KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 仏像
  • 令和
  • 構造
  • 全国重点文物保護単位
  • 国宝
  • 指定
  • 重要文化財
  • こより
  • ひだ

「清寧」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 01:14.76
    2020年06月21日
    「新華社」世界で最大最古の木塔「応県木塔」を訪ねて山西省応県

    中国山西省応県に、世界で最大最古の木造高層建築、応県木塔がある。技術の粋を尽くした建築芸術として、同塔の名声は中国北方地域に広く伝わっている。正式名称は応県仏宮寺釈迦塔という。建立は遼代の清寧2(1056年)年で、964年の歴史を持つ。基座と塔身、塔刹(とうさつ)の3部分からなる八角塔で、高さは67・31メートル。外観は5層に1層目の飾り屋根を加えた「五層六檐(えん)」構造で6層に見えるが、内部に四つの暗層(中二階)があるため実際は9層となる。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、2016年には「世界で最も高い木造の塔」としてギネス世界記録に認定された。しかしここ数年は、構造の変化や過去の戦乱、老朽化などの影響で塔身に南西から北東へのねじれが生じ、危険な状態となっている。関係者によると、現在は中国文化遺産研究院が木塔全体の変形と破損が激しい部材の監視を続けている。地元では人と技術の両面からさまざまな保護措置を講じており、山西省人民代表大会も昨年、同塔の保護条例を成立させている。(記者/徐偉、王学濤)<映像内容>世界で最も高い木造の塔「応県木塔」の外観、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508316

  • 2020年12月13日
    (3)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    山西省朔州市応県の仏宮寺境内に立つ応県木塔。正式には仏宮寺釈迦塔と呼ぶ。遼の清寧2(1056)年の建立で、世界で最も古く、最も大きな木造の塔の一つ。中国の古塔の中では斗?(ときょう、軒を支える組物)の数が最多で、最も代表的な楼閣形式の仏塔とされる。高さは67メートルで、外観は6層、内部は5層となっている。建設では3千立方メートルのチョウセンゴヨウの木材が用いられた。(2015年8月30日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506260

  • 2020年12月13日
    (26)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    山西省大同市の華厳寺内に立つ華厳寺塔。寺院は遼の清寧8(1062)年の創建だが、仏塔は2011年に「遼史・地理志」の記載に基づき復元された。高さは43・5メートルで、外観は3層に飾り屋根(1層目)を加えた「三層四檐(えん)」となる。くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた?卯(しゅんぼう)構造を持つ完全な木造建築で、同じ構造の塔としては応県木塔に次いで高い。今では大同古城を象徴する建物となっている。(2015年8月31日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506436

  • 2021年09月08日
    (11)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808361

  • 2021年09月08日
    (12)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808348

  • 2021年09月08日
    (1)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内で仏像を取り囲むようにして描かれた壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、中国で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、こよりで輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808131

  • 2021年09月08日
    (16)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808592

  • 2021年09月08日
    (13)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808563

  • 2021年09月08日
    (7)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808314

  • 2021年09月08日
    (15)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808579

  • 2021年09月08日
    (14)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808583

  • 2021年09月08日
    (3)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808226

  • 2021年09月08日
    (6)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔の外観。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808236

  • 2021年09月08日
    (5)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808229

  • 2021年09月08日
    (8)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808311

  • 2021年09月08日
    (9)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808350

  • 2021年09月08日
    (10)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808358

  • 2021年09月08日
    (4)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808214

  • 2021年09月08日
    (2)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808216

  • 1