郡市

    商品コード: 2013021600264

  • ニコニコ動画の画面 動かない深海生物を生中継
    2013年08月01日
    ニコニコ動画の画面 動かない深海生物を生中継

    鳥羽水族館の「ダイオウグソクムシ」の様子を生中継するニコニコ動画の画面

    商品コード: 2013080100502

  •  森滝丈也さん
    2014年03月03日
    森滝丈也さん

    話題の深海生物ダイオウグソクムシを見守る森滝丈也(もりたき・たけや)さん

    商品コード: 2014030300358

  •  深海生物の胃から人工物
    2014年08月28日
    深海生物の胃から人工物

    水族館のダイオウグソクムシから出た人工物

    商品コード: 2014082800015

  •  深海生物の胃から人工物
    2014年08月28日
    深海生物の胃から人工物

    水族館のダイオウグソクムシから出た人工物

    商品コード: 2014082800016

  •  深海生物の胃から人工物
    2014年08月28日
    深海生物の胃から人工物

    水族館のダイオウグソクムシから出た人工物

    商品コード: 2014082800017

  •  深海生物の胃から人工物
    2014年08月28日
    深海生物の胃から人工物

    水族館のダイオウグソクムシから出た人工物

    商品コード: 2014082800018

  • 胃の中の化学繊維 深海生物の胃から人工物
    2014年08月28日
    胃の中の化学繊維 深海生物の胃から人工物

    鳥羽水族館で今年1月に死んだダイオウグソクムシの胃から見つかった化学繊維とみられる固まりや数本のゴム=11日、三重県鳥羽市

    商品コード: 2014082800030

  • 見つかった段ボール 深海生物の胃から人工物
    2014年08月28日
    見つかった段ボール 深海生物の胃から人工物

    鳥羽水族館が飼育するダイオウグソクムシのふんから今年5月に見つかった段ボールとみられる紙切れ=11日、鳥羽水族館

    商品コード: 2014082800035

  • ダイオウイカ 深海生物の形のグミ
    2015年03月12日
    ダイオウイカ 深海生物の形のグミ

    明治の「生物図鑑グミ 深海生物編」のダイオウイカ

    商品コード: 2015031200813

  • 明治のグミ菓子 深海生物の形のグミ
    2015年03月12日
    明治のグミ菓子 深海生物の形のグミ

    明治の「生物図鑑グミ 深海生物編」

    商品コード: 2015031200814

  • ラブカの標本と山田さん 深海生物ラブカ解明に挑む
    2017年12月08日
    ラブカの標本と山田さん 深海生物ラブカ解明に挑む

    東海大学海洋科学博物館に展示されているラブカの標本について説明する山田一幸さん=静岡市

    商品コード: 2017120800031

  •  クモヒトデの仲間テヅルモヅル展示/八戸
    00:59.69
    2018年06月07日
    クモヒトデの仲間テヅルモヅル展示/八戸

    クモヒトデの仲間で主に深海にすむ「テヅルモヅル」とみられる海の生物がが八戸市水産科学館マリエントに持ち込まれた。同館が専門家に見てもらったところ、今年3月に新種として発表された、昭和天皇が採集したものと同じ種類の可能性が高いことが7日、分かった。同館は専用水槽で8日から一般公開する。<映像内容>水槽からあげたテヅルモズル、水槽の中のテヅルモズル、撮影日:2018(平成30)年6月7日、撮影場所:八戸市水産科学館マリエント、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018061501000

  •  Deep-sea researcher presents Riessenassel
    2018年08月07日
    Deep-sea researcher presents Riessenassel

    07 August 2018, Germany, Frankfurt am Main: Angelika Brandt, Head of Department Marine Zoology at the Senckenberg Research Institute, stands in front of a showcase with a prepared deep-sea jackass (Bathynomus Giganteus). Brandt is one of the world‘s leading scientists in deep-sea biodiversity research and has received numerous awards. As part of deep-sea and polar research, the marine biologist from the Senckenberg Institute for Natural Research in Frankfurt has so far participated in 27 expeditions. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080901450

  •  Deep-sea researcher presents Riessenassel
    2018年08月07日
    Deep-sea researcher presents Riessenassel

