KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 修復
  • 名所
  • 指定
  • 構造
  • 破壊
  • 重要文化財
  • せん
  • れんが
  • ユネスコ

「淳化」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
38
( 1 38 件を表示)
  • 1
38
( 1 38 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 公開された王羲之の作品 王羲之の拓本が“帰国”
    2003年07月25日
    公開された王羲之の作品 王羲之の拓本が“帰国”

    25日、上海博物館でメディアなどに公開された「淳化秘閣法帖」に収録された王羲之の作品(共同)

    商品コード: 2003072500164

  •  (7)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (7)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の山門前。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806899

  •  (25)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (25)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の羅漢像。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807108

  •  (30)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (30)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺境内にある歴代碑刻。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807147

  •  (24)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (24)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の内部。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807107

  •  (29)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (29)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の僧塔林。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807136

  •  (3)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (3)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の大雄宝殿と鼓楼。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806835

  •  (21)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (21)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の羅漢像。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807057

  •  (28)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (28)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の「息庵禅師道行碑記」。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807130

  •  (8)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (8)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺魯班洞の周辺。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806900

  •  (17)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (17)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の千仏殿。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806962

  •  (10)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (10)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺境内の墓塔(部分)。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806912

  •  (26)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (26)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の前庭。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807122

  •  (12)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (12)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の辟支塔。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806909

  •  (2)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (2)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の大雄宝殿。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806992

  •  (9)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (9)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の摩頂松。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806892

  •  (5)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (5)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の袈裟泉。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806844

  •  (19)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (19)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の羅漢像。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806991

  •  (23)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (23)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の羅漢像。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807086

  •  (20)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (20)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の羅漢像。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807022

  •  (27)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (27)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の「息庵禅師道行碑記」。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807190

  •  (32)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (32)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の天王殿。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807193

  •  (34)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (34)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の卓錫泉。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807230

  •  (15)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (15)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の辟支塔。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806937

  •  (18)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (18)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿で修復中の羅漢像。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806990

  •  (1)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (1)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の般舟殿跡。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806811

  •  (4)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (4)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の地蔵殿。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806842

  •  (6)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (6)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の客堂と鐘楼。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806874

  •  (31)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (31)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の唐慧崇塔。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807169

  •  (14)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (14)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺辟支塔の基壇。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806923

  •  (13)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (13)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の辟支塔と千仏殿。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806925

  •  (11)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (11)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の辟支塔。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806901

  •  (16)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (16)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の辟支塔。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806957

  •  (33)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (33)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の五花殿跡。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807301

  •  (22)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (22)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の羅漢像。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807030

  •  #CHINA-LANTERN FESTIVAL-CELEBRATION (CN)
    2023年02月05日
    #CHINA-LANTERN FESTIVAL-CELEBRATION (CN)

    (230205) -- ZUNHUA, Feb. 5, 2023 (Xinhua) -- Folk artists perform in Zunhua City, north China‘s Hebei Province, Feb. 5, 2023. Various events are held across the country to celebrate the Lantern Festival, the 15th day of the first month of the Chinese lunar calendar, which falls on Feb. 5 this year. (Photo by Liu Mancang/Xinhua)= 配信日: 2023(令和5)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020515038

  •  #CHINA-AUTUMN HARVEST (CN)
    2023年09月01日
    #CHINA-AUTUMN HARVEST (CN)

    (230901) -- BEIJING, Sept. 1, 2023 (Xinhua) -- This photo taken on Aug. 30, 2023 shows farmers drying walnuts in Dongjiuzhai Town, Zunhua City of north China‘s Hebei Province. (Photo by Liu Mancang/Xinhua)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090110070

  •  (16)蒙山大仏風景区を訪ねて山西省太原市
    2023年10月23日
    (16)蒙山大仏風景区を訪ねて山西省太原市

    開化寺の連理塔。北宋淳化元(990)年の建立で、二つの塔が東向きに1・7メートルの間隔で立つ。形状はいずれも同じで、高さは約11メートル。基部がつながっていることから連理塔と呼ばれる。門の扁額は南塔が「化身仏舎利塔」、北塔が「定光仏舎利塔」となる。建築様式は唐から宋への過渡期の特徴を備え、国内でも独特の構造と形式を持つ。2004年に省の文物保護単位(重要文化財)に指定された。(8月7日撮影)中国山西省太原市晋源区の寺底村北西に、市の文物保護単位(重要文化財)に指定される蒙山大仏がある。南北朝時代の北朝・北斉の天保2(551)年に造営が始まり、5人の皇帝と24年の歳月を経て完成した。高さ63メートルの北朝最大の磨崖仏(まがいぶつ)であり、造営年の記録が残る世界最古の磨崖仏でもある。唐の高祖(李淵)、唐の高宗(李治)と皇后(則天武后)、後唐の太祖(李克用)、後漢の高祖(劉知遠)らも訪れる仏教の名所となったが、元代末期に破壊されて頭部の行方が分からなくなり、その後は衰退した。1980年の地名調査で首から下が埋まった状態で見つかり、2007年に市が保存と修復を開始。高さ12メートルの仏頭は新たに作り直し、08年10月に一般公開された。現在は蒙山大仏風景区として国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102311057

  • 1