KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 南宋
  • 令和
  • 創建
  • 歴史
  • 資料
  • かん
  • ムー
  • 保存
  • 北宋
  • 咸平

「淳熙」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
31
( 1 31 件を表示)
  • 1
31
( 1 31 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年01月11日
    成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の飛天童子像。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)=配信日:2021(令和3)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011902925

  • 2021年01月18日
    (8)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺毘盧堂の明代仏教故事壁画。輪郭線は明代の工筆重彩画法の集大成といえる。描かれているのは菩薩像や尊天像だが、現実社会に生きる人のように生き生きとしており、個性が際立っている。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801082

  • 2021年01月18日
    (5)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺毘盧堂の明代仏教故事壁画。輪郭線は明代の工筆重彩画法の集大成といえる。描かれているのは菩薩像や尊天像だが、現実社会に生きる人のように生き生きとしており、個性が際立っている。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801072

  • 2021年01月18日
    (1)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、釈迦(しゃか)の三身(法身、報身、応身)を表した観音寺毘盧堂の仏像。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801074

  • 2021年01月18日
    (6)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の漂海観音塑像群(部分)。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801076

  • 2021年01月18日
    (2)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の漂海観音像。大型の浮き彫り群の中央にあり、高さは2・48メートル。南海の荒波を背景に、鼇(ごう、大亀)の頭の上に立つ。重さ数百キロの像を支える支柱は鼇の中に隠れており、中空に浮いているように見える。500年経ってもまったく動いておらず、当時の仏師の知恵と高い技術がうかがえる。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801069

  • 2021年01月18日
    (4)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の飛天童子像。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801070

  • 2021年01月18日
    (3)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の漂海観音像(部分)。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801073

  • 2021年01月18日
    (7)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の等身大羅漢塑像と高さ50センチの五百羅漢像(部分)。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801085

  • 2021年01月18日
    (10)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺毘盧堂の塑像。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801087

  • 2021年04月23日
    唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、韓文公祠の入口に立つ牌坊。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)=2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212045

  • 01:29.83
    2021年04月29日
    「新華社」世界遺産「大足石刻」の千手観音、修復の舞台裏重慶市

    中国重慶市大足区にある大足石刻の千手観音は、彫刻と金箔、色絵が一体となった中国に現存する最大の摩崖(まがい)石刻彫像。仏龕(ぶつがん)は高さ7・2メートル、幅12・5メートルで、面積は88平方メートルに及ぶ。同区宝頂山大仏湾に位置し、南宋の淳熙年間(1174~89年)から淳祐年間(1241~52年)にかけて造営された。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産「大足石刻」の重要な代表作であり「世界の石刻芸術の至宝」として知られる。唐宋時代に中国の政治・経済の中心が徐々に北から南に移ると、北方の石窟寺院の彫像は衰退し、現在の四川省と重慶市で石窟寺院の造営が盛んになった。大足石刻を開削したのは南宋の昌州(州治は現在の大足区)米糧里の僧・趙智鳳(ちょう・ちほう)で、1174年頃に宝頂山を訪れ、岩壁に沿って仏教道場を開くことを着想。その後数十年間かけて数千体の仏像を作った。千手千眼を持つ迫力に満ちた千手観音像もこの時誕生した。21世紀に入ると、長年風雨に浸食された千手観音像は劣化が加速。2007年には手の指が1本脱落し、その保護は一刻の猶予も許されない状況を迎えた。国家文物局は08年、「大足宝頂山千手観音緊急補強・保護プロジェクト」を始動させ、国家石質文化財保護の第1号プロジェクトに指定した。大足石刻研究院保護工程センターの陳卉麗(ちん・きれい)主任は「調査をすると、石像の本体の風化や金箔のひび割れ、彩色の脱落など34種類の問題が見つかった」と当時を振り返る。このような大規模な石質文化財の修復は前例がないため、中国文化遺産研究院など10余りの機関の文化財保護や施工部門の専門家、技術者100人近くが修復作業に参加したという。修復作業ではX線による傷の探知、赤外線カメラによる検査、3次元ビデオ顕微鏡での観察など現代科学技術が活用された。ただ、千手観音本体の修復が重要段階に入ると、想定外の難問が次々と現れた。金箔の補強には安定し耐久性のある接着剤が必要になり、解決までに3年近くを要した。陳氏は「材料の比較と試験を繰り返し、最終的に西南地区の伝統的な生漆(きうるし)を改良し、難問を克服した」と語る。=配信日:2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011833

  • 2021年04月29日
    (1)世界遺産「大足石刻」の千手観音、修復の舞台裏重慶市

    重慶市大足区の大足石刻千手観音。(2月23日撮影)中国重慶市大足区にある大足石刻の千手観音は、彫刻と金箔、色絵が一体となった中国に現存する最大の摩崖(まがい)石刻彫像。仏龕(ぶつがん)は高さ7・2メートル、幅12・5メートルで、面積は88平方メートルに及ぶ。同区宝頂山大仏湾に位置し、南宋の淳熙年間(1174~89年)から淳祐年間(1241~52年)にかけて造営された。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産「大足石刻」の重要な代表作であり「世界の石刻芸術の至宝」として知られる。21世紀に入ると、長年風雨に浸食された千手観音像は劣化が加速。2007年には手の指が1本脱落し、その保護は一刻の猶予も許されない状況を迎えた。国家文物局は08年、「大足宝頂山千手観音緊急補強・保護プロジェクト」を始動させ、国家石質文化財保護の第1号プロジェクトに指定した。修復作業には各種修復資材約1トンのほか、金箔44万枚が使われた。修復開始から8年近くが経った2015年6月13日、千手観音は約800年ぶりに本来の輝きを取り戻した。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042907431