    07 August 2018, Germany, Frankfurt am Main: Angelika Brandt, Head of Department Marine Zoology at the Senckenberg Research Institute, stands in front of a showcase with a prepared deep-sea jackass (Bathynomus Giganteus). Brandt is one of the world‘s leading scientists in deep-sea biodiversity research and has received numerous awards. As part of deep-sea and polar research, the marine biologist from the Senckenberg Institute for Natural Research in Frankfurt has so far participated in 27 expeditions. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080901492

  •  6千メートル超深海のエビはどんな形?「彩虹魚」マリアナ海溝に潜る
    2018年12月04日
    6千メートル超深海のエビはどんな形?「彩虹魚」マリアナ海溝に潜る

    4日、「彩虹魚」着底装置が西太平洋の深海6千メートル近くで捕獲したヨコエビ。2018年度マリアナ海溝海上試運転・科学調査チームを乗せた科学調査船「沈括」号は現在、世界で最も深いマリアナ海溝で調査活動を行っている。今回の航海で科学試料の採集と海底撮影の任務を担う「彩虹魚」着底装置(ランダー)は、西太平洋の深海6千メートル近くで深海生物の撮影を行い、その様子が公開された。(「沈括」号=新華社記者/張建松)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109747

  •  6千メートル超深海のエビはどんな形?「彩虹魚」マリアナ海溝に潜る
    2018年12月06日
    6千メートル超深海のエビはどんな形?「彩虹魚」マリアナ海溝に潜る

    6日、「彩虹魚」着底装置の付近を泳ぐアシロ科に似た魚と十脚目に似たエビ。2018年度マリアナ海溝海上試運転・科学調査チームを乗せた科学調査船「沈括」号は現在、世界で最も深いマリアナ海溝で調査活動を行っている。今回の航海で科学試料の採集と海底撮影の任務を担う「彩虹魚」着底装置(ランダー)は、西太平洋の深海6千メートル近くで深海生物の撮影を行い、その様子が公開された。(「沈括」号=新華社記者/張建松)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121110051

  •  6千メートル超深海のエビはどんな形?「彩虹魚」マリアナ海溝に潜る
    2018年12月06日
    6千メートル超深海のエビはどんな形?「彩虹魚」マリアナ海溝に潜る

    6日、「彩虹魚」着底装置の付近を泳ぐアシロ科に似た魚。2018年度マリアナ海溝海上試運転・科学調査チームを乗せた科学調査船「沈括」号は現在、世界で最も深いマリアナ海溝で調査活動を行っている。今回の航海で科学試料の採集と海底撮影の任務を担う「彩虹魚」着底装置(ランダー)は、西太平洋の深海6千メートル近くで深海生物の撮影を行い、その様子が公開された。(「沈括」号=新華社記者/張建松)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109723

  •  6千メートル超深海のエビはどんな形?「彩虹魚」マリアナ海溝に潜る
    2018年12月08日
    6千メートル超深海のエビはどんな形?「彩虹魚」マリアナ海溝に潜る

    8日、「沈括」号で作業する2018年度マリアナ海溝海上試運転・科学調査チームの首席科学者、劉如竜(りゅう・じょりゅう)氏。2018年度マリアナ海溝海上試運転・科学調査チームを乗せた科学調査船「沈括」号は現在、世界で最も深いマリアナ海溝で調査活動を行っている。今回の航海で科学試料の採集と海底撮影の任務を担う「彩虹魚」着底装置(ランダー)は、西太平洋の深海6千メートル近くで深海生物の撮影を行い、その様子が公開された。(「沈括」号=新華社記者/張建松)=2018(平成30)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109548

  • 塩崎洋隆さん 深海生物を飼育する
    2019年04月15日
    塩崎洋隆さん 深海生物を飼育する

    「このキホウボウという深海魚も飼育しています」と話す塩崎洋隆さん

    商品コード: 2019041505119

  • シーラカンスと塩崎さん 深海生物を飼育する
    2019年04月15日
    シーラカンスと塩崎さん 深海生物を飼育する

    「『生きた化石』と言われるシーラカンスの標本も展示しています」と話す塩崎洋隆さん

    商品コード: 2019041505120

  •  「新華社」科学調査船「海洋6号」、深海探査の任務終え帰還広州
    01:25.54
    2019年05月16日
    「新華社」科学調査船「海洋6号」、深海探査の任務終え帰還広州

    中国の科学調査船「海洋6号」が16日、2019年深海探査の共同航行任務を終え、広東省広州市に帰還した。複数機関のプロジェクト協力実施により、合同調査での新たな展開を実現した。今回の任務は、中国地質調査局が企画・実施した大規模深海探査の合同調査。航行期間は36日間で、航行距離は3千カイリ以上、18の関連機関、111人の科学技術者(科学技術関係の乗組員29人を含む)が参加した。共同航行科学調査では、中国製大型調査設備の試験運用を実現した。科学技術者は航海期間中、深海熱水観測を行う水深4500メートル級の自律型無人潜水器(AUV)「探索4500」の試験運用や、多くの独自開発深海設備の標準化に向けた海中試験を行った。(記者/王攀)<映像内容>深海探査の様子、撮影日:2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002425

  • ラブカ 深海生物ラブカ水族館に
    2020年01月16日
    ラブカ 深海生物ラブカ水族館に

    和歌山県串本町の水族館に持ち込まれた深海生物のラブカ=16日午後

    商品コード: 2020011607667

  • 深海生物のラブカ 深海生物ラブカ水族館に
    2020年01月16日
    深海生物のラブカ 深海生物ラブカ水族館に

    和歌山県串本町の水族館に持ち込まれた深海生物のラブカ=16日午後

    商品コード: 2020011607671

  • オオグソクムシと松尾さん 深海生物に魅せられ漁師に
    2020年02月01日
    オオグソクムシと松尾さん 深海生物に魅せられ漁師に

    「オオグソクムシ」が入ったかごを手にする松尾拓哉さん=高知県室戸市

    商品コード: 2020020100637

  • 中内さんら 「深海生物ふんどし」評判
    2020年11月18日
    中内さんら 「深海生物ふんどし」評判

    染め職人の中内洋介さん(右)と画家の勇ひとみさん=高知県室戸市

    商品コード: 2020111801875

  •  「深海生物ふんどし」評判
    2020年11月18日
    「深海生物ふんどし」評判

    高知県室戸市

    商品コード: 2020111804229

  •  「深海生物ふんどし」評判
    2020年11月18日
    「深海生物ふんどし」評判

    高知県室戸市

    商品コード: 2020111804230

  •  「深海生物ふんどし」評判
    2020年11月18日
    「深海生物ふんどし」評判

    高知県室戸市

    商品コード: 2020111804231

  •  「深海生物ふんどし」評判
    2020年11月18日
    「深海生物ふんどし」評判

    高知県室戸市

    商品コード: 2020111804232

  •  「新華社」有人深海潜水艇「奮闘者号」が帰港水深1万909メートルを記録
    01:01.93
    2020年11月28日
    「新華社」有人深海潜水艇「奮闘者号」が帰港水深1万909メートルを記録

    中国海南省三亜市で28日午前8時半頃、任務を終えた科学調査船「探索1号」がいかりを下ろし、マリアナ海溝で水深1万909メートルの到達記録を達成した有人深海潜水艇「奮闘者号」も無事帰港した。マリアナ海溝の探査を含む深海科学研究は、当面の海洋研究における最先端分野の一つであり、科学者が深海生物や海底鉱床、海山火山岩の物質組成と起源について、また、気候調節における深海海溝の役割を理解するのに役立つ。「奮闘者号」は10月から、第2段階の1万メートル級潜水試験を実施。13回の潜水に成功し、うち8回は1万メートルを超えた。11月10日午前8時12分にはマリアナ海溝の海底到達に成功し、1万909メートルという中国有人深海潜水の新記録を樹立した。海洋試験では、多くの堆積物や岩石、海底生物のサンプルが得られた。(記者/周旋、郭良川)<映像内容>科学調査船「探索1号」と有人深海潜水艇「奮闘者号」が海南省三亜市に帰港、撮影日:2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020113000209

  •  ダイオウグソクムシ 玉野海洋博物館
    2020年11月30日
    ダイオウグソクムシ 玉野海洋博物館

    玉野海洋博物館に新たに仲間入りしたダイオウグソクムシ。玉野海洋博物館(岡山県玉野市渋川)に深海生物のダイオウグソクムシが仲間入りした。体長約30センチ、体重約500グラムで、見た目は巨大なダンゴムシそのもの。「気持ち悪い」と言われがちだが、どこかかわいらしいビジュアルで強烈な存在感を放っている。=2020(令和2)年11月30日、岡山県玉野市渋川、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120903369

  • ウオノシラミ属の一種 おすしに見える深海生物
    2021年10月02日
    ウオノシラミ属の一種 おすしに見える深海生物

    展示されている、「にぎりずしに見える」と話題の深海生物でウオノシラミ属の一種=9月30日、福島県いわき市の水族館アクアマリンふくしま

    商品コード: 2021100210384

  •  (1)海洋科学研究への注力で革新的成果生み出す山東省青島市
    2022年03月13日
    (1)海洋科学研究への注力で革新的成果生み出す山東省青島市

    深海生物の原位置固定実験を行う遠洋総合科学調査船「科学号」。(資料写真)中国山東省青島市は中国東部に位置する沿岸都市で、国内の海洋科学研究の「先駆け」を担っている。同市はここ数年、海洋科学研究プラットフォームの構築に力を入れ、研究の発展成果が随所に現れている。(青島=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031408844

  •  (3)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見
    2022年08月18日
    (3)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見

    Chrysogorgia属の動物。(資料写真)海山は「海底の大花園」と呼ばれ、特殊な地理的特徴と水文条件から独自の生物群集と生態系を生み出しており、海洋生物の集積地であるとともに、深海生物の多様性研究の注目点でもある。中国科学院海洋研究所の徐奎棟(じょ・けいとう)研究員はここ数年、科学技術基礎資源調査特別プロジェクトと中国科学院戦略性科学技術先導特別プロジェクトの支援を受け、中国の遠洋総合科学調査船「科学号」に5回連続で首席科学者として乗船し、西太平洋の海山で多くの学際的総合調査を組織、実施し、一連の新発見をした。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081806499

  •  (7)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見
    2022年08月18日
    (7)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見

    イソギンチャク。(資料写真)海山は「海底の大花園」と呼ばれ、特殊な地理的特徴と水文条件から独自の生物群集と生態系を生み出しており、海洋生物の集積地であるとともに、深海生物の多様性研究の注目点でもある。中国科学院海洋研究所の徐奎棟(じょ・けいとう)研究員はここ数年、科学技術基礎資源調査特別プロジェクトと中国科学院戦略性科学技術先導特別プロジェクトの支援を受け、中国の遠洋総合科学調査船「科学号」に5回連続で首席科学者として乗船し、西太平洋の海山で多くの学際的総合調査を組織、実施し、一連の新発見をした。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081806530

  •  (2)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見
    2022年08月18日
    (2)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見

    ハエジゴクイソギンチャクと海綿動物。(資料写真)海山は「海底の大花園」と呼ばれ、特殊な地理的特徴と水文条件から独自の生物群集と生態系を生み出しており、海洋生物の集積地であるとともに、深海生物の多様性研究の注目点でもある。中国科学院海洋研究所の徐奎棟(じょ・けいとう)研究員はここ数年、科学技術基礎資源調査特別プロジェクトと中国科学院戦略性科学技術先導特別プロジェクトの支援を受け、中国の遠洋総合科学調査船「科学号」に5回連続で首席科学者として乗船し、西太平洋の海山で多くの学際的総合調査を組織、実施し、一連の新発見をした。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081806510

  •  (6)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見
    2022年08月18日
    (6)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見

    バンブーコーラル。(資料写真)海山は「海底の大花園」と呼ばれ、特殊な地理的特徴と水文条件から独自の生物群集と生態系を生み出しており、海洋生物の集積地であるとともに、深海生物の多様性研究の注目点でもある。中国科学院海洋研究所の徐奎棟(じょ・けいとう)研究員はここ数年、科学技術基礎資源調査特別プロジェクトと中国科学院戦略性科学技術先導特別プロジェクトの支援を受け、中国の遠洋総合科学調査船「科学号」に5回連続で首席科学者として乗船し、西太平洋の海山で多くの学際的総合調査を組織、実施し、一連の新発見をした。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081806498