  • 2021年04月29日
    世界遺産「大足石刻」の千手観音、修復の舞台裏重慶市

    大足石刻千手観音の修復前後の比較図。(資料写真)中国重慶市大足区にある大足石刻の千手観音は、彫刻と金箔、色絵が一体となった中国に現存する最大の摩崖(まがい)石刻彫像。仏龕(ぶつがん)は高さ7・2メートル、幅12・5メートルで、面積は88平方メートルに及ぶ。同区宝頂山大仏湾に位置し、南宋の淳熙年間(1174~89年)から淳祐年間(1241~52年)にかけて造営された。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産「大足石刻」の重要な代表作であり「世界の石刻芸術の至宝」として知られる。21世紀に入ると、長年風雨に浸食された千手観音像は劣化が加速。2007年には手の指が1本脱落し、その保護は一刻の猶予も許されない状況を迎えた。国家文物局は08年、「大足宝頂山千手観音緊急補強・保護プロジェクト」を始動させ、国家石質文化財保護の第1号プロジェクトに指定した。修復作業には各種修復資材約1トンのほか、金箔44万枚が使われた。修復開始から8年近くが経った2015年6月13日、千手観音は約800年ぶりに本来の輝きを取り戻した。(重慶=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011688

  • 2021年04月29日
    (2)世界遺産「大足石刻」の千手観音、修復の舞台裏重慶市

    修復前の大足石刻千手観音(部分)。(資料写真)中国重慶市大足区にある大足石刻の千手観音は、彫刻と金箔、色絵が一体となった中国に現存する最大の摩崖(まがい)石刻彫像。仏龕(ぶつがん)は高さ7・2メートル、幅12・5メートルで、面積は88平方メートルに及ぶ。同区宝頂山大仏湾に位置し、南宋の淳熙年間(1174~89年)から淳祐年間(1241~52年)にかけて造営された。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産「大足石刻」の重要な代表作であり「世界の石刻芸術の至宝」として知られる。21世紀に入ると、長年風雨に浸食された千手観音像は劣化が加速。2007年には手の指が1本脱落し、その保護は一刻の猶予も許されない状況を迎えた。国家文物局は08年、「大足宝頂山千手観音緊急補強・保護プロジェクト」を始動させ、国家石質文化財保護の第1号プロジェクトに指定した。修復作業には各種修復資材約1トンのほか、金箔44万枚が使われた。修復開始から8年近くが経った2015年6月13日、千手観音は約800年ぶりに本来の輝きを取り戻した。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042907430

  • 2021年04月29日
    (4)世界遺産「大足石刻」の千手観音、修復の舞台裏重慶市

    上:大足石刻の千手観音の修復前(下)と修復後(上)。(資料写真、組み合わせ写真)中国重慶市大足区にある大足石刻の千手観音は、彫刻と金箔、色絵が一体となった中国に現存する最大の摩崖(まがい)石刻彫像。仏龕(ぶつがん)は高さ7・2メートル、幅12・5メートルで、面積は88平方メートルに及ぶ。同区宝頂山大仏湾に位置し、南宋の淳熙年間(1174~89年)から淳祐年間(1241~52年)にかけて造営された。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産「大足石刻」の重要な代表作であり「世界の石刻芸術の至宝」として知られる。21世紀に入ると、長年風雨に浸食された千手観音像は劣化が加速。2007年には手の指が1本脱落し、その保護は一刻の猶予も許されない状況を迎えた。国家文物局は08年、「大足宝頂山千手観音緊急補強・保護プロジェクト」を始動させ、国家石質文化財保護の第1号プロジェクトに指定した。修復作業には各種修復資材約1トンのほか、金箔44万枚が使われた。修復開始から8年近くが経った2015年6月13日、千手観音は約800年ぶりに本来の輝きを取り戻した。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042907435

  • 2021年05月03日
    (10)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、韓文公祠の敷地内に設けられたあずまや「允元亭」。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050703798

  • 2021年05月03日
    (13)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、韓文公祠の主祠に残る、「韓愈曹娥碑題名」という名の石碑。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050704682

  • 2021年05月03日
    (15)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、韓文公祠の主祠に祭られている韓文公像。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050704683

  • 2021年05月03日
    (14)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、韓文公祠の主祠の内部。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050704684

  • 2021年05月03日
    (2)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、韓文公祠の入り口。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050308968

  • 2021年05月03日
    (11)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、韓文公祠の主祠に残る石碑。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050704678

  • 2021年05月03日
    (1)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、韓山から望む韓江と広済橋。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050308873

  • 2021年05月03日
    (16)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、韓文公祠の主祠に残る北宋の詩人、蘇軾(そ・しょく)の書いた字が刻まれた「潮州昌黎伯韓文公廟碑」。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050704694

  • 2021年05月03日
    (6)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、韓愈紀念館の館内に設置された展示物。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050309853

  • 2021年05月03日
    (8)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、韓文公祠に残る著名な人物の書いた文字が刻まれた石。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050310050

  • 2021年05月03日
    (12)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、韓文公祠の主祠に残る、「伝道起文」の文字が刻まれた石碑。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050704680

  • 2021年05月03日
    (9)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、山を背にして建つ建築群。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050310134

  • 2021年05月03日
    (4)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、韓文公祠の近くにある韓山師範学院。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050309568

  • 2021年05月03日
    (7)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、韓愈紀念館の正面。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050310052

  • 2021年05月03日
    (5)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、「韓愈紀念館」と記された扁額。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050309750

  • 1