  •  (13)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見
    2022年08月18日
    (13)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見

    海山に広がるサンゴの森。(資料写真)海山は「海底の大花園」と呼ばれ、特殊な地理的特徴と水文条件から独自の生物群集と生態系を生み出しており、海洋生物の集積地であるとともに、深海生物の多様性研究の注目点でもある。中国科学院海洋研究所の徐奎棟(じょ・けいとう)研究員はここ数年、科学技術基礎資源調査特別プロジェクトと中国科学院戦略性科学技術先導特別プロジェクトの支援を受け、中国の遠洋総合科学調査船「科学号」に5回連続で首席科学者として乗船し、西太平洋の海山で多くの学際的総合調査を組織、実施し、一連の新発見をした。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081806526

  •  (9)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見
    2022年08月18日
    (9)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見

    コバルトリッチクラスト。(資料写真)海山は「海底の大花園」と呼ばれ、特殊な地理的特徴と水文条件から独自の生物群集と生態系を生み出しており、海洋生物の集積地であるとともに、深海生物の多様性研究の注目点でもある。中国科学院海洋研究所の徐奎棟(じょ・けいとう)研究員はここ数年、科学技術基礎資源調査特別プロジェクトと中国科学院戦略性科学技術先導特別プロジェクトの支援を受け、中国の遠洋総合科学調査船「科学号」に5回連続で首席科学者として乗船し、西太平洋の海山で多くの学際的総合調査を組織、実施し、一連の新発見をした。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081806524

  •  (11)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見
    2022年08月18日
    (11)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見

    オオキンヤギ科の動物。(資料写真)海山は「海底の大花園」と呼ばれ、特殊な地理的特徴と水文条件から独自の生物群集と生態系を生み出しており、海洋生物の集積地であるとともに、深海生物の多様性研究の注目点でもある。中国科学院海洋研究所の徐奎棟(じょ・けいとう)研究員はここ数年、科学技術基礎資源調査特別プロジェクトと中国科学院戦略性科学技術先導特別プロジェクトの支援を受け、中国の遠洋総合科学調査船「科学号」に5回連続で首席科学者として乗船し、西太平洋の海山で多くの学際的総合調査を組織、実施し、一連の新発見をした。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081806525

  •  (8)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見
    2022年08月18日
    (8)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見

    海綿動物とウミユリ。(資料写真)海山は「海底の大花園」と呼ばれ、特殊な地理的特徴と水文条件から独自の生物群集と生態系を生み出しており、海洋生物の集積地であるとともに、深海生物の多様性研究の注目点でもある。中国科学院海洋研究所の徐奎棟(じょ・けいとう)研究員はここ数年、科学技術基礎資源調査特別プロジェクトと中国科学院戦略性科学技術先導特別プロジェクトの支援を受け、中国の遠洋総合科学調査船「科学号」に5回連続で首席科学者として乗船し、西太平洋の海山で多くの学際的総合調査を組織、実施し、一連の新発見をした。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081806529

  •  (12)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見
    2022年08月18日
    (12)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見

    ウミユリ。(資料写真)海山は「海底の大花園」と呼ばれ、特殊な地理的特徴と水文条件から独自の生物群集と生態系を生み出しており、海洋生物の集積地であるとともに、深海生物の多様性研究の注目点でもある。中国科学院海洋研究所の徐奎棟(じょ・けいとう)研究員はここ数年、科学技術基礎資源調査特別プロジェクトと中国科学院戦略性科学技術先導特別プロジェクトの支援を受け、中国の遠洋総合科学調査船「科学号」に5回連続で首席科学者として乗船し、西太平洋の海山で多くの学際的総合調査を組織、実施し、一連の新発見をした。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081806511

  •  (14)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見
    2022年08月18日
    (14)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見

    カイロウドウケツ。(資料写真)海山は「海底の大花園」と呼ばれ、特殊な地理的特徴と水文条件から独自の生物群集と生態系を生み出しており、海洋生物の集積地であるとともに、深海生物の多様性研究の注目点でもある。中国科学院海洋研究所の徐奎棟(じょ・けいとう)研究員はここ数年、科学技術基礎資源調査特別プロジェクトと中国科学院戦略性科学技術先導特別プロジェクトの支援を受け、中国の遠洋総合科学調査船「科学号」に5回連続で首席科学者として乗船し、西太平洋の海山で多くの学際的総合調査を組織、実施し、一連の新発見をした。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081806517

  •  (1)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見
    2022年08月18日
    (1)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見

    バンブーコーラルと海綿動物、ウミユリ。(資料写真)海山は「海底の大花園」と呼ばれ、特殊な地理的特徴と水文条件から独自の生物群集と生態系を生み出しており、海洋生物の集積地であるとともに、深海生物の多様性研究の注目点でもある。中国科学院海洋研究所の徐奎棟(じょ・けいとう)研究員はここ数年、科学技術基礎資源調査特別プロジェクトと中国科学院戦略性科学技術先導特別プロジェクトの支援を受け、中国の遠洋総合科学調査船「科学号」に5回連続で首席科学者として乗船し、西太平洋の海山で多くの学際的総合調査を組織、実施し、一連の新発見をした。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081806501

  •  (5)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見
    2022年08月18日
    (5)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見

    海綿動物とスカンピ。(資料写真)海山は「海底の大花園」と呼ばれ、特殊な地理的特徴と水文条件から独自の生物群集と生態系を生み出しており、海洋生物の集積地であるとともに、深海生物の多様性研究の注目点でもある。中国科学院海洋研究所の徐奎棟(じょ・けいとう)研究員はここ数年、科学技術基礎資源調査特別プロジェクトと中国科学院戦略性科学技術先導特別プロジェクトの支援を受け、中国の遠洋総合科学調査船「科学号」に5回連続で首席科学者として乗船し、西太平洋の海山で多くの学際的総合調査を組織、実施し、一連の新発見をした。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081806506

  •  (10)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見
    2022年08月18日
    (10)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見

    ハモ。(資料写真)海山は「海底の大花園」と呼ばれ、特殊な地理的特徴と水文条件から独自の生物群集と生態系を生み出しており、海洋生物の集積地であるとともに、深海生物の多様性研究の注目点でもある。中国科学院海洋研究所の徐奎棟(じょ・けいとう)研究員はここ数年、科学技術基礎資源調査特別プロジェクトと中国科学院戦略性科学技術先導特別プロジェクトの支援を受け、中国の遠洋総合科学調査船「科学号」に5回連続で首席科学者として乗船し、西太平洋の海山で多くの学際的総合調査を組織、実施し、一連の新発見をした。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081806516

  •  (4)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見
    2022年08月18日
    (4)中国の科学者、西太平洋の海山で相次いで新発見

    ヒドロサンゴ。(資料写真)海山は「海底の大花園」と呼ばれ、特殊な地理的特徴と水文条件から独自の生物群集と生態系を生み出しており、海洋生物の集積地であるとともに、深海生物の多様性研究の注目点でもある。中国科学院海洋研究所の徐奎棟(じょ・けいとう)研究員はここ数年、科学技術基礎資源調査特別プロジェクトと中国科学院戦略性科学技術先導特別プロジェクトの支援を受け、中国の遠洋総合科学調査船「科学号」に5回連続で首席科学者として乗船し、西太平洋の海山で多くの学際的総合調査を組織、実施し、一連の新発見をした。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081806522

  • 説明する松尾さん 深海生物、収集現場を中継
    2023年12月23日
    説明する松尾さん 深海生物、収集現場を中継

    海遊館とオンラインで中継し、収集した深海生物について説明する漁師の松尾拓哉さん(右)=23日午後、高知県室戸市沿岸

    商品コード: 2023122310112

  • 解説する松尾さん 深海生物、収集現場を中継
    2023年12月23日
    解説する松尾さん 深海生物、収集現場を中継

    海遊館とオンラインで中継し、収集した深海生物の解説をする漁師の松尾拓哉さん=23日午後、高知県室戸市沿岸

    商品コード: 2023122310116

  • 